Veritas
真実
(後編)


Mulder lay back on his sofa and snagged the remote from the coffee table. Even after midnight it was hot as Hades in his apartment and he couldn't sleep, despite having stripped to his boxers. He wanted to believe that the heat was why he was still awake, but he knew better. He was seriously considering requesting a psych exam.
ソファーに寝そべるとモルダーは、コーヒー・テーブルの上にあるリモコンをサッとつかんだ。夜半過ぎだというのにアパートの中は地獄のように暑く、トランクス一枚になっても眠れなかった。自分が眠れないのはこの暑さのせいだとモルダーは思いたかった。が、そうでないことぐらい、とうに気付いていた。どうやら自分には精神分析の必要がありそうだとモルダーは真剣に思い始めていた。

He figured this would be the end of his partnership with Krycek, maybe even the end of his career in the Bureau. Somehow he didn't even care. Maybe he was trying to end his career, now that the X-Files had been closed. It made sense.
例の件のおかげで、クライチェックとのコンビが解消になるどころか、FBIでの自分のキャリアですら、おしまいになるかもしれないとモルダーは観念した。なのにどういうわけだかモルダーには、それを気に病む様子もなかった。思うにモルダーはあえて自分のキャリアーに終止符を打ちたがっているのだろう。Xファイルが閉じられてしまった以上(now that〜=今や〜であるからには)、それは当然のことだった(make sense=道理にかなう)。

As he flipped through the channels with the sound muted, hardly noticing the slim Friday night TV pickings, he was startled by a quiet knock. Pulling a pair of loose shorts over his boxers, he picked up his gun and walked silently to the door. He clicked off the safety and asked, "Who's there?"
お粗末な金曜の深夜番組などろくすぽ見もしないくせに、無音状態にしたままチャンネルをコロコロ変えていたモルダーは、微かにノックされる音にビクリとした。トランクスの上にゆったりした短パンを履くと、銃を携え、ドアのところまで足音をひそめて歩く。安全装置を外すとモルダーは尋ねた。
「誰だ?」

There was a brief silence, then a low voice dropped one word: "Krycek."
一瞬の沈黙の後、ささやくような声が一言こう呟いた。
「クライチェックだ」

Mulder was surprised at his own response, a strange mixture of dread and excitement. Mostly excitement, he noticed.
モルダーは不安と興奮が奇妙に入り交じったような自分の反応に驚いた。そして興奮の方が勝っていることにも気が付いた。

Re-engaging the safety on his Glock, he opened the door to find Krycek slouching in the hallway. He was wearing a plain white t-shirt tucked into jeans so old that they were worn almost white in places.
グロック(注:アメリカの警察でのシェアが50%近いハンドガンのメーカー。ニックネームは「カエル」。プラスチックを多用し、2発目以降連続速射がしやすく、片手で持ちやすいなど実用的でコストパフォーマンスに優れている。ただしマニュアル・セイフティはなく引き金を引くと同時に安全装置が解除されるようになっているのだが、これはスラッシュなので細かいことは気にしないように)の安全装置を元に戻してからドアを開けると、クライチェックが玄関のところでうなだれていた。ごく普通の白いTシャツを着て、その裾をあちこちが白くなるほど着古したジーンズの中に託し込んでいる。

Mulder took in his appearance with an eye for the details: the hair damp as if freshly showered, the white threads of the worn jeans, fraying at waist, crotch, and knees. Before the locker room, he'd never seen Krycek out of his J. C. Penney suit, and now Mulder realized that if he had, it would have been impossible not to notice how good the man looked.
目を凝らしてモルダーはクライチェックの風貌をじっくりと観察した。シャワーを浴びたばかりのようなしたたる髪、股や膝の部分が擦り切れるほど着古したジーンズの白い糸……。ロッカー・ルームで会う以前は、J.C.ペニー(注:アメリカ最大の百貨店チェーン。プライベートブランド品が得意だが、超高級というわけではない)のスーツ以外を着たクライチェックをモルダーは見たことがなかった。そして今、改めて思い知らされた。普段着のクライチェックはたまらない程いい男に見えるという事実を、認めぬわけにはいかないだろうと。

Time to face his future. Silent, Mulder stepped back and let Krycek enter the apartment.
もはや未来と直面す(注:ちなみに映画版のタイトルは"Fight the future")べき時が来たのだ。無言のまま後ずさるとモルダーはクライチェックをアパートに招き入れた。

Barely glancing at Mulder's half-naked body, Krycek walked into the living room. He turned his back to the flickering screen of the muted TV and looked out the window over the desk.
"Christ, it's hot in here. How can you sleep?"
まるでモルダーの半裸の身体をから目を背けるかのようにクライチェックはリビングルームに足を踏み入れた。無音のままチカチカと点滅するテレビ画面に背を向け、机越しに窓の外を眺めた。
「おい、何て暑さなんだよ、この部屋は。よく寝られるもんだな?」

Mulder shook his head. Not the question he'd expected. Trust Krycek to keep him off balance.
モルダーは首を振る。そんな質問を望んでいるのではないのだと。いつだってクライチェックのことを当てにしているのだ。何かしら自分のことを驚かしてくれるんじゃないかって。

"I don't."
「眠らないのさ」

Krycek looked up at him sharply in the mirror of the dark window, then shrugged.
暗い窓に映るモルダーに向かって鋭い視線を投げるとクライチェックは身を竦めた。

Mulder waited until the silence became unbearable.
"So, Krycek, why are you here? I didn't expect to see you tonight."
相手の出方を待っていたモルダーはとうとう沈黙に耐え切れなくなった。
「で、クライチェック、なぜここに来たんだ? 今夜君に会えるなんて思ってもいなかったが」

Now Krycek turned to look at Mulder, keeping the coffee table between them. His eyes were as unreadable as ever.
"I had an idea about the case."
するとクライチェックは振り返り、コーヒー・テーブルを挟んで、モルダーを見つめた。相変わらず何を考えているのか読み取り不可能な目つきで。
「あの件について、思うことがあって」

Mulder started to laugh. It wasn't a happy laugh.
"The case? Are you serious? After what happened today?"
モルダーは吹き出した。が、決して嬉しくて笑っているわけではなかった。 
「あのについてだと? 本気か? 今日、あんなことがあった後なのに?」

Krycek didn't smile.
"Actually, I thought we should talk. Are you surprised?"
クライチェックは笑っていなかった。
「現実問題、話し合うべきだと思ったんだ。意外だったかな?」

Mulder nodded.
"You didn't seem to want to talk this afternoon."
モルダーは頷いた。
「昼間はとても話したがっているようには見えなかったから」

Krycek was incredulous.
"What the fuck would you know about what I want, Mulder? And what exactly was I supposed to say this afternoon? I've tried everything, tried to do everything right, and nothing's ever going to be good enough for you."
He started to pace beside the desk.
クライチェックは信じられないといった表情をした。
「僕が何をしたいかなんて、どうして君に分かるって言うんだ、モルダー? 今日の午後、僕が何を言い出すと思ってたのか? 僕はあらゆる手を尽くしてきた。良かれと思うことはどんなことでもしようと。なのにいつだって君のためになった試しがないんだ」
クライチェックは机の脇をゆっくりと歩き始めた。

"So you don't trust me, that much is clear. You treat me like a KGB informer, and you sure don't seem to understand that I'm the best friend you've got right now, the only one on your side. You climb on top of me and hump me in the rain, but you won't even kiss me. What the hell am I supposed to say?"
「確かに君は僕を信用していない。それだけははっきりしている。僕のことをまるでKGBのスパイのように扱うし、僕が君にとっての最初の親友で、たった一人の味方なんだってことすら、まるで気付いてないみたいだからね。君は雨の中で人の体を押し倒すくせに(hump=『ラクダのこぶ』から派生し、『のしかかってセックスする』意味を表す)、僕にキスの一つもしてくれないじゃないか。そんな状況で、僕が何か言うんじゃないかなんて、一体どうやったら君はそんなのんきな想像ができるんだ?」

The words felt like a kick in the stomach. Staring at Krycek, Mulder sat down heavily on the sofa. What Krycek had said was true--he'd done everything Mulder had asked of him and more, but Mulder still didn't trust him. Couldn't trust him.
その言葉にモルダーは腹の底を蹴り上げられるような衝撃を覚えた。クライチェックをじっと見つめながらモルダーは深々とソファーに身を沈めた。クライチェックの言ったことは真実だった--クライチェックはモルダーが頼んだことはどんなことでも、いや、それ以上のことをやってくれた。だが、それでもモルダーはクライチェックを信用しなかった。信用することができなかったのだ。

Why? Mulder had an idea, and it didn't make him look very good. It didn't even make him look much like a grownup.
それはなぜか? モルダーは本当の理由を知っていた。それがおよそモルダーを食えないヤツにさせていた正体なのだ。その理由たるやあまりに子供っぽ過ぎて、モルダーがまともな大人だとはとても思えないほどだった。

Leaning forward to rest his elbows on his knees and his face in his hands, Mulder tried to make sense of the snippets of conversation and the fleeting images swirling through his mind. Krycek's arrival on that first day. How nervous he'd seemed, how eager to please.
前屈みになり、膝の上に肘をつき、両手に顎を載せると、モルダーは断片的な会話と一瞬だけ心に渦巻いたイメージの意味を何とか理解しようと努力した。クライチェックが初めて赴任してきた日のことを。どんなにか動揺し、気に入られようとやっきになっていたことか。

His anger at being ignored, ditched. His obvious jealousy of Scully. Krycek's concern for him during the Augustus Cole case, his careful statement of support for Mulder's theories on induced sleeplessness.
無視され、すっぽかされたことへの怒り。スカリーへのあからさまな嫉妬。オーガスタス・コール事件の時に見せた自分への関心、不眠が何らかの原因で外部から誘発されたものであるというモルダーの説を支持する慎重なもの言い……。

"I want to believe," he'd said. Krycek puking in the men's room after shooting Cole, and his sneer when Mulder tried to talk to him about it. Krycek insisting that he be allowed to drive, arguing with him about a case, sticking up for his own point of view.
「僕は信じたいんだ……」
とクライチェックは言ったのだ。コールを撃った後、男性用トイレで吐いていたクライチェック。心配したモルダーが話しかけようとした時に見せた冷ややかな笑み。自分が運転すると言い張り、事件を巡ってモルダーと議論になり、ムキになって持論に固執したクライチェック……。

Had he really done anything to warrant Mulder's distrust? Mulder knew he'd never given him a chance to prove himself.
本当にクライチェックはモルダーの不信をあおるような真似をしたのだろうか? モルダーは一度だって弁明のチャンスをクライチェックに与えたことがない事実に気付いた。

After a few minutes of Mulder's silence, Krycek swore under his breath and headed toward the door. If he let Krycek go now, it would all be over. They always seemed to be at cross purposes, and Mulder was getting tired of fighting.
しばらくの間、モルダーが黙っていると、クライチェックは小声で(under one's breath=ひそひそと)捨てゼリフを吐き、ドアの方へと向かった。今、クライチェックを行かせてしまったら、何もかもおしまいだ。2人はいつも誤解しあっているようだった(be at cross-purpose=意向が食い違う)。そして、モルダーはもはや、諍いごとにうんざりしていた。

He sat up, rubbing his hands over his face to clear his thoughts.
"Wait, Krycek. Have a seat."
Mulder gestured at the other end of the couch. Krycek looked back in surprise.
真っ直ぐ座り直したモルダーは、雑念を振り払おうと顔前で両手を擦り合わせた。
「待て、クライチェック。座るんだ」
モルダーはカウチの端を指し示した。クライチェックが驚いて振り向く。

"Come on, sit down for a minute."
He saw the indecision on his partner's face, in the way he hovered hesitantly near the door.
「いいから、ちょっと座れ」
どうしたものかと戸口で躊躇している相棒の顔に困惑の表情が浮かぶのをモルダーは見逃さなかった。

Finally, Krycek crossed the room again and lowered himself slowly to the far end of Mulder's sofa. He looked across at Mulder with his brows drawn together, as if trying to discover what trick the fox was up to this time. Then he leaned back and waited for Mulder to speak.
とうとうクライチェックはもう一度部屋の中へと引き返すと、モルダーの座っているソファーの一方の端にゆっくりと腰を降ろした。クライチェックは眉を顰めてモルダーをしげしげと見つめた。狡賢い狐(モルダー)が今度はどんな罠をしかけよう(be up to=たくらんで)としているのか探ろうとでもするかのように。やがてクライチェックは背もたれに寄り掛かり、モルダーが話し出すのを待ちかまえた。

Mulder was surprised that he didn't feel more self-conscious, dressed only in shorts, sitting with Krycek in the dark. He looked at his hands with a slight frown.
"You're right, I don't trust you. I hardly trust anyone."
暗闇の中、短パン一枚の姿でクライチェックと同じソファーに座っているのに、さほど気後れしていない自分にモルダーは驚いていた。僅かに眉を顰めながらモルダーは自分の両手に目をやった。
「その通りさ、僕は君を信用していないよ。めったに人を信用しないたちでね」

He glanced up sharply.
"I thought I could trust Skinner, and look where that got me."
He felt his lips curl in disgust.
モルダーは鋭い視線で見上げた。
「スキナーは信頼できると思ったんだ。で、それがこの様(事件に巻き込まれ、Xファイルは閉じられてしまったこと)さ」
モルダーはうんざりして口を曲げた。

Krycek shifted on the sofa. Finally he asked, "What about Scully?"
クライチェックはソファにすわったままにじり寄ると、ついに核心に迫った。
「スカリーはどうなんだ?」

"Scully . . . well, I knew she was sent to watch me, and I always knew she was doing her job."
His voice softened.
「スカリーか…… スカリーが僕を見張るために送り込まれてきたのは知ってた。そして、彼女は単に自分の任務を果たしているに過ぎないという現実から目を反らしたことはないつもりさ」
モルダーの声がやわらいだ。

"But I also knew that she was the fairest person I'd ever met, and she'd never lie to them about me, or lie to them for me. And she was never afraid to criticize me."
Mulder stopped, remembering.
「だけどスカリーほど誠実な人間もいなかったよ。僕について偽りの報告を上層部にしたこともなければ、僕をかばって偽証することもなかった。それに彼女は僕を批判することを決して恐れたりはしないんだ」
言い淀むとモルダーは思い出に浸った。

Krycek gave a bitter little laugh.
"So I guess I should criticize you more, huh?"
He shook his head.
苦々しげにクライチェックは微かな笑みを浮かべた。
「なら、僕はもっと君を責めるべきだったのかな、ん?」
モルダーは首を振った。

"It's not just that, Krycek . . ."
Mulder gave a wry, self-mocking smile.
"I'm particularly bad about trusting when I'm attracted to someone."
「そうじゃないんだ。クライチェック……」
モルダーは顔をしかめ、自嘲気味に笑った。
「とりわけ心惹かれる人物に対しては、疑ってかかる習性があるんだよ、僕には」

The image of a dark-haired woman rose unbidden in his mind. He drew a deep breath.
"I may have overcompensated for that a little."
望んでもいないのにダークヘアの女性(注:作者に尋ねたところ、ファンフィックでサディストとして描かれることの多い、『第1シーズンの第12話:Fire(炎)』に登場するモルダーの元恋人フィービー刑事を想定して書いたそうである。ただし、読者の想像を制限しないようわざと明示を避けたそうなので、私のように「吸血鬼の女性のことじゃないか」とか、「ミミ・ロジャースが演じるタバコ・肺ガン男の部下のFBI捜査官、ダイアナ・フォーリー」のことじゃないかなどと想像しても間違ってはいないようだ。要するに金髪のスカリーと対峙するような黒髪の女性キャラ一般と考えればよいらしい)の姿がモルダーの脳裏に浮かんだ。モルダーは深々と息を吸い込んだ。
「そのせいで(魅かれる人間ほど信じようとしないこと)過剰に反応しすぎたきらいがあったのかもしれない」

Mulder had spoken quietly, but when he glanced across the sofa he knew Krycek had heard. His eyes were bright and his face was flushed in the light from the TV.
"You couldn't have known all that. I was being an asshole."
モルダーの声は小さかったが、ソファ越しに目をやると、クライチェックにはちゃんと聞こえていたのが分かった。テレビの光に照らされクライチェックの瞳は輝き、その顔は紅潮していたから。
「そんなこと君に分かるわけないよな。僕はさぞかし嫌な奴だったろう」

Krycek picked at a loose thread in the knee of his jeans and didn't look at Mulder.
モルダーから目を反らしたままクライチェックはジーンズの膝のほつれ糸を引っ張っていた。

"Anyway, if you want an apology you can have one. I'm sorry about today. Even if I think you wanted it as much as I did."
//Where did that come from?// Mulder forged ahead.
「とにかく、君が謝ってほしいというのなら、そうするよ。今日のことは、すまなかった。てっきり自分がそうだからといって、君も同じことを望んでたんじゃないかと勘違いしたせいだとしても」
//何を根拠にそんなことを言う?//
モルダーは結論を急いだ(forge ahead=急にスピードを出して先頭を切る)。

"And I know you'll want to get a new partner and file a grievance. I'm not going to try to stop you--I think it may be time for me to leave the Bureau, anyway."
It was true that he'd thought about resigning, but Mulder also knew he was saying it mostly to see how Krycek would respond.
「それに君だって新しいパートナーと組めるよう、(不当な扱いに対する)抗議書類を提出したいだろう。それを止めるつもりはないよ--いずれにしても僕にとっては、ここらが潮時なのかもしれないのさ、FBIを辞める……」
辞職について考えていたのは事実だが、同時にモルダーは、自分がそう言ったのはひとえに、クライチェックがどんな反応を示すか見てみたいせいだということも知っていた。

"No, that's not why I came here," Alex responded quickly.
"I'm not planning to file a complaint. I just wanted some answers, and I guess I got them."
「違うッ。僕がここに来たのはそんな事じゃない……」
間髪を入れずにアレックスは食らいついてきた。
「告発するつもりなんてない。僕はただ、答えが欲しかっただけだ。そして、それはもう手に入ったよ」

He flushed as he spoke, but he seemed sincere.
"As soon as this case is finished I'll ask to be reassigned, and you can go back to working on your own."
真っ赤になって話していたが、クライチェック自身は真摯に見えた。
「この山が片づき次第、異動を申請するつもりだ。そうすれば君も本来の仕事に戻れるだろう」

They sat in silence for a few moments, until Mulder cleared his throat and spoke quietly.
"Can I ask you something?"
しばらくの間2人は黙って座っていたが、やがて咳払いするとモルダーは小声でこうつぶやいた。
「ひとつ聞いてもいいか?」

Krycek nodded, looking down at his lap.
"Did you really want me to kiss you?"
クライチェックはうなずき、目を伏せて膝を見つめた。
「あの時、本気でキスしてほしいって思ったのか?」

The words seemed to fill the room as Krycek slowly raised his eyes to meet Mulder's. For once, Mulder could read his look. In those eyes he saw need and desire. Things he'd never noticed there before.
まるで部屋中にその言葉が充満したかのようだった。恐る恐る見上げるクライチェックをモルダーの瞳が捕らえる。今度ばかりはモルダーにもその目が何を訴えているのか読みとることができた。クライチェックの瞳は激しい衝動と欲望をたたえていた。いままでけっして見せたことがなかったような……。

Mulder licked his lips nervously as Krycek slid slowly down the sofa toward him. Earlier, in the car, he'd almost felt as if he were standing outside his body, watching his own actions from a distance. He'd known what he was doing but he hadn't felt he was in control.
クライチェックにゆっくりとにじり寄られたモルダーは落ちつきを失ったように唇を舐めた。あの時、車の中では、モルダーはあたかも自分の身体から遊離して、自分のやっていることを端で見ているような錯覚を覚えたものだった。その時、自分が何をやっているかモルダーには分かっているのに、抑えが効かないといった状態であった。

Now he was completely grounded in his body, and he knew he could stop Krycek's prowling approach with the slightest shift of his eyes or the merest motion of his hand. But he also knew he didn't want to.
が、今や、モルダーは完全に我に返り、地に足が付いた状態だったし、クライチェックがごくわずかに目を眇めてみせたり、微かに手を動かしながら、にじり寄るような真似をするのをやめさせようと思えばいつでもそうできる自信があった。しかし、モルダーはまた、クライチェックにやめてほしくない自分がいることにも気付いていた。

His stomach fluttered as Krycek drew closer. Finally he stopped next to Mulder on the couch, one leg drawn up so that he could face him. So close now that Mulder could feel the heat radiating from him, could smell his shampoo. It smelled like apples. Somehow, that fit.
クライチェックが近付くにつれてモルダーは胃がひっくり返りそうになる。ついにクライチェックはモルダーのすぐ脇まで来ると片足をソファーの上に載せるように引き寄せ、モルダーと向き合った。これほど接近すると、クライチェックの身体が放つ体温はもちろんのこと、シャンプーの香りまでありありと感じられる。それはりんごの香りのようであり、どういうわけか、クライチェックにはよく似合っていた。

Krycek was so close that Mulder could feel his breath on his cheek when he whispered, "Yes, Mulder, you are such an asshole."
His breath was sweet, dusky, as if he'd been eating fruit.
頬に息がかかるほどクライチェックはモルダーに迫り、こう囁きかけた。
「そうさ、モルダー。君はまったく嫌な奴だよ」
クライチェックの吐息は甘く、濃厚で、まるでフルーツでも食べたかのようだった。

"You have no idea how irritating you are."
Mulder watched his eyes, how they glittered in the dark. When Krycek spoke again, his voice was even softer.
"And yes, Mulder, I want you to kiss me."
「自分がどんなに人を苛付かせるかなんて想像もしてないんだろう」
モルダーはクライチェックの瞳を見つめた。暗闇の中でそれは何ときらめいていることか。今度のクライチェックの声はずっと優しかった。
「ああ、そうだよ、モルダー。僕は今も君にキスしてほしいのさ」

Then he was there for the taking, and Mulder drew a deep breath. Leaning forward, he touched his lips to Krycek's.
そう言うとクライチェックは待ち構えた。モルダーは深呼吸すると、前屈みになり、唇をクライチェックの同じ場所に落とした。

Krycek's mouth was soft, and it opened forward beneath Mulder's as if he were telling a sweet secret that only he knew. Mulder tested Krycek's mouth with his tongue, then reached up and pulled him closer so he could explore properly.
クライチェックの口は柔らかく、まるで自分だけが知っている甘い秘密を打ち明けるかのようにモルダーへと開かれた。モルダーは舌を駆使してクライチェックの口腔を探り、もっと丹念に調べようとさらに引き寄せた。

Krycek's tongue against his own was hot velvet, dark and full in Mulder's mouth, filling him and taking from him with every swirling touch.
クライチェックの舌は熱いベルベットのようにモルダーの舌を襲い、ぴっちりとモルダーの口腔を満たした。弧を描くように愛撫されるたびに、モルダーは充足感と喪失感とを交互に味わった。

As Mulder fell farther into the kiss, Krycek took the lead, devouring Mulder's lips and tongue with his whole mouth, claiming the territory with tender insistence. Mulder felt as if he were being branded.
モルダーがクライチェックのキスに溺れるにつれて、クライチェックは主導権を握っていった。口全体を使ってモルダーの唇と舌をむさぼり、優しい執着で縄張りを主張しながら。モルダーはまるで所有を示す焼き印を押されるような錯覚に襲われた。

As they kissed, Krycek slipped his hands to Mulder's bare chest and teased his nipples with light fingertips. The feathery touches drew a moan from Mulder, who fell back against the cushions and pulled Krycek with him so they were chest to chest, warm bodies separated only by the soft cotton of Krycek's t-shirt.
2人がキスしている間、クライチェックはモルダーのむき出しの胸に手を滑らせ、その乳首を指先でそっとなぶった。その羽のように軽い手触りにモルダーは思わずうめき声を上げ、クッションに背中から倒れるようにしてクライチェックを引き寄せ、胸と胸をくっ付け合った。2人の暖かい肉体を隔てるものはもう、クライチェックを包む柔らかいTシャツのコットン地1枚だけだった。

Without breaking their kiss, Mulder pulled the t-shirt up clumsily, shivering when hot skin touched his own naked chest. Pulling away, Krycek yanked the shirt off, then shifted over on the sofa until Mulder could lie down full length. Finally, Krycek covered Mulder's body with his own, kissing him in earnest.
口づけを交わしたまま、不器用な手つきでTシャツをたくし上げたモルダーは、何も纏っていない自分の胸に触れたクライチェックの燃えるような素肌に思わず身震いした。はぎ取るようにシャツを脱ぎ捨てるとクライチェックは、モルダーが全身を伸ばせるよう、ソファーの上で身を浮かせた。そしてついに、自身の躯でモルダーの肉体を組伏せると、猛烈なキスを浴びせた。

Mulder moaned. Krycek's mouth was all over him, sucking and kissing his face, neck, and chest. His hands were on Mulder's chest and belly, pinching, squeezing, and stroking by turns. Mulder gasped as he felt a thumbnail scrape roughly across his nipple, then trail down to his navel and stroke it gently.
モルダーはうめいた。クライチェックの口が全身を這い回る。モルダーの顔や首筋や胸に吸い付き、口づけるようにして。クライチェックの手は、モルダーの胸や腹を、つまんだり、ぎゅっとつかんだり、なで回したりを代わる代わる繰り返す。親指の爪で乱暴に乳首を擦られかと思うと、ゆっくりと臍のあたりへと這わせては優しくなで上げられるという快感がモルダーを喘がせる。 

Krycek's hips and legs were heavy on Mulder's, the buttons of his jeans pressing hard against Mulder's aching cock through the fabric of his shorts and boxers. Trapped beneath the energy that was Krycek, Mulder felt his head begin to spin.
クライチェックの腰と脚に重くのしかかられ、クライチェックのジーンズのボタンが短パンとトランクス越しに痛いほど張りつめたモルダーのペニスにキリキリと当たる。すさまじいクライチェックという罠に捕らわれて、モルダーの頭はクラクラし出した。

Krycek shifted lower, close against Mulder's body, stroking his hips and groin through the soft shorts. Mulder started to twist and buck against the searching fingers, pushing his hips up to meet Krycek's touch.
身体を密着させたまま、さらに下方にずれるとクライチェックは柔らかな短パン越しにモルダーの腰と鼠蹊部を撫でる。その探るような指の動きにモルダーは、跳ねたり、身を捩ってのたうち回りながらも、腰を浮かしてクライチェックの愛撫に必死に応じようとする。

"God, Krycek, please . . ."
The cry was torn from him without his own awareness, and he was surprised to hear the desperation in his voice. He needed those hands on his body, touching him, now.
「ああ、クライチェック……頼むから……」
無意識にモルダーは絞り出すような叫び声を上げていた。そして、自分の声が放つ必死の形相に慄然とした。モルダーの身体は今、クライチェックの手を、愛撫を、がむしゃらに求めていたのだ。

Krycek looked up, smiling wickedly at his plea.
"I told you, Mulder, I want to give you what you need."
His fingers worked their way into the waist of his shorts and pulled the loose garment down.
顔をあげるとクライチェックは意地悪げな笑みを浮かべながら、必死に嘆願するモルダーを見つめた。
「僕は言ったはずだよ、モルダー。君が必要としているものを差し出したいんだって」
クライチェックの指が短パンのゴムの部分へと迫り、そのゆったりとした着衣を引き下げた。

Leaning over Mulder's straining hips, he breathed hot air against Mulder's erection, then rubbed his cheek along the cotton that covered it. When he reached Mulder's balls, his mouth opened wide and he hummed softly against them until Mulder squirmed.
突き出しているモルダーの腰の上にかがみ込むとクライチェックは、すっかり勃ちあがったそれに熱い息を吹きかけ、覆っているトランクスのコットン地の上から、なぞるようにして頬を擦りつける。モルダーの双球に近づくとクライチェックは口を大きく開け、くわえたままハミングしてモルダーを身もだえさせた。

As Krycek mouthed his way back up the shaft, Mulder thrust gently against the wet heat of his tongue. Reaching the waistband of the boxers, Krycek tongued at the wet spot in the soft fabric. Mulder cried aloud at Krycek's wet tongue, hot and probing, making the cotton rough on the sensitive head of his penis.
クライチェックの口がペニス(shaft=rod=boner=特に勃起したペニス)を辿り上げるにつれて、モルダーはその湿った熱い舌にそっと自身を押し付ける。トランクスのゴムの部分まで来ると、クライチェックの舌は柔らかなトランクス地に滲んだ染みに触れた。クライチェックの熱く濡れた舌にコットン地をしわくちゃにしながらペニスの敏感な先端をまさぐられて、モルダーは絶叫した。

  Finally Krycek took pity on Mulder and lowered the waistband of his boxers below the heavy fall of his testicles. Mulder sighed in relief as his straining erection was released from the binding cotton.
モルダーを哀れに思ったクライチェックはついにトランクスのゴムをその重く垂れ下がっている睾丸の下に降ろした。束縛していた布からはち切れんばかりの昂ぶりを解放されて、モルダーは安堵の溜息をついた。

Krycek slipped off the sofa and knelt beside him now, pulling Mulder's shorts and underwear off his long legs. Mulder watched as Krycek touched him, part of his brain noticing how gentle he could be, part of it still amazed that this was even happening.
クライチェックはソファから滑り降りると、モルダーの傍らにひざまずき、短パンと下着をその長い脚から引き抜く。クライチェックが自分に触れる様子をじっとモルダーは見つめていた。頭の隅ではクライチェックがこんなにも優しかったのかと思い知りながらも、一方ではまだ、今起こっていることにさえ驚いていた。

Reaching down, Mulder placed his hand on Krycek's jeans and felt the hard bulge throbbing under the worn denim. Turning slightly on the sofa, he unbuttoned the fly, releasing the head of Krycek's cock from captivity.
下へと手を伸ばすとモルダーはクライチェックのジーンズに触れ、こちこちに膨らんだそれが擦り切れたデニムの下で脈打つのを感じた。ソファーに寝たまま僅かに身体を傾けると、モルダーはクライチェックのズボンの前立てを開け、その性器の先端を拘束から解放してやった。

As Mulder popped the buttons open one by one his straining cock pushed its way out of his jeans.
"No underwear, Krycek?"
Mulder arched an eyebrow.
モルダーがボタンを一つずつ開けるたびに、クライチェックのいきり勃ったペニスがジーンズから顔を出す。
「下着はつけないのか、クライチェック?」
モルダーは眉を吊り上げた。

Krycek grinned.
クライチェックはニヤリと笑った。
"It's too hot for layers."
「2枚も着たら暑いだろ」

He pushed his jeans the rest of the way off and kicked off his shoes. Naked now, he knelt again by the sofa. His hands played across Mulder's body, as if learning him by touch.
後は自分でジーンズを脱ぐとクライチェックは蹴るように靴を脱ぎ捨てた。生まれたままの姿になった今、改めてクライチェックはソファの元にひざまずいた。モルダーの身体中をクライチェックの手が愛撫する。触れることでモルダーのことをもっとよく知ろうとするかのように。

"I wanted this, you know."
Krycek's voice was low.
"Ever since we first met."
「ずっとこうしたかったんだ」
クライチェックはささやくような声で言った。
「初めて会った時から」

Mulder didn't answer. He had wanted this, too. But it was one thing to be naked together, another thing to reveal himself to Krycek by telling him that. He stroked his hand down Krycek's back and rested it for a moment on the sweet curve of his ass. It had been far too long since he'd been with anyone.
モルダーは答えなかった。自分もそう思っていた。だが、お互いの裸体を晒し合っているからと言って、そのことをクライチェックに告白して自分をさらけ出してしまうわけにはいかなかった(One thing ..... another thing=〜と〜は別もの)。モルダーはクライチェックの背中を撫で、やがて美しい曲線を描いているその尻の上に手を降ろすと、しばしの間そこで手を休めた。随分と久しい間、モルダーは誰かとこうした憶えが無かった。

Krycek seemed to pull himself back to the present.
"Got any condoms, Mulder?"
He punctuated the question with a wet lick along the length of Mulder's cock.
ふとクライチェックは現実に引き戻されたようだった。
「コンドームはあるか、モルダー?」
疑問符代わりにクライチェックは湿った舌でモルダーのペニスを舐め上げた。

"Bedroom . . . "
Mulder gasped.
"Dresser drawer . . . "
「寝室の……」
モルダーは喘いだ。
「ドレッサーの引き出しに……」

Grinning, Krycek hopped up and headed toward the door.
"Be right back."
クライチェックはニヤリと笑うと軽やかな足取りでドアへと向かった。
「すぐ戻ってくるから」

For a minute or two, Mulder could hear him rummaging in the other room, opening the drawers of the dresser and digging around for the condoms. Even through the deep haze of his arousal, Mulder knew it was stupid to let Krycek go through his things.
ほんの1、2分だろうか、向こうの部屋でクライチェックがくまなく捜し回り、ドレッサーの引き出しを開け、コンドームを探し出す音が聞こえた。恍惚のあまり意識がひどく朦朧とするものの、モルダーはクライチェックに自分の持ち物をいいように漁らせる(go through=くまなく調べる)なんて、バカもいいところだと思った。

He sat up on the sofa, unsure whether he wanted to go in and stop Krycek, put his clothes back on, or what . . . hell, he didn't want to do any of those things, he only thought he should.
どうしようかと迷い、モルダーはソファーに座り直した。部屋に行って、クライチェックを止めさせたいのか、もう一度服を着させて、さもなければ一体……どんな。どれもモルダーはやりたくなかった。やらなければとモルダーは頭の中でただ思うだけだった。

  Then Krycek was back, condoms in hand. Seeing Mulder sitting up on the sofa, he dropped the condoms and lube on the coffee table and settled on his knees over Mulder's lap, planting a hand on his chest to push him back down onto his back.
やがてクライチェックはコンドームを手に戻ってきた。モルダーがソファに座り直しているのを見て、コーヒーテーブルの上にコンドームと潤滑剤を放り出すと、自分の膝頭でモルダーの太ももをしっかりと押さえつけ、胸に手を当て、仰向けになるようモルダーを押し倒した。

"No you don't, Mulder. You're not getting away that easily."
Krycek smiled, but the menace of his words was clear.
「だめだ、モルダー。簡単に逃がしはしない」
クライチェックは笑った。だが、その言葉には明らかに脅しの色が含まれていた。

Kneeling over Mulder's lap, straddling his body, Krycek leaned forward until his face was level with Mulder's.
"No second thoughts, now. I can see you want this."
モルダーの太ももの両脇に跪きその体に跨るとクライチェックは、自分の顔がモルダーと同じ高さになるくらいまで身体を屈めた。
「ここまで来てそれは(second thought(s)=再考)ないぜ。これがほしいくせに」 

Then he ground his hips into Mulder's, bringing their cocks into direct contact and drawing a broken cry from Mulder. Krycek held himself there, rubbing his erection against Mulder's, a dreamy look on his face as he continued to whisper.
するとクライチェックはモルダーの腰に自分の腰をあてがった。ペニス同士が直に触れ合うと、モルダーから切れ切れの叫び声が絞り出される。その姿勢を保ったまま、クライチェックはいきり勃った彼自身をモルダー自身にこすり付けた。クライチェックがこう囁き掛けるにつれて、モルダーの顔に恍惚とした表情が浮かび上がる。

  "We both need it . . . and you know you're going to feel so good when I'm inside you, pumping you until you scream."
「2人ともほしくてたまらないのさ……君だって知っているくせに。突っ込まれて、悲鳴をあげるまで攻め上げられたら、どんなにいい気持ちがするかって……」

Mulder moaned and lifted his hips, stabbing his cock toward Krycek's. He shivered as he felt the heat of Krycek's tight skin, the throbbing cock against his own. Oh, fuck.
モルダーはうめき、尻を浮かせると、自分のペニスをクライチェック自身に突き立てた。クライチェックの張りの良い熱い肌を、脈打つペニスを、自分自身のそれに感じるたびにモルダーは体を震わせた。ああ、何てことだ。

"We will, Mulder, don't worry."
「今からやる(We will fuck)から、モルダー、心配しなくていい」

Krycek sat back up a little and began moving his hands over Mulder's body, his erection still heavy against Mulder's lap. His nimble fingers stroked their way up Mulder's belly and ribs,feather-light. Mulder groaned as Krycek circled his nipples and pinched at them lightly.
やや後退して座り直すとクライチェックは、依然としてその昂ぶるものをモルダーの太ももに押し付けたまま、モルダーの体の上に両手を這わせ始めた。素早い指がモルダーの腹と助骨のあたりを羽毛のようなタッチで撫で回す。乳首の回りを円を描くように撫で、中心を軽く摘むとモルダーからうめき声が漏れる。

"You like that?"
Krycek pinched again, harder.
「これが、いいのか?」
クライチェックはもう一度、今度はもっと強く摘んでみる。

"Yessssss . . ."
「ああ……」

Grinning, Krycek gave the hard nubs a final tweak and ran his hands out to Mulder's shoulders. Digging into the tightened muscles, he stroked his way firmly down Mulder's arms. Mulder writhed under Krycek's searching fingers.
ニヤリと笑ってクライチェックは、硬く尖った中心を最後にもう一度摘むと、モルダーの肩へと手を移動させた。強張った筋肉を揉みほぐすかのように、クライチェックはじっくりとモルダーの腕を撫で下ろす。探るようなクライチェックの指に翻弄されてモルダーはのたうち回った。

Suddenly, Mulder's hands were over his head, held there by Krycek's strong grip, and Krycek was back in his face. Chest to chest with Krycek, Mulder struggled a little, mostly to test Krycek's hold. It was firm, but not tight. Mulder thought he could get away if he wanted to.
突如、両手を頭の上に抱え上げられ、ものすごい握力でクライチェックにがんじがらめにされたかと思うと、モルダーのすぐ間近にクライチェックの顔が迫っていた。胸と胸をピッチリと合わせてくるクライチェックに、クライチェックの押さえ込む力を試したくて、モルダーは僅かにもがいて見せた。強固ではあったが、決して窮屈ではない。自分が望むなら逃げることもできるだろうとモルダーは思った。

"Krycek . . . "
Mulder licked his lips.
"Krycek, what are you doing?"
「クライチェック……」
モルダーは唇を舐めた。
「クライチェック、お前、何をする気だ……?」

The heat where their bodies touched made it difficult to think, and the danger of the situation seemed to heighten his arousal.
触れ合った躯のあまりの熱さにもはや何も考えられなくなっていくばかりか、この危険極まりない状況がますますモルダーの欲情を煽る。

Krycek showed his teeth.
"Relax, Mulder."
He ground himself against Mulder's body, still holding his hands over his head.
"You'll like it."
(肉食獣が獲物を前に牙を見せるように)クライチェックは歯を見せて笑った。
「楽にして、モルダー」
依然としてモルダーの両手を頭のところに押さえ込んだままクライチェックはモルダーの身体の上に身を沈めた。
「きっと気に入るよ」

Leaning closer, Krycek licked hungrily at Mulder's lips, then pushed his tongue deep into Mulder's mouth. Mulder gasped as his mouth was claimed roughly, arching up into the heat of Krycek's body, flexing against the firm hold over his head.
間近にかがみ込むとクライチェックは貪るようにモルダーの唇を舐め回し、その次にモルダーの口腔の奥深くへと舌をねじ込んだ。荒っぽく求められてモルダーは喘ぎ、頭の上で身体をねじ止められもがきながら、クライチェックの熱い肉体ににじり寄ろうと身体をしならせる。

Krycek let him move but didn't set him free. Holding Mulder down with his entire body, he kissed him thoroughly, teasing him expertly with lips and tongue and teeth until Mulder was laboring for breath beneath him.
モルダーが動くに任せてはいるものの、クライチェックは決して離そうとはしなかった。全身でモルダーを押さえ込んだまま、その口を思う存分貪り続け、唇と舌と歯を使って巧みになぶる。モルダーはクライチェックの下で息を吸い込もうと必死にもがいた。

  Finally, Krycek pulled away, sucking hard on Mulder's lower lip until he had to let it go as he sat up again. Dazed and aching for more, Mulder sighed as Krycek pulled back and looked down at him.
モルダーの下唇を激しく吸い取るようにしながら、ついにクライチェックは身を起こした。再び座り直して、モルダーの唇を解放した。眩暈と高まる一方の欲望の中でモルダーは、起き上がったクライチェックに見下ろされて、不満げな溜息をつく。

  Mulder blinked up at Krycek.
"What . . . ?"
モルダーは驚いてクライチェックを見上げた。
「なんだ……?」

"That's some mouth you've got, Mulder."
Krycek slipped one hand around both Mulder's wrists and brought the other down to stroke a thumb across Mulder's lips.
「君ってやつは、なんて色っぽい(some=very good)唇をしてるんだ、モルダー」
クライチェックはモルダーの手首を押さえていた両手を片手に持ち替えると、もう片方の手を下ろし、モルダーの唇を親指でなぞった。

  "You know what it makes me think of? Angels. Mangoes. Rain. Hot, dirty things I'd like to do to you, like for you to do to me . . . "
「この唇を見て僕が何を連想したか分かるかい? (清純で美しい)天使や、(甘く熟して瑞々しい)マンゴーや、(しっとりとさわやかな)雨さ。いやらしい、汚らわしいことを君にしたいと思ったんだよ。君が僕にそうしたいと思っていたようにね……」

  As his whisper trailed off, Krycek raised his thumb to his own lips and licked it, then brought it back to Mulder's mouth. Mulder flushed as Krycek ran it over his lips again.
"You want me to do those things, Mulder?"
囁き声が途切れたかと思うと、クライチェックは親指を唇で挟み、舐めて湿らせると、モルダーの口元へと再び持っていく。もう一度クライチェックに唇を撫でられたモルダーは顔が火照るのを感じた。
「あれをしてほしいんだろう、モルダー?」

  Mulder squirmed under Krycek and closed his eyes. He could hardly remember his own name, much less how to speak. His brain had seeped out of his ears the moment Krycek had climbed on top of him. Summoning all his strength, he nodded, slightly, against the sofa cushions.
クライチェックの下でモルダーは身悶えし、目を閉じる。自分の名前も思い出せないどころか、話し方すら忘れてしまって。クライチェックが身体を預けてきた瞬間、モルダーは耳から脳がはみ出そうな感覚に襲われた。全身の力を振り絞るようにうなずこうとしたモルダーは、ほんのわずか、ソファークッションを頭で押した。

"Good, Mulder. Because I don't think I can resist that mouth much longer."
「よかった、モルダー。これ以上、その口に抗う自信なんてないから」

Lying there with his eyes closed, Mulder felt Krycek moving forward on his knees, still straddling Mulder's body and holding his hands above his head. He stopped when he reached Mulder's upper chest.
//Oh no oh no no yes no yes yes yes . . . //
目を閉じたまま寝そべっているモルダーは、クライチェックが膝をつきながら前のほうに移動してくる気配を感じた。依然としてモルダーにまたがり、手を頭の上に押さえ込んだまま。モルダーの胸元にたどり着くと不意にクライチェックの動きが止まった。
//ああ、やめろ、いやだ、やめるんだ、そう、ちがう、そうだ、うん、それでいい……//

"Open your eyes," Krycek whispered hoarsely.
「目を開けて……」
クライチェックはかすれた声で囁いた。

Mulder took a deep breath and opened his eyes. Krycek knelt over his chest, his knees wedged under Mulder's extended shoulders, his balls hanging not six inches from Mulder's chin. Mulder took the sight in, the rosy balls with their dusting of dark blond hairs--funny, he'd expected brown, even black hair here.
深く息を吸い込むとモルダーは目を開けた。胸の上にはクライチェックがひざまずいていた。引っ張られた脇の下に膝頭を入れられ挟み込まれると、あごから6インチも離れていないところにクライチェックの睾丸が垂れ下がっていた。モルダーはダーク・ブロンドのヘアに覆われているその薔薇色の双球に目を奪われた。−−おかしなものだ。クライチェックのあそこの毛は茶色どころか黒だとばかり思い込んでいたのに。 

  Then the thick, throbbing erection, curving smoothly up Krycek's belly, filled so tight with blood that the foreskin was stretched back behind the dark velvety head. Mulder's mouth went dry at the proof of Krycek's desire for him jutting from the light curls of his groin.
そして、太く、脈打っているクライチェックの昂ぶりは、腹の上で魅力的なカーブを描いて反り返り、充血のあまり後退した包皮から浅黒いビロードのような亀頭が顔を出した。その股を覆う柔らかい縮れ毛から突き出された欲望のしるしに、思わずモルダーは唇の乾きを覚えた。

He lifted his eyes further and took in the smooth skin of his belly //Oh, god, I remember// and his chest, again covered with sparse light curls, baby fine.
さらに視線を上げていったモルダーはクライチェックの腹の部分の滑らかな肌に目を見張った。
//ああ、同じだ、あの時見たのと//
そしてクライチェックの胸もまた、チャーミングで赤ん坊の毛のようにふんわりとした軽い縮れ毛に薄く覆われていた。

Reaching Krycek's face, Mulder swallowed nervously. In the dim light he could see green eyes searching his own face, watching his mouth. Mulder licked his lips, self-conscious under the close scrutiny.
視線がクライチェックの顔に達すると、モルダーはたじろいで息を呑んだ。薄明かりの中で緑の瞳がじっと自分の顔を探り、口元を見つめているのが見える。間近なところからじろじろと吟味されたモルダーは気恥ずかしさのあまり唇を舐める。

Krycek groaned and took his own cock in his free hand.
"See this, Mulder?"
He pulled it close to Mulder's face, pressing down on Mulder's wrists with his other hand.
うめくようにこう言うとクライチェックは空いている方の手で自分のペニスをつかんだ。
「これが見える、モルダー?」
クライチェックはそれをモルダーの顔に近づけた。もう片方の手でモルダーの両手首を押さえつけたまま。

"This is what you do to me."
Mulder felt his own erection throb as Krycek gently stroked the velvet tip against his cheek, moving it slowly toward his mouth. He gasped as the hot, smooth head slid across his lips, nudging tentatively at his mouth.
「君がこんなにしたんだよ」
そのベルベットのような肌触りの先端でクライチェックに頬を撫でられ、口元にゆっくりと近づけられると、モルダーは吃立した彼自身がズキズキとうずくのを感じた。唇の上をその熱くすべすべとした亀頭に横切られ、口をためらいがちにつつかれるたびに、モルダーから喘ぎ声が漏れる。

  "Mulder, do you know that your mouth was made to suck a cock?"
Krycek rubbed his erection over Mulder's lips as he spoke.
"This curve here--" he placed the head of his cock against the center of Mulder's lower lip--"I've dreamed about this spot."
「モルダー、君の口がペニスをしゃぶらされるなんて思ってもみたかい?」
しゃべりながらクライチェックは、そそり立つ彼自身でモルダーの唇を擦る。
「ここのこの曲線……」
クライチェックはモルダーの下唇の真ん中に自らの陰茎の先端をあてがう。
「……ここをどんなに夢に見たことか」

  Mulder's heart beat faster at Krycek's words. Anticipation, fear, and excitement struggled for control of his mind; his body belonged to Krycek. Did he trust him? Did it matter?
クライチェックの言葉に、モルダーの心臓は早鐘のように鳴り出す。期待と恐れと興奮とに魂を翻弄されて。もはやモルダーの躯はクライチェックのものだった。果たして自分はクライチェックのことを信じたのだろうか? いや、信じる信じないなど、どうでもいいことなんじゃないか?

  It would be so easy to shut off his brain for just a little while and do what felt good. This felt good. He might regret it tomorrow, and he might pay for it for the rest of his life, but this was going to happen tonight.
しばしの間、頭をからっぽにし、快楽に身を任せるのは、なんとたやすいことなのだろう。こうしているのは確かに気分がいい。明日には後悔することになるかもしれないし、この先一生、この代償を払わせられるかもしれない。だが、今夜、それは起こってしまったのだ。

Krycek pressed forward slightly, and Mulder readily parted his lips to take Krycek's cock into his mouth. It was heavy and hot against his tongue, the swollen head seeking the slick wetness within.
クライチェックにほんの少し押されただけでモルダーは、そのペニスを迎え入れようとすぐさま唇を開いた。モルダーの舌の上でそれはずしりと重く、燃えるように熱くたぎり、怒張したその先端はぬるぬると湿った口腔内をかき分けていく。

Mulder covered his teeth with his lips and gave a hard suck, swirling his tongue about the thick tip. Krycek threw his head back and groaned loudly.
"Ugh . . . that's it . . . take it, baby."
モルダーは唇で自分の歯を覆うようにすると、その太い先端を舌で転がしながら、猛烈なフェラチオで応酬した。クライチェックは頭をのけぞらせ、大声でうめいた。
「ああ……そうだ……いいぞ、モルダー」

Mulder's head was spinning, and once again it was as if he were watching himself from above. He saw his own eyes fall closed and his mouth open wider to allow to Krycek to push farther in. He saw himself abandoned to a force greater than his own consciousness.
眩暈に襲われたモルダーは、再び自分自身を上から見下ろしているような幻覚に捕らわれた。目蓋を閉じ、クライチェックをもっと奧に飲み込もうと口を思いっきり開けているのが見える。自分の意思の及ばない、もっと強烈な力に身を委ねている自分自身の姿が見える。

  As Mulder took in more of his cock, Krycek released his hold on Mulder's wrists and brought his hands down to cradle Mulder's head. Burying his fingers in the short hair, he angled Mulder's head so that his cock slid deeply into the back of Mulder's mouth. Mulder groaned, aware that Krycek would feel the vibrations against his cock, and placed his hands on Krycek's hips.
モルダーの口の中にすっかり収めてしまうとクライチェックは、手首をつかんでいた手を離し、今度はモルダーの頭を抱えた。その短い髪の毛に指を埋めるようにして、喉の、もっと奧へと届かせようとモルダーの頭を傾ける。陰茎の律動を堪能しているクライチェックの艶姿に煽られたモルダーはうめき声を上げ、クライチェックの腰に手を回した。

  Wrapping his fingers about the smooth, firm flesh, Mulder set a rhythm of push and pull, opening his throat as far as he could to Krycek's thrusts. Krycek jabbed forward against Mulder's tongue, filling his mouth again and again with hot, hard flesh.
そのなめらかで引き締まった肉を指で包み込むとモルダーは一定のリズムで抜き差しを始めた。クライチェックの激しい突きを受けとめようと、限界まで喉をこじ開けて。モルダーの舌めがけてクライチェックは突き立てる。幾たびもその熱く堅い肉茎でモルダーの口腔を満たしながら。

  They rocked together for a few minutes, Krycek pumping steadily into Mulder's mouth, until Krycek's thrusts became spasmodic and his breathing grew more labored.
"Not yet, Mulder."
しばらくの間、2人は互いの動きに合わせるように律動を繰り返した。クライチェックもモルダーの口の中へ着実な抽送を続けていたのだが、次第にクライチェックの突き上げは断続的になり、息づかいが乱れ始めた。
「まだだ……モルダー」

  He pulled back until only the head of his cock remained in Mulder's mouth.
"Want to make it last."
クライチェックは先っぽだけを残してモルダーの口からペニスを引き抜く。
「じっくり(last=持続する)楽しみたいんだ」 

As he slowly settled back so that the head slipped out between Mulder's lips, Mulder gave him a final lick across the glans. Krycek paused a moment, holding Mulder's head as if he'd plow back into his mouth and finish then and there, then shivered and let him go.
モルダーの唇の隙間から完全に引き抜こうとクライチェックがゆっくりと腰を引くと、すれ違い様にモルダーは最後のひと舐めをその亀頭に加えた。一瞬、クライチェックは動きを止め、あたかももう一度モルダーの口に押し戻し、そのままそこでフィニッシュを迎えようとでもするように、モルダーの頭を抱えた。そうして身体を震わせるとモルダーから己を抜き去った。

  Letting his head fall back against the cushions, Mulder smiled up at the dazed look on Krycek's face.
"You speechless, Krycek? That's a first."
頭をクッションに押し付けるように反り返りながらとモルダーは陶然とした顔のクライチェックを見上げて目を細める。
「口もきけないようだな、クライチェック? 無口なお前なんて初めだよ」

  Mulder himself couldn't believe the easy tone he was able to take with him now. Having a man's cock in your mouth could do that, though.
こんな風にクライチェックに無邪気に接することができるなんて、モルダーは自分でも信じられなかった。一旦くわえしまえば、もうどんな恥ずかしいことでも平気でできた。

Krycek shook his head and shifted back down Mulder's body a bit, stopping over his waist. When he spoke, his voice was still breathless.
"You don't do anything by halves, do you?"
He grinned.
"I'm definitely impressed, Mulder."
クライチェックは首を振り、モルダーの身体の方へと僅かに後退し、お腹の上辺りで止まった。答えるクライチェックの声はまだ息苦しそうだった。
「君は何事も徹底的に(by halves=中途半端に)やり通す性質なんだな?」
クライチェックはニヤリと笑った。
「実に感動的だったよ、モルダー」

  He leaned over to grab the condoms from the table beside the sofa. Mulder watched the easy movement, noting how Krycek's sweaty body caught the light of the silent television. He was amazed at how graceful the man was, naked. He'd never have guessed.
身体を乗り出すとクライチェックはソファ脇にあるテーブルからコンドームをつかんだ。モルダーはその流れるように優美な手つきをぼんやりと眺めていた。物言わぬテレビの光に照らされるクライチェックの汗ばんだ躯に見惚れながら。裸になると見違えるぐらい上品に変身するこの男にモルダーは開いた口がふさがらなかった。これほどだとは夢にも思っていなかったのだ。

  When he looked up, Krycek was holding the strip of Trojans, an incredulous look on his face.
"Mulder, these condoms expired eight months ago."
He started to laugh, his body shaking over Mulder's.
ふとモルダーが視線を上げると、クライチェックがトロージャン(注:Carter-Wallace社製のコンドームの商品名)の連続包装を手にしたまま、信じられないといった顔をしているのが見えた。
「モルダー、このコンドーム、8か月も前に期限が切れてるぞ」
クククッとクライチェックは笑い出し、下にいるモルダーにその振動が伝わった。

  Mulder blushed. He didn't really need Krycek to know how long it'd been since he last got lucky.
"Shut up, Krycek."
思わずモルダーは顔を赤らめた。最後にいい思いをして以来、どれだけモルダーがご無沙汰だったかクライチェックに知られてしまうなんて、まったくもって余計なことだったからだ。
「うるさい、クライチェック」

  Krycek laughed harder and showed Mulder the date stamped on the condoms--November, 1993.
ますますおかしくてたまらないといったクライチェックはコンドームに刻印された--1993年11月という製造日をこれ見よがしにモルダーに見せる。

  "Don't you have any?"
そっちは持ってないのか?」

  Krycek solemnly shook his head.
"Of course not. What kind of guy do you think I am? You think I came over here to get laid?"
クライチェックは神妙な面もちで首を振った。
「持ってるわけないだろう。僕のことをどういう男だと思ってたんだ? 僕が寝るためにここにやってきたとでも言いたいわけ?」

"Yes, I do."
Mulder lifted his flagging erection to Krycek's ass, feeling himself twitch back to life in the sweaty cleft.
「ああ、そうだとも」
うなだれかけた陰茎をクライチェックの尻にあてがうとモルダーは、その汗ばんだクレパスの最中で己のものが回復の兆しを主張し始めるのを感じた。

Krycek ground himself against Mulder, hard.
"Well, for once you're wrong, Agent Mulder. But I'm willing to take a chance if you are."
クライチェックは自分のものをモルダーに激しくこすりつけた。
「はん、今度ばかりはハズレだな、モルダー捜査官。だけど、みすみすこのチャンスを逃す手はないよな。たとえ君の勘違いだったとしても」

  With that, he tore open a condom and pulled it out. Mulder was about to stop him, try to call it off, when Krycek reached down behind his back and began rolling the condom onto Mulder's cock. Nimble fingers stroked him back to full rigidity as Krycek deftly fit the latex snugly over his shaft.
そう言うと、クライチェックは袋を破り、コンドームを取り出した。今にもモルダーはクライチェックを引き留め、こんなことはもう止めようと言うつもりだったが、クライチェックは背中の下の方に手を回し、モルダーのペニスの上でコンドームを丸め始めた。素早い指で十分な固さになるようモルダーをしごき上げると、巧みな手つきでぴったりと装着した。

"What? . . . Oh, god . . ."
Mulder found it difficult to speak.
"Krycek . . . I thought you wanted to be on top."
「何だって?……ああ、そんな……」
モルダーは言葉を失った。 
「クライチェック……てっきり君は上に(やる側に)なりたいんだとばかり……」

Popping the lubricant open, Krycek grinned.
"Mulder, in case you hadn't noticed, I am on top."
潤滑剤を開けると、クライチェックはニヤリと笑った。
「モルダー、(in case=ここでは譲歩「たとえ〜であっても」のif=even if/though)君が気が付いてなくても、僕はもう上に乗っかってるんだけど」

He reached back with one hand and slicked Mulder quickly, then rubbed his fingers behind his own balls. Lifting Mulder's cock, he scooted backwards until the head was poised at the entrance to his body.
クライチェックは再び手をモルダーのペニスに戻すと、すばやく潤滑剤を塗り込み、さらにその指を自分の双球の後部にも擦り付けた。モルダーのペニスを持ち上げながら腰を引くと、その先端を自分の身体の入口へとあてがう。

Mulder moaned as the blunt head of his cock nudged up against the hot, slippery spot. Krycek wiggled his rear a little and bounced back against the intruder.
"C'mon, Mulder . . . c'mon," he chanted.
熱く、ぬるぬるした秘所に鈍器のように太いペニスの先端が触れると、モルダーは思わずうめき声を上げる。クライチェックは尻を小刻みにくねらすと、侵入者をつついてそそのかした。
「来いよ、モルダー……さあ」
クライチェックは繰り返した。

Mulder held himself there in anticipation for as long as he could, then his hips lifted of their own volition and he drove the tip of his cock up into the tight opening.
はやる気持ちを押さえてモルダーはじっと限界まで堪えると、やがて自ら(of one's own volition=自分から進んで)腰浮かせて、その狭い入口にペニスの先を潜り込ませた。

Krycek closed his eyes and grimaced, baring his teeth. Then he bore down, pushing back against Mulder's cock until the ring of his anus gave a little and the head slipped completely inside him. Krycek smiled.
歯を食いしばったままクライチェックは目を閉じ、顔をしかめる。そうしてクライチェックは腰を沈め、モルダーのペニスを圧迫すると、アヌスのすぼまった部分が少しばかり緩んで、その先端をすっぽりと飲み込んだ。クライチェックはにっこり笑う。

Mulder sighed at the delicious pressure against his cock. Reaching for Krycek's hips, he pushed up slowly into that heat. In response, Krycek leaned forward a little and steadied himself by grabbing Mulder's shoulders.
"Mulder . . . oh, Mulder . . . fuck me, Fox."
ペニスを締め付けられる心地よさにモルダーは思わず吐息を漏らす。クライチェックの尻に手を回し、その燃えたぎる内部に向かってゆっくりと突き上げる。それに応えるかのように、クライチェックは少しだけ身を屈めると、モルダーの肩をつかむようにしてしがみついた。
「モルダー……ああ、モルダー……イカせて、フォックス」

  Mulder barely heard what Krycek had said. He was so lost in the tight heat of Krycek's ass that all he could do was push harder, pressing up until there was nowhere else for him to go. With the entire length of his cock buried in Krycek's body, he looked up at Krycek's sweaty face.
クライチェックが何を言っても、モルダーにはほとんど聞き取れなかった。クライチェックの蕾の溶けるように熱い締め付けに我を忘れたモルダーにできることと言えば、前にも増して猛烈に攻め上げることだけだった。逃げようがないところまで追いつめるかのように。クライチェックの躯の中に根元まで収めるとモルダーはその汗まみれの顔を見上げた。

He saw the face of an angel caught between ecstasy and agony, hanging between heaven and hell. Krycek looked so completely different here, like this, that Mulder wondered if he really was the same person.
その顔に、モルダーは天国と地獄の間で恍惚と苦痛に引き裂かれる天使の姿をかいま見た。ここにこうしているクライチェックはまるで別人のようだった。果たしてこれが同一人物なのかどうか、モルダーはにわかに信じられずにいた。

Then Krycek began to move, and thought became impossible. He rocked forward, then back, fucking himself on Mulder's cock. Mulder caught his rhythm and continued it, stabbing upward when Krycek pushed back, pulling his hips down into the sofa as Krycek rocked forward.
やがて、クライチェックが動き始めると、そんな物思いに耽っている余裕もなくなった。クライチェックは前後に腰を揺らし、モルダーのペニスを攻めたてる。クライチェックの動きに合わせるようにモルダーも動かし続けた。クライチェックが腰を引けば追い上げ、クライチェックが迫って来れば自分の尻をソファーに沈めて。 

  Each time Krycek pushed down, he twisted his hips slightly and shuddered, and Mulder knew he was angling himself so that the head of Mulder's cock brushed against his prostate.
腰を沈めるたびにクライチェクはわずかに尻をくねらせて悦がったが、それはモルダーの亀頭が自分の前立腺に当たるように身体をよじっているせいだということがモルダーにも分かった。

  As they grew more frenzied, Mulder slid his hands from Krycek's hips around to his cock. Erect and throbbing even during penetration, it stood out proudly from his body, dripping a long strand of clear fluid to Mulder's belly.
2人の熱狂の度合いが増すにつれて、モルダーはクライチェックの尻からペニスへと両手を移動させる。貫かれている間でさえクライチェックは、昂ぶり脈動するペニスを、その身体から誇らしげに突き出し、モルダーの腹の上に長い糸を引くように透明の液をしたたらせる。

  Mulder cupped Krycek's balls in one hand and wrapped the fingers of the other around the tight shaft. Krycek cried out as Mulder squeezed his balls and ran a thumb over the head, smearing slick precum around the glans and behind the ridge of the foreskin .
モルダーは片方の手でクライチェックの双球をすくいあげるようにして触れると、もう一方の手の指でびんびんに張りつめたペニスを握った。睾丸をギュッと握られ、亀頭の回りや裏すじにぬるぬるした先走り液を塗り付けられながら先端を親指でなぶられるとクライチェックは悲痛な叫びを上げた。

  He had a beautiful cock, the veins standing out pale blue in the foreskin, the head emerging from the sheath rosy and dark and full. Still driving into Krycek from below, Mulder squeezed his cock tightly, loving the way the firm, smooth skin rubbed hotly in his palm as Krycek thrust.
クライチェックの雄の部分は実に見事で、包皮の上に浮き出た静脈は薄青く、鞘から顔を覗かせた亀頭はふっくらとして、黒ずんだ薔薇色をしていた。依然として下から貫いたままモルダーはクライチェックのペニスをきつく握り締めた。クライチェックが突き上げる度にその張りの良い滑らかな肌理のペニスがモルダーの手の中で激しく(=hotly)擦られる様を慈しみながら。

  After only a few more strokes, Krycek was straining, muscles standing out in his thighs as he clamped his fingers on Mulder's shoulders. Then he was dancing above Mulder in the jerky motions of orgasm.
たった数回撫でられただけでクライチェックはモルダーの肩に指を食い込ませると、太ももに筋肉を浮き上がらせるほど身体を強張らせた。やがてクライチェックはモルダーの上で小刻みに揺れながらオーガスムの舞いを踊り始めた。

  His mouth fell open and his head rolled against his shoulders as Mulder watched, fascinated. Suddenly, he pressed down hard on Mulder's lap and began to wail. His nails dug into Mulder's skin as the thick semen poured out of his cock in uneven spurts that landed on Mulder's chest and stomach.
口を開き、頭を肩の上で揺らすクライチェックの姿をモルダーはうっとりと眺めた。すると突然、クライチェックは腰をモルダーの腿に力一杯押し付けると、むせび声を上げ始めた。ペニスから濃厚な精液が断続的にほとばしり、モルダーの胸や腹の上に滴り落ちる間中、クライチェクはモルダーの肌に爪を突き立てていた。

  As Krycek came, Mulder felt the contraction of muscles on his cock, the convulsing heat making his balls tighten and his cock fill.
クライチェックが絶頂を迎えるにつれて、モルダーは性器を包む筋肉がキュッと締まっていくのを感じた。熱く激しい蠢動がモルダーの睾丸を堅くさせ、男根をたぎらせる。

  Then he let go, and he was bucking below Krycek, shooting up into him with the full force of orgasm. Krycek hung on to his shoulders, riding the wave of Mulder's climax and pushing himself as far onto Mulder as he could.
やがてモルダーも極まり、クライチェックを下から揺すり上げると、オーガスムの勢いに任せて思いっきりクライチェックの中に吐き出した。クライチェックはモルダーの肩にしがみつき、モルダーの絶頂の波に揺さぶられ、できるだけ奧へとモルダーを受け入れようと体を押し付けた。

  Finally the moment passed, and Krycek fell forward onto Mulder's body, boneless, sweaty, heaving. His semen slid between their wet torsos, creating a sticky seal.
とうとうその瞬間が過ぎ去ると、クライチェックはモルダーの身体の上にしなだれ掛かった。ぐったりとして、汗にまみれ、息も絶え絶えになりながら。クライチェックが放ったものが2人の汗で濡れた胴の間に広がり、粘着シールのようにべっとりと張り付いた。

  Shifting carefully, Mulder reached beneath Krycek's thigh to hold the condom to the base of his softening cock as he withdrew. Krycek sighed as Mulder pulled free, his face pressed to Mulder's shoulder.
慎重に身体をずらすと、モルダーはクライチェックの太ももの下に手を入れ、後退すると同時に、コンドームの上から柔らかくなったペニスの付け根を握った。貫いていたものから解放されたクライチェックはホッと息をつき、モルダーの肩に顔を埋める。

  Mulder felt the condom carefully as he stripped it off.
"You were lucky. It didn't break."
Stretching out, he dropped it into the wastebasket beside his desk.
取り外しながらモルダーは入念にコンドームを確かめた。
「ついてたな。破れなかったよ」
手を伸ばすとモルダーは机の脇にあるごみ箱へ放り込んだ。

  Krycek turned his face toward Mulder's, still resting his cheek against Mulder's shoulder.
"They usually overcompensate on those expiration dates, you know."
His voice was sated and sleepy, his eyes drowsy.
頬をモルダーの肩に載せたまま、クライチェックはモルダーの方に顔を向けた。
「使用期限っていうものは大抵、余裕を持たせているもんだからね」
クライチェックは満足そうに眠たげな声を出し、目をとろんとさせた。

  Mulder touched Krycek's hair gently, ran a hand over his back.
"Still, that was an insane thing to do, Alex."
He couldn't seem to make his voice sound disapproving.
モルダーはクライチェックの髪を優しく触り、背中に手を這わせた。
「それでも、正気の沙汰とは言えないよな、アレックス」
その声はとてもクライチェックの無謀さを非難するようには聞こえなかった。

  "Come on, Mulder. I know you're clean."
Krycek yawned.
"Besides, if anything had happened, you'd have felt guilty enough for both of us. We'll get some new ones next time."
「やだなあ、モルダー。君がクリーンなことくらい知っているって」
クライチェックはあくびをしながら言った。
「それに、もし何かあってみろ、君は2人分の責任をとらなきゃならないだぜ。この次は新しいのを買っておこうな」

  "How . . ."
//Next time?//
"How do you know I'm clean?"
Mulder turned his head to see Krycek more clearly.
「どうして……」
//この次だと?//
「僕がクリーンだって、どうして分かる?」
もっとよく見つめようとモルダーはクライチェックをのぞき込んだ。

Krycek lifted unguarded eyes to his face.
"I trust you, Mulder."
Then he nuzzled his face against Mulder's sweaty neck.
クライチェックはその無防備な瞳をモルダーへと向けた。
「君を信じてるから、モルダー」
そうしてクライチェックはモルダーの汗ばんだ首筋に顔を擦り付けた。

  Mulder swallowed words that caught in his throat. He had a sudden feeling that this was the beginning of something, and he realized once again that he'd be paying for this night for a long time, one way or another. But it was too late to be careful now.
モルダーは喉まで出掛かっていた言葉を飲み込んだ。これは単に始まりにすぎないという思いが突然、脳裏をよぎったからだ。そして、今夜のせいで、この先ずっと、あれやこれやと代償を払わせられる恐れがあるということを再び思い出した。だが、今さら用心してももう手遅れだ。

  He cupped Krycek's dark head and stroked his flank. He couldn't believe how well they fit. Mulder tested his feelings, as if testing a loose tooth with his tongue. He felt good. And it was the first time he'd felt good in a long time.
モルダーはクライチェックの黒髪の頭を包み込むと、その脇腹を撫でた。その心地良さは信じがたいほどだった。モルダーは恐る恐るその感覚を確かめる。まるで今にも抜けそうな歯を舌で確かめるかのように。いい気分だった。そして、これほどいい気分を味わったのは随分と久しぶりであった。

Finally Mulder spoke.
"Krycek, why do I get the feeling that you'realways on top?"
最後にモルダーは聞かずにはいられなかった。
「クライチェック、いつも君がやる側の(上になっている)ような気がするっていうのはなぜなんだろうな?」

Krycek's laugh was muffled by Mulder's shoulder.
"Don't you have a bed in this place?"
クライチェックはモルダーの肩で笑いを押し殺した。
「だって、ここにはベッドがないだろう?」

Ten minutes later, Krycek was clean and dry and sleeping naked under a sheet on Mulder's bed. Mulder stood in the doorway, dazed, watching the even rise and fall of his chest in the moonlight. Mulder felt like he'd been over Niagara Falls in a barrel. How was it that Alex was able to take this whole situation in stride?
10分も経った頃にはもう、クライチェックはさっさと身支度を整え、モルダーのベッドの上で裸のままシーツにくるまって寝息を立てていた。モルダーは戸口に立ち、ぼんやりしたまま、月明かりに照らされながら規則正しく上下するクライチェックの胸を眺めていた。モルダーはまるで樽に入れられてナイアガラの滝の上に立たされているような心境だった。なのに何だってアレックスは、いざという時(situation=急場)になると、あんなにもやすやすとやってのける(take〜in one's stride=苦もなく障害を飛び越す)ことができるのだろう?

  There was a lot more to him than Mulder had realized. Moving silently to the bed, Mulder slipped under the sheet and pulled his pillow out of his partner's sleepy grasp. He was starting to look forward to uncovering the truth about this man.
クライチェックという男にはモルダーの理解を遥かに越えたところがあった。静かにベッドに近づくとモルダーはシーツの下に滑り込み、パートナーが寝ながらつかんでいた自分の枕を奪い取った。モルダーはこの男の真実を暴くのが楽しみになってきた。

~ fin ~
おしまい

Comments Sign my guestbook, or write me e-mail.
感想 ゲストブックに書いて下さるか、メールをください。

Back to story page.
ストーリーページに戻る

Home.
ホームへ戻る

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、対訳例を送ってくださったerin様と、並びに、英語表現を解説してくださったKamen様とerin様のお友達のPAUL様、並びに対訳のベーター・リーディングをしていただいたRyoko様に深く感謝いたします。


フロントページに戻る