When Memory Fades - part one
記憶が癒える時 - 第1部

by J. Kallen
J.カレン著


For Curt
カートに捧げる

Course and jagged hands
A fiery
Damned
Voice in my head
Oh sultry nature
My Lover
I'll be thy Muse
So change me
And caress me
Til you mold me
For your own body
And pagan use
獰猛で(course=>coarseのミススペル?)荒々しいその両手で僕を抱き
激しく
地獄のような
その声が僕の中でうなりを上げる
ああ何と情熱的で不埒な男なのだろう
僕の恋人よ。
我は汝のミューズ(注:九女神の一人で芸術・学問を司る。ミュージシャンのカートの才能に貢献したいというアーサーの意志の表れ)となろう。
それゆえ僕を変え
そして僕を愛撫してくれ。
君に作り変えられるまで(til=tillの短縮形)
君の身体の形に合うよう
たとえそれがどんなに残酷(pegan=bad/cruel/wild)なことだとしても。

- Arthur Stuart
- アーサー・スチュワート

I ran out of the bar, away from the smoke and the decadence of alcohol. I had the pin in my hand, still wet in my palm, a mixture of beer and my own spit. I shoved the pin in my jacket pocket and ran. I couldn't allow Curt to leave, not again. Out on the street I searched.
タバコの煙とアルコールにまみれた退廃から逃れるようにして、僕はバーから飛び出した。手にピンを握ったまま。ビールと唾液にまみれたそれは今も僕の手のひらを濡らしていた。ピンを上着のポケットに突っ込むと僕は駆け出した。カートを逃がすわけにはいかなかった……今度こそは。通りに出ると、僕はカートの姿を探した。

"Hey."
I heard his voice call from behind me. I shivered, the tingle extended to my fingertips and I felt a rush of blood come to my cheeks.
「おい」
背後から僕を呼ぶ声がする。身体が震え、指先までズキズキし、たちまち頬が上気していくのを感じる。

"So this is how your turned out. I've always wondered about you," Curt said. I was stunned to hear him say that. All these years. That night was amazing. Me, sex on a rooftop. Ugly me, Arthur Stuart, who could have known that I was capable of such things.
「そうか、お前(your=>you'veのミススペル?)がこんな風になってたとはな。俺はずっとお前のことを気にかけていたんだぜ……」
  とカートは言った。その言葉に僕は気を失いそうになる。あれからずっとだなんて……。あの夜のことは信じられない出来事だった。僕が屋上でセックスするなんて。みっともないこの僕に、アーサー・スチュアートに、あんな芸当ができるなどと、誰が想像しえただろうか。

Curt was an iridescent flicker in my memory. His skin accepted me the awkward schoolboy. His hands moved through me where no one cared to touch before. It was ultimately all so brief.
カートは僕の思い出の中で虹のようにきらめく微かなともしびだった。野暮ったい高校生にすぎなかったこの僕をその肌で受けとめてくれた。それまでは誰一人触れたいと思う人のなかった(care to〜=〜したいと思う)僕の身体の至る所にその手は触れてくれた。たとえそれがほんの束の間の出来事であったとしても。

"I didn't think you remembered me," I said.
「僕のことなんて覚えてないと思ってた……」
僕は言った。

Curt smiled generously and extended his hand, low at waist level. His smile was small and gentle. I was induced by him. In all the pictures I had of Curt Wild and Brian Slade, Curt always had a look of insatiable lust in his eyes.
カートは慈悲深げな微笑みを浮かべ、腰の高さに気軽に手を差し伸べた。ほんの僅かの間だったが、あのカートが優しそうに微笑んだのだ。どうやらカートは僕をナンパ(注:induce=罠にかける<=ここでのアーサーは過去のカートのイメージとは違う今のカートの穏やかさを訝っている)する気らしい。かつて僕が収集していたカート・ワイルドとブライアン・スレードが写っている写真類では、カートはいつも、みだらな欲望をその瞳の中にたたえていたのだから。

Yet he was looking at me, his eyes a calm steamy blue. I reached out and he took my hand, he was warm and I blushed as if his heat traveled to my face. Our fingers created a dovetail and we began to walk. It was a cool night with chatter still echoing in the air.
依然としてカートは僕を見つめていた。穏やかで曇った(steamy=性的興奮のあまり熱気で雲っての意。が、calmとsteamyとでは矛盾するので、steamy=>steady「落ちついた」のミススペルか?)青い瞳で。差し出した僕の手をカートは捕らえた。カートは温かく、まるでカートの発する熱が顔に伝わってくるかのように、僕の顔は紅潮した。指をしっかりと絡み合わせると、僕らは歩き出した。囁きがいまだに(注:昼間の喧噪なのか、二人のそれまでの会話のことか?要確認)静寂の中にこだまするほど冴え冴えとした夜だった。

"Are you O.K.?" Curt asked.
「大丈夫か(寒くないか)?」
カートは尋ねた。

I laughed out loud.
"Yeah. I can't believe this is happening. I didn't think you'd wait for me. Did you know that I'd come looking for you?"
僕は声高に笑った。
「うん。こんなことになるなんて、僕には信じられないよ。君が僕を待ってたなんて思ってもみなかった。君を探しに来てたって知ってたの?」

I said. I was stumbling, I heard myself. I was embarrassed and turned my head toward the gravel.
僕は言った。僕は言葉に詰まり、自分が何を言ったのか改めて気付いた。どぎまぎして僕は砂利道へと顔を伏せる。

Curt nodded.
"You can't hide your innocent face, not even now."
カートは頷いた。
「嘘が付けない顔だからな、今でも」

He stopped me under a streetlight and pulled me close. He traced my face with his fingertips. My hands clung on to his waist and I closed my eyes at his proximity.
外灯の下でカートは行く手を塞ぐと、僕を近くに引き寄せた。指先が僕の顔を辿る。両手をカートの腰に絡め、僕は間近に迫るカートを前に目を閉じた。

Curt abruptly stopped and held me, pinned my arms against me and clutched my back.
"What's wrong?"
I asked.
カートは不意に動きを止めると、僕を抱き、絡めていた両手ごと、抱えるように背中を抱き締め(車から身を潜め)た。
「どうしたの?」
僕は尋ねた。

Then I saw the problem. A stark white limo crawled like an apparition beside us. It never stopped but a tinted window lowered and I saw Tommy Stone peering at Curt.
やがて疑問は解けた。目立つ白いリムジンが2人の脇を亡霊のようにすり抜けて行った。停車しなかったものの、色付きの窓ガラスが下がり、カートをじっと見つめるトミー・ストーンの姿が見えた。

"Don't worry," Curt said.
「心配ないさ……」
カートは言った。

"I'm not worried, " I said and kissed his cheek.
「心配なんてしてないよ……」
僕はそういうとカートの頬に口付けた。

Curt released me and placed his arm on my shoulder. The limo drove away. I got desperate and grabbed a hold of him and whispered into his neck.
"Please Curt."
カートは僕を解き離すと、肩に腕を回した。リムジンは走り去った。僕は死にもの狂いでカートをギュッと抱き締めるとその首筋に囁いた。
「お願いだ。カート」

I said his name and to say it knowing he was right in front of me made me want to cry out. I controlled the urge.
"Let's go somewhere, please."
僕はカートの名前を呼んだ。すぐ目の前にカートがいることを知りながら、それを口にしたことで、僕は今にも叫びだしそうだった。が、僕はその衝動を抑えた。
「どこかに連れていって。お願いだから」

"All right. My place?"
「了解。俺のところでいいか?」

"Yes."
「うん」

Curt hailed a cab and I was lost. Lost between the lights of the city blurring into one another and sound of the uneven road rumbling below the cab. Curt lit a cigarette and maneuvered his other arm around my shoulder.
カートはタクシーを呼び停めると、僕は夢心地だった(ぼーっとして自分を見失った)。互いに霞みゆく街明かりとでこぼこ道をガタガタ走るタクシーの音のはざまに迷い込んでしまったかのように。カートはタバコに火をつけると、片方の腕をさりげなく僕の肩に回した。

Like a little boy holding on to his favorite teddy I wrapped myself around him and reveled in the joy of touching him. Yes. To feel him again and inhale his scent. I held on to him, his warmth, it felt like being tucked into bed on a chilly winter's night.
小さな男の子がお気に入りのテディ・ベアにしがみつく(hold on to=すがりつく)ように、僕は腕を巻き付けてカートを抱きかかえ、カートに触れる喜びに耽った。ああ、そうだ。再びカートを感じ、その香りを吸い込みたくて。僕はカートに、まるで凍える冬の晩に寝具に包み込まれるかのようなカートの暖かさに、すがりついた。

The cab stopped.
"We're here," he whispered. He brought me to his loft. Curt flipped a switch and all the lights seemed to flicker on, he dimmed the lights quickly.
タクシーが止まった。
「さあ、着いたぞ……」
カートはそう囁くと、僕を自分のロフトに連れていった。カートが明かりのスイッチを入れると、一斉に明かりが点灯したので、すぐさまカートは光量を落とした。

I wanted him baldly. I knew I was taking a chance but if this was going to be a one night stand I wanted everything I could get. I tugged at him and pulled off his leather jacket.
僕はただただ素直にカートがほしかった。自分が一か八かの賭けをしていることは分かっていても、今回もまた一夜限りの情事にすぎないのならば、手に入れられる全てを僕は欲しいと思った。僕はカートをぐいと引き寄せると、そのレザージャケットを脱がせた。

He shook it loose and wrapped his arms around me and kissed me flashing out his tongue looking for mine. I gave it up to him. Curt's arms were so robust, so tight around me I felt my knees buckle.
カートはジャケットを振り落とすように脱ぐと、その腕で僕を包み込み、僕の口を塞ぎ、僕の舌を探り出すようにすばやくその舌を差し入れた(flash=move quickly)。僕はカートが奪うに任せた(give up to=譲り渡す)。あまりにもたくましいカートの腕で、あまりにもきつく抱き締められ、僕の両膝は今にも折れそうだった。

"Come on baby," he said. He held my hand. The arrogant stare that I had associated him with didn't exist in his tepid glance. He undid his hair and led me to his bed. I pulled off my jacket and he helped me with my shirt.
「こいよ。坊や……」
そう言うと、カートは僕の手を握った。その穏やかな(tepid=醒めた:性急なアーサーに比べて落ちついているということ)瞳の中にはかつて僕を虜にした傲慢な眼差しは失われていた。カートは髪をほどくと僕をベッドへと誘った。ジャケットを自分で脱ぐと、カートがシャツを脱ぐのを手伝ってくれた。

I got into his bed and indulged myself in his scent while Curt undid my pants and pulled them to the floor. Curt straddled my waist fully clothed. I allowed his lips to smother my face, his hands in my hair. He moved on to my neck and bit me roughly. I shifted away.
ベッドに入り、僕がカートの匂いに浸っている間に、カートは僕のパンツを脱がせ、それを床に投げ捨てた。カートは着衣のままで僕の腰にまたがった。僕はカートがその舌で僕の顔を、その手で僕の髪の毛を、撫で回すに任せた。その手が僕のうなじに降りてくると、カートは荒々しく僕に噛付いた。思わず僕は身体をよけてしまう。

"Make love to me Curt."
「僕を抱いて、カート」

He stared into my eyes, I was scared for a moment, scared he would tell me to leave.
"Are you my whore or my lover."
Curt said.
カートは僕の目をじっとのぞき込んだ。僕は一瞬怯えた。カートが僕に出てけと言うのではないかとびくびくしたのだ。
「お前は淫売か? それとも俺の恋人のつもりか? どっちなんだ?」
カートは言った。

I grew hot.
"Whatever you'll take me as. I'll be your whore if it means that you'll take me now and make love to me."
(羞恥と興奮で)僕は顔から火の出る思いだった。
「君の好きなように思えばいいさ。もし、今の僕がそう見えるというなら、それで君が僕を抱いてくれるというなら、僕は喜んで淫売にだってなるよ」

Curt shut me up with a tilt of his head and a rather stern look.
"Be my lover and we won't have to worry about time."
顔を傾けただけで僕を黙らせるとカートはかなり険しい表情を浮かべた。
「俺の恋人になるんだ。そうすれば時間なんて気にする必要もないだろう」

He leaned onto his side and held me to him. One arm cradling my shoulder and one of his legs over both of mine. I had never felt the sensation of someone sheltering me until that moment.
カートは横向きに寝そべると僕を引き寄せた。片方の腕で僕の肩をかかえるように抱き、片方の脚を僕の両脚に絡ませる。誰かに庇護されるという感覚を、僕はこの瞬間まで味わったことはなかった。

Then I did something I could have slapped myself for. I fell asleep! When I awoke I had a strange feeling that I was shoved into a cab and sent home. But Curt's arm was still slung over me, his face hot against my neck, he breathed steadily.
やがて僕は自分の横っ顔をはり倒してやりたい気分になった。僕は寝込んでしまったのだ! 眠りから覚めると、僕はタクシーに押し込まれて家に追い帰される、ぞっとするような感覚に襲われた。だが、カートの腕は依然として僕に絡んでいたし、僕の首に熱いくらいのその顔を押し付けて、しっかりと息づいていた。

So this is how it felt like, all those years dreaming and yearning to be Brian Slade because I wanted a piece of stardom. Most of all, I wanted to know how it felt to have Curt asleep beside me.
ああ、これこそがその感覚なのだ。この数年というもの僕は、ブライアン・スレードになりたいと夢に見、あこがれてきた。スターの座というやつを手に入れたくて。でも結局、僕は知りたかっただけなのだ。僕のすぐ横にカートが眠っているというのがどんな感じがするのかと。

I knew that night on the rooftop I had become Curt's weakness in my make-up and blue hair. I was a Brian stand in. I was just Arthur now, just boring Arthur Stuart and he was here with me. I relaxed into him.
あの屋上での夜、カートがそれに目がないことを知っていて、僕はわざと化粧をし、髪もブルーに染めていた。僕はブライアンの身代わりに過ぎなかったのだ。が、今は、ただのアーサーとして、ただのつまらないアーサー・スチュアートとして、カートの側にいる。僕はカートに抱かれて安心しているのだ。

"I love you," I said out loud. Curt shifted violently in his sleep but he only pulled me tighter to him
「愛している……」
大声で呼びかけると、カートは寝むったまま乱暴に身動きしたものの、より一層きつく僕を抱き寄せるだけだった(原文ピリオド無し)。

"Arthur baby go to sleep," he murmured.
「アーサー、いい子だから、もう寝ろ……」
カートはつぶやいた。

  I started to cry. Really. Finally. Out of pure joy. I don't know how long I was awake but in my hysteria the phone rang softly. Once, twice, the third time the answering machine picked it up with only a beep.
嘘ではなく、本当に、とうとう、僕は泣き出してしまった。ただただ嬉しかったから。どれだけ起きていたのか分からなかったけれど、異常なほどの興奮に苛まれていた時に、電話のベルがそっと鳴った。ベル音が1度、2度、3度と続いたが、発信音とともに留守伝が後に続いた。

I rolled my eyes, Curt hadn't bothered with an actual message. The unmistakable voice of Brian Slade was on the other end of the line: "Curt, sweetheart. I'd really like to talk to you. Oh my darling please, pick up the phone..."
僕は驚いて目を見張ったのに、カートはと言えば、今まさに相手がしゃべっているというのに、気にも留めていなかった。電話線の向こうから聞こえてきたのは紛れもないあのブライアン・スレードの声だった。
「カート、僕は本当に君と話がしたいんだ。ああ、カート、お願いだから、電話に出てくれ……」

I realized that Curt was still asleep. My heart began to sing at the thought that Brian's voice didn't rattle him awake.
それでもカートが眠り続けていることに僕は気が付いた。ブライアンの声ではもはやカートが目を覚ますことがないのかと思うと、僕の心臓は歌い出しそうなほど高鳴った。

  Slowly I crawled away form Curt still hearing that slimy ass pleading for Curt, my Curt to answer the phone. I had to find it first and when I did I lifted the receiver. I didn't know what to say so I simply said, "Curt's sleeping at the moment would you like to leave a message?"
ゆっくりと這うように僕はカートから離れた。卑屈な間抜け野郎がカートを請い求め、僕のカートに電話に出るよう、哀願する声を耳にしながら。まず僕は電話がどこにあるか見つけなければならなかった。見つけると僕は受話器を取った。何と言ったらいいか見当もつかなかったので、僕はただこう答えてやった。
「カートはただ今、就寝中です。何かご伝言しておきましょうか?」

To Be Continued...
パート2へつづく……

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、対訳例を送ってくださったerin様と、及び英語表現を解説してくださったKamen様とerin様のお友達のPAUL様、対訳のベーター・リーディングをしていただいたRyoko様に深く感謝いたします。


フロントページに戻る