By popular demand, here is the nasty, brutish, and short vignette re: prison rape.
Warning: I had absolutely no emotional involvement what soever with the characters while I was writing this, and therefore felt I could do whatever I pleased with them. You've been warned.
皆様のご要望にお応えして、けだもののようにいやらしい短編をお送りします。いわゆる「監獄レイプもの」です。
警告:これを執筆中、登場人物には少しでも感情移入したということはありません。それだけにやりたいように何でもさせることができたわけなんですけど。一応、警告しておきましたからね。

As for forwarding this elsewhere, be my guest, anywhere on the Net you feel is suitable, provided you include the "T.W.o.Oz" byline. Enjoy. And Happy Holidays. Heh.
この作品を第3者に転送することを歓迎します。適当と思われるネットのどこにでもどうぞ。その際、著者名の「T.W.o.Oz」を添付してください。ではお楽しみください。楽しい休日を! なんてね。


Prisoner of Hate: An X-Files Vignette
「憎しみの囚人」:Xファイル・スケッチ

by T.W.o.Oz
T.W.o.Oz 作
* * *
*Don't ever touch me again.*
「2度と俺にさわるな」

Mulder had heard the words, had seen the challenge in Krycek's eyes. The threat stood clear. Yet he found he couldn't resist the urge--when Krycek returned to the prison cell, cocky, confident, there to taunt Mulder with his freedom--well, it was then that Mulder made his first mistake.
と言い放ったクライチェックの目には挑発的な眼差しが浮かんでいた。明らかに彼は脅しているのだ。だが、モルダーは衝動を抑えることができなかった。生意気で自信に満ちあふれた態度で檻に戻ってきたクライチェックが自分は自由の身だということをモルダーに見せびらかして、あざけったことに対して。
そう、それはモルダーが犯した最初の過ちだった。

As the heavy door slid shut behind them, Krycek laughed, a harsh, dirty sound.
"It pays to speak the language, " he said, strutting around the tiny room.
"I've got my freedom now. Too bad about you."
He shrugged.
"Only so much I could do."
2人を檻に入れたまま、重い扉が閉められた。クライチェックは、不愉快で耳障りな笑い声をあげ、
「言葉が喋れると得だよな(ロシア語を話せたのでうまいこと言って自由の身にしてもらった)」
と狭い檻の中をゆっくりと一回りしながら言った。
「俺は今完全に自由の身だ。お前にとっては最悪な状況だが」
クライチェックは肩をすくめた。
「俺もここ(自分の身を自由にする)までしかできなかったけどな(おまえまで自由にしてやることはできなかった)」

"That's gratitude for you."
Mulder watched him warily, circling away each time he drew near.
"So what are you here for?" 「せいぜい歓迎するよ」
モルダーは用心深くクライチェックを観察した。彼が近くに寄ってくるたびに遠まきにしながら。
「で、ここに入って来て、どうするつもりだ?」

"Oh, I think you know."
Krycek paused, tensed, eyes trapping Mulder in their feral glare.
"Come here."
「ははん。知ってるくせに」
クライチェックはそう言って一息おくと、緊張し、野生動物のようにぎらぎらする目でモルダーを罠にかけるかのようににらみつけた。
「来いよ」

Mulder stood his ground. One on one, Krycek had the advantage. They were similar in height and weight, but Krycek had been well-fed and rested, thanks to his Russian friends, and Mulder felt weak from lack of food and sleep. He could fight for a while, but he wouldn't win.
"Fuck off," he said.
モルダーはそこから動けなかった。一対一ではクライチェックに分があったからだ。2人とも体格では互角だったが、クライチェックの方はロシア人の友人たちのおかげで十分な食事と休養が取れていた。一方のモルダーは食事も睡眠も不足し、弱り切っていた。一時は闘えたとしても、モルダーに勝ち目は無かった。
「くたばれ」
とモルダーは言った。

"Wrong."
Krycek stepped closer.
"Fuck *you*."
He moved until Mulder tried to move away, until he had him against the wall, still not touching, but only inches apart. Nowhere for Mulder to hide.
"You hate me," Krycek whispered fiercely.
「違うよ」
クライチェックは一歩近づいた。
「『やっちまうぞ』、だろう」
クライチェックはモルダーを壁際まで追い詰めた。あとわずか数インチというところまで。モルダーに逃げ場はなかった。
「俺が嫌いだろう」
クライチェックはケダモノのようにささやいた。

"You think I'm a monster, but you have to keep facing me, because I'm *useful* to you. You need me. You'd use anyone you needed to if it got you closer to your 'truth', wouldn't you?"
His hot breath brushed Mulder's face.
"Who's the monster here, Mulder? Which one of us do you hate the most?"
「お前は俺をひどいやつだと思っているだろうが、よく観察してほしいな。俺は役に立つ男なんだぜ。お前には俺が必要さ。お前のいう真実とやらに近づくためには、必要とあれば、お前は誰だって利用してきた。そうだろう?」
クライチェックの熱い息がモルダーの顔をかすめた。
「どっちがひどいやつかな? モルダー。俺たち2人のどちらがより汚らわしい男かな?」

He hated *him*. That much was true.
"I'm not a goddamned murderer."
モルダーはクライチェックを憎んでいた。それは事実だ。
「俺は卑劣な殺人鬼なんかじゃない」

"No?"
Krycek smiled with a sly, slit-eyed hunger.
"What's stopping you, hm? You think I killed your father--well, what if I did? You think I killed Scully's sister--and what if I did that, too? I beat the crap out of that precious boss of yours--the one who seems to know you *oh so well*--"
「違うのかい?」
クライチェックは狡猾で陰険な(目を細める行為=陰険さ、不快を表す)飢えをたたえた笑いを浮かべた。
「なぜ躊躇する? なあ、俺がお前の父親を殺したと思っているんだろう? だとしたらどうする? 俺がスカリーの姉も殺したと思っているだろう? だったらどうする? 俺はお前の大事なボスをめちゃくちゃにしてやったぜ。 - 一人はお前をよく知っている - 十分すぎるほどにな」

"*Shut up*."
Mulder flattened himself against the thick cold stones. He wanted to punch the bastard, and he knew that was exactly what Krycek was waiting for.
「だまれ」
叫んだ勢いでモルダーは冷たく厚い石の壁にぶちあたった。モルダーは目の前のケダモノに一発食らわせてやりたかった。それこそがクライチェックが思うつぼであることを承知の上で。

"Touched a nerve, did I?"
Krycek smiled again, and slowly ran his tongue around his lips.
"He means a lot to you, does he? Did he ever suck you off? Ever let you fuck him? Or is it always the other way around?"
「気に障ったかな?」
クライチェックは再びニヤリと笑い、ゆっくりと舌舐めずりした。
「ヤツはお前には大事な男なんだろう? ヤツにくわえてもらったのか? ヤツにお前をファックさせることをヤツは快く許してくれたか? それともいつもはその逆なのかな?」

Mulder felt his fists clench.
"Shut *up*--"
モルダーはこぶしを握りしめた。
「黙れ」

"You look like you'd make a great bottom man, *Fox*."
「お前はいい淫売(bottom=ケツ、女役のホモ)になれるぜ、フォックス」

That was when Mulder made his mistake.
とうとうモルダーは過ちを犯した。

He tried for a gut punch, but he didn't have enough room to put any force behind it. Krycek easily took what little impact it had, then stepped back to swiftly deliver a right hook to Mulder's jaw. He followed it with a sharp kick to Mulder's groin, sending him to the floor, on his hands and knees, clutching his abdomen.
モルダーはクライチェックの腹にパンチを打ち付けようとしたが、すぐ後ろが壁であったため、十分な力をこめられず、クライチェックにはわずかなショックしか与えられなかった。逆に後退したクライチェックはモルダーの顎に素早い右フックをかまし、さらに股間に鋭い蹴りをくらわし、床に叩きのめし、モルダーは手と膝で腹部を押さえ込んだ。

He wasn't quite down for the count, not just yet. Mulder held in the pain shooting through him, waiting for Krycek to come in closer. When he did, Mulder sprang up with the last of his strength, going for a full body tackle.
モルダーは、カウントを取られるほどすっかり参っているわけではなかった。まだ余力は残っていた。体を貫くような痛みをこらえ、モルダーはクライチェックが近寄るのを待っていた。近づいたとたん、モルダーは最後の力をふりしぼって飛び起き、全身で飛びかかった。

He slammed Krycek into the opposite wall, drew back for a punch. Krycek ducked, deflecting most of the punch, and Mulder barely scraped the side of his face, the bulk of his hand hitting rough stone instead. He stepped back, nursing his bleeding knuckles, circling, trying to keep out of Krycek's range.
モルダーはクライチェックを反対側の壁に叩き付け、さらに一撃を加えようと身を引いたが、クライチェックにひょいとかわされてしまった。モルダーのパンチはクライチェックの顔をかすめただけで、ほとんど当たらず、代わりにごつごつした石の壁にぶつかるだけだった。モルダーは後ずさりした。血塗れになった拳をかばいながら。クライチェックと距離を保ちながら、円を描くように。

But the prison cell was too small, and Krycek was far too high. He could see the glittering eyes, the sweat stains on the white shirt, and worst of all, the hard edge of Krycek's erection.
だが、この檻はあまりにも狭く、クライチェックはひどく興奮していた。クライチェックの目はギラギラ光り、白いシャツには汗がにじんでいた。そして最悪なことに、クライチェック自身が固く盛り上がっていたのだ。

*No*. Mulder made one last effort, knowing his only hope was a well-aimed hit. The strength wasn't there, though. He only got one small punch to Krycek's ribs in before Krycek subdued him utterly, with a two-fisted blow between his shoulder blades that sent him downward, spinning, too weak to go on resisting.
「よしてくれ」
モルダーは最後の力を振り絞った。この一撃が当たるなどというのは単なる希望だと分かっていても。とはいえ、力はもう残っていなかった。クライチェックのあばらに弱々しい一撃を加えただけで、その後は肩に2発くらい、叩きのめされ、きりきりまいさせられ、クライチェックに完敗させられた。あまりに弱っていたのでモルダーは抵抗し続けることができなかったのだ。

He felt strong hands all over him, stripping him, carelessly ripping the clothes from his body. Naked, shivering, pain still lancing through his gut, he closed his eyes, face down against the cool, damp stone, willing his mind to shut out the horror. He heard a zipper being undone, and then Krycek straddled him; he could feel the thick, heavy thighs bearing down on his flesh.
力強い手がモルダーを捕らえ、裸にし、乱暴に服をはぎ取った。全裸にされ、震えながら、内蔵をつらぬくような痛みに襲われて、モルダーは目を閉じた。冷たく湿った石の床に顔を伏せ、なんとか恐怖心を振り払おうとした。ジッパーが降ろされる音が聞こえた途端、クライチェックはモルダーの上に馬乗りになった。モルダーの体に太く固いものが押しつけられた。

*I'll kill him. I'll fucking kill him*.
But he couldn't move. He felt frozen, trapped by the monster above him and immobilized by the demons within.
*I'm not a goddamned murderer.* No? Or was it just, *not yet*?
「こいつを殺してやる。絶対に!」
だがモルダーは身動きが取れなかった。上に乗った獣に捕らえられ動けなかったのだ。その悪魔のような力で自由を奪われて。
「俺は卑劣な殺人鬼なんかじゃない。ちがうか? それとも、これからそうなるということなのかな?」

Smooth, firm fingers gripped his buttocks. Mulder whimpered. He felt Krycek shift himself off, felt the hands slide from his buttocks to slip underneath him, to lift him by the hips.
"On your knees, boy," Krycek's sharp voice rasped out.
"*Now*."
なめらかだが力強い指がモルダーの双丘をつかんだ。モルダーはすすり泣いた。
クライチェックは尻から手を離し、モルダーの腰を持ち上げようと、下の方にすべり込ませた。
「いい子だから膝を立てろよ」
クライチェックは苛立ち、鋭い声をあげた。
「さあ!」

As one hand kept holding him, the other slapped hard across his buttocks, stinging his flesh. Mulder had no strength left, and why drag the torture out with futile resistance anyway? Gritting his teeth, he raised himself up on his hands and knees, eyes still tightly shut.
片方の手でモルダーを抱えながら、もう一方の手で激しく尻を平手打ちした。皮膚がひりひりと痛んだ。モルダーにはもう力が残っていなかった。無駄な抵抗で拷問を長引かせてどうするというのだろうか? 歯を食いしばり、モルダーは四つん這いになりながら、固く目を閉じていた。

"That's good," Krycek whispered.
"Now you're *mine*."
「そうだその調子だ」
クライチェックはささやいた。
「もうお前は俺のものだ」

The hands returned to his buttocks, kneading them, spreading them, slapping each in turn. And then one finger slid between the crack, and roughly penetrated him. Mulder made a sound, something between a cry and a moan.
クライチェックは両手をモルダーの尻に戻すと、もみほぐしたり、押し広げたり、おしりのほっぺたを交互にひっぱたいたりした。やがて指をモルダーの隙間に滑り込ませたかと思うと、乱暴に突き刺した。モルダーは叫び声ともうめき声ともつかぬ悲鳴をあげた。

"A little tight in there, isn't it?"
Krycek jammed two fingers in, sending a searing burst of pain through Mulder.
"What's the matter, boy?"
「ちょっと狭いな?」
クライチェックがさらにもう一本の指を押しこむと、焼け付くような痛みがモルダーを襲った。
「どうしたっていうんだ?」

Krycek leaned over his back, heavy breath on his neck.
"Didn't your boss warm you up enough for me? Aren't you used to this by now? Or was his dick so damn small you couldn't tell if it was up you or not?"
クライチェックはモルダー背中にのしかかると、首筋に熱い息を吹きつけた。
「お前のボスは十分に緩めてくれなかったようだな? 今までこういうことに慣れてなかったのかい? それとも彼のナニは、入ってるかどうか分からないほど小さかったのか?」

Mulder bit his lip so hard he tasted blood.
"I'm going to kill you," he gasped.
強く噛んだ唇は血の味がした。
「貴様を殺してやる」
モルダーはあえいだ。

"Oh, yeah. That's right."
Krycek laughed a sick, guttural laugh.
"Do unto others, Fox, that's right. Use them. Toy with them. Abuse them. Be like *me*."
「そうだな。そうするといい」
気味悪くクライチェックは喉で笑った。
「他のやつらにもそうするといい。フォックス。そいつらを利用して、もてあそんで、酷使するがいい。俺のようにな」

He suddenly bit hard into Mulder's shoulder, making him yelp like a dog.
"*Yeah*. Make noises for me, boy. *Fight* me, boy. You're not a man, you're a fucking whore--gonna let me shove it up your ass just like Skinner does with his little bossy prick--yeah, you *like* it, don't you, boy? You *want* to be my whore-dog, *don't* you? *Don't you*?"
クライチェックは突然モルダーの肩に荒々しく噛みついた。モルダーはきゃんと犬のような悲鳴をあげた。
「そうだ。俺のために鳴くんだ。かかってこい。お前は男じゃない。お前は淫乱な売春婦さ、俺にケツを掘らせたがってる。スキナーが親分風をふかせて、お粗末なナニを突っ込むように。そうだ、お前はこれが好きなんだよな? お前は俺の犬になりたいんだろ?」

"*Fuck you*!"
Somewhere, Mulder found the will to struggle, knowing it was pointless, yet desperate to get Krycek's throat between his hands and squeeze the life from him. He twisted, he tried to heave Krycek off his back, he put every ounce of his waning strength into the effort.
「くそ!」
モルダーは戦う気力を奮い立たせた。それが無意味なことだと知りながら。
クライチェックの喉を両手で必死につかみ、息の根を止めようした。モルダーは身をよじり、クライチェックを引きはがそうと、なくなりかけている力を最後まで振り絞った。

But it wasn't enough. Krycek held him firmly, his powerful arms and legs holding him in place. He grabbed Mulder by the hair and yanked his head backwards hard, straining his neck muscles to the breaking point.
だが足りなかった。クライチェックはモルダーをがっちり捕らえ、力強い腕と足で彼を押さえ込んだ。モルダーは髪の毛を捕まれ、頭を後ろに、首の筋肉がちぎれそうなほど引っ張られた。

"That's better," Krycek said.
"Get that sweat going, boy. Makes your skin all sleek and smooth for me. Makes you *ready* for me."
He let go his grip.
"And *I'm* ready for *you*."
「そのほうがいい」
クライチェックはそう言った。
「せいぜい汗を流すがいいさ。そのほうがお前の肌がなめらかになってすべり易くなって都合がいいからな」
クライチェックはモルダーの髪から手を離した。
「さあ、こっちの準備はできた」

Both hands tightened again on Mulder's ass.
"But I'll warn you--I'm a big man. A *very* big man."
He shoved his cock inside.
両手でモルダーの尻をしっかりとつかんだ。
「でも言っておくけど、俺はでかいから。それも特大ってやつ」
クライチェックは彼自身を内部に突き刺した。

Mulder screamed. Krycek punched into him, fast and rough, his bullet-hard shaft filling Mulder so tightly he feared he'd be ripped apart. The rapid, brutal thrusts tore into him over and over, and Mulder gripped the stone floor, his eyes squeezed shut, his mouth gaping open in a silent cry. Pain rode through him in torrents, sweat beaded on his brow and the droplets fell onto his hands, mingling with the blood from his savaged knuckles.
モルダーは叫び声をあげた。クライチェックはモルダーを突き上げた。素早く、荒々しく。弾丸のように固いクライチェック自身がきつく詰め込まれるたびに、モルダーは引き裂かれるような恐怖に襲われた。素早く獣のような抽送が何度も繰り返され、モルダーは石の床にしがみついた。目をきつく閉じ、声にならない叫びをあげた。激痛が奔流となって体を駆け抜けた。玉のような汗が額に吹き出し、痛み付けられいるこぶしから血が滲んでいる手に滴り落ちた。

He couldn't endure this, yet still Krycek rode him, his powerful thighs pressed against Mulder's, his muscular arms clutching Mulder's waist, his insatiable cock taking all of Mulder, every inch of him, possessing him with its complete penetration. Mulder felt sick and shriveled up inside, and as each new thrust staked Krycek's claim on his body, he mentally shouted, *Die*, *Die*, but whether the command was directed at Krycek or himself, he could not tell.
こんなことはモルダーには耐えられなかった。だがクライチェックは馬乗りになったまま、その太股をモルダーの太股に押しつけ、たくましい腕でモルダーの腰をがっちりとつかんでいた。クライチェックのどん欲なそれはモルダーからすべてを奪い取り、完全に内部を満たし、征服した。モルダーはうんざりし、精神的に萎えてしまったが、クライチェックの方は押し込むたびに、モルダーの肉体を自分のものだと主張しているかのようだった。モルダーは心の中で叫んだ。
「死ね、死ね」と。
が。それはクライチェックに命じているのか、自分自身に対してなのか、モルダーにも分からなかった。

Just as Mulder thought he could take no more, Krycek stilled, and then Mulder felt his shuddering release, felt the warm liquid spurting into him, forever soiling him.
モルダーがもうこれ以上耐えられないと思ったそのとき、クライチェックの動きが止まった。モルダーにはクライチェックが身を振るわせ、自身を解放したのが分かった。なま暖かい液体が体内に満ち溢れた。モルダーをこの先永遠に汚すかのように。

Mulder shivered as Krycek's cock slid from his body, and a draft of chill air hit his back as Krycek moved away. He collapsed, curling into a fetal ball, as if the impersonation of innocence could magically bring about its return in reality.
モルダーは身震いした。クライチェック自身が体から引き抜かれるのを感じながら。クライチェックが離れると、冷たい風が背中に当たるのを感じた。打ちのめされたモルダーは純潔を装うことで、魔法のように本当に純潔が戻ってくるとでも思ってるかのように胎児のように丸まった。

He heard Krycek moving, and opened his eyes. Suddenly Krycek was right there, kneeling before him, head bent low to look directly into Mulder's eyes.
 モルダーはクライチェックが動く気配を感じ、目を開けた。突然、クライチェックはモルダーのまん前にひざまずき、首を曲げてモルダーの目をまっすぐにのぞき込んだ。

"It was good for me, lover boy," Krycek murmured sweetly.
"Was it good for you?"
He touched Mulder's face, gently caressing his cheek with his fingertips.
「良かったよ、かわいいヤツ」
クライチェックは甘くつぶやいた。
「お前も良かった?」
クライチェックはモルダーの顔に触れた。指先で顎を優しく、なでるように。

Mulder hated him, hated himself, and with an ice-cold loathing sweeping through his whole being, he raised his head just enough to spit in Krycek's face.
モルダーはクライチェックを憎んだ。そして自分自身をも。あまりの嫌悪感のせいで体中に悪寒が走った。モルダーは顔をあげ、クライチェックの顔に唾を吐きかけた。

And that was his second mistake...
それがモルダーの犯した2番目の過ちだった。(そんなことをしたら、またやられてしまうのに……)

The End?
終わり。

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、原文と翻訳例をくださったerin様、並びに、疑問の箇所についての適切なアドバイスをくださったマリー様、原文の中に出てくる「bottom」について貴重なご指摘をくださったRyoko様に深く感謝いたします。


フロントページに戻る