Title
題名
Author
著者
Email Address
Eメールあて先
Life from the Slashers(1)

スラッシュ主義者から生まれた命

Diana Williams

ダイアナ・ウィリアムズ

diwillia@mindspring.com
Category
カテゴリー
Keywords
要素
Rating
レイティング
Humor

お笑い

Slash/Torture Parody

スラッシュ/拷問もののパロディ

R for language and discussion of M/M sex

男性同士のセックスを表す言葉や会話があるため(17歳以下は親か成人の保護者の同伴が必要という)制限あり(R=Restricted<Under 17 requires accompanying parent or adult Guardian>)

Spoilers
オリジナルエピソード
Distribution
配布
Archive
収録
Feedback
感想
Slight for Tungaska

「ツングースカ」(シーズン4・第9話)が少々

Fine, just keep my name attached.

著者の名前さえ添付すればOKです

Yes, anywhere.

どこにでもどうぞ

Always welcome.

常時お待ちしています

Summary
あらすじ
Krycek convinces Mulder to run away with him, with disastrous results.

モルダーに一緒に逃げるよう納得させたクライチェックだったが、悲惨な結末が待っていた。

Disclaimer
著作権に関する留意点
The X-Files and its characters belong to Chris Carter and 1013 Productions.

Xファイルとその登場人物はクリス・カーターと1013プロダクションに帰属します。

Author's Note
著者覚書
This is a loving tribute to all those slash writers who work so hard to keep all of us little perverts happy and is not meant to be in any way a criticism of their work. I would like to mention in particular Jo B. whose "Life from the Ashes" provided the basic plot line (hurry up and finish "Hope & Faith", I'm begging you!).
Keep up the good work, guys!
The quote at the beginning is from "Pleasure or Pain" by Michael Bolton.

この作品は、私たちみんなを幸せ(世間の常識でいう幸せからは多少はみ出してますが)にしようと懸命に働くスラッシュライター全員に捧げる恋愛賛歌であり、彼女たちの作品を批判するつもりは全くありません。この作品の基本的な粗筋を組むに当たって、特にJo B.(早く『希望と信頼』を仕上げて。頼むから!)の『灰から生まれた命』が元になったという点を指摘しておきたいと思います。
みんな頑張っていいお仕事しようね!
冒頭の詩はマイケル・ボルトンの「歓喜もしくは苦痛」からの引用です。


Life from the Slashers
スラッシュ主義者から生まれた命

"Is it pleasure or pain
Keeps me runnin', keeps me running to you?
Pleasure or pain,
I just can't decide.
Are they one and the same?
It's confusing me blind.
Am I in love or insane?
Am I in it for the pleasure or pain?"
「歓喜なのか苦痛なのか。
僕を走らせる、僕を君へと駆り立てるのは。
歓喜なのか苦痛なのかなんて、
僕には決められそうにない。
両者は実は一つで、同じものなのだろうか。
それは僕を混乱させ盲目にする。
僕は恋しているんだろうか、狂っているのだろうか。
そうなったのは、歓喜のせいなのか、それとも苦痛のせいなのだろうか」

Mulder returned from his morning jog and unlocked the door to the Crystal City apartment he shared with Skinner, noting that his lover had already left for an early morning meeting. Then a dark shape moved into the light - he reached for his gun and remembered that those two jump-ropers had tripped him and made him lose his weapon. Damn!
朝のジョギングから帰ったモルダーは、クリスタル・シティー・アパートのドアの鍵を開けた。スキナーと同居しているその部屋には、恋人はもう早朝ミーティングにでかけてしまったことを示す書き置きがあった。するとその時、薄暗い人影が明るい方へと移動したのが見えた。モルダーは銃に手を伸ばしたが、縄跳びのなわに足をとられ、武器を取り落としてしまった。くそッ!

"Krycek! How did you get in here?"
「クライチェック! 貴様、どうやってここに入ってきた?」

Krycek held up the skeleton key that came with his Triple Agent Kit and grinned.
"You don't look too happy to see me, Mulder. I've been here for almost a minute and you haven't hit me even once."
クライチェックは彼の3重スパイ・キットで作った透明キーを掲げ、ニヤリと笑った。
「僕と会えたっていうのに、あまり幸せそうに見えないね、モルダー。僕がここにいたのはおよそ1分間だったんだけど、その間、1回も気付いてくれなかったし」

"How did you know where to find me?"
He and Skinner had been very careful to hide their relationship out of fear of what would happen to their careers if anyone learned about them.
「僕がここにいるってどうして分かったんだ?」
彼とスキナーは2人の関係を細心の注意を払ってひた隠しにしていた。知られてしまうことで2人のキャリアーに傷がつくことを恐れていたからだ。

"Mulder, don't you watch TV? Didn't you see the Academy Awards last night? Kevin Kline outed you during his acceptance speech."
「モルダー、君はテレビっていうものを見ないの? 昨夜のアカデミー賞授賞式を見なかったのかい? ケビン・クライン(映画『イン&アウト』の主演男優。マッド・ディロン扮するゲイの男優がアカデミー賞の受賞スピーチでケビン扮する教師に感謝の言葉を述べたことから、教師にもゲイ疑惑がかけられてしまうコメディー。映画『フィラデルフィア』でトム・ハンクスがアカデミー賞主演男優賞を受賞する際、高校時代の恩師であるゲイの教師に謝辞を述べたことが製作のヒントとなったという。脚本を書いたポール・ラドニック自身も自らゲイであるとカミングアウトしている)が受賞スピーチの間、君のことをゲイだと暴露したんだよ」

Mulder gasped.
"What? Oh, my God! My career's over, and Walter's going to be devastated!"
モルダーは息が止まりそうになった。
「えええ? 何てこった! 僕のキャリアーはもう終わりだ。だったらウォルターだっておしまいってことじゃないか!」

Krycek shrugged.
"Nah. Nobody paid much attention - all the winners last night were outing someone. Besides, everyone at the FBI already knew."
クライチェックは肩をすくめた。
「おいおい、誰もそんな気に留めないって。昨夜は受賞者全員が誰かのことをゲイだと暴露してたから。もっとも、FBIの連中は皆、とうにご存知だったけどな」

"WHAT!"
「何だって!」

"Yeah. Well, all except Scully and Spender - oh, and that Colton character. But Skinner's been in such a good mood since he started nailing you that nobody cares. I hear the Admin staff is taking up a collection for a nice Christmas present for you, and the Director is recommending you for a commendation - above and beyond the call of duty."
「ああ。スカリーとスペンダー(シーズン5から登場するXファイル課の後任)は例外だよ。おっと、それから、あのコルトン(トム・コルトン捜査官)っていう人物さ。でも、君をモノにして以来スキナーがすごく機嫌がいいので、誰も気にしてないけどね。僕は本部のやつらが君への気のきいたクリスマスプレゼントを集めているとか、FBI長官が君を賞に推薦していたことを聞いていたし。職権乱用だけどな」

"You don't work for the FBI anymore. How do you know all this?"
「君はこれっぽっちもFBIのために働いてないくせに、どうしてそんなことまで知ってるんだ」

"Pendrell told me last night during pillow talk. He's got a great ass but he can't keep a secret."
「ペンドレル(スカリーに片思いしていた同僚。第4シーズンで死亡)が昨晩、寝物語に教えてくれたのさ。彼の尻は最高(アソコはバッチリ)なんだけど、秘密は守れない奴だから」

"Pendrell! But he's dead!"
「ペンドレルのやつ! でも、彼は死んだはずじゃあ!」

"Mulder, you're not the only one who can fake a suicide."
「モルダー、君だけが自殺した振りができると思うなよ」

"But why?"
「で、でも、なぜ?」

Krycek shrugged.
"He was desperate. Scully was going to ask him for a date."
クライチェックは肩をすくめた。
「ペンドレルはやけになっていたのさ。スカリーからデートを申し込まれそうだったから」

"Oh."
「そんな」

"He's working for the Consortium now, doing bio-tech. Look what he did for me."
Krycek took off his jacket, proudly displaying his new arm.
"Clever little monkey, isn't he?"
Then he sighed and shook his head.
"He's got a tough new assignment, though. Creating alien/human clone screenwriters."
「今、ペンドレルはシンジケートの仕事をしているんだよ。バイオテクロノジーの。ほら、彼の仕事ぶりを見てやってくれ」
クライチェックは上着を脱ぐと誇らしげに新しい腕を披露した。
「利口なチビ猿だよな、あいつ」
そしてクライチェックは溜息をつき、頭を振った。
「それでも、彼はやっかいな新しい任務を得たってわけさ。異星人との混血種の脚本家を(シンジケートのために)作り出すっていうさ」

  "What's so tough about that?"
「それがどう、やっかいなんだ?」

"They've got to be able to come up with understandable plot lines and remember crucial timeline information."
Krycek gestured with his gun.
"Okay, enough of the small talk. Get undressed."
「脚本家ってやつらは、分かりやすい筋書き(納得できる展開)を思い付き、ちゃんとした(矛盾のない)時間経過を把握できてなきゃならないものさ」
クライチェックは銃で指図してみせた。
「よし、つまんない話はここまでだ。 服を脱げ」

"WHAT?!!"
「何だと!!」

"I'm going to handcuff you to the bed and have sex with you."
「君を手錠でベッドに縛り付けて、セックスするのさ」

  "Oh. Well in that case..."
「ああ、そういうこと……」

Sometime later, Krychek kissed his lover and unlocked the handcuffs.
"Come on, Mulder, we've got to get going."
しばらく後……。クライチェックは彼の恋人に口づけし、手錠をほどいた。
「来いよ、モルダー。そろそろ行かないと」

"Going? I'm not going with you. I'm staying here. I love Walter. He makes me feel safe."
「行くだって? 君と一緒になんて行くもんか。僕はここに残るよ。僕はウォルターを愛しているんだから。彼といると心が安らぐんだ」

Krycek sighed.
"Mulder, I hate to do this, but Skinner isn't what you think he is."
He pulled a pack of photographs out of his pocket, in an envelope labeled "Consortium Photo Labs - when you care enough to frame the very best".
クライチェックは溜息を付いた。
「モルダー、こんなことをするのは僕も嫌なんだ。でも、スキナーは君が考えているようなヤツじゃないんだぜ」
彼はポケットから写真ケースを取り出した。入っていた封筒には「シンジケート画像処理部 - 極上の写真をフレームに入れたいとお思いなら、ご利用ください」というラベルが貼ってあった。

Mulder opened the package and stared, open-mouthed, at the pictures. There was one of Skinner sharing a cigarette with Cancerman, one in the Well Manicured Man's car and, most damning of all, standing in Bill Mulder's shower with a gun duct-taped to his hand.
ケースを開けたモルダーは写真を見た途端、あんぐりと口を開けた。その中の一枚はスキナーが肺ガン男(煙草男)と1本のタバコを一緒に吸っているものだったり、ウェル・マニュキュアド・マン (身なりの整った男:ジョン・ネビル。シンジケートに所属するキザな英国貴族)の車中であったりした。が、中でも極めつけだったのは、手にビーニル製ガム・テープで銃を巻き付けたビル・モルダーのシャワー姿の1枚だった。

Was it possible that these were fakes? He studied the pictures closely, noting that Skinner was in the same pose and looked kinda flat, but no, that was Walter Skinner. He stared at Krycek, agony in his beautiful hazel eyes.
これらがでっちあげだなんて、ありえるのだろうか。モルダーは写真を丁寧に調べ、スキナーが同じ姿勢で、のっぺりして見えるのに気が付いた。でも、これはまぎれもない、ウォルター・スキナーだ。モルダーはハシバミ色の美しい瞳に苦悩の色を浮かべて、クライチェックを見つめた。

"That's not all."
Krycek pulled out a videotape and handed it to Mulder.
"This is a tape of me and Skinner having sex."
「それだけじゃない」
クライチェックはビデオテープを取り出し、モルダーに手渡した。
「これは僕とスキナーがセックスしているテープさ」

"But how - when?"
「でも、どうやって、いつ?」

"Remember when you brought me over here and Skinner handcuffed me to the balcony? Well, after you left..."
「君が僕をここに連れてきて、スキナーにバルコニーに縛り付けられた時があっただろう? その後、君はいなくなってしまってしまったけど……」

Mulder's world was shattered. How could Walter betray him like that? Sure, Mulder had just had sex with Krycek,too, but Mulder was a slut and would have sex with just about anyone. He had always thought of Skinner as somehow better than that. He handed the videotape back to Krycek, too upset to even watch it, and Krycek breathed a sigh of relief. It was his favorite "Three Stooges" tape.
モルダーの世界はこなごなに打ち砕かれた。どうやったらウォルターはこんな風に自分を裏切ることができたのだろう? 確かに自分はクライチェックともセックスした。だが、モルダーってやつはもともとふしだらな男だし、誰とでもセックスする野郎だったんだ。自分はいつだって、スキナーのことを自分よりはまだましなヤツだと信じていたのに。モルダーはビデオテープをクライチェックに突き返した。あまりにも気が動転してしまい、見ることすらできなかったからだ。事の次第にクライチェックはホッと安堵の息を付いた。そのテープ、実は彼のお気に入り映画「3バカ大将」だったのだ。

"All right, Alex," he said brokenly.
"I'll go with you. Where are we going?"
Not that it mattered much since his whole world was shattered, but he couldn't possibly go anywhere without good take-out and satellite hook-up to watch his beloved Knicks.
「分かった、アレックス」
モルダーはとぎれがちに言った。
「一緒に行くよ。で、どこに行くんだい?」 
彼の全世界が打ち砕かれたせいだけでなく、旨い(中華の)テイクアウトと最愛の New York Kinicks(NBAのBascket ball team)観戦専用の人工衛星なし(Knicksのゲームの衛星中継のないところ)にはモルダーはどこにも行けないからだった。

"I have a plane waiting to take us to a little hideaway in an obscure third world country where we can be safe from Cancerman and where Skinner will never find us."
「飛行機を待たせているんだ。人目につかない第三世界のちょっとした隠れ家に連れていってくれるよ。そこなら肺ガン男の手も届かないし、スキナーにも絶対に見からないさ」

Mulder nodded and started to follow him.
"Wait! Is this going to lead to a convoluted plot in which I get kidnapped by a series of power-crazed monsters who want a piece of my ass?"
モルダーはうなずき、彼のあとをついて行こうとした。
「待て! この話ってこの後、僕とセックスをしたい(=僕のケツの分け前にあずかりたい)おなじみの権力亡者たちに誘拐されるっていうひねくれた筋書きに行き着くのか?」

"Uh, probably."
「うん、多分ね」

"Then I'll need this."
Mulder picked up an industrial size tube of KY and put it in his pocket.
「それなら僕にはこれが必要になるな」
モルダーは「KY」(潤滑油の商品名)の業務用かと思うほど大きなサイズのチューブを取り出し、ポケットに突っ込んだ。

Krycek drove to the private landing strip where a plane waited. When they got out of the car, a petite red-head jumped out of a parked car and aimed her weapon at Krycek.
クライチェックは車に乗り、プライベート滑走路へと向かった。そこには飛行機がとめてあった。2人が車から降りると、駐車中の車から女性の小さな赤毛頭が飛び出し、クライチェックに武器を向けた。

"Freeze, Krycek! Mulder, run!"
「動かないで、クライチェック! モルダー、走って!」

"Scully, it's okay," Mulder said. "I'm going with Alex willingly."
「スカリー、これでいいんだよ」
モルダーは言った。
「僕は自分の意志でアレックスと一緒に行くと決めたんだから」

"Mulder, how could you? He's a murderer! He killed your father and my sister!"
「モルダー、どうしたっていうの? 彼は殺人者よ! 彼はあなたの父親と私の姉を殺したのよ!」

Mulder sighed and a tear ran down his cheek.
"Actually, Walter killed them. I've got the pictures right here - damn! I must have left them at the apartment. But you've got to trust me, Scully. Skinner is working for the Consortium."
モルダーは溜息を付いた。涙が彼の頬を伝わり落ちた。
「実は、殺したのはウォルターだったんだ。証拠の写真もほら、ここに持ってきて……畜生! アパートに置いてきてしまった。でも君は僕を信じてくれるよね、スカリー。スキナーはシンジケートのために働いていたんだ」

Scully stared at her partner and at Krycek. Skinner? With the Consortium? She remembered her suspicions about him, how conveniently the blame had been shifted to Blevins, forgetting that Skinner had been with her when Melissa was shot. Besides, their boss was always blaming her when Mulder got in trouble and criticizing her reports.
スカリーは彼女のパートナーを見つめ、それからクライチェックにもそうした。スキナーが? シンジケートの手先ですって? スカリーもスキナーを疑っていたことを思い出した。姉のメリッサが撃たれたときにスキナーが一緒にいたことを忘れて、その責任をブレビンズ(XF課が所属する凶悪犯罪部の部長)になすり付けるとは、何て都合が良いんでしょうと。その上、彼らの上司はモルダーが危機に陥るたびにいつもスカリーを非難していたし、スカリーのレポートを批判していたのだ。

"All right, but I'm coming with you."
「そういうことなのね。でも私も一緒に行くわ」

Krycek rolled his eyes.
"Oh, man, not her!"
クライチェックは白目をむいて不快感を表した。
「冗談じゃないぜ。彼女だけはやめてほしい!」

"She's my partner," Mulder insisted and Krycek gave in.
Maybe he could push her out when they were in the air and Mulder wasn't looking.
「彼女は僕のパートナーさ」
モルダーが言い張るのでクライチェックは折れた。大方、クライチェックは離陸した後で、モルダーが見ていない隙にスカリーを突き飛ばして落っことすつもりだったのだろう。

Meanwhile, back at the apartment, Skinner had arrived back home and found that Mulder was gone with a note: "Walter, I've learned the Truth about you and the Consortium, and I'm going with Alex. Please don't try to find me. Love always, Your Fox."
一方、アパートの方はどうなったかというと、スキナーは帰宅していて、ちょうどモルダーが書き置きを残して出ていったことに気づいたところであった。
「ウォルター、僕は真実を知ってしまった。君とシンジケートとの。だから僕はアレックスと行くよ。どうか僕を探さないで。いつも愛してる。君のフォックスより」

He stared at the note, stunned, then picked up the packet of photos Mulder had forgotten and looked through them. Well, at least the mystery of what had happened to the life-sized cutout of himself was solved. But he refused to lose Mulder, the only man he had truly loved. He knew who he had to contact to find Mulder.
書き置きを見て呆然としたスキナーは、モルダーが忘れていった写真の包みを取り上げると、中身を見てみた。そうすることで、少なくとも彼の等身大の切り抜きに何が起こったかという謎は解けた。だが、スキナーはモルダーを失うわけにはいかなかった。彼が本当に愛したたった一人の男を。スキナーにはモルダーを見つけるためには誰に連絡すべきかが分かっていた。

Finding the Lone Gunmen had been easier than he thought. Find-it 511 had two listings for Paranoid Government Conspiracy Watchdog Groups - the Lone Gunmen and some cab driver in New York.
ローンガンメン(TLG。モルダーのオタク友だちトリオ)たちを見つけることは思ったよりも簡単だった。「511」(ジョージア州、アトランタの電話ニュース・サービス。ローカルニュースを逐一教えてくれるホットライン)は、アメリカ政府の陰謀を監視するパラノイア集団として2つの候補をあげた。ニューヨークにいるローンガンメンとある種のタクシードライバーである。

In a short period of time, he had convinced them to trust him (or he'd have their tax- exempt status investigated by the IRS) and they had found a flight plan filed by Krycek to an obscure third world country. Shortly afterward, the four of them were on a plane heading after Mulder.
瞬く間に、スキナーは彼らに自分を信頼するよう説得し(さもなければ彼らが税金を払っていないことを国税庁[Internal Revenue Service]に調べさせ)、人目につかない第三国への逃亡をもくろむクライチェックの飛行プランを見つけだした。そのすぐ後に、モルダーの後を追って彼らのうち4人が飛行機に乗った。

In Krycek's plane, Mulder was having second thoughts. He missed Walter. He was sure that it had all been a mistake, that Walter could explain everything. If only he had waited and listened to Walter's side.
クライチェックの飛行機の中で、モルダーはさっきとは別の考えをめぐらせていた。モルダーはウォルターが恋しかった。すべてが間違いで、ウォルターならあらゆることを説明してくれるような確信がモルダーにはあった。もし自分が待っていて、ウォルターの言い分を聞きさえしたならば。

He confided all this to Scully, who was less sympathetic than he had thought she would be, though why that should surprise him given their problems over the past year was a mystery.
モルダーはスカリーにすべてを打ち明けた。が、モルダーが期待するほどスカリーは同情してはくれなかった。でも、この一年彼らが抱えていた問題をスカリーは知らなかったのだから、スカリーにそういう態度をされても当然なのだ。

Scully hesitated, then decided that she had to lie to Mulder to save him from that monster Skinner.
Eyes lowered, hesitantly, she said, "Mulder, I didn't want to tell you this before, but - well - Skinner was crossing the street without paying attention and, well, he was struck and killed. By a steamroller."
スカリーはためらっていたが、決心した。モルダーを鬼畜なスキナーから救うために嘘をつこうと。彼女は目を伏せ、ためらいがちに、こう言った。
「モルダー、さっきは言い出せなかったんだけど……実は……スキナーは通りを渡ったときに、うっかりして……ああ……彼はひかれて死んでしまったのよ。道路舗装車に」

"Walter - dead?"
Mulder's eyes filled and his lower lip trembled. Scully crossed her fingers and nodded, knowing that she was going to be saying a lot of Hail Marys for this one, but her partner's safety was more important than the truth.
「ウォルターが……死んだ?」
モルダーの目は潤み、下唇は震えた。スカリーは人差し指に中指を絡ませ(指で十字を切れば嘘をついても神様に罰せられないという迷信)、うなずいた。さっきの嘘をお許しくださいとマリア様に何度もお祈りを唱えることになるのは承知の上だった。それよりも今はパートナーの安全の方が真実よりも大事なことだったのだ。

Krycek had heard Scully and rolled his eyes. How gullible did she think Mulder was? Not only was she a pathetic liar, but who would believe that cautious Skinner would cross a street without looking both ways? And a steamroller? He had told Mulder much better lies than that and not been believed - how could Mulder believe that pathetic story? But it appeared that he did.
クライチェックはスカリーの言葉を聞きながら呆れて白目をむいた。スカリーのやつ、モルダーのことを何て騙されやすい男だと思ったことだろう。彼女が情けなくなるほどくだらない嘘つきだというだけでも変なのに、あの用心深いスキナーが左右を見ずに通りを渡ったりするやつだと誰が信じるだろうか? おまけに道路舗装車だって? クライチェックはモルダーにそれよりずっとましな嘘をついたのだが、こっちの方は信じてもらえなかった。どうやったらそんなお涙頂戴話をモルダーが信じるというのだ? が、そんな話を当のモルダーは信じてしまっているようなのだ。

"You owe me, Krycek," Scully murmured to him, her blue eyes fixed on his face in a look that could freeze a lava flow.
"You had better be good to him or else I'll kick your ass."
「あなたは私に恩があるでしょう、クライチェック」
スカリーはその青い目を彼の顔に据えつけ、煮えたぎる溶岩さえも凍り付くほどの表情でクライチェックにつぶやいた。
「だったらモルダーに親切にしたほうがいいわ。さもないと私はあなたの尻を蹴飛ばすわよ」

Krycek's plane landed in the obscure third world country where a car was waiting for them. Mulder was impressed: being a triple agent obviously paid better than the FBI. What none of them noticed was that the local head of the military police had seen Mulder and taken a fancy to him.
クライチェックの飛行機は人目につかない第三国に着陸した。そこには出迎えの車が待っていた。モルダーは感動した。三重スパイはFBIより明らかに儲かるのだ。だが地元(その土地)の憲兵隊長が、モルダーに会うなり、彼を気に入ってしまうなんてことを、誰が予想しただろうか。

Pendrell was waiting for them when the car pulled up and ran to throw his arms around Krycek; he had missed the sexy triple agent while he was gone. Mulder pouted, not liking to share Alex with anyone, but Krycek reassured his lovers that he was able to satisfy both of them - after all, he was the only one on the show with a sex life.
車が止まると、ペンドレルが彼らを待っていた。ペンドレルはクライチェックに走り寄ると両腕で彼を抱きしめた。クライチェックがいない間、ペンドレルはセクシーな第三国のスパイが恋しかったのだ。モルダーは膨れっ面をした。誰ともアレックスを共有するのは嫌だといった風に。が、クライチェックは恋人たちに2人とも満足させることができるからと安心させた。なんと言っても結局のところ、このメンツの中でちゃんとセックスをしているのは彼だけなのだから。

Scully got out of the car and gasped when she saw Pendrell. The lab-coated guy turned white and shot Krycek a murderous look, but Krycek shrugged.
"Mulder insisted that she come."
車から出たスカリーはペンドレルを見て息が止まりそうになった。白衣を着た男は青ざめ、クライチェックに残忍な表情を向けた。だが、クライチェックは肩をすくめてこう言った。
「スカリーも来るようにって言い張ったのはモルダーなんだから」

Scully threw her arms around Pendrell, hugging him.
"Danny! Or is it Brian? Whatever your name is, you're alive!" スカリーはペンドレルに腕を絡ませ、抱きしめながら言った。
「ダニーだったかしら、それともブライアン? 名前なんかどうでもいいわ。あなた、生きてたのね!」

Pendrell became alarmed when it looked like she might kiss him, and said quickly, "Agent Scully, there's something you should know. I'm gay."
今にもキスしそうな勢いのスカリーを見て、警戒したペンドレルは、素早くこう言った。
「スカリー捜査官、君に知らせたいことがある。私はゲイなんだ」

Scully pulled back, looking exasperated.
"Why does this always happen? Here I am with three gorgeous men and they're all gay! Is this an X-file?"
スカリーは激怒した表情を浮かべて後ずさりした。
「なんでいつもこうなるの? 3人ものゴージャスな男性と一緒にいながら、3人が3人ともみんなゲイだなんて! これもXファイルだっていうの?」

"Um- actually, Scully, I'm bi," said Mulder.
「あ、でもスカリー、僕は両刀なんだけど」
とモルダー。

Scully shot him the Look.
"Mulder, even *I* don't believe that one. Why is everyone in this story getting laid but me?"
スカリーは彼をにらんだ。
「モルダー、私だって今さらそんなこと信じないわよ。なぜこの話に出てくる連中はみんなセックスするの? 私以外と」

Mulder shrugged.
"Sorry, Scully, but this is a M/M slash story and you're only here to screw up everyone else's relationships. And have unreasonable temper outbursts. And patch me up when I get hurt. If you want to get laid, you have to talk to the Scully/other writers. Or those MSR people."
He shuddered.
モルダーは肩をすくめた。
「ごめん、スカリー。でもこれは男性同士のヤオイ話だから、他のみんなの関係をぶち壊し、気まぐれな癇癪を起こし、僕がけがをしたときに手当するためだけに君は存在してるんだ。もし、君がセックスしたいと望むなら、君はモルスカ(Mulder-Scully Romance)作家と話さないとね」
自分で言い出しておきながら、モルダーは(モルスカ作家のことを考えると)身震いした。

Meanwhile, Skinner and the Lone Gunmen had landed at the airport and had made contact with one of their informants. He slipped them a piece of paper with an address on it.
一方、スキナーとローンガンメン一行は空港に着陸し、彼らへ情報を提供してくれた密告者の一人と連絡を取っていた。密告者はスキナーたちに住所を書いた紙片をこっそりと手渡した。

"Thanks!" said Frohike.
"How'd you locate him?"
「ありがとう!」
フロヒキ(スカリー好きの盗聴オタク)は言った。
「どうやって彼の場所が特定できたの?」

The informant shrugged.
"He's in the phone book."
Then he slipped back into the shadows.
密告者は肩をすくめた。
「電話帳に載っていたんだよ」
そういうと暗闇にまぎれていった。

They jumped in the rental car and raced to the address on the paper, which turned out to be a palatial estate that Krycek had gotten from a local drug lord. Unfortunately, the drug lord's rival hadn't heard about the change of ownership and had stormed the estate.
スキナーたちはレンタカーに飛び乗り、メモのアドレスへと急いだ。そこはクライチェックが現地の麻薬王からもらった大豪邸だった。だが、不運にも、麻薬王と敵対する勢力がそこの持ち主が代わったことを知らず、大邸宅を強襲した。

They found Krycek and Pendrell being patched up by an immaculate Scully - even the drug lord hadn't been interested in her - and learned that Mulder had been taken.
スキナーたちは、クライチェックとペンドレルが無傷のスカリーに手当てされているのを発見した。 - (この話では脇役の)麻薬王でさえスカリーに興味を示さなかった - そしてスキナーらはモルダーが連れ去られたのを知った。

"It's all your fault," Skinner roared at Krycek.
"If you had left him with me, this never would have happened."
Skinner advanced on Krycek, determined to tear off that new arm of his and beat him to death with it, but Pendrell thrust himself between the two men.
「これはみんな貴様の仕業だな」
スキナーはクライチェックをどなった。 「君がモルダーを僕から連れ去らなければ、こんなことは起こらなかったのに」
スキナーはクライチェックの方に歩み寄り、彼の新しい腕をひっこ抜き、それで彼を死ぬまでぶっ叩こうと思っていた。が、ペンドレルが2人の間に割って入った。

"Wait! There's something you should know! When I was doing the DNA work for Alex's new arm, I compared his DNA with yours as part of my doctoral work, and I found out that you are related. Krycek is the son of your long-lost older sister, Alexandria."
「待って! 君らに知せなければならないことがあるんだ! アレックスの新しい腕のためにDNAの研究をしている時、博士号をとるための研究にと、彼のDNAと君のとを比べてみたんだ。で君らは関係があることが分かったんだよ。クライチェックは、君の遠い昔に死別した姉、アレクサンドリアの息子だったんだ」

Skinner stared at Krycek, disbelieving, but there *was* something familiar about the younger man.
"Well, if you're Lexie's son, then I guess I'll have to let you live, but when we find Mulder I want you to stay away from him."
スキナーは信じられないといった目でクライチェックをにらんだ。だが、その若者には(何か)親近感のようなものがあった。
「そうだな、もし君がアレクサンドリアの息子だったとしたら、殺すわけにはいかないだろうな、でもお互い、モルダーという男を知ってしまったからには、君には彼に近づかないでほしいんだが」

Krycek agreed, reluctantly, but there was something weird about screwing his uncle's main squeeze that made even him shudder. And at least he still had Pendrell.
クライチェックは不承不承同意した。だが、自分の叔父の一番のホモだちとセックスをしてるなんて何か気味が悪い感じがして、さすがの彼も身震いした。まあ、少なくともクライチェックにはまだペンドレルがいるんだし。

Meanwhile, the Gunmen had adapted Krycek's sophisticated computer equipment, thankful that he was one of few people with a Mac, and had been able to locate the drug lord's estate. They armed themselves with the high-tech weaponry Krycek had stockpiled and were about to leave when they heard something over the police band scanner - the local military police had attacked and destroyed the drug lord's estate.
一方、クライチェックの洗練されたコンピューター装備を改造したガンマンたちは、彼が数少ないマックユーザーの一人だったことに感謝した。おかげで麻薬王の地所のありかを特定することができたのだから。クライチェックが備蓄したハイテク武器で武装した彼らが今にもその場を立ち去ろうとしたとき、警察無線盗聴器機から何かが聞こえてきた。地元の憲兵が麻薬王の地所を攻撃し、破壊したのだ。

Skinner and Krycek exchanged a look.
"Want to bet that the head of the military police took Mulder with him?"
Skinner asked with a sigh.
スキナーとクライチェックは視線を交わした。
「地元の憲兵隊長がモルダーをさらって行った方に賭けたいかい?」
スキナーは溜息をつきながら尋ねた。

"I don't take sucker bets, Uncle Walt. All right, how are we going to go about breaking Mulder out of the local military compound?"
「そんなこと決まってるだろ。賭けにもならないよ。ウォルト叔父さん。さてと、この憲兵の敷地(憲兵本部)からどうやってモルダーを脱走させようかなあ」

"Leave it to me," Skinner said.
"I have a few friends."
「私に任せておけ」
スキナーは言った。
「少なからぬ友人がいるんでね」

A short time later, dressed in fatigues with the full support of the United States Marine Corp behind them, Skinner, Krycek and Scully burst into the compound, mowing down everyone in their way. Scully found Mulder inside, handcuffed to a wall, stark naked.
しばらくして、作業服に着替えたスキナー、クライチェク、スカリーは、米軍海兵隊の全面的なバックアップを受けて、憲兵本部へ突入し、彼らの行く手を阻む者たちを一人残らずなぎ倒した。内部でスカリーは素っ裸のまま壁に手錠でつながれているモルダーの姿を発見した。

He smiled tiredly when he saw his best friend, relishing the way she fussed over him although she crossly chewed him out while she bandaged his chafed wrists and put a soothing cream on the whip marks. She found his clothes and helped him limp out into the courtyard where evidence was being planted to make this look like a counter-attack by the drug lord's people.
モルダーは一番の親友に会えて、疲れていながらも、微笑んだ。すりむけた手首に包帯をし、鞭打ちの跡に痛み止めのクリームを塗っている間、すねたように説教しまくるとはいえ、スカリーが自分のことでやきもきしてくれるのを見ているとモルダーは嬉しくなった。スカリーはモルダーの衣服を見つけ、脚をひきずりながら中庭へ逃げ出すのを手助けしてやった。そこにはこの光景が麻薬王の一派による反撃であるかのように見せかける証拠がでっちあげられていた。

Skinner saw him across the courtyard and crossed to pull his lover into a rough embrace.
"Fox! You're okay!"
中庭越しにモルダーの姿を見つけたスキナーは中庭を横切ると、恋人を引き寄せ、荒々しく抱擁した。 「フォックス! 無事だったかい!」

"Easy, Walter," Mulder said wincing.
"Some parts of me are less okay than others. And you're looking pretty good for a man who was run over by a steamroller."
「心配ないよ、ウォルター」
モルダーは言いながらだじろいだ。
「僕のある部分は他のところより大丈夫じゃないけど。君だって、道路舗装車に潰されてしまった男の割にはとっても元気そうに見えるよ」

"A steamroller?"
「道路舗装車?」

Scully flushed and cleared her throat.
"Mulder, I lied about that. I had to, to protect you."
スカリーは真っ赤になって咳払いをした。
「モルダー、私、そのことで嘘を付いていたの。そのぉ、そうしなければいけない事情があって、あなたを守るために」

"And I lied to you, too," Krycek admitted.
"Uncle Walt's not with the Consortium. I faked those photos."
「僕も嘘を付いてたよ」
クライチェックは認めた。
「ウォルト叔父さんはシンジケートとは無関係さ。あの写真、僕が偽造したんだ」

Mulder looked at Skinner with his pouty lower lip trembling, tears running down his face.
"Walter, I'm sorry I ever doubted you. I love you. Please forgive me."
モルダーはすねたように下唇を振るわせ、顔に涙を溢れさせながらスキナーを見つめた。
「ウォルター、今まで疑ってて、ごめん。愛してるんだ。どうかこんな僕を許してほしい」

"Oh, Fox, I love you, too. Promise me you'll never leave me again."
「ああ、フォックス。私も愛してるよ。もう2度とどこかへ行ってしまわないと約束してくれ」

"I promise."
「うん。約束する」

They kissed passionately, and Skinner privately resolved to get them switched from the Torture writer's group to that other set of Slash writers. Right about now, a house in the suburbs with Mulder sounded pretty good. He was getting a little old for this rescue stuff and this was the second time this year - or was it the third?
彼らは熱いキスを交わし、スキナーは拷問作家グループからスラッシュ作家へと2人を移そうと個人的に決心した。今になって、モルダーといっしょに郊外の家に住むというのがとっても魅力的に思えてきた。今年だけでもう2度(いや3度だったろうか?)も救出モノをこなしてはいるものの、彼はちょっと年をとりすぎて、この手の救出劇にはもう向かなくなっていたのだ。

"Come on, Fox. Let's go home."
「おいでフォックス、うちに帰ろう」

The End
終わり

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、疑問の箇所についての適切なアドバイスをくださった、マリー様、及び固有名詞チェックやXファイル用語を解説してくださったYF様に深く感謝いたします。


フロントページに戻る