TITLE
題名
AUTHOR
著者
RATING
レイティング
Sweet Dreams

甘い夢

Diana Williams

ダイアナ・ウィリアムズ

PG - Okay, there's m/m interaction but it's all innuendo and there's no actual sex.

PG(Parental Guidance Suggested 児童が観る場合には保護者の許可が必要)なーんて。男性同士の恋愛を描いていますが、全くのおふざけで、いかなるセックス描写もありません。

AUTHOR'S NOTE
著者注記
This is a PWP in response to Te's challenge, to wit: "WRITE A HAPPY STORY!!!! Yeah, you heard me: *Happy*. No one gets the shit kicked out of him/her unless they really deserve it. No one dies. No one's love life is hopeless. No one commits suicide, or tries to. No one gets raped. Krycek learns to accept the loss of his arm. Mulder smiles, maybe even laughs.
Skinner embraces his inner schmoopster." Be careful what you ask for.

これは、「ハッピィ・ストーリーを書いて!」というTeのリクエストに答えて作ったやおい(PWP: "Plot? What Plot?" または "Porno Without Plot" 落ちもない単なるセックスの話)です。ハッピー・ストーリーとは、誰もが不当に彼や彼女を扱ったりしない、誰も死なない、望みがない恋愛生活もなく、誰も自殺したりせず、そうしようともしない、誰も暴行されたりしないといったお話のこと。
クライチェックは自分の片腕を失ったことを納得し始めた。ほくそえむモルダーは内心、笑い出したいくらい。
かたやスキナーは心にたわいもない感傷を抱く。願い事はよく考えてからしましょう(でないと叶ってしまうかもしれないから)。


"Okay, sir, I want to know what kind of coffee you buy. If Mulder's actions are any indication, it probably contains illegal substances."
「承知いたしました。どのようなコーヒーをお買いになったか教えていただけますか。もしモルダーに妙な兆候があるようでしたら、多分違法な成分が含まれていたのでしょうから」

Special Agent Dana Scully and Assistant Directory Walter Skinner looked over at where Special Agent Fox Mulder was processing the crime scene.He was practically quivering with energy as he moved from one team to another.
特別捜査官ダナ・スカリーと副長官のウォルター・スキナーは特別捜査官のフォックス・モルダーが鑑識官などの間を飛び回り、犯罪現場で精力的に働く様子を眺めていた。

Skinner sighed.
"I'm amazed that he's still on his feet. I don't think he got more than two hours sleep last night."
スキナーはため息をつく。
「あきれたよ。あいつ、まだやってるよ。昨晩は2時間寝たのかどうか……」

"Insomnia still?"
Scully asked.
「彼はまだ不眠症なんでしょうか?」とスカリー。

Skinner was still amazed at how easily Scully had accepted the new relationship between himself and Mulder. He nodded.
"Yeah."
スキナーはまだ当惑していた。スカリーがあまりに彼とモルダーの新しい関係をすんなりと受け入れたことに。彼はうなずいた。「ああ」

"And you haven't found anything that helps ?"
「で、何か妙案は見つかりましたか?」

Skinner's lips twisted into a half-smile, and his eyes twinkled at Scully.
"Well, one thing but I don't have the stamina I used to.It does shut him up and put him to sleep."
スキナーは唇をゆがめて笑い、スカリーに目配せした。
「うーん、ひとつぐらいは。でもそれをやるスタミナが僕にはないし。それをするとモルダーは静かになるし、寝ちゃうんだけど」

Scully grinned.
"Way more information than I need to know, sir."
スカリーはニヤッと笑った。
「それは私が知るべき情報の範囲を超えていますわ」

Skinner chuckled and then Mulder was collecting his partner and they were off again. So Skinner was surprised later when Scully dropped by his office and presented him with a basket.
クスッとスキナーは笑った。そしてモルダーはパートナーであるスカリーを呼びにきて、その後、仕事を終えたので、スカリーが事務所に立ち寄りバスケットを届けたのは、正直いってスキナーには驚きだった。

"Little Red Riding Hood, I presume?"
Skinner peered into the basket.
「赤ずきんちゃんかい?」
スキナーはバスケットをのぞきこんだ。

"Some of my sure-fire cures for insomnia. Can't have you incapacitated, sir."
With her eyes twinkling, she left the room.
「不眠症の治療にとっても効き目があるものなのですのよ。これで治らないはずがないと思われますわ、上官殿」目配せしながら彼女は部屋を出て行った。

************************

Later that night, Skinner pushed Mulder toward the stairs and Mulder grinned at him.
"Why, Walter! It's only eight o'clock - how decadent of you."
夜もふけて、スキナーが2階にあがるようモルダーの背に手をかけたので、モルダーはニヤッと笑いかけた。
「なんだよ、ウォルター! まだ8時だよ。なんて退廃的なヤツなんだ」

"Asshole," Skinner snorted, pushing him toward the bathroom.
「ばかやろ」
とスキナーは甘い声を出し、モルダーをバスルームへと追い立てた。

Mulder looked suspiciously at the filling tub.
"Walter, there's - stuffin that tub."
モルダーはお湯がはられたバスタブを疑わしそうに眺めながら尋ねた。
「ウォルター、バスタブに何か入れた?」

"Bath oil. Scully says that a warm, scented bath is great for relaxing her and inducing sleep." Skinner was stripping Mulder's clothes off.
「バスオイルだよ。暖かくて香料を入れたお風呂がリラックスさせ眠りを誘うっ てスカリーが言うんだ」
スキナーはモルダーの服を脱がし始めた。

"I can think of something better," Mulder said with a leer but Skinner ignored him.
"And, in case you hadn't noticed, Scully's female. I think they're genetically engineered for hot bubble baths."
「僕ならもっと気のきいたことを考えるけどな」
とモルダーはせせら笑ったが、スキナーは無視した。
「君は見落としているんじゃないかと思うんだが、スカリーは女性なんだよ。生まれつき彼女らは熱い泡風呂向けにできているんじゃないかな」

"Get in."
「入りなさい」

Mulder gestured at the darkened room.
"No lights?"
モルダーは明かりの消えた部屋で手探りした。
「明かりはないの?」

"You forget where everything is?"
「どこに何があるのか忘れたのかい?」

"No - I thought I'd read - "
「いや、つかりながら本でも読もうかと……」

"Uh-uh. You're supposed to be relaxing. In."
「本なんか読んじゃダメだ。リラックスしなきゃいけないんだから。入れってば。」

Mulder complied, amused.
"Don't I get a headset and tape player?"
モルダーは面白がって従うことにした。
「ヘッドホンとレコーダーを持ちこんじゃいけないかな」

"You start listening to Prince and I'll kick your ass out."
「*プリンスならそこから蹴り出すぞ」
(*「プリティ・ウーマン」でジュリア・ロバーツがバブル・バスにつかってプリンス聴いてるシーンに引っかけて)

"That's the Artist Formerly Known as Prince. Should I worry that you knew both the movie and the song reference?"
「それは以前プリンスと呼ばれていたアーティストだってば。映画や歌でよく知ってるだろう」

"Probably."
He handed Mulder a mug.
"Drink this."
「ほら」
スキナーはモルダーにカップを手渡した。
「これ、飲んでみな」

Mulder peered into the mug at the pale yellow liquid.
"I don't even want to venture a guess - "
モルダーはカップの中の薄黄色の液体をのぞきこんだ。
「これが何だか言い当てる勇気はないな」

"Chamomile tea."
「カモミールティーさ」

"Someone switch your National Geo subscription for Martha Stewart's magazine?"
「ナショナル・ジオグラフィックをやめて、*マーサ・スチュワート誌に換えたの?」
(*アメリカのテレビショーなどで有名な女性が、彼女流のガーデニングや料理、インテリアのアイデアをまとめた雑誌。日本で言うなら栗原はるみの『すてきレシピ』誌か)

"Scully dropped off a basket with some sleep aids to try."
「スカリーが不眠治療グッズを入れたバスケットを置いていってくれたのさ」

Mulder eyed the basket with a grin.
"Sex toys? Flavored lube?" He stared at the object Walter produced.
"Um - we played Batman and Robin last night. And that has no eye holes."
モルダーはバスケットを見るなり笑い出し、「セックス玩具? 香料入り潤滑油?」と言いながら、ウォルターがバスケットから取り出した品々をじろじろとのぞきこんだ。
「確かに昨夜はバットマン&ロビンごっこをしたけど、これはアイホールがないよ」

"It's a bath-mask - fill it with hot water and it's very soothing."
「それは風呂用マスクだよ。熱いお湯を入れて使うととても疲れがとれるんだ」

"I knew you'd get around to blindfolding me and tying me to the bed."
「それで僕を目隠ししてベッドに連れて行こうとしているんだろう」

"I've never wanted to blindfold you. Now, I have been tempted to gag you."
「君を目隠しなんかしないよ。君にさるぐつわをかます誘惑にはいつもかられているけど」

"Oooh, Walter, you know what I like. What other delights does that basket hold?"
「はいはい。ウォルター。それが好きなんですよ僕は。で、他に何か楽しいものは入ってないの? そのバスケット」

"Massage oil. Be a good boy and I'll give you a body massage."
Mulder slid down in the tub until he was almost completely submerged.
"How's that feel?"
「マッサージオイル。いい子にしてたらボディーマッサージしてあげよう」
モルダーはバスタブに身を沈めた。全身がもぐるくらいすっぽりと。
「どんな感じ?」

"Not too bad, actually. Of course, it'd be better if my knees could be in the same zip code as the rest of my body."
「悪くないよ、実際。もちろん、膝も身体の他の部分と同じようにバスタブにゆったりとつかれると、もっといいのになぁ」

"I'll have to make sure my next place has a bigger tub."
「もっと大きなバスタブがある物件を探さないといけないな」

"Looking for a place in the suburbs to settle down and raise those 2.5 kids? Gonna make an honest man of me?"
「郊外に定住者、子ども2〜3人向けなんて物件を探すの? 僕を誠実な男にするつもり?」

"Shut up and close your eyes. I want you to relax."
「黙って目を閉じろ。リラックスしてほしいからやってるんだぞ」

"Relax? Do you know how many bathtub drownings occur each year?"
「リラックスしろだって? 毎年バスタブでどのくらいの人が溺死してるか知ってる?」

"No, but you probably do and I don't want to hear it. Shut up and relax or no massage."
「さあ。君は知ってるだろうけど、私には興味がない。黙ってリラックスしないとマッサージしないぞ」

"Shutting up, sir."
Mulder closed his eyes and drifted. Skinner puttered around the bathroom and bedroom, straightening up and keeping an eye on Mulder in case he fell asleep in the tub. After a while he went into the bathroom and coaxed Mulder to sit up.
「黙ります」
モルダーは目を閉じ、湯に体を浮かべた。スキナーはバスルームとベッドルームの間をうろうろしたり、かたづけたりしながらも、目だけはモルダーに注いでいた。彼がバスタブで居眠りしておぼれることのないように。

"Relaxed?"
「リラックスした?」

"Actually, yeah." Mulder started to get out.
「うん、まさに」モルダーは出ようとした。
"Uh-uh. Best part is coming."
「ちょっと、これからが最高なのに」

"Walter, you devil, there's not enough room in this tub for two."
「ウォルター、ひどいヤツだな。このバスタブには二人分の余地はないよ」

Skinner ignored him, squeezing shampoo into his hand and beginning to shampoo Mulder's hair. Mulder closed his eyes, enjoying the feeling.
"Mmm. You're good at this. If you quit your day job, you could always take up hair styling. Make a fortune."
スキナーは知らん顔で、シャンプーを手に搾り出し、モルダーの髪を洗い始めた。モルダーは目を閉じその感覚を楽しんだ。
「うーん、いいねえ。もし今の仕事を辞めたら、美容師になったら? 成功するよ」

"Well, I've got the right sexual orientation for it, anyway. And I must admit there is a vicarious thrill out of this."
「ああ、まさに生まれつきそっちのほうに向いていたみたいだな。白状するけど、こうしてると自分がスリルを味わってるような気になるんだ」

"The truth comes out at last. You only love me for my hair."
「ついに告白したな。君は僕の髪が目当てだったんだろう」

Skinner ruthlessly poured water over Mulder's head, rinsing the shampoo and causing Mulder to sputter. He grinned.
"Fair enough. We know you love me for my increased testosterone."
スキナーはシャンプーを洗い流そうとモルダーの頭に容赦無くお湯を浴びせ、彼を咳き込ませた。彼はニヤニヤ笑った。
「いいよ。興奮させて、男性ホルモンを高めるつもりなんだろう?」

"Guilty as charged. Take me away, officer - I'll go quietly. You got fur-lined cuffs in that basket?"
Skinner helped Mulder out of the tub and carefully dried him. Mulder yelped, startled, as Skinner rubbed the towel over every inch of his body.
"You're awfully freshfor a towel boy. Watch it or I'll sic my boyfriend on you."
「罪を認めます。しょっぴいてください、おまわりさん。何も文句は申しませんって、そのバスケットには毛皮張りの手錠が入っているかい?」
スキナーはモルダーをバスタブから出してやり、丁寧にタオルでふいてやった。スキナーが体のすみずみまでタオルでふくので、モルダーはきゃんきゃん鳴いて驚いた。
「君は恐ろしいくらいヘタクソなタオルボーイだね。これなら僕のボーイフレンドをけしかけちゃうぞ」

"Should I be worried?"
「それで私が困るのかな?」

"Definitely. He's tall, muscled, butch, carries a deadly weapon. And sometimes a gun."
「そうさ。彼は背も高いし、筋肉モリモリなマッチョだし、すごい武器も持っているんだぞ。時々はピストルとか」

"I should have seen that one coming," Skinner said, gently swatting Mulder's ass as he pushed him towards the bed.
「もうそんなやつに会ってるよ」
スキナーはそう言うと、モルダーの尻をピシャっと叩き、ベッドへ追い立てた。

He had pulled back the covers and laid a towel on the bed, and Mulder stretched out on his stomach. Skinner straddled Mulder's body and poured warmed oil into his hands and began working on Mulder's shoulders.
スキナーがベッドカバーをめくりタオルをひいてやると、モルダーはそこに腹ばいになって横になった。スキナーはモルダーにまたがり、暖めたオイルを手に取ると、モルダーの背をマッサージし始めた。

Mulder groaned.
"God, you're good. That's it, I'm coming out of the closet and exposing us both. Then - after we're fired - I'll get that faculty position and book contract and you can be my personal masseuse."
モルダーはうめき声をあげた。
「ああ、いい、そこそこ。もう、こそこそしないで世間に僕たちの関係を暴露してみたいな。で、クビになったら、大学で犯罪学でも教えて、本を書いて、君を僕専用のマッサージ師に雇うんだ」

"I hope you plan on making a lot of money from your book. I have expensive tastes."
Skinner continued massaging down Mulder's back to his thighs, feeling the muscles relax under his hands.
「せいぜい本が売れるといいね。僕を雇うのは高いよ」
スキナーはマッサージを続けた。背中から腿へと。筋肉がほぐれていく手応えを感じながら。

"How's that feel, Fox?"
There was no answer.
"Fox?"
A slight snore rose from the pillows, and Skinner smiled.
「どんな感じかい? フォックス」
返事がない。
「フォックス?」
枕からもれるかすかないびきにスキナーは微笑んだ。

"Mission accomplished."
Skinner changed into his pajamas and slid into bed, affectionately touseled his lover's hair, and turned out the light.
「任務は完了した」
スキナーはパジャマに着替えるとベッドに滑り込み、恋人の髪の毛を優しくかき乱し、明かりを消した。

Two hours later, a light went on at the bedside table and Skinner sat up, sighing.He slipped out of bed quietly so as not to disturb his sleeping lover, and padded into the bathroom. Picking up the mask, he muttered,
"I wonder if this really works"
2時間後、ベッドサイドテーブルに明かりが灯り、スキナーはため息をつきながら腰を下ろした。彼は恋人の眠りを妨げないよう静かにベッドから出ると、風呂場をぶらぶら歩き回った。そして、マスクを拾い上げ、こうつぶやくのだった。
「これ本当に効き目があるのだろうか?」

The End
終わり
お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、疑問の箇所についての適切なアドバイスをくださった、ちよ様、マリー様に深く感謝いたします。


フロントページに戻る