Standard Disclaimer and Story Content Information
メインページに記載された一般的な免責事項及びストーリー内容・情報
Disclaimer: These stories are written purely for enjoyment and not for any financial recompense. They are not meant to violate the ownership of these characters by the appropriate television entities. I retain all rights to my original characters and plots. Some of the stories are written for a mature audience: the story listings contain rating and content information. Please use appropriate judgement.

Author's Notes: This site is in the process of being moved to another server and re-organized. I will try to keep this version up until the new one is completely finished.
This is a rewrite of the ending of James Spader's movie, "The Watcher" co-starring Keanu Reeves, Spoilers!

免責事項:ここに掲載されているお話は純粋に娯楽のために書かれたものであり、いかなる金銭的な見返りも求めるつもりはありません。各々の当該映像企業体が所有するこれらキャラクターの著作権を侵害する意図はありません。ただし私のオリジナルのキャラクター及びプロットについてはすべての権利は私にあります。お話の中には大人の読者を対象にしたものも含まれています。その手の作品にはレイティングの記載や内容情報が記されています。どうか適切な判断をお願いします。

著者による覚え書き:このサイトは別のサーバーに引っ越し、改訂する予定です。新しいバージョンが完成するまでは旧バージョンのまま公開します。
この作品はジェームズ・スペイダー主演、キアヌ・リーブス共演の映画『ザ・ウォッチャー』のエンディングを書き直したものです。ネタバレの恐れがあります。ご注意ください!

Rated
レイティング・その他
Warning
警告
NC-17, slash

17歳以下は禁止。かつての「X指定」と同等(No One 17 And Under Admitted)・スラッシュ(男性同士の恋愛を描いたパロディー小説)

story contains a sexual relationship between two consenting adult males.

2人の成熟した男性による合意の上での性的な関係が描かれています。




Last Dance
ラスト・ダンス

by Jennifer Lyon
ジェニファ・ライオン著




White-knuckled hands on the steering wheel squeezed even tighter as he sought for words.
拳から血の気が失せるくらい思いっ切り、ハンドルを握り締めながら、男は言うべき言葉を探しあぐねていた。

"Tell me what you need."
「何が望みだ?」

Griffin's dark eyes focused on him, deep, intense. Special Agent Joel Campbell took a deep breath and tried again to communicate with the serial killer sprawled in the car seat beside him. "You have to tell me what you need, so I can get it for you and give it to you in exchange for Dr. Bielman's safety. What do you need?"
グリフィンの漆黒の瞳はその男をじっと見詰めた。鋭く、そして激しく……。特別捜査官のジョエル・キャンベルは深い溜息をつくと、車のシートに座ったまま自分の脇でダラリと手足を伸ばしているシリアル・キラーと、どうにかもう一度コミュニケーションを図れないものかと必死になっていた。
「要求があるなら聞かせてほしい。どんな手を使っても構わない、お前のために叶えてやろう。だたし、ドクター・ビールマンの身の安全と引き替えだ。さあ、一体、お前の望みは何なんだ?」

Griffin's response was quiet and certain, spoken as though it was the most obvious thing in the world. "I need you."
グリフィンは静かに、そして断固たる口調で答えた。まるで、これ以上明白な事実などこの世に無いかのように……。
「俺の欲しいのは、お前だよ」

Joel's eyes widened in surprise. Despite knowing that Griffin had fixated on him, he hadn't expected that response. His shock must have been obvious. Griffin's expression was a mixture of disappointment and amusement. The former worried him, the latter definitely disturbed him. He didn't know what to say, so he fell silent. Griffin guided him to a stop and led him up an old freight elevator into an old warehouse. The inner door was rigged with a rifle. Joel waited patiently for Griffin to disarm it; his goal was what awaited them inside.
驚きのあまりジョエルの目がカッと見開かれた。グリフィンが自分に固執していたのは知っていたが、まさか本当にそう言うなどとは思ってもみなかったのだ。ジョエルの動揺ぶりは傍目にも明らかだった。グリフィンは落胆と愉悦が入り交じったような表情を浮かべた。前者の反応はジョエルを不安にさせ、後者のそれは紛れもなく、ジョエルの心を混乱に陥れた。ジョエルは言葉を失い、黙りこくった。車を停めるようジョエルに指示するとグリフィンは、貨物用の古いエレベーターに乗り、古びた倉庫へとジョエルを案内した。ドアの内側にはいつでも発射できるようライフル銃が仕掛けられていた(rig=通常受動態:装備する)。グリフィンが武装を解除するまでジョエルは辛抱強く待つことにした。というのも、中で2人を待ち受けていた人物こそ、ジョエルが救助すべき当の被害者だったからだ。

Polly was alive! Thank God. He'd assumed she was, but it was still a relief to see her. She was bound to a chair, her mouth gagged with duck tape. Her eyes were wide and terrified; sweat dribbled down her skin. Around her feet, a pool of liquid - gasoline by the smell - glistened in the faint, artificial light.
ポリーは生きていたのだ! 神よ感謝します。ポリーの生存を信じていたとはいえ、自分の目でポリーを確認できたことでジョエルはいくらか安堵した。ポリーは椅子に縛り付けられ、口は帆布テープで猿ぐつわされていた。目は見開かれ、恐怖におののき、肌からは汗が滴り落ちていた。ポリーの足元には - 臭いでガソリンと分かる - 液溜まりが出来ていて、微かな人工光に照らされてキラキラ輝いていた。

He expanded his view to the rest of the room. Mostly bare, it sported piles of open and spilled gas cans and candles -- way too many candles. The flames flickered far too close to the pools of fuel.
部屋全体にジョエルは視野を広げてみた。閑散として、ほとんど何もない部屋だったが、蓋が開けられ、中身が漏れている夥しい数のガソリン缶や蝋燭 -- それにしても過剰な数の蝋燭だったが -- を自慢げに見せびらかせていた(sport=誇示する)。そして液溜まりのすぐ近くでは、炎がゆらめていた。

Joel opened his mouth to speak, but Griffin slugged him hard. He went down, stars spinning before his eyes. The floor hit him with a hard shock to his bones. He slipped briefly into unconscious, then woke, groggily, to find Griffin dancing close to Polly.
ジョエルは何か言い掛けたが、グリフィンにしたたかに打ちのめされた。ノックアウトされ、目の前に星が散った。床に転倒した衝撃は骨まで達するかと思われた。しばしの間、ジョエルは意識を失い、やがて頭をクラクラさせながら目醒めると、グリフィンがポリーの側で踊っていた。

Griffin moved with athletic, rhythmic grace. He didn't fit the picture Joel had subconsciously formed in his mind over the past few years. He was, as expected, a young white male; handsome, in a sultry, yet boyish way that would appeal to women. But he was dark, straight raven-black hair framing a fine-boned, fair skinned face, highlighted by limpid near-black eyes. Joel had somehow expected a California boy, blond and blue-eyed. So much for expectations. He should have known better than to have any.
グリフィンの身のこなしは巧みであり、軽やかで優雅だった。そんなグリフィンの姿は、過去数年の間ジョエルが心の中でぼんやりと描いていた男のイメージにはそぐわなかった。グリフィンは、想像通り、白人の若い男であった。ハンサムで、官能的であり、それでいてまだあどけなさが残るところなどは、女性を大いに惹き付けることだろう。だが、グリフィンの髪の毛は黒く、美しい骨格と綺麗な肌に黒みがかった澄んだ瞳が一際目立つ顔を、その真っ直ぐな濡れ羽色の黒髪が、縁取っていた。どういうわけかジョエルはグリフィンのことを金髪で青い目をした典型的なカリフォルニア男だと想像していた。が、グリフィンの容姿はジョエルの想像を遥かに越えていた。あれこれ想像するよりも、現実のグリフィンをジョエルはもっとよく知っておくべきだったのだ。

Realizing that Joel had come around, Griffin stopped his dance long enough to drag Joel over to a bare wooden chair and sit him down. He began talking again, fervently, moving back and forth between Joel and Polly. He was back on the same track - how close he felt to Joel, how much they belonged together. The only shock came when Griffin drew Polly into the conversation, stripping away the tape from her mouth just long enough to get a single confession.
ジョエルが接近して来たのに気付いたグリフィンはほんの一瞬だけ、ダンスを中断した。が、それでもジョエルを引き摺り、白木の椅子に無理矢理座らせるのには十分だった。グリフィンはジョエルとポリーの間を行ったり来たりしながら、再び熱っぽく語り始めた。グリフィンはお馴染みの戯言を繰り返した(was back on the same track=繰り言を言う) -- いかに自分がジョエルに親近感を抱いてきたか、いかに自分たちが似たもの同士(belong together=同じ穴のむじな)であるかと。そしてただただ驚いたのは、グリフィンがポリーを会話に引き込もうと、かろうじて一言発せられる程度にポリーの口からテープを剥がしたことであった。

She thought that he and Griffin were dependent on each other for life fulfillment.
ポリーは考えた。ジョエルとグリフィンは互いの生を全うするために、お互い無くてはならない存在になっているのだと。

She hadn't told him that in any of their therapy sessions. He had thought she understood how he was trying to free himself from this nightmare, from Griffin. But then he remembered one of the very last questions she had asked him in their last session.
今までのカウンセリングで、ポリーがその事をジョエルに告げたことは一度もなかった。いかに自分が悪夢とも言える、グリフィンから逃れようともがいてきたか、ポリーはよく分かってくれているとジョエルは思っていた。だが、その時、ジョエルは思い出した。ポリーが最後のカウンセリングで尋ねた一番最後の質問を……。

"He misses you. Do you miss him too?"
「グリフィンはあなたが恋しいのね。で、あなたのほうも彼が恋しいのかしら?」

He'd paused, just a telling instant too long, then asked her what the hell that meant. And then had quickly escaped her reply on the excuse of a ringing cell phone. It was a question he didn't know how to answer. A question he didn't *want* to answer. But Griffin had him cornered now and there was no escape, especially with Polly's life at stake.
ジョエルは逡巡した。一瞬だったが、即答できたわけではなく(注:instantは短い時間だが、恋しくないならもっとimmediatelyに答えているはずだから)、そのこと自体がジョエルの本心をはからずも物語っていた。やがて、ジョエルは、そんなことを言うなんて一体、どういうつもりなのかとポリーに喰って掛かった。が、その時、たまたま鳴った携帯電話のおかげで、ジョエルは難を逃れ、あわやポリーの口から答えを聞かされずに済んだ。ジョエルには答えに窮する質問だった。答えたくない質問だったのだ。しかし今のジョエルは、グリフィンに追い詰められ、もはや逃げ道はなかった。とりわけポリーの命が危うい今となっては……。

The gun - his gun - was pointed at Polly's chest. She couldn't restrain a whimper of fear, it struck at Joel hard. This was his fault. He'd involved her. After Lisa, he should have known better than to let anyone close, even a therapist, especially a therapist. Desperate to stop this, to avoid another death laid at his feet, he stumbled out of chair and towards Griffin and Polly.
拳銃が -- グリフィンの銃が -- ポリーの胸に突きつけられていた。恐怖に耐えきれずすすり泣き出したポリーの姿に、ジョエルの胸は激しく痛んだ。何もかも自分のせいなのだ。自分がポリーを巻き込んだのだ。リサの一件で、十分肝に銘じるべきだったのに。何人たりとも、カウンセラーでさえ、いやカウンセラーだからこそ、自分の側に近付けたりしてはならなかったのだと。今度の犯行はどんなことをしてでも阻止しなければ、自分の足元に死体が転がるようなことは2度とあってはならないと……。ジョエルは椅子から転げ落ちるようにして、グリフィンとポリーの間に躍り出た。

"You won't do this," he told Griffin fiercely. "We both know you won't." Those limpid dark eyes focused on him, but the gun never wavered.
「ほ、本気じゃないんだろうッ……」
すさまじい形相でジョエルはグリフィンに迫った。
「その気もないくせに」
その澄んだ黒い瞳がジョエルに向けられたが、銃は微動だにしなかった。

"And why do we know this?" Griffin demanded.
「その気もないって、何を根拠に?」
グリフィンは切り返した。

"Because you can only kill her once," Joel told him, silently praying that his guess was right.
「ポリーを殺せる機会がたった一度しかないからだよ(注:この殺し方はグリフィンが好むやり方ではなく、しかもここで殺してしまえばジョエルを得る切り札を失ってしまうから)……」
当たってくれと祈りながらそっとジョエルは答えた。

It was. Griffin laughed and dumped Polly back down into her chair. As he secured her, slapping the tape back over her mouth and making sure she couldn't move, he smiled up at Joel through a wing of black hair.
果たしてそれは図星だった。グリフィンはフフンと笑うとポリーを椅子にドスンと座らせた。ポリーの口を再びテープで封じ、動けないのを確認して、再びポリーの身柄を拘束したグリフィンは、漆黒の髪の毛越しにジョエルに向かって微笑みかけた。

"You think you know me very well, don't you?"
「俺のことなら何でもお見通しみたいな口振りだな?」

"Not as well as I thought I did," Joel answered with rueful honesty. "But still enough to know that she's not really important." He took one more step forward, only to be halted as Griffin brought the gun to bear on Polly's head.
「思ってたほどじゃなかったよ……」
後悔を滲ませてジョエルはそう正直に答えた。
「それでも、ポリーのことなんて本当は大した問題じゃないってことぐらいは知ってるつもりさ」
ジョエルは足を踏み出そうとしたが、ポリーの頭に銃を突きつけられては、立ち止まるより他はなかった。

"That doesn't mean I won't kill her," Griffin warned with a glint of amusement in his eyes.
「だからといってこいつを殺さないとは限らないぜ……」
愉しそうに目を輝かせるとグリフィンはそう警告した。

"Why bother?" Joel asked, spreading his hands wide. "She served her purpose. You wanted to bring me here, to you. So here I am. Right here. Focus, man, concentrate on me." Without daring to move a step closer, he spoke with fierce intensity, meeting and holding Griffin's gaze, trying to pull the man away from Polly, closer to him.
「おいおい、何が気に喰わないんだ?」
両手の指を思いっきり広げて(注:相手を宥めようとするジェスチャー)、ジョエルは尋ねた。
「ポリーの役目は終わったろう。僕をここに、君のところに連れて来ればそれで済む問題じゃないか。そして僕は今、ここにいる。君の目の前にッ。血迷うなよ、いいか、君は僕のことだけ考えてればいいんだ」
あえて近付かないまでも、獰猛なくらいの激しい口調でそう言い放つとジョエルは、グリフィンの視線を真正面から受け止め、ポリーから遠ざけるように自分のほうへ男を引き付けようとした。

Griffin was drawn a couple of steps away from Polly, towards Joel, the hand holding the gun sliding widely through the air between them.
ポリーから遠ざかった分、さらにジョエルのほうに数歩近付いたグリフィンは、銃を握る手を大きく旋回させると標的を替えた。

"*Now* you want me to concentrate on you?" Griffin responded. "I never stopped. You're the one who ran away and left me, remember!" Joel was stunned by the sincerity of the hurt in that velvet voice, those deep eyes. He'd never quite believed that Griffin actually meant anything he'd said. He'd thought it was all just another game. Eyes widening, his mind racing as he struggled to readjust his thinking, his reactions, he sought for a believable answer and found himself falling into the truth.
今はお前のことだけ考えててほしいんだよな?」
それがグリフィンの答えだった。
「俺は決して自分から降りたりしなかった。お前のほうが俺から逃げたくせに、そうだろ!」
疑いようもない苦痛が滲むのを見てジョエルは呆然とした。グリフィンのビロードのようになめらかな声に、その吸い込まれそうな瞳に……。ジョエルはまるで信じていなかったのだ。まさかグリフィンは本気であんなことを言っていたなんて。ジョエルは高をくくっていた。それは単に趣向の変わったゲームの一つにすぎないのだと……。目を見開き、頭をフル回転させ、自説を必死に修正しようとした。そうしてジョエルは信じるにたる解答を模索し続け、とうとう真実にたどり着いた。

"I know, I ran away," Joel admitted. "Lisa died because I made a terrible mistake and I couldn't face that."
「ああ、そうだとも……僕は逃げたんだ……」
ジョエルは認めた。
「取り返しのつかないミスを冒したおかげでリサが死んだ。その事実から僕は目を背けたんだ」

  "You felt guilty," Griffin emphasized.
「で、お前は罪の意識を感じた、と……」
グリフィンは念を押した。

Joel nodded. "Yes."
ジョエルはうなずいた。
「ああ」

"And that's the only reason you left?" Griffin asked, dropping the gun to his side as he came closer. He seemed to be waiting for something; Joel was clueless what to say. He had to keep Griffin's focus on him, had to make him happy. Joel splayed his hands wide, his voice dropping low, husky, as he settled, yet again, on painful truth.
「で、それだけか? お前が逃げた理由というのは」
そう尋ねるとグリフィンは、銃を持つ手を脇に降ろしながら、近付いて来た。グリフィンはさっきから何かを待ちかねているようだった。何を言うべきかジョエルには皆目見当がつかなかった。だがジョエルにはグリフィンの関心を自分に惹き付けておく必要があった。グリフィンの機嫌を損ねるわけにはいかなかったのだ。ジョエルは両手を広げた(注:これも相手を宥めようとするジェスチャー)。声は細くなり、掠れた。この上さらに(yet=さらに)、辛い真実を甘受しようと(settle on=甘んじる)……。

"I was scared," he answered.
「僕は怖かったんだ……」
ジョエルは答えた。

That scored. Griffin smiled sadly.
どうやら効を奏した(score=成功する)ようだ。グリフィンは悲しげに微笑んだ。

"I know," he said. "You already admitted that to her," he glanced back at the white-faced, sweating Polly. Then he turned back to Joel. "But do you know, really, what you were afraid of? You never told her. I'd like you to tell me."
「だろうな……」
グリフィンは言った。
「あの女に昔、そう言ってたもんな……」
そう言うとグリフィンは振り返り、真っ青な顔で冷や汗を流しているポリーを一瞥した。やがてジョエルのほうへ向き直るとこう言った。
「だが、お前は本当に知らないのか? お前が何を恐れていたのかを。あの女に決して打ち明けてないことがあるだろう。俺はそれを言ってほしいんだ。お前の口から」

"I..." Joel stumbled, not sure if he could even answer that question for himself. Griffin tucked the gun into his belt, then moved closer to Joel, reaching up to touch his cheek with a surprisingly gentle finger. Joel winced, but forced himself to stand still. Griffin's voice was a throaty murmur.
「ぼ、僕は……」
ジョエルは言葉に詰まった。果たして自分にその質問の答えが言い当てられるのだろうかと……。グリフィンは銃をベルトに突っ込むと、ジョエルに近付き、手を伸ばし、怖いくらい優しく指でその頬に触れた。ジョエルはひるんだが、動じるまいと必死に耐えた。やがて喉の奥から絞り出すような声でグリフィンはこう囁きかけた。

"You can tell me. We've shared so much of ourselves already. Trust me."
「お前なら答えられるさ。今までだって俺達は十分分かり合ってきたじゃないか。俺を信じるんだ」

"I was scared of you. Of me," Joel whispered, the words tumbling out in a bitter flood. "Even after Lisa died, all I could think about was you. Even when I grieved for her, it was you I could see when I closed my eyes, not her. Not your face, I didn't know what you looked like, but your presence. Every night, I dreamed of you and me and Lisa, but you most of all. It scared me; *I* scared me."
「僕はお前が怖かったよ。でもそれにも増して自分自身が……」
ジョエルは囁いた。苦々しいものがこみ上げ、その声は震えていた。
「リサが死んだ時でさえ、僕が思ったのは君のことだけだったんだ。リサを想って嘆く時でさえ、目を閉じた時に浮かんでくるのはリサじゃない。君だったんだ。君の顔という意味じゃないよ。君がどんな顔をしているか、僕はまだ知らなかったんだから。だけど、君の存在を感じたんだ。夜毎、僕は君や自分やリサの夢を見た。でも、ほとんどが君の夢だったんだ。僕はゾッとしたよ。そんな自分自身が一番おぞましくて」

"So you ran away," Griffin said softly, stroking Joel's cheek. Joel swallowed hard, licked at his arid lips. He nodded.
「で、お前は逃げ出したというわけか……」
グリフィンは密やかに囁いた。ジョエルの頬を撫でながら。ジョエルはゴクリと唾を飲み、乾いた唇を舐めると、うなずいた。

"I do understand," responded Griffin. "I didn't fully realize myself until you were gone just how important you were to me. Sure, I knew you mattered - that's why I had to kill Lisa when she came between us. But it took being without you to truly understand how much I had come to need you." Griffin smiled wryly, his palm caressing Joel's cheek, his breath warm on Joel's skin as he came in closer. "It scared me too, at first, until I recognized that it was simple fate. We were meant to be together. Two halves of a whole. That's why I always felt so empty, so cold, until you entered my life and why our years together were the best of my life. It's why I followed you here. Do you understand that, Joel? Can you see it now?"
「それなら分かるぜ……」
グリフィンは答えた。
「俺自身だってまだ完全に理解していたわけじゃなかったんだ。お前がいなくなるまでは。俺にとってお前がどんなに大切な存在だったのかを……。そりゃあ、俺にも分かっていたさ。お前がかけがえのない存在なんだ(matter=大切な)ってことは。 -- だからこそ俺はリサを殺したんだ。あいつが俺達の間に割り込んできたから。だが、お前がいなくなって初めて、俺は心の底から実感できたんだ。お前がどれだけ、俺にとってなくてはならない存在なのかを」
グリフィンは皮肉げに微笑んだ。手のひらでジョエルの頬を愛撫しながら。近付くにつれて、グリフィンの生暖かい吐息がジョエルの肌に降り掛かる。
「俺だって最初は怖かったさ。これが俺たちの定めなんだと割り切るまでは。俺達は一緒になる運命だったんだ(be meant to be=英:〜することになっている)。2人で一人だったのさ。そのせいで俺はいつだってひどく虚ろで、無性に寒くてたまらなかった。お前が俺の人生に現れるまではな。だからこそお前と知り合ってからの年月は、俺にとっちゃ人生最良の時だったんだよ。というわけで俺はお前をここまで追いかけてきたのさ。理解できたか? ジョエル。もう分かったのかよッ?」

Joel's eyes closed as he spoke the answer he knew Griffin wanted to hear. Yet, it wasn't saying the words that tore at him - he'd have said anything to keep Griffin happy and Polly alive. Lying wasn't the problem. It was the twisted echo of truth behind the lies that haunted him. Were they even lies at all?
ジョエルは目を閉ざした。グリフィンが聞きたがっているであろうその答えを口にしながら。だが口にしたところで、自分の胸が痛むということは決してなかった(tear+at=引きむしる)。 - 確かにジョエルはグリフィンのご機嫌を取り、ポリーの命を救うための甘言を吐いた。こういった状況で嘘をつくのは方便だ(=本当に問題なのは言い繕ったつもりが実は本音を言っていたということ)。が、嘘の裏に隠された真実から絞り出されたような声がジョエルを苛んだ。果たしてそれが偽りだとお前に言い切れるのだろうか? と。

"Yes, I understand. I made a horrible mistake. I should have known that I couldn't leave you without leaving a part of myself behind."
「ああ。分かるとも。僕は恐ろしい間違いを冒した。僕には分かってたはずだ。君を置いて逃げることは、自分の身体の一部を置き去りにするようなものだってことが……」

"Yes, you should have," Griffin responded. "I'm happy you realize it now."
「ああ、そうさ。お前には分かってたはずさ……」
グリフィンは答えた。
「ようやく納得してくれたようで俺も嬉しいぜ」

"I do." Joel confirmed, the two words catching hard in his throat.
「あ、ああ……」
ジョエルは念を押すように言った。そのたった一言を言うのにひどく喉を詰まらせて。

"Then I forgive you," Griffin said. His thumb touched the edge of Joel's mouth, then he pulled away. Reaching for the CD player on the nearby table, he turned up the sound. Swinging back around towards Joel, he swayed with the beat of the music.
「なら、お前を許してやる……」
グリフィンは言った。親指でジョエルの唇の端に触れると、身を離した。近くのテーブルの上にあったCDプレイヤーへと手を伸ばすとスイッチを入れ、音を鳴らした。踊るように回りながらジョエルの元へと戻ると、グリフィンは曲のビートに合わせて体を揺らし始めた。

"Dance with me, Joel," he demanded, stretching out a long, supple arm, offering his hand. "I've always wanted to dance with you."
「一緒に踊ろう、ジョエル……」
グリフィンは指図した。長い、しなやかな腕を伸ばし、手を差し出して。
「お前と踊りたいって、ずっと思ってきたんだ」

Joel hesitated. "I don't dance," he said, shaking his head.
ジョエルは躊躇した。
「僕はダンスなんかできない……」
そう言うとジョエルは首を振った。

Griffin danced closer, the hard beat of the drums echoing in his footsteps. He extended his hand further, almost touching Joel's chest.
グリフィンは踊りながら近付き、その足音に合わせるようにドラムが激しいビートを刻んだ。めげずに伸びてくるグリフィンの手は、もう少しでジョエルの胸に届きそうだった。

"I'll show you. Just take my hand and follow me," he insisted.
「教えてやるから。ほら、手を取れよ。俺の通りにすればいいのさ……」
グリフィンは食い下がった。

Joel stared down at the hand in front of him, his stomach twisting in his gut. This was a sure failure. He'd never been particularly graceful under good conditions. Now, he was likely to fall flat on his face and really piss Griffin off. But Griffin was waiting, his face set, determined. Joel bit at his bottom lip and reached up to take the offered hand.
目の前に差し出されたその手をジョエルはまじまじと見下ろした。胃の奧がキリキリと痛む。ハッキリ言って失敗だった。状況が芳しいからといって、ジョエルにとっては取り立てて感謝したいほどではなかった。というのも、今のジョエルときたら、顔からバッタリと床に倒れてしまいそうな(flat on his face=lying stretched out with his face on the floor)気がして、それがグリフィンの不興を買いや(piss off=うんざりさせる)しないかと危惧したからだ。だがグリフィンは待っていた。有無を言わせぬ顔で。下唇を噛むとジョエルは手を伸ばし、差し出された手を取った。

That won him another blazing smile. Griffin drew him in close, twining one his fingers through Joel's while settling his other hand on Joel's shoulder.
途端にグリフィンは顔をパァッと綻ばせた。ジョエルを間近に引き寄せるとグリフィンは、ジョエルの指に自分の指を絡ませ、もう片方の手をジョエルの肩に載せた。

"Relax and feel the music," Griffin advised warmly. "You're too damned uptight. I'm gonna have to teach you how to chill out a bit." Chuckling, he guided Joel backwards and around sideways. "Just relax."
「堅苦しく考えないで、曲に乗ればいいんだ……」
グリフィンは優しくアドバイスした。
「お前、エラくガッチガチじゃないか。まずは肩の力を抜く(chill out=俗:落ち着く)ってとこから教えなきゃならないようだな」
クスクス笑うとグリフィンはジョエルを後ろへ、次にグルッ回すと脇へと誘導した。
「そんなに緊張するなよ」

Joel shuffled his feet, moving with Griffin, unable to lessen the tension stiffening his body. He stumbled once, only to be caught and held closer by Griffin. Their handclasp fell away as Griffin slid both arms around Joel's back and drew their bodies together. Joel shivered, but didn't protest.
グリフィンに合わせようとジョエルは足をもじもじさせた。緊張を解くことができず、体をこわばらせて。ジョエルは一度つまずいたが、難なくグリフィンに受け止められ、よりぴったり抱えられる結果を招いただけだった。グリフィンの両腕が絡み付くようにジョエルの背中を滑り降り、互いの体を押し付けるようにギュッと引き寄せるにつれて、繋がれていた2人の手は解かれた(fall away=はずれて落ちる)。ジョエルは身を震わせたが、拒みはしなかった。

They danced more smoothly like this, Joel letting his feet follow Griffin's. The man was tall, which made things easier. Joel would have had to look upwards to meet his eyes. He was more comforting staring, instead, at a black leather-clad shoulder and the strands of raven hair that brushed against it. Griffin guided him around in a tight circle, sliding large hands up and then down his spine. Joel tensed again, struggled with the need to fight or flee.
ジョエルがグリフィンのステップを追いかけるようになると、2人のダンスはずっとスムーズになった。男は背が高く、事は簡単だった。視線を合わせるために、ジョエルは本来、見上げなければならなかった。が、代わりにジョエルは、見詰めるのがずっと楽な、黒革に包まれた(clad=古:clotheの過去分詞)肩とそれに触れる漆黒の髪の毛に視線を注いだ。小さな円を描くようにジョエルを旋回させるとグリフィンは、ジョエルの背骨の上でその大きな手を這わせた。再びジョエルは体を強張らせ、あらがい、逃げ出したい衝動と必死に闘った。

The gun was tucked in between them. He could reach for it, shoot Griffin, rescue Polly... His throat clutched, his stomach roiled. Griffin was quick, smart, agile. If Joel failed, if he wasn't fast enough, sure enough, it could cost his life. Polly's life. And if a bullet missed, hit wrong, struck one of the pools of kerosene, the entire place could go up in flames. Or if one of the sputtering candles went over...
銃が2人の間に挟まっていた。つかみ取れば、グリフィンを撃ち、ポリーを助け出すこともできる……。喉がギュッと締め付けられ、胃がひっくり返った。グリフィンの身のこなしは敏捷かつ鮮やかで、その上機敏であった。もししくじったら、もし相手に後れをとったら、もし相手のほうが上手だったら、それは自分の命に関わる。ポリーの命だって危険に晒すことになる。もし撃ち損なったら、当たりどころが悪ければ、撒き散らされた灯油を撃ってしまったら、辺り一面は火の海になるだろう。そうでなくてもパチパチと音を立てて燃える蝋燭の1本でもその上に倒れたりしたら……。

Could he take the chance? Should he? Polly was depending on him. She'd trusted him, given him her faith, given him the short-lived strength to take up his life again. The cost of that was two more dead women, their throats sliced open. He'd failed both Ellie and Jessica, as he had so many other victims over the years. Now, Polly was the one at risk. He couldn't bear the thought of failing her, too.
自分にこのチャンスが活かし切れるのだろうか? このチャンスを活かすべきなのだろうか? この手にポリーの運命が掛かっているのだ。ポリーは自分を信じてくれた。信頼を寄せ、気休めとはいえ(shortlived=一時的な)もう一度人生をやり直す(take up=始める)よう力づけ、励ましてくれた。その代償として、新たに2人の女性が殺され、喉をパックリ切り裂かれた。エリーもジェシカも自分の落ち度だった。今まで何年にもわたって数多くの犠牲者を出してきたのと同じように。そして今やポリーも同じ危険に晒されていた。もはやジョエルには耐えられなかった。この上ポリーまで失うことになるなんて……。

The truth was stark and cold. He didn't dare take the risk of fighting Griffin. Not here, not now, not like this. His only choice was to Griffin what he wanted; to draw him away from killing Polly. To make the trade for her life worthwhile.
が、現実は厳しく(stark=ありのままの)、冷淡だった。ジョエルはあえてリスクを冒して、グリフィンと闘う気はなかった。(闘うなら)この場ではなく、今ではなく、こんな風に、ではないだろう。ジョエルに残された唯一の選択肢は、グリフィンが望むことを叶えてやる(注:正しくは"choice was to give Griffin"。giveが抜けている)ことだけだった。すなわち、ポリーの殺害からなるべくグリフィンの関心を反らし、ポリーの命を賭けるのに相応しい取り引きをするだけだったのだ。

Joel barely stifled a raw chuckle. Griffin wanted him and that wasn't such a difficult trade to make in the final analysis. Joel considered himself a poor trade for her, but it was Griffin's choice. Griffin could have what Griffin wanted. Hell, Joel had given up caring whether he lived or died a while ago. He'd been living on inertia, just barely surviving, trying to drug himself into oblivion with Seconal and the migraine meds, yet never quite succeeding. If Griffin wanted the wreck of a man he'd become, it was an easy gift to give, just as long as it saved Polly's life.
思わず笑いがこみ上げるのを(raw=desperate)ジョエルはほとんど抑えられなかった。ジョエルは最後にこう分析した。グリフィンの望みは他ならぬこの自分だ。そして、それは決して受け入れ難い取り引きでは無いと……。ポリーを救うためなら、どんな惨めな取り引きだろうと、自分の身を捧げるくらい、ジョエルは厭わなかった。が、それはグリフィンが決めることだった。グリフィンは自分が欲しがっていたものをもはや手に入れたも同然だった。それに所詮、自分の生死など、ジョエルにとっては、もうどうでもいい事だった。惰性で生きているだけで、かろうじて死なずにいるにすぎなかったからだ。セコナル(注:レッド・デビルなどと呼ばれるオレンジ色のカプセル。鎮痛・睡眠薬。含有されるバルビツレール酸が中枢神経を抑制する。常習使用すると耐性が生じ、中毒症状に陥りやすい。正規の処方量の10倍の量が致死量。 オーヴァードース事故が多数起きている)や偏頭痛薬などの、いわゆる薬の力というやつを借りて、どうにか忘れようとするのだが効果はサッパリだった。もう既に破滅した男の身をあえてグリフィンが望むというのなら、くれてやることなど少しも惜しくはなかった。それでポリーの命が救われるのなら……。

Once the decision was made, Joel found the tension draining away. His body went limp, slumping against Griffin. He slid his hands from the man's side to the long plane of his back, dropped his head against the curve of Griffin's shoulder. He took and released a deep breath, letting it all go. Letting Griffin's lean strength hold him up.
一旦覚悟ができてしまえば、ジョエルの緊張の糸はたちまちほぐれた。体の力が抜け、グリフィンにしなだれかかった。脇にいた両手は、グリフィンの細長くなだらかな背中へと移動し、グリフィンの肩が描くなだらかなカーブにジョエルは顔を埋めた。大きく息を吸い込んでは吐き出し、すべてを天に任せた。グリフィンのほっそりとしたそれでいて力強い抱擁に身を任せて。

"There, that's better. Relax," Griffin murmured in his ear, the voice accompanied by a rush of warm, moist breath against his skin. He tensed briefly, then relaxed again. Griffin's embrace tightened and they swayed to the beat of the music without moving far across the floor. A hand moved up to cradle the back of his skull, fingers weaving through his hair. The other slid across the length of his back, the touch amazingly soothing.
「そうだ。ずっと良くなったじゃないか。気を楽にするのさ……」
耳元でそうグリフィンはつぶやいた。その声と入れ違いに、暖かく湿ったグリフィンの息がジョエルの肌に降り懸かった。一瞬ジョエルは身を竦めたが、すぐまた緊張を緩めた。グリフィンの抱擁はますます強まり、フロアーをあちこち移動するのは止め、音楽のビートに合わて、互いに体を揺らし合った。ジョエルの頭の後ろに手を宛い、あやすように揺らすと、指がジョエルの髪の毛に絡み付く。もう片方の手がジョエルの背中の上を行き来したが、その愛撫はハッとするほどしなやかだった。

Griffin's cheek rubbed against his own, the faint edge of razor stubble sharp against his own unshaven skin. Joel's own hands splayed across broad shoulders, the black leather smooth over the warm flesh underneath. It felt good, too good, to be held like this. It had been long, sheer months since he'd felt the closeness of another human being. Yet, his stomach twisted sharply in his belly, for this should have felt wrong. He should feel repulsed instead of comforted. His gut clenched harder and he pulled back, just enough to put an ounce of breathing room between them. He looked up and his eyes were caught.
頬にグリフィンの頬が擦り付けられる。剃刀による、無精ひげの尖った毛先が、やはり随分と剃っていないジョエルの肌に微かに当たった。広い肩の上にジョエルの両手が広げられ、その黒皮の下には暖かな肉体が包み込まれていた。こうやって抱き締められるのは、気持ちが良く、甘美すぎるほどの感触だった。他人をこんなに間近に感じたことなど、本当に何カ月振りだろう。それでもジョエルの胃はキリキリと痛み、そのせいで快感も台無しになってしまった。心地よいどころか、ゾッとするほど不快だったろう。猛烈に下腹が差し込んだジョエルは僅かに身を引き離した。やっと息ができる程度に。見上げるとジョエルは視線を捉えられた。

Griffin's gaze locked his own, froze him. There was so much intensity blazing at him from those shadowed orbs; passion fired by an emotion Joel feared to name but couldn't escape. No one had ever looked at him like this before, no lover, not even Lisa. No one had ever made his knees go weak with a glance.
睨むようなグリフィンの瞳がジョエルの瞳を射抜き、ジョエルを金縛りにした。ほの暗い眼球から強烈な炎のようなものがジョエルへと放たれていた。ジョエルがその名を呼ぶのを恐れ、それでもそれから逃げられない、ある種の感情によって火を付けられてしまった情熱が……。こんな風に自分を見詰めてくれた者は今まで誰もいなかった。恋人だろうが、あのリサであろうが。一瞥されただけで膝から力が抜けるなんて相手は誰一人いなかったのだ。

Joel wrapped his mouth around the name, "Griffin," even as he knew it might be the wrong one. It had been an alias, but it was the only name he knew for the man holding him upright. So he whispered it as a question. "Griffin?"
「グリフィン……」と、その名前を言いかけてジョエルは口ごもった。
口にしようと思ったその瞬間(even as=文:ちょうど〜の時に)、その名前が本名ではないかもしれないと思い直して。それはあだ名だったのだ。が、それが、今のジョエルが知り得る唯一の名前であった。倒れぬよう自分を支えてくれているこの男の……。なのでジョエルは尋ねるようにこう囁いた。
「グリフィン?」
と……。

That stole a smile. "Yes, Joel," came the tender, if amused, answer.
グリフィンは思わず相好を崩した(steal=コッソリ手に入れる)。
「そうさ、ジョエル……」
返ってきた答えは優しげだった。内心愉しんでいる風であったとしても(譲歩のif)。

"Griffin," he repeated, more firmly, only to see that firmness lost as the man's face hardened with purpose. He knew what was coming, even had time to take a long slow breath. Yet, he couldn't have moved another muscle; he was hypnotized by his knowledge of what Griffin planned.
「グリフィン……」
ジョエルは繰り返した、今度はもっとしっかりと。が、相手の男の顔が何か決心したかのように引き締まるにつれて、ジョエルの強気はみるみる引っ込んでしまった。次に何が起こるのかジョエルは分かっていたし、ゆっくりと深呼吸する余裕すらあった。が、それでも、ジョエルは筋肉一つ動かせなかった。グリフィンが今何を企んでいるのか過去の経験から学んでいたジョエルはまるで催眠術を掛けられてしまったかのようにボウッとなってしまったからだ。 

Dark-lashed lids slid down over Griffin's eyes as he bent his head closer, downwards. Without even realizing, consciously, that he did, Joel tipped his head back against the hand that still supported it, his lips parting as he let out a deep breath, an exhalation that was caught by Griffin as he lowered his mouth onto Joel's.
黒い睫毛に縁取られた目蓋がグリフィンの瞳の上に降りてくる。グリフィンが顔を傾け、徐々に接近し、覆い被さってくるにつれて……。グリフィンが何をしたのか分かりもしないうちから、意識的にジョエルは頭を後ろへ反らした。しっかりと頭を支えているグリフィンの手に逆らうかのように。ジョエルのほどけた唇から漏れた深い吐息はグリフィンに吸い取られた。唇を重ねようとジョエルの口元に降りて来たグリフィンに……。

The initial touch was fleeting, tentative, but it gave way almost instantly to a demanding pressure. Joel gave way, his hands clutching fistfuls of black leather, as his mouth was penetrated and ravished. The dance of tongue on tongue replaced the last faint motions of their feet, abandoning the exterior music for the pounding of blood in veins and arteries. Joel's nerves jangled, heat burning along synapses, stripping away any last pretense, stoking a fire in his groin.
はじめの内こそ、サッと掠めるように軽く、ためらいがちに触れていたが、それが貪るような口づけへと変わる(give way=transfer)のに大して時間はかからなかった。ジョエルはくず折れた(give way=yield=屈する)。黒いレザーを思いきり握り締めながら、口腔内に侵入され、蹂躙されるがままに。足は最後にほんの僅かなステップを踏んだきり、踊るように絡み合う舌へと道を譲った。周りの音楽は、血管の中で激しく鼓動する血潮にかき消された(abandon〜for…=〜をやめて…にする)。ジョエルの神経は高ぶり、神経節を火のように熱い電流が流れた。なけなしの自尊心は奪い取られ、股間がカッと熱くなった(stoke=火をくべる)。

Teeth clashed as Griffin took an almost painful handful of Joel's hair and ground their mouths together. A salty sting of blood leaked from lips caught against enamel points. Joel didn't know if it was his own or Griffin's or both, a mingled flavor with musk and remnants of earlier meals. His lungs struggled, fighting for air and he had to pull away, just enough to gasp loudly for air. Griffin's chest heaved against his own, as the man met the same need. But it was a transitory problem, one that vanished into another searing kiss, was resurrected and lost again - and again - the desire for contact, for touch and taste, over-ruling it.
ジョエルの髪の毛を、痛々しいくらいにつかめるだけつかむとグリフィンは、お互いの唇を擦り合わせようとした。が、歯がぶつかってしまい、刺すような痛みとともに唇から滲んだ血がエナメル質を覆った。ジョエルには区別がつかなかった。それが自分の血なのか、グリフィンのなのか、それとも2人のものなのかどうか。麝香の薫りとその前に取った食事の残滓が入り交じって。空気を求めてジョエルの肺は必死にもがいた。とにかく息をしなければと、ジョエルは強引に体を引き離し、思いっきり喘いだ。自分の胸の上では、グリフィンの胸が激しく上下していた。この男も同じ必要に迫られていたのだ。だが、それは今だけの問題にすぎなかった。再び焼け付くような口づけにかき消され、蘇ってもまたすぐにかき消された - 何度も何度も - 一緒にいたい、触れ合い、味わいたいという衝動が、息苦しさを打ち負かした(overrule=却下する)。

Later, the kisses wandered, Griffin kissing, suckling, biting at every contour of Joel's face, dipping to seize an earlobe, finally seizing the skin above a pulsepoint in the throat and marking it. The quick sliver of pain only served to further the shattering ache of desire. Joel's hands seized upon thick strands of hair, pulling, urging, demanding, satisfied only when Griffin's lips came down, hard, on his own again. This time he wasn't submissive to the kiss, he sought and took access to the other man's mouth. His temples pounded even as dizziness flowed over him, blood fleeing downward to throb in his groin.
しばらくすると、口づけは散策を始めた。ジョエルの顔の輪郭の至る所を、グリフィンはキスし、吸い上げ、噛み回った。顔を埋め、耳たぶを捉え、とうとう喉の頚動脈の上の皮膚に食らい付くと、痕を付けた。たちまちひとすじの(sliver=細い一片)痛みが走ったが、それを上回る戦慄くような欲望の疼きを煽るだけだった。ふさふさとした髪の毛束を両手でつかむとジョエルは、グイとひっぱり、煽るようにせがんだ。そして、グリフィンの唇が舞い降り、再び激しくジョエルの唇を捉えるとようやく満足した。この頃になるともはやジョエルは、ただ大人しくキスをされているわけにはいかなかった。自ら追い求め、相手の男の唇を必死に捉えようとした。眩暈が体全体に広がるにつれてジョエルのこめかみはズキズキと痛んだ。血が一斉に下半身へと集まり、股間がフツフツとたぎったからだ。

A strong hand took hold of his ass, pulled him in closer, rubbing their bodies together and Joel moaned into Griffin's throat. His legs, bereft of control, gave way easily as Griffin bent him downwards. Joel clutched at him for support, head falling backwards as Griffin took to his neck again, suckling on the exposed skin. He groaned aloud, dropped his head forward to press his mouth against the silken top of Griffin's head, and abruptly froze as his eyes fell on the woman watching them, her eyes wide over a taped-shut mouth.
力強い手がジョエルの腰をつかむと、グイッと引き寄せ、互いの体を擦り合わせ始めた。ジョエルのうめきがグリフィンの喉笛に掛かる。足はコントロールを失い、たやすく屑折れてしまい(give way=collapse)、グリフィンはジョエルを床に付きそうなくらい、後ろにのけぞらせた(注:このdownwardsはbackwardのニュアンスを含む)。倒れまいとグリフィンにしがみついたジョエルが首を仰け反らせると、グリフィンは再び首筋を攻め、露になった皮膚に吸い付いた。叫ぶようにうめくとジョエルは頭を前に投げ出し、グリフィンの絹のような頭のてっぺんに唇を寄せた。その瞬間、ジョエルは凍り付いた。自分たちを睨んでいる女性が視界に入った途端に……。テープで塞がれた口の上で、その目は大きく見開かれていた。

Polly. Oh hell. He'd forgotten everything in the blazing storm of desire that Griffin had fired in him. Guilt struck like a bucket of ice cold water. That reaction communicated itself to the man holding him. Griffin brought them back upright, Joel still clinging to him.
そうだ、ポリーだ。ああ、何てこった。ジョエルはすっかり忘れていたのだ。グリフィンに煽られ、炎のように熱い欲望の嵐に翻弄されてしまって……。バケツで冷や水を浴びせられたかのように、たちまち罪悪感が襲ってきた。そういう反応は自ずと伝わるものなのだ。自分を抱き締めている男へと。ジョエルは依然としてグリフィンにすがりついていたが、グリフィンはジョエルごと上体を立て直した。

"Joel?" Griffin demanded in a raw voice.
「どうした、ジョエル?」
切迫のあまり掠れた声でグリフィンは問い質した。

Joel looked back into Griffin's face, staggering as he was met - again - with the power of the man's desire for him. He'd never known just how seductive it could be to be so wanted. No - call it honestly - to be so loved. It was hard, unbelievably difficult, not to lose himself again in the intensity of that emotion. To simply surrender to the force of Griffin's need. But he forced himself, clinging mentally to strands of guilt, pain and resolve.
グリフィンの顔へ視線を戻したジョエルは、自分への欲望をたぎらせている男のあまりの迫力に気圧されて - またしても - たじろいでしまった。ジョエルは今まで知らなかった。一途に求められることがこれほどまでに自分の心を締め付けるものだとは。いや - 正直に呼ぶなら - 一途に愛されるというべきだろう。こんなにも強烈な感情の嵐の中で、再び(注:前は何度かひるみながらも、抱き合って何とかダンスし通せたことを指している)自分を失わないようにするのは容易なことではなく、信じられないくらい困難なことであった。グリフィンの激しい欲望の威力に屈してしまうのはいともたやすいことであった。だが、ジョエルは無理矢理自分を叱咤した。罪悪感や苦痛や決意が綾なす心の糸に、必死ですがりつくようにして。

"Not here, not like this, please?" he asked plaintively. Now Griffin's regard moved beyond him to their surroundings, even twisting around to Polly, before returning to him.
「ここじゃイヤだ。こういうのってダメなんだ、分かるだろう?……」
ジョエルは哀れっぽくせがんだ。するとグリフィンの視線が一瞬ジョエルから周りへと向けられ、なんとポリーをグルリと一周さえして、再びジョエルの元に戻ってきたのだった。

"You want me to let her go," Griffin said, making it a statement not a question. Joel bit at his bottom lip, nodding, then wincing as his teeth hit a bruise.
「彼女を逃がしてほしいんだな……」
グリフィンは言った。疑問を差し挟む余地を認めず、断定するかのように。うなずいたジョエルはその拍子に、噛んでいた下唇の傷に歯をぶつけてしまい、思わず身を竦めた。

"Please," he pleaded. "For me, please."
「お願いだ……」
ジョエルは嘆願した。
「僕のためだと思って、どうか……」

Griffin's expression hardened and gave way in subtle shifts of muscle and bone. "Does it really mean that much to you?"
グリフィンの表情は強張っていたが、自然と筋肉や骨が綻び出す(give away=yield)のを抑え切れなかった。
「絶対に他意(that much=それだけ)は無いな?」

Joel nodded.
ジョエルはうなずいた。

"If I let her go, will you stay with me tonight?"
「もしあいつを逃がしてやったら、今夜は一緒にいてくれるか?」

Joel nodded again. Griffin waited, wanting more. It was all too easy to give.
ジョエルはもう一度うなずいた。グリフィンはしばし迷ったが、欲望のほうが勝った。応じるのはあまりにたやすいことだった。

"Yes, I promise. I will stay with you tonight." His entire lower body throbbed as he spoke. If truth were told, he'd give this anyway. Maybe demand it. Yes. He needed this as much as Griffin did, may heaven help them both. He could only pray that Griffin didn't quite sense that singular truth, but the spark in the dark eyes fixed on him stirred doubt that he could hide anything from this man. And if Griffin knew that he would get what he wanted whether Polly lived or died, that left no reason for him to release her. Desire twisted harshly with guilt, searing Joel with an agony he knew would never leave him if she died.
「ああ、約束する。今夜はお前のそばにいるとも」
話しているうちからジョエルの下半身はわなわなと震え出した(注:今後予想される出来事への期待と恐怖によって)。真実が暴かれようとも、どうせジョエルはいずれにしろ、この取り引きに応じるつもりなのだ。恐らくそうしたがっているのは自分のほうなのだから。ああ、そうだ。グリフィン同様、ジョエル自身もこうなることを待ち望んでいたのだ。(この先、どんな忌まわしい運命が待ち受けようとも甘んじて受け入れる)力を天が2人に授けてくれますように(祈願文のmay)……。ジョエルは祈るしかなかった。たった一つの真実にグリフィンが決して気付きませんようにと。ジョエルを見据えるほの暗い瞳に弾けた火花は、この男にはどんな隠し事もできないのではないかという疑念をジョエルに抱かせた。そしてもし、ポリーの生死に関わらず、自分の求めるものは得られるのだということがグリフィンに知られてしまったら、グリフィンがポリーを解放する理由は何もなくなるのだ。欲望と罪悪感が激しく縺れ合い、もしポリーが死ねば決して逃れ得ない苦悩の炎がジョエルの身を焦がした。

Griffin's quick kiss was tender, surprisingly gentle. "As you wish, beloved," he said, words warm against Joel's cheek. "Once you and I are in a safe place, you may call your colleagues and tell them where she is."
が、即座にグリフィンはキスを返した。それは柔らかで、ハッとするほど優しかった。
「お望み通りに、愛しいジョエル……」
そう囁く息がジョエルの頬をほんのり掠めた。
「俺たちが安全な場所に移動したら、連中に電話して、あの女の居所を伝えてやればいい」

Hope, relief, flared within Joel. His blue eyes widened as he pulled his head back and looked up at Griffin from a slightly safer distance.
希望が、安堵が、みるみるうちにジョエルの中に広がった。ジョエルは目を見張った。頭を反らし、やや安全な距離まで遠ざかるようにして、グリフィンを見上げるようにしながら。

"Promise?" he asked.
「絶対に?」
ジョエルは尋ねた。

"You have my word," Griffin responded. "I've never lied to you, Joel, and I never will."
「ああ、約束する(word=約束)……」
グリフィンは応えた。
「一度でもお前に嘘をついたことがあるか、ジョエル。これからだって、俺は絶対にそんなことするもんか」

Truth rang in his words and Joel accepted it. What else could he do? But he knew with shame that Griffin had never been the one running from honesty. Griffin had never been the one denying his reality, burying it in dreams until he could no longer sleep. Hiding behind a haze of drug-induced stupor. Barely living, not quite dying, running more from himself than from anyone or anything else.
その声には真実味があった。ジョエルは承諾した。そうするより他に道はなかったのだ。が、不面目なことにジョエルは知っていた。グリフィンは決して逃げ出したりするような男ではないのだと。自分の気持ちに正直になるということから。現実の自分を否定したり、夢の中に葬り去り、眠れなくなるような真似をグリフィンという男は決してしたりはしない。薬の力を借り、もうろうとしたかすみの中に逃げ込むような真似を。ほとんど生きているとは言えず、かといって完全に死んでいるわけでもない、自分以外の何かから逃れるのではなく、むしろ自分自身から逃げるような卑怯な真似を……。

"I know," he replied, offering up his acceptance with open blue eyes. Desire flared in Griffin's responding gaze; fired between them again, an explosion built on an unexplainable, impossible chemistry. Griffin took one more kiss, hard, searing, then let Joel go. Joel staggered, almost falling to his knees on the kerosene-dampened concrete floor. Fighting for balance, at least physically, he finally found his feet and stumbled towards Polly. There, he did fall to his knees on the floor, beside her.
「そうだったよな……」
ジョエルは答えた。承諾したことを示すようにその青い目をじっと見開いて。応じたグリフィンの瞳が欲望の色に染まった。再び2人の間に情熱の炎がたぎり、説明できない、起こるはずのない急激な連鎖反応(chemistry=2人の間に突然生まれる強烈な性衝動)が起こった。グリフィンはもう一度、火傷しそうなくらい強烈に唇を奪うと、ジョエルを解放した。よろけたジョエルは灯油でまみれたコンクリートの床にもう少しで膝を付くところだった。どうにかバランスを保ったジョエルは、少なくとも肉体的にはだが、やっと自分の足で歩ける(find one's feet=赤ん坊などが立てるようになること)ようになると、よろけるようにしてポリーへと近付いた。ポリーの傍らまで来ると、ジョエルはついに床にひざまずいた。

She looked at him, eyes pleading, terrified, worried, above her taped mouth.
ポリーはジョエルを見詰めた。テープで塞がれた口の上で、ポリーの目は懇願し、怯え、不安におののいていた。

"It'll be OK," he promised hoarsely. Reaching up, he swept strands of hair away from her eyes. "He's going to let me call the Bureau to come release you once we're safely away."
「もう大丈夫だ……」
しわがれた声でジョエルはそう約束した。手を伸ばすと、ジョエルはポリーの目から髪の毛を払った。
「君を助けに来るよう、FBIに電話させてくれるそうだよ。安全な場所に僕らが移動したらすぐに」

She shook her head, fiercely, trying to communicate silently that he was wrong. He shouldn't do this. But Joel returned her gesture.
ポリーは激しく首を振った。ジョエルが間違っていることを無言のうちに伝えようと。あなたはそうすべきではないと。が、そんな身振りで伝えようとするポリーに、ジョエルはこう答えた。

"Don't worry about me," he urged. "He won't hurt me. He loves me. Just sit tight - you'll be out of here soon, I promise."
「僕のことなら心配いらないよ……」
ジョエルはせき立てるように言った。
「あいつは僕に危害を加えたりしない。あいつは僕のことが好きなんだ。じっと座っててくれ - すぐにここから出られるから。必ず」

A low moan fought free of her gag. Somehow Joel knew it was an attempt at his name. He stroked her cheek one last time, then pushed himself to his feet.
ポリーの猿ぐつわから微かなうめき声が漏れた。なぜかジョエルには分かっていた。ポリーは自分の名前を言おうとしたのだと。最後に1度だけポリーの頬を撫でるとジョエルはようやく立ち上がった。

"Be safe, Doc," he told her before turning away. Behind him, at the door, Griffin was waiting, a duffel bag hoisted over one shoulder, his other hand held out towards Joel.
「ご無事で、先生……」
ポリーにそう告げるとジョエルは背を向けた。振り向くと、グリフィンが戸口のところで待ち構えていた。ダッフル地のバッグを肩に掛け、もう片方の手をジョエルに差し出した。

Joel took a deep breath and walked over to the other man, reaching out to take the offered hand. Griffin's finger closed tightly on his own, drawing him through the doorway. Joel didn't even look back once. His choice was made with the finality of inevitability.
ジョエルは深呼吸すると男の方へと近付き、手を伸ばし、差し出された手を取った。グリフィンの指が自分の指にピッタリ重なった途端、一気に外へと引っぱり出された。ジョエルは一度も振り返らなかった。選択は下されたのだ。こうするしかなかったのだという覚悟とともに……。


He made the call from a pay phone on the street. They were excited to hear from him, panicked, confused. Joel talked rapid-fire, spitting out the information. Find Polly Bielman, he told them, don't worry about me. Find her! They agreed, then demanded his location. He hung up on the question. Griffin was waiting, watching, silent and strangely approving.
街頭の公衆電話からジョエルは電話を掛けた。ジョエルの声を聞いた同僚たちは、興奮のあまり、慌てふためき、混乱しまくっていた。機関銃のような早さでジョエルは情報を洗いざらい説明した。ポリー・ビールマンを見つけだせとジョエルは連中に指示した。自分のことなら心配はいらないから、ポリーを発見するんだ! と。了解すると同時に同僚たちはジョエルの居場所を尋ねてきた。ジョエルは返事に窮した。グリフィンが待っていたからだ。こちらを観察しながら、黙ったまま、妙に満足げな様子で……。

Joel came back to him, drawn like a moth to the flame. He didn't understand Griffin - was slowly coming to the realization that he'd really known nothing of the truth of this man, despite the long years of studying his handiwork. But Griffin knew him with almost psychic certainty. That was yet another previously hidden piece of the puzzle. A puzzle that was a man that was a bizarre kaleidoscope of hate and love, violence and tenderness, rage and laughter. All of which was echoed in their relationship, light and darkness fragmented into a million glittering pieces, sharp and biting to the touch yet surprisingly beautiful upon regard.
ジョエルはグリフィンの元に戻ってきた。蛾が炎に吸い寄せられるかのように。ジョエルはグリフィンが理解できなかった - が、ようやく悟り始めた。自分は本当にこの男の正体を何一つ知らなかったのだと。長年ヤツの手口を研究してきたにもかかわらず。だがグリフィンのほうは自分のことを知り尽くしていた。まるで念力でも使ったかのように正確に。それこそが、以前には分からなかった「パズルのピース」だったのだ。パズルの正体とは、愛と憎しみ、暴力と慈愛、憤怒と愉悦とが入り交じった奇妙な万華鏡である、この男そのものだったのだ。それらはすべて、2人の関係の間で響き合い、光と闇が砕け散り、数え切れないほどのキラキラと輝く破片に分解した。触れればチクリと突き刺さらんばかりに鋭いが、見た目はゾッとするほど美しかった。

He found himself smiling, chuckling, as he got into the car, this time into the passenger seat. Griffin glanced at him, reflecting his amusement, even as he questioned without words.
車に乗り込みながらジョエルは自分がいつの間にかほくそ笑み、破顔すら浮かべているのに気が付いた。今度は助手席の側に乗り込みながら。ジョエルを一瞥したグリフィンの顔は無言の内に理由を言うよう、強要しているものの、やけに愉しげだった。

"I was just thinking..." Joel responded, leaning back as the car jerked forward. Griffin drove with ruthless precision, sliding effortlessly through Chicago traffic.
「ちょっと考え事をしていたのさ……」
言い掛けたジョエルは車が発進した反動で背中からドスンと倒れた。グリフィンは無慈悲なくらいの正確さで車を走らせた。シカゴの街路を易々とすり抜けながら。

"About what?" Griffin asked, his tone warm and indulgent.
「へえ。一体、どんなことを?」
グリフィンは尋ねた。その声は暖かく、子供をあやす時のように優しげだった。

"Us. This weird love-hate thing we've got going."
「僕たちのことさ。この風変わりな愛と憎しみの行く末についてだよ」

Griffin's laugh was rich as red wine.
グリフィンの笑みは赤ワインのように豊潤であった。

"I suppose it is a bit unusual," he commented.
「確かにちょっと変わっているかもな……」
そうグリフィンは評した。

"A bit?" Joel responded wryly. Blue eyes met brown and mirth let loose. Both men laughed until their bodies shook, Griffin somehow maintaining control of the car. Joel finally released his incipient hysteria into shuddering deep breaths.
「ちょっとだってぇ?」
皮肉げにジョエルは言い返した。その青い双眸が茶色のそれに迎えられた途端、堪えていたものが一気に吹き出した(let loose=爆発させる)。2人とも体を揺すって笑い合ったが、どうにかグリフィンは手元を狂わせずに車を操縦し果せた。が、ジョエルのほうはとうとうヒステリー発作を起こし始め、引きつけたように息を荒げた。

"Hey, take it easy," Griffin said, concern sharpening his voice. "I want you with me tonight, not back in a hospital."
「おいおい。何焦ってんだよ、頼むぜ……」
グリフィンは言い、心配のあまり語気が鋭くなった。
「今夜は一緒にいてくれるんだろう。今さら病院に逆戻りなんて、ゴメンだからな」

"I'm all right," Joel reassured him, strangely feeling the truth of it. "Where are we going anyway?"
「僕なら大丈夫だよ……」
そう言ってジョエルはグリフィンを安心させようとしたが、おかしなことに自分の言っていることがまんざら嘘でもないような気がした(注:安心させようとして言ったのだが、自分が納得した以上、すべてはグリフィンが望むよう、万事うまくいく気がしたから)。
「それにしても僕らはどこに向かってるんだろうか?」

"A little place of mine just over the border in Wisconsin," Griffin replied effortlessly. "It's not much, but it's private."
「ウィスコンシンの州境を越えてすぐのところに、ちょっとした隠れ家があるのさ……」
グリフィンは無造作に即答した。
「大したとこじゃないが、2人っきりにはなれるぜ」

Joel nodded, stretching out his legs beneath the dash. "How long?"
ジョエルはうなずき、ダッシュボードの下に足を伸ばした。
「どれくらいかかる?」

"A couple of hours. Get some rest."
「2、3時間ってとこだ。少しくらい休んだらどうだ」

Joel grimaced wryly. Sleeping wasn't exactly his forte of late, if it had ever been. He doubted that it would come now of all times. Still he closed his eyes and listened to the sound of the car on the road...
ジョエルは皮肉げに顔をしかめた。このところ(of late=最近)のジョエルは必ずしも眠るのが得意ではなかったからだ。前は得意だったとしても(譲歩のif)。しかもこんな状況の時に眠くなったりするものかどうかジョエルにははなはだ疑問だった。それでもジョエルは目蓋を閉じ、道路を走る車の音に耳を傾けるよう努力した。

It was to his shock that he came awake with a start to deepening darkness and a warm kiss on his lips.
……ひどくショックだった。ジョエルが目覚めた途端、深まる闇の訪れと共に、唇に暖かいキスが降りてくるなんて……。

"Time to wake up, Sleeping Beauty," Griffin said. It took Joel a moment to focus, to remember, to realize where he was.
「お目覚めの時間ですよ、眠り姫……」
グリフィンは声を掛けた。ジョエルはかなりの時間を要した。目を凝らし、思い出し、自分がどこにいるのか分かるようになるまで……。

"What?" he muttered, rubbing at sleepy eyes.
「ん……どうした?」
眠い目を擦りながらジョエルはつぶやいた。

"We're here." 'Here' was a small log cabin sitting alone in an isolated grove of trees. There was a small pond just visible through the bare branches; the rest was a dusty dirt road and long open fields stretching for as far as his eye could see.
「着いたんだよ」
そこには小さな小屋がポツンと1軒、木立に囲まれてひっそりと建っていた。すっかり葉っぱの落ちた枝の間からは、小さな泉が垣間見える。他は埃っぽい砂利道と見渡す限りの荒涼とした枯野が延々と続くばかりだった。

"Come on inside. I'll make some coffee. I picked up some dinner on the road. Hope you don't mind fast food.
「入れよ。コーヒーでも入れるから。来る途中、ちょっとしたディナーを買い込んだのさ。ファーストフードが口に合うといいんだが」

"Hardly," Joel replied. His stomach responded with a powerful rumble. He glanced down at it, then looked up to find Griffin grinning at him. Griffin swooped down to kiss the tip of Joel's nose, then leapt from the car.
「贅沢は言わないよ……」
そう答えるとジョエルの腹の虫も派手なあいづちを打った。思わずうつむいて下半身に目を遣ったジョエルは、顔を上げた瞬間、グリフィンがニヤニヤして自分を見詰めているのに気が付いた。ジョエルの鼻先にキスを落とすと、グリフィンは車から降りた。

Joel followed him inside, shivering with the chill of the falling night. He stood, uncertain, in the center of the single room. Griffin, on the other hand, moved with confidence, powering up a generator, turning on lights, kneeling down before the fireplace.
グリフィンを追いかけるように、ジョエルは中に入った。更けゆく夜の冷気に体が震えた。部屋の真ん中でジョエルは、頼りなげに佇んでいた。一方、グリフィンはと言うと、テキパキと動き回り、発電機を始動させ、電気を付け、暖炉の前へとひざまずいた。

"You can sit down," he called out over his shoulder as he loaded some small logs and kindling into the maw of the stone hearth. Joel took a deep breath and did as instructed, settling down on an old, frayed, but well-padded sofa. He sank down into the cushion, air whistling out between his teeth. Griffin was a dark form bent down before the fire as it exploded into life - it threw red highlights into his ebony hair. Joel watched him watch the fire for a moment, then rise gracefully to his feet. He watched as Griffin shed his leather jacket and paced across the room, a long, lean predator. He watched as Griffin set hamburgers and french fries onto blue plates and recovered dusty bottles of beer from below the sink.
「座ったらどうだ……」
石造りの暖炉の火口に小降りの薪をくべ、火を起こしながらグリフィンは肩越しに声を掛けた。深い安堵の溜息をつくとジョエルは言われた通りに、古くて擦り切れてはいるが、クッションのよくきいたソファーに腰を降ろした。クッションに身を沈めると、歯の間からフッと息を漏らした。火の前に屈み込んでいるグリフィンは、逆光で影になっていた。火は瞬く間に燃え上がった(explode into life=suddenly comes to life:活気づく) - その黒壇のような髪の毛に映え、赤く輝いていた。ジョエルは眺めていた。しばしの間炎を見つめ、やがて優雅に立ち上がったグリフィンを。ジョエルは眺めていた。皮のジャケットを脱ぎ捨て、部屋を横切っていくグリフィンを。背の高い、スラリとした肉食獣であるその男を。ジョエルは眺めていた。ハンバーガーとフライドポテトを青いお盆に載せ、埃まみれのビール瓶を台所のシンクの下から取り出すグリフィンを……。

"It'll warm up in here soon," Griffin told him, placing the plates and drinks down on the scarred wooden coffee table, then joining Joel on the couch. It sank beneath his weight, tilting Joel towards him. Their shoulders brushed, sending an electric jolt through Joel's body at the contact. Griffin held out one bottle and this time, unlike earlier -- had it really been the same day? -- Joel accepted it with a soft thank you.
「さあ、これでじき暖かくなるだろう……」
そうグリフィンは声を掛けると、無数の傷がついた木製のコーヒーテーブルの上にお盆と飲み物を載せ、身をくっ付けるようにしてジョエルの脇に腰を下ろした。グリフィンの重みのせいでソファーが沈み込み、ジョエルはグリフィンのほうへと傾げた。肩と肩とが触れ合い、そこからジョエルの体にゾクリと電流が流れた。グリフィンは瓶を差し出した。それにしても今回は、前回とは大違いだった(注:前回は部屋に通された途端に殴られたが、今回は歓待されたため) -- 本当にこれは同じ日の出来事なのだろうか? -- 軽い感謝の念と共に、ジョエルはそれを受け取った。

"You're welcome, always," Griffin told him, taking a deep swig of his own drink. "Oh, that's good. It's been quite a day."
「お前なら大歓迎さ、いつだって……」
自分の分を一気に飲み干す(swig=ガブ飲み)とグリフィンは言った。
「はあぁぁッ、いい気分だ。ったく、エラい一日だったよ」

"You can say that again..."
「ああ、まったくだ(注:直訳すると「もう一度言ってみろ」)……」

"It's been quite a day..."
「本当に大変な一日でした(注:言われた通り、同じ文句を繰り返してジョエルをからかっている)……」

  Griffin chuckled as Joel grimaced at him.
ジョエルが渋面を向けた途端、グリフィンは吹き出した。

"Eat your dinner," Griffin ordered in response. And so Joel did. The burgers were greasy, the fries too salty, but he was starving and it went down smoothly on the wings of the chilly, fizzy alcohol. They ate in silence, then Griffin cleared up with quick efficiency.
「ディナーを喰えよ……」
返事代わりにそうグリフィンは指図した。そしてジョエルは言われるままに従った。ハンバーガーは脂っこく、ポテトは塩辛かった。だが、腹ペコだったジョエルは、キンキンに冷えた発泡酒の勢いを借りて、難なく飲み下すことができた。黙々と2人で平らげてしまうと、グリフィンは手際よく片づけ始めた。

Joel sat still, nursing the remnants of his beer, until Griffin returned. He put the bottle down and turned to meet Griffin's intent gaze, his heart skipping a beat. Griffin's eyes held his own, pinioning him, holding him as he came in closer. Joel couldn't look away, couldn't close his eyes, even as his body stirred in anticipation. He met Griffin's mouth avidly this time, holding nothing back. This was what he was here for; it had been implicit in every thing they'd said and done this day - and perhaps for many, many days before.
ジョエルはただじっと座っていた。グリフィンが戻ってくるまで、残りのビールをグズグズと飲みながら(nurse=乳を飲む)。瓶を下し、ジョエルが振り向くと、そこには食い入るように見詰めているグリフィンの双眸が待ち受けていた。途端にジョエルの心臓は跳ね上がった。ゆっくりと近付きながらグリフィンは、目でジョエルを捉え、羽交い締めにし、抱きすくめた。これから起こることへの期待に体を震わせたままジョエルは、目を反らすことも、閉じることもできなかった。そしてグリフィンの唇を、今度は貪るようにジョエルは受け止めた。抱き返すことも忘れて。このために自分はここにいるのだと。この日の互いの言動のすべてに、それは暗にほのめかされていた。- そして恐らくそれはずっと前から、幾日も前から……。

Large, hot hands framed his face, thumbs stroked at the edge of his mouth. Griffin's tongue delved deep and Joel met it with his own, tangling, stroking. Joel's hands covered Griffin's, then traced his arms, wrists to forearms to biceps to shoulders. He pressed closer, only to find himself pushed down into the cushions, Griffin a hard, heavy weight upon him.
大きくて熱い手がジョエルの顔を挟み込み、親指がジョエルの口角を撫でた。グリフィンの舌がズップリと入り込んでくると、ジョエルもまた自分の舌でそれに応えた。舌を絡ませ、すり合わせるように。ジョエルの手がグリフィンの手を包むと、やがて腕を伝わり、徐々に這い登っていった。手首から前腕、二の腕、そして肩へと……。ジョエルは体を押しつけようとしたが、自分にのしかかっているずっしりと頑丈なグリフィンの身体に阻まれ、クッションの中に自らの体を沈めるだけの結果に終わってしまった。

Griffin's mouth lifted from his, found his cheeks, moved sideways to tease at his ear.
グリフィンの唇は一旦離れたかと思うと、頬へと舞い戻り、次に脇へと移動し、ジョエルの耳朶を苛んだ。

"I want to taste every inch of you, Joel," Griffin growled. "To feel your skin under my hands, watch you writhe with ecstasy as you come in my arms. I want to drink you down, then plunge myself deep within you until we are joined as one." He paused to tongue the crevice of Joel's ear, to bite at his earlobe, a quick, sharp pain that only made Joel moan with growing need.
「どんなお前も俺はすべて知っておきたいのさ、ジョエル……」
グリフィンはうなるように言い放った。
「この手でお前の肌を感じたい。俺の腕の中でお前をいかせて、歓喜にのたうつお前が見てみたい。お前を飲み干して、お前の奥深くへ俺を埋めて、お前と一つになりたいんだ」
耳の穴の際で舌を止めるとグリフィンはジョエルの耳たぶをカリッと噛んだ。たちまち鋭い痛みが走ったが、それはかえってジョエルの欲情を煽り、あえぎ声を出させるだけだった。

"Would you like that?" Griffin demanded, abandoning the ear for the hollow of Joel's throat. Joel breathed in raggedly, his mind hazing over with desire as blood rushed to his groin.
「今みたいのが快いのか?」
グリフィンは返答を強いた。関心の対象を耳から今度は喉の窪みへと移して(abandon〜for…=〜をやめて…する)。ジョエルは息も絶え絶えになり、欲望に先導され、血がいっぺんに股間に集中したせいで、頭がボウっと霞んだ。

"Yesss," he hissed through clenched teeth. "Yes, oh yes." His head fell backwards, exposing the bare curve of his neck. Griffin nuzzled it, suckled, bit and marked the sensitive skin. Joel dug his fingers into Griffin's back and simply held on for the ride, giving way as his clothes were stripped away, tossing aside any last denial with them.
「あ、あぁぁッ……」
ジョエルは食いしばった歯の間から漏らすようにつぶやいた。
「いいッ、んはぁぁ、いいよ」
ジョエルは頭を仰け反らせると、艶かしくカーブを描く首筋をさらけ出した。グリフィンは顔を埋めた。その敏感な皮膚を吸い上げ、噛み付き、そして痕を付けた。ジョエルはグリフィンの背中に指を食い込ませ、振り落とされないよう、必死にしがみついた。服が剥ぎ取られていくに任せ(give way=yield, surrender)、なけなしの抵抗すらも服と共にかなぐり捨てて。

Griffin settled back across him, resting his elbows on the sides of Joel's face. The feel of his clothes, soft cotton and denim, felt strangely erotic on Joel's bared skin. He wrapped his arms around Griffin's back, pulling him down, spreading his legs wide to cradle him. He reached up and wove fingers through the straight silken strands of Griffin's hair.
顔の両脇に肘を付き、上から俯瞰するように、グリフィンはジョエルを組み伏せた。ジョエルの素肌に触れるグリフィンの服のコットンやデニムの柔らかな感触は、驚くほど官能的だった。両腕を背中に回すとジョエルはグリフィンを引き寄せ、脚を一杯に開いてグリフィンを挟み込んだ。そうしてジョエルは手を伸ばし、グリフィンの真っ直ぐで絹のような髪の毛に指を絡ませた(wove=「weave:織る」の過去形)。

"Aren't you a little overdressed for this?" he said, tugging Griffin's mouth towards his own. Griffin smiled into the kiss, pulling away a long moment later to tip his mouth away while his forehead dipped to touch Joel's.
「これからって時に少し厚着過ぎないかい?」
ジョエルは言った。自分の唇へとグリフィンを手繰り寄せながら。グリフィンはキスしながら微笑み、しばらく経ってから、自分の額をジョエルの額に擦り付けたまま、引き剥がすように唇を引き離した。

"Not for now. There's time. Right now, I have other plans." He kissed Joel's forehead, then across his temples, then his cheekbones, lips and tongues tracing every feature. He ran his hands through Joel's dark blonde hair, caressing his scalp, then down to massage the base of his neck.
「まだ今はいいのさ。時間はたっぷりあるんだ。今は別のプランを楽しもうぜ」
そう言ってジョエルの額にキスするとグリフィンは、次にこめかみへ、それから頬骨へと移動し、唇と舌を駆使してジョエルの造作をつぶさに辿った。グリフィンは両手でジョエルのほの暗いブロンドの髪を梳くと、頭皮を撫で、やがて降りていくと、首の付け根を揉みしだいた。

Hands and lips and fingers and tongue moved in concert now, exploring, mapping, memorizing Joel. The pad of a thumb ran the length of one collarbone and then the other. Teeth followed, lightly grazing. Joel's right shoulder was next, his arm, damp trails of saliva cooling on his skin, down one biceps, into the curve of an elbow, stopping there to suckle at a startlingly sensitive stretch of skin. Downward further, a teeth scratched at the mound of his palm, quickly bruising, soothed with the sweep of a tongue and a kiss. Each finger, in turn, was suckled deep into moist heat, tasted, reluctantly released.
今や、両手が、唇が、指が、そして舌が一斉に蠢き出した。ジョエルの体の上を、探るように、地図に写し取るように、脳裏に焼きつけるかのように。鎖骨の一本に親指の腹(pad=肉趾)を沿わせたかと思うと、他の鎖骨も同様になぞった。その跡を追うように軽く歯を立てる。次にジョエルの右肩を、腕をなぞる。肌をひんやりと濡らす唾液の軌跡を残しながら。二頭筋(力こぶ)へと降りていき、曲げた肘に達すると、立ち止まり、驚くほど細やかに伸びる肌を吸い上げた。更に下っていき、ジョエルの手のひらの膨らみに歯を立てると、素早く歯形を付けては、舌と唇で掃くように慰撫した。指が一本一本、順番に、しっとりとして熱い物の中に、深々とくわえられ、しゃぶり尽くされ、強引に解き開かれていった。

One arm - and then the other - was subjected to the same exquisite torture. Joel's bones felt as though they had morphed into rubber, his skin as though it was afire. Every touch bolted a line of flame straight to his groin. His cock felt as though it burst at any second; he was sure he wouldn't, couldn't, possibly take much more of this. But Griffin was only getting started, and the graze of an eye-tooth on an already hardened nipple was enough to make Joel howl.
片方の手が終わると -- もう一方の手にも -- 今と同じ、丹念で容赦の無い責め苦を科した。ジョエルは自分の骨がゴムに変容し、皮膚が焼け焦げるような幻覚に襲われた。あらゆる愛撫は炎が伝わるように(bolt=move fast/run away suddenly)一斉にジョエルの股間を直撃した。ジョエルのペニスは今にもはち切れそうだった。ジョエルには強い確信があった。恐らく自分はこれ以上望まないし、これで精一杯(take much more of=これ以上耐えられない)だろうと。だが、グリフィンのほうはまだまだこれからといった様子であり、その瞳に射抜かれ、既に硬く尖り切った乳首に犬歯を立てられただけで、ジョエルはたちまち雄叫びを上げてしまいそうだった。

Griffin abandoned his exploration just long enough to swallow that scream, to kiss him into a temporary stay, slowing down, waiting, until Joel was able to breath again. Then the assault continued, teasing every inch of his body from throat to hips, then down one leg and up the other. Griffin found erogenous zones Joel hadn't known he possessed. The lick of a tongue across the inside of his ankle nearly made him come then and there. Yet, somehow, Griffin knew just when to stop, to wait, to ease things off until he could continue. Until Joel was writhing beneath him, mindless, moaning.
もう十分だと思えるくらいたっぷり時間を掛けた愛撫をようやく緩めるとグリフィンは、ジョエルの叫び声を飲み込み、小休止がわりにジョエルにキスをした。そうやって再びジョエルが呼吸を回復するまで、スピードを緩め、辛抱強く待ち続けた。が、間もなく攻撃は再開された。体中くまなく、喉から尻へと、じらすようにまさぐる。やがて一方の脚を下りていったかと思うと、反対側の脚を上って戻ってくる。グリフィンはジョエル本人さえ知らなかった性感帯を発掘していった。足首の内側を行き来するように這い回る舌のおかげで、あわやジョエルはその場で達してしまいそうになった。が、どういうわけだか、グリフィンは限界ギリギリまで、どこで止めるべきか、いつまで待つべきか、手を緩めるべきタイミングはいつかを、小憎らしいまでに心得ていた。ジョエルはグリフィンの体躯の下で、のた打ち回った。身も世もなく、ただうめき声を上げ続けながら。

Griffin moved up again, drew Joel into another kiss, then rested upon him for a moment. "Do you have any idea how beautiful you are?" he whispered, stroking sweat-dampened hair back from Joel's temples. "You glow in the firelight, reflect and outshine it. So beautiful, my Joel, my beloved."
グリフィンは再びよじ登ってくると、ジョエルを引き寄せ、口付けし、しばしの間ジョエルに体を預けた。
「自分がどんなに美しいか、お前は考えたこともないんだろうな」
グリフィンは囁き掛けた。ジョエルのこめかみから、汗で濡れた髪を掻き上げながら。
「炎の中で、炎を反射して、まばゆいばかりの光を放っている……。何てキレイなんだ。俺のジョエル……俺の愛しいジョエル」

Barely registering the voice, much less the words, all Joel could say was "Please...please..." A plaintive plea that was met with another fierce kiss and then a quick slide downward. Joel thrust his hips upward, silently now, demanding attention to the one needy part of his body that had been, until now, ignored. And at long last, Griffin met that need with passionate surety.
声を発することもできず(register=感情などを表す)、まして(much less=否定文の後で:いわんや 〜どころか〜ない)言葉を紡ぐなどもってのほかなジョエルは、こう訴えるのがやっとだった。
「頼・む・か・ら……どうか……」
やるせないジョエルの訴えは、再び手荒なキスに掻き消されたが、グリフィンの唇はすばやく下へと滑り降りた。ジョエルは腰を突き上げた。もう何も言わず、ただひたすら、どうにかしてほしいとせがむように。今までずっと、放っておかれて、もはや限界に達していた体の飢えた部分を。そして長い辛苦の果て、ついにグリフィンはその飢えを満たしてやった。情熱を込めて、圧倒的な確かさで……。

The heat, the slick moisture, the pressure were all Joel could have dreamed of and more than he could have imagined. Somehow, Griffin drew him in deep, his fingers guiding, probing, squeezing, finally pumping to match the suction of his throat. Joel screamed aloud as his body released in one, powerful convulsion, his back arching, his arms and legs jerking, fists clenching. Griffin rode him out, held him down, took all that was offered to him, suckled and stroked until Joel collapsed, darkness flooding in upon him.
ジョエルは夢見てきた。その熱さも、なめらかでしっとりとした感覚も、包み込む力強さも、何もかも。そしてそれはジョエルの想像を遥かに超えていた。深々と呑み込むとグリフィンは、指を宛い、まさぐり、握ったりしていたが、終いには吸い上げる喉の動きに合わせるように上下にリズミカルに扱いた。躯が精を放った途端、ジョエルは悲鳴を上げた。一度だけ激しく身をうねらせ、背中を撓らせたまま、腕や脚を闇雲にバタつかせ、拳をギュッと握り締めるようにしながら。グリフィンは振り落とされないよう(ride out=乗り切る)しがみつき、押さえ込むと、自らに差し出されたあらゆるものを享受し、しゃぶり尽くし、慈しんだ。ジョエルが崩れ落ち、闇に飲み込まれてしまうまで……。

He woke to find himself cradled between a strong, slender body and the fraying, worn sofa cushions, hands stroking his spine and his scalp. Soft kisses rained down on his shoulder, interspersed with quick, near-painful bites. He moaned in response, wriggling beneath the other man's weight. Griffin reached down, around him, to hold him still, to embrace him more fully. It was only then that he realized that they were both naked now, skin caressing skin in slick contact.
目を覚ますとジョエルは、力強くスマートな体とボロボロに擦り切れたソファークッションの間に挟まれて、背骨や頭皮を両手で撫でられながら、あやすように抱きかかえられていた。肩に優しいキスが雨のように降り注ぐ。合間に、軽くだが痛いくらいの甘噛みを交えながら。応えるようにジョエルはうめいた。のしかかる男の躰の重みを感じながら、のたうちまわった。グリフィンは体を下ろし、両脇に手を回し、しっかりとジョエルを抱き締め、よりピッタリとジョエルを包み込んだ。肌と肌が擦れ合う、その絹のように滑らかな感触に包まれて、ようやくジョエルは気付いた。今や2人が一糸纏わぬ姿であることを……。

Joel turned his head and caught a glimpse of white teeth and coal eyes before his mouth was captured in a now-familiar demand. Accepting that need, reflecting it, was the only response he knew now. Nerves tingled across his entire body as Griffin tightened his embrace, pressed an equally fierce demand down upon the curve of Joel's back.
首を捻ったジョエルは、チラッとのぞいた白い歯と漆黒の双眸に吸い寄せられ、その瞬間、たちまち唇を奪われてしまった。今ではすっかり馴染みとなった、その欲しがりな唇に。欲求を受け入れ、応えてやることだけが、今のジョエルにできる唯一の返事だった。抱き締めている腕に力が込められると同時に、ジョエルのくびれた腰の裏側に獰猛にたぎったグリフィンの欲望が押し付けられた。途端に、ジョエルの体中の神経という神経に震えが走った(tingle=ぞくぞくする)。

When they came up for air, Griffin's voice was raw in his ears. "I need you now, Joel." There was no question what he meant; Griffin throbbed against him; silken hardness already seeking entrance. The knowledge of it, the idea, washed over Joel's senses like a strike of lightening, melting him in a rush of liquid heat. Somehow he didn't even need to say a word - Griffin sensed his acceptance, his need - answered it with another searing kiss. Joel sank into it, laying limp as Griffin's large, firm hands explored him again.
新鮮な空気を求めて2人が頭をもたげた瞬間、欲望に掠れたグリフィンの声がジョエルの耳元で囁いた。
「もう限界だ、ジョエル。お前が欲しい」
もはや疑問の余地はない。グリフィンは本気なのだ。ドクドクと脈打つグリフィン自身がジョエルの躰に押し付けられ、絹のように滑らかで硬い何かが、さっきから入り口を探していた。その正体が分かった途端、まるで雷に撃たれたかのように、ジョエルの感覚は押し流された。溢れるような灼熱の激流の中にその身が溶けてしまったかのように。なぜだかジョエルは感じた。言葉にするまでもないと - グリフィンには伝わったのだ。拒む気がないどころか、欲しくてたまらないのは自分のほうだということが - 再びグリフィンは燃えるようなキスでジョエルに応えた。その接吻の中にジョエルは溺れた。再びグリフィンの大きくて力強い両手にまさぐられ、しどけなく横たわりながら。

Joel couldn't quite understand where Griffin's control came from. He was past ready by the time one slick-coated finger slid inside him. His body convulsed, both fighting and welcoming the invader. He was soothed with long, sure strokes on his own re-burgeoning cock, kisses on the nape of his neck, a low whisper of 'breathe my love.' He breathed deep, let it go, and let the tension flee. As it went, the probing finger slid deeper, breaching his final defenses until it hit upon the center of his being and he exploded, screaming aloud. Again, Griffin soothed him, then sent him flying again on pulsating waves of ecstasy. Yet, that slender, periodic touch wasn't enough - he needed more and he shouted out the demand in a voice that broke on its own power.
ジョエルには到底理解できなかった。どうしてグリフィンはこれほどまでに自分を律することができるのだろうかと。潤滑剤が塗られた指がジョエルの体の中に挿し込まれた頃にはもう、とっくに受け入れる用意が出来上がっていた。侵略者に抗いたい気持ちと喜んで迎え入れたい衝動がせめぎ合い、ジョエルの体は激しくわなないた。そんなジョエルをグリフィンは宥めた。たっぷりと時間をかけ、再び力を増したジョエルのペニスに、確実な愛撫を加えながら。ジョエルの首筋に口づけ落とし、「いい子だから、息を吐くんだ」と甘やかに囁きかけて……。ジョエルは深々と息をすると、抵抗を止め、緊張を逃がした。弛緩するに連れて、まさぐるような指が奧へ奧へと挿し込まれ、ジョエルの最後の守りを突破し、ジョエルの躯の中にある快感の源泉を探り当てた。ジョエルはついに絶叫した。激しい悲鳴を上げて。再び、グリフィンはジョエルを宥めた。そうして絶頂がもたらす痺れるような快感の波にジョエルは再びさらわれた。それでもまだ、絶え間なく与えられる細い指による愛撫だけはもはや満足できなくなっていた - ジョエルはもっとイイものが欲しくて、切れ切れに切迫した声でせがんだ。

The finger withdrew, leaving him gasping in frustration. He reached back, only to have his arms seized, held down, as Griffin's body shifted over his. The emptiness abruptly gave way to fierce, blunt pressure and he sobbed aloud again, his body twisting, jerking as desire struggled with sudden fear and pain struck. Too much, it was too much, he couldn't do this. And yet, he found himself thrusting back, impaling himself on the giant intruder as it seemed to split him open, driving so deeply into him that he thought there'd be nothing left of him.
指が抜き去られると、ジョエルは不満げな喘ぎを漏らした。ジョエルは取り戻そうと手を伸ばし、闇雲に両腕でしがみつき、引き下ろそうともがいた。同時にグリフィンの身体がジョエルの上にのしかかった。喪失感は突然、猛烈で鈍器のような圧力に圧倒された(give way=yield, surrender)。再びジョエルは声を上げてむせび泣き、躯を捩るように、激しくのた打ち回った。突然襲いかかってきた恐怖や激痛相手に、欲望が奮闘している間中……。それはあまりにも強烈だった。あまりに強烈すぎて、耐えられないほどだった。なのに、それでもジョエルは自分から腰を突き上げているのに気付いた。巨大な侵入者に穿たれながら。それは自分を割り広げるかのように、自分の中に深々と埋め込まれたために、ジョエルには一寸の隙も残されていないかのように思えた。

Then it stopped, throbbing deeply inside him, Griffin wrapped around him, in him, over him, kisses and caressing gently easing him as he struggled to breath. Each gulp of air seemed to relax him just a bit, Griffin's sure hands teased nerve endings back into fiery awareness. Finally, the tension fled and he sank downward. It was the one signal Griffin had been waiting for; he moved. Joel's entire body followed, a pleasure deeper, darker, more intense than he'd ever imagined he could feel, shearing through him. Griffin slid away, then thrust back in, Joel rocked back, welcoming him.
やがてグリフィンは動きを止め、ジョエルの奥深くで荒々しく息づいた。グリフィンはジョエルを包み込むように抱き締める。ジョエルの中と外から。キスを浴びせ、息をしようと必死にもがくジョエルの緊張を解すように優しく愛撫した。息を吹い込むたびに、ジョエルが少しずつ落ちつきを取り戻していくのが分かる。グリフィンはしっかりとした手つきでジョエルの神経を刺激し、自身を猛々しく目覚めさせることで苦痛を逃がしてやった。ついに緊張は消え去り、ジョエルの躯がぐんにゃりとくず折れた。それはグリフィンがずっと待ち望んでいた一種の合図のようなものだった。グリフィンは律動を開始した。ジョエルは全身で追求した。想像したよりも、より深くて、邪悪な、もっと強烈な快感を。ジョエルは感じた。躯が切り裂かれるような感覚を。グリフィンは躯を引き抜くと、再び中へと押し込んだ。ジョエルはねだるように腰を揺らして、自分からグリフィンを迎え入れた。

Griffin ruled the rhythm, manipulating Joel with a control that seemed nearly inhuman. Joel gave himself up to it, riding the waves of pleasure as they crashed over him, each one coming just a bit closer to drowning him. Griffin's fingers closed on Joel's wrists, digging in deeply, holding down, holding him close, teeth tearing at the side of his neck. Strangely, in the end, it was Griffin who screamed when Joel finally fell, his body pouring its very essence into Joel's even as they tumbled into oblivion.
まさにグリフィンのペースだった。ほとんど超人的とまで言える自制心でジョエルを思うままに操った。ジョエルは身を委ねた(give oneself up to=没頭する)。快感の波に乗り、その波が自分の上で砕けるに任せて。それぞれの波がほとんど間近に迫り、もう少しでジョエルは溺れそうだった(come close to 〜ing=もう少しで〜するところである)。グリフィンはジョエルの手首を指でしっかりと捉え、指を深く食い込ませ、押さえ付け、きつく抱き締め、ジョエルの首の脇に食らいついた。奇妙なことに、ジョエルがとうとう陥落した時、最後に叫んだのはグリフィンのほうだった。グリフィンの体がジョエルの中に精を注ぎ込んだ瞬間、2人は忘我の中に落ちていった。

~~~~~~~~~~~~~

Joel was barely coming awake when he felt something cold tighten around his already sore wrists. He murmured, trying to turn over, open his eyes and come to awareness.
ジョエルはようやく目を覚ました。擦りむけて前からヒリヒリしていた手首の回りに、何か硬くて冷たいものが当たるのを感じて。ブツブツつぶやきながら、寝返りを打ち、目を開けると、どうにか意識を取り戻し始めた。

"Ssshhh," a now familiar voice rumbled in his ear. "Stay still."
「シーッ……」
その瞬間、聞き覚えのある声が耳元で囁いた。
「そのままじっとしてろ」

Joel snapped fully awake, abruptly realizing that his hands were cuffed behind his back.
ハッとしたジョエルはすっかり目を覚まし、たちまち思い知らされた。何と後ろ手に手錠が掛けられていたのだ。

"What the hell?" he questioned, wincing as the effort to speak rubbed harshly against an already raw throat.
「一体、何の真似だッ?」
ジョエルは問い質した。顔を強張らせながら、すっかり涸れてしまった喉から擦れ声を絞り出し、必死に話しかけようとして。

"It's necessary," Griffin told him, gently stroking sweat-soaked strands of hair back from Joel's eyes. "They have to think you're the victim here, so they don't punish you."
「こうするしかないのさ……」
グリフィンはジョエルに告げた。汗でぐっしょり濡れた髪の毛をジョエルの目から払い、後ろに優しく撫でつけながら。
「ヤツらはお前がここで捕まってたと思うだろう。そうすればお前は罰せられずに済む」

Joel blinked up at the shadowed face hovering over his own. "I don't understand. Why would anyone punish me?"
ジョエルは目をしばたたかせた。自分を見下ろしている男の、逆光のために影になっているその顔に向かって。
「何を言っているのか分からないよ。どうして僕が罰せられなくちゃならないんだ?」

"You'd never be allowed to return to your work if they thought you were willing in this. Our love is beyond their comprehension."
「自らから進んでこの状況に陥ったと思われたが最後、2度と元の仕事には戻れないぞ。俺達の愛はヤツらの理解を越えちまってるからな」

"Work?" Joel questioned. "To hell with my work. Griffin..."
「仕事だって?」
ジョエルは聞き返した。
「今さら仕事が何だっていうんだ。グリフィン……」

A finger pressed firmly against his lips, silencing him.
指がジョエルの唇を固く制し、ジョエルを黙らせた。

"Don't say that. What you do is who you are and I need you to be you."
「そんなこと言うもんじゃない。お前から仕事を取り上げたら、お前はお前でなくなっちまう。俺はお前に、お前のままでいてほしいんだ」

Joel wasn't in the least bit sure he understood that, or anything else that had happened. Exhaustion, satiation, soft throbbing of remembered fulfillment, remnants of desire all stirred within him. Did this really need intellectual definition? His body said no; all it cared about was Griffin's continued closeness. Yet, his mind was beginning to function again, and it had far too many unanswered questions to be totally ignored.
ジョエルは果たして自分にそれが理解できたのかどうか、まるで自信がなかった(not in the least=ちっとも〜ない)。あるいは、何が起こったのかすら、おぼつかなかった。全力を使い果たした疲労感、十分な満足感、思いを遂げたという記憶による微かな胸の動悸、変わらずに今も自分の中で燃え続ける欲望の残滓……。この感覚を理屈で説明する必要など本当にあるのだろうか? ジョエルの体は否と叫んでいた。専らジョエルが心を砕いているのは、いつまでもグリフィンの側にいること、ただそれだけだった。それでもジョエルの頭脳は再び回転し始めていた。そして顧みられることなど決してない、答えてもらえる当てのない無益な問いをいつまでも紡ぎ続けていた。

"What about you? What are you planning to do?" he asked, winning a tender, wry smile in return.
「それで、君はどうするつもりなんだ? 何か当てでもあるのか?」
ジョエルの問いは、優しげな苦笑をグリフィンから引き出した。

"Retire. Try something new. Who knows? It's a big world out there," Griffin replied with apparent calmness, but Joel could sense the tension strung beneath the casual words.
「引退するよ。何か新しいことでも始めるさ。さて、どうするかな。何せ外の世界は広いからな……」
グリフィンはさも落ち着いた口調でこう答えた。だが、ジョエルにはそのありふれたセリフに潜むある種の緊張感に気付いていた。

"You're leaving me," Joel stated, unable to keep the sudden burst of pain out of his words. It startled him, but not Griffin.
「君は僕を置き去りにしようっていうのか……」
ジョエルは言い掛けたが、自分の言葉に突然、胸に痛みがこみ上げるのを禁じ得なかった。驚愕したのはジョエルのほうで、グリフィンではなかった。

"I have to," Griffin whispered, closing his eyes briefly. "Otherwise, I'll change you or destroy you and I can't let that happen." He shook his head as Joel tried to respond. "No - I'm right about this. You're my light, Joel, and I won't bury you in my darkness. I love you too much." He smiled forcibly, his eyes gleaming. "We had our last dance. That's why I came to Chicago - to dance with you one more time. It was beautiful, so wonderful, and I hate to let it go, to let you go, but it has to be. I know that now; I guess I always did."
「これは運命なのさ……」
グリフィンは囁いた。しばらくの間、目を閉じて。
「こうでもしなければ、俺はお前を変えちまうか、お前をダメにしちまう。そんなこと、させるわけにはいかない」
ジョエルは反論しようとしたが、グリフィンは首を横に振った。
「いいや - この件に関しては俺は間違っちゃいない。お前は俺を照らす光だ、ジョエル。お前を引きずり込むわけにはいかないんだ、俺の心の闇の中に……。俺は愛し過ぎてしまったんだ、お前を」
グリフィンは無理やり微笑もうとした。目を輝かせて。
「俺達は終わりのダンスを踊った。そのために俺はシカゴまでやって来たんだ - お前ともう一度踊るために。あんなに美しく、かけがえのない体験は初めてだった。だから俺だって手放したくはないんだ。お前を失いたくはない。でも、こうしなければならないんだ。今になってみてようやく俺も分かったのさ。俺は結局、こうしただろうって……」

He kissed Joel, then swiftly covered his mouth with a strip of cotton cloth. After tying it firmly around Joel's head, stopping him from speaking, Griffin leaned forward again to kiss him through the barrier.
グリフィンはジョエルにキスすると、木綿布の帯でジョエルの口を素早く塞いだ。ジョエルの頭の回りにしっかりとくくり付け、ジョエルから言葉の自由を奪うとグリフィンは、もう一度身を寄せ、2人を隔てる布越しにジョエルにキスをした。

"I'll call them just as soon as I can. They'll get here fast. You'll be all right, just let them think the obvious. The truth -- that's ours alone, our own precious secret. I love you, Joel, for always. I'll be waiting for you in the next life and beyond. And you'll come to me again, someday. Maybe then we'll be luckier than we were this time around. Until then, live well, my love."
「連中にはできるだけ早く電話するよ。ヤツらなら、すぐでもここにたどり着くだろう。何も心配いらない、連中が考えることなんて知れてる。真実は - 俺達だけのものだ。俺達だけの大切な秘密さ。愛してるよ、ジョエル。いつだって。来世だろうが、その先だろうが、俺はずっとお前を待ってる。そしてお前もいつか、俺のところに戻ってくるんだ。その時には多分、俺達の関係も、ちったぁマシになってるだろうよ……今よりはな。その時まで、元気で暮らせよ。愛しいジョエル」

Joel closed his eyes as Griffin pressed one final tender kiss into his forehead and then moved away. He lay still, heart pounding, as footsteps moved away and a blast of cold air came through the briefly opened, then closed door. He could hear the car's engine start, roar and slip away, leaving him alone. Even if he could have spoken, he wouldn't have known what to say.
ジョエルは目蓋を閉じた。自分の額の上に最後にグリフィンがそっとキスを落とし、去って行ってしまうと。微動だにせずジョエルは横たわっていた。心臓が激しく鼓動する。そのうちに足音は遠ざかり、一瞬開いたドアの隙から冷たい空気がサッと吹き込んできたかと思うと、ドアの閉まる音がした。エンジン音がし、やがてゴーという音をさせながら車が走り去るのが聞こえた。ジョエルを一人残して……。たとえ、口がきけたとして、一体ジョエルに、何が言えたというのだろうか。

If Griffin had given him the choice, would Joel have gone with him? The answer to that terrified him. He was far too sure that he'd have pleaded to go. But Griffin had taken the choice away with him. He was left behind with conflicted emotions and shattered sensibilities. Griffin had said that he didn't want to change Joel, but the truth - as Joel already knew - was that Joel had already been changed.
もしグリフィンが自分に選択肢を与えてくれていたら、自分はグリフィンに付いて行っただろうか? その答えは、ジョエルを震撼させた。ジョエルには分かり切っていた。一緒に連れてってくれと自分は必死になって哀願するだろうと。だが、グリフィンは自分から選ぶ権利を奪ってしまった。ジョエルは葛藤し合う感情と、何も感じることができない痺れたような感覚を抱えたまま、その場に取り残されていた。グリフィンはジョエルを変えたくないと言った。だが、本当は - ジョエルはとっくに知っていた - 今さら元の自分にはもう戻れないということを。

The collision of their lives had been cataclysmic. Perhaps Griffin was right and it had been meant to be. Joel didn't know. All he knew was that everything he thought he'd known about himself had been turned upside down. His laugh was a rush of moist air caught in cloth as he closed his eyes and settled down to wait for the coming 'rescue.'
二つの人生が遭遇してしまったことはほとんど天災のようなものだった。恐らくグリフィンの取った行動のほうが正しく、はじめからこうなる運命だったのだろう。ジョエルは知らなかったのだ。分かったのはただ、自分という人間を理解しているつもりでいたことがすべて正反対だったということだ。おかしくて思わずジョエルは吹き出し、その湿った空気はジョエルを覆う布に吸い込まれた。ジョエルは目を閉じ、救助隊とやらが来るのをおとなしく待つことにした。

"Live well too," he echoed in his thoughts, finally accepting that one last truth. "Live well and goodbye, my love."
「君も元気で……」
心の中でそう呼びかける。最後にたった一つ残された真実をついに受け入れながら。
「元気で。そして、さよなら……僕の愛するグリフィン」

End
終わり


お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、リクエストくださったerin様、快く翻訳の許可を下さった作者様、英語表現を解説してくださったKamen様に深く感謝いたします。
フロントページに戻る