Title
題名
Author/pseudonym
著者/ペンネーム
Email address
電子メール宛先
Rating
レイティング
a wish

願い

saraid

サレイド

saraid@wf.netnc17

17歳以下は禁止

Fandom
原作
Pairings
登場カップル
Status
状況
Date
日付
velvet goldmine

ベルベット・ゴールドマイン

arthur/curt

アーサー/カート

new, complete

新作・完成版

6-18-99 (my son's birthday!)

99年6月18日(息子の誕生日だ!)

Archive
収録について
Archive author
収録の際の著者名
Archive email address
収集の際の電子メール宛先
Series/Sequel
シリーズもの/続編
allslash, yes

スラッシュサイトなら全てどうぞ

saraid

サレイド

saraid@wf.netsequel to 'the freedom'

「自由」の続編

Summary
あらすじ
Warnings
警告
things don't go smoothly, but who expected them to?

物事は順調にいかない。でも順調にいくと誰が予想したのだろうか?

angst. curt angst, to be specific

不機嫌。カートの不機嫌。しかもかなりの

Notes
覚書
thanks to nicky for helping me figure out where this is going, and for making this old (currently) hetero bitch remember what it was like to be young and playing around you're a sweetheart. there will be more...

この話の行方をはっきりさせ、私のような古いタイプ(今でも)のノンケ女に、若い人の気持ちを思い出させてくれたニッキー(nicky->Nicky) 、ありがとう! 君は本当に頼りになるイイ女だわって、これまだ続くんだけど。


make a wish
「願い事」

"I don't want to go."
Stopping in the doorway, shirt half buttoned, belt hanging unfastened from trouser loops, in stocking feet, Arthur half-turned to stare at his lover, bewildered.
「行きたくなくなった」
戸口に立ちつくし、シャツのボタンを半分だけ留め、ズボンのベルト通しからベルトをたらし、靴下を足に引っかけたままの恰好で、アーサーは振り返り、躊躇している自分の恋人をにらみつけた。

When he spoke his accent was stronger, the way it got when he was stressed.
"You said you would go."
Sitting on the small bed, looking at his hands, which were tugging at fingers and picking at cuticles, Curt didn't look back up at him.
思わずアーサーは語気を荒げてしまった。まるでストレスがたまっている時みたいに。
「君は行くって言ったじゃないか!」
小さなベッドに座り、両手を見つめながら、(不愉快そうに)指を交差させ、皮を引っ張るようにしながら、カートは、後ろにいるアーサーと目を会わさないようにしていた。

"I changed my mind."
"Curt..."
Sighing, Arthur closed his eyes and rubbed at them with one hand, trying to decide if he was more disappointed or angry. Or should he just be worried?
「気が変わったんだよ」
「カート……」
溜息をつきながら、目を閉じるとアーサーは、手で目をこすりながら、ここで自分はガッカリしてみせるべきか、怒るべきかどうか、決めかねていた。それとも、こう言った時は、ただ、くよくよしてみせるべきなのだろうか。

After he'd tracked Curt down to the little hole-in-the-wall pub he owned and ran, and they had gone back to his place to relive that one night, he had gotten up the next morning and gone to work, and Curt had vanished.
カート自身がオーナーであり、経営もしている小さなおんぼろパブで、アーサーはカートを捕まえ、あの一夜をもう一度体験しようと、2人はカートの家に立ち寄った。その後、アーサーは翌朝には起床し、職場に戻ったが、カートもいつのまにかいなくなっていた。

Worried, Arthur had checked the bar, where he was greeted with surly looks from the bartender, and the house, which was been locked up, and then he'd given up, thinking the other man had bolted, frightened by the memories or too hurt to face him and them together.
心配になったアーサーはバーに様子をさぐりに行ったが、せいぜい無愛想な例のバーテンダーに挨拶するのが関の山だった。家の方は鍵がかかっていたのでアーサーはもう諦めることにした。もう一方の男(カート)は、逃げ出したのだ。思い出してびっくりしたんだ。さもなきゃ、自分と顔を合わしたり、お互い顔を合わすのが気まずかったのだろう。アーサーはそう思っていた。

A week had passed and he stopped calling the bar, and, incidentally, stopped talking to people at work, which had led to a discreet inquiry from Lou. Catching him in the hallway after work, his editor had stopped him with touch to his shoulder.
一週間経ち、アーサーはバーに電話をかけるのを断念した。それと同時に、仕事でそういった人たちと話すのを避けるようにした。ルーから依頼された調査は慎重に進めなければならなかったからだ。仕事が終わった後、ホールでアーサーを捕まえると、編集長(ルー)はアーサーの肩に手を触れた。

"Arthur, that piece you did on English pubs in New York was great. We've had calls from subscribers saying how much they enjoyed trying some of them out."
"Ta."
Not looking at him, Arthur tucked his hands into his pockets and waited for a chance to escape, so he could go home and brood.
「アーサー、例の君の記事、ニューヨークの英国パブ事情だけど、大評判じゃないか。定期購読者から電話が来て、試しに行ってみたけどとても楽しかったって言ってたぞ」
「そいつはどうも(Ta=Thank youの幼児語)」
ルーに目もくれず、アーサーはポケットに両手を突っ込み、どうにか逃げ出す機会を伺っていた。家に帰ってじっくりと考え事でもしたい気分だったのだ。

"It was so good they want you to think of some more like that. Check into a couple of other areas. Any ideas?"
"Galleries."
Looking at the floor, he answered quietly.
「あれが当たったんで、読者は今度もその手の記事をやってもらいたいとさ。他の分野で2、3調べてくれないかな。いいアイデアない?」
「画廊なんか、どうかな」
床を見つめながら、アーサーはボソッと言った。

"I thought to do one about all those little galleries - not like an art critic, but just a guy's view."
"I like it."
When the older man didn't say anything else, Arthur finally looked at him. Lou was frowning.
「小規模の画廊に関する記事がいいと思うんだ。芸術評論みたいのじゃなくて、一人の男の視点からシンプルに書くような」
「それ、いいね」
年かさの男がそれ以上言わないうちに、とうとうアーサーはルーをにらんだ。ルーは渋い顔をした。

"Are you okay, kid?"
Lifting one shoulder in a sketch of a shrug, he didn't answer verbally. It wasn't enough for Lou, who took a step closer.
"I mean, are you *okay*? You've been even quieter than usual lately."
「大丈夫かい? 坊や」
肩をすくめるように片方の肩を上げたが、アーサーは口には出さなかった。が、それだけでは近くに寄って来たルーには伝わらなかったらしい。
「俺は、大丈夫かって、聞いてんだぞ。最近、お前、やけにおとなしくないか」

It wasn't mentioned, but Arthur heard the words 'ever since that Tommy Stone thing'.
"Yeah. Fine."
He answered steadily, meeting the dark eyes that were graciously concerned about him.
はっきり言われたわけではないが、「トミー(トーマス)・ストーン(=ブライアン・スレードの現在の芸名)の一件」以来と、ルーはほのめかしているのだなとアーサーには思えた。
「いや、何ともないよ」
キッパリと答えたアーサーは、暗い瞳に見つめられているのが分かった。自分を常に慈悲深く見守ってくれている瞳に。

"You spend too much time alone."
Lou pronounced. When Arthur didn't respond, he sortof smiled, a little uncomfortable, and there was a touch of understanding in his eyes.
「長い間一人でいるのが良くないんじゃないか」
ルーはそう意見した。アーサーが返事をしないでいると、ルーは(sortof->sort of)多少、気まずそうに、僅かに微笑んだ。その目は分かっているといいたげだった。

"Go out, meet somebody. Get a date. Bring somebody to the dinner next month, you know you're welcome to. Everyone else does."
Dropping his gaze back to the floor, Arthur shrugged again.
「外に出て、誰かと会え。デートでもしろよ。来月の晩餐会に誰か連れて来い。お前なら誰からでも大歓迎されるぜ」
再び床に視線を落とすと、アーサーはまた肩をすくめた。

"Nobody to bring."
"Yeah."
Patting him on the back Lou passed him, he'd apparently said all he could.
"Well. Good night, Arthur."
「連れて来たい人なんていないよ」
「そうかい」
アーサーの背中を軽く叩きながら、今のルーはこう言って立ち去るのがせいいっぱいだった。 「じゃ、おやすみ。アーサー」

When he had gotten home from work a little while later Curt had been there. Crouched on the floor beside his apartment door, hair in his eyes, leather jacket on despite the heat of the hallway.
アーサーが職場から戻って来るしばらく前から、カートはそこにいたようだった。アーサーのアパートのドアの脇で、床にしゃがみ込み、髪の毛で目を隠し、玄関広間の暑さにもめげずにレザージャケットを羽織って……。

They went in and made love and Curt said he was sorry for running out and could they see each other again. And Arthur, primed, perhaps, by Lou's words, asked him to go to the annual company dinner, which, then, had been six weeks away. Curt had said yes.
2人は部屋に入るなり、愛し合った。あの後、逃げるように出ていったことをカートは詫び、もう一度つき合おうじゃないかと言った。入れ知恵されたアーサーは、多分、それはルーに言われたせいだが、カートに会社の年次晩餐会に一緒に来てくれと頼んだ。6週間先のことだったが、カートはその時はうんと言ったのだった。

Crossing to the bed, Arthur went to his knees and gripped Curt's thighs, which were tight with tension.
"Then you don't have to."
Ducking his head, he looked beneath the curtain of hair and into the changeable eyes.
ベッドを横切り、アーサーはカートの膝の間に跪き、カートの太股に両手を載せた。カートの腿は緊張で硬くなっていた。
「それなら、行かなくてもいいよ」
アーサーは屈み込むと、髪の毛のカーテンの下に隠れている気まぐれな瞳をのぞき込んだ。

"I won't try to make you do anything you don't want to."
"But you want me to."
Turning his head away, Curt pulled his hands back, out of Arthur's space, and put them on the bed beside himself. His hair tickled Arthur's nose and the kneeling man stifled a snort, which made Curt turn back and laugh roughly.
「君が嫌がるようなことは、どんなことだって、僕はさせたくないんだから」
「でもお前は俺を連れて行きたいんだろ」
フンとそっぽを向くとカートは両手を後ろに伸ばし、アーサーに届かないよう、ベッドの上の自分の脇に載せた。カートの髪の毛が鼻に触り、跪いていたアーサーは豚の鳴き声のような音を発した。向き直ったカートは下品な笑い声を上げた。

"Sorry."
"I love your hair."
To prove it, Arthur tangled both hands in it. Curt had come over to pick him up only to find Arthur half-dressed, while Curt himself had shed his usual jeans and tee-shirts for blacks slacks and a black button-down shirt with a high priestly collar - and his leather jacket.
「悪かったよ」
「嫌いじゃないから、君の髪」
証明してみせるかのように、アーサーは両手をカートの髪の毛にからみつかせた。アーサを迎えに来たカートは、アーサーが半分盛装しているのに気づいてしまったのだ。かたや、カートはと言うと、いつものジーンズとTシャツの代わりに、黒いパンツと黒のボタンダウンシャツ - 聖職者のような高い詰め襟の - にレザージャケットを着ただけだった。

Tugging at the hair, Arthur pulled Curt's face down and kissed him.
"Could you tell me why?"
He asked when they broke apart, breathing a little faster now.
"I don't like crowds."
髪の毛をぐいと引っ張ると、アーサーはカートの顔を下に向かせ、キスした。
「どうして行きたくなくなったのか、説明してくれない?」
離れた拍子に、少し息を上げながら、アーサーは尋ねた。
「人混みが嫌いなんだよ」

"They won't know who you are."
Arthur guessed at the problem.
"I don't understand why you don't want anyone to know - but I won't give you away."
「君を詮索しようとする人なんかいないって」
何が問題なのか、アーサーは言い当てようとした。
「どうして君が誰にも知られたくないと思ってるのかなんて知らないよ。でも、僕は君を誰にも渡したくないからね」

"They know about you?"
Tilting his head, Arthur's hands still holding it, strands of dark gold hair spilling over them, Curt had that little-boy-lost look that touched Arthur so deeply.
"Most of them. They don't care, mostly."
「みんな君のことを知っているのかな?」
首をひねりながら、アーサーの両手はまだカートの髪の毛を握っていた。暗い金色の毛の房が手からこぼれた。カートは迷子になった幼子のような表情で、しっかりとアーサーを触っていた。
「ほとんどの連中は、気にしてないよ、全然」

"You really want to go?"
"Yes."
Arthur sighed.
"But I can go without you. Or stay here. We could do something else, maybe go back to your place."
「お前、本当に行きたいのか?」
「うん」
アーサーは溜息をついた。
「でも君と一緒じゃなきゃ行かないよ。それならここにいる。2人なら他に何かできるじゃない、君の家に戻るとかさ」

"I'll go."
Curt said, suddenly, quickly, as if afraid he wouldn't get the words out.
"Just - don't leave me alone, okay?"
「分かった、行くよ」
突然、早口でカートは言った。まるでこのまま何も言わないのはまずいと思ったのかように。
「ただし、俺を一人にしないように、分かったな?」

Unhappy to see this vulnerability surfacing, but determined to do everything he could to reassure him, Arthur kissed him again, and this time Curt opened his mouth and leaned into it, kissing voraciously, until Arthur had to pull away, knowing his mouth was going to be bruised.
弱音を隠そうともしない、こんなカートを見るのは辛かった。が、アーサーはカートを安心させるためならどんなことでもしようと心に決め、もう一度カートにキスした。カートは今度は口を開け、力一杯アーサーに押しつけ、むさぼるように口づけした。アーサーはカートをひっぺがさなければならなかった。このままでは自分の口にアザがつきかねかい勢いだったからだ。

"I'll be ready in a minute."
He said, going into the bathroom, only to have Curt follow him, reaching for a comb on a shelf, and using it to straighten his hair while Arthur took care of personal business.
「すぐに支度するから」
そう言い、バスルームに向かったアーサーの後を追うと、カートは棚にある櫛に手を伸ばし、アーサーが個人的な仕事(=小用を足たす)をしている間、髪の毛をとかした。

A pinch to his butt made his protest, but he grinned and gave himself the obligatory shake before turning to slip his arms around Curt's waist.
"Thank you."
"For what?"
カートはアーサーの尻をつねって早くしろと抗議したが、アーサーは笑って、小用の後の必然的行為として体を揺すると、振り向いてカートの腰に両手をからみつけた。
「ありがとう」
「何に対して?」

Traces of the time the American had spent overseas showed up occasionally, especially in that 'whot.'
"Just thank you."
Arthur repeated.
このアメリカ人(カート)が海外(イギリス)にいた名残が時たま、かいま見れられることがある。特に「何?(whot = what)」という時の発音などに。
「ただ、ありがとうって言いたかったんだ」
アーサーはもう一度言った。

"The cab will be here soon."
"I'm ready."
Curt gave him a quick, tender kiss, and again Arthur felt his reluctance. Was he afraid to go? Was he ashamed of what he was now, or of who he had been? Or did he just not want to be seen with Arthur?
「もうじきタクシーが来るよ」
「俺の方はいつでもOKさ」
カートはアーサーに、素早く、優しいキスをした。その瞬間、アーサーはやっぱりカートが気乗りしていないのだと気がついた。カートは行くのが怖いのだろうか? カートは今の境遇を恥じているのだろうか? それとも、単に自分と一緒にいるところを見られたくないだけなのだろうか?

He got an inkling of the problem in the cab. Curt sat stiffly, away from him, a cigarette dangling from his fingers. When he spoke, Arthur almost jumped, it was so unexpected.
"Didya tell anyone you were bringing me?"
タクシーの中でアーサーは何が問題なのか、薄々気が付き始めていた。カートは、アーサーから距離を置いて堅苦しく座っていた。指に間にタバコをひっかけたまま。カートが話しかけると、アーサーは飛び上がりそうになった。そのくらい予期しない一言だったのだ。
「お前、俺を連れて来るって誰かにしゃべったのか?(Didya->Did ya)」

"I told my boss that I had a date."
Drawing the syllables out in classic Cockney style, Arthur tried to read Curt's eyes, but the man wasn't looking at him.
"Why? D'ya think I just want ta show you off?"
「上司には今日デートするって言ったよ」
ロンドンの貧民街訛りの言い方で、一言ずつはっきり聞き取れるように言うと、アーサーはカートの視線から何かを読みとろうとした。が、その男はアーサーから目をそらせた。
「でも、どうして? 僕が君を見せびらかしたいんじゃないかって、(ta=to?訛りなのかスペルミスなのか不明)そう言いたいわけ?」

  "No."
The answer came quickly, and Curt turned, reached a hand for him.
"It's just that, I'm trying to get past all of that, y'know? Who I was, and the way I was. When people know, they look at me and they see the junkie, the queer who got shock treatment. They don't see me, not the way I am now."
「違うよ」
たちまち返事が返ってきた。カートは振り向き、手を伸ばしてアーサーに触れた。
「俺はただ、過去を全部受け入れようとしているだけさ。俺が誰で、昔どんな風だったか。あいつらが知れば、俺を麻薬常用者みたいに見るんだろうな。ショック療法を受けた同性愛者の男ぐらいに。あいつらは今、俺がどう生きているかなんて知ろうともしないんだ」

"I never saw that."
Clasping the hand tightly, Arthur caught his breath.
"You were beautiful and I never dreamed someone like you could want me....You changed my life."
「僕は決して君をそんな風に思ったことはなかったよ」
手をしっかり握り締めながら、アーサーは息を止めた。
「君はキレイだったし、君のような人が僕を求めてくれるなんて夢にも思わなかったよ……君は僕の人生を変えたんだ」

"Could -"
Looking away, Curt's voice broke and Arthur fought the urge to draw him close and hold him like a child. When he looked back his eyes glistened.
"Could you return the favor? I'm so fucking messed up here. I haven't had anybody important in my life in so fucking long... "
「求めてくれるって……」
遠くを見つめながらカートはつぶやいた。カートを近くに引き寄せたい、子どものように抱きしめたいという衝動がこみあげ、アーサーは我慢ができなかった。振り向いた時のアーサーの目にきらめくものがあった。
「じゃあ、お礼を期待してもいいのかな。俺は今、メチャクチャ混乱してるんだ。俺の人生には、そんなにクソ長い間、大切だったヤツなんかいなかったから」

"That's all I want to do."
Now Arthur did draw him close, cradle his shaggy head against his chest, petting him tenderly.
"Just let me. Please let me."
「それは、僕がしたいことなんだけど」
そう言うと、アーサーはカートを近くに引き寄せ、そのもじゃもじゃの頭を胸に抱いて、あやすように揺すった。やさしく叩きながら。

  Closing his eyes with a sigh, Curt relaxed into and accepted the embrace, let himself be held for the rest of the drive. The dinner was being held at the Four Seasons, in the ballroom, like always.
目を閉じ、溜息を漏らして、カートは安らぎ、アーサーに抱かれるままに、残りのドライブの間、身を任せた。晩餐会はフォーシーズンズ・ホテルで開かれていた。例年通り大広間で。

Stepping through the arched double doorway, presented with a glitzy, over-decorated room, Curt hesitated and Arthur slipped his hand into his own and squeezed gently.
"When they ask who I am, what're you gonna tell them?"
Curt whispered into his ear.
アーチ型の二重扉をくぐり抜け、けばけばしい、装飾過剰な部屋が現れると、カートは尻込みし、アーサーはそっと手をすべらせ、カートの手を優しく握りしめた。
「あいつらが俺のことを聞いてきたら、何て言うつもりなんだ」
カートはアーサーに耳打ちした。 

Frowning, Arthur realized he hadn't thought that one through. He turned his head and leaned close, whispering to Curt, his lips brushing his ear. The hand he held tightened.
"What's your middle name?"
まゆをひそめながら、アーサーはそんなこと、今まで考えもしなかったという事実に今さらながら気が付いた。首をひねりながらカートの近くにもたれ掛かるとアーサーは、カートに向かってささやいた。アーサーの唇がカートの耳をかすめるくらい近くから。手をじっと握ったまま。
「君のミドルネームって何ていうの?」

"Nicholas."
It was said with a shrug and a half-grin.
"Then I'm here tonight with Curt Nicholas, who owns a pub. We met when I was doing research for that article. Right?"
「ニコラスだよ」
肩をすくめ、照れくさそうにカートは答えた。
「それじゃあ、僕は今夜ここにカート・ニコラスと来てるってことにしよう。パブのオーナーの。僕らは僕が記事を書くために取材をしているときに知り合った、それでいい?」

"Right."
With relief Curt agreed. Then he raised Arthur's hand to his lips and kissed it before releasing it.
"Let's go."
「いいぜ」
ホッとしたのかカートは納得したようだった。カートはアーサーの手を自分の唇のところに持って来ると、手放すまでキスをした。
「さあ、行こうか」

"Arthur Stewart and guest."
Handing over his invitation, Arthur saw the doorman's eyes flicker over them with mild interest, then it was returned and they were waved in.
「アーサー・スチュワートと同伴客です」
招待状を手渡しながら、2人に軽い興味があるかのように、ドアマンの目がきらめいたのを、アーサーには見逃さなかった。招待状が戻されると、2人は入室するよう合図された。

Music was being provided by a string quartet, and the rows of circular tables were dotted with name cards held up by teeny steel racks. They had only just stepped into the room when Kate, the senior writer from his department, waved from a table near the front.
弦楽四重奏の生演奏が流れ、丸テーブルの列が、小さな鉄のラックに掲げられた名前カードで区別されていた。2人が中に足を踏み入れた途端、すぐ近くの正面に位置するテーブルから、アーサーの部署の先輩ライターである、ケイトが手を振った。

Her husband sat beside her, with Lou across from her and George, the other writer, a black man in his forties, beside Lou. There was a pretty, petite young black woman beside George, and Lou's wife, of course.
ケイトの夫が脇に座っていた。ケイトの向かい側にはルーが、それからジョージ、もう一人のライターであり、40歳代くらいの黒人の男が、ルーの傍らに座っていた。ジョージの脇には魅力的で小柄な若い黒人女性と、もちろんルーの妻も同席していた。

Giving Curt's hand a last reassuring squeeze, he released it and headed for the table, pausing to be sure the other man was coming. After hesitating a few second or two Curt caught up to him, their shoulders bumped, and they walked between the widely-spaced tables. When they got close Kate spoke up cheerfully.
最後にもう一度安心させようと、カートの手を握りしめると、アーサーは手を離し、テーブルへと先導した。もう一人の男がちゃんと付いてきていかどうか確認するため、一瞬立ち止まった。ほんの1、2秒、ためらっていたが、カートはアーサーに追いつき、2人の肩がドシンとぶつかり合った。広く配置してあるテーブルの間を2人は歩いて行った。2人が近づいてくると、ケイトはいそいそと話しかけた。 

"Arthur! What a surprise to see you here! I thought you hated these things."
"Your seat is right there."
George pointed to the one next to Kate as Arthur stopped, and Curt slipped around him, pulled the chair out, which made him smile.
「アーサー! ここであなたに会うなんて思わなかったわ! こういうところが苦手な人だとばかりに思ってたのに」
「君らの席はすぐそこだよ」
ジョージはケイトの一つ隣の席を指さした。そこはちょうどアーサーが立ち止まったところであった。カートはアーサーにそっと腕を回し、椅子を引いてくれたので、アーサーは思わずニッコリした。 

"Thanks, mate."
He sat, feeling the eyes of the others on him, knowing that Curt was sitting beside him and that he had moved his chair closer than necessary.
"This is Curt Nicholas."
"Hello, Curt, it's nice to meet you."
「ご親切に(mateは労働者間の親しい呼びかけ)」
アーサーは座った。もう一人の男に注がれる周囲の視線を感じながら。自分の近くに座ったカートが、必要以上に自分の近くに椅子を寄せているのに気づいて。
「こちらはカート・ニコラス」
「こんにちは、カート。お会いできて嬉しいわ」

Kate offered her hand and he shook it, mumbling a polite response.
"Thought the food would be here by now."
George said, craning his neck, looking for a waiter. His date shook her head and spoke to Arthur.
ケイトに手を差し出され、カートは握手をした。礼儀正しい挨拶文句をも口ごもりながら。
「もうじき食い物が来ると思うんだが」
首を伸ばして、ウエイターを探しながらジョージは言った。ジョージのデート相手の女性はあきらめたように頭を振ると、アーサーに話かけた。

"I liked the article you wrote last year about the Rock-and-Roll Hall of Fame. The way those guys lobby to get in, I was really surprised, that they would do that. Especially the ones who used to be so anti-establishment."
「私、あなたが去年書いた、ロックンロールの殿堂についての記事、とても気に入ったわ。どうにかして殿堂入りを画策するロビイストのやり口には本当に驚かされたわよ。ふさわしいとはとても思えない、洗練されていない人たちが入りたがっているっていうところが特にね」

"Thank you."
Giving her a quick grin, he held out his hand over the table and she took it. Hers was tiny and delicate.
"I'm Stephanie, George's fiancee."
"I didn't know he was engaged."
「それはどうも」
女性に向かって手短に微笑み返すと、アーサーは手をテーブルの上に差し出した。その手を取った女性の手は小さく華奢だった。
「私はステファニー。ジョージのフィアンセよ」
「ジョージが婚約したなんて初耳だな」

A waiter finally saw George's look and trotted over to take drink orders.
"Scotch rocks, double."
Curt said, looking at the table again.
"A Guiness, please."
Sliding his leg over a little bit, Arthur pressed his thigh to Curt's and the other man flicked his eyes up to meet Arthur's dark ones.
ウエイターがやっとジョージの表情に気付き、急ぎ足で飲み物の注文を取りに来た。
「スコッチのロックをダブルで」
そう言うとカートは再びテーブルへと視線をそらした。
「ギネスをお願いします」
足を少しずらし、アーサーは太腿をカートに押しつけた。一方の男はアーサーの暗い瞳に向かってガンを飛ばした。

"Have you two been dating long?"
Stephanie chirped, making Arthur turn his attention back to her. He noted that Lou and George were watching Curt closely, which was probably making him more self-conscious.
「あなたたち、デートするようになってから長いの?」
キャッキャと騒ぐので、アーサーはステファニーに気を取られた。ルーとジョージがカートを近くからまじまじと見詰めたために、カートがより一層気弱になっていることも、アーサーは気になっていた。

"A few weeks."
Arthur answered, bumping Curt's leg with his own as the drinks arrived. With the glass in his hand the blond seemed to feel more comfortable, he looked up and graced Stephanie with his trademark crooked grin.
「2、3週間……かな」
アーサーは答えると、飲み物が到着した勢いで足がカートの足にドシンとぶつかった。手にグラスを持ったブロンド野郎(カート)はさっきよりも打ち解けた様子だった。カートは専売特許である、ひねくれた笑みをたたえて、ステファニーを見つめていた

  "I have a pub. He gave it three stars."
"Just three?"
Kate teased.
"That's what I said."
Curt sipped and settled back in his seat, facing the table now, his leg pressed to Arthur's.
「俺はパブを持っているんだ。こいつはその店に三つ星を付けてくれたよ」
「3つだけ?」
ケイトはからかった。
「俺もそういったんだ」
カートは一口飲むと椅子に座り直し、テーブルに向かって正面から、自分の足をアーサーに押し付けた。

"I wanted a four, but he said my bartender is unfriendly."
"He is."
Arthur asserted.
"Doesn't like me."
"I know just what you mean!"
Stephanie chattered.
「俺は4つ星がほしかったんだが、こいつは俺のとこのバーテンダーが無愛想だって抜かしやがって」
「だってそうじゃないか」
アーサーは抗弁した。
「あいつ、僕のことが嫌いなんだ」
「あなたが言ってること、私にも経験があるわ!」
ステファニーは饒舌だった。

"But when we were in Germany last year *all* of the bartenders were like that, so maybe it's European thing....Arthur, you're from London, right?"
He nodded, and then felt something warm on his thigh. Curt's hand, resting there, rubbing slightly.
「でも私たちが去年、ドイツに行ったときも、バーテンダーなんてみんな、そんな風だったわよ。それがヨーロッパ流っていうものじゃないの。多分……、あ、アーサーはロンドン出身なのよね、確か」
アーサーはうなずくと、太腿に何か暖かいものを感じた。そこにはカートの手が置かれ、そっとさすっていたのだ。

"They're rude in London, too."
Lou said, joining the conversation at last.
"Before the food get here...I'll be right back."
Kate said, pushing her chair back.
「ロンドンでもやつらは無礼者だよ」
と、ルーは最後の方になって会話に加わり出した。
「食べ物が来たら、すぐに戻るわ」
そう言うとケイトは椅子を後ろに引いた。

"Steph, Carol, shall we abandon the men for a moment?"
On cue Lou, George, Kate's husband, and Arthur stood, followed quickly by a startled Curt. They waited until the women had left and then sat again, the conversation turning to the latest baseball scores, which left Curt silent and Arthur only adding a comment or two.
「ステッフ、キャロル、ちょっとの間、男どもを見捨ててくださいませんこと?」
ルーの合図で、ジョージとケイトの夫とアーサーは立ち上がり、驚いたカートがそれに続いた。女性陣が退席し、再び着席するまで男たちは待った。会話が最近の野球の成績の話題に転じると、カートは黙り込み、アーサーは一言二言だけ、それについて意見を述べた。

***

(concluded in part 2)
(パート2にて完結)

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、原文を推薦していただきました鳩三礼様、英語表現・背景となった原作を解説してくださったKamen様に深く感謝いたします


フロントページに戻る