The Reawakening, Part I
「再起 - パート1」

by Max Volume
Max Volume著


Sitting at a small table in the back of the darkened bar, Curt smoked a cigarette. He was still playing his music in small clubs around town. He still had a following. Every few years a record executive would express some interest in producing a new album, but as soon as Curt stated his terms, interest waned.
薄暗いバーの片隅で小さなテーブルに腰掛けながら、カートはタバコを吹かしていた。街のあちこちにある小さなクラブで、カートはいまだに音楽活動を続けていた。今でもカートを求めてくれる人達がいるから。何年かごとにレコード業界の重役がニューアルバムの製作話を持ちかけてくるのだが、カートが条件を提示した途端に、関心を示さなくなってしまう。

Curt had to do things his way or not at all. After all, it was his music. Fuck them if they couldn't accept that.
カートという男は、すべてを自分の思い通りにやるか、でなければ、まったくやらないかのどちらかしかなかった。結局、それがカートの音楽なのだ。それが飲めない連中など糞食らえだった。

Clean and sober. It had been the only way to survive. He almost hadn't... His former lifestyle had almost ended his life several times, but life was good now, even though it was fucking boring. He was grateful that he could still play his music...he still had that.
世間の垢にまみれず、高潔でいること。それが生き残る唯一の道だ。およそそういった生活にカートは縁がなかった……自堕落な生活を送っていた頃は何度か死ぬ目に会ったものだ。なのに今や、すっかりまともな暮らしぶりだ。たとえそれが退屈きわまりない毎日であったとても。ありがたくもカートはいまだに自分の音楽をプレイすることができた……まだカートにはその力が残っていたのだ。

But he had mellowed and was struggling to find the voice of this new Curt Wild. He had written plenty of new songs, but none of them meant anything to him. They were just words, chords, musical notes...nothing real. The fire in his belly was gone.
が、今や自分の音楽がある程度円熟の域に達してしまったカートは、新生カート・ワイルドの音を見い出そうともがき始めていた。夥しい新曲を書いたが、そのどれもが無意味なものばかりだった。単なる言葉やコードや音の羅列にすぎない……ただ虚しいだけの。カートの中の炎は消え失せてしまったかに見えた。

He wasn't sure if that was good or bad... but it was how things were and he would have to live with it. He was older now and he didn't keep his pain so close to him. Sometimes, though, he missed the intensity of that pain and especially the solace of drugs slamming into his brain, liquefying his body and mind. He would never get past that need.
それが良いことか悪いことなのか、カートには分からなかった……が、たとえ事態がどうあろうとも、カートは今の状況と折り合って生きていくしかなかった。もういい年だし、かつての痛みの記憶も薄らぎつつある。それでも時々、あの時の痛みを懐かしく思うこともある。とりわけ脳を直撃するような、肉体や精神をとろかすようなドラッグで慰められたいと。その誘惑をカートは決して克服したわけではなかった。

****

At first he had not recognized Arthur. When he identified himself as ajournalist, Curt realized that he was the one who had called for information about Brian Slade. Brian fucking Slade... as if Curt had anything to tell him.
最初、カートはアーサーに気付かなかった。ジャーナリストだと言うので、ブライアン・スレイドの情報を取材に来ただけの男だとカートは思ったのだ。ブライアンの野郎め……。 自分がアーサーに何か言いたいことでもあるみたいじゃないか。

He prepared himself for a confrontation. But he became aware that Arthur wanted something else from him. He was reaching out to Curt...but, ...for what?
アーサーに会った時、初めは身構えたカートだったが、アーサーが何か別の事を自分に期待しているのに気がついた。男はカートに接触しようと訪れたのだ……だが……一体、何のために?

When Arthur asked him about the pin, Curt couldn't help but remember the day that Brian had given it to him, that brief period of freedom when the two of them had been so close. But it had not lasted. He suddenly wanted to confide in Arthur, to tell him how it felt.
アーサーにピンのことを尋ねられた途端、カートは、かつてブライアンが自分にそれをくれた日のことを、2人の仲が親密だった頃の自由に満ちたつかの間の日々を思い出さずにはいられなかった。が、蜜月時代は長くは続かなかった。アーサーへの警戒心がなくなったカートは、不意にあの頃のことを打ち明けたい気分にかられた。

Curt looked at Arthur, at the curves of his lips, suddenly remembering having touched them. ..a long time ago. The sensation of tracing those lips with the pad of his thumb came flooding back.
アーサーの唇のラインをじっと見ていたカートは、突然、それに触れたことを思い出した……遠い昔に。その唇をなぞった親指の感触がうねりのように押し寄せる。

Without thinking, he handed Arthur the pin and was rewarded with a look of surprise. Arthur looked at the pin and, obviously not knowing how to accept it, reluctantly returned it to Curt.
何も考えずにカートがピンを手渡すと、アーサーは驚いた顔をした。ピンを目の前にして、それをどう受け取っていいかよく分からないアーサーは、しぶしぶそれをカートに返した。

Curt had made his decision...the pin would be passed on to Arthur. After making sure that Arthur would find the pin, Curt left the bar, but not before turning for a final look at Arthur. He had grown older, more serious, with a hint of darkness that Curt found titillating.
が、カートは意を決した……ピンをアーサーに手渡そうと。アーサーがピンを見つけるのを確認すると、カートはバーを後にした。去り際にアーサーの方を一瞥して。久々に会ったアーサーは年齢を重ね、深みが増していた。その(大人の男としての渋い)翳りにカートは興をそそられた。

He would love to be able to bring a smile to that face, to return a light to those eyes which had been so full of life when they had first met. He remembered how vocal Arthur had been, the sounds of pleasure that he had expressed during that encounter ... and felt his cock twitch. Curt headed home...alone.
カートはその顔を微笑ませたかった(would love to=want)。2人が初めて会った時にはとても生き生きとしていたその瞳にきらめきを取り戻したかった(注:今のアーサーは暗く沈んで見えるので)。カートは思い出した。あの時のアーサーの声を。初めて出会ったあの瞬間、アーサーが発した歓喜の歌声に……彼自身の欲望が立ち上がるのを感じた。カートは家路に向かった……一人で。

****

Arthur was sitting on the subway train, lost in thought. He couldn't believe that he had spoken to Curt again. He touched the pin in his pocket, the pin that had belonged to Oscar Wilde. He wasn't sure that he would ever have the nerve to wear it. It would mean too much.
地下鉄に乗ったアーサーは、座っている間中ほとんど上の空だった。カートと再び言葉を交わしたことがまだ信じられなかった。アーサーはポケットの中の、かつてオスカー・ワイルドものだったというピンを触った。それを身につける度胸が自分にあるかどうか、はかりかねていたのだ。自分にはあまりにもったいないものだから。

Out of the corner of his eye Arthur caught a glimpse of a familiar leather jacket. He turned to get a better look and found himself staring at the most beautiful man in the world. It was as if Arthur's thoughts and desires had taken physical form.
見覚えのあるレザー・ジャケットがアーサーの視界の端をかすめた。よく見ようと振り返ると、自分の目はそれを見つめていた。自分が世界で最も美しいと信じてやまない男の姿を。まるでアーサーの思念と願望が、形となって現れたかのようにカートはそこに立っていた。

He was staring at Curt Wild. Arthur couldn't take his eyes off of Curt. Curt must have felt his stare, because he glanced around and caught Arthur's eye. Arthur wanted to look away, to pretend that he hadn't been staring, but his eyes were locked onto Curt's.
アーサーの目はカート・ワイルドをじっと見つめた。カートから目を離すことができなかったのだ。その食い入るような視線にカートは気付いたにちがいない。カートがさっと周囲を一瞥した時、アーサーと目が合ったからだ。アーサーは目を逸らそうとした。カートを見つめていたことを気づかれまいとして。だが、アーサーの目はカートに釘付けになってしまっていた。

Those changeable grey eyes were both questioning and revealing. Arthur felt directly connected to the core of Curt's being, as if he could travel along that line of sight and crawl inside him.
その灰色のきまぐれな目はアーサーに何かを聞きたげであり言いたげだった。アーサーはカートという男に圧倒的存在の杭につながれてしまったような錯覚を覚えた。まるでカートの視線の回りを巡るだけで、その中をのろのろ歩くしかないかのように。

Suddenly, the subway train came to a halt. Curt stood up without breaking eye contact. Hands stuffed in the pockets of his leather jacket, he headed toward the open doors of the subway car, his eyes glued to Arthur's all the while.
急に地下鉄が停まった。カートはアーサーの視線を外すことなく立ち上がった。レザー・ジャケットに手を突っ込み、開きかけたドアへと向かう。その間、少しもアーサーから目を離さずに。

As Curt began to step off the train, Arthur felt sure that he would be pulled along with Curt through the strength of that visual connection. But Curt just turned away and was gone. Arthur went numb, a sense of desperation overtaking him.
カートが下車しようとした途端、自分が目に見えるような因縁の力に引っ張られるのをアーサーははっきりと感じた。なのにカートは背を向け去っていってしまった。絶望感に襲われ、アーサーは呆然とした。

He was startled by the sound of the door beginning to close and somehow was able to reach them before they closed completely. He stepped out and scanned the platform. Curt was nowhere in sight. Arthur couldn't believe that he had let him get away...again!
ドアの閉まる音にハッと我に返ったアーサーは、ドアが閉まる直前に、何とか間に合った。プラットフォームに降り立ち、あたりを見回すが、どこにもカートの姿は見えない。カートに2度までも逃げられてしまったという事実をアーサーはにわかに信じられずにいた。

Arthur felt nauseated. He shuffled toward the exit, completely unaware of where he was or where he was going. Stopping at an empty bench, he sat down and took a few deep breaths in an attempt to calm himself.
吐けがアーサーを襲った。足を引きずりながら出口へと向かう。自分がどこにいるのか、どこへ行けばいいのかまるで見当もつかずに。空っぽのベンチの前で立ち止まると、そこに腰掛け、頭を冷やそうと深く息を吸い込んだ。

A flicker of light made him turn his head to look over his shoulder just in time to see Curt's face illuminated as he lit a cigarette. Curt looked up at Arthur and Arthur felt all of the air rush out of his lungs. How could this man have such an effect with a single glance?
その時、光が点滅した。顔を向けると、肩越しにこれ以上ないぐらい絶妙なタイミングでタバコの火に照らされたカートの顔が見えた。カートは顔を上げ、アーサーの方を見た。アーサーは肺が喉から飛び出そうになった。ほんのちらりと視線を返すだけで、どうしてこの男はこんな効果的な演出ができるのだろうか。

Curt stood in shadow, leaning against the wall of the subway station, ...waiting,...patiently, as though he had all the time in the world. It took a few moments before Arthur realized with astonishment that Curt was waiting for him.
暗がりで、地下鉄の駅の壁にもたれながらカートは立っていた……待ちながら……辛抱強く、まるでそこで永遠に待っていたかのように。アーサーはこの驚くべき事実をすぐには信じられなかった……カートが自分を待っていてくれたなどという……

Arthur continued to stare at Curt. He was so beautiful and rough. Feeling the need to touch Curt, Arthur walked over to him and reached out his hand, grazing his cheek lightly with his fingertips.
アーサーはカートを穴があくほど見つめた。カートは実に美しく野生的だった。カートに触れたいという衝動に駆られたアーサーは近づくと、手を伸ばし、指でそっとカートの頬に触れた。

Curt sighed and gave Arthur a sad, crooked smile. That slow smile seized Arthur's heart. He knew that he had to say something...do something.
吐息をはくとカートはアーサーにもの哀しげですねたように微笑み返した。そのあいまいな笑みが、アーサーの心をたちまち捕らえる。アーサーには分かっていた。自分が今、何を言い、何をすべきなのかを。

"Come with me", Arthur said softly. Curt said nothing, nodding his assent.
「僕のところに行こう」
ひそかにアーサーはつぶやいた。カートは無言のままうなずき、同意した。

Arthur was relieved to discover that the subway stop was only a few blocks from his apartment. As they walked silently through the streets, Arthur felt Curt place a hand lightly on his shoulder.
さっき地下鉄が止まった所から自分のアパートまでわずか数ブロックだという事実にアーサーは安堵した。2人は黙ったまま通りを歩く。アーサーは自分の肩にそっとカートの手がかかるのを感じた。

It felt as though it had always been there, as if it were a part of him. Arthur wanted to lean his head and place his cheek on that hand, but it took everything he had to put one foot in front of the other.
カートの手はまるでずっと前からそこにあったような、アーサーの身体の一部であるかのような錯覚を起こさせる。アーサーは(立ち止まって)頭をもたせかけ、その頬に手を触れたかったので、先に進むのにかなり苦労した。

Eventually, somehow, they arrived at the door to Arthur's apartment. Arthur unlocked the door and stepped inside. Flipping on the lights, Arthur was taken aback by the bleakness of his studio apartment. He had never paid much attention to his surroundings before. It looked like a monk's cell.
やっとのことで、2人はアーサーのアパートの正面までなんとかたどり着いた。アーサーはドアを開け、中に入る。ライトのスイッチを付けると、そのワンルーム・アパートのあまりの殺伐さに改めて驚いてしまう。今まで身の回りのことにはまったく無頓着だったアーサーの部屋はまるで僧侶のそれだったからだ。

He heard Curt chuckle and say, "You aren't into material things, are you, mate?".
くすくす笑うとカートは言った。
「物欲生活にはてんで関心が無いんだな、お前ってヤツは」

Arthur turned around and instantly forgot the state of the apartment. He was drawn to those incredible eyes which widened with surprise.
見回した途端、アーサーは自分のアパートの状態のことなど忘れてしまった。驚きのあまり見開かれ不思議がっているカートの瞳にアーサーは吸い寄せられてしまったから。

"Hey, man. You look like you are about to swallow me whole", Curt blurted out.
「おいおい、今にも俺を取って食っちまいそうな勢いだな」
うっかりカートは口をすべらした。

Arthur blushed, embarrassed to have revealed so much.
アーサーは顔を真っ赤にした。見事に言い当てられおろおろして。

Curt moved closer and whispered, "Hey, that's okay with me."
カートはアーサーに近づき、囁いた。
「ま、俺はそれでもいいんだけど」

Aware that he had been holding his breath, Arthur laughed and put his arms around Curt's waist, pulling him close. Curt leaned in, touching Arthur's lips lightly with his own.
が、そう言うカートのほうも固唾を飲んでいるを知るとアーサーは苦笑し、腕をカートの腰に回し、引き寄せた。アーサーに身体を預けるとカートはアーサーの唇に自分の唇を軽く触れさせた。

Arthur opened his mouth to Curt, savoring the taste of him. Tongues and lips tangled and probed until the urge to breathe forced them to separate, both panting for air.
アーサーは口を開いてカートを迎え入れ、その感触を貪った。息をする隙も与えないほど唇と舌を激しく絡ませ合い、互いの口腔を丹念にさぐる。ついに我慢できず2人は身を離して、新鮮な空気を求めて喘いだ。

Curt felt exhilarated, more alive than he had for a long time. But... He looked at Arthur and hesitated. He had to ask.
"Listen, man. I'm being pretty careful these days. I hate to ask, but have you been tested?"
気分が浮き立ち、今まで感じたことがないほどの活力を感じながらもカートはアーサーと目が合うと、一瞬、躊躇した。尋ねなければならないことがあるからだ。
「いいか。こういう御時世だけに、俺は結構、気使っているんだ。こんな事を聞くのは嫌なんだが、(エイズ)検査は受けたか?」

Arthur looked puzzled for a moment, then laughed.
"No, I'm afraid I haven't, actually. But,... Curt, I haven't been with anyone since we were together."
アーサーはちょっとの間面食らっていた。が、すぐ笑ってみせた。
「ううん、残念ながら受けたことはないよ。本当に……でもカート、僕はそのぉ、誰とも無いんだ……君との後には」

Curt stared at him in disbelief.
"That's a joke, right?", he said.
カートは信じられないといった面持ちでアーサーを見つめるとこう言った。
「んな……冗談だろう? おい……」

Arthur looked away. He didn't know how to tell Curt how much that night had meant to him. That would probably just scare Curt off. Arthur was terrified that Curt would turn around and leave.
アーサーは目をそらした。あの夜の思い出がどれだけ自分にとって深い意味を持っていたか、どうすればカートにうまく伝えられるのかアーサーには見当も付かなかったから。これではカートはビビってしまう。アーサーは怖かった。きびすを返してカートが立ち去ってしまうのではないかと。

Curt touched his shoulder, saying "Arthur, we don't have to do anything if you don't want to. We can just sit and talk, .... although I don't know where. You don't even have a sofa."
カートはアーサーの肩に手をかけて言った。
「アーサー、お前が嫌だってんなら、何もしなくていいんだ。座って話をするだけでも……かといって、どこに座ったらいいんだ? ったくお前んちはソファもないんだな」

Arthur smiled and murmured, "Curt, I want to do everything with you. Please, mate."
アーサーは微笑むとポツリと言った。
「カート、僕は君とならどんなことでもするよ。だから、どうか……」

****

Curt pushed the hair away from his face and stared at Arthur. He would take it slowly. He didn't want to scare this beautiful young man. He began to kiss Arthur softly, when he felt Arthur push his groin against him.
顔が良く見えるようにと(ここはアーサーかカートか意見が分かれるところ。どちらにも取れる。ちなみにアーサー派:1人、カート派:1人)髪をよけるとカートはアーサーをじっと見つめた。性急にするまいとカートは思っていた(take it=do something=have sex with Arthur)。この若く美しい男を怖がらせたくなくて。アーサーが自分に股間を押し付けてくるのが分かったので、ようやくカートは優しくキスし始めた。

Arthur grabbed Curt's ass, pulling Curt closer and grinding against him. Curt realized that taking it slowly might not be an option.
カートの尻を掴むとアーサーは自分の方に引き寄せ、彼自身を擦り付けてきた。カートは確信した。ゆっくりやるなんて選択肢は、もう残ってはいないだろうと。

Arthur put his hands up under Curt's shirt, stroking flesh that was surprisingly soft. Pushing Curt against the wall, Arthur began to kiss his skin.
アーサーはカートのシャツの下から手を潜り込ませ、その驚くほど柔らかい肉体を撫でまわした。カートを壁に押し付けるとアーサーはその肌にキスし始めた。

Goose bumps arose on Curt's skin as Arthur's lips and tongue mapped out his torso. Arthur buried his face in Curt's shoulder kissing, licking, and finally nipping at his neck.
カートは鳥肌を立てた。唇と舌で跡をつけるようにアーサーに胴体をなぞられて。アーサーはカートの肩に顔を埋め、キスをし、舐めまわし、ついにはカートの首筋を噛んだ。

Curt was on fire. Arthur removed Curt's shirt, drinking in the sight of him. So lovely. His hands moved to Curt's pants when he felt Curt tense up. He glanced up and caught a look of concern on Curt's face.
途端にカートの身体に火が付いた。アーサーはカートのシャツを脱がせ、その姿に見惚れた。なんて素敵なのだろう。股間が張り詰めているのを見て、アーサーはカートのパンツに手をかけた。アーサーが顔を上げると困惑げなカートの顔があった。

"Are you sure?", Curt asked. Arthur couldn't speak. He could only growl and moan. How could he tell this man just how very sure he was?
「本気か?」
というカートの問いに、アーサーは何も答えられなかった。ただうなり、呻くだけだった。自分は本気でそうしたいのだと、カートにどう伝えたらいいのか、アーサーには分からなかった。

He looked at Curt pleadingly and let out a sigh of relief when Curt began to remove the rest of his clothing. He felt Curt move behind him and strong arms encircle him. Curt unbuttoned Arthur's shirt and began to kiss the nape of his neck.
訴えるような目でカートを見つめていたアーサーは、カートが残りの服を脱ぎ始めるのを見て、ホッと息をつく。後ろで人の動く気配がしたかと思うと、力強い腕がアーサーに巻き付いてきた。カートがアーサーのシャツのボタンを外し、うなじにキスし始めたのだ

Arthur felt electric jolts of pleasure as Curt kissed and rubbed his cheek against his back and shoulders, stroking his chest, pinching his nipples. He reached around and ran his hands along Curt's hips and ass, kneading, pulling, caressing.
アーサーの身体を電気ような快感が襲った。カートにキスされ、背中や肩に頬をこすり付けられ、胸をまさぐられ、乳首をつまみ上げられて。腕を後ろに回すとアーサーはカートの腰や尻に手を這わせ、こね回したり、引っ張ったり、愛撫してみたりした。

  Arthur removed his shirt and turned around to face the man that had haunted his dreams for so many years. He couldn't take his eyes away from that masculine body, which had changed so little since he last saw it.
シャツを脱ぐとアーサーは振り返り、気の遠くなるほど長い間、夢に思い描いてきた男の顔を見つめた。最後に見た時とほとんど変わらないその逞しい身体にすっかり目を奪われて。

Curt waited patiently, but he could do nothing to conceal his state of arousal. Arthur looked hungrily at his erect cock, and kneeled down in front of Curt, grabbing his hips, pulling them toward him. He flicked his tongue over the head and received a low moan in response.
カートは辛抱強く待っていたが、高ぶっているそれは隠しようがなかった。そそり立ったカート自身を食い入るように見つめていたアーサーはその前に跪くと、カートの尻を掴み、自分の方へ引きよせた。アーサーがカートのペニスの先端をなめると、低いうめき声が返ってきた。

Sampling Curt's taste, he explored every inch with his tongue before taking him into his mouth. He felt Curt's hands stroking his hair as he devoured him, sucking and opening his throat to Curt. He heard Curt gasp, and felt him tugging at his shoulders.
すぐに口に含まず、まるで味見するみたいにアーサーは舌でカートのそれをすみずみまで調べ尽くす。カートをむさぼり、吸い上げ、のどの奧にくわえこむと、カートの手がアーサーの髪をまさぐる。激しく喘ぎながらカートはアーサーの肩をギュッとつかんだ。

"Wait, man. Not yet. Come up here", Curt pleaded.
「おい、ちょっと待て。まだダメだ。さぁ、立ってみな」
カートは抗った。

  Curt pulled Arthur to his feet and kissed him passionately.
カートはアーサーを立たせようと引っ張り上げると、熱烈にキスをした。

"Hey. Not fair. Let me take those off", Curt complained.
「ずるいぜ。お前も脱げよ」
カートは不平を漏らす。

He removed Arthur's jeans and turned him toward the wall. He planted a line of kisses down the curve of Arthur's back. Arthur began to quiver as Curt began to lick at the crevice of his ass, stopping only to deposit an occasional kiss or bite.
カートはアーサーのジーンズを脱がせ、壁の方に手をつかせると背中のラインに沿って上から下へとキスの雨を降らせた。そして、尻の割れ目に舌を這わせ始めると、アーサーの身体は小刻みに震え出した。その舌が動きをやめるのはキスをしたり甘噛みする時だけだった。

Arthur's moans became howls as Curt moved down to lick and insert his tongue inside him, teasing at the tight orifice.
さらに下へとカートは舌を這わせ、奧深くに挿入し、その狭い入り口をなぶると、アーサーの呻き声は遠吠えへと変わった。

Arthur shuddered and Curt managed to catch him before he collapsed. Holding Arthur in his strong arms, he maneuvered them to the narrow bed.
身震いして倒れそうになるアーサーを、かろうじてカートは支える。その力強い腕にアーサーを抱えると、巧みなリードでカートは狭いベッドのところまで誘導した。

Tumbling down onto the mattress, arms and legs entwined, they tried to touch each other in all places at once. Arthur kissed and stroked and pushed against Curt until he could bear it no longer.
マットレスの上に倒れ込み、腕と足を絡ませ、一度に互いの身体のあらゆる部分に触れようとして2人はもがき合った。(多分アーサー自身が)これ以上耐えられなくなるまで、アーサーはカ−トにキスし、愛撫し、身体をカートに押しつけた。

"Curt, I want you to fuck me. Please fuck me", Arthur begged.
「カート、君がほしいんだ。お願いだから……」
アーサーは懇願した。

"With pleasure, mate. Turn over", Curt said in a low voice.
「かしこまりました。じゃあ、後ろを向け」
低い声でカートは言った。

Arthur could feel that amazing tongue exploring again and felt his insides melting. He was dimly aware of the loud noises he was making, but was incapable of silence.
再び目を見張るほど巧みなカートの舌に翻弄され、アーサーの下腹部は蕩けそうだった。おぼろげながら今自分はひどく大声を張り上げている自覚があったが、声を抑えることなどアーサーにはとても無理だった。

Curt listened to Arthur's very vocal responses to his attentions and came very close to orgasm. The sounds of lovemaking always did that to him...and Arthur was a very noisy boy.
カートの性技に感じたアーサーはあられもない声をあげる。その声だけでほとんどカートはイキそうになった。セックスの時の声はいつもカートを興奮させる……実際、アーサーはとんでもなくうるさい坊やだった。

"Don't worry", he assured Arthur.
"I'll take it slow."
「心配しなくていい」
カートはアーサーを安心させようする。
「ゆっくりやってやるから」

"Give it to me now, Curt. NOW!", Arthur demanded, with a note of desperation in his voice.
「ううん、カート、僕は今すぐほしいんだ。早くッ」
ほとんどヤケとも思える口調でアーサーは要求した。

  Curt found a bottle of lotion next to the bed and coated his index finger before inserting it. He heard Arthur's intake of breath, but soon Arthur was making small mewling noises and pushing back against his hand. He inserted a second finger, and then a third.
ベッドの脇にローションの瓶を見つけたカートは、人差し指にそれを塗り付け、挿入した。アーサーはヒィッと息を飲んだが、すぐにはかなげな泣き声を立てて、カートの手のほうに自分の身体を押しつけてきた。2本、3本とカートは挿入する指を増やしていく。

Arthur was uttering loud guttural sounds that may or may not have been words, but they were pushing Curt over the edge. He placed the head of his cock at the entrance to Arthur's body and pushed in very gently.
アーサーは激しく喉を鳴らしたが、その何かを訴えるかのような声にカートは感じてしまう。アーサーの身体の入り口に、彼自身の先端を押し当てるとカートはできるだけ優しく侵入した。

Arthur went rigid and Curt kissed his back and neck until he relaxed. Slowly, Curt pushed all the way in and held Arthur tightly, muttering into Arthur's ear, "Relax. Don't be nervous. I won't hurt you."
身体をこわばらせるアーサーの背中や首筋に、緊張がほぐれるまでカートは口付けを繰りかえした。やがて彼自身を全部を埋め込むと、アーサーをきつく抱きしめ、その耳にこうつぶやく。
「力を抜いて。怖がらなくていいから。お前を傷つけたくない」

Arthur rocked back against him and Curt began to move slowly, carefully. They moved together in unison, immersed in the sensations that they were creating,... shutting out everything else. Arthur had not felt anything so strange and wonderful since the first time with Curt.
アーサーは後ろに押しつけるように腰を揺らし、カートもゆっくり慎重に動かし始めた。お互いに合わせるように2人は共に動いた。そこからこみ上げる快感だけに身を浸し……それ以外はすべて頭の中から締め出して。アーサーは、カートに初めて出会って以来、これほど妙な感覚に、そして素晴らしい感覚に襲われたことはなかった。

The mixture of pain and pleasure was hypnotic, overwhelming. Arthur wanted this merging, this joining of flesh to go on forever, but he was aware that Curt was restraining himself, holding himself back for Arthur's sake.
苦痛と悦楽は一体となり、決して抗うことのできない催眠術のようだった。アーサーは永久に2人の身体が溶け合い、このまま一つになってしまえばいいと思った。だが不意にアーサーは、カートが自分を抑え、自分のために無理していることに気付いてしまった。

He wanted to tell Curt to let go, to release the control that he had imposed on himself. However, Arthur had lost his ability to speak. He could only manage a terrible low moan that rose up from somewhere deep inside of him.
アーサーはカートにやりたいようにやってほしい、自分自身に強いていたブレーキを解いてほしいと伝えたかった。が、今のアーサーにはそれを言葉にする余裕などなかった。身体の奥深いところからこみ上げてくるような恐ろしいほど苦しげなうめき声を発するのが精一杯だった。

Curt not only heard, but also felt this extraordinary sound and was shaken to his core. He lost all control and began to move like a wild animal, lurching blindly, thrusting.
単なるうめき声でもカートにとっては、彼を魂の底から揺さぶる特別の声に聞こえた。カートは我を忘れ、獣のような動きで、やみくもに身体をぶつけると、ひたすらアーサーを攻め上げた。

Arthur cried out as he came, arching his back and throwing back his head until it rested on Curt's shoulder. The sound of Arthur's cries created a wrenching sensation in Curt's belly and he came in an explosion of light and sensation.
絶頂の訪れにアーサーは絶叫し、背をそらし、頭を後ろに投げ出してカートの肩にもたれかかった。光と感覚が溢れる中、アーサーの叫び声に腹部を猛烈に刺激され、カートもまた、自らを解き放した。

Curt collapsed, rolling them both to their sides. Stroking Arthur's hair and shoulders, Curt asked, "Are you okay?"
カートはアーサーの上に崩れ折れると、(カートが後ろから抱えるような恰好で)2人はころがり、横向きになった。アーサーの髪や肩を撫でながらカートは尋ねた。
「大丈夫か?」

"Mmmm..." was all that Arthur could say.
「うん……」
そう言うのがアーサーにはやっとだった。

After a few minutes Arthur turned toward Curt, curling up tightly next to him, his arms reaching around Curt's back. With a tremendous amount of effort Arthur was able to put together a few words.
しばらくすると、アーサーはカートの方を向き直り、かたわらで、ぎゅっと身を丸めると、腕をカートの背中に回した。気力を振り絞ってアーサーは自分が言うべき言葉を必死に考えた。

He whispered, "Please stay with me tonight. Please don't leave."
アーサーはささやいた。
「今夜は僕と一緒にいて。お願いだから、もうどこにも行かないでよ」

Curt hugged him and kissed him tenderly in response. Arthur fell asleep almost instantly, his head on Curt's chest. Curt dozed with the sounds of their lovemaking replaying in his head, Arthur's sounds.... raw, wrenching, lovely sounds which came together to form a rhythm that reverberated through him.
カートは答える代わりにアーサーを抱きしめ、そっとキスをした。安心したのかアーサーはたちまち眠りに落ちた。カートの胸に頭をもたれて。カートは、2人の愛の営みの声を反芻しながらまどろんだ。アーサーの……低音で締め付けられるような美しい啼き声は徐々にリズムをなし、カートの体中に響き渡った。

On the verge of sleep, Curt awoke with a start as he realized that a song had been running through his head,...a new song,...his new song.
眠る間際に、カートは目を覚ました。脳裏を駆けめぐる<歌>にハッとして……新しい歌……自分自身の新曲に。

The fire was back.
炎は再び燃えあがった。

Send feedback to mvolume@hotmail.com.
おたよりはmvolume@hotmail.com.まで。

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、対訳例を送ってくださったerin様と、並びに、英語表現を解説してくださったKamen様とerin様のお友達のPAUL様、並びに対訳のベーター・リーディングをしていただいたRyoko様に深く感謝いたします。


フロントページに戻る