The Reawakening, Part III
「再起 - パート3」

by Max Volume
Max Volume著


Curt sat at a table in an uptown bar, collecting his thoughts after an exhausting and fruitless meeting with executives from Main Man Records. They were pressuring him to take part in a media circus to promote his new album.
アップタウンにあるバーで、カートはひとりテーブル席に座っていた。メインマン・レコードの重役たちとのウンザリするほど不毛な打合せを済ませ、自分なりの考えをまとめながら。ニュー・アルバムのプロモーションのためにマスコミの乱痴気騒ぎにつき合えと、連中はカートに圧力をかけてきたのだ。

He had tried to tell them that the album was doing well, but his idea of financial success was obviously very different from theirs. He just hoped that Brian would have the good sense to stay out of it.
いくらアルバム自体の出来はいいと訴えてはみたものの、カートの思う商業的な成功の概念と連中のとでは、まるっきりかけ離れていた。こうなってしまっては、この対立に首を突っ込まないでいてくれる良識をブライアンに期待するしかなかった。

****

Arthur sat reading a book on the sofa at Curt's apartment, while Curt sat at a table scribbling in a tattered notebook. The two of them often spent long hours together that way, comfortable with the silence that had become an important part of their relationship.
カートのアパートでは、ソファに座りながらアーサーが本を読んでいた。カートはというとテーブルに向かって、ボロボロのノートに何やら走り書きをしている。しばしば2人はこんな風にして何時間も過ごした。黙っているのに心地良い。そんなひとときが今の2人には、かけがえのない時間となっていた。

Curt had never been able to do that with anyone before, at least not sober. Arthur looked up to find that Curt was staring at him, a question in his eyes.
今まで誰かとこんな風に過ごした経験がカートにはなかった。少なくともしらふの時には……。顔を上げるとアーサーは何か言いたげに自分を見つめているカートと目が合った。

"Yes?"
「何?」

"Arthur, why have you never worn the pin that I gave you? You did get it, didn't you?"
「アーサー、お前、何で俺がやったピンをつけないんだ? 持ってるよな?」

Arthur was silent for a long time.
"Yes".
アーサーはしばらく黙っていた。
「うん」

"Well ..."
「だったら……」

"Well, what?"
「だったら……何?」

"Why have you never worn the pin?"
「どうしてピンをつけない?」

"Curt, mate..."
「ああ、カート……」

"What is it, Arthur? If you don't want it, give it away. I don't want it back."
「何が問題なんだ、アーサー? 要らないなら、誰かにやっちまえよ。俺はもう要らないから」

Curt said harshly. Arthur was hurt by the anger in Curt's voice. His voice thick with emotion, Arthur stammered, "Curt, ... every day ... every day I consider wearing that pin, ... but something holds me back. I ... I don't know what it is."
カートは声を荒げた。怒りを含んだカートの物言いにアーサーは傷ついた。感極まったあまり声がかすれたアーサーは、どもりながらこう言った。
「カート……いつ……いつだって僕は、このピンをつけなくちゃって、思っていたんだ……だ、だけど、どうしてもダメなんだ。どうしてなのか……ぼ、僕には、そのぉ、分からないのだけど……」

"It's just a pin, Arthur."
"It isn't just a pin. You said that it *may* have belonged to Oscar Wilde. But it *did* belong to Brian Slade, who gave it to you. Then you gave it to me. I don't know what that means."
「ただのピンじゃないかよ、アーサー」
「『ただのピン』じゃないよ。オスカー・ワイルドが持っていた<かもしれない>って言ったじゃないか。だけど、これは、これを君にくれた、あのブライアン・スレードのもの<でもあった>んだ。で、その後、僕にくれた。一体、どういうつもりなのさ、僕には分かんないよ」

Curt moved to the sofa, sitting down next to Arthur, his strong hands clutching at Arthur's thighs.
カートはソファに移動すると隣に腰を下ろし、そのたくましい両手でアーサーの太股をグッとつかんだ。

"Brian gave that pin to me during a time when we felt free to be ourselves, our true selves. I wanted to pass on the power of that freedom to you ... Do you have the pin here?"
「ブライアンがピンをくれた頃、俺たちは『自由』をわがものにしていた。間違いなく俺たちのものとしてな。俺はあの自由のパワーを、お前に伝えたかったのさ……ここにピンはあるか?」

Arthur gazed at Curt for several minutes before crossing the room to remove the pin from the pocket of his jacket for the first time. He turned around to find Curt standing behind him.
アーサーはしばらくの間、カートを見つめると、部屋を横切り、今まで一度も出したことのないそのピンをジャケットから取り出した。振り向くとすぐ後ろにカートが立っていた。

Curt took the pin from his hand and fastened it to Arthur's shirt. He took Arthur's face in his hands and kissed his lips gently, whispering into his mouth, "What the pin means is that I love you".
アーサーの手からピンを取り上げるとカートは、アーサーのシャツに留める。両手でアーサーの顔を捕らえ、唇にそっとキスすると、その口元に囁きかけた。
「このピンは俺の愛の証だ」

Arthur pulled Curt into a crushing embrace, his head tucked against Curt's shoulder. The two of them moved slowly to the bedroom, stopping to kiss and remove constraining clothing.
カートを引き寄せるとアーサーは、ギュッと抱き締め、頭をカートの肩に押しつけた。2人は立ち止まってはキスを交わし、じゃまな服を剥ぎ取りながら、ゆっくりとベッドルームへと移動した。

Before things got to the point where Arthur could not put a sentence together, he muttered, "Curt, I want to know what it's like to be inside you."
興奮のあまり我を忘れ、まともに会話することができなくならないうちにと、アーサーは小声でこうつぶやいた。
「カート、君の中に入れるって、どんな感じなのかな……」

Curt's eyes widened for a moment, his reluctance evidence. He had never done that. An unpleasant experience in his youth had made him shy away from being penetrated.
カートは一瞬目を大きく見開いた。気乗りがしない証拠だ。カートは決して抱かれる側に回ったことがなかった。思春期の頃の不愉快な(兄との)体験が、カートが受け身になることをためらわせていたのだ。

Besides, he had always really enjoyed fucking too much. He had told himself that it was a matter of preference, a matter of personality ... But he trusted Arthur more than he had ever trusted anyone.
それに、いつだってカートは、攻める方の立場を十分すぎるほど実際に楽しんできた。これは単に嗜好と性格の問題だとカートは自分に言い聞かせてきた……だが、自分がアーサーを今までの誰よりも信頼しているのも、また事実だった。

He gave Arthur his crooked smile saying, "We can do anything you want."
顔をしかめて笑うとカートは言った。
「お前がしたいなら、何をやってもいいんだぜ」

Curt sat down on the bed, waiting nervously. Arthur could feel Curt's apprehension and was strangely aroused by it. Then he felt very inexperienced all of a sudden, ... but he was determined not to let Curt's nervousness infect him.
カートは緊張した面もちでベッドに座って待っていた。不安げなカートというのは、アーサーにとって、妙にそそるものがあった。その時、不意にアーサーは自分がひどく上がっているのに気付いたが……緊張するカートを前に自分までが動揺してはいけないと言い聞かせていた。

He took a deep breath and placed his hands on both sides of Curt's face pulling him into a kiss that seemed to go on forever.
深く息を吸込むとアーサーは両手でカートの顔を挟み、自分のほうへ引き寄せると永久に続くかと思われるほど長い長いキスをした。

Curt wanted to grab Arthur and fuck him senseless, but he held back. He would let Arthur do this his way.
このまま何も考えずにアーサーをひっつかんで、犯してしまいたいという衝動がカートを襲った。が、なんとか思いとどまる。アーサーのしたいようにさせたかったからだ。

Kneeling down on the floor between Curt's legs, Arthur licked and nibbled down his muscular body, lavishing extra attention on the sensitive groin area. He flicked his tongue along the length of Curt's cock and mouthed the scrotum until he heard Curt cry out over and over.
カートの脚の間に立ち、床に跪くとアーサーは、カートの筋肉質な体に歯を立て噛みつきながら舐め降ろしていく。やがて鼠蹊部に辿り着くとアーサーは、そこを必要以上に丹念に愛撫した。ペニスに沿って舌を動かし、陰嚢ごと口に含むと、カートの口から立て続けに叫び声があがる。

He lifted Curt's legs over his shoulders and licked at the perineum before putting his mouth to the tight ring of muscle below, ... sucking, ... licking, ...probing. Curt lifted his hips up off of the bed, bucking against Arthur.
カートの両足を肩に抱え上げるとアーサーは、手前の敏感な部分を十分舐め、それから、その下にある硬く絞った筋肉が輪になったところに口を近づけ……しゃぶりまくり……舐め尽くし……丹念にまさぐった。カートはベッドから尻を持ち上げ、アーサーに向かって勢い良く押し付けた。

A well-lubricated finger was inserted very carefully as Arthur moved his mouth to Curt's cock, sucking and licking at the tip. As Arthur slowly devoured Curt's thick member, he opened Curt with his fingers, imparting each gentle stroke with all the longing he felt for Curt.
たっぷりと潤滑剤を塗った指をなるべく慎重に挿入するとアーサーは、同時にカートのペニスに唇を寄せて、その先端をしゃぶり、舐め上げた。カートの太いペニス(member=>hand/leg=>penis)をたっぷりと時間をかけてむさぼり尽くすとアーサーは、指でカートを押し広げ、優しく、カートへのありったけの想いを込めて、指を動かした。

When Arthur began to stroke his prostate, Arthur moved up to kiss Curt again, giving him a sample of his own taste. Curt's cries became moans and he rocked violently against Arthur's hand. Arthur moved up to kiss Curt again, giving him a sample of his own taste.
カートの前立腺を撫で始めたアーサーは、再び元の位置に戻り、カートにキスする。その口からカート自身の味をさせながら。カートの叫びはやがてうめき声に変わり、アーサーの手の動きに答えるように激しく腰を振った。

Curt murmured, "Do it.. do it!", and rolled over onto his stomach.
「犯れよ……犯れったら!」
カートはそう呟くと、腹這いになった。

Arthur spent a few moments applying lubricant before pressing against Curt, stopping at the entrance to his body, waiting until Curt was ready. Gently, he introduced the head of his cock.
潤滑剤を塗り、しばらくしてからアーサーはカートに自身を押し付けた。カートの受け入れ態勢が整うまで動かず、入り口でじっと待ちながら。やがてアーサーはそっと先端を潜り込ませた。

The delight of this hot flesh holding him so tightly left him breathless. Arthur took a few moments to savor the feeling. Resting his cheek on Curt's back, he reached around to stroke Curt's cock and was rewarded with a shudder as Curt relaxed.
この、たまらなく締めつけてくる熱い肉がもたらす喜びに、アーサーは息が止まりそうになる。アーサーはしばしの間、この感触を堪能した。カートの背中に頬を載せると、手を伸ばしてカートのペニスを握り、愛撫した。カートが気持ち良さげに蠢動しているのを感じて、アーサーも嬉しくなった。

Very slowly, Arthur pulled out slightly and pushed back in, letting Curt's warmth enfold him. The next gentle thrust filled Curt completely. Arthur's heart beat frantically. He waited until the urge to move overcame him and he began a slow, steady rhythm.
できるだけゆっくりと、アーサーは彼自身を少しだけ引き抜くと、再び挿入した。カートの暖かい内部がアーサーを包み込んでいく。その次に優しく押し進めたときには、アーサーのそれは完全にカートの中に収まっていた。気も狂わんばかりの勢いでアーサーの心臓の鼓動が高まっていく。動かしたい衝動が限界に達するまでこらえていたが、やがてアーサーの体はゆっくりと、一定のリズムを刻み始めた。

The pleasure increased exponentially as Curt matched his thrusts, until Arthur realized that Curt had taken control and he had to surrender himself to the powerful grip of Curt's body. All Arthur could do was hang on as Curt transacted a merging of bodies and minds beyond anything Arthur had ever imagined.
アーサーの突き上げに合わせるようカートが動くにつれて、加速度的に快感が増していく。今になってようやくアーサーは気付くのだった。主導権を握っているのはカートの方であり、自分はカートの強烈な締め付けに屈服するほかはないのだと。アーサーは必死にしがみつくしかなかった。アーサーの想像を遥かに超えてしまうほど、カートが肉体と精神をとろかせ一つにしてしまう間中。

Afterward, they laid together side by side, not touching, not speaking for most of the night. Arthur awoke as Curt pulled him into his arms, nuzzling his ear.
情事のあと、2人は並んだまま横になっていた。互いに触れることもなく、交わす言葉もないまま。ほぼ一晩中……。不意にアーサーは目を覚ました。カートの腕の中に引き寄せられ、耳元に鼻を擦りつけられて。

"Why didn't you tell me?"
「なぜ俺に言わなかった」

"Tell you?"
「君に何を?」

"... that it would be like that?"
「……(受ける方が)こんなふうに(気持ちいいと)感じるって」

"Because I didn't know, my love."
「だって、僕だって(責める方も気持ちいいって)知らなかったんだもの、カート……」

  ****

Another meeting at Main Man Records. Curt thought his head would explode if they gave him one more reason why he should take part in the charade that they had dreamed up.
メインマン・レコードで、もう一度会合が開かれた。カートはもう少しで頭が爆発するかと思った。連中が企てる見世物イベント(charade=見えすいた芝居)に自分が駆り出されなくちゃいけない理由をあと一つでも上げられようものなら。

"How many times do I have to tell you that I don't do interviews anymore and that a press conference is out of the question?"
「何度言わせたら気が済むんだ? 俺はどんなインタビューも応じる気はないし、ましてや記者会見など問題外だって言ってるじゃないか」

Brian walked in saying "You will probably have to go on tour to promote the album as well."
ブライアンはこう口走りながら入ってきた。
「アルバムのプロモーションのためには恐らく、ツアーも必要になるだろうな」

Obviously, he had been listening in on the conversation.
明らかにブライアンは(連中とカートとの)会話を立ち聞きしていたのだ。

"It's called the music *business* for a reason."
「それが音楽<ビジネス>と呼ばれる所以だよ」

"Brian, I ..."
「ブライアン、俺は……」

Brian turned very pale and ordered everyone else to leave the room.
突然、ブライアンの顔色が変わり、2人以外全員、外に出るようにと命じた。

"Don't ever call me Brian in front of other people. I'm Tommy Stone now. And if you're interested in recording any more albums, I suggest that you remember that."
「2度と人前でブライアンの名前を口にするな。今の私はトミー・ストーンだ。もし、この先、さらにアルバムをレコーディングする気があるなら、このことを忘れないでほしいものだな」

"I'm not interested in playing your games, *Brian*", Curt shouted as he stormed out of the conference room.
「俺はお前のゲームに付き合う気はないぜ。ブ・ラ・イ・ア・ン」
カートはこう叫ぶと、怒って会議室から飛び出した。

Curt resented that fact that they were replaying an old scene from the past. He wanted to kick himself for thinking that they could move past it.
とっくに過去のものとなった、かつてのドラマを自分たちが再び演じようとした事実にカートは腹が立った。昔のことはきっぱりと忘れようと、自分を叱りつけてやりたい気分だった。

Arthur was waiting for him in the lobby. Curt felt a weight lift from his shoulders when Arthur hugged and kissed him as they turned to leave.
ロビーではアーサーがカートを待っていた。アーサーに抱きしめられキスされると、カートは肩の荷が降りたような気がした。2人はその場から即立ち去ろうとした。

Brian blocked their exit.
ブライアンが出口を塞いだ。

"Curt, don't think that you can just walk out on me when I'm talking to you. By the way, you could be a bit more discreet with your boyfriend. After all, you are in the public eye again."
「カート、人が話している最中に、安易に放り出して逃げられるなんて思うなよ。ところで、君は男の愛人に関して、もう少し思慮分別のある行動を取れないものかね。要するに君は今、再び世間の注目を浴びていると言いたいのさ」

He watched with satisfaction as Curt fumed. Glancing at Arthur, recognition dawned. Brian looked stricken.
怒りに燃えるカートの様子をブライアンは満足げに見つめていた。が、アーサーの方に目をやると、それが見覚えのある顔であることに気付いた。ブライアンは唖然とした。

"Hey, wait a minute. You're that journalist that blindsided me a couple of months ago."
「おい、ちょっと待ちたまえ。君は何か月か前、(記者会見の席上で意表を突いた質問をして)私に不意打ちを食らわした記者だろう」

Brian noticed the pin on the lapel of Arthur's jacket and turned purple with rage. "What's going on here? Who's playing games now?"
アーサーのジャケットの襟についているピンに気付くと、怒りのあまりブライアンの顔はたちまち真っ赤になった。
「これはどういうことだ? 誰の企みだ?」

Curt looked puzzled. What was Brian going on about? Blindsided? Curt looked at Arthur.
"Blindsided?"
カートは当惑した。 ブライアンは何のことを言っているのだ? 不意打ちを食らわしただと? カートはアーサーの方を見た。
「不意打ちを食らわしたって、どういうことだ?」

"It's that story I was covering when we met at the bar, remember? ... By the way, what's *Brian Fucking Slade* doing here anyway?"
「ぼ、僕らがバーで会ったとき、僕は(スレードの)取材をしてたろう、そのことさ。覚えてるよね?……ところで、このいまいましいスレードの野郎は一体、ここで何してるんだよッ?」

Both of them glared accusingly at Curt. He was at a loss for words ...
2人とも責めるような目でカートを睨み付けた。カートは言葉を失った……。

Send feedback to mvolume@hotmail.com.
おたよりはmvolume@hotmail.com.まで。

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、対訳例を送ってくださったerin様と、並びに、英語表現を解説してくださったKamen様とerin様のお友達のPAUL様、並びに対訳のベーター・リーディングをしていただいたRyoko様に深く感謝いたします。


フロントページに戻る