See disclaimers in part one
著作権等への留意点はパート1をみてください。

The Wish 2/2 by saraid
「願い事」2/2 サレイド著

Watching his lover sip his drink, Arthur could tell how uncomfortable he was. It occurred to him that he'd never met anyone like Curt Wild. Onstage, in clubs, he had been confident to the point of arrogance, drawing people to him with the sheer force of his personality.
ちびちびと酒をすする様子を見れば、カートが今どんなに居心地が悪いか、さすがのアーサーにも察しが付いた。アーサーはつくづく思い知らされた。カート・ワイルドのような男には自分は会ったことがないという事実を。ステージの上やクラブで常に自信満々だったカートは、見るからに傲慢そうで、回りの人を釘付けにした。カートという存在自体が持つカリスマ的な魅力によって。

He had certainly drawn Arthur, ten years ago, but even then the reporter had sensed something else beneath that bravado. The onstage antics that garnered so much attention, the heroin and drinking, to Arthur they meant something else, showed him something other people didn't see.
確かにカートはアーサーを魅了し続けた。10年前から。が、10年前でさえ、独特の観察眼を持つアーサーは見抜いていた。その虚勢の下に隠されている何かを。大衆の注目を集めるステージ上の道化役者や、ヘロインや酒にさえ、アーサーは異質なものを感じとっていた。他人には見えない何かが、アーサーには見えていたのだ。

After the abuse of his childhood, from his brother, family, and the medical profession, it wasn't surprising Curt had developed an outward persona of toughness. But there were moments, like now, when the mask slipped, and he could see how shy Curt truly was.
兄弟や家族、病院の職員からさえも、幼児虐待を受けていたカートは、当然のことながら強い男に見せかける仮面を外側に被っていた。しかし、今みたいにいったん仮面がはがれてしまうと、カートは驚くほどシャイな男だったのだ。

How much it bothered him to be out of his normal circumstances, away from people he knew. Brian Slade had simply taken Curt into his world, but his world had been very similar to Curt's own.
慣れ親しんだ環境から引き離され、顔なじみの人々と別れることが、カートにとってどんなに苦しいことだっただろう。なのに、ブライアン・スレードは、いとも簡単にカートを自分の世界に引き入れた。だが、それはブライアンの世界がカートのそれと酷似していたからこそできるわざだったのだ。

Arthur was trying to do the same thing, but the world he lived in now had little in common with the world they had both lived in then, to different degrees.
アーサーはブライアンと同じ事をしようとしていた。が、今アーサーが住んでいる(記者の)世界に、共通点はほとんどなかった。ブライアンとカートがかつて住んでいた世界(芸能界)とは。両者はまるで異質のものだった。

Aware of his scrutiny, Curt tilted his head and smiled at him, a small smile, looking a bit nervous, and finished his drink.
"Here they come."
George said, and Arthur started, half-turning in his seat, seeing the women returning.
アーサーの張り付くような視線を感じて、カートは首を傾け、わずかに微笑みかけた。やや神経質気味に。そして酒を飲み干した。
「お、来た来た」
ジョージの声に、アーサーは腰掛けたまま、少しだけ振り返り、戻ってきた夫人たちに視線を向けた。

"And here comes the food."
Standing, this time Curt stood with the others, husbands and fiancees pulling out chairs, Arthur realized that he had sat there and stared at his lover like gip for five minutes or more.
「食い物も来たな」
夫や婚約者たちは起立し、今度ばかりはカートも立ち上がり、ご婦人方のために椅子を引いてやった。アーサーは自分だけが座ったまま、5分以上もまぬけ面(gip->git?)して恋人を見つめていたことにようやく気が付いた。

Lou caught his eyes and there were questions in the older man's that Arthur had no intention of answering.
ルーはアーサーにいぶかしげな視線を送ったが、年かさの男が疑問を抱いたところで、アーサーには答える気はなさそうだった。

  The food was good and Curt ate most of his, glancing at Arthur occasionally as he made conversation. The others were careful to direct comments to Curt as well, making an effort to keep him in the conversation, and he made them laugh once with an amusing response.
食事はおいしく、自分の分を大方食べ尽くしたカートは、会話を交わすたびに、アーサーに目配せした。他のメンバーはというと、カートに直接触れるような話題を巧みに避けながら、それでいて何とかカートを話の輪の中に入れるよう努めていた。カート自身も楽しげな素振りを見せて、みんなを笑わせようと振る舞っていた。

The speakers were boring and the awards presentation took too long, but it did end eventually, with company gifts being handed out by the waiters. The ladies were all given pretty compact mirrors that lit when opened and the men received matching cases to hold business cards.
退屈なスピーチが続き、受賞式に時間がかかったが、ついにそれも終わり、ウエイターから会社の記念品が手渡された。ご婦人方には、かわいいコンパクト型の鏡で、開けると明かりがつくといった品が全員に。男性たちには、名刺を入れる同じ柄のケースが手渡された。

Their waiter hesitated when he reached Curt, and Lou, who was closest, lifted one of those out of his hand and passed it to Arthur, who set it in front of Curt because Curt was looking at the table again and had both hands wrapped around his glass, which held a third double shot of scotch poured over ice.
カートに近づいたウエイターは渡していいものかどうか、ためらっていた。なので、一番近くにいたルーが、記念品を一つ手に取り、アーサーに渡した。アーサーはカートに前に立っていた。カートは再びテーブルの方に目を背けた。既に3杯目となったスコッチのダブルを氷に注いだグラスを両手に抱えて。

His hair had fallen forward and was hiding his eyes. Unsure what to do, Arthur played with his own case, then Lou spoke up.
"They don't quite know what to do with you."
カートは髪を顔に垂らし、目を覆い隠していた。どうしたらいいのか分からなくてもらった記念品のケースを弄んでいるアーサーに、ルーが話しかけてきた。
「あいつらは全く分からないんだ。君らにどう接したらいいのか」

He shrugged and Curt looked at him, his eyes conveying nervousness and anger at the same time.
"Things aren't the way they used to be, but they are getting better."
"Yes, they are."
Kate agreed.
アーサーが肩をすくめると、カートはアーサーを見つめた。その目は臆病さと同時に怒りを訴えていた。
「ものごとは昔通りにはいかないけど、多少なりともいい方向には向かってるよ」
「ええ、その通りだわ」
ケイトはうなずいた。

"Better for women and anyone else who doesn't fit the standard mold."
Not answering, Curt nodded and Arthur smiled at them, sadly, silently thanking them for their support, and Curt finished his drink, one hand returning to Arthur's leg.
「女性や世間の標準に当てはまらない人たちにとって、ちょっとはましな世の中にね」
何も答えず、カートはうなずき、アーサーはみんなに微笑みかけた。悲しそうに、みんなの好意に言葉には出さなくても感謝しながら……。酒を飲み終えるとカートは(ケイトの言葉に安心して)再びアーサーの脚に片手を載せた。

It wasn't long after that Kate began making time to go noises.
"Got a babysitter to pay."
Her husband, whose name Arthur still didn't know, explained as he draped her shawl over her low-cut green evening gown.
"More expensive than you might think."
じきにケイトが騒ぎ出した。
「べビーシッター(babysitter->baby-sitter)と交替する時間だわ」
アーサーはまだ名前を知らなかったが、ケイトの夫である男はこう説明した。露出度の少ない緑色のイブニングガウン姿のケイトにショールを掛けながら。
「君らが思うより費用がかかるものなのさ」

"I can relate."
Stephanie said, and then she and George were leaving. Curt stood, too, a hand on Arthur's shoulder.
"It was nice meeting you."
He said, stiffly, and Arthur stood as well.
「おつき合いするわ」
そう言うとステファニーは、ジョージと一緒に帰って行った。片手をアーサーの肩にかけ、カートも起立した。
「お会いできて光栄でした」
堅苦しくカートは言い、アーサーもまた立ち上がった。

Hands were shaken and then they were out front and the doorman was getting them a cab and Curt crawled in before Arthur, collapsing on the seat with his head thrown back and an arm over his eyes.
握手を交わした後、正面玄関に出るとドアマンがタクシーを呼んでくれていた。アーサーの前を行くカートはよろよろと車に乗り込むと、崩れるように座り込んだ。頭を後ろに投げ出し、目を押さえるように腕を載せて。

"You alright?"
Arthur asked, feeling stupid and unsure.
"Yeah, fine."
「大丈夫?」
アーサーは尋ねた。何て自分は愚かなことをしてしまったのだろうかと、不安な気持ちにかられながら。
「ああ、快調だとも」

Curt's other hand lay in his lap, loosely clasping the card case. They were about halfway to Curt's house when he sat up and tapped on the glass, speaking to the driver.
カートは片手をアーサーの膝に置いた。持て余したようにカードケースを握ったまま。家はまだ先だというのに、カートは体を起こすと、窓ガラスをトントンと叩き、運転手に声をかけた。

"Let me out here."
The man pulled over quickly and Arthur protested.
"Curt? What's wrong?"
「ここで降ろしてくれ」
運転手はすぐに車を道の片側に寄せた。驚いたアーサーはカートに食って掛かった。
「カート? 何だってこんな……」

The other man climbed out and stood there, holding the door open while Arthur worried that he wanted him to go home alone, that he didn't want to see him again. Had he pushed too hard?
もう一方の男(カート)は車から降りると、ドアを開けたまま、しばらくそこに立っていた。アーサーの方はというと、カートは一人で帰りたいのだ、自分とはもう二度と会いたくないのだと打ちひしがれていた。あまりにも自分は強引すぎたのではないだろうかと後悔して。

"Aren't you coming?"
Curt's low voice broke through the worry and Arthur was out quickly, while Curt went around to pay the driver. After he pulled out again, Curt came to stand in front of Arthur.
「お前は来ないのか?」
カートの低い声がアーサーの不安を吹っ飛ばした。アーサーが慌てて車から降りてしまったので、カートが車に戻って運転手に支払わなくてはならなかった。もう一度車外に出ると、カートはアーサーの前に立った。

"I'm sorry. I - it just - I was getting, you know, claustrophobic. Needed some air."
"I'm sorry, too."
「悪いな。俺は、ただ、つまり、閉所恐怖症なだけなんだ。外の空気が吸いたかったのさ」
「謝らなくちゃならないのは僕のほうだよ……」

Carefully, on the lookout for any reluctance, Arthur pulled Curt into a loose embrace, and smiled when the other man nuzzled into his neck, arms going around Arthur's waist, Curt's breath warm on his collarbone.
注意深く、嫌じゃないかどうか恐る恐る確かめながら、アーサーはカートを引き寄せ、そっと抱きしめた。もう一人の男(カート)が自分の首に鼻をすりつけてきたのを見てようやくニッコリした。カートの手がアーサーの腰に移動し、アーサーの鎖骨に暖かい息が掛かった。

The street was deserted, there was no one to see them.
"I should not have pushed you to go."
"They're your friends. The people you work with. They were nice."
通りに人気は無く、誰かに見られる心配もなかった。
「無理して君を行かせるんじゃなかった」
「あいつらお前のダチだろ。一緒に働いてる……気のいい連中だったぜ……」

Curt mumbled, inhaling deeply.
"I hate being like this. It makes me want to go out and score. Heroin makes me feel strong, makes me not care what anyone else thinks."
口ごもるとカートは、深く息を吸いこんだ。
「ああいうのは苦手だ。抜け出してヤクでもやりたい気分になるぜ(score=get some illegal drugs)。ヘロインをやると気が大きくなって、人のことなんか気にならなくなるから」

  "Do you really care?"
Running his hands through the shaggy hair, Arthur shifted to let Curt rest more of his weight against his chest.
「本当は気にしてるんだ?」
カートの頭のくせ毛を手で梳きながら、自分の胸にもっと身を預けるようにと、アーサーは身をずらした。

"No."
Curt snorted.
"But I feel like I should."
「よせよ」
カートはフンと鼻をならした。
「でも僕はこうしたいんだ」

"Not for me."
Arthur said fiercely.
"Okay."
Pulling back, Curt grinned at him.
"Cool."
「僕のことはいいから(自分の前では虚勢を張らないでほしい)」
アーサーは怒鳴った。
「そうか」
ぐいと引き戻されたカートはアーサーを見てニヤリと笑った。
「いい気分だ(自分の気持ちを分かってくれて幸せだ)」

They walked the rest of the way to Curt's house. Curt had a cigarette, and Arthur admired his hands as he cupped a tiny flame and nursed it to health as they walked, before lighting up.
2人はカートの家に向かって歩いた。カートはタバコを手に取り、アーサーはその優雅な手つきに見ほれていた。小さな炎を手で囲み、燃え立たせ、歩きながら火を付けるという一連の手慣れた動作を。

Then, with one hand holding the cigarette to his lips Curt reached over and took Arthur's with the other.
そしてカートは片方の手でタバコをくわえると、もう一方の手を伸ばし、アーサーの手を取った。

They exchanged grins and kept walking. Arthur felt silly, but there was a sense of pride as well, and deep satisfaction, to be walking here, with this man. To show publically - even though there was no public around to see it - that he was with this particular man.
笑いながら2人は歩き続けた。自分の馬鹿さ加減に呆れながらも、アーサーは何だかうぬぼれたい気分でもあった。深い満足感すら覚える。今ここを歩いている、この男と一緒に。公衆の面前で見せびらかすことに- たとえ回りには誰も「公衆」と思わしき人々がいなくても - アーサーは、この特別の男と一緒にいるのだと。

By the time they reached the house Curt had regained his usual attitude, climbing the stairs with a toss of his head, tugging on Arthur's hand to hurry him up.
家に着く頃には、カートはいつもの自分を取り戻していた。頭をツンとそらせて階段を登ると、早く来いとばかりに、アーサーの手をぐいと引っ張った。

As soon as the door closed behind them he pushed Arthur up against the wall of the foyer, hands holding his head still, kissing him hungrily, his pelvis pressed hard to Arthur's, letting him feel the arousal there.
2人の背後でドアが閉まった途端、カートはアーサーを玄関広間の壁に押しつけ、両手で頭を抱えて、むさぼるようにキスした。カートの腰の骨がアーサーに激しく押しつけられ、アーサーの体はその場で反応した。

"Stay?"
Curt pulled away and gasped the single-word question, then kissed him before he could answer. When he pulled away yet again and answered it himself.
"Stay. You'll stay."
「ここでいいのか?」
カートは身を離し、一言だけあえぐように言い、答えようとするアーサーをキスで塞ぎ、もう一度離れると、代わりにこう答えた。
「ここでしよう」

"I'll stay."
Bemused and very turned on, Arthur allowed himself to be flattened to the wall, his arms tight around Curt's shoulders, grinding their hips together.
"Bed?"
「いいよ」
もうろうとした意識の中、こみ上げる興奮にアーサーは、カートにされるがままに壁に押しつけられた。両手をきつくカートの肩にからませ、互いの腰を振って身をこすり合わせた。

"Floor."
With a lunge Curt threw them sideways and they fell together, Curt on the bottom, taking the brunt of the impact, then squirming around to get to his knees, his back to Arthur, hands unfastening his belt quickly. Arthur leaned over the other man, stroking his back and whispering to him.
「横になれ」
グイッとカートが突き飛ばすと、2人は横倒しになった。下になったカートがショックをもろに受けたが、アーサーに背を向けるように身をよじると、跪き、両手ですばやく自分のベルトを外しにかかった。アーサーは相手の男(カート)に寄り掛かり、背中を撫でながら、ささやきかけた。

"Slow down, love, there's no rush. I don't want to hurt you."
But his hands were shaking and his body was taut with need and anticipation, he hadn't done this, with Curt, before.
「もっとゆっくり、カート(love=英sweetheart)、焦らなくていいから。僕は君を傷つけたくないんだ」
だがアーサーの手は震え、それでいて体は生理的な欲求と期待感でたかぶっていた。アーサーは今まで一度もカートを攻める側に回ったことがなかった。

An aggressive, adventurous man in bed, Curt was usually the one in control. It didn't bother Arthur, he knew himself well enough to be happy with the situation. If he was on the receiving end for the rest of his life he would be well-satisfied.
ベッドの中では攻撃的で冒険家であるカートは、常に主導権を握っていた。そのことがアーサーを困らせることはなかったし、アーサーはそういった関係で自分は十分幸せだと思っていた。もしアーサーの余命がこの場で尽きてしまっても、心残りはなかっただろうに。

But here was Curt, on his knees before him, pleading with him in a husky voice that made Arthur think of snowy nights and crowded clubs.
"I need it, man, I need you. Arthur, don't leave me hanging, I need this right now."
それでもカートはここにいて、自分の前に跪き、かすれ声でねだっている。それを見たアーサーは、あの雪の降る夜と大勢の客で賑わっていたクラブでの出来事を思い出した。
「しろっ。なあ、お前が欲しいんだ、アーサー。じらすな。さあ早く」

Kissing his back and ass, Arthur thought quickly, trying to decide if it would ruin the moment if he left to get the lube and a condom, but Curt was pressing back against him and he took a moment to look around them, at the walls, which still needed refinishing, and the ceiling, hung with new tiles, and the floor that Curt had pieced together himself...
カートの背中と尻にキスしながら、アーサーはすばやく考えた。もし自分がここで潤滑剤とコンドームを取りに行ったら、この瞬間を台無しにしてしまうだろうかと。だが、カートは背を向けたまま身をグイグイと押しつけてきた。アーサーは回りを見渡して時間を稼いだ。新しく張り直さなくてはならない壁や、新しいタイルが貼られた天井、カートが自分で修繕した床を。

"Not here."
He said, more firmly, standing and pulling Curt up with him, catching the other man's trousers with one hand so they didn't fall.
"Not on the floor, love. Not like that."
「ここじゃ嫌だ」
断固とした口調で言うと、アーサーは立ち上がり、カートの手を引っ張った。カートのズボンがズリ落ちないよう、手で押さえながら。
「床の上じゃダメだよ。カート(英love=sweetheart)、こんなとこじゃ……」

"Why not?"
Honestly confused, Curt began zipping up. He met Arthur's eyes for a moment and then looked down again, but not before Arthur saw the shame in them.
「なんでダメなんだ?」
すっかり困惑して、ズボンのジッパーを上げたカートはアーサーと目が合ってしまった。すぐにうつむいたが、その目に恥じらい色が浮かぶのをアーサーは見逃さなかった。

"Because you're better than that."
Taking his chin in both hands, Arthur had to tug rather insistently to get Curt to look at him.
"You don't belong down there."
「君だってその方がいいよね……」
アーサーはカートの顎を両手で包むと、強引に引き寄せなければならなかった。カートの顔を自分に振り向かせるために。
「君にそんなところ(床)はふさわしくないよ」

Pulling away, Curt yanked open the living room door and snapped angrily.
"If you don't *want* to, just say so!"
アーサーの手を振りほどくとカートは、リビングルームのドアを荒々しく開け、怒りに任せてバシンと閉めた。
「しなくないなら、そう言えばいいだろう!」

Having half-expected the outburst, though he hadn't been the focus of that anger before, Arthur followed him through the room and into the bedroom, where Curt threw himself facedown on the bed, his head under his crossed arms. Sitting on the edge, he stroked the tense back tenderly.
いままで自分がカートの怒りの対象になったことはなかったものの、短気なカートのことだ。カッとなるのも無理はない。アーサーはカートを追って、部屋を出て、ベッドルームへと向かった。そこではカートがベッドに突っ伏すように(facedown->face down)身を投げ出し、両手で頭を抱え込んでいた。ベッドの隅に座り、アーサーはこわばったカートの背中を優しく撫でた。

"Get out."
Curt snarled, not even looking at him.
"No."
「失せろ」
カートは怒鳴った。アーサーに目もくれずに。
「いやだ」

  Sliding up to lie down beside him, Arthur wrapped as much of his own body around Curt's tense one as he could.
"Not until you look at me."
カートの傍らに寝そべるようににじり寄ると、緊張したカートの体をアーサーは自分の体でめいっぱい包み込んだ。
「ちゃんと僕の目を見てくれるまでは出ていかない」

With a lunge Curt scrambled away, landing half-sitting against the headboard, arms crossedover his chest, glaring.
"There. I looked at you. Now get out."
突然、アーサーを突き飛ばすと、カートはベッドの棚板に飛び移った。腰掛けるように寄り掛かると、腕組した(crossedover->crossed over)まま、アーサーをにらみつけた。
「ほら、見てやったぜ。だから、もう出て行けよ」

Slowly, swallowing heavily, Arthur began to unbottton his own shirt with hands that trembled visibly.
"Don't make me, Curt. Please?"
Softly he pleaded, dropping the shirt to the floor and pulling off the loafers he'd worn, followed by socks and belt.
ゆっくりと、苦しそうに固唾を飲みこむと、アーサーは自分の着ているシャツのボタンを外し始めた(unbottton->unbotton)。見た目にもそれと分かる、震える手で。
「僕にこんなことをさせないで、カート、お願いだから」
哀願しながら、のろのろとアーサーは、床にシャツを脱ぎ捨てると、履いていたローファーを脱ぎ、それからソックスを脱ぎ、ベルトを外した。

Almost against his will Curt stared at him, eyes getting rounder.
"Arthur..."
Again, he sounded young, and lost, and frightened.
自分の意志とは裏腹にカートの目はアーサーを見つめ、驚いたように大きく見開かれていった。
「アーサー、お前……」
パーティの時のように、カートはうぶな少年のような声を出し、当惑し、驚いていた。

"Why do you do this?"
"Because I love you, you daft prick."
Grantiing him a soft smile, Arthur finished stripping and then began on Curt, getting his boots off first, while Curt just watched him.
「お前、どうして、こんなこと……」
「だって……僕は……君を愛しているんだもの。こんな馬鹿なヤツにさ(アーサーが自分とセックスをしたくないと思ってしまうような馬鹿な男)」
優しく微笑みかけると(Grantiing->Granting)、すっかり裸になったアーサーは、カートを脱がせにかかった。まずブーツを脱がせようとした。カートはその間、ただアーサーを眺めているだけだった。

After he got Curt's shirt unbuttoned he went to slip it of, but Curt shook his head.
"Leave it on?"
Amused, Arthur shrugged.
"Sure."
ボタンを外し終え、シャツを脱がせようとしたが、カートは首を振った。
「脱がなくていい?」(兄に着衣のまま強姦された過去を持つカートは、アーサーから罰を受けようと意図して)
ニッコリして、アーサーは肩をすくめた。
「もちろんだよ」

Then he was pulling Curt back down to lie flat on the bed, straddling him, kissing him, and Curt seemed to get over whatever had been bothering him, because he kissed back, his hands running over Arthur's body with a light touch, occasionally stopping to pinch a nipple or grasp a handful of muscle.
アーサーはカートをベッドに横たえると、上にまたがり、口づけをした。カートはどんなに苦しいことでも甘んじて受け入れる覚悟に見えた。キス仕返してきたし、アーサの体に軽く触れるように両手を這わせて来たし、時折手を止めて乳首をつまみ上げたり、筋肉をつかんだりしたのだから。

Withins minutes they were pushing against each other, Curt lifting Arthur with his hips, his hands digging into the muscles of Arthur's back, his kiss becoming hungry again, brutal.
やがて(Withins minutes->Within minutes)2人はお互いの体を押し付け合った。カートはアーサーを載せたまま腰を浮かせ、アーサーの背中の筋肉に両手を突き立てた。カートは再びむさぼるようにキスをし始めた。まるで獣のように。

Past ready, Arthur dug under the pillows with one hand while the other tried to hold Curt's head still - it was a losing battle - and when he had the tube in hand the man beneath him pulled disentangled himself, the black shirt clinging to his sweaty skin, stark against his pale flesh, and he turned over, went to his knees, gripping the headboard with both hands, head bowed.
すでに十分にたかぶっていたアーサーは枕の下に片手を突っ込むと、もう一方の手でカートの頭を動かないよう押さえつけた - とはいえそれは勝ち目のない戦いだったが(押さえつけてもカートのほうが圧倒的に力が強かったので) - アーサーが潤滑剤のチューブを手に取った時、アーサーに組み伏せられている男は、身を振り解くと - 黒いシャツが汗まみれの皮膚にべったり張り付き、透き通るような白い肌を余計、目立たせたが - アーサーに背を向け、跪き、ベッドの頭部の棚板を両手でつかみ、頭を屈めた。

"You really want it like this."
Arthur said, petting him, kissing his neck and shoulders, sometimes on the shirt, sometimes on skin. One of the shirt-tails trailed down the crack of Curt's ass and Arthur nuzzled it aside, kissing and licking, and Curt rumbled a moan, pushing back.
「君は本当にこうしたかったんだね」
そう言うとアーサーは、カートを愛撫し、首や肩にキスをし、時にはシャツの上から、時には肌の上からじかにキスした。シャツの裾の片方がカートの尻の割れ目にたれ下がったので、アーサーはそれをよけようと鼻をすりつけ、キスして、舐めた。途端にカートはうなり声をあげ、尻を押し付けてきた。

Quickly taking the hint Arthur prepared himself and then worked on Curt, finding that he was very tight and very hot.
"This is going to be great."
カートの合図を受け取ると、アーサーは準備した。そして、カートに働きかけ、どうしたらカートが興奮し、熱くなるか探った。
「こうするといいんだ」

  He sighed into Curt's ear, the other man shifting and panting beneath his hands.
アーサーはカートの耳にささやきかけると、もう一方の男は、アーサーの手の下で体を動かして喘いだ。

"Come on, do it, man, do it."
With the head of his cock pressing against Curt's hole, Arthur waited, just a minute, his arms going around Curt's waist to hold him tightly.
「来い、やるんだ、ほらっ、突っ込めよ」
カートの奥まったところの入り口にペニスの先端を押しつけたまま、アーサーはちょっとの間、動きを止めた。両手をカートの腰に回し、しっかりと抱きかかえたまま。

"Curt, love - are you here, with me? You haven't gone off somewhere?"
Twisting, Curt snarled at him, meeting Arthur's gaze with one grey-blue eye.
"I know who I'm *with*, Arthur. Just fuck me already."
「カート、ねえ - ここにいるのは君なの? 僕と一緒にいるのは。もうどこかに消えてしまったりなんかしないよね」
身をひねりながらカートはアーサーを怒鳴った。片方がグレーで片方が青いその目でじっと見つめるアーサーの方を振り向きながら。
「俺が今誰と一緒にいるか知ってるぜ。アーサーってヤツだ。俺を今から犯ろうとしているヤツさ」

  Taken aback, even a little bit hurt, Arthur nodded, lay his head on Curt's silk-clad shoulder, and pushed in. Slowly, because Curt keened softly, sounding like he was in pain, but surely because the pain would fade and then it would feel better.
ショックを受けて、少しだけ傷ついて(カートを傷つけまいとしているのに、カートはそんなことは無用だといわんばかりなので)、アーサーはうなずいた。絹を羽織ったカートの肩に頭を載せ、ゆっくりと押し込んだ。カートはまるで痛がっているかのように、微かに泣き声を立てていたから。同時にしっかりと押し込んだ。そうすれば、苦痛は消え、やがて快感を感じるようになるだろうから。

Rolling his head on his shoulders, Curt tipped it back, panting harshly, as Arthur waited for him to be ready, holding himself off by force of will alone. He could feel Curt relaxing around him, softening, accepting him, ad then the other man tightened his grip on the headboard and shoved back insistently.
顔を上げ、頭を回しながら、体を後ろに反らして、カートは激しく喘いだ。カートのそれがアーサーを受け入れるようになるまで待ちながら、アーサーは意思の力だけで我慢した。自分を包むカートの緊張が次第に解けていくのをアーサーは感じていた。柔らかくなり、自分を受け入れようと(ad->and)。もう片方の男(カート)はベッドの棚板を握る手に力をこめると、アーサーの方に激しく体を押つけてきた。

"Do it."
he bit out.
"Yes."
Unsure what else to say, Arthur answered softly, and then began to thrust.
「やれっ」
声を振り絞ってカートは叫んだ。
「う、うん」
この場合、ほかに何と言ったらいいのか分からなくて、アーサーはポツンと答えた。そして貫き始めた。

Each time he pulled out and pushed back in it felt better, and each time Curt loosened up a little more, until he was rocking into each thrust, using the headboard for leverage, and his moans spilled into the air eagerly.
アーサーが抽送を繰り返すたびに、良くなっていった。カートの奧の緊張が少しずつほどけてくるたびに。ついに、カートはアーサーが打ち込むたびに迎えるようにリズミカルに身を動かし始めた。棚板を梃子代わりにし、アーサーを求めるうめき声を漏らしながら。

Already halfway to coming, listening to him pushed Arthur the rest of the way and he had to slow down to hold off, but Curt growled at him and shoved back harder, taking him in even deeper and Arthur felt something give way inside himself, and he began to pound at Curt like he'd never done to anyone else, just really giving it to him, fucking him deep and hard, and Curt moaned and thrashed and bucked into him.
  絶頂を迎えつつあるアーサーは、カートのうめき声のおかげで、もう少しで行きそうになった。こらえようとスピードを落としたが、カートはうなるように吠え、後ろのアーサーに向かって激しく体を押しつけ、より深くアーサーを迎え入れた。アーサーは理性を失い、体が思わずカートを激しく連打し始めた。いままで誰ともこんな風にしたことが無いことを、自分は今まさにカートにしているのだ。深く、激しく、犯した。カートはうめき、のたうち回り、アーサーのそれに向かって体を押しつけた。

The shirt between them was sodden with sweat, the air was thick and hard to breathe, Arthur had to use both hands to hold onto his lover and couldn't reach his Curt's cock to stroke it, but then Curt was howling, like wolf, a long, ululating cry that warbled as he thrashed in the throes of orgasm, and Arthur could do nothing more but slam into him again and again and again until his eyes exploded and his body convulsed and he clung to Curt desperately, afraid of being washed away on this stormtide. 
2人に挟まれたシャツは汗でびしょ濡れになり、重苦しい空気で息が詰まりそうだった。アーサーは暴れる恋人に両手でしがみつかなければならなかったので、カートのペニスを愛撫することができなかった。が、カートはうなった。オーガスムの絶頂でのたうちながら、狼のように長い遠吠えを上げた。アーサーはもう何もできず、ただカートの中に何度も何度も打ち込むしかなかった。ついにアーサーの目は涙で溢れ、体は痙攣した。アーサーは必死にカートにしがみついた。この嵐のような潮流に押し流されないように。

They hung together for long moments, until Curt's legs gave out and he slid gracelessly to the bed, collapsing, Arthur still inside him and now half on top of him.
2人はしばらく抱き合っていた。カートは脚を投げ出し、ベッドの上でつぶれたように下品に突っ伏していた。アーサーはまだカートの中にいて、カートに身を預けていた。

"There, love."
Petting back the sweaty, tangled hair, Arthur caressed Curt's face with gentle, trembling fingers, to find a smile twitching on Curt's mouth, which was swollen and puffy from their kisses.
  「ねえ、カート」
カートの汗にまみれて、くしゃくしゃになった髪の毛を手で梳くと、アーサーは震える指でそっとカートの顔を撫でた。カートの唇に笑みが浮かんだ。さっきのキスのせいで腫れて、膨らんでしまった唇に。

"Is that -"
He had to stop and swallow past the lump in his throat and repeat himself, his emotions in flux, "- Is that what you wanted?"
"Yes."
Curt sighed, turning over, dislodging Arthur's cock but holding tightly to his body, pressing his face to Arthur's chest.
「これが……」
そう言いかけたアーサーは胸につかえるものを飲み下すと、同じ言葉を繰り返していた。感情がほとばしるままに。 - 「これが君がしたかったことなの?」
「ああ」
カートは溜息を付き、アーサーのペニスを引き抜こうと向きを変えようとした。が、カートはギュッと抱きしめられていた。アーサーの胸に顔を引き寄せられて。

A sound escaped him, like a sob, and, disturbed, Arthur held him tightly and rocked him.
"I don't know why, I'm sorry, I don't want to be that way, I don't want -"
カートはすすり泣きのような、胸をかき乱されるような声を漏らした。アーサーは、カートを強く抱きしめ、揺さぶった。
「どうしてこんなことしちまったんだろう。悪かった。こんなこと、したかったわけじゃなかったのに……こんな」

  His words were cut off by a kiss, Arthur's mouth covering his, Arthur's hand pulling his face up.
"I will give you anything you want."
Arthur said, his voice thick with suppressed tears.
アーサーのキスがカートの言葉を遮った。唇がカートを覆い、手がカートの顔を上げさせた。
「君が欲しがるものなら僕は何でもあげるよ」
アーサーは言った、涙でかすれた声で。

"All ye have to do is ask, love. You can want anything you want."
"I'm sorry."
Curt repeated, curling in tighter, closer, eyes tightly shut, a few tears leakingout anyhow.
「君がしなくちゃならないのはねだることだよ、カート。ほしいのなら、どんなことでもねだっていいんだからね」
「許してくれ」
カートは何度も言った。ぴっちりと身を寄せ、涙で濡れた目を硬く閉じて(leakingout->leaking out)。

"I'm a fucking basket case, man, how can you want me? I screw everything up...."
「僕はしょうもない無能な(basket case=手足のない、無能力なもの)男だよ、そんな僕なんか頼れるわけないか? 何をやってもヘマばかりしてるし……」

"Nothing is screwed up."
Hiding him tighter, thinking that he was going to be leaving bruises, Arthur rocked and petted while Curt hid his face again.
"I've loved you for ten years, nothing is going to make me stop."
「ヘマなんかなもんか」
強く抱き締めすぎて、アザにならないかと心配しながら、アーサーはカートを揺すって愛撫した。カートは再びアーサーの胸に顔を埋めた。

A kiss was pressed to his chest and Curt began to relax, a little at a time. Eventually Arthur got them both laid down, managing to dispose of the condom in the process - on the floor beside the bed - and he held and rocked Curt until his lover finally drifted into sleep, petting him silently, kissing his head and face.
アーサーの胸に口づけし、カートが多少、安心したかのように見えたので、アーサーはカートを押し倒し、その隙にコンドームを片づけてしまおうと画策した - ベッドの脇の床の上へと - アーサーはカートを抱え、揺すった。恋人が眠りにつくまで。静かに愛撫し、カートの頭や顔にキスをした。

  Inwardly he cursed everyone who had ever hurt this man, all of those who had made him feel that he wasn't worthy of love, and again he vowed to prove to him that he was, and that Arthur did love him.
心の中で、アーサーは過去にこの男(カート)を傷つけてきたすべての連中をののしった。カートに、自分は愛される価値のある男だと気づかせようとしなかったすべての連中たちを。もう一度アーサーは心に誓った。カートは愛される価値のある男だし、自分がこんなにもカートを愛していると気づかせて見せると。

Sticky, sweaty, still tangled in his silk shirt, Curt slept restlessly and Arthur was woken several times during the night by his movements, each time drawing him into an embrace before Curt woke too, holding and petting him until his sleep eased, then sleeping again himself, thankful that it was a Saturday and they could sleep in, then be lazy all day if they wanted to.
汗まみれでベタベタになったというのに絹のシャツを脱ごうとしないカートは眠ってても落ちつきがなく、その晩はカートが動くたびにアーサーは何回か目が覚めてしまった。その度にカートが起きないよう、引き寄せて抱きしめ、眠りが安定するまで抱きながら、愛撫し、アーサー自身も眠りに付いた。今日が土曜日で、一緒に眠れることや、望めば一日中怠惰に過ごすことができることに感謝しながら。

  They needed a day of rest, just the two of them. Perhaps they would start on the walls of the foyer, or the living room. Choose paint colors or just watch the telly and drink beer.
2人には休息日が必要だった、2人きりで過ごすための。多分2人は玄関広間の壁や居間の塗り替えを始めることだろう。ペンキの色を選んだり、ボーっとただテレビを見たり、ビールを飲んだりして過ごすための。

When Curt finally woke Arthur was lying on his back, Curt's head on his chest, staring into space, looking thoughtful.
'What?"
Pushing up on an elbow, Curt frowned when his shirt got caught beneath it and worked at getting it free, not looking at Arthur.
ようやくカートが目覚ました。仰向けに寝そべっているアーサーの胸に頭を載せ、虚空を見つめながら、何か考え込んでいる様子だった。
「どうしたの?」
肘を付こうとしてシャツを下に挟んでしまったのを見て、眉をひそめたカートは、肘の下からシャツを引っぱり出した。アーサーと目を合わさないようにして。

"Nothing."
Smiling, Arthur reached to strip him out of the shirt, and this time Curt let him, then lay back, one hand splayed possessively over Arthur's bare stomach.
「何でもないさ」
微笑みながらアーサーはシャツを脱がそうと手をのばしたが、今度はカートも逆らわなかった。自分も仰向けになり、広げた手で裸のアーサーの腹を慈しむように覆った。

"I want you to move in."
He didn't look at Arthur as he said it.
"I've got lots of room, and your place is a cave. You can have your own room and everything."
「お前さ、ここに引っ越してこいよ」
カートはアーサーと視線を合わせないようにしながら、こう言った。
「俺のとこには部屋がたくさんあるし、お前のアパートときたら、まるで穴ぐらだろう。ここを自分の部屋として使ってくれていいし、何でも使っていいから」

"If you want me to."
Grinning stupidly, Arthur covered the hand on his stomach with one of his own. He could feel the tremor that ran through Curt's.
"Today?"
「君がいいって言ってくれるなら」
呆れるほどニヤニヤして、アーサーは腹の上に置かれたカートの手の上に自分の手を重ねた。カートの手を通して自分の声の震えを感じながら。
「今日から?」

"That's what weekends are for."
Rolling over, Curt pressed close again. It wasn't exactly cuddling, but more of a needful closeness.
"Okay?"
「せっかくの週末だぜ」
アーサーの方に向き直ると、カートはもう一度ぴったりと身を寄せた。正確にはぴったり寄り添うというよりも、側にいるのが当然であるかのように。
「いいのか?」

"Okay."
Closing his eyes, Arthur let himself drift. He would keep his apartment at least until the lease was up, and use a bedroom here, he could set it up as an office. And file a change of address with the post office, Curt would like that, it would feel permanent then...
「うん」
目を閉じながら、アーサーは漂うに身を任せた。少なくともリースが終わるまで自分のアパートはそのままにしておき、ここを寝室として使おう。事務所としての準備が整ったら、郵便局に住所変更届けを提出しよう。カートが望んでくれるなら。一時のきまぐれでなく、そう望んでくれるなら。

With his face pressed to Arthur's shoulder the words were muffled, but he heard them as clearly as if Curt shouted them.
"I love you too, y'know."
アーサーの肩に顔を押しつけていたので、声はくぐもっていたが、確かにカートの叫び声がはっきりとアーサーには聞こえた。
「俺はお前が好きなんだ。知ってるよな」

"I know."
He replied, although he hadn't been sure until this very minute. They drifted, drowsy, dozing, until nature called and the day started.
「知ってるよ」
アーサーは答えた。まさにこの瞬間までそんな自信などなかったというのに。2人は漂い、うとうとし、まどろんでいた。自然に目が覚め、一日が始まるまで、ずっと。

(the end)
終わり

(feedback for the starving writer...or i might cry :)
作家はお便りに飢えてます。くれないと(i->I)泣いちゃうよ。

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、原文を推薦していただきました鳩三礼様、英語表現・背景となった原作を解説してくださったKamen様に深く感謝いたします。今回も原文の行間を補うために独自の解釈を若干加えたものになっています。


フロントページに戻る