To Remember Me By
「ずっと僕のことを覚えていて」
(by=時間経過のby)

by Keelywolfe
ケリーウォルフ著

The music from the jukebox seems to drift lazily around in the air, the crooning sigh of pain in the song makes me close my eyes and I allow myself the luxury of just one more moment of memory. Just a moment, before I open them again on a sigh, I've spent far too much time in my memories the past few days, that much is certain.
ジュークボックスから漏れる音楽が辺りにけだるい雰囲気を醸し出している。痛々しい溜息のような感傷的な歌声を聞くと、目を閉じて、もう一度あの瞬間を思い出すという贅沢に身を委ねたくなる。ここ数日間というもの、記憶をたどることにかなりの時間を費やしてきた。十分すぎるほどの時間を……。

Time to move on. Still, it aches just a bit as I resolutely push aside the mental shimmer of my life a decade ago. A decade, God, it seems like yesterday. I finger the small pin still in my hands, then finally force myself to stand up and move on.
時は流れたが、10年前に僕の人生に灯ったきらめきを、いざきっぱりと心の中から追い払おうとすると、未だに少なからぬ痛みを覚える。10年前のことなのに、ああ、まるで昨日のことのようだ。手の中の小さなブローチを指で弄ぶと、僕はようやく腰を上げ、歩き始めた。

I set the still half-full beer bottle on the table, pocket the pin, and without another moment of hesitation, or of looking back, I walk out the door.
まだ半分は残っているビールをテーブルに置いたまま、ブローチをポケットに押し込み、ためらうこともなく、振り返ることもなく、僕はドアの外に出る。

"I do remember you, you know."
「お前、確かに前、会ったことがあるよな」

I whirl around at those softly spoken words, heart pounding. There, off to the side, a handful of paces from the door of the bar. I could only see the faint outline of a body, illuminated from the glow of the tip of a cigarette, but there is no mistaking the voice.
そっとささやかれたセリフに頭がくらくらし、心臓が激しく脈打つ。その男は、バーのドアのすぐ(a handful of=少し)脇に立っていた。体の輪郭がタバコの火のおかげでようやく見分けられるぐらい薄暗かったが、僕がその声を聞き逃すはずがなかった。

"I thought I was imagining it at first, a dream from some fucked up trip," Curt continues, tipping his head slightly to the side, "But I was wrong, I do remember you."
「初めは妄想に取り付かれたのかと思ったぜ。バカげた幻覚症状のせいで、夢でも見てるんじゃないかってな……」
カートはしゃべり続けた。首をわずかに傾げながら。
「だが、そうじゃなかったんだな。俺は確かに見覚えがあるぜ」

I say nothing, let him draw his own conclusions. Something close to fear running was through me and for just a moment it is ten years ago and I am an uncertain young man standing before a legend, a god, nerves thrumming with excitement.
僕は何も言わず、カートが自分から結論を導き出すのを待っていた。恐怖に似た感情がこみ上げる。今も、10年前も、自分は伝説上の人物の前に立ちつくしている頼りない若者にすぎないのだ。ああ、興奮が僕の張りつめた神経をかき鳴らす。

For a long moment no words were spoken. The cigarette glows brightly as Curt takes a long drag.
長い沈黙が続いた。カートは深々と煙草を吸い込み(take a long drag=深く吸い込む)、暗闇に炎が光る。

"After that concert," he said abruptly, exhaling smoke in a languid breath, "On the roof."
「あのコンサートの後……」
けだるげに煙を吐き出すと、カートは突然言った。
「屋上で……」

He smiles, that familiar razor-edged grin, at the surprise that I know is in my eyes.
自分でもさも驚いた目をしているんだろうという自覚はあったが、僕が驚くのを見てカートは笑った。あの見覚えのある剃刀の刃のような鋭い笑い方で。

"I told you I remembered."
The smile dims, "So why are you looking for me now?"
「俺は、覚えている、と言ったんだが」
微笑みが止んだ。「で、お前はなんで俺のことを探ってるんだ?」

Softly, that velvety tone that I remember oh so well and I shiver involuntarily.
柔らかい、ビロードのような口調だ。覚えている、ああ、こんなにもありありと。思わず僕は身を震るわせる。

"I...I told you, I was doing a story and I..."
I stammer out but my tongue feels like it is coated with glue. For all that I'd managed to say in the bar, words won't come to me now.
「い、言ったじゃないか……僕は今、記事を書いていて、それで……」
どもりながらも何か言おうとするのだが、まるで舌が接着剤で張り付いたみたいに、声が出ない。バーで話すだけ話してしまったので、今さら何を話題にしたらいいのか分からないのだ。

"Bullshit."
But there is no anger in the word, it falls from those thin lips as gently as an endearment. He drops the cigarette, steps on the butt, extinguishing it, and I hear the faint crunch of gravel as Curt takes a step closer to me. And another.
「バカ言え」
薄い唇は言った。が、その口調には怒ったような様子はなく、むしろ愛撫のような優しさに溢れていた。タバコを地面に落とすと、カートは足でもみ消した。ザクザクという砂利の微かな音が聞こえ、一歩ずつカートは近づいてくる。さらにもう一歩僕の方へ踏み込んだ。

"Is that why you were waiting for me out here?"
「そう言う君はなぜこんなところで僕を待っていたのさ?」

I finally manage to blurt out, "To tell me that you remember me?"
僕はやっとの思いで口を開く。
「まさか僕を覚えたってことを言いたくて待っていたっていうんじゃないだろうね?」

Curt halts, and even in the dim light he looks surprised. Then he grins, shaking his head.
カートは立ち止まった。薄暗い光の中でさえ、カートが驚いているのが分かる。やがてカートはニヤリと笑い、首を振った。

  "No. I just didn't want to try to pick you up in a bar full of people. -I- don't give a shit what they think," he said, jerking his head towards the door, "But you might."
「いや。客が大勢いるようなバーでナンパしたくなかっただけさ。だからって俺があいつらの言うことを気にすると思ってもらっちゃ困るけどな」
カートはドアの方を向いてこう言った。
「でも、お前が気にするかと思ってよ」

I blink. Curt Wild was waiting for me, Arthur Stuart, to try and pick me up? Me? It was like a bad cliche, a sense of deja vu.
"Why?"
僕は目をしばたたかせた。 カート・ワイルドが自分を、アーサー・スチュワートをわざわざ待っていたって? ナンパするために? この僕を? できの悪い(三文)芝居か、幻覚でも見てるみたいだ。
「どうして……」

  Another step closer and now Curt is close enough for me to see those eyes, those far too expressive eyes that speak of a kind of pain and loss that I can only dream of. As if I'd ever want to. And now those eyes are on me, studying me pensively.
カートはさらに近づく。その瞳がはっきりと見えるくらい近くに。もの言いたげな瞳は僕が想像もできないような、夢で見るしかないような感傷や何かを失ってしまった悲しみをたたえていた。まるで僕に想像してほしいといわんばかりに。そしてその目は今、僕の真上でやるせなげに僕をじっとみつめている。

"I'm not sure," Curt's hand came up, lightly touching my face in a mirror of another time, "I've already relived too many memories tonight. Maybe," and that voice catches, and with my eyes locked on Curt's, I can see the vulnerability that I had long ago realized always lay just beneath the surface of Curt's brash demeanor.
「俺にもよく分からん……」
カートの手が伸び、僕の顔にそっと触れる。あの時とまるで同じように。「今夜は、もううんざりするほど昔のことを思い出したぜ。だけど……」感極まってついにカートの言葉はとぎれ(catch=突然止まる、強烈な感情で不明瞭になる)、僕の目はカートの顔に釘付けになる。はるか昔に見た、そして今もその不遜な振る舞いの仮面の下に隠されている傷つきやすい彼自身をかいま見た気がして。

"Maybe I want to relive another one, one that doesn't hurt as much," Curt snorts softly, "I don't have that many, not enough anyway."
No bitterness, just a sort of sad honesty.
「だけど、俺が思い出したいのはあの時みたいな楽しいやつなんだ。昔の辛い体験じゃなくて……」
カートは軽く鼻を鳴らす。
「俺はそんな楽しい思い出に恵まれてるわけでもないし、そんなことがあったとしても全然足りゃしないんだけどな」
その言い方に嫌みはなく、むしろ悲しくなるほどのばか正直さがにじみ出ていた。

The feather-light stroke of a thumb across my lips sends a spike of remembered arousal through me. And as I stand there, looking at him, that fog of glamour lifts from my eyes and I see someone else, someone who isn't a legend or a god, just a man, who looks tired and worn, as if he's had a long, trying day. A man who is trying to get into my pants.
羽毛のように優しくカートは僕の唇を親指で愛撫した。唐突で激しい性的な衝動が10年前の記憶を甦らせる。カートを見つめたまま立ち尽くしていると、次第に幻惑に似た霧は晴れ、その男が現れた。伝説上の人物でも神でもない、ただの男として。疲れ果て、擦り切れ、長い間、辛い日々を過ごしてきたかのような。そして僕とやりたいだけの(get into someone's pants=セックスする、女をものにする)一人の男として。

With a sense of unreality I watch him lean closer, his eyes flickering from mine to study my lips before he captures them with his own, softly, persuasively, and Curt Wild is kissing me not ten steps from the door of the bar, in the middle of the sidewalk. And I let him.
現実感が伴わないまま、僕はじっともたれかかってくるカートを見つめる。カートの視線は僕の唇に移り、僕を映してきらめくその瞳に僕の唇はじっくりと観察され、ついにはその唇に捕らえられた。そっと、それでいて、自信たっぷりに。そう、あのカート・ワイルドが僕にキスしているのだ。バーの入り口から10歩も離れていない、歩道のど真ん中で。僕はされるがままだった。

I let his tongue slide past my parted lips, he tastes like tobacco and beer and something else, something that belongs just to him and I recognize it, like a souvenir that I've held in the back of my mind.
僕は抵抗せず、唇をやや開き気味に、カートの舌を迎え入れた。カートのキスには、タバコやビールに入り交じって、何か別の味が、僕には分かるカート独特というべき、僕の心の奥深くにしまい込んでいる宝物のような味がした。

Closer, and I let my hands push under his jacket, feel lithe muscles through his thin shirt and he pulls back on a gasp, studying me again with those eyes, no sadness now, just heat, smoldering in the depths.
近づくとカートは僕の手をジャケットの下へと導く。薄いTシャツを通して、そのしなやかな筋肉に触れる。カートの息づかいが激しくなり、僕の手を押し戻すと、再び僕をじっと見つめた。その瞳にはもはや悲しみの色はなく、ただ熱い炎が、瞳の奧深いところでくすぶっていた。

"Come on."
He grabs my hand and pulls me along with him, walking around the side of the building and, somewhat startled at this abrupt change, I follow. There was a taxi there, waiting, and I halt, pulling back. Curt stops, flashing me a questioning glance.
「来な」
カートは僕の手をつかむと、引きずるようにして、建物の脇を歩いていく。この唐突な顛末に戸惑いつつも、僕は従った。客待ちのタクシーが停まっている。僕は立ち止まり、カートを引き寄せた。カートは足を止め、もの言いたげな視線を投げた。

"So sure I'd say yes?"
I ask, arching an eyebrow at him. Might as well make this a little bit of a challenge, rather than throw myself, panting and drooling, at his feet.
「僕がイエスというと思ったの?」
尋ねながらカートにいたずらっぽい眉をしてみせた。こんなささやかな挑戦なら許されるんじゃないだろうか。嬉しさのあまりよだれを流して相手の足元に身を投げ出すよりは……。

Again that smile, sharp as a cutting edge.
"No. But I hoped. Didn't want to take the chance that if I did get you, I wouldn't have a way to take you anywhere. Tempting as it is, I'm not going to push you against an alley wall and have at it."
再びカートの顔に微笑みが浮かんだ。刃物のように鋭い微笑みが。
「いや。が、だといいと思っただけさ。もしお前を本気でものにする気がないなら、(タクシーで)どこかに連れて行こうなんてまわりくどいことはしねえよ。お前がどこかに落ちつきたがってるようなんで、路地裏の壁に押しつけて、無理やり犯っちまおうとしなかった(have=sex)だけさ」

That mental image, combined with the memory of a wall that he had pushed me against, shove anymore thoughts of teasing out of my mind. Without another word, I get in the taxi.
情景が脳裏をかすめた。カートがかつて自分を壁に押しつけた記憶と結びついているその情景は、カートをからかってやろうという僕のろくでもないいたずら心に冷や水を浴びせた。もうそれ以上何も言わず、僕はタクシーに乗り込んだ。

"Beginning to think you weren't comin' back."
With a rustle of paper the cabby set aside the newspaper he's been reading as Curt settles himself next to me.
「お客さん、もう乗らないのかと思いましたよ」
ガサガサという音をさせ、運転手が読み終わった新聞紙を脇に寄せ座席を明けると、カートは僕の隣に座った。

"Where to?"
「で、どちらへ?」

Curt says nothing, and after a moment's hesitation, I give the cabby my address. What the hell, maybe I'll do better on my own turf.
カートは黙っていた。一瞬ためらった後、僕は運転手に自分の住所を伝えた。かまうもんか。多分、自分の縄張りの方が(turf=ショバ、縄張り)何かと都合がいいだろうから。

I do believe that taxi ride was the longest fifteen minutes of my life. Curt never touches me while we sit there; maybe he can feel how self-conscious I am under the interested stare of a bored cabby.
この時タクシーの中で過ごした時間はおそらく、僕の人生の中で最も長い15分間だったろう。その間、カートは決して僕に触れようとはしなかった。恐らくカートは察したのかもしれない。退屈しきった運転手の好奇の眼差しに晒されて、僕がひどく神経質になっていたことを。

But then again, he doesn't have to, his eyes do it for him, eyes that drift over me like nimble fingers.
しかし、その時はもう、わざわざ触る必要もなかったのだ。カートは目でそうしたから。指で撫で回すような視線を這わせて……。

They stroke their way down my face, my lips, lower, down the length of my body like an exotic caress, until I am practically squirming from the heat that is banked in that gaze.
視線は僕の顔を、唇を辿り、さらに下へ、身体の下の端までたどる。刺激的な愛撫のように。終いにはその視線が放つ炎に僕は身を焦がしてしまう。

He smiles at my discomfort, his crooked little grin that is imprinted into my retinas like a flashburn, his tongue appearing briefly to lightly run along his teeth.
居心地悪そうにしている僕を見てカートはあざ笑う。僕の網膜にフラッシュのように焼き付いている、あの独特の皮肉げな微笑みを浮かべて。カートは舌をちろりと覗かせ、歯を舐めるようにそっと動かしてみせる。

And I am dimly surprised that I don't go up in smoke. The rest went by in a haze that continued to cloud my mind as the taxi stops in front of my apartment building, Curt pays the cabby and we walk silently up the stairs to my apartment, not touching.
僕は少しばかり驚いていた。その時、自分が煙になって蒸発してしまわなかったことに。もうろうとする意識の中で残りの時間が過ぎ去ると、やがてタクシーはアパートの前に停まった。カートが運転手に金を払い、2人は静かにアパートの階段を登った。互いの身体に触れることなく。

I fumble with my keys, struggling to unlock the door. Curt still doesn't say anything, I wonder if he thinks I'm nervous. The idea is laughable; it isn't nerves that are making me tremble. And I found out a moment later that he knew that as well.
僕は手探りで鍵を探し、開けようともがく。カートは黙ったままだ。僕がびくついているとでも思っているんだろうか。だとしたら笑止千万だ。僕が震えているのは臆病だからじゃない。じきにカートもそれを気づいたようだが。

We barely made it through the door. The second it creaks open he is on me, pushing me against the wall while his mouth devours mine and he kicks the door shut.
僕らはドアを開けるのももどかしかった(made it=うまくやる)。ドアが開く音がした途端、カートが覆い被さり、僕の身体を壁に押しつける。唇で僕をむさぼりながら。カートは蹴飛ばすように足でドアを閉める。

And this time I give as good as I get, our teeth click painfully once, but neither of us care, we are both caught up in it then, something is driving both of us, though I suspect that they are different things. And at this particular moment, I don't care.
今度は僕がお返しさせてもらう番だ。2人の歯がぶつかり痛々しげな音を立てたが、僕もカートも気に留めはしなかった。2人とも夢中だったし、何かが2人を駆り立てていた。僕とカートがそうした理由はそれぞれ違う(カートは欲望から、僕は愛から)が、この特殊な状況下ではもう、そんなことなど、どうでもいいことだった。

That other time, so many years ago, seems almost surreal to me, like it is someone else's memory and I have been allowed a glimpse. Later, I almost managed to convince myself that it hadn't happened, buried that memory with all the others, under a layer of respectability.
あの時のことは……それはあまりにも昔のことだが……僕にとってはあまりに現実離れした出来事だった。まるで他人の人生のように、ちらっと覗き見ただけの体験だった。でも、後になって、僕はいやがおうでも思い知らされた。それは確かに起こってしまったのに、自分はそれを世間体という殻の中に、他の記憶と共に葬り去ってしまったのだということを。

There is no questioning that this is real.
だけど、今起こっていることは間違いなく現実なのだ。

Curt walks me backwards through the sparsely furnished living room, and I go, awkwardly, stumbling a bit but he holds me up, tightly against him. It is a small apartment and finding the bedroom is not all that difficult, even as preoccupied as we are.
僕を従えて申しわけ程度の家具がしつらえられたリビングルームをカートはどんどん歩いて行く。ぎこちなく僕は後を追う。ちょっとつまづいたが、カートが盾になり、しっかりと支えてくれた。この小さなアパートの一室でベッドルームを見つけるのはしごく簡単なことだ。たとえ2人が何ものかに心を奪われていたとしても。

We stagger into the room, falling to the floor in a tangle of clothes and with some effort I manage to tug off Curt's jacket, the leather creaking in protest of my roughness and I ignore it. It doesn't matter and if I am rough, Curt is more so, stripping off my clothes, heedless of the purr of ripping seams.
僕らはよろめくようにして部屋になだれ込み、床に脱ぎ捨てた服の山の上に倒れ込んだ。必死になってカートのジャケットをはぎ取ろうと、荒っぽくやりすぎたせいで皮がきしんで音をあげたが、僕は気にしない。そんなことはささいな事だ。僕がいくら乱暴にしようが、カートにはかなわない。この男ときたら僕の服をはぎ取るのに縫い目が裂ける音がしようとお構いなしなのだから。

This is not like the memory, not tenderness and a need to touch someone, this is a kind of lust and I give myself over to it. It is far past the point of stopping and I wouldn't have even if I could.
あの時はこんなじゃなかった。今は、優しさのかけらもなく、あるのはただ誰かに触れたいという切迫した衝動だけだ。それはただただ肉欲のようなもので、僕はひたすらそれに身を任せた。もう決して後戻りはできない。たとえできたとしても僕はそうしないだろう。

I want to drown in this, in this man who is now fighting to tug off my jeans without removing my boots first, who obviously doesn't want to stop kissing me long enough to do battle with the laces. I am the one who finally pulls back, panting and struggling for breath.
僕はこのまま溺れていたかった。ブーツを脱がさずに、いきなりジーンズを脱がせようとやっきになるような、靴紐と格闘する間中、絶対にキスを止めるつもりがないようなこの男に。ついにカートから身を離し、やっとのことで僕は喘ぐように息を切らせた。

For a moment I don't think he is going to let me go, that he'll simply hold me down and take what he wants, but he does, breathing heavily, the slow burn in his eyes fanning to a blaze and he watches me with an fierce expression, one of hunger.
その時は自分を解放し、ブーツを脱がさせてくれる気がカートには無いような気がした。ただ自分を押し倒し、やりたいように犯る(take=sex)だろうと思えたのだ。だが、カートは僕にそうさせてくれた。重苦しく息を吐きながら、カートの瞳の中でゆるやかに燃えていた火は煽られて熱くそそり立つ炎になる。カートは獣のように獰猛な顔でむさぼるように僕を見つめる。

I quickly remove my boots before he changes his mind about letting me go. I hardly kick the second one off before I am captured again, pushed against the hard floor by Curt's weight.
解放してやろうという気が変わらない内にと、僕は慌ててブーツを脱ぐ。もう一方の靴をやっとのことで蹴り捨てると、カートに捕えられ、全体重をかけるかのように硬い床に押さえつけられた。

An arm around my waist abruptly lifts me, pushing me towards the bed and I scoot backwards, helping as best I can without letting go. My lips are bruised from the urgency of our kisses but I don't care, I relish the pain that tells me this was real.
たくましいその腕が突然、僕の腰を抱き上げ、ベッドに押しつけた。僕は慌てて後ろに下がった。カートが僕を連れて行く手間を省こうと。性急なキスのせいで唇が傷ついたが、そんなことは気にならない。むしろ僕はその痛みを楽しんでさえいた。これが現実に起こっているということを自分に教えてくれるから。

Curt half-drags me over to the bed and we never make it onto the mattress, collapse instead next to it. Curt's hands push my jeans completely off before sliding back up to my cock, fondling almost roughly and I gasp, fighting back the immediate urge to come with every ounce of willpower that I still possess.
カートは僕をベッドへと引きずって行こうとしかけたが、一度もマットレスの上でセックスしたことがない僕らは諦め、ベッドを目前にして倒れ込んだ。カートの手は僕のジーンズをすっかりはぎ取ると、ペニスへと這い登り、ひどく乱暴に愛撫し始める。僕は思わず喘ぎ声をあげ、まだわずかに残っている理性を振り絞って、今にもイキってしまいそうな衝動を必死に押しとどめた。

His hand slides lower, cupping my balls briefly and then lower still, fingers probing the dark crevice of my arse, pressing at the entrance of my body, not asking, taking. I find myself quickly turned around, on my knees and resting on my arms against the bed.
カートは下の方へと手をすべらすと、睾丸をすくい上げるようにして、しばらくの間もてあそび、やがて、もっと下の、尻の割れ目の奥まったところを指で探り、入り口を圧迫した。僕に何も尋ねず、何も聞かず。急に体がひねられたかと思うと、ひざまずかされ、ベッドに向かって手をつかされていた。

The sound of a drawer opening and the crinkle of foil tells me that he has found the stash of condoms in my nightstand and I am still aware enough to be grateful he's thought of it, I certainly hadn't.
引き出しの開ける音とパッケージのガサガサいう音で、ナイトスタンドのところに隠しておいたコンドームをカートが見つけてくれたのが分かる。自分はすっかり忘れていたことを、カートはちゃんと気遣ってくれたのだ。そんなことに感謝するほど、僕の意識はまだこの時点ではしっかりしていた。

He spoons up behind me, his knees on either side of mine, and rests his chin on my shoulder, perfectly still and I imprint this moment into my memory.
後ろから持ち上げるように僕は抱きかかえられた。両脇を膝で挟み込むようにして。僕の肩に顎を乗せ、じっとしている。僕はこの瞬間を記憶に焼き付けようとした。

The warmth of his chest against my back, the soft tickle of his hair against my neck, the scrape of his unshaven face against my shoulder.
背中に当たるカートの胸から彼の体温が伝わる。髪が僕の首筋を優しくくすぐり、無精ひげの顔が僕の肩をこすった。

"Make a wish," he whispers, softly, his lips brushing my ear.
「願い事をしよう……」(10年前、コンサートの後、屋根の上で流れ星を見ながら願をかけた時と同じセリフを)
優しく囁くカートの唇が僕の耳をかすめる。

And then any thought still in my mind is wiped clean at the blunt pressure against my anus as Curt pushes his cock inside me. I hiss at his abrupt entry, my breath escaping from between my teeth.
アヌスに加わった鈍い圧力(カートの持ち物が巨大だと暗に表している)が頭の中の雑念を吹き飛ばす。カートのペニスが僕の中に入ってきたのだ。突然の挿入に思わずひきつるような声が出る。噛み締めた歯の隙間から息を吐きながら。

That burning pain, the sensation of being stretched, filled past the point of comfort, yes, this is like that other time on the roof when we'd had nothing more for lubricant than saliva and pre-cum, and I want it just as much now as I did then.
焼けつくような痛みは、内部を押し広げられるような感覚は、心地良いなどという程度を超えていた。そう、これはあの屋根の上で過ごした時と同じだ。その時も僕らは唾と先走り(cum=come:精液)以外に、何の潤滑剤も使わなかった。そしてその時したのと同じように、今もやりたいだけなのだ。

I push back against him, feel his hands shift down to my hips as he forces his cock deeper.
僕はカートを背中で押し返した。するとカートも手を僕の腰の方へとすべらせた。もっと深く僕を突き刺そうと。

"God, you're so tight," the words are muffled as he buries his face into my shoulder, a faint shudder going through him.
「ああ、何てきついんだ」
僕の肩に顔をうずめているせいで、カートの声はくぐもって聞こえた。かすかな痙攣がカートを襲う。

He pauses, resting against me, his hands shifting downward to my cock which hasn't softened a damn bit, despite the faint discomfort of being penetrated I am still painfully hard and I feel Curt smile against my shoulder.
カートは静止し、僕に体を預け、ほんの少し萎れ掛けた僕のペニスに手を伸ばした。貫かれたままという不安定な状態のくせに、僕自身はまだ痛々しいほど固くなっていた。カートが僕の肩越しに微笑んでいるのが分かる。

  He pulls back just as his hand circles my cock, squeezing the shaft and I inhale sharply, quivering.
カートは少しだけ彼自身を引き抜いて(ゆるめて)、僕のペニスを愛撫する。陰茎をギュッとつかまれ、僕はヒッと息を吸い込み、身を震わせる。

He presses back inside me, his thumb rubbing the head of my cock, smearing the pre-cum that leaks from the straining tip and all I can do is bury my face in my armsand let him fuck me. He is in complete control of this, whether we are here or on a roof or anywhere.
カートは再び僕の奥深くに押し入り、親指で僕の鬼頭をこすり、張り詰めた先端から滲み出た先走りを塗り付ける。僕にできることはといえばただ腕の中に顔を埋めるようにして、カートが犯るに任せるだけだった。こんな風にカートは常に僕をリード(支配)していた。ここでも、屋根の上でも、どんな場所にいても。

One hand on my hip, holding me still as he thrusts inside me, the other pumping my cock in time with those lunges, coming faster now, his breath heavy against my ear as he thrusts into my arse with some force, his hand squeezing my cock harder.
片手を僕の尻に置き、しっかり押さえつけると、奧へと突き刺す。動かすたびに、もう片方の手で僕のペニスをしごくが、その動きは次第に早くなる。苦しそうな息が僕の耳をかすめ、ぐっと力を込め、カートが尻の中へ押し入ってくる。僕のペニスは一層強く握りしめられた。

Gasping, rocking backwards, trying to push that hardness within me deeper still, my thoughts swirling into my memory and I almost don't know where I am, if I open my eyes will I see the city, my bedroom, a spaceship floating above us, anything seems possible.
カートはあえぎ、背後から僕を揺さぶり、さらにもっと奧へとその固いカート自身を収めようとしていた。頭の中には様々な記憶が渦巻き、今自分がどこにいるのかさえ分からなくなっていた。ここで目を明けたら、町や、ベッドルームや、僕らの頭の上を漂うUFOまでもが見えるかもしれない。今ならどんなものでも見えそうな気分だった。

And in another moment it doesn't matter, Curt presses his face against my neck, stifling an outcry as he thrusts into me hard, once, twice, and comes in uneven bursts that I can feel within. His hand jerks up hard on my cock and the world fades briefly as I tip over the edge into my own orgasm, spurting my seed over Curt's fingers.
そして次の瞬間には、僕がどこにいて何をしようが、もうどうでもいいと思うようになっていた。カートは僕の首に顔を押しつけ、叫び声を押し殺しながら激しく打ち込んだ。1回、2回と。断続する炸裂とともにカートが達したのを僕は中で感じた。カートの手が僕のペニスを激しく動かす。一瞬、世界が遠のいたかと思うと、僕はオーガスムの中で意識を失い、カートの指に精液をほとばしらせた。

We kneel there for what feels like hours, Curt's entire weight pushing me against the mattress, until stiffening muscles force us to move. I wince as Curt pulls out of me and I turn around in time to see him frown at the faint traces of blood on the condom.
僕らは数時間とも思える間、そこにひざまずき、カートは全身で寄り掛かるように、マットレスに僕を押さえ込んだ。硬直した筋肉が動かせるようになるまで。カートが僕の中から去っていった瞬間、僕は身をすくめた。振り向いた途端、コンドームに付着したかすかな血の跡を見て眉をひそめているカートと目が合った。

"Sorry, I didn't mean..."
I cut him off with a shake of my head.
「すまない、こんなつもりじゃ……」
  僕は首を振り、カートの言葉を遮った。

"It's all right, you didn't, really."
And I meant it. I ache a bit but it is a soreness that I won't mind keeping for a little while.
「分かってるよ。君がそんなつもりじゃないことぐらい。本当に」
そうさ、そうしたかったのは僕の方なんだから。身体は少し痛いが、僕はしばらくは続くその痛みを決して悔やんだりはしない。

  He smiles and now there is tenderness, a touch of warmth to that gaze that isn't entirely from lust. Shifting, he sat back, nearly falling as his legs are still trapped by his jeans. I notice with not just a touch of amusement that he is still wearing his boots.
カートは微笑んだ。肉欲に駆られているのとは全く違う、その細やかな眼差しには優しさや暖かな感触さえ漂っていた。体をずらすと、カートはほとんど倒れるようにして、仰向けに座った。足にジーンズをひっかけたまま。カートがまだブーツすら脱いでいなかったのかと思うと、(自分が散々苦労してブーツを脱いだのを思い出して)吹き出したい気分にかられた(not just a touch of=少なからず、大いに)。

He slides out of his jeans and boots in one fairly smooth movement, flopping onto his back on the floor and stretches. I can hear joints popping and he lets out a satisfied groan before rolling to his feet and walking somewhat unsteadily over to the loo.
実にそつない身のこなしで一息にジーンズとブーツを脱ぎ捨てると、カートは床に寝そべり、伸びをした。関節を鳴らすと、カートは満足げな声を上げ、体を起こし、おぼつかない足どりでトイレの方へ歩いて行く。

I indulge in a stretch of my own, shifting off the floor that is getting way too hard on my knees and settle onto the bed, I nearly moan at the pleasure of those cool sheets on my back. I must have drifted off because I don't remember seeing Curt come back from the bathroom.
自分もストレッチを楽しもうと思ったが、固い床の上では思いきり膝を伸ばすことができないので、ベッドの上に移動した。背中に当たる冷たいシーツの感触に思わずうめきにも似た歓声をあげてしまう。その後、僕は気を失っていたのだろう。カートがバスルームから戻ってきたのを見た記憶がないくらいだから。

I do remember waking up much later in the night, to the feel of a hot mouth surrounding my cock, sucking hard and I come before I am more than half-awake.
僕はその晩遅くに目を醒ました時のことを決して忘れないだろう。僕のペニスを暖かい口が包み込み、濃厚にしゃぶり尽くされたことを。僕は半分眠った状態のまま達してしまった。

Curt pulls back at the last second, his hand finishing what his mouth began as he slithers back up my body and kisses me and I taste myself on his lips as I come so hard I am sure I'll burst a blood vessel.
カートは最後の瞬間に身を離し、体をずらして、口の代わりに手をあてがい、キスをした。カートの唇は、血管が破裂するかと思うほど、激しくイきまくった僕の精液の味がした。

Curt settles against me, I can feel his cock hard against my stomach but I can't seem to raise enough energy to return the favor. It turns out that I don't have to, he just rubs himself against me while I hold him sleepily.
カートは磔にするように僕に覆い被さった。硬くなった彼自身が腹に当たるのを感じたが、体を起こして応酬するだけの気力がもう僕には残っていなかった。が、そうする必要もないことが分かった。カートはただ自分のものを僕にこすりつけていたから。僕が眠そうにカートにしがみついている間中。

I stay awake long enough to hear him gasp, tense against me and to feel the warm wetness spurt on my stomach before I drift back off.
カートがあえぎ声を上げるまではまだ僕の意識はあった。カートの体がこわばり、腹の上に暖かな湿ったものがほとばしるのを感じると、僕は再び眠りに落ちた。

The alarm clock wakes me up, blaring its annoying chime and I slap it off, returning to the warm comfort of the blankets, before I remember. I sit up slowly, knowing before I even look around that I am alone.
目覚まし時計の音が僕を起こす。迷惑なアラーム音ががなりたてるので、僕はひっぱたいて黙らせ、暖かくて心地よい毛布の中に再び舞い戻る。やがて僕は思い出した。ゆっくり腰掛けると、見回すまでもなく僕が一人だということに気づく。

The aches of my body, my muscles sore from last night's 'activities', can't compete with the ache I feel in my chest, and I sigh, rubbing my chest in an effort to ease that ache.
体の痛みも、昨夜の激しい行為による筋肉痛も、今の僕の胸の痛みにはかなわない。僕は溜息をつき、胸をさする。この痛みをせめて和らげようと。

  I start to get up, to do what I'd intended to do last night and move on when I see the note on the nightstand, scrawled on a scrap of paper in surprisingly neat script:
僕は起きる決心をした。昨夜やるつもりだった仕事をしようと。歩き始めた途端、ナイトスタンドの上にあるメモが目に入る。紙切れ一枚に、意外なほど達者な筆跡でそれは走り書きされていた。

Thanks for the memory's, all of them.
See you around,
生涯でたった一つの幸せな思い出、10年前と昨夜の思い出に感謝を捧げる。
また、会おう。

Curt Next to it is Oscar Wilde's pin. I pick up the pin, study it again as I had last night. Still holding it I glance back at the note. Thanks for the memory indeed. I only wish I could return the thanks.
カートはその横にオスカー・ワイルドのピンを置いていった。僕はピンを手にとると、昨夜そうしたようにもう一度、しげしげと観察した。ピンを握りしめながら、振り返ってメモに目をやる。もちろん僕だって覚えていてくれたことに感謝したかった。いつの日かこのお礼ができたらと願うばかりだ。

I set the pin back on the nightstand, later I would pin it on the collar of my coat and every time I put it on and my hand brushed it, I would smile and remember. Not living in the past doesn't mean I have to leave it totally behind.
ナイトスタンドの上にピンを戻す。後でコートの襟にでも付けよう。付ける度に手で触れてみよう。僕はほくそえみ、思い出す。過去の思い出にすがって生きるのをやめることは、過去を葬り去るということではないのだ。

I stand up then and take a shower, scrubbing away sweat and soreness. A kind of freedom, he'd said. And for the first time in a very long time, I believe it.
立ちあがると、シャワーを浴び、汗と痛みをごしごしと洗い落とす。自由について、カートは教えてくれた。今初めて、そしてこれからもずっと僕は、カートの言う「自由」を信じていくことだろう。

Questions, comments, to keelywolfe@aol.com.
質問、感想はkeelywolfe@aol.comまで

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、原文と翻訳例をくださったerin様、並びに、英語表現を解説してくださったKamen様に深く感謝いたします。


フロントページに戻る