Title
題名
Author
著者
Email Address
Eメールあて先
Whenever I Remember Loving You

君への思いを忘れない限り

Diana Williams

ダイアナ・ウィリアムズ

diwillia@mindspring.com
Category
カテゴリー
Keywords
カップリング
Rating
レイティング
V, A

ショートストーリー、冒険もの

Mulder/Skinner romance, M/S Angst

モルダーとスキナーの恋愛、モルダーとスカリーの苛立ち

PG - No bad words or sex, but central to the piece is a relationship between two men.

親の同意が必要 − 下品な言葉やセックス描写はありません。とはいえ男同士の関係が主に描かれています。

Spoilers
オリジナルエピソード
Distribution
配布
Archive
収録
Feedback
感想
None

特になし

Fine, just keep my name attached.

著者の名前さえ添付すればOKです。

Yes, anywhere.

どこにでもどうぞ

Always welcome, good or bad.

常時お待ちしています。激励でも批判でも。

Summary
あらすじ
Mulder reflects on his relationship with Skinner.

モルダーはスキナーとの関係について思案する。

Author's Note
著者覚書
Author's Note: Companion piece to "His Safe Place From the Storm". The feelings expressed by Mulder regarding his relationships are solely the thoughts of Mulder in *this* incarnation and do not necessarily reflect the views of the author on any future romance.

この作品は「隠れ家で嵐が過ぎるのを待ちながら」と対の作品です。モルダーが自身の関係について抱いている感情は単にこの作品の中でのモルダー自身の考えであって、これから先のロマンスがこうあるべきだと著者が考えているわけではありません。

Disclaimer
著作権に関する留意点
The X-Files and its characters belong to Chris Carter and 1013 Productions. The quotes at the beginning and end are from "Whenever I Remember Loving You" by Michael Bolton and Gary Burr.

Xファイルとその登場人物はクリス・カーターと1013プロダクションに帰属します。冒頭と最後の詩はマイケル・ボルトンとゲイリー・バーによる「君への思いを忘れない限り」からの引用です。


Whenever I Remember Loving You
君への思いを忘れない限り

"When the rain is fallin' and I'm overcome
With the doubts and demons of a love undone
No voice need tell me that you were the one.
Oh I'll remember all my life
A love that set me free.
Whatever comes of you and I,
I will still believe
That once upon a time a dream came true
Whenever I remember loving you."
「雨が降ってきて、僕は滅入っていた。
壊れてしまった愛への懐疑心と悪意にかられて。
君がかけがえのない人だった。
それは僕自身が一番よく分かっている。
そうさ、僕は一生忘れない。僕を解き放してくれた愛を。
2人にどんなことが起ころうとも、僕は信じ続ける。
いつか夢はかなうと。
君への思いを忘れない限り」

He looks so different when he is asleep. Younger, vulnerable, gentler. A Walter Skinner that few others have seen. That few are permitted to see. That I have been privileged to see.
眠っているときの彼はまるで別人のように見える。ずっと若々しくて、傷つきやすくて、穏やかで。こんなウォルター・スキナーの姿を見た者は過去にいないだろう。将来、見ることを許される者も……。自分だけがその特権を与えられているのだから。

I lay propped up on one elbow, studying him in the early morning light and I find myself wondering what he was like as a boy. Did he drive his mother crazy by bringing home strays and wounded animals? I can picture him, an earnest young boy with an injured bird carefully cradled in those large, gentle hands. Taking in stray cats. As he has taken in a wounded fox.
僕は横たわり、頬杖をついた姿勢のまま、早朝の光の中で、彼の姿をじっと見ていた。なぜ彼は少年のように見えるのだろう。彼は捨てられて傷ついた生き物を家に連れ帰ってくるたびに母親を怒らせたのだろうか? 僕には彼の姿を思い浮かべることができる。真摯な若者が怪我した小鳥をその大きくて優しい両手で注意深くあやす様を。迷い猫を介抱する彼を。今、傷ついたキツネ(自分)を介抱しているように。

Yesterday was the anniversary of the day that They took her away from me. Correction: the first time they took her away from me. They have been taking her away, again and again, in pieces ever since then. I don't know which hurts more - the physical loss of her or the daily loss of her faith and trust in me. Both. Both hurt like hell.
昨日はやつらが僕から彼女を連れ去った記念日だった。いや、正しくはやつらが彼女を僕から連れ去った最初の日というべきだろう。彼らは彼女を繰り返し繰り返し連れ去った。あの日からずっと、跡形もなくなるまで。彼女を失うことと、彼女の僕への信頼、誠実さが日ごとに失われていくのとでは、どちらがより僕にとって痛手なのだろうか。多分、両方だろう。両方がまるで地獄のように僕を苦しめる。

We don't talk about it. I don't know if it would help if we did. I know what she believes, what she has believed since Kritschgau. If she didn't believe that this was my fault before she does now. Her abduction. Her sister's death. Her cancer. All laid at the doorstep of Fox Mulder's quixotic Quest for the Truth.
僕らはそのことを話題にしたことがない。そんなことをして何の救いになるのか疑問だからだ。僕は彼女が何を信じ、クリッチガウのやつに吹き込まれて以来、何を信じ続けてきたかを知っている。以前は彼女もそう思っていなかったろうが、今では確信しているにちがいない。すべては僕のせいだと。彼女の誘拐も。彼女の姉の死も。彼女の癌も。すべてはフォックス・モルダーのドンキホーテのような真理への探求心が巻き起こしたことなのだと。

I sat outside her apartment for hours last night, watching, hearing over and over in an endless loop her call for help so many years ago. A dozen times I picked up the phone to call her, to reassure myself that she is okay. A dozen times I thought of getting out of the car and going to her door with some lame excuse, just to see that she is here, that she is safe.
昨夜は彼女のアパートの外で何時間も座っていた。何年も前の、彼女が助けを呼ぶ様を思い浮かべ、叫び声を聞きながら。際限なく繰り返し繰り返し。彼女の無事を確認しようと、何度も受話器を取り上げた。何度も車を降りて、説得力のない言い訳をひねり出しては、彼女の家の玄関まで行こうかと考えた。彼女がここにいて、安全であることをただ確認するだけのために。

And I know what I would hear, what I would see - that irritated look on her face, that impatient tone in her voice - "I'm fine, Mulder". She is not fine. Neither am I. And we cannot heal each other's pain.
そしてそうした後、僕が何を聞かされることになるのか、何を見ることになるのか、僕には分かっている。いらいらした表情を浮かべた彼女が、もう我慢できないといった口調で「私なら大丈夫よ、モルダー」というのが。彼女は大丈夫じゃない。それは僕も同じだ。そうやって僕ら2人はお互いの痛みを癒すことができないでいる。

And so I showed up on his doorstep. And he took me in, grouching at me about my wet clothes. I love his growl; it is a warm blanket of love, and he wraps it around me. No questions, no armchair psychoanalysis, no need to hide myself from him. Here I am welcomed, accepted, cherished. No strings attached. Ah, Walter, how did you know that the way to capture my heart was to let me be free?
だから僕は、また彼の家の前に現れてしまう。彼は僕を招き入れ、服が濡れているとガミガミ叱るんだ。僕は彼のうなり声が好きだ。それはまるで愛でできている暖かい毛布のよう。彼はそれで僕を包む込む。何も尋ねずに。アームチェアに座った心理分析士の力も必要ない。彼の前では自分をさらけ出すことができる。ここでは僕は歓迎され、受け入れられ、大事にされる。ひもで縛り付けておくこともなく。ああ、ウォルター。君はどうして知っていたんだい。僕の心をとらえるためには、僕を自由なままにさせておけばいいということを。

He knows why I am here. He knows that I will be gone in the morning. And he knows that one day I will no longer show up on his doorstep, seeking food and comfort like a stray cat. It does not matter to him; he continues to take me in and take me to his bed. And I, selfish bastard that I am, keep taking what he has to offer without anything to give him in return.
彼は僕がここにいるわけを知っている。彼には僕が朝には出ていくことが分かっている。彼にはいつか私が彼の家の前に現れれなくなる日が来ることが分かっているんだ。エサとねぐらを求める野良猫がそうであるように。出ていくのは彼のせいではない。彼は僕を招き入れ続け、ベッドへ運び続ける。そうしてわがままで卑怯な僕は、彼が差し出すもの(彼の奉仕)を、何の見返りも与えることなく、ただ享受し続けるんだ。

What *does* he get out of this? There is the sex, of course, the best sex of my life. The best sex of his life? I don't know, I don't ask; I don't have the right to ask. A stray cat does not ask its current protector if he is the best cat to have ever taken refuge there. Despite rumors to the contrary, I was brought up with proper manners.
どうしたら彼はこの状況から逃れられるのだろう? セックスがないとはいえない。もちろん、僕の生涯の中で最上のセックスが。でも、彼にとっても最上のセックスだったんだろうか? 知らないし、聞きこうとも思わない。僕には聞く権利なんてない。野良猫が今の飼い主に、自分は今まで拾った中で最上の猫でしたか? なんて聞くわけがない。こう見えても案外、僕はマナー良く振る舞うようしつけられてきたんだ。

Is there a future for us? A little house in the suburbs? *Please.* Even I am not delusional enough to fantasize that, and he has always had his feet firmly on the ground. Whatever we have is here and now. It is enough for me. Is it enough for him? I find myself fervently hoping that it is, that he finds some joy in the here-and-now that will balance out the future pain.
僕らに未来はあるのだろうか? 郊外に小さい家を持つなどと。「よしてくれ」。いくらなんでも、そんな夢を描くほど僕は理性を失ってはいない。そして彼もまた常に地に足が付いている。今のこの場で得られるもので僕は十分だ。でも、彼は十分なのだろうか? 僕はそうであることを熱望する。彼が今この瞬間に彼なりの楽しみを見つけてくれることを。それで将来の痛みが帳消しになればと。

I slip quietly out of bed and retrieve my clothes from the dryer, dressing quickly in the early morning stillness. I am careful not to overstay my welcome. And if I occasionally fantasize about lazy weekend mornings in bed and shared showers, well, I can dream, can't I? No harm in that.
静かにベッドから抜け出すと乾燥室から服を取り出し、早朝の静けさの中で手早く身にまとった。長居しないように気兼ねして。時折、ともにベッドで怠惰に過ごす週末の朝を、一緒にシャワーを浴びるときのことを夢見るながら。そう、夢見るぐらいいいじゃないか。そうしてからって何が悪い。

I open the front door and step outside. The storm has passed and the coming day looks like it will be a beautiful one. I find myself humming as I walk down the sidewalk to where I parked my car. And I find myself thinking about the jacket I left hanging in his hall closet. Will he understand the meaning behind that?
表口のドアを開け、外に出た。嵐が過ぎ去った翌日は素晴らしい天気になりそうだ。停めてある車のところまで、歩道を歩きながら、自分が思わずハミングしているのに気づく。そして玄関のクローゼットにつるしたまま置き忘れたジャケットのことを想像する。それに込められた意味が彼に伝わるんだろうか?

I love you, Walter. I will be back.
愛している、ウォルター。 僕はまた戻ってくる。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

"It's not that I don't feel the pain as deep as pain can be
But I will not be denied the light
Your love has brought to me.
What you've given me will last forever
I refuse to lose the treasure
Of you inside my heart eternally.
I'll always feel the love we once knew
As long as I remember loving you."
「これ以上の苦痛を感じることはないと言うのは違う。
けれど僕には君の愛がもたらした光を否定することはできない。
君がくれたものは永遠に残る。
僕はその宝を手放したくない。
永遠に僕の心の中にしまったままにしておきたい。
僕はいつも感じる。僕がかって知っていたような愛を。
君への思いを忘れない限り」

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、疑問の箇所についての適切なアドバイスをくださった、ちよ様、及び固有名詞チェックに協力してくださったYF様に深く感謝いたします。


フロントページに戻る