The Reawakening, Part IV
「再起 - パート4」

by Max Volume
Max Volume著


Curt's life was a mess. Arthur was not speaking to him and Brian was trying to fuck with his music. He wasn't sure how all of this had come about. Both Arthur and Brian thought that he had some sort of agenda ... Brian had actually used that word ... to his face.
その後のカートの暮らしは散々なものであった。アーサーはカートと口も聞いてくれないし、逆にブライアンはカートの音楽に余計な口出しをしようとして苛付かせた。どうしてこんなことになってしまったのか、カートには見当もつかなかった。とはいえ、アーサーとブライアンの2人は、自分が何か隠し事(agenda=企み)をしていると思っているようなのだ……実際ブライアンは「隠し事」という言葉を口にした……それもカートに面と向かって。

Curt had not even known that Arthur and Brian had ever met, although *meet* might not accurately describe that train wreck. He had to do something. He sat with his head in his hands. He would sit there in that room until he came up with a plan ...
アーサーとブライアンが以前に<出会って>いたということすら、カートは知らなかったのだ。たとえ<出会い>という言い方が、あの列車衝突のような鉢合わせを正確に例えるには適当な表現ではないとしても。カートとしては、何らかの手を打たなければならなかった。両手で頭を抱え、カートは座りこんだ。何かいいアイディアが浮かぶまで、ずっとその部屋に座っていようと。

****

Step 1: Brian
ステップ 1:ブライアン

Curt sat in the conference room, rehearsing his speech silently. Brian walked into the room, hands on hips, a scowl on his face.
会議室でカートは自分がする予定のスピーチを暗唱しながら座っていた。ブライアンが入ってきた。腰に手を当て、しかめっ面を浮かべて。

Curt took a deep breath and began, "Thanks for seeing me, Brian. I'm sorry about what happened last week. It was all a misunderstanding. I had no idea about your confrontation with Arthur. In case you're interested, we aren't together anymore. I would like to make it up to you, if I can ... to show you that I can meet you halfway .. after all, all I have now is this album. I'm willing to give an interview, an exclusive, and I'll show up for a press conference. How about it?"
カートは深く息を吸い込み、やがて、こう切り出した。
「会ってくれてありがとう、ブライアン。先週の件は謝るよ。みんな誤解してたのさ。お前とアーサーが一悶着あったなんて、思いもよらなかったんだ。お前が気にするって言うなら、俺たち(アーサーと自分)はもう別れるよ。できるなら俺はお前のために埋め合わせ(make it up to/for=埋め合わせをする、償う)をしたいんだ……妥協(meet a person halfway=歩み寄る、妥協する)してもいいって言ってるのさ……とにかく今の俺にできることはこのアルバムだけなんだから。喜んでインタビューも受けるし、独占記事も書かせるし、記者会見にだって出るよ。どうだろう?」

Brian displayed a feral smile. Curt could see that Brian was delighted ... that he felt that he had won.
ブライアンの顔に獰猛な笑みが浮かんだ。どうやらカートの提案はブライアンを大いに喜ばせたらしい……ブライアンはしてやったりといった様子だった。

"Great, Curt. I'm glad that we could settle this. You and I have known each other for too many years to let a nobody like Arthur come between us. I'll have the publicity people call you to make arrangements."
「素晴らしいじゃないか、カート。このゴタゴタが解決できて嬉しいよ。お互い、これだけつき合いも長いんだし、今さらアーサーみたいな他人が入り込む余地なんてあるはずがないよな。それでは手はずを整えるよう、私から宣伝担当者に連絡させることにしよう」

"Thanks, Brian."
「ありがとう、ブライアン」

****

Step 2: Publicity Department
ステップ 2:宣伝部門

Curt made sure that he dealt with the least experienced person in the publicity department at Main Man Records. That had been easy. The least qualified person always gets the brunt of the actual work.
メインマン・レコードの宣伝部の中でも、最も経験の浅い社員が自分の担当者になるようにカートは手を回した(make sure that=必ず(……するように)手配する、計らう)。そういうヤツを見つけるのは、しごく簡単なことであった。最も無能な人間ほど、あれこれと実務を押し付けられ(たくらみに気づく時間がないほど)(bear/take/get the brunt of~=〜の矢面に立つ)てしまうものだ。

Arrangements were made. Smiles were exchanged. Hands were shaken. The sequence of events agreed upon were as follows:
1.an exclusive interview to be conducted by a young journalist from the Herald,
2.a press conference, attended by aforementioned journalist, to take place immediately before the interview.
準備は整い、笑顔と握手が交わされた。議論の結果、イベントの順序は以下の通りとなった。:
1)独占インタビューはヘラルド紙の若手記者が行うこと。
2)記者会見には前述の記者も出席し、終わるとすぐにインタビューを始めること。

Curt couldn't help but feel a bit sorry for the young publicist sitting across from him. He was so pleased that Curt was being cooperative, too naive to be suspicious of Curt's motives. Curt thought that he might even be hoping for a promotion to a non-working position as a result.
向かいに座っているこの若い宣伝員に対して、カートは多少なりとも自責の念にかられずにはいられなかった。こいつはカートが協力的だと素直に喜ぶばかりで、カートが今回の会見を引き受けた本当の動機は何なのか疑いもしないほど、ウブなやつだったのだ。この功績であわよくば特権階級(幹部)への昇進が望めるかもしれないと期待すらしているようだった。

****

Step 3: Arthur
ステップ 3:アーサー

Curt wrote a long letter to Arthur, attempting to explain the situation. He also revealed some of his plan, just enough to make Arthur willing to play his part.
アーサーに状況を説明するため、カートは長い手紙を書いた。自分の計略も一部(注:せめてもの罪滅ぼしのためにヘラルド紙の若手記者に独占インタビューをさせることにしたからアーサーに引き受けてほしいということ)その中に暴露しておいた。アーサーが喜んで自分の役割を演じたくなる程度に。

He slid the letter under the door to Arthur's apartment, waiting by the door until he heard footsteps advance and retreat.
アーサーのアパートに行くとカートは、ドアの下の隙間から手紙を滑り込ませた。ドアのところで待っていたが、近づいてくる足音が聞こえると、カートは逃げるように去って行った。

****

Step 4: Press Conference
ステップ 4:記者会見

Curt arrived at the press conference, dressed in the clothes provided by Main Man Records and coiffed by the trendiest hairdresser in New York. He was going to give them what they wanted ... and so much more.
記者会見場にカートは到着した。メインマン・レコードが用意した服に身を包み、ニューヨークでも飛びきり流行の美容師がヘアーを手がけた。連中が望むものを与えてやろうとカートは思った……そして、それ以上(期待されない余計なことまで)のことを。

He answered questions with the proper *rock star* attitude, with just the right mix of swagger and charm, even provoking a laugh or two. The suits were in heaven.
カートは<ロックスター>にふさわしい身のこなし方で質問に答える。傲慢さの中にも魅力を、さらには挑発的な笑みさえも交えながら。(その態度に)メインマン・レコードのお歴々もいたくご満悦だった。

He kept his eye on Arthur, who sat in the back, not asking any questions, looking uncomfortable. Eventually the question for which he had waited, the inevitable question was asked.
カートの目はアーサーをじっと見据えていた。後ろのほうに座ったままアーサーは、何も質問せず、居心地が悪そうにしている。だが、とうとうカートが待ち望んでいた質問が、お決まりのあの質問が浴びせられた。

"What about your love life, Curt? Everyone wants to know if you're involved with anyone."
「あっちの方はどうなんです、カート? 付き合っている人がいるかどうか、みんな知りたがってますよ」

Curt grinned, playing to the audience, giving them what they wanted.
カートはニヤリと笑った。聴衆が求めるままに振る舞い、連中が望む答をくれてやろうと。

"Yes, I am. As a matter of fact I am very much in love with someone. He's a journalist with the Herald, ... Arthur Stuart."
「ああ、いるとも。実のところ俺はその誰かさんにもうメロメロなんだな。そいつはヘラルドで記者をやってる……アーサー・スチュワートさ」

There was a stunned silence. Arthur's head jerked up, his eyes burning a hole through Curt. The suits jumped up before any more questions could be asked and concluded the press conference. In less than five minutes, Curt was alone in the room, with the exception of one person sitting in the back.
呆気にとられて会場はシーンとなった。顔をあげるとアーサーは、(焼け)穴の開くほどカートを睨みつけた。これ以上いかなる質問もさせまいと幹部社員たちは席を蹴って飛び出し、記者会見はお開きになった。5分と経たないうちに、カート以外の全員が会見場から姿を消した。後方に座っている約1名を除いて。

****

Step 5: Interview
ステップ 5:インタビュー

Curt got up from conference table. He stood waiting for Arthur to look up at him. He waited a long time. Arthur finally did raise his eyes and gaze at Curt as if he were trying to gage his intent. Arthur stood and walked to the front of the room, eyes blazing.
会見用のテーブル席からカートは立ち上がる。つっ立ったまま、アーサーが自分を見上げてくれるのを待った。長い間、カートは待ち続けた。ついにアーサーはカートを見上げ、その真意を推し量るかのようにじっと見つめた。アーサーは立ち上がり、会場の前方へと歩み寄る。燃えるような視線を向けながら。

"Do you realize what you have done?"
「自分が何をしたか分かってるの?」

"I think so."
「多分な」

"Brian is never going to let you record another album with Main Man Records."
「ブライアンのやつ、金輪際、君のアルバムをメインマン・レコードからは出さないだろうね」

"Fuck Brian."
「望むところだ」

"What about me, Curt?"
「僕はどうしたらいい? カート」

"Do you really care that people know?"
「あいつらにバレたのを本気で気にしているのか?」

"Not really... but that's not what I'm asking."
「ううん……いや、そんなことを聞いてるんじゃないよ」

"So what's the problem?"
「なら何が引っかかる?」

"The problem is that I have been an ass and I don't know how to make it up to you."
「僕がバカだったからさ。どうしたら君に償うことができるんだろうって」

"Well, there are a couple of things that you could do."
「そうだな、いくつか無いわけでもないぜ。お前にできることがさ」

He pulled Arthur into a fierce embrace, crushing his mouth with his own. They leaned back over the conference table touching each other roughly, fumbling with bothersome clothing. Pants around his ankles, Curt climbed over Arthur, taking his very erect cock into his mouth.
カートはアーサーを引き寄せ、荒々しく抱擁すると、その唇に自分の唇を猛烈に押しつけてきた。2人は会議室のテーブルに倒れ込み、荒々しく互いをまさぐりながら、邪魔っけな服をはぎ取ろうと悪戦苦闘する。ズボンを足首にひっかけたまま、カートはアーサーにのしかかり、もうすっかり立ち上がっているペニスを口に含んだ。

Arthur emitted a ragged gasp and turned to place a bite on one the legs kneeling by his head. He grabbed Curt's ass, pulling him down until he could taste the saltiness that was Curt.
途切れがちな吐息を上げながらアーサーは向きを変える(いわゆる69の体制になる)と、アーサーの頭を両脇から抱えるようにひざまずいているカートの脚の片方に思わず噛みついた。アーサーはカートの腰をつかみ、引き下ろすと、塩辛いカート自身を味わった。

"What's the other thing?"
「他に何をしたらいい?」

"What?"
「何のことだ?」

"You said that there were a couple of things that I could do."
「僕にできることが、い・く・つ・か、無いわけじゃないって、さっき言ってたじゃないか」

"Oh, ... I want you to move in with me. That way, the next time we have a fight, I won't have to go to so much trouble just to talk to you."
「ああ……。俺んとこに引っ越してきて、一緒に暮らしてほしいんだ。今度、あんな喧嘩になってみろ、ちょっと口聞いてもらうのに、こんなに苦労させられるんじゃ、たまったもんじゃないからな」

*****

Curt hit his shin against one of the many boxes which littered the apartment. What could a man who owns almost nothing put into so many boxes?, he wondered.
アパートの部屋中に取っ散らかっているおびただしい荷箱の1つに、カートは向こうずねをぶつけてしまった。ろくな荷物も持たない奴が、こんなに沢山の箱に、一体何を詰め込んだのだろうか? カートには理解しかねた。

In the dark living room, Arthur was standing by the window, his nude silhouette inviting as he looked out into the night. Curt, too, stopped to take in the view, running his eyes over the slender, supple body. He removed his clothes and moved up behind Arthur, inhaling his scent, ... fondling, ... kissing, ... reclaiming him.
明かりの消えた居間で、アーサーは窓際にたたずんでいた。夜空を見つめるアーサーの裸体が描くシルエットが(カートを)誘う。カートもまた、その光景に釘付けになり、ほっそりとしなやかなアーサーの身体に視線を走らせる。服を脱ぐとカートはアーサーの背後に回り、その香りを吸い込み……愛撫し……口づけ……ようやくアーサーを取り戻した(reclaim=元の鞘に収まる:受け側のアーサーを攻め側のカートが後ろから<やる>ことを意味する詩的表現)。

Life was good.
人生は上々だった。

Send feedback to mvolume@hotmail.com.
おたよりはmvolume@hotmail.com.まで。

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、対訳例を送ってくださったerin様と、並びに、英語表現を解説してくださったKamen様とerin様のお友達のPAUL様、並びに対訳のベーター・リーディングをしていただいたRyoko様に深く感謝いたします。


フロントページに戻る