The Reawakening, Part II
「再起 - パート2」

by Max Volume
Max Volume著


Arthur awakened slowly. Sensing that he was alone, he kept his eyes closed, delaying the inevitable discovery that Curt Wild was gone.
のろのろとアーサーは目覚める。自分が今、一人なのを察すると、目を開けることができなかった。案の定、カートは逃げたのだという事実をなかなか認められずにぐずぐずしたまま……。

Going from fear, to annoyance, to anger, to self-deprecation, he finally told himself that it had been just another one-night stand ... just sex. He should accept that and even be grateful for it.
不安はたちまち苛立ち、怒り、自己嫌悪にとってかわる。要するに、今回も一夜限りの情事だったというわけだ……単なるセックスに過ぎない……。アーサーはこの現実を受け入れるしかないのだ。しかも感謝さえして。

But he wasn't very convincing. He knew that it had been more, much more, .... at least for him.
とはいえアーサーには納得がいかなかった。今回はそれ(注:一夜限りの情事)以上のものがあったはずだ。はるかにずっと……少なくともアーサーにとってはそうだった。

  Arthur covered his head with a pillow, trying to smother the memories of the previous night, ... trying not to care. He finally surrendered and opened his eyes just as the apartment door opened and a lean, muscular, blonde man sauntered into the room.
アーサーは枕で顔を覆う。前夜の記憶を押し殺そうとして……つとめて気にしないようにしようと。諦めかけたアーサーが目を開けようとしたちょうどその時、アパートのドアが開き、引き締まった、筋肉質の、ブロンドヘアー男がふらりと部屋に入ってきた。

"You're awake. Good. Arthur, ... you live like a caveman. You don't even have a coffeemaker", Curt said as he placed two large paper cups of coffee on Arthur's desk.
「お目覚めかい。そりゃ良かった。アーサー……お前って、およそ文明人からはほど遠いヤツだよな。コーヒー・メーカーの一つもありゃしない」
  そう言うとカートは、アーサーの机の上にコーヒーの入った大きな紙コップを2つ置いた。

Curt crossed the room and climbed over Arthur, trying to find a space in the narrow bed.
部屋を横切るとカートはアーサーの上にはい登り、狭いベッドの上で自分の場所を確保しようとする。

The expression on Arthur's face made Curt pause. He straddled Arthur's legs and asked, "Is something wrong? Are you okay?"
が、(思い詰めた)アーサーの表情にカートは思わず動きを止め、アーサーの足にまたがると、こう尋ねた。
「何か……あったのか? お前、大丈夫かよ」

Arthur answered in a strangled voice, " I thought you had left."
締めつけられるような声でアーサーは答えた。
「君が出て行ってしまったんじゃないかって……そう思って……」

"I did ... and I came back", Curt whispered, pulling Arthur into an embrace. They held each other and kissed until the aroma of the coffee was too much to bear.
「確かにな……で、また戻って来たところさ」
カートはささやき、アーサーを引き寄せ、抱き締めた。2人は抱き合い、むせかえるようなコーヒーの香りが部屋中を満たすまで、長い間キスをした。

Arthur finished his coffee as he watched Curt leaning over a sheaf of papers, his hair hiding his face. Curt looked up from the papers and smiled as Arthur padded to the bathroom.
アーサーがコーヒーを飲み終えると、カートは顔を髪の毛で隠したまま紙束(注:この後を読むとそれが作曲に使う紙だと分かる)の上にうつむいていた。紙面から顔を上げるとカートは、パタパタとバスルームに向かうアーサーを見て、微笑み返した

Arthur stepped into the steamy shower, luxuriating in the hot water. He felt Curt enter the shower behind him, putting his arms around his waist.
アーサーは蒸気の立ち込めるシャワーを浴びると、熱い湯の感触を堪能した。背後にカートが入って来る気配を感じた途端、腕が腰に絡まってきた。

Arthur leaned back against him, borrowing his strength, lulled by the pulse and heat of the water. Soapy hands massaged Arthur's chest, moving down to his belly, and finally his cock, making Arthur gasp.
アーサーはそのままカートの方に寄り掛かり、体を預けた。シャワーの刺激と暖かさがアーサーをなごませる。泡のついた手がアーサーの胸をまさぐり、腹を辿り、最後にペニスに達すると、アーサーは喘ぎ声をあげる。

The sensation was intoxicating. He turned, pressing himself against Curt, forehead to forehead, chest to chest, cock to cock. They moved against each other slowly, lubricated by the soap, feeling desire build until a sense of urgency took over.
夢のような感覚に酔いしれる。アーサーは振り向き、カートに身体を押しつける。額に額を、胸に胸を、ペニスにペニスを押しつけ合って。石鹸で滑らかになった身体をゆっくりとすり合わせるにつれて欲望が立ち上がり、ついには差し迫るような感覚が襲ってきた。

Unable to maneuver in the tiny shower, Arthur took Curt's hand and pulled him along until they fell back onto the bed. They devoured each other with eyes and mouths, touching each other with a furious intensity. Hands, arms, legs, feet, cocks moved together in a frenzied dance, until Arthur's moans and cries of pleasure signaled his orgasm and provoked Curt's.
狭いシャワー室では思うように動けないため、アーサーはカートの手を取るとベッドまで引っぱって行き、そのままそこに倒れ込んだ。2人は互いの目や口をむさぼり合い、激しい強さで触れ合った。手が、腕が、足が、ペニスが狂乱の態でのたうつ。オーガズムに達したことをしめすアーサーのうめきと歓喜の悲鳴はまた、カート自身をも頂点に導いた。

After cleaning up, Curt kept changing positions in the bed, trying to get comfortable. He groaned, "Man, I think this bed must be some sort of torture device. I didn't sleep at all last night. We'll have to do something about it, ... but for now why don't we sleep at my place?"
後始末をすまし、ゆっくりくつろごうと、カートはベッドの上でさんざん姿勢を変えた挙げ句、文句をたれた。
「おい、このベッド、まるで拷問道具みたいじゃねえか。夕べは一睡もできなかったぜ。こりゃ何とかしないとな……だが、まぁ、とりあえず、俺んとこで寝ればいいな?」

"What?", Arthur mumbled, not sure that he had heard correctly.
「何?」
一瞬自分の耳を疑い、アーサーは口篭もった。

"Arthur, for a journalist, a person who earns his living with words, you haven't been very articulate lately", Curt teased.
「アーサー、ジャーナリストってのは、言葉をメシの種にしている人種のことだが、このところまともにしゃべった試しがねえだろう、お前」
とカートはからかった。

Arthur blushed and grinned, "Hopefully it will come back to me."
アーサーは顔を赤らめ、にっこりと笑う。
「元に戻るといいけど」

"You haven't asked me what I was doing all last night while I *wasn't* sleeping", Curt insisted.
「一晩中、眠・れ・な・か・っ・た間、俺が何をしてたのか聞かないのか」
カートは殊更その部分を強調した。

"I'm sorry that it was so uncomfortable for you", Arthur answered.
「不愉快な思いをさせて、すまなかったよ……」 
アーサーは答えた。

"Well, ... I was up writing songs all night, new songs. I have a gig at a club downtown next Friday. I think I'll try some of them out, ... see how people respond to them."
「やれやれ……俺はな、夜通し作曲してたんだよ。新曲さ。来週の金曜、ダウンタウンのクラブでギグをやる。その時、いくつかやってみようと思う……みんなどんな顔するかな」

Curt seemed so different, so much more alive than he had yesterday. The air crackled with Curt's energy. Arthur could feel that vibrancy through Curt's skin, touching and kissing it, as Curt squirmed in the tiny bed.
カートは昨日とはまるで別人のように生き生きと目を輝かせていた。カートを包む空気がその情熱でパチパチと弾けた。皮膚を通してカートの鼓動が伝わってくる。アーサーがそこに触れ、口付けると、カートは狭いベッドの上で身をくねらせた。

****

On Friday, Arthur was very nervous about going to hear Curt play at the club. It had been ten years since he had seen Curt perform. He remembered *that* Curt writhing onstage. Thinking of that performance brought up a tangle of emotions that Arthur would never be able to unravel.
金曜日、カートの演奏を聴きにクラブへ行くのかと思うと、アーサーの心は激しく揺れた。最後にカートのステージを見たのは10年も前のことだ。ステージの上でのたうちまわるカートの姿を脳裏に浮かべる。ステージ上での狂態を思い出すたびに、胸の中で様々な思いがわだかまり、それは決してほぐれそうになかった。

Arthur had spent several nights at Curt's place, a comfortable and spacious apartment, before having to leave town to do research on a story. His return flight arrived in New York on Friday evening with just barely enough time to make it to the club.
カートの広くて快適なアパートで幾晩か過ごしたアーサーは、取材でこの街を離れなければならなくなった。クラブ行くのにかろうじて間にあう時刻に、帰りの飛行機はなんとかニューヨークに到着した。

Arthur was sitting on a stool at the bar, drinking a beer, as the lights dimmed. Curt walked onstage dressed in jeans and a t-shirt. Arthur relaxed a bit. He wasn't sure what he had expected, but obviously glitter and snakeskin pants were a part of the past.
薄暗いライトの中、ビールを飲みながらアーサーはバーのカウンター席に腰かけていた。Tシャツとジーンズといういでたちでステージに現れたカートを見て、アーサーは少しばかりホッとする。何を期待していたのか自分でもよく分からなかったが、かつてのギラギラ光る蛇皮のパンツは、もはやはっきりと過去のものになっていた。

Curt played a couple of his old songs, his *anthems* ... as was expected. It was a good crowd, cheering and clapping. Curt looked happy.
カートは持ち歌を何曲かプレイした。彼の十八番を……期待に違わずいつも通りに。喝采と拍手を送ってくれる行儀のいい聴衆に恵まれ、カートは実に楽しげだった。

Curt started playing a song that Arthur didn't recognize. It must be one of his new songs, Arthur thought, sorry that he hadn't had a chance to hear any of the new stuff. Curt had been somewhat secretive about them and Arthur hadn't wanted to intrude.
するとカートは聞き覚えのない曲を歌い始めた。カートの新曲に違いない、とアーサーは思った。一度も聴く機会がなくて残念でならなかったあの新曲に違いないと。カートはその手のことに関してはどこか秘密主義なところがあり、アーサーもあえて立ち入ろうとはしなかった。

It was slower than his other songs, almost a ballad, if any of Curt's music could ever be described as such. The rhythms were powerful and strangely hypnotic.
それはカートのいつもの曲とは異なり、スローな、バラードに近い曲だった。もしカートの音楽をそのように称することが許されるならば。そのリズムは力強く、催眠術のように妖しげだった。

Arthur felt himself being carried away by the music, when he realized that Curt was singing, ... about ordinary, everyday things, ... but in such a way that the familiar was turned on its side. Arthur felt profoundly moved by the song, not completely sure why.
カートが歌った瞬間、アーサーはその音楽に魂を奪われた……ごくありふれた日常を歌った曲に……だがその歌の中ではいつも慣れ親しんでいる<日常>が違った一面(<非日常>)をかいま見せるのだった。なぜだか分からないが、アーサーはその歌に深く感動した。

At the end of the song, the crowd, so appreciative earlier, was silent for a few moments. Curt just stood there, blinking, ... until everyone broke into wild applause. Curt grinned widely. Arthur could see that he was pleased. This obviously meant a lot to Curt, so it was important for Arthur as well.
曲が終わると、当初歓声を送っていた聴衆は、しばしの間沈黙した。カートはただそこに立ちつくし、目をしばだたせていたが、突然、割れんばかりの大喝采を浴びせられた。カートは満面の笑みを浮かべる。カートが喜んでいるのがアーサーには分かる。はっきり言ってカートにとって今回のことは大きな意味があった。それだけにアーサーにとってもまた、重大なできごとだったのだ。

  The rest of the performance went well and, when Arthur collected him backstage at the end of the evening, Curt was beaming.
その後の演奏も順調に終わり、その晩遅くにカートを迎えにアーサーが楽屋に行った時には、カートは光り輝いていた。

****

Arthur had agreed to meet Curt for dinner after work. He arrived at Curt's favorite restaurant early. He examined the menu and shook his head, still adjusting to the fact that Curt was a strict vegetarian. Somehow that just didn't fit the image of *Curt Wild*, but then so many things about him didn't.
仕事の後、一緒にディナーを取ろうという申し出にアーサーはうなずいた。カートのお気に入りのレストランには、アーサーのほうが先に到着した。メニューを眺めたアーサーはやれやれと言った態で頭を振った。カートが厳格なベジタリアンだという事実になかなか慣れることができなくて。どうも<カート・ワイルド>のイメージからすると似つかわしくないことだったが、その後もカートに関しては得てしてそういうことが多かった。

Curt arrived and kissed Arthur before sitting down at the table. He fidgeted with the menu for a few moments before announcing with a big grin, "I have been offered a record contract ... to record my new songs. When I told them what my terms were, that I had to have total artistic control, they didn't even blink. They want to start recording right away."
レストランに到着するとカートは、アーサーにキスをし、テーブルについた。カートはメニューを見ながらしばらくの間そわそわしていたが、やがて思いっきり顔をほころばせると、こう打ち明けた。
「レコード契約のオファーが来たんだ……新曲のレコーディングの。こちらの条件と、創作面では全面的に俺が監督することを言ったら、連中、まばたきもせずに平然と(注:didn't blink=didn't bat an eyelash=didn't show any surprise or concerns at all)承知したぜ。すぐにでもレコーディングに取り掛かりたいとさ」

****

Curt was extremely pleased. He had never worked so hard in his life, but it had been worth it. He had managed to record the songs in just a few days and was in the final stages of getting the right mix.
カートはとても嬉しそうだった。生まれてこの方こんなに熱心に仕事をしたことなかったが、今回は、そうする価値があったのだ。ほんの数日でレコーディングをこなしたカートは、ミキシングの最終段階に入っていた。

He hadn't seen Arthur for several days. He missed him, but had been so busy that he hated to call him when he couldn't spend more than a few minutes with him.
ここ数日、アーサーとは顔を合わせていなかった。アーサーが恋しくてたまらなかったが、忙しくて、ほんの数分しか一緒にいられない時に、アーサーと電話で話すのは嫌だった。

A few minutes would not be nearly enough. He found himself thinking about Arthur's slender, lightly muscled body, and shook himself. The sooner he finished the record, the sooner he could spend some time with that extraordinary man.
数分だけではとても足りない。いつの間にかアーサーのほっそりとした、わずかに筋肉に覆われた肢体を思い浮かべ、カートは身を震わせた。早くレコーディングを終わらせれば、それだけ早くあの途方もなく愛しい男と過ごせる……。

Curt heard someone clear his throat, and turned around to see the ghost of Brian Slade, now calling himself Tommy Stone.
咳払いの音がする。見回すとカートは、ブライアン・スレードの、今はトミー・ストーンと名乗る男の亡霊に出くわした。

"What are you doing here?", he demanded.
「こんなところで何してやがる?」
カートは詰問した。

"I've been listening to your tracks", Brian said quietly.
"They're really good. Congratulations."
「君の録音を聞かせてもらったよ」
落ち着き払ってブライアンはこう言った。
「実によかった。おめでとう」

"What do you mean, you've listened to my songs? What gives you the right to do that?", Curt sputtered.
「どういう意味だ。俺の歌を聴いていただと? 何の権利があるってそんなことをする?」
カートは喰ってかかった。

Brian looked at him for a few moments before admitting, "I own Main Man Records."
カートをしばらく眺めてから、ブライアンは真実を告げた。
「メインマン・レコードのオーナーは、この私だからだよ」

Curt was livid. He felt as though he had been tricked somehow. His throat constricted with panic at the thought of this man having anything to do with his music. The last time had been such a disaster. He didn't want to play out that scene again.
カートは激怒した。どうも自分ははめられたのではないかという気がして。この男が自分の音楽に対して何か企んでいるのではないかという妄想に襲われたカートは喉が締め付けられる思いだった。こいつとは最後(注:最後にカートとブライアンが一緒に音楽活動、レコーディングかステージをやったとき)、散々な目にあった。金輪際、カートはあんなドラマを繰り返したくはなかった。

Brian looked away and then back at Curt, saying, "Curt, I didn't mean to deceive you, but I knew that you wouldn't have anything to do with this if you knew that you were dealing with me. I just wanted to help. One of my people heard you do your new stuff and told me about it. This music is really good. Let's let it be about the music, Curt."
ブライアンは一瞬カートから目を逸らすと、再び視線を戻してこう言った。
「カート、私は決して君を騙すつもりはなかった。もっとも、私がからんでいると知ったら、君は決してこの契約を受け入れたりはしなかっただろうが。私は君の力になりたいだけなんだ。私のスタッフの一人が君が新しい曲を始めたって聞きつけて、私に教えてくれたんだよ。この曲は本当に素晴らしい。君は音楽だけに専念していればいいのさ、カート」

Curt was silent for the length of time that it took to run through several violent scenarios in his mind. Finally he turned to Brian saying, "You're right. It should be about the music. So far you've given me total control and that's great. But why are you here now? You could have stayed away and I would have never known that you were involved."
脳裏に浮かんだ凶暴なシナリオがすっかりおさまるまで、カートは黙り続けた。そうしてついにカートはブライアンに向かってこう言った。
「お前のいうことは正論だ。こと音楽に関して言えばな。俺にすべての権限を与えたのは上出来だった。だが、どうしてお前は今、ここにいる? ノコノコ現れさえしなかったら、お前が噛んでいるなんて知らずに済んだのに」

Brian, shoulders hunched and hands in pockets, stared at him.
"I don't know why. I guess I just wanted to talk to you. Maybe I thought that we could be friends."
ブライアンは肩を丸め、ポケットに手を突っ込み、じっとカートを見つめた。
「さあ、なぜだろうな。ただ、私は君と話をしたかっただけさ。ひょっとして、また友達に戻れるんじゃないかって」

Curt had the urge to say something cruel ...to take advantage of Brian's vulnerability. He stopped himself. There was no point. The passion between them, even the passion of hatred, had died a long time ago.
残酷なセリフを浴びせてやりたい衝動にカートはかられた……ブライアンが傷つくような弱点をついて。が、カートは思いとどまった。そんなことをして何になる。2人の間にあった情熱は、それが憎しみの情熱であったとしても、とうの昔に枯れ果ててしまったのだから。

*****

Arthur awoke to the sound of knocking at his door. He stumbled out of bed, opened the door, and almost fell as Curt threw himself against him. Curt was electric. He kissed Arthur so hard that Arthur couldn't breathe as he struggled to regain full consciousness.
アーサーはドアをノックする音で目を醒ました。転がるようにベッドから飛び出し、ドアを開けた途端、カートが飛びついて来た。カートは電気のようだった。息もできないほど激しく唇を奪われたアーサーは、なんとか意識を保とうともがいた。

He felt Curt tear off his clothes and then tumble the two of them to the floor. Arthur experienced a flood of sensations as his entire body was kissed, fondled, and bitten.
カートが服を引き裂いているのに気付いた時には、2人して床に倒れ込んでいた。アーサーは洪水のように押し寄せる感覚に溺れた。全身にキスを浴びせられ、愛撫され、噛みまくられて。

He was riding a wave of pure, unrestrained passion that passed back and forth between him and that magnificent animal. When Curt entered him, the delicious pressure and friction deepened his pleasure until he lost all sense of self, building until he ..
カートという見事な獣と自分と間を行き来する、純粋で抗いきれない情熱の波にアーサーは翻弄された(注:'riding a wave of ... passion', 'magnificent animal'の記述について:ギリシャ神話には、magnificentで強力な竜の落とし子の馬車に乗り、波を操り、海を支配する神、ポセイドンもしくはネプチューンが登場する。また、stallionは「種馬」であるところから、これらの表現は、暗にカートの巨根ぶりを示唆していると思われる)。カートがアーサーの中に入って来た途端、甘美な圧迫と突き上げが、アーサーに気が遠くなるほどの深い快楽を与え、気が遠くなるほどの高みに押し上げた……。

"Oh my god. Did I pass out?" asked Arthur, lying on the bare floor next to a panting Curt.
「ああ、何てことだ。僕は気を失ってしまってたのか?」
むき出しの床に横たわったまま、かたわらで激しく息をついているカートにアーサーは尋ねた。

Curt laughed his harsh laugh, sending shivers down Arthur's body, amazingly still capable of such a response. Curt rolled over to put an arm over Arthur's chest and planted a chaste kiss on his cheek.
息をあらげながらカートが笑うと、アーサーの体が(反応し)ビクッと震えた。自分にまだそういう反応ができる力が残っているのが不思議なくらいに。が、カートはアーサーのほうに向き、その胸に腕を回すと、アーサーの頬にただ軽いキスをした。

"I've missed you, mate", Curt murmured.
「お前が恋しかった、アーサー」
カートはつぶやく。

  "I think you demonstrated that, ... quite thoroughly", Arthur said as he finally opened his eyes to see Curt looking down at him.
「言わなくてもよく分かったから……いやっていうほど」
そう言うとアーサーは、やっと目を開け、うつむき加減で自分を眺めているカートを見下ろした。

Curt couldn't take his eyes off of this sweet man. Brushing his cheek with the back of his hand, Curt had the urge to whisper endearments, to make wild promises, to bind this man to him forever.
カートはこの愛しい男から目を離せなかった。手の甲でアーサーの頬をそっとかすめると、突然、衝撃がカートにこみ上げる。甘い言葉を囁きたい、馬鹿げた(果たせるあてのないような)約束をしたい、この男を永遠に自分の手元につなぎ留めておきたいという衝動が。

But that could wait ...
だが、それがかなうのは、もう少し先の話だった……。

Send feedback to mvolume@hotmail.com.
おたよりはmvolume@hotmail.com.まで。

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、対訳例を送ってくださったerin様と、並びに、英語表現を解説してくださったKamen様とerin様のお友達のPAUL様、並びに対訳のベーター・リーディングをしていただいたRyoko様に深く感謝いたします。


フロントページに戻る