スポンサーリンク

ハローワークの公共職業訓練を受講しました(その5 スケジュール)。

サイト主自習レポート

国際貿易の講座だが「簿記」に費やす時間が一番長い

3ヶ月の職業訓練の時間割は次の通りでした。

●就職指導など(入校式、応募書類の書き方、仕事理解、ジョブカードの書き方、面接指導、就活指導、修了式)……33時間
●ビジネス英語……84時間
●貿易実務……72時間
●通関士……45時間
●簿記……102時間

計336時間

2月は28日しかなく、祝日も2日あったので105時間。
●就職指導など(入校式、応募書類の書き方、ジョブカードの書き方)……12時間
●ビジネス英語……24時間
●貿易実務……33時間
●通関士……18時間
●簿記……18時間

3月は休校日(就職活動も大事なので……)が4日あったので114時間。

●就職指導など(仕事理解、ジョブカードの書き方)……6時間
●ビジネス英語……30時間
●貿易実務……27時間
●通関士……15時間
●簿記……36時間

4月は休校日と祝日が1日ずつあったので117時間。

●就職指導など(面接指導、就活指導、ジョブカードの書き方、修了式)……15時間
●ビジネス英語……30時間
●貿易実務……12時間
●通関士……12時間
●簿記……48時間

こうしてみると最も時間が長いのが簿記(さすが大原簿記学校ですね)で、次がビジネス英語。就職指導は別として、最も短いのが通関士でした。

ただし、簿記は「日商簿記検定」のための「会計基礎」と「BATIC(国際会計検定)」のための「英文会計」という2つの単元から成るため、時間が長めなのだと思います。

資格試験は「各自で調べて、自費で受けるように」とのことでしたので、まずは日程を調べました。

試験日程を調べて、受験時期を決める

TOEIC……ほぼ毎月。265回 3月21日(日)受付期間 2月4日~ 2月8日 6,490円
             266回 4月25日(日)     2月25日~ 3月1日 
貿易実務検定C級……2ヶ月ごと。3月7日(日)受付期間1月7日~2月22日 6,270円
通関士……年1回。10月3日(日)受付期間7月26日~8月10日 3,000円
日商簿記3級……ネット試験ならほぼ毎日 3,400円
BATIC(国際会計検定)7月14日~8月6日 受付期間6月28日~7月30日 5,500円

一番早く受けられそうなのはTOEICか貿易実務検定C級です。TOEICは毎月実施されているものの、抽選なので、スケジュールを組みにくく、前に受験した時より、教育訓練で実力が向上したと思えたなら考えようということで、とりあえず2月の授業時間が3ヶ月全体の半分近くを占める(72時間中33時間)&〆切が2月22日と迫っていた貿易実務検定C級を最初に受けることにしました。

その後、日商簿記3級を受け、次にBATICを、最後に通関士を受ける

3月……貿易実務検定C級
4月……日商簿記3級
7月……BATIC
10月……通関士

ということに決めました(「ハローワークの公共職業訓練を受講しました(その6 貿易実務検定C級受験)。」へ続く)。

コメント