Title
題名
Author
著者
Email Address
Eメールあて先
His Safe Place from the Storm

隠れ家で嵐が過ぎるのを待ちながら

Diana Williams

ダイアナ・ウィリアムズ

diwillia@mindspring.com
Category
カテゴリー
Keywords
カップリング
Rating
レイティング
V(Vignette), A(Adventure)

ショートストーリー、冒険もの

Mulder/Skinner romance, M/S Angst

モルダーとスキナーの恋愛、モルダーとスカリーの苛立ち

PG - No bad words or sex, but central to the piece is a relationship between two men.

親の同意が必要 − 下品な言葉やセックス描写はありません。とはいえ男同士の関係が主に描かれています。

Spoilers
オリジナルエピソード
Distribution
配布
Archive
収録
Feedback
感想
None

特になし

Fine, just keep my name attached.

著者の名前さえ添付すればOKです。

Yes, anywhere.

どこにでもどうぞ

Always welcome, good or bad.

常時お待ちしています。激励でも批判でも。

Summary
あらすじ
On the anniversary of a traumatic event in Mulder's life, Skinner provides him shelter from the storm.

モルダーの生涯にトラウマを残した事件の記念日、スキナーは嵐を避けるための隠れ家を彼のために用意するのだった。

Author's Note
著者覚書
This is my first venture from MSR-land to Slash territory, and it really skirts both areas, so 'Shippers and 'Slippers alike may be upset. What can I say- I like angst!

これはモルダー/スカリー(Mulder-Scully Romance)の分野からもスラッシュの領域からもはみ出た作品なので、モルダーとスカリーが一緒になると信じる人たち(relationshippersの略)、モルダーは男性(通常はスキナーかクライチェック)にこそふさわしいと考える人(slash-relationshippers)の両方を動揺させてしまうかもしれません。ま、要するに私は女がジャマするパターンが好きなんですね!

Disclaimer
著作権に関する留意点
The X-Files and its characters belong toChris Carter and 1013 Productions. The quote at thebeginning is from "Safe Place from the Storm" by Michael Bolton and Dianne Warren.

Xファイルとその登場人物はクリス・カーターと1013プロダクションに帰属します。ちなみにこの作品の冒頭の詩はマイケル・ボルトンとダイアン・ウォーレンによる「隠れ家で嵐を過ぎるのを待ちながら」からの引用です。


His Safe Place from the Storm
隠れ家で嵐の過ぎるのを待ちながら

"Come on out of the rain and into my arms
Run to me, to a love that's safe and warm
I'll be yours, baby,
Your safe place from the storm"
「雨の中を走ってこい。私の腕の中へ。
私の安らかで暖かな愛に向かって。
私は君のもの。君にとって、
嵐を避けるための安全な隠れ家だから」

He stands on my doorstep, dripping wet.
彼は私の家の玄関の上がり口に立っていた。
ずぶぬれになって。

"Hi."
「やあ」

Wordlessly, I stand back and let him enter. I run a quick eye over him, assessing him for damage. None that I can see tonight. None external, anyway.
こう言うときは私は無言のまま、彼の背後に立ち、家の中に招き入れる。
一瞥すれば、彼がどのくらい疲れているか、すぐに分かるからだ。
だが、今夜は難しい。少なくとも外見だけでは言い当てることができそうにない。

"Ever heard of an umbrella, Mulder? Wait here."
「傘を持って行けって言ってるのに、モルダー。ちょっと待ってろ」

I fetch towels and my robe, and he strips with the ease of a child. I collect his soaked clothes and carry them into the laundry room.
タオルとバスローブを渡すと、彼は無邪気な子どものように服を脱いだ。びしょびしょの服を拾い集めると、私は洗濯室に運んでいった。

"Have you eaten?"
「食事はしたか?」

Barefoot, wrapped in my robe, he follows me while toweling his hair.
私のバスローブを着て、彼は素足のまま髪をふきながらついてきた。

"Jesus, Walter, you are obsessed with my stomach. Are you channeling a Jewish mother?"
「畜生、ウォルター、君は僕の胃に取りかれている。過保護の母親みたいに。彼女とチャネリングでもしてるのか?」

The words are light and humorous, familiar words, part of our ritual. They do not hide the darkness underneath, the bleakness in his eyes. What is it now, I wonder? Another betrayal? Another argument with his partner if those icy exchanges lately can be called arguing? Then I glance at the calendar hanging on the fridge and I realize what day it is.
軽口や冗談、仲間内だけで通じる言葉はわれわれの儀式の一部だ。それらは暗闇の底を照らし出し、彼の瞳の中の寂しさを紛らわす。今回は何なのだろう? それとも誰かに裏切られたか? それともまたパートナー(スカリー)と「口論」をやらかしたのだろうか? 最近のあの冷たい言葉のやりとりを「口論」と呼べるならばだが。が、冷蔵庫にかかっているカレンダーが目に入ったとたん、私には今日が何の日だか、すぐに納得がいった。

"I take it that means no. Sit."
「どうとでも言えばいいさ。とにかく座れ」

He drops into a chair in the breakfast area, finger-combing his damp hair, watching as I pull out a saucepan. We are silent but we do not need words. All the important ones were spoken between us long ago; we are comfortable with our silences.
彼は朝食用の椅子に倒れ込むように腰掛けて、塗れた髪を手でかきあげ、ソースパンを取り出す私の姿をながめていた。われわれに言葉はいらなかった。重要なことはすべて今までの年月の間に語り尽くされてきた。だからこの沈黙がわれわれには心地よいのだ。

I set the bowl of soup and grilled sandwich in front of him. Comfort food. A reminder of the happier days of his early childhood thirty years ago. Then I wander into the living room, add another log to the fire, turn on the game, settle down on the couch. He hates it when I watch him eat.
彼のためにスープボウルとクロックムッシュを用意した。心に安らぎを与えてくれる食べ物が30年前、彼がまだ幸せな子どもだった頃の日々を思い出させる。私はリビングを歩きまわり、薪を暖炉にくべ、ソファーに腰掛けながら、スポーツ中継を見始めた。彼は食事をしているところを私に見られるのが嫌なのだ。

A short time later he wanders in, looking absurdly youthful in my too-big robe with his hair sticking up, and joins me on the couch. I reach over to pull him down so that his head is on my lap. He sighs, a little sound of contentment, and one hand curls against my knee. I run my fingers through his hair, still damp from the rain, and pick up my glass. Iced tea, not Scotch tonight. He hates it when I drink. 
彼がこちらに来るまで、それほど長くはかからなかった。大きすぎる私のバスローブを着て傍らに座った彼は、髪の毛を逆立て、妙に少年ぽく見える。私は彼に手をかけ、頭が膝の上に載るよう、引き倒した。安心したのか、彼は小さな溜息をつき、片方の手で私の膝を抱えた。まだ雨に濡れている彼の髪に指を絡ませながら、私は自分のグラスを手に取った。今夜はスコッチではなくアイスティーにしよう。彼は私が酒を飲むのが嫌なのだ。

We watch the game in silence punctuated only by comments about the action on the screen. It is not much of a game, but it is another of our rituals. He needs these, some tangible sign that some things in this world stay the same. Especially on this day.
私たちは黙って画面を眺めていた。ただ、試合運びについてコメントがかわされるほかは。試合なんてどうでもよかったのだが、この時間もまたふたりの「儀式」なのだ。ずっとこのままこの世界が続くという確実な証が、彼には必要なのだ。特に今日という日には。

The news follows, then I turn off the TV and gently tug on his hair.
ニュース番組が始まった。私はテレビを消し、彼の髪の毛を優しく引き寄せた。

"Bed."
「ベッドに行こう」

He lies in my arms, head resting on my shoulder, one leg flung across mine, sleeping the sleep of the sated. I have done my best for him this night, trying to exhaust him completely, to drive him past thought into oblivion. Past the reach of dreams or nightmares. I do not sleep; I will not sleep tonight, not while he is here, an all-too-infrequent presence in my bed.
彼は私の腕の中に横たわり、肩に頭を乗せ、片足を私に絡ませ、満足げに眠っている。今夜の私は出来る限りを尽くした。彼をヘトヘトにさせ、過去の記憶を消し去ろうと。過去が夢か悪夢になるまで。私は眠るまい。今夜は眠らない。めったに私のベッドにいることがない彼がここにいる間は。

Tomorrow he will be gone, and then I will sleep and dream. Tonight is for him, for his needs. Tonight I will try to keep him safe from the storm.
明日になれば彼は行ってしまう。そうすればいつでも眠ることができるし、夢見ることができる。だから今夜は彼のために費やそう。今夜は彼を嵐から守ってやろう。

I would be content to have his vital warmth beside me every night but that is not possible. When I first took him into my bed, I knew that there would not be a happy-ever-after to this story.
毎晩彼の生命の温もりを感じられたら私は満足なのだろうが、それは無理な話だ。最初にベッドに招き入れたときから、この物語は幸せな結末にはならないと分かってはいた。

I am not good with relationships, the day-to-day maintenance they require, and neither is he. And he is too honest to deny that a large part of his heart belongs to another, no matter how damaged the relationship between them is now.
毎日、つくりあげていく必要がある「関係」というのが私は苦手だ。モルダーもそうだ。そして彼は、あまりにも自分の心に正直すぎて、彼の心のかなりの部分を別の誰かが占めていることを隠すことができないでいる。その誰か(彼女)との関係が、いまは壊れてしまっているというのに。

He loves her. There may come a time when he spends this night in her bed, holding her tight, reassuring them both that she is still here, that she is safe. When - if - that day comes, I will let him go with a smile and a heavy heart.
彼は彼女を愛している。やがて今日のような夜を彼女のベッドで過ごす日がくるかもしれない。彼女がまだそこにいるのか、彼女が休らいでいるのか、確かめるように強く抱きしめながら。もしその時がきたなら、私は微笑みと傷心を携えて彼を送り出すだろう。

He is a cat, and one does not own a cat. For now, it is enough to know that he feels safe here in my arms. That I am the one he comes to when he is hurting, and that I can ease that pain for him. It is enough. It has to be enough.
彼は猫だ、猫は誰にも所有されない。が、私の腕の中で彼はやすらいでいる。今はただ、それが実感できるだけで十分だ。私は彼が傷ついたときにやってくる場所。私は彼の傷を癒してやれる。それでだけでいい。私には十分だ。

And tonight I can keep him safe from the storm.
そして今夜は嵐から彼を遠ざけることができる。

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、疑問の箇所についての適切なアドバイスをくださった、ちよ様、マリー様、及びYF様に深く感謝いたします。


フロントページに戻る