Disclaimer
著作権に関する留意点
Alex and Fox, as well as the rest, belong to Chris Carter 1013 Productions and FOX. They are used here because I am not cool enough to come up with such beautiful, deep characters. (actually I am, they are just fun to use, and oh, so pretty)

アレックスとフォックス(他のキャラももちろん)は、クリス・カーターの1013プロダクション及びFOX社のものです。彼らはこの作品の中ではありきたりですが、それはあんなにステキで深みのあるキャラクターに釣り合うほど私がカッコよくないからなんです(実際、私ってそうなんですよ。彼らが単に楽しいから使ってるだけ。だってかわいいんですもの!)。

Rating
レイティング
Key Terms
主な要素
Archive
収録
NC-17 for language, semi-rape and violence

会話内容は17歳以下禁止(かつての「X指定」と同等。No One 17 And Under Admitted)、ややレイプ&暴力ものです。

M/K, KT, AU

モルダー/クライチェック、クライチェックが拷問されるもの(Krycek Torture)、原作には無い世界もの(Alternate Universe)

Sure, just as long as there is my addy or a link to my page. That, and you have to wait until all the parts are complete.

どうぞ。ただし、私のアドレスを載せるか、リンクを張ってください。というのは、まだ執筆途中であり、全部が完成するまで時間がかかるからです。


“Strausser's Slash Stories”
http://www2.crosswinds.net/los-angeles/~strausser/fanfic.html
「ストラッサーのスラッシュ物語」

Author's Notes
著者メモ
This story just popped into my head one day. It is an Alternate Universe piece, the beginning of a series. There is no summery, because it would give everything away. Needless to say, I am very proud of this little addition to my writing, and I hope you, the reader will be satisfied as well.

このストーリーはある日、急にひらめいたものです。これは別世界作品群に属するもので、一連の物語の最初の部分です。要約(summaryのミススペル?)はありません。そんなことしたらネタバレしてしまいますから。もちろん、私は自分の作品にこの小品をつけ加えることができたことを大変誇りに思っています。そして、あなたがた読者もまた満足してくれることを願っています。


Cruel World Series
残酷な世界シリーズ

Interrogation
尋問

written by Strausser
著者:ストラッサー

Fox Mulder stepped into the interrogation room. The prisoner, Alex Krycek, hung suspended in the center of the room. His wrists were manacled to the ceiling and his ankles were chained to the floor.
フォックス・モルダーは尋問室に入って行った。部屋の中央には、囚人、アレックス・クライチェックが吊るされていた。手首は天井に手錠でぶる下げられ、足首は床に鎖でつながれていた。

All he wore was a pair of blue jeans, leaving his torso and back exposed. Long, purple-black bruises covered the naked skin, in shapes of batons. Red blood trickled from the corner of his mouth and from his nose, and dark bruising encircled his eyes. Mulder thought he looked like death warmed over.
着ているものはジーパンだけで、胴と背中が丸出しだった。素肌は紫がかった黒い色をした長い棒状の打ち傷だらけで、赤い血が口角と鼻から滴り落ち、目の回りも黒くアザになっていた。そんなクライチェックはまるで焼き直した死人のように見えた。

"How is our prisoner doing?" he asked, not really directing the question at the two sweat-soaked officers in the room.
Crossing to stand in front of Krycek, he couldn't help but smile.
「やあ、囚人クン、ごきげんいかがかな?」
モルダーは汗まみれの捜査官2人に遠回しに尋ねた。部屋を横切り、クライチェックの前で立ち止まると、思わず微笑んだ。

"Pretty good, Mulder," the prisoner harshly replied.
He turned his head and spit a mouthful of blood.
"How are you?"
「すごくいいぜ。モルダー」
囚人は粗々しく答えた。クライチェックは顔を背けると、口一杯の血を吐き出した。
「お前の方はどうなんだ?」

"Oh, I'm always in a good mood around here."
Krycek's eyes turned to cold emeralds.
"That's nice to know. Don't you ever get bored of this?"
「あぁ、ここではいつもいい調子さ」
クライチェックの瞳が冷たいエメラルド色に変わった。
「そいつはよかった。こんなことしてて退屈しないのか?」

"Not when it involves scum like you."
Turning to the officers, he added, "Did you learn anything?"
「いいや、お前みたいなクズ相手の時は全然しないね」
捜査官に向かってモルダーはさらに質問した。
「何か聞き出せたか?」

"No," one man said breathless.
"Dumb fucker won't talk."
Mulder smiled an evil grin.
"Take a break. Let me have a go at it."
「いいえ」
一人が息を切らせて言った。
「このクソ野郎、口を割らないんだ」
モルダーは邪悪な笑みを浮かべた。
「休憩しろ。僕にやらせてくれ」

The response was quick.
"Sure. Take all the time in the world."
Before the second officer left, he added, "Maybe you know a way to break him."
対応はす早かった。
「OK、いくらでもどうぞ」
2人目の捜査官が去り際にこう言った。
「ヤツの吐かせ方はよくご存知でしょうから」

"Alone at last."
Mulder ran his fingertips down the smooth skin of the prisoner's chest, lingering over the ugly colors that marred the dark skin.
「やっと2人きりだな」
モルダーの指先が囚人の胸のなめらかな肌を這い、綺麗な色黒の肌を台無しにした醜い色の傷跡の上をうろうろした。

He watched in fascination as the stomach grew taunt and sunk inwards, exposing ribs. The frame in front of him was too thin to belong to a murderer.
‘Must not be getting enough to eat, poor thing,’he mused.
モルダーは、あばら骨を浮き出したまま、引っ張られ(tautのミススペル?)、ぺしゃんこになった囚人の腹をうっとりしながら見つめた。殺人鬼にしては、目の前の体格はあまりに細すぎる。
(ろくに食わせてもらってないのか。哀れなヤツ)
モルダーはつくづくそう思った。

"So what do you plan on doing with me?"
Krycek asked, apparently hiding the fear in his voice. Mulder was intimidating; everyone knew that. Including Mulder.
「で、俺と何をするつもりなんだい?」
クライチェックの声は明らかに恐怖を隠しているかのようだった。モルダーは脅すつもりなのだ。それは周知のことであった。モルダー自身も含めて。

"Not with you, Krycek. To you."
Ever so brutally, he squeezed a rosy nipple between his thumb and forefinger. A delicious groan was heard.
「お前とじゃない。お前に、だ。クライチェック」
ひどく乱暴に親指と人差し指でモルダーはクライチェックのピンク色の乳首をギュッとつまんだ。甘美なうめき声がもれた。

Red head spread to Mulder's cock. He always felt a sexual charge from interrogating prisoners, especially ones as beautiful and dangerous as Alex Krycek. There was something exhilarating about watching a man writhe in pain, even moreso if he started to cry. If Krycek started to cry, Mulder knew he would come in his pants. It was the delicate breaking of a strong will, and he thrived on it.
モルダーのそれがビクンと勃った(Heatのミススペル?)。尋問する囚人にはいつも性的衝動を覚える方だったが、クライチェックのように美しく危険な囚人の場合はまた格別だった。苦痛に身悶えする男を見るのはウキウキするものだが、泣き出したりされると、余計そう感じる。もしここでクライチェックが泣いたりなんかしたら、モルダーはパンツをはいたまま達ってしまうだろう。強情を張っているのを巧みに崩していく。モルダーとってそれは生きる糧だった。

His hand moved against the prisoner's groin, feeling the cock harden from his ministrations. Green eyes, dilated with shock and need locked on his hazel.
"You like it when I touch you," Mulder said with a smile.
モルダーの手が囚人の局部をまさぐった。自分の愛撫によってそれは固くなっていった。ショックで大きく見開かれたグリーンの目はハシバミ色の目に釘付けにされた。
「触ってもらうのが好きなんだろう?」
モルダーは笑いながら言った。

Deft fingers opened the jeans, freeing the newly erect cock from the fabric. As Mulder slid his palm up and down the shaft, Krycek's breathing sped and came out in broken gasps. Soon, he was bucking into Mulder's hand, causing the chains to rattle.
巧みな指はジーンズを開き、苦しめていた布地から、もりあがったばかりのクライチェック自身を開放してやった。モルダーが手の中で上下させると、クライチェックの息づかいは早くなり、興奮でとぎれがちになってきた。じきにクライチェックはモルダーの手の中でもがきはじめ、そのせいで鎖がガチャガチャ鳴った。

Mulder dropped his grin and leaned into his prisoner. Soft lips captured the opened ones and kissed hard. The metallic taste of blood rushed all over Mulder's tongue, making him tingle. Their tongues clashed together as his hand moved faster. With a loud groan, Krycek came all over Mulder's hand.
モルダーはニヤリと笑い、囚人の方へ身をかがめた。柔らかな唇が開いた唇を捕らえ、激しく口づけた。血の、鉄の味が舌に広がり、モルダーは歓喜に身を振るわせた。モルダーの手のスピードが早まるにつれて、2人の舌はぶつかり合った。大きなうめき声と共に、クライチェックはモルダーの手に全てを放った。

He pulled away, noting the surprised yet sated look on Krycek's face.
"Was it good for you?"
He pushed the softening cock back behind the zipper and closed the jeans.
身を引きながらモルダーは、クライチェックの顔に驚きだけでなく、むしろ満足げな表情を見て取った。
「よかったか?」
モルダーはクライチェクの柔らかくなったモノを元に戻し、ジッパーをあげた。

Krycek licked his lips, found his voice.
"Why. . .why did you do that?"
クライチェックは唇をなめ、なんとか声を出した。
「な、何でこんなことするんだ?」

"Don't worry about it."
Mulder stepped to the table in the corner of the room. Inside a drawer under the table, he kept a few items of his own. He removed two bottles and a short, braided, leather whip.
「心配するなよ」
モルダーは部屋の隅にあるテーブルの方へ行った。その引き出しの中には彼のお気に入り道具が入っていた。2本のビンと短く編まれた皮の鞭を取り出した。

Sliding the whip slowly across his face, as if caressing, he said, "Isn't this pretty? I bought it a few years ago from one of those sex shops on Wicker Street. Works wonders. Breaks the skin but leaves the most beautiful marks."
クライチェックの顔の上でゆっくりと鞭をすべらせながら、まるで愛撫するかのように、モルダーは言った。 
「いいだろ、これ? 何年か前にウイッカー・ストリートのポルノショップで買ったんだ。効き目はすごいぜ、皮膚を傷つけるけど、最高にキレイな跡を作ってくれるのさ」

He walked behind his prisoner, his eyes rapt watching the man begin to shake. The whip struck, forcing out a groan and creating a short, red welt upon the colorful skin.
モルダーは囚人の後ろに回った。目は男が震え出すのを見てうっとりとしていた。鞭が打たれた。うめき声があがり、カラフルな皮膚に短くて赤いみみず腫れが浮かんだ。

Mulder stopped, smiled, then began flicking his wrist back and forth with speed, criss-crossing the back with marks. Krycek hardly made a sound, but the rattling chains from his trembling was all Mulder needed at that point. Mulder was rock hard, almost praying his prisoner could keep quiet. One cry and it would be over. And he had so much more he wanted to do.
モルダーは打つのを止め、笑みを浮かべると、今度はすばやく手首を前後に振って、クライチェックの背中に十字型の跡を付けた。クライチェックは一言もしゃべらなかったが、恐怖で震える彼の鎖がガチャガチャと鳴るだけで、モルダーには十分だった。モルダーのペニスは岩のように硬くなった。囚人が黙り続けてくれるようほとんど祈るような気持ちで。泣き声一つでそれは終わってしまう。モルダーはやりたい以上のことをやってきたから。

When he was finished with the back, Mulder moved to the front. His beautiful prisoner's face was lined with pain, eyes clamped shut, lips curled over his teeth and closed. Beads of sweat ran across the brow, falling down like teardrops.
後ろからの攻撃が済んだのか、モルダーは今度は前に移動した。美しい囚人の顔には苦痛による皺が刻まれ、その目は固く閉じられていた。腫れてめくれ上がった唇は歯を見せているがやはり、閉じられていた。汗の滴が額を流れ、涙のようにしたたり落ちた。

Fingertips reached up to touch the face, taking water drops away from the flushed, hot skin. Krycek's eyes shot open. The green was covered with unshed tears. They were hurt, conveying what Mulder knew was fear and anger. The intensity almost made him lose it, but he held back and continued.
モルダーはクライチェックの顔に触れようと指を伸ばし、赤くほてった肌からその滴を払いのけた。クライチェックはカッと目を見開いた。グリーンの目は拭い切れなかっった涙で覆われていた。その目は傷ついていた。モルダーに恐怖と怒り以外知らないのかと、訴えるかのように。強い衝撃に負けそうになったが、モルダーは何とかこらえて、再び打ち続けた。

Mulder flayed the skin of Krycek's chest, creating the same crossed welts that marked the back. A cry elicited when the whip cut across a nipple. Mulder sucked in breath, willed himself to calm, and continued.
モルダーはクライチェックの胸の皮膚に背中と同じ跡を付けた。鞭が乳首を横切ると、叫び声があがった。モルダーは気持ちを落ち着かせようと一息つき、そして再び取りかかった。

By the time red gashes covered the prisoner's chest, Mulder was ready to lose it. Eyes drunk in the sight: crimson blood drooling from the skin, sweat dampening all body hair, a beautiful face crushed in lines of extreme pain. And that smell, pure fear, was sweet and pungent and just enough to make Mulder grab the two bottles from the table.
囚人の胸が一面赤い切り傷だらけになった頃には、モルダーはもう負けても(止めても)いいと思った。モルダーの目はその光景に酔いしれていた。肌から流れる深紅色の血、すべての体毛を濡らす汗、極度の苦痛によって輪郭が歪められたその美しい顔に。そして、その感覚、全くの恐怖感というものが、甘く、刺激的であったために、思わずモルダーはテーブルから2本のビンをひっつかんだ。

Mulder quickly unzipped his prisoner's jeans and slid them down muscled legs to rest at the chained ankles. He eyed the exposed cock, already beginning to harden again. Quickly, he moved around back, and freed his own hard cock from his pants. He was completely ready now.
すばやく囚人のジーンズのファスナーを外すとモルダーは、力ずくでそれを引き下ろし、鎖につながれた足首に引っかけた。むき出しにされた局部をじっと見つめると、それは再び固くなっていた。すぐにモルダーは後ろに回り込み、そして固くなった自分自身をズボンから解放した。準備は万全だった。

One bottle was thick lubricant. Mulder squeezed a generous amount on his fingers, then spread the gel between Krycek's ass. His prisoner gasped and sucked in air. Another dollop of lubricant, and Mulder pressed his finger into the small, puckered opening. He maneuvered in and out, raking over the sensitive prostate, which made Krycek buck forewords and cry out.
ビンの一方は濃厚な潤滑油だった。モルダーはそれを指の上に惜しみなく絞り出すと、クライチェックのケツの穴に塗りたくった。囚人はあえぎ、息を飲んだ。もう一回潤滑油を塗るとモルダーは、小さくすぼめられたクライチェックの穴に指を押し込んだ。そして抽送を繰り返した。敏感な前立腺をかき鳴らすように。思わずクライチェックは前方に飛び跳ねて(forwardsのミススペル?)、叫んだ。

As he continued to stretch the opening, he leaned towards his prisoner's ear. His eyes caught glimpse of the very hard cock that stood out from the thick curls of hair at the groin.
"Do you like this?" he asked, low and husky.
穴を押し広げ続けながら、モルダーは囚人の耳元に屈んだ。視線がチラッと囚人の固くなった局部を捕らえると、クライチェックのそれは毛深くカールした陰毛から頭をもたげていた。
「こういうのが好きか?」
モルダーは低く、ハスキーな声で尋ねた。

"Yes." The reply was breathy, thick with arousal.
「あ、ぁ」興奮のあまり、返事はかすれ、吐息のように聞こえた。

"You like when I do this to you?"
「こういうことをされるのが好きか?」

"Yes."
「そうだよッ」

Krycek cried out again, which prompted Mulder to add a second finger. The sweet scent of arousal was all over the air in the small room. Mulder grinned, knowing exactly what he was doing. Krycek wanted him, that he knew. Some had even suggested that Krycek was in love with him, which Mulder did not doubt.
クライチェックは再び叫んだ。その声に駆り立てられてモルダーは2本目の指を押し入れた。刺激的な甘い香りが小さな部屋一杯に広がった。モルダーはニヤリと笑った。自分が何をしようとしているかちゃんと分かっていて。クライチェックが自分を欲しがっていることは分かっていた。クライチェックの恋の相手が自分であると評判だったが、モルダー自身もそうじゃないかと思っていたのだ。

The way the prisoner moved back against his fingers gave him reason to replace the fingers with his large, erect cock. It slipped in easily. Krycek groaned in pleasure.
囚人が自分の指から遠ざかろうとしたことが大義名分を与えてくれた。指の代わりに自分の大きな吃立した男根を置き換えていいという。それはすぐに入った。クライチェックは喜びにうめいた。

Fully embedded up to the root, Mulder pulled the cap off the second bottle. This bottle, appropriately labeled "Lemonsalt" would make this the experience Mulder had always wanted, dreamed of, fantasized about, ever since he met Alex Krycek over four years ago. After he learned that Krycek was a murderer, and believed in everything that Mulder was against.
すっかり根元まで挿入すると、モルダーは2本目のビンのフタを開けた。“レモンソルト”と、いい加減なラベルが貼られたこのビンは、ある種の経験をさせてくれるだろう。4年前にアレックス・クライチェックと初めて会った時からいつも願い、夢にまで描き続け、想像し続けていたことを。クライチェックが殺人犯であり、モルダーとはまるで正反対のことを信じていると知ってしまった後であっても(願い続けてきた)。

Fingers shivered as he dripped the stinging liquid over the open wounds.
モルダーの手は震えていた。クライチェックの開いた傷口に刺すような痛みを与える液体を滴り落としながら。

Krycek screamed.
"What are you doing?"
クライチェックは叫び声をあげた。
「何をする?」

Mulder rubbed the liquid all over the bleeding back.
"Shh, Alex, shh."
He knew using Krycek's first name, as an endearment, would be the prisoner's undoing. From where he stood, he could see the once erect cock shrinking, softening, trying to pull into the body. Good. Krycek was not enjoying this.
モルダーはその液体を出血している背中にこすり付けた。
「シッ、アレックス、静かに」
彼はクライチェックをファーストネームで呼んでしまったことに気が付いた。それは愛情表現ではあったが、囚人に対してすることではなかった。モルダーが今立っている位置からは、さっきまで吃立していたクライチェックのそれが、縮こまり、柔らかくなり、引っ込んでしまう様子が見えた。そうだろう。クライチェックだって(ファーストネームで呼ばれるのなんて)嬉しくないよな。

Mulder stood still, trying his hardest not to move. This was not when he wanted to come. The right time would be very soon. He twisted the broken flesh between his fingers, causing the other man to wince away. But being impaled on Mulder gave Krycek no room for escape. His body soon trembled. The muscles in his ass clenched tightly around Mulder's cock.
モルダーはじっとしていた。怒張しきった彼自身を外さないように。今はモルダーが達したい時ではなかった。その時はもうじきやってくる。モルダーはクライチェックの傷ついた肉を指でつねった。他の男だったら痛さで縮みあがるような激しさで。だがクライチェックはモルダーに突き刺されていたので逃げることはできなかった。クライチェックの体はじきに震え出した。彼の尻の穴の筋肉はモルダーのモノをきつく締め付けた。

"Please, Mulder, please, stop."
The voice was shaky, but he still was not crying.
「お願いだ、モルダー、頼むからやめてくれ」
その声は震えていたが、まだ泣いてはいなかった。

Mulder pinched the flesh, rubbing the Lemonsalt deeper into the gashes. His prisoner screamed again. As Mulder milked the carved back, he pulled out and thrust back deeply. The sweet aroma of Kyrcek's arousal was gone from the room, replaced with the sickeningly tender smell of horror and fear.
モルダーはクライチェックの肉をつねった。レモンソルトを傷口にさらに深くこすりつけながら。囚人は再び叫んだ。刻まれた背中から血を絞り出しながら、モルダーは長い間、背後を深く突いていた。クライチェックの性的興奮の甘き香りは部屋から消えうせ、代わりに憎しみと恐怖というぞっとするような優しい香りが立ち登ってきた。

So much fear that Mulder was drowning in it. As when the first sob escaped Krycek's lips, Mulder's head started to swirl.
あまりの恐怖にモルダーは溺れてしまった。クライチェックの唇から初めてすすり泣きがもれた途端、モルダーの頭はクラクラし始めた。

The man under him was shivering horribly, making audible weeping noises as Mulder's fingers continued to work on the scars. His hands moved to Krycek's chest, to rub the Lemonsalt into those wounds. The sounds his prisoner was making drove him insane. So beautiful, so tortured, so thrilling.
モルダーに組敷かれている男はひどく震えていた。モルダーの指が傷をこすり続ける間中、すすり泣く声が聞こえた。モルダーの手はクライチェックの胸に移動し、そこの傷にもレモンソルトがすりつけられた。囚人の鳴き声がモルダーを狂わせた。あまりに美しく、あまりに苦しく、あまりにスリルに満ちていたから。

This was the single most wonderful experience in his entire life. Every fantasy fulfilled in this. Every anger, every pleasure, manifested itself in this single act of sexual activity. Reeling in the sounds, the feelings, the thoughts, Mulder came hard, shooting his thick white load into Krycek's ass. Marking him, dirtying him. Possessing him.
このことはモルダーの生涯の中でもっとも素晴らしい、ただ一度の経験であった。あらゆる夢が詰め込まれていた。あらゆる憎悪、あらゆる歓喜が、セックスという行為であるのこの一体験の中で示されたかのように。音に、感情に、思考に、めまいを感じながら、モルダーは太くて白い彼自身の弾丸をクライチェックのケツの穴に穿ちながら、固くなっていった。クライチェックに印を刻み、汚し、自分のものにしようと。

Mulder pulled out, feeling the body of his prisoner go limp. He cleaned himself off, his cock and his hands, then closed his pants. He pulled up Krycek's jeans as well, then crossed to the front of his prisoner.
モルダーは囚人の体がぐったりしたのを感じて、自身を引き抜いた。そして自分自身と手をきれいにすると、ズボンのファスナーを閉じた。同じようにクライチェックのジーンズも引き上げると、囚人の前に回った。

Still swimming from orgasm and the pretty sobbing coming from the man hung from the ceiling, Mulder said, "Now talk."
まだ残るオルガズムの余韻の中に漂いながら、天井から吊るされた男からかわいいすすり泣きが聞こえる中、モルダーは言った。
「さぁ、話すんだ」

And not surprisingly, traitorous words began spilling from Krycek's lips. About himself, about the Cause, about the others, about their plans for the future. Mulder had broken him, and now everything was coming out at once. All about the resistance, about how they planned to take over the government, their secret headquarters, their secret lists.
当然のように、裏切りの言葉がクライチェックの唇から漏れ始めた。クライチェック自身のこと、組織のこと、その他のこと、これからの計画についてを。モルダーの手にかかって壊れてしまったクライチェックはこの時、すべてをあっと言う間に暴露した。反政府運動について、どのように政府転覆をもくろんだか、彼らの秘密本部や、機密リストについてなど、すべてを。

He sobbed out names of the otherleaders, Dana and Walter and the men known only as The Lone Gunmen, even Jack, who was one of the biggest leaders of the Cause, who Mulder only knew as the man who smoked a lot of cigarettes. And when he was finished betraying his friends and betraying the Cause, Krycek dropped his chin to his chest and wailed out his frustrations.
クライチェックは他の指導者の名前も漏らした。ダナやウォルター、ローンガンメンとだけ知られている男たちのこと、さらにはジャック - 組織の最重要指導者であり、モルダーがタバコ男としてしか知らなかった男のことさえも。そして友人を裏切り、組織を裏切った時、クライチェックは顎を胸元に落とし、自分の不始末を嘆き、声を上げて泣きだした。

Just then, the two officers returned to the room. "Did you get it all?"
Mulder asked them.
ちょうどその時、2人の捜査官が部屋に戻ってきた。
「全部とったか?」
モルダーは尋ねた。

"Yeah, all on tape."
「あぁ、テープにとったよ」

Mulder smiled. Hidden microphone, turned on with just a simple switch on the table. He knew neither of the officers would mention how the information was received, and besides, nobody would believe them without video proof anyway.
モルダーは笑った。小型録音機が隠されていて、テーブルに付いている簡単なスイッチによって作動していたのだ。モルダーには分かっていた。捜査官の誰もがどうやって情報を入手したのかなどと尋ねたりしないだろうということを。それに、証拠のビデオテープでもない限り、そんなこと誰も信じるはずがなかった。

Who among the American People would believe that Fox Mulder, head Investigator for the President and all American Armies was just a sadistic bastard who loved torturing his prisoner's with pain and sex? The thought made him laugh.
アメリカ中さがしたってそんなことを信じるヤツなんかいるもんか。大統領とアメリカの全軍隊のための筆頭捜査官であるフォックス・モルダーが、囚人を苦痛とセックスで拷問することをこよなく愛する残忍なケダモノだなんてこと。そう考えるとモルダーは愉快だった。

"Start rounding them up," he said to the officers.
"Get a group together and arrest everyone Krycek mentioned.
I want them all in the Camp by tomorrow."
「やつらを検挙しろ」
モルダーは捜査官に命じた。
「一味を集めて、クライチェックが挙げた全員を逮捕するんだ。明日までに収容所に全員集めるんだ」

Both officers chimed a "yes, sir" and left the room.
2人の捜査官は「了解!」と一声言うと、部屋を出ていった。

Mulder turned to his prisoner, relishing the state he was able to put Krycek in. Swiftly, he unchained the wrist manacles, sending Krycek sprawling to the ground. He knelt down and took the ankle chains off as well.
モルダーは囚人のほうに向き直った。クライチェックが甘んじている今の状況を楽しむために。すばやく手首から手錠を外すと、クライチェックは地面に投げ出され倒れた。モルダーはひざまずき、足首の鎖も同じようにはずしてやった。

The wavering green gaze rested on Mulder's eyes. "So when are you sending me to the Camp?"
不安に震えるグリーンの眼差しがモルダーの目に注がれた。
「それで、いつ収容所送りにされるんだい?」

"Oh, you aren't going to the Camp?"
The eyes widened.
「おや、あそこには行かないんじゃなかったのか?」
クライチェックは目を見開いた。

"I'm letting you go, free of charge. I'm going to let you live the rest of your life out there, with the knowledge that you betrayed everyone you know and your precious Cause. And don't ever think of committing suicide. If you die any earlier than your time, every member of the Cause will be taken from the Camps and sent to Siberia."
His voice lowered.
"You know what they do to people in Siberia."
「行かせてやるよ、タダで。一生そこで暮らすんだな。仲間と大事な組織を裏切った汚名を着て。だが、自殺しようなんて考えるなよ。寿命より早く死んだら、組織の収容所から全員をシベリアに送ってやる」
一段と低い声でモルダーは言った。
「君だってやつらがシベリア送りの人間に何をしたか知っているだろう」

Krycek nodded. He wiped his face with the backs of his hands. When his eyes met Mulder's again, they were filled with hurt, regret and shame. ‘I'm sorry,’they seemed to say.
クライチェックはうなずき、手の甲で顔をぬぐった。
再びモルダーと目が合った時、クライチェックの目は苦痛と後悔と恥ずかしさにあふれていた。さも「残念だ」と言いたげに。

Mulder pressed his lips to Krycek's ear.
"Nobody will ever forgive you, Alex."
He placed a light kiss against the smooth curves.
‘I love you.’
モルダーはクライチェックの耳に唇をおしあてた。
「誰もおまえを許しはしないさ。アレックス」
モルダーはそのなめらかな曲線に軽くキスをした。
「愛してる」

FIN
おわり

10/15/98 (my birthday)
98年10月15日(私の誕生日に)

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、原文と翻訳例をくださったトモ様、並びに、スラッシュ術語についての適切なアドバイスをくださったKamen様に深く感謝いたします。


フロントページに戻る