Title
題名
Author
著者
Pairing
カップリング
Rating
レイティング
Veritas

真実(varitasはラテン語。英語のverityと同じ)

Jan (janandjune@hotmail.com)

ジャン

M/K

モルダー/クライチェック

NC-17

17歳以下禁止(かつての「X指定」と同等。No One 17 And Under Admitted)

Archive
収録について
Disclaimer
著作権についての免責宣言
MKRA okay

Mulder/Krycek Romantics Association(モルダー/クライチェック ロマンチック協会:モルダーとクライチェックの恋愛を支持するサイト)であれば、どこにでもどうぞ

Characters belong to CC; action belongs to me.

全てのキャラクターの権利はクリス・カーターに、この作品のストーリーについての著作権は私にあります

A story featuring Mulder and Krycek as partners. Very slight spoilers for Sleepless.
この話は、パートナーだった頃のモルダーとクライチェックを取り上げ、エピソード「不眠」(SECOND SEASON)の設定をほんの少しネタにしています。

I owe a lot to my readers and editors. Big thanks go to Maria, Liza, and Celeste for the inspiration and encouragement. Without the three of you, this story wouldn't exist. And thank you, Shoshanna and torch, for the excellent advice and patient editing. You both helped me make it better.
読者並びに編集者の方々にはとてもお世話になりました。インスピレーションと励ましをくれたマリア、リサ、セレステには大変感謝しています。この3名がいなければ、この物語が世に出ることはなかったでしょう。そしてショシャンナとトーチ、優れた助言と粘り強い編集作業に感謝します。あなた方2人は作品をより素晴らしいものに仕上げるのに尽力してくれました。

This one's for Maria, and I hope she knows why.
これはマリアに捧げる物語です。で、なぜそうなのか、マリアが理解してくれるといいのですけど。

Comments are warmly welcome at janandjune@hotmail.com.
janandjune@hotmail.com宛てに、ご意見を心からお待ちしています。

Visit my web page:http://www.wildflower.simplenet.com/janandjune/
私のサイトにも訪問してくださいね:http://www.wildflower.simplenet.com/janandjune/


Veritas
真実
(前編)

For once in my life, let me get what I want
Lord knows, it would be the first time . . .
たった一度でいい、ほしいものを手に入れさせてくれ。
誰にも分からない、今度こそ初めてそれがかなうのかどうか……。

~ The Smiths
ザ・スミス(注:ファンがなぜかグラジオラスを手に持っているという、モリッシー君がいたバンド。当該の詩は、アルバム"Hatful of Hollow"の中の"Please, Please, Please Let Me Get Want I Want"からの引用)

Mulder cut through the water, sleek as a dolphin, ignoring the few other swimmers catching late-night laps in the agency pool. Deep within the Hoover building he could lose himself in the cool water, forget the heat and frustration of the July day and just let his brain drift and his body take over.
イルカのようにモルダーは滑らかに水を駆って泳いでいた。夜遅い時間にわざわざFBIビルのプールに泳ぎに来ている他の連中など、まるで眼中にないかのように。フーバー・ビルの地下深くに潜ればモルダーは、プールの冷たい水の中に身を隠し、この7月のうだるような熱さと日頃のフラストレーションを忘れ、頭をボーッとさせ、体調を整えることができるのだった。

The swimming relaxed him, recalling a faint muscle memory, a sense of well-being left over from a faraway summer when he swam in the ocean and his life was uncomplicated and clean. The bull shit case that had been monopolizing his mind all day receded as he stroked through the water, stretching the muscles of his arms and legs as if swimming for shore.
水泳はモルダーをリラックスさせる。筋肉が覚えているかすかな記憶、大海で泳ぎ、暮らしが今のように錯綜しておらず、純粋だった頃の遠い夏の日に、すっかり置き忘れてしまったある種の感覚を呼び覚ましてくれるからだ。岸を目指して泳ぐときのように、腕や足の筋肉を思う存分伸ばして、水をかき分けていると、終日頭を煩わせる忌々しい事件の記憶が次第に薄れてくる。

Finally, pulling himself wearily out of the pool, he squinted up at the broad white clock on the wall. After 11 PM. Maybe he could get home without his brain kicking back into high gear, finally get some sleep.
とうとう、ぐったりしたようにプールから出るとモルダーは壁にかかった大きな白い時計を横目で見上げた。午後11時を回っている。多分、モルダーはこのまま脳味噌を酷使させることのないまま(in high gear=最高速度で)家路に付き、終いには多少の睡眠にありつくことができるのだろう。

Since the X-Files had been shut down his sleep schedule had become even more erratic. The summer heat didn't help much, and neither did working with a new partner. The lack of rest was beginning to wear him down.
X-Filesが閉じられてからというもの、モルダーの睡眠時間はなおさら、不規則になった。夏の暑さもさることながら、新しいパートナーと働くということもそれに一層の追い打ちをかけた。休息不足のせいでモルダーは消耗し始めていた。

As he loped slowly into the locker room, the echoing voices of the other swimmers sounded distant and muted, as if he were still underwater. In front of his locker, he peeled himself free of his slick red trunks, then stepped into the shower, hissing as the hot water hit his scalp and shoulders.
モルダーがゆっくりとロッカールームへ近づくにつれて、プールにこだまする他のスイマー達の声が遠く微かに聞こえ、まるで今も水中に潜っているかのような錯覚をモルダーに覚えさせた。ロッカーの前に来るとモルダーは、洒落た赤い水着(注:エピソード「不眠」の次の回、「昇天 パート1」では赤い水着を身につけたモルダーがプールでクライチェックと会話するシーンがほんの少しだが本当にある。トランクス型ではなく普通の短い水着だったが)をするりと脱ぎ、シャワー室に足を踏み入れ、頭皮や肩に熱い湯を浴びながらヒューッと声を上げた。

Leaning forward slightly to rest his hands against the cool tile, he let the water stream over his face and body, the heat seeping into his tired muscles.
冷たいタイルを手で支え、やや前屈みになるとモルダーは顔と身体にシャワーを浴びせた。湯の熱が疲れた筋肉に染み渡る。

Turning under the spray, he ran his hands over his face to clear his eyes. Then, as he glanced absently out into the locker room, Mulder tensed in the thud of a heartbeat. Just across from the entrance to the shower, a man was seated on a bench in front of an open locker, toweling his hair with rapid strokes.
水しぶきの下で身体の向きを変えながらモルダーは、目をこらそうと手で顔を拭った。そして、漠然とロッカー・ルームを一瞥すると、思わず心臓がドキッとして身体が硬直した。シャワーの入り口のちょうど向こう側で、開架式のロッカー前のベンチに一人の男が、素早い手つきで髪をタオルで拭きながら座っていたのだ。

Mulder couldn't see the face, but his mouth went dry as he noticed muscles moving lightly under the skin of strong shoulders and a smooth back.
その男の顔は見えなかったが、力強い肩と滑らかな背中の皮膚の下でうごめく筋肉を捉えた瞬間、モルダーは喉の乾きを覚えた。

  As his eyes scanned down the lean body, Mulder drew a sharp breath at the blond hairs dusting the curve of the man's lower back, just above the waistband of his snug white briefs. Mulder was certain he would have noticed if he'd seen the man here before.
その引き締まった体を上から下へと視線を這わせながらモルダーは、男の背中の下のほう、ぴっちりした白いブリーフのウエストのゴムの部分からすぐ上の、腰のなだらかな曲線を覆う金髪を見て、思わず溜息を漏らした。この男に以前ここで会ったことがあるかどうか、自分には分かっているはずだという確信がモルダーにはあった。

Not that he made a habit of cruising his coworkers.
だからといってモルダーに職場の同僚を漁る習慣があるというわけではないのだが。

He closed his eyes and let the water sluice over him, trying to wash the image out of his mind. He hadn't responded so readily to a man in years. And he hadn't even seen the guy's face.
モルダーは目を閉じ、頭の中から男の残像を洗い流そうとでもするかのように、ザブザブと水を被った。もう何年もの間、こんなにたやすく男に反応してしまうことなどモルダには無かったことだった。男の顔を見てもいないというのに。

Mulder focused on the sound and feeling of the water pouring over him, doing his best to relax again. With his eyes closed, he found his mind drifting back to the thought of his body bent over a strong, lean back, his hands running over the lush swell of hips . . .
モルダーは再びリラックスしようと懸命になって、滝のように流れ落ちる水の音とその感覚に精神を集中させた。目を閉じると、モルダーはいつの間にか自分が、その力強く、引き締まった背中に向かって身を屈め、そのちょうどいい肉付きの尻の丸みに手を伸ばす様を夢想していることに気付いた。

Blinking his eyes open, he turned off the water. There was just no way in hell he was going to stand in the locker room shower with his cock turning into a divining rod. It was a bad joke waiting to happen. He reached for a towel and wrapped it around his waist.
しばたたかせながら目を開けると、モルダーはシャワーを止めた。ロッカールームのシャワーの下に立ちながら、占い棒(注:divining rod=水脈・鉱脈を占うためのハシバミなどの枝)よろしくペニスをそそり立たせるなんてことは絶対にできなかった。そんなことになったら洒落にならない。モルダーはタオルに手を伸ばし、腰に巻いた。

As he left the shower, his eyes were drawn back to the man on the bench. There was something familiar about his movements--the way his hands went to brush damp hair from his eyes, the brisk efficiency as he rubbed lotion into his skin.
シャワーを後にしたモルダーは再びベンチの男に目を奪われていた。その男の身のこなし--その瞳を遮るしっとりと濡れた髪を手で払うしぐさや、素肌にローションを塗り込む手早く無駄のない動作--には見覚えがあった。

Oh, no. This he did not need.
ああ、何て事だ。これ以上、面倒はもう御免だというのに。

Mulder walked as unobtrusively as possible over to his locker and pulled his clothes out onto the bench. He was leaning down, toweling his legs dry, when he heard the other man clear his throat. The small sound was quiet enough that he could pretend not to hear it.
できるだけ目立たぬよう自分のロッカーのところまで歩いて行ったモルダーは服を引っぱり出しベンチの上へと置いた。身を屈め、タオルで脚を拭いていると、もう一人の男が咳払いするのが聞こえてきた。十分小さな音だったため、あえてモルダーは聞こえないふりを装うことにした。

If he hadn't been listening he probably wouldn't have heard it, mixed in as it was with the blend of late-night locker room sounds. With luck, Krycek would take a hint. He just wanted to grab a beer, maybe a few beers, then go home and flop down and jack off and sleep, he didn't have the energy for Krycek's hero-worship tonight.
自分からそれを聞き取ろうとしていなければ、多分、それは深夜のロッカールームの音に紛れてしまい、モルダーの耳には届かなかったであろう。運がよければ、クライチェックも(モルダーが話をしたくないということを)察してくれるだろう。モルダーはただただ、ビールを1杯、いや多分、2、3杯、大急ぎでひっかけ(grab=慌てて利用する)、家に帰り、ベッドに倒れ込んで、出す物を出してしまって(jack off=マスターベーションをする)、ひたすら眠りたかった。今夜のモルダーにはクライチェックの英雄讃美(注:アカデミー時代、変人で有名なモルダーを自分だけは尊敬していたとクライチェックに追従されること)を聞く気力など、もう残ってはいなかったのだ。

"Didn't know you were a swimmer, Mulder. You always come down here this late?"
「泳いでたなんて気付かなかったよ、モルダー。君はいつもこんな遅い時間にここに来るのかい?」

Fuck. He sat down on the bench and dug his underwear out of the pile.
クソッ。モルダーはベンチに座り、服の山に手を突っ込んで下着を引っぱり出した。

"I like it too, when the pool's almost empty. Back at Quantico, I used to--"
「僕も好きなんだ。ほとんど誰もいない時のプールがね。クォンティーコ(注:FBIが局員を訓練のために送り込むアメリカ海軍省基地のあるバージニア州の都市)に戻ると、僕はよく……」

"Look, Krycek. Not tonight. I just want to . . ."
What? When he closed his eyes, he saw . . .
"I'll talk to you in the morning, okay? I'm tired."
「なあ、クライチェック。 今夜は勘弁してくれないか。今したいのは、ただ……」
何だって? 目を閉じると、モルダーには見えた……。
「君とは明日話そう。それでいいだろう? 僕は疲れているんだ」

His words cut into the steamy air of the locker room, hanging there between them for a moment. Mulder pulled on his shorts, willing himself not to look at Krycek.
モルダーの辛辣な言葉はロッカー・ルームの湿った空気をナイフのように切り裂き(cut into=割り込む)、2人の間にしばしの沈黙をもたらした。なんとかクライチェックのほうを見ないようにしながらモルダーはショーツを履いた。

The sound of Krycek's locker door slamming shut startled him. Mulder looked over before he could stop himself. Krycek had put on his pants and was holding his shoes in his hand, his shirt hanging open over his chest. The white cotton clung to him where his skin was still damp.
突然、クライチェックのロッカーの戸がバタンと閉まる音に、モルダーはビクッとした。モルダーは自制できる程度に、様子を観察した。クライチェックはすでにズボンを履き、靴を手に持ち、はだけたシャツを胸の上に引っ掛けていた。まだ湿っている肌に白い木綿布が張り付く。

  "You know what, Mulder? Fuck it."
Alex shoved his feet into his shoes.
"I didn't ask to be your partner. I'm just as miserable as you are."
「君に何が分かるって言うんだ、モルダー? え?」
靴を足に突っ込みながらアレックスは尋ねた。
「君のパートナーになりたいなんて、こっちから頼んだわけじゃないんだ。君と同じで僕も、単に貧乏くじを引かされただけなんだよ」

Long fingers worked angrily at the buttons on his shirt.
"So why don't we just cut the bullshit. Soon as we clear this case, you can ask to be reassigned. Just don't fuck me over when you do."
クライチェックの長い指が苛立ついたようにシャツのボタンを留めていく。
「だったら、こんなばかばかしいことをなぜ続ける? この山が解決したらすぐにでも、異動を申請すればいい。その時、僕を巻き込むようなマネだけはするなよ」

He watched as Krycek closed the distance between them. Mulder knew he was acting like a bastard. Sometimes it was like watching himself from deeper within himself.
クライチェックが2人の間の距離を縮めてくるのをモルダーは眺めていた。自分がわざと嫌な奴ぶってみせていることにモルダーは気付いていた。時々モルダーには、内側のモルダーが、馬鹿なことをする外側のモルダーを手を拱いて見ているように、自分を抑えられない時があった。

He should mumble out some trite apology, blame his mood on the late hour, or the case, or lack of sleep--which was part of the truth. But something held him back. Alex's anger surprised him. So did his own desire to push it even farther.
モルダーはありきたりな謝罪文句でその場を取り繕うべきだったのだ。こんな遅い時間で機嫌が悪かったせいだとか、事件のせいだとか、このところの睡眠不足のせい--それは一部には本当のことだったのだが--などと。が、何かがモルダーを押し止めた。アレックスが見せた怒りはモルダーには意外であった。が、アレックスをもっと怒らせてみたいという衝動にかられている自分にも驚いていた。

He stood up and pulled on his pants, then took a step forward to meet Krycek without regard for his own half-dressed state. Krycek's eyes narrowed, focusing on him with dark anger.
モルダーは立ち上がり、ズボンを引っ張り上げた。そして、まだ服を全部着終わっていないのも気にせず、クライチェックの方へと足を踏み出した。クライチェックはどす黒い怒りを浮かべてモルダーをいぶかしげに睨んだ。

"Sorry I hurt your feelings."
Mulder smiled as coldly as possible.
"Alex."
「すまない。君の感情を害してしまったようだな」
モルダーは精一杯冷ややかな笑みを浮かべた。
「アレックス」

Blood rushed to Krycek's cheeks. His nostrils flared slightly as he stared into Mulder's face. Mulder had never seen him this way, dangerous, like a rat backed into a corner. Mulder had to lean forward a little more to hear his words, hissed low and husky below the sounds of the showers.
クライチェックの頬に血の気が登った。モルダーの顔をのぞき込みながら、鼻腔を微かにひくつかせた。モルダーは今まで、こんな、危うい、隅に追いつめられた鼠のようなクライチェックを見たことがなかった。シャワーの音よりも小さく掠れた声で吐き出されるクライチェックの言葉を聞き取ろうと、モルダーは僅かに身を屈めなければならなかった。

"You really are an asshole, Mulder. Or should I call you Fox, after hours?"
Mulder stiffened.
"Fuck this. I may have to take your shit at work, but I don't have to lie down and roll over for you in my free time. See you tomorrow."
「君ってヤツは本当に最低だな、モルダー。それとも、就業時間後はフォックス(直前にモルダーがアレックスとファーストネームで呼んでおちょくったことへの仕返し。モルダーはフォックスと呼ばれるのを普段から嫌がっている)と呼ぶべきかな?」
モルダーは身構えた。
「やれやれ。仕事中は君(モルダー)の悪態にも付き合ってあげるけど、それ以外で君の命令に従う(注:lie down and roll over=犬の調教に使う言葉。「横になって、寝返りを打て」)義理はないからね。じゃ、また、明日」

Retreating to his locker, Krycek thrust his arms into his jacket, grabbed his briefcase and gym bag, and left the locker room without looking back.
ロッカーの方に戻るとクライチェックはジャケットに腕を通し、ブリーフケースとスポーツバッグを掴み、振り返ることもなく、ロッカールームを後にした。

Mulder stood beside the bench and watched, amazed, as Krycek punched his way out the swinging door. How had that happened? How had a thirty-second conversation escalated into a bitch-fight?
ベンチの脇にたたずみながらモルダーは、クライチェックが自在ドアを蹴破るように出ていったのを信じられないといった面持ちで見つめていた。なんでこんなことになったのだろう? ほんの30秒くらいの会話がどうしてこんな女みたいな罵り合いに成り下がってしまったんだろうか?

Tossing his gear into his bag, Mulder stalked out into the muggy night. The tarmac reflected heat up at him, still blazing three hours after the sun had gone down. Making his way to his car in the dark parking lot, he felt the tension settling back into his body. //Thanks a lot, Krycek.//
モルダーは水泳用具をバッグに投げ込み、蒸し暑い夜の空気の中に飛び出し、カツカツと歩いていった。タール舗装した道路が熱を照り返してくる。陽が落ちて3時間以上経ってもまだ燃えるような熱さを孕んでいるのだ。暗い駐車場に停めた車へと続く道を辿りながらモルダーは体の中に緊張感が蘇ってくるのを感じた。
//つくづく感謝するよ。クライチェック//

* * *

Three hours later he was still wide awake, a combination of heat and frustration leaving him too wired to sleep. The air in his apartment was muggy and thick, but mostly he was angry at his own response to Krycek. How had Krycek gotten under his skin so effectively in so short a time?
3時間経っても、モルダーの目はまだ冴えていた。暑さとフラストレーションがダブルパンチでモルダーを疲れさせ、かえって眠れなくさせていたのだ。モルダーのアパートの空気は蒸し暑く、重く淀んでいたが、何よりモルダーはクライチェックに対する自分の態度に苛立ちを覚えていた。なんだってクライチェックはあんなにも短い時間であんなにも抜群に人を苛付かせる(get under a person's skin=人を怒らせる)ことができるんだろうか?

At first Mulder focused on his own indignation, but as the night grew longer he recalled what he'd imagined in the shower, the way the man's skin would feel beneath his hands, the way he'd smell and taste . . . Shit, he had to be losing it.
はじめ、モルダーの関心は憤りの方ばかりに捕らわれていたものの、夜も深まるにつれて思い出していた。シャワーを浴びている間、自分が何を想像していたか、その男の肌に触れる感触や、男の匂いや味はどんなだったかと。……くそっ! どうにかしている(losing it=losing one's mind)。モルダーは邪念を脳裏から追いやらねばならなかった。

Once he remembered those images, and how they'd seemed so real to him even before he realized that the man on the bench was his new partner, his overactive sense of self-blame had kicked in and he'd found it difficult to be angry at Krycek.
一旦、それらのイメージが思い浮かぶと、そして、ベンチに座っていた男が自分の新しいパートナーだと気付く前でさえ、何と生き生きとして見えたかを思い出してしまうと、何でも自分のせいにしすぎる性質が災いするモルダーは、クライチェックのことを心底から憎むことができなかった。

Even if he didn't know whether he could trust the guy or not, it was pretty low to jerk off to the memory of his body when he wouldn't even talk to him outside the office. He knew he was being a prick to Krycek. It had started on the day they met.
たとえモルダーがその男を信じられるかどうか迷っていたとしても、社外では話もしないような男の躯を思い出して自慰に耽る(jerk off=マスターベーションをする)など下品極まりないことだった。クライチェックに対しては常に自分は卑劣な態度をとり続けていたことをモルダーは自覚していた。2人が出会った日からそれは始まっていたのだ。

Tossing on his couch at 3 AM, he thought about the weeks that had passed since then. From the start, he'd figured that Krycek had been sent to keep an eye on him--like Scully--so he wasn't about to trust him.
午前3時になってもモルダーは長いすの上で寝返りをうちながら、ここ数週間の出来事に頭を巡らせていた。最初からモルダーはクライチェックのことを自分を監視するために送り込まれたのだと--スカリーのように--思いこんでいた。そのためモルダーにはクライチェックを信用する気など、まるでなかったのだ(be not about to do=〜する気は全然ない)。

Scully had never been able to hide the fact that she was sent to watch him, and there was something comforting about that. The fact that Krycek could hide his purpose made Mulder even more nervous. Nobody could really be that green.
自分がモルダーを監視するために送り込まれてきたということをスカリーはあえて隠そうとはしなかった。それがかえって送り込まれてきたことへの慰めにもなったのだ。一方、クライチェックが己の意図を秘密にしている恐れはモルダーをより一層不安にさせるだけだった。本当にFBIでは誰もが自分にとって<単なる新入り>であるはずがなかったのだ。

Yet during the Augustus Cole case, Krycek had seemed sincerely interested, even motivated to find an answer. When that file had gone missing, though, Mulder's first thought was that Krycek had taken it.
オーガスタス・コール(注:海兵隊の人体実験で「不眠」手術をされ、24年後関係者に天罰を下していた神憑りな男)の事件を扱っている間はまだ、クライチェックは事件に関して、本気で興味を持っているかのようなそぶりを見せていたし、真相を究明しようという意欲さえ見せていた。ファイル(注:モルダーが組織から秘密裏に渡された海兵隊の人体実験の告発ファイル。車のシートの下に隠したがクライチェックが同乗した後、無くなっていた)が行方不明になった時、それでもモルダーは最初、クライチェックがそれを持ち出したと思っていた。

Then again, Krycek had shot Cole when he'd thought Mulder was in danger, and he'd certainly responded to that like any other new agent would. Of course, maybe he just deserved an Oscar.
その上でさらに、クライチェックはモルダーが危機に晒されていると思い込み、コールを撃った。新入りの捜査官なら誰もがそうするような対応を確実に演じてみせたわけだ。もちろん、アカデミー賞にも匹敵するかのような演技力で。

Cole's death was really the beginning of the current tension between them. Mulder had been so sure by then that Krycek was playing him that he'd handled the aftermath of that case badly. He'd told Krycek not to shoot, that Cole didn't have a gun, but he couldn't blame the guy for trusting his own eyes.
まさにコールの死は2人の間に現在のような緊張が生じるきっかけとなった。その時までにはモルダーもかなりの程度確信していた。クライチェックはあの事件の顛末にショックを受けている振りをしていたのだと。モルダーはクライチェックに撃つなと言ったはずだった。コールは銃を持っていなかったからだ。しかし、自分の目を信じたからといって(注:自ら死を望んだコールが手に持っていた聖書を銃に見せかけるよう相手の脳に働きかけたためクライチェックには銃に見えた)クライチェックを非難する(blame〜for...=...のことで〜を非難する)ことなど、モルダーにはできなかった。

Still, though, he hadn't reached out to Krycek the way he would have if circumstances had been different, because at the time he hadn't really believed Krycek was as shaken as he seemed.
それでもなお、もし状況が違っていたらもっと別の態度で接する余地がありえるなどという素振りさえ、モルダーはクライチェックに見せていなかった。というのも、その時までモルダーはクライチェックが見かけほど内心動揺しているとは、夢にも思ってはいなかったからだ。

Mulder was pretty sure by then that Krycek was working for the Smoker--which could mean he was a professional assassin, for all Mulder knew--and it was hard to play the part of the sympathetic partner when he couldn't trust the guy.
その時までにはモルダーは、クライチェックが肺ガン男(注:The Cigarette-Smoking Manのこと)のために働いている--すなわちそれはクライチェックがプロの殺し屋であることを意味するのだが、実のところはモルダーには確信がない(for all...know=よく分からないが、多分)のだが--と見事に信じ込んでいた。信用できない男に対して共感し合える相棒の役割を演じるなど無理な注文だった。

It wasn't until he caught Krycek vomiting in the men's room three days after the shooting that he realized how upset his partner really was. Mulder tried then to put him at ease, but Krycek just shook him off and left, embarrassed and angry.
コールを銃で撃ってから3日後に、男性用トイレで吐いているクライチェックを見て初めてモルダーはクライチェックが本当はどんなに動揺していたのか、ようやく気付いた。モルダーはその時、クライチェックを介抱しようとしたのだが、クライチェックはその手を振り払い、きまずそうに怒って出ていってしまった。

Since then, it seemed like each of them had slipped even more deeply into stereotyped roles--the anxious plebe who needed to prove himself at all costs, the spooky paranoiac who trusted no one.
それ以来、2人はお互い、前にも増してステレオタイプ的な役柄に徹し始めたかのように見えた。--どんな犠牲を払ってでも自分を証明しようとやっきになっている士官学校における一年坊主と、誰も信じることのできない頭のおかしな偏執症男という役柄を……。

It was impossible to build a partnership that way. Now it seemed that whenever either of them reached out, the other was unwilling or unable to meet him halfway. It was a tiring way to work.
このような状態でパートナーシップを築きあげるなど不可能に近いことだった。今では、一方が歩み寄ろうとすれば、他方は妥協する(meet person halfway=妥協する)のを嫌がるか、その余地さえ認めないかのような有り様だ。こんな状況下で働くのは疲れる以外の何物でもなかった。

After what had happened in the locker room, though, Mulder had to wonder if some of his treatment of Krycek hadn't been caused by his own subconscious attraction to the man. He'd have to make things right tomorrow. He groaned as he looked at the clock. //Not tomorrow, today.// 4 AM, and sleep was nowhere in sight.
ロッカールームでの出来事があった後、それでもモルダーは疑問に思わざるを得なかった。クライチェックにあんな風に接した原因はクライチェックが悪いわけではなく、自分が無意識に彼に魅かれているせいではなかったのかと。モルダーは明日までにはこの状況を整理しておかねばならなかった(make things right=put things right=整理する)。モルダーは時計を見ながら唸った。
//明日・・じゃないな、もう今日か//
時計は午前4時を指していたが、眠りが訪れる気配は全く無かった。

* * *

  "Come on, Krycek. I've had enough. Get in the car."
Mulder slid into the hot car, the vinyl seat burning his back and legs through his sweaty shirt and pants.
「さあ、クライチェック。もう十分だろう。乗れよ」
うだるような車中に乗り込むと、ビニールシートの熱さが汗まみれのシャツやズボン越しに伝わり、モルダーの背中や足は焼け付くようだった。

He'd started the day with the best of intentions, but somehow it seemed like the fates were punishing him, or at least playing some kind of cruel joke. First thing in the morning, Skinner had sent them out here--rural northwestern Virginia--to gather evidence for the white-collar crime case they were working on.
モルダーは最善の策を準備してその日をスタートさせようとしたが、どういうわけか運命はモルダーに罰を与えようとしているか、さもなければ、少なくともある種の残酷ないたずらを仕掛けようとしているかのように見えた。その日の朝真っ先にくだされた任務は、スキナーがモルダーたちをここ--ヴァージニア州北西の片田舎--まで、今取り組んでいる最中のホワイトカラー事件に関する証拠収集のために送り込んだことである。

"Follow the money," he'd said, despite the fact that no self-respecting white-collar criminal would be caught dead in Manchester, Virginia.
「金の出所を追え……」
とスキナーは言った。ヴァージニア州のマンチェスターで、まっとうなホワイトカラーの犯罪者など死んでも見つかるはずない(would not be seen/caught dead=死んでも〜しない)というのに。

Then, thirty minutes outside DC, the air conditioner on the bureau car had blown out and wouldn't come back on. It was already 85 degrees at 9 AM, but Mulder had refused to turn back. The worst thing was, he'd signed the car out himself, so he couldn't even blame Krycek.
やがてワシントンDCを出てから30分ほど経過した頃、局で調達した車のエアコンがオーバーヒートした。直る見込みは無さそうだった。朝9時だというのに気温は既に華氏85度(摂氏29.4度)に達していたが、モルダーは引き返すことを拒否した。最悪なのは、車を出すことにサインをしたのはモルダー自身だったので、クライチェックを責めるわけにもいかなかったことだった。

When they'd finally reached Manchester, the local sheriff had practically pulled a gun on them before they got their badges out--apparently the natives didn't take too kindly to strangers around these parts.
2人がなんとかマンチェスターに到着すると、現地の保安官は、2人が身分証を提示するより先に、本当に銃を引き抜いてみせた−−この地区のあたりをうろうろする他所者に対する現地人の態度があまり好意的でないのは明らかだった。

They'd spent the day sweating their way from door to door, asking uncooperative locals about a crime that had never even taken place, judging by the amount of information they were able to gather. The humidity and heat of the afternoon only burned Mulder's fuse shorter, and by 4 PM he was ready to give up and go home.
2人は汗まみれになりながら一軒一軒回り、かき集められた情報の量から判断して、起こってさえもいないような事件のことについて、決して協力的とは言い難い田舎の住人達に聞き込みを行うのにまる1日を費やした。午後の蒸し暑さでさえモルダーのヒューズには耐え難かったのか、午後4時になる頃にはもう早々に見切を付け帰途につこうとしていた。

"You coming or not?"
He cranked the car and waited for his partner to join him.
「来るのか、来ないのか?」
モルダーはエンジンをかけ、パートナーが乗り込んで来るのを待った。

Krycek hesitated at the passenger side, then leaned down to the open window to talk across the front seat.
"Mulder, you know we have two more people to see. We can't go back until we're finished here."
助手席側で躊躇していたクライチェックは、やがて開かれた窓に寄りかかると運転席に向かって座席越しに声を掛けた。
「モルダー、聴きこみをしないといけないやつが、あと2人いるんじゃないのか。それを済ませないうちに帰るわけにはいかないだろう」 

He looked so earnest and green standing there, the sweat beaded on his upper lip, his shirt buttoned to the top, his tie still tightly knotted despite the long day of sweltering work. It was amazing--nobody could look as buttoned up in a suit as Krycek could.
クライチェックは熱心な新入りを彷彿とさせる面もちでそこに立っていた。上唇に玉のような汗を浮かべながらも、シャツのボタンを一番上まで留め、ネクタイもまだきっちりと結ばれていた。終日うだるような中で働いていたというのに。まったく驚異的だ--クライチェックのようにスーツ着てボタンをはずさない者など、めったにお目にかかれるものではない。

"Krycek, do you really think they give a shit about this case back at the Bureau?"
His voice sounded bitter and harsh, he knew, but he'd had more than he could take.
「クライチェック、局のやつらがこの事件に関心がある(give a shit=気にする)と本当に思ってるのか?」
モルダーの口調には苦々しさととげとげしさが混じっていた。モルダーには分かっていた。が、手に余るほどの厄介事を押し付けられていたのだ。

"They're just trying to get me out of DC, and it was your bad luck to get dragged along. Or else you were sent along to spy on me. Either way, we're not getting anything out of these people, and I don't much like the thought of spending another hour on this bullshit. If you're coming, come on."
「奴らはDCから僕を追い出そうとしているだけで、それに付き合わされた君は不運としか言いようがないな。それとも君は僕を見張るために送り込まれてきたのかな? いずれにしても、ここの連中に当たっても何も得るものがないし、これ以上こんなたわごとに時間を浪費する気もあまりないのさ。来る気があるなら、来いよ」

Mulder put the car into drive and disengaged the emergency brake.
モルダーはギアを(前進側に)入れ、サイドブレーキを外した。

Krycek yanked open the door and got into the car, tossing his briefcase into the back seat. Brooding, he fastened his seat belt and settled in for the ride.
思い切ってドアを引っ張るとクライチェックは車に乗り込み、書類かばんを後部座席に投げ入れた。考え込みながら、シートベルトを締め、観念して腰を据えた。

The afternoon was heavy with humidity, the feeling of damp anticipation hanging in the air like a stifling velvet curtain. Mulder squinted to see the road ahead, the heat making slick mirages appear on the pavement in the distance.
午後はムシムシしてどんよりと曇っていた。まるでベルベットのカーテンのように重苦しく、雨の気配が大気中に漂っていた。目を細めながらモルダーが道の前方を見ると、遥か彼方に舗装道路の熱による蜃気楼がゆらゆらと立ち登っていた。

  Although Krycek made no attempt at conversation, Mulder could feel him there just the same, his silence even more disapproving than if he'd spoken aloud.
クライチェックは全く話し掛けてこようとはしなかったが、モルダーは同じようにその男に圧迫感を感じた。大声で言われるよりも黙り込んでいるほうがよっぽど非難がましいからだ。

The hot wind whipped through the open windows as Mulder barreled down the country highway. He needed to get back to DC as quickly as possible, just get out of the man's presence, escape his heavy gaze.
モルダーが郡高速道を車で飛ばすと、開け放した車窓を通して熱風が激しく吹き込んでくる。モルダーはできるだけ急いでDCに戻りたかった。その男の目の前から去り、その激しい視線から逃れるために。

At least there was no way they could talk with the windows down and the pedal to the floor. They'd have to shout to be heard.
が、とにかく、窓を開けて、床につくほどアクセルを全開に踏んでいる今の状態では話ができなかった。聞こえるよう2人は怒鳴り合わなければならないからだ。

After the wind yanked the tail of his tie out the window for the fourth time, Krycek removed the tie with an angry jerk. Shoving the length of silk into his pocket, he leaned toward Mulder and yelled, "You don't have to go so fast, you know."
風にあおられて窓からネクタイの先が出るのがさすがに4回も続くと、クライチェックは癇癪を起こしてグイッとネクタイを引き抜いた。長い絹の紐をポケットに突っ込みながらクライチェックはモルダーの方に身を傾けて、大声で叫んだ。
「そんなに急ぐ必要はないだろう」

Mulder answered grimly, without glancing sideways, "I'm trying to beat the rain."
モルダ−は脇目もくれず、険しい表情で答えた。
「雨雲のやつを出し抜こうとしてるんだ」

  He could smell the rain in the air, could feel that slight increase in the humidity that foretold a summer afternoon downpour.
雨の気配をはらんだ空気の匂いは、夏の午後にありがちな豪雨の前触れである僅かな湿度の増加を感じさせた。

He knew from the fresh scent of the afternoon and the charged air that a storm was near, even before the thunder began. And he knew that the last thing he wanted at this moment was for this trip to take any longer than it had to.
雷が鳴り始める前だというのにモルダーは、午後のすがすがしい匂いと不穏な空気から、嵐が近いことに気付いた。この瞬間のモルダーの願いはただ一つ、この旅をこれ以上長引かないでほしいということだけだった。

As the first fat raindrops hit the windshield, Mulder flipped on the lights and the windshield wipers. Could this day get any worse? In seconds, the rain was drumming angrily on the roof of the car, splattering in the open windows, making Krycek scramble for the crank.
最初の大きな水滴がフロントガラスに当ると、モルダーはライトを付け、ワイパーを作動させた。どうしたら今日がこれ以上悪くなりえるというのだろうか? わずかの間に、雨は車の屋根を怒ったように叩きつけ、開け放した窓にパシャパシャ跳ねた。クライチェックは大急ぎで取っ手を回して窓を閉めた。

He closed the passenger side windows, front and back, then turned to Mulder with a glare, bristling like a wet cat.
"What's wrong with you? Aren't you going to roll up the windows?"
クライチェックは助手側の前と後ろの窓を閉め、そして、モルダーを睨み付けた。雨に濡れて毛を逆立ている猫のように。
「一体、どういう了見なんだ? 窓を閉めないつもりか?」

Reluctantly, Mulder slowed the car slightly and cranked the glass shut, then reached awkwardly behind his seat to close the rear window as well. The pressure in the car became unbearable almost immediately--the damp, tepid air blowing ineffectively through the vents was almost worse than nothing at all.
嫌々ながら車のスピードを少しばかり落としたモルダーは窓を閉め、ぎこちなくシートの後ろに手を伸ばし、後部座席の窓も閉めた。たちまちのうちに車内の重圧感は耐え難いほどになった--壊れたエアコンの通気口から吹き出す空気はべったりとしてなまぬるく、何の空調もしないほうがまだましなくらいだった。

Mulder felt the weight of the angry presence beside him and pressed his foot to the gas once again, leaning forward in his seat as if it would help him see the road ahead.
モルダーは脇で怒りの感情を滲ませている男の存在に重苦しさを感じ、道の前方をもっとよく見ようとばかりに前に身を乗り出して、再びアクセルを踏んだ(step on the gas=アクセルを踏む)。

"Shit! Are you trying to get us killed?"
Alex grabbed for the jesus bar over the passenger door as the speedometer crept back up over 65.
"You can't even see the road!"
「何する気だ! 死ぬつもりなのか?」
いつの間にか速度計が65マイル(104キロ)を越えているのを見たアレックスは助手席のドアの取っ手をひっつかんだ。
「道が見えてもいないんだぞ!」

It was true. The rain beat down on the windshield faster than the wipers could sweep it away, and the gray light hid everything but the few feet of the pavement that were illuminated by the car's high beams.
それは事実だった。ワイパーが払いきれないほど激しい雨がフロントガラスに打ちつけ、ほの暗いライトは全てをぼやけさせ、車のハイビーム(注:ヘッドライトの明るいほうのライト)が舗装道路のほんの数フィート先を照らし出しているだけだったのだ。

Suddenly the road vanished from view in the scant glow of the headlights. Mulder cut the wheel to clear the sharp curve but before he knew it the car was sliding off the road, fishtailing on a thick sheet of water.
光量不足のヘッドライトが照らす中、突然、道路が視界から消え去った。ハンドルを切り、鋭いカーブをやり過ごしたとモルダーが安堵するより先に、車は厚く覆われた水面を横滑りしながら車道をはみ出てしまった。

Hitting the brakes as they skidded, Mulder wrestled to keep three thousand pounds of stubborn steel on a six-foot shoulder of gravel and grass. The car finally bounced to a rough stop, aided by the heavy rhododendrons growing wild beside the road.
横滑りしたままブレーキを踏み、草と砂利に覆われた6フィート(1.8メートル)幅の路肩の上に3000ポンド(1362グラム)の頑丈な鉄の塊を載せようとモルダーはやっきになった。終いには道路の脇に密生している野生のシャクナゲの助けを借りて、車はバウンドしながら乱暴に停止した。

Mulder gripped the wheel and leaned forward, resting his forehead against his hands. Uninjured but shaken, he forced himself to take deep, even breaths.
モルダーはハンドルを握り、前へともたれかかり、額を両手の上に載せた。無傷だったとはいえひどく動揺し、モルダーは何とか深く、規則的な呼吸をしようともがいた。

Krycek was less calm. Gasping aloud, he turned to shout at Mulder.
"What are you trying to do? If you want to commit suicide, be my guest, but don't take me with you!"
His voice broke.
クライチェックはいつもの冷静さを失っていた。大声で喘ぎながら、モルダーの方を向くなり叫んだ。
「何をするつもりだ! 自殺したいなら、勝手にするがいい(be my guest=ご自由に)。だが、道連れにされるのはごめんだ!」
クライチェックの声は動転していた。

Mulder clenched his jaw. Straightening in his seat he took his bearings, peering out of the windshield into the sheets of water that were still hammering the car. He simply could not stay here, locked in this closed space with Krycek in an angry panic.
モルダーはあごを食いしばった。シートを起こそうとレバーを引いた。相変わらず激しく車を打ちつけている雨にすっかり覆われているフロントガラス越しに外を覗きながら。モルダーはただただここにいたくなかった。怒りでパニックになったクライチェックとこの閉鎖的な空間に閉じ込められるという状況で……。

Looking into the rear view mirror, he shifted the car into reverse. Better to get back on the road, no matter what the weather, than be stuck here.
バックミラーで後ろを覗き込みながらモルダーは車を後退させた。元の道に戻った方がいいと思ったのだ。天気がどうあれ、こんなところ足止めされるよりはましだと。

As he began to back out, Krycek surprised him by reaching across the seat.
"You can't drive in this rain! Are you insane?"
His hand closed on Mulder's elbow.
モルダーがバックし始めると、クライチェックはシート越しに手を伸ばしてモルダーを取り押さえた。
「この雨の中を運転するなんて無茶だ! 気でも狂ったか?」
クライチェックの手がモルダーの肘を押さえ込んだ。

Mulder snarled and tried to shake Krycek's hand off, not meeting his eyes. He reached for the steering wheel again.
モルダーはうなり、目を合わさないようにしたまま、クライチェックの手を振り払おうとした。モルダーは再びハンドルに手を伸ばした。

"No!"
Krycek's voice was angry now, not frightened. He lunged across the seat--when had he unbuckled his seat belt?--and knocked the car into park, then grabbed both Mulder's arms and pulled him away from the wheel.
「やめろ!」
クライチェックの声は脅えを通り越して今や、怒りに駆られていた。シートを乗り越えて突進し--いつの間にクライチェックはシートベルトを外したのだろう?--ギアをパーキングに入れて車を留めると、モルダーの両腕をつかみ、ハンドルから遠ざけようと引っ張った。

They struggled for a moment, Krycek's strong hands tight around Mulder's wrists, his breath hot in Mulder's face. Their sweaty bodies slipped against each other on the vinyl seat, heating the damp air even more.
しばらく2人はもみ合っていた。モルダーの手首がクライチェックの力強い手にきつく絡み取られ、モルダーの顔にクライチェックの熱い息がかかる。ビニール・シートの上で2人の汗まみれの体が互いに滑り合った。べっとりした空気をより一層蒸し暑くさせながら。

Finally, Mulder braced himself against the wheel and shoved Krycek back against the passenger side door.
ついにモルダーはハンドルで身体を支えるようにして、クライチェックを助手席のドアへと押しとどめた。

"Leave me alone," Mulder whispered, desperate, holding Krycek's shoulders back against the window, where rain still pounded against the glass.
「放っといてくれ……」
いまだ激しく雨が打ちつける窓にクライチェックの肩を押さえ込みながら、モルダーはやけ気味につぶやいた。

Krycek grabbed Mulder's wrists and pulled his hands away, his eyes snapping green fire.
"What is this, Mulder, some kind of death wish? Is your life really so bad that you have to take it out on yourself, and take me with you?"
クライチェックはモルダーの手首をひっつかむと、両腕を遠ざけるように引き剥がした。その瞳の中に緑色の炎を燃え上がらせて。
「一体、何のつもりだ、モルダー、こんな死に方をしたいのか? 自分の手でおしまいにしたいほど、人生に嫌気がさしたというのか、その上僕を道連れにしてまで?」

His voice was a feral growl in the dank air of the car. He held tight to Mulder's wrists, pulling him half across the seat, forcing Mulder to meet his gaze. Mulder couldn't seem to pull back, his hands trapped by Krycek's, his eyes drawn to Krycek's open lips, his angry green eyes.
車の中のじっとりとした空気の中、クライチェックの声は野生の獣がうなり声を上げているようだった。モルダーの手首を強くつかんでいたクライチェックは、シートを半ば乗り越えさせるように引き寄せ、じっと見つめる自分の視線から逃れられないよう、無理矢理モルダーに顔を向けさせた。クライチェックの手にがんじがらめにされたモルダーはもはやその手を引き戻せそうになかった。クライチェックの開かれた唇に、その怒りに燃えるグリーンの瞳に吸い寄せられて。

  Suddenly he remembered the surge of adrenaline he'd felt the night before in the locker room--no, more than remembered it, he felt it again.
突如、モルダーは前の晩、ロッカールームにいたときに襲われたアドレナリンがこみ上げるような感覚を思い出した--いや、思い出したなんてもんじゃない、また再び、モルダーは感じてしまったのだ。

  Even stronger than before, with the sound of thunder ringing in his ears, the rain beating down on the roof of the car over his head, and their sweaty bodies so close that the windows of the car were steaming up.
以前にも増して激しく、耳をつんざくようなカミナリの音をさせながら、雨はモルダーの頭上で車の屋根を激しく打ちつけていた。2人は汗まみれの身体を密着させていたため、車の窓はすっかり曇ってしまった。

  For a moment it felt like being outside the world. And Mulder felt himself falling in, or falling out, falling out of time, out of space, out of reality.
一瞬、外界から切り離されてしまったかのようだった。モルダーは墜落するような、あるいは、外へ放り出されるような感覚に襲われた。時間からも、空間からも、この現実世界からも放り出されるような感覚に。

Caught like a rabbit in Krycek's deep green gaze, he was conscious of the danger but unable to escape. Krycek's eyes were sad and wild, gleaming bright in the darkness of the storm.
じっと見つめるクライチェックの深緑の瞳に、まるで兎のように捕らえられたモルダーは危険を承知しながらも逃れることができなかった。クライチェックの目は悲しげで、それでいて、狂気に満ちて、荒れ狂う闇の中で微かに輝いていた。

Finally Krycek spoke, his voice still so low that Mulder had to lean even closer to catch the words.
"I know I'm not the partner you asked for, Mulder, and not the one you want. I can try to give you what you need, though."
ついにクライチェックは口を開いた。その声は小さく、聴き取るためにモルダーはより一層近くに身を寄せねばならなかった。 
「僕は君に求められてパートナーになったわけじゃないのは分かっているよ、モルダー。そして今も歓迎されていないこともね。それでも、君にとって必要なものを差し出すぐらい僕にだってできるはずだ」

Mulder wasn't sure what he meant.
"What I need . . . ?" he asked. Then, slowly, deliberately, Krycek ran his thumb over the inside of Mulder's wrist, stroking gently against the pulse point with a delicate pressure.
モルダーはクライチェックの言う意味をつかみかねていた。
「僕に必要なもの……?」
モルダーは尋ねた。すると、ゆっくりと、慎重に、クライチェックはモルダーの手首の内側に親指を這わせ、そっと力を加えながら、その脈うつ場所を優しく愛撫した。

And then Mulder knew what it was that he wanted and couldn't ask for, what Krycek was offering him now. He shivered, closed his eyes, and fell for good.
そして、その時、モルダーは自分が欲していたが、求めることのできなかったものが何なのか、クライチェックが自分に差し出そうとしているものが何なのかを思い知った。モルダーは身を震わせ、目を閉じ、これを最後に(for good=forever)その悪しき快楽に屈服した。

Jerking himself back to his own side of the car, Mulder yanked off his seat belt and turned off the car's engine. The only sounds now were the rain and the two men's breathing, heavy, as if they would drown in the heat of the afternoon.
急に自分の席に戻るとモルダーは、シートベルトを引きはがし、車のエンジンを止めた。聞えるのは、雨の音と二人の激しい息遣いだけだ。まるで午後の熱に浮かされて息苦しくなったかのように。

Then Mulder was moving across the seat, closer to the sweet heat of the man beside him. The last place he wanted to be, the only place he needed to be. And now it didn't matter whether he trusted him or even liked him, the only thing that mattered was getting closer.
やがてモルダーはシートを乗り越えるように移動し、すぐ側で甘い熱を発している男に近づいた。間違ってもそこにだけはいたくないと思っていた場所(the last wh...to do=最も〜しそうもない)、自分にとって欠くことのできないたった一つの場所に。こうなってしまったからにはもう、自分がこの男を信用しているのかどうか、気に入っているのかどうかなんて、どうでもいいことだった。ただひたすら、近くに寄ることだけしか頭になかった。

Mulder was already mostly hard when he shifted and turned in the seat, straddling Krycek's hips, his knees digging into the crease of the seat back. Hunched over to keep his head from bumping against the roof of the car, he buried his face against Krycek's sweaty neck, inhaling the fresh smell of arousal.
席を移動し、向き直った時にはもはや、背もたれとの間の溝に膝頭を突っ込むようにして、クライチェックの腰にまたがったモルダーのそれは、すっかり立ち上がっていた。車の屋根に頭がぶつからないよう背中を丸めるとモルダーはクライチェックの汗ばんだ首筋に顔を埋め、思わず興奮させるその生々しい匂いを吸い込んだ。

With a groan, Krycek reached to the side and reclined the seat as far back as it would go, shifting his body under Mulder's weight.
うめき声を漏らしながらクライチェックは脇に手を伸ばし、シートをできるだけ後ろの方に倒し、モルダーの体の重みを受けようと身を滑らせた。

Mulder could barely hear the voice in his head that was screaming, "What are you doing?" (and why did the voice of his conscience sound like Scully, anyway?)--that voice was drowned by the pounding of his own heart, the pounding of Krycek's heart beneath him, and the pounding of the rain over his head.
モルダーの脳裏に誰かの叫ぶ声が微かに去来する……。
「お前は何をしようというのだ?(それにしても、なぜモルダーの良心の声はスカリーみたいに聞えるのだろう?)」
--その声は、モルダー自身の激しく脈打つ心臓の鼓動に、組み敷いているクライチェックの心臓の鼓動に、そして頭上で激しく打ちつける雨の音によって、かき消されてしまった。

He buried his hands in the damp fabric of Krycek's shirt and pulled it free of his belt, then ran his hands under the cotton to feel the sweat-slick skin. Oh, god. So smooth. Hands inside the shirt, he pulled him close, his face still pressed against Krycek's neck.
モルダーはクライチェックの濡れたシャツの中に手を潜り込ませると、ズボンから引っ張り上げ、下着の下に手を伸ばし、汗ばみすべすべしたその肌の感触を味わった。ああ。何て滑らかなんだ。手をシャツに入れたまま、モルダーはクライチェックを引き寄せる。顔をその首筋に埋めたまま。

  Now Krycek moaned, urging him on with a slight lift and twist of his hips. When Mulder felt the hard length of him down there, seeking him out, he moaned and started to rock against Krycek's body.
するとクライチェックはうめき声を上げ、わずかに浮かせた腰をよじるようにしてモルダーを駆り立てた。下腹部にモルダーを求めて堅くたぎるもの(lenght=yard=penis)を感じたモルダーはうめき声をあげ、クライチェックに向かって身体を揺らし始めた。

  Without unfastening their clothes Mulder rubbed himself against Krycek, slowly at first, soon building to a heated pace. Grunting as he rutted against the layers of fabric that separated their two straining cocks, he felt Krycek's hands sliding under his shirt, pulling him down harder.
互いに服を緩めようともせず、モルダーは彼自身をクライチェックに擦りつけた。最初はゆっくりと、じきに熱に浮かされたような激しいリズムを刻んでいった。はち切れそうな2人のペニスを隔てている布地の層を相手にしながら、イラついたように声を漏らすと、モルダーはクライチェックの手がシャツの下に滑り込み、より一層モルダーを激しく引き寄せようとするのを感じた。 

  oh, god, ohgod
heat and wet and heavy air
rain bouncing off glass and steel
the drumming of my heart
steam in the windows
the haze over my eyes
it's been too long
oh, oh god . . .
おお、神よ、神よ
熱と湿気と重苦しい空気
雨はガラスと鋼鉄を弾き
僕の心臓は早鐘のように鳴り響く
窓は霞み
僕の目には霞がかかる
(こんな感覚に出会えるのは)随分と絶えて久しかったことだろう
ああ、神よ……

  Now Mulder thrust with abandon, the hot barrel of his sex grinding against Krycek's. Beside his ear he heard gasps and moans, and suddenly realized that he wanted to see what the man looked like when he made those sounds. Bracing his elbows against the seat back and lifting his head, Mulder looked into Krycek's face.
今やモルダーは自身の熱くたぎる砲身をクライチェックのそれに擦り付けながら、やみくもに(with abandon=思いっきり)攻めたてた。耳元で喘ぎ声やうめき声がすると、急に衝動に気付く。その音をさせている男は一体どんな顔をしているのか見てみたいものだと。背もたれに肘を付いて頭を上げると、モルダーはクライチェックの顔をのぞき込んだ。

He lay with his head thrown back against the head rest. His eyes were closed, lashes lying against his sweaty cheeks in tiny points. His mouth was open, his lips wet, lush, sinful.
ヘッドレスト(シートの頭を載せる部分)に頭を投げ出すようにその男は横たわっていた。目は閉じられ、汗ばんだ頬に睫毛が小さな点のように乗っかっている。口は開かれ、その唇は濡れて、瑞々しく、そして罪作りだった。

As Mulder bore down hard, pressing their cocks together between their sweaty bodies, Krycek let out a cry that sounded like both pain and ecstasy. He rolled his head slowly against the seat and licked his lips with a dart of his pink tongue.
互いの汗ばんだの身体の間にペニスを挟み込むようにしながらモルダーは上から激しく攻めたてた。クライチェックは苦痛とも恍惚ともつかぬ叫び声を上げる。クライチェックは首をゆっくりとシートに沿って曲げるとそのピンク色の舌先ですばやく唇を舐めた。

Groaning, Mulder gave one last stab forward with his hips, then held himself rigid against Krycek's groin as he started to come. The sticky heat jerked itself out of his body and into his pants, saturating the hot fabric of his shorts.
うめき声とともに最後の一突きをクライチェックの腰に加えたモルダーは、射精感の高まりとともに張りつめた自身のものをクライチェックの鼠径部にじっと押し付けた。べたべたとした熱いものがモルダーの身体からズボンの中へと発射され、熱い下着の布地に染み込んでいった。

As Mulder's orgasm passed, Krycek began to shudder and spasm beneath him, holding onto Mulder's back with fists twisted in his shirt, pressing his hard sex up against the heat of Mulder's sticky, spent cock.
モルダーのオーガズムが過ぎ去った瞬間、クライチェックはモルダーの下で身を震わせ、痙攣し始めた。シャツを手首に絡ませるようにモルダーの背中を抱き締め、張りつめた性器をモルダーのべっとりとする射精し終わった熱いペニスに押し付けながら。

Fascinated, Mulder watched his face as he came, the way his lips stretched into an open grimace as the flames shot through him, the way his lashes flicked open to reveal unseeing eyes, then fluttered closed again.
うっとりとモルダーは、クライチェックが達する時の表情を、激しい感覚に襲われて身を委ね顔をゆがませるように思いっきり口を開ける様を、瞼をカッと開き、何も見えていない瞳をかいま見せる様を、そして再び、しばたたかせながら目を閉じる様を、眺めていた。

The sound he made was a keening wail, a wordless cry that sounded as if it were pulled forcibly from his heart and out into being.
クライチェックがあげる声は泣き叫ぶようなむせび声であり、まるで心臓から力づくで振り絞られ、この世に生を受けた時に上げるような言葉にできない叫びであった。

The rain had stopped.
雨はやんでいた。

Afterwards, Mulder pulled away from Krycek's sweaty body, shaking his head as if waking from a dream. Beside him, Krycek sprawled in the passenger seat, his eyes still closed, a telltale stain growing slowly in the lap of his trousers.
やがて汗まみれのクライチェックの体から身を離すとモルダーは、夢から覚めたかのように頭を振った。モルダーの脇ではクライチェックが助手席でしどけなく寝そべっていた。まだ目を閉じたまま、ズボンの膝の上に情事の証拠を示す染みがじわじわと広がるに任せて。

His shirt was pulled up, revealing the soft, downy skin of his belly, shining with sweat now in the light of early evening. Then Mulder knew he wanted to kiss him.
クライチェックはシャツをめくり上げられていた。暮れなずむ光の中で、汗できらきらと輝いているその腹部の、柔らかい気持ちよさそうな肌をあらわにしながら。その時、モルダーはクライチェックにキスしたい自分に気付いていた。

Mulder also knew he had lost his mind. The only proof he had that the whole thing had happened was the uncomfortable mess in his shorts and the unmistakable smell of sex that permeated the car. He had to re-establish some sense of normalcy.
モルダーはまた自分が正気を失っていたことも分かっていた。ショーツについた不快な汚れと車内にたちこめている紛れもないセックスの匂いが、すべてのことが確かに起こったことを示す唯一の証拠だった。正常な感覚というものをモルダーは取り戻さねばならなかった。

In a daze, he wiped the foggy windshield with his sleeve and started the car, backing out of the bushes onto the empty, steaming road. Pointing the car toward DC, he rolled the window down and headed for home.
目がくらんだモルダーは曇ったガラス窓を袖で拭くと、エンジンをかけ、車体を草むらから人気のない雨に煙った車道へと移動させた。ワシントンDCの方角に車を向けると、モルダーは窓を開け、家路を目指した。

  Although Mulder knew the man wasn't asleep, Krycek did not speak, or even look at him, all the way back to the city. Mulder wasn't sure if he was happy about that, or not.
クライチェックが寝ていないことぐらい、モルダーも気付いていたが、クライチェックはシティーへ帰る間ずっと口を開かず、モルダーのほうを見もしなかった。あれでクライチェック自身は満足なのかどうか、モルダーは計りかねていた。

* * *

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、対訳例を送ってくださったerin様と、英語表現を解説してくださったKamen様とerin様のお友達のPAUL様、並びに対訳のベーター・リーディングをしていただいたRyoko様に深く感謝いたします。


フロントページに戻る