スポンサーリンク

「悲報」 うどん県出身なので(麺類は悩ましい)……。

健康コラム
<悲報>2022年5月


近所の「まいばすけっと」が「三菱食品・五木食品の冷凍食品うどん」を売らなくなってしまいました!!

GW明け、いつものように朝のジョギングの後、まいばすに寄ったところ、

「あれあれ~? からだシフトの冷凍低糖質うどんが売ってないぞ。前回残り1個だったので、そろそろ追加仕入れしてもいい頃なんだけどなあ」

ところが、それから何日経っても追加仕入れはされませんでした。

「え~? うどんがほしくて、週1くらいで、ついで買いしていたのに~」

その後はめっきりまいばすへの足が遠のきました。

家人は「これから暑くなるのだから、乾麺の低糖質蕎麦を食べればいいじゃない」と言ってくれましたが……。

寒い季節になったらどうしたらいいのだか。

三菱食品・五木食品の乾麺タイプのうどんを食べるしかないかもしれません。

冷凍うどん、美味しかったのになあ。

朝ごはんは日替わりの我が家。そして「麺類」頻度が高い

両親が香川県出身(*注1)なので昔から麺類は大好きでした。昼食は定食と麺類が選べるなら、とりあえず麺類、という感じ。

ところが麺類というのは炭水化物の塊なので、めちゃめちゃ太ることを知りました。

関西は糖尿病率が高く、特に香川県は高めだそうな。やっぱり関西は粉モノ食文化な土地、そして香川はうどん県だからか。むむむ。これは困った~。

我が家の朝ごはんメニューは、結婚して以来、ずっと日替わりで、うどん、パスタ、蕎麦、沖縄そばと、麺類はかなりの頻度で登場してきました。麺類を一切食べないなんて、考えられません。

朝ごはんが日替わりというと驚かれることが多いのですが、食欲があまり進まない朝、メニューが毎朝変わることは大きな楽しみなのです。

そう思う人は我が家だけではないようで、こんな本も出ています。朝からテンションが上がりそうな、とっても旨そうな朝食写真がぎっしり詰まっていて、なかなか素晴らしい一冊です。

というわけで低糖質麺を食べることにしました。

家族も納得の低糖質「冷凍うどん」が素晴らしい!

まずはうどん。

これは冷凍うどんで、「まいばすけっと」などで売っています。低糖質を感じさせない美味しさですので、これに関しては、家族全員に同じものを食べてもらっています。
180gが3食入りなので、1/2食を食べると糖質は12.8g

米久の合鴨スモークと焼き葱(もしくは刻み葱)を温かい蕎麦つゆに入れるか、豆腐のからあげ鶏天などと食べます。

朝食後は大抵、食後血糖値を測っているのですが、めんつゆの糖分はそれほど血糖値には影響しないようです。

パスタは家族とは別茹で。ざると時間を工夫

パスタに関してはこちらを。

これはかなり普通のパスタと味わいが違うので、家族には普通のパスタを食べてもらっています。
1袋240g。100g中糖質が29.8gなので、30g食べると糖質は8.94g

茹で時間がかなり長い(12~15分)ので、先に少し茹でておいてから、途中で家族用普通パスタを
追加投入します。

低糖質パスタと混ざらないよう、特殊な茹でザルを折り曲げて鍋の縁に引っ掛けて使っています。

一旦、普通に茹で、柔らかくなったらトングでひろって茹でザルに収めます。硬いまま茹でザルに入れると刺さってしまい、引き抜けなくなってしまうので注意です(ざるがもう少し大きいと良いですね)。

モッツアレラチーズと切ったミニトマトをバジリコソースで和えて食べます。

蕎麦も別茹で

蕎麦も家族のとは分けています。

1袋180g。90g中、糖質が15gなので、30g食べると糖質は何と僅か5g

さっぱりしていて、柔らかく、くせがなく、めんつゆの味を損ねません。湯で時間は7分と、それほど長くなく、家族用のそばの湯で時間(3~4分)とあまり時間差がありません(欲を言えば、保存している間、折れやすいので、もう少し太くてもいいかも。でも、そうすると湯で時間が長くなってしまうのかもしれないですね……)。

そばも基本うどんと同じおかず、合鴨スモーク豆腐のからあげか、鶏天、そして、蕎麦の時だけは、絹生揚げを焼いて一緒に食べます。

全粒粉パスタや十割蕎麦が健康に良さそうなので食べてみましたが、食後血糖値上昇が抑えられるわけでもないし、家族の食欲が今ひとつなので、麺類に関してはその手のチョイスは止めました。

*2022/7/19 この蕎麦に関しては以下の商品にリニューアルされており、上記リンクでは在庫切れとなります。リニューアル商品については試食して、後日レポートいたしますと記載しました。その結果は……(*注3

沖縄そばも別茹で

沖縄そばの時も、こちらの蕎麦を使っています。沖縄そば出汁をお湯で溶いて、豚角煮と食べます。

本当はもっと食べたい豆干絲(トーカンスー)

豆干絲(トーカンスー)はいろいろな食べ方ができますね。

肉味噌と和えて、じゃじゃ麺風にしてもいいですし、ピーマン(シャンツァイ)、人参、ごま油と塩でさっと和えて前菜にしても美味しいです。家族にも大評判です。

1袋100g中糖質は僅か1.8g

スーパーなどで気軽に少量常温で買えるともっといいのですけれど……。

ベトナムのフォーやカオソーイ(タイのカレーラーメン)、ビーフン、焼きそばやラーメンの麺をどうしたらいいかは将来の課題。どうしても食べたくなったら考えます。どれも朝食としては食べないので緊急性がないのです。

ラーメンで革命が!

その後、ラーメンについて画期的な麺に出会いました! それについては続編(「麺類は悩ましい(その2)」)へ続きます。

*注1

香川の人のうどん好きは凄まじい。帰省すると、宇高連絡船に乗った途端に、まずは船内のスタンドでうどんを食べ始めます(笑)。

結婚前は板橋に住んでいたので、休日はよく家族で池袋のデパートに行きました。西武デパート(*注2)の屋上のうどん屋さんのうどんが、なぜか讃岐うどんで、母の大のお気に入りでした。

雨の日、ほとんど人がいない中、私たち二人だけがうどんを食べていたのを未だに覚えています。

その後、東京でもおしゃれな讃岐うどん屋ができましたが、あんまり美味しく感じられなかったのはなぜなんでしょうね。

*注2

西武デパートが火事の時、ちょうど居合わせました。当時、大変な出来事でした。隣の丸物デパートが類焼してPARCOになってしまい、ちょっとがっかりしました。丸物の屋上の乗り物が好きったので。

*注3

2022/9/23)味はそれほど変わりませんでした。少し太くなったのか強度が増し、折れにくくなった気がします。1食、30グラムずつ計って茹でる際に、折れて短い蕎麦がバラバラこぼれて扱いにくかったので、自分的には今回のリニューアル、良かったです。

健康コラム
スポンサーリンク
シェアする
愚者をフォローする
スポンサーリンク
愚者の力 / The power of fool

コメント