Title
題名
Author/pseudonym
著者/ペンネーム
Email address
電子メール宛先
Fandom
原作
The Freedom

自由

saraid

サレイド

saraid@wf.netVelvet Goldmine

ベルベット・ゴールドマイン

Rating
レイティング
Pairings
登場カップル
NC17

17歳以下は禁止。かつての「X指定」と同等(No One 17 And Under Admitted)

Arthur Stewart/Curt Wild

アーサー・スチュワート/カート・ワイルド

Status
状況
Date
日付
Archive
収録について
Archive author
収録の際の著者名
Archive email address
収録の際の電子メール宛先
new complete

新作・完成版

6-9-99

99年6月9日

no

特にありません

saraid

サレイド

saraid@wf.net

Series/Sequel
シリーズもの/続編
Summary
あらすじ
Warnings
警告
yes

post-screenplay - my little fantasy of what happened after the movie ended

映画のその後 − 映画を見終わった後に頭に浮かんだちょっとした夢物語

spoilers for movie

映画のネタバレの恐れあり

Notes
覚書
having watched the movie nearly fifty times now (counting the times i just watched the good parts i can safely say i'm obsessed (and that the video store will want it back eventually..what was that late fee again?) thanks to nicolas for extra support and to anyone on senad who agrees with ann: "Thhhhttppppppp!"

現時点でこの映画、50回近くは見ました(かなりはまってしまったおいしい名場面だけをサッサッと見返した回数だけでも(i->I))(おかげでビデオ屋さんがしまいには返金してくれたほど……何? また延長料金なのぉ?って)。ありがとうね、余計なお世話をかけたニコラス(nicolas->Nicolas)、そしてアン(ann->Ann)に賛同してくれたセナド(スラッシュ作家がよく利用するサーバーの一つ)の皆様!:「ついにできたよ!」


the freedom
「自由」

He sat in the pub for a bit, then stood slowly. Walking out, the girl he'd give his press pass beamed a smile at him, but the others watched with narrowed eyes, as if they could see the past written in his eyes. Eyes that had long since lost the wide-eyed innocence, and were now dulled with the weight of memory, the future looming like a web on unmade decisions.
パブの店内で、その男はしばらくの間腰掛けていた。が、やがてゆっくりと立ち上がった。外に出ようとすると、報道関係者証をもらった女の子がお礼に微笑み返してくれたが、それ以外の連中はその男をいぶかしげに眺めるだけだった。まるでその男の目に刻まれた過去を見透かしているかのように。男の目ははるか昔に少年のような純粋さを失い、過去の記憶の重荷で今は輝きを失い、何をすべきなのか自分はしたいのか分からない未来は、まるで蜘蛛の巣のように壊れやすく、不確実なものに見えた。

  /I found you, and at last I understand. Knowing that you drew me back, that I was meant to find you, I thought no further and so now have no thought as to what to do with that knowledge./
<君を見つけた。今、やっと僕は分かったんだ。僕をここまで引きずり込んだのは君だし、僕は必ず君を見つけるつもりだと自分でも気づいていたのに。あの時はその先のことなんて、僕には考えもつかなかったし、今だって知ったところでどうするつもりもないのに>

Home, to his flat. Apartment. A small, tidy place, essentially bare.
/I've been here three years, why does it not look more like a home?/
男は家路へと向かう。住居はアパートだった。ちっぽけで、すっきりした部屋。ガランとして家具らしいものは何一つない。
<ここに3年も暮らしているけど、いまだに人の住処らしく見えないのはなぜなんだろう>

Starting, as if waking from a dream, he found himself standing before his mirror yet again, looking at his own eyes, his own face. Did it show, in the lines of his face? The slicked-back cool of his unruly hair? Were there any traces of the boy he had been left in the man he had become?
夢から覚めたかのようにそれは始まった。気が付くと男はまた鏡の前に立っていた。自分の目を、顔を、見つめながら。顔の皺にそれは現れているのだろうか? それとも、クールに後ろになでつけたくせっ毛の髪に? 成長した今の姿に? あの頃の少年の時の痕跡が残されているのだろうか。

/I haven't had a lover in months. Haven't fallen in love since I met you./
The dark eyes stared back at him, offering no answers, only a growing sensation of weariness.
<ここ数ヶ月間、誰も愛せなかった。君に出会ってから、誰かを好きになったりすることはなかった>
背後から暗い瞳が見つめていた。何も語らず、日増しに疲労感だけを募らせながら。

To bed then. Changing, cleaning, curling up. Sleeping, with tall men in leather and small men wearing fishnets and feathers dancing through his restless dreams.
ベッドに行く。服を着替え、体を洗い、胎児のように丸まって眠る。レザーを着た背の高い男たちと、メッシュを着た背の低い男たちが一緒に眠る。羽毛が男の眠れない夢の間に間を踊りながら漂う。

"Nice piece on the Reynold's speech."
Lou spoke from the doorway of his office. Turning, Arthur accepted the praise with a nod, hands in his lap, sitting still, watching the man come in. His editor looked concerned, but enough so to worry him. After their confrontation on the elevator he'd been half-expecting to be canned. It would hurt, but he'd survive.
「上出来だったじゃないか、君のレイノルドのスピーチ記事」
事務所の入口付近からルーの声が聞こえてきた。アーサーは振り返りながらうなずいて、ルーが誉めるのを素直に喜んだ。両手を膝にのせ、座ったまま、入ってくるルーを眺めながら。ルーが雇った編集者(アーサー)はまだ例のこと(ブライアン・スレードの事件)に未練があるといった様子だったが、ルーには気兼ねしていた。2人がエレベーターの中でもめた後、アーサーはクビになるのを覚悟していた。痛手は負ったが、アーサーは何とか生き延びた。

"Look, Arthur - I'm sorry about the Stone thing. A mixup from the money people. The board decided at the last minute that they didn't want that kind of image, y'know? Too tabloid."
「なあ、アーサー。(トーマス・)ストーン(ブライアン・スレードの現在の名前)の件に関してはすまなかったなあ。金の亡者にめちゃくちゃにされちまって。最後の瞬間に決まってしまった記事だけど、あんな風になると思ってなかったんだよ、あんなゴシップ新聞みたいに」

"It's alright."
He said, in his usual slow-spoken manner.
"I didn't really find anything. Thought I had -"
he shrugged one shoulder, "-But I was wrong."
"These things happen."
Patting his back in a paternal fashion the editor leaned over his desk.
"So what are you working on now? I haven't assigned anything."
「もう、いいんだよ」
アーサーはいつも通りのゆっくりとした口調で答えた。
「本当に何も見つからなかったんだ。思っていたほどには」
アーサーは片方の肩をちょと吊り上げて言った。
「でも僕が悪かったんだ」
「起こるべきして起こったことさ」
アーサーの肩を父親のように優しく叩くと、編集長(ルー)は机に寄りかかった。
「で、君、今は何をしてるの? あれから何の仕事も入れてないけど」

"I was thinking. The weekender is always short, I though I would brainstorm a few story ideas and run them past you."
「考えてたんだ。でも週末って、いつもあっという間でさ。2、3、これはって案を考えたから、目を通してもらおうと思って(though->thought)」

"Initiative. That's good, good. What have you got so far?"
「随分とやる気じゃないか。そりゃ良かった。でも、どうしてそんなに張り切ってるんだい?」

"I thought I might do a review of the pubs in the city. Not the bars, but the British-style ones."
「シティのパブで評論執筆をしようかと思って。バーじゃなくて、ブリティッシュスタイルの店でさ」

"Kindof an Englishman's point of view? I like it."
Nodding, Lou straightened.
「それがイギリス人の趣味ってやつ(Kindof->Kind of)かい? 俺は好きだけどな」
ルーはそう言ってうなずくと、姿勢を正した。

"Work on that and bring me anything else you come up with."
「がんばれ。どんなネタでもいいから、つかんだら持ってきてくれよ」

"Instead of the death of Brian Slade, I thought I could write about the people around him. The ones who made him what he was."
「ブライアン・スレードの死について書く代わりに、ブライアンをめぐる人たちについてなら書けるような気がして。ブライアンをあんな風にさせた人たちについて……」

Turning in his chair to watch Lou leaving, Arthur threw it out as an afterthought.
"Before he - vanished."
His strove with his eyes to tell the man that he knew, and that the knowledge was safe. Pleaded silently to be given this much.
出かけようとしたルーを見送ろうと、椅子をぐるりと回して、アーサーは考え直したかのように、こう呼びかけた。
「あの男が消える以前のことを」
(His->He)アーサーの瞳は、自分は(ブライアン・スレードのことを)知っている、知っているけど人にバラしたりしないと、ルーに訴えかけるかのようだった。その代わり、ブライアン・スレードを知る人々について書くことを許してくれと、暗黙のうちに申し立てていた。

"I don't know if there would be any interest in it - the anniversary is past - but, sure, if you want to, have a go."
Lou spoke, took a step, then paused and looked back again.
"The wife, right? And the first manager?"
Noting the probably deliberate omission of Curt and Jerry Devine, Arthur nodded.
「興味を持つやつがまだいるかは疑問だけど、祭の日々は済んでしまった事なんだ。が、確かに、君が望むなら、それはまだ続くんだろうけど」
そう言って歩き出したかと思うと、ルーはふと立ち止まり、もう一度振り向いた。
「ヤツの女房を当たってみたらいいんじゃないか? それと最初のマネージャー」
カートとジェリー・デバイン(ブライアン・スレイドのやり手マネージャー)がわざと見落とされていることに気が付いたが、アーサーはうなずいた。

"The ones who knew him in the beginning."
「初期の頃のあいつを知っている人物さ」

"A where-did-he-come-from piece."
The smile was genuine.
"I like it. More insteresting than where he went, maybe."
「あの男はどこから来たんだろうか」
純真な笑みがこぼれた。
「そういうの好きだぜ。少なくともヤツの行方よりは面白いだろうな」

Not agreeing, Arthur nodded again, then stood.
"Guess I better start doing research."
"That's the boy."
Standing back to let him pass, Lou did not pat him again, but Arthur was content with the concessions he'd won today.
"Just research in the pubs, eh, Arthur?"
ルーの意見に納得したわけではなかったが、アーサーは再度うなずき、立ちあがった。
「調査を開始したほうがよさそうだ」
「いい子だ」
アーサーを通そうと後ろに回ったルーは、アーサーの肩を今度は叩いてくれなかった(本当にはアーサーにこの件について深入りさせたくない)。が、アーサーは今日ルーから勝ち取った譲歩(スレードの記事は書かないが、取り巻く人の記事は書かせてもらうということ)で十分満足していた。
「じゃあ、パブを調べてみたらどうだい? アーサー」

His grin was teasing ans the younger man felt a surge of filial affection. Despite the professional nature of their relationship - which niether of them had ever or would ever try to move past - he was closer to this man than he had ever been to his own father, who had died several years ago.
からかうようなルーの笑いは(ans->and)、この年下の男に、子どもが抱くような愛情を感じさせた。2人の関係が単に仕事上のつながりにすぎなくても - その関係は過去も未来も止めようとしたってやめられるものではないが - アーサーは自分の父親よりもこの男により深い親しみを感じるのだった。もっとも、アーサーの父親は2、3年前に死んでしまったけれど。

Arthur had returned to England to sit at his bedside, but Tim Stuart had never woken up long enough to recognize his only son, and the few words he'd exchanged with his mum had been awkward and painful.
以前、アーサーはイギリスに戻り、父親に付き添ってやったことがあった。が、ティム・スチュワートはその頃にはボケてしまっていて、唯一の息子の見分けもつかないほどであった。そして他人行儀で傷心の母親とも、アーサーはほとんど言葉を交わさなかった。

Now he sent her a little bit of money from every paycheck, and flowers on special occasions, wanting to give her that much. She was his mother, after all. As he took the stairs, wanting to avoid meeting anyone he would be required by politeness to talk to, he wondered if Curt Wild sent his mother flowers, after what she had done to him. When he thought about it in those terms, he'd gotten off lucky himself.
今では毎回小切手を切るついでに多少なりとも母親に送金するようにしていた。特別な日には花も贈った。母親にはできるだけのことをしてやりたいとアーサーは思っていた。彼女はそれでも自分の母親なのだから。階段を降りながら、行儀良く話すことが必要な打ち合わせなど、今は誰ともしたくないと思いながら、アーサーは、カート・ワイルドだったら、母親にあんなことをされた(カートの母親は息子が同性愛者と知って勘当した)後で、花なんか贈るだろうかと考えた。同じような境遇であることを考えると(アーサーの母親は息子がスレードの写真で自慰を行っているのを見たが、勘当したりはしなかったので)、自分はまだカートよりはマシかもしれないと思った。 

***

British-style pubs were popular in New York. He hadn't realized that before. Now he visited the biggest ones, the ones marked int he tourist book as being good ones, and slowly, over the next few days, he worked his way down the list to the onlyes he was actually interested in.
ブリティッシュスタイルのパブはニューヨークでも人気があった。そんなこと、こないだまでアーサーは知らなかった。が、今では、最大手の店や旅行本にオススメの店として掲載されている店をいくつか訪れるようになっていた(int he->in the)。じっくりと、2、3日かけて、アーサーは自分が実際に興味を持てそうな店だけを(onlyes->only ones)リストアップするため、自分なりに調べてみたのだ。

It had taken a bit of work and a touch of illegal hacking, which he was becoming better at every day, but he had an address. And a phone number. And a list of propeties owned, which wasn't that big. But one of them was surprising, and he had looked it up several times before believing it. It wasn't what he had expected tofind. Certainly not what he had hoped.
それはやっかいな作業で、違法なハッカー行為といった趣があったが、日毎にアーサーは上手にこなせるようになっていた。住所も電話番号も分かっているし、所有者名リスト(propeties->properties)も入手していた。それに、そんなにたくさんあるわけでもなかった。しかし、アーサーはある店を見て愕然とした。信じられるまで何度も何度も見直した。見つかるなんて、アーサーは期待していなかったのに(tofind->to find)。こんなこと、アーサーは少しも望んでいたわけではなかったのに……。

From the trailer parks of Michigan to a pub in New York. Curt Wild hadn't climbed as far as some had thought.
ミシガン州のトレーラーハウス用駐車場から抜け出しても、今はニューヨークのパブ暮らし。結局、カート・ワイルドは世間が思うほど出世していたわけではなかった。

Giving a report to Lou when he woke late each day, not hungover but sleep-deprived in a way he hadn't been in a decade, he took tons of notes at each pub, intending this to be a real story, because he liked his job. But at last the night came when he was stadning outside the ironically named Falling Star, which had no neon sign, only a small bit of brass with the name carved upon it fading from wear.
毎日遅くに起きると、ルーに報告書を書くべく、二日酔いというわけではなかったが、この10年の間経験したことがないような睡眠不足に襲われながら、アーサーはパブで大量の書き物をこなした。こんどこそ真実を伝えようと。アーサーは自分の仕事が好きだったから。しかしついにその夜は来た。その時、アーサーは、「(ロック界の)彗星」などと皮肉めいた(墜ちたスター=fallen starにfalling starを引っかけて)名前の店の外に立っていた(stadning->standing)。看板はネオンサインではなく、小さな真鍮の板だった。彫られた名前は腐食のために消えかかっていた。

Standing, staring at the metal door, painted black, he wondered why this was listed as a pub at all. Then he pushed his way in, and the smoky interior grabbed at him. Thick blues crooned from a jukebox disguised behind a wooden frame, and thee were tiny little tables covered with bottles of dark beer and pint mugs of warm bitter Guiness.
立ちすくみ、黒く塗られた金属のドアを見つめながら、アーサーはなぜ一体、この店がパブとしてリストに載っていたのかと悩んだ。やがて、アーサーは思い切って、そのドアを開けた。すると煙たい内装がアーサーを虜にした。木枠にはめ込まれたジュークボックスからはハードなブルースが悲しげに鳴り響き、小さなテーブルには黒ビールのビンとなま暖かくほろ苦いギネスの入った杯が狭苦しく並べられていた。(thee->there)。

And there, in the corner, leaning over a tally book, a beer at hand, was the man he sought.
その場所で、隅のほうに、値段表にもたれながら、ビールを片手に、アーサーが探していたその男は、いた。

The room was about half-full, there was a soccer game playing on t he telly but the sound was off, and many of the people there - mostly older men, working class, in their overalls and denims, some with the red hair that declared them Irishmen, others with the accent that meant Scotts, they turned to watch him cross the room. Sensing the disruotion, Curt looked up but his hair was hanging in his eyes and his features hidden. Stopping a foot from the table, Arthur tried to grin, but his tongue was stuck to the roof of his mouth.
客の入りは半ばといったところで、(on t he->on the)テレビではサッカーゲームが放映されていた。が、音は出てないし、そこの多くの人たちは、ほとんど年輩の男ばかりで、つなぎやジーンズの服を着た労働者階級や、いかにもアイルランド人といわんばかりの赤い髪をしている手合い、スコットランドなまりのヤツなどがいて、店内を横切るアーサーに気づくと、一斉に振り返った。その場の雰囲気がかき乱されたの(disruotion->disruption)を感じて、カートは新参者の顔を見上げた。が、カートの髪が目にかかっていたため、その下の表情まで読みとることはできなかった。テーブルのところで立ち止まると、アーサーは微笑みかけようとした。が、舌が口蓋に張り付いたまま動かなかった。

He was wearing dark jeans, a brown pullover, and his black leather jacket, which now had Oscar Wilde's pin clipped to the collar.
"You're Curt Wild."
He said, and knew he sounded just as he had a week ago.
カートは暗い色のジーンズを履き、茶色のプルオーバーの上に黒皮のジャケットを羽織っていた。そして襟のところには、オスカー・ワイルドのピンが留められていた。
「君はカート・ワイルドだね」
アーサーは言った。まるで「あれ」がほんの一週間前の出来事だといわんばかりの口調で。

"Yeah. So?"
The vulberability he'd seen in that face then was missing now, chased off by something closer to anger.
「ああ、だから何?」
カートの顔に、あの時見られた繊細さ(vulberability->vulnerability)はなく、今は何か怒りに近いものがそれに取って代わっていた。

"I've been looking for you."
Taking another step forward, Arthur tucked his hands into his pockets and nodded at the empty chair opposite Curt.
"Mind if I sit down?"
「君を探していたんだ」
一歩近づくと、アーサーは両手をポケットに突っ込んだまま、カートの向かい側にある空いている椅子を示した。
  「そこ、座ってもいい?」

"It's a free country."
Curt answered, and his face twisted into a sarcastic grin.
"I think we've played this scene before."
「ここは自由主義国家だぜ」
カートは言うと、顔をゆがめて皮肉げに笑った。
「前にこれとちょうど同じような場面があったような気がするぞ……」

"We did, but I did not like the ending."
Arthur answered, waving away the beer the bartender brought him.
「そうだよ。でも僕は、あんな風に終わりたくなかったんだ」
アーサーは言うと、ビールを運んできたバーテンダーに手を振って断った。

"You think you can rewrite histoy?"
The ex-punk-rocker asked quietly.
"No. But I might be able to relive it."
"Which part?"
"The part where I take you home."
Now Wild was looking at him, head tilted back just a bit, asmall smile playing on his lips.
「お前は過去(histoy-?history)を書き換えるつもりなのか?」
かつてのパンクロッカーはそっと尋ねた。
「いや、だけど、もう一度やり直してみろというなら、できるかもしれない」
「どの部分を?」
「君を家に連れていった部分だよ」
ワイルドはカートを見つめていた、ほんの少しそっくり返って、(asmall->a small)唇にかすかな笑みを浮かべながら。

"And why would you do that?"
"Cause I want to."
Swallowing a gulp of beer, Arthur leaned forward. Unable tog rin or lighten the mood, he just shook his head a little bit.
"Because I didn't last week, and I should have."
「で、何でお前はそんなことしようと思うんだ?」
「僕がそうしたかったから」
ビールを一口と飲み込むと、アーサーは前屈みになった。(tog rin->to grin)笑えない、重苦しいムードを感じて、少し頭を振った。
「先週しなかったから。だから、今するべきだと思って」

"Why?"
The one word was breathed in patented Curt Wild style and Arthur felt the grin coming.
"Because."
He stood and set the bottle on the table.
"Will you be busy for long?"
「何で」
カート・ワイルド専売特許のスタイルで、こんな言葉をささやかれると、アーサーは思わずニヤケてしまうのだった。
「それは……」
アーサーは立ちあがり、ビンをテーブルに置いた。
「君……その、忙しいのかな?しばらく」

"I can do it tomorrow."
Shutting the book and gathering the shoebox of reciepts, Wild carried them around behind the bar and had a word with the bartender, who didn't look happy about this turn of events but nodded. Waiting patiently by the table, Arthur felt the eyes of the customers on him and stared stoically at the walls, now wanting to meet anyone's eyes.
「明日やればいいのさ」
そう言うと、ワイルドは本を閉じ、レシートの入った靴箱を集め、バーの後ろに片づけると、バーテンダーに声をかけた。バーテンダーはこの展開が面白くないといった様子だったが、不承不承うなずいた。テーブルのところで辛抱強く待っているあいだ中、自分に注がれる周囲の視線を感じながら、アーサーは素知らぬ素振りで壁をじっと見つめていた。誰かと目が会うのを楽しみにしながら。

"I'm free."
Coming up behind him, Curt touched his shoulder.
"Ready?"
"I've been ready.'"
Grinning at him, Arthur walked out of the pub with Curt Wild by his side.
「今日はヒマなんだ」
アーサーの後を追いかけるように、カートはアーサーの肩に手をかけた。
「覚悟はできてるのか?」
「ずっと前からできてるよ」
カートに笑いかけると、アーサーはパブを出た。カート・ワイルドに寄り添うようにして。

"My place is only a couple of blocks."
Wild said as they walked side-by-side, not touching each other.
"That sounds good."
"It feels like a really long time ago, y'know? Sometimes I wonder if it ever really happened, or if I dreamed it. My head was sortof messd up then. Herion and all."
「俺のヤサはほんの2ブロックほど行ったとこにあるんだ」
並んで歩きながらワイルドは言った。お互いに触れることなく。
「いい気分だね」
「本当に遠い昔のような気がするよな? ときどき、本当にそれが起こったのかどうか、自分が夢見ていただけじゃないかって気がするんだ。(sortof->sort of)その時、俺、頭が混乱してたから。ヘロイン(Herion->Heroin)とかいろいろやってたしな」

  "You clean now?"
Swiveling his head, Arthur watched as he thought about the answer.
「もうヤクは抜けたの?」
頭を振りながら、アーサーはカートがどう答えるのか注目した。

"Yeah. In all the ways that count."
"Good."
"Almost a miracle."
"It is."
「ああ。そういう意味じゃ、すっかり」
「良かったじゃない!」
「ったく、奇跡的だよな」
「本当だね」

No more words were exchanged. They walked, silent, down a residential street, lined with narrow single-familytownhouses, some restored, most in the process. The one Curt turned to needed work on the facade, the stairs were cracked and crumbling, but the front hall was nicely done, painted, the tile clean and patched. Not a professional job, but not bad.
それきり言葉は交わされなかった。2人はただ黙ったまま歩いた。中には修復されているものもあったが、ほとんどは修復途中といった観のある狭い単身者用の都市住宅が建ち並ぶ住宅街の道を。カートは見るからに修復が必要な一軒の家に向かった。その階段はひび割れ、細かく砕けていた。とはいえ、正面の玄関はきちんと直してあり、ペンキが塗られ、タイルはキレイに磨かれ、補修されていた。プロの仕事とは言えないが、悪くはなかった。

"You do the work?"
Looking at it while Curt checked the mailbox and unlocked the inner door, he touched the floor curiously, surprised.
「君が家のことなんてするんだ?」
ポストを覗き、内側のドアの鍵をカートが開ける間、アーサーは家を観察しながら、好奇心旺盛な表情を浮かべて、床に手を触れ、驚いていた。

"Gives me something to do with my hands."
He shurgged, embarrassed, and the door, which had been sticking, swung open with a squeak. Touching it, running his hand over the old wood, the varnish peeling in spots, he watched Arthur rise from the floor.
"Guess this should be my next project."
「道具があれば俺だってやれるよ」
カートは肩をすくめて照れてみせた。ドアは建て付けが悪く、開けるとキーキー鳴った。触わると、古い木が手でこすられ、ニスのはがれた跡ができた。床から立ち上がったアーサーと目が合うと、カートは言った。
「このドアは次の宿題ってことで」

Entering, Arthur didn't answer, just stood looking around. The room was large and some would have said airy, but to him it was as bare as his apartment. There was a cluster of worn leather furniture and a large television and the kitchen, which was a mess of unwashed dishes and stacked pots and pans. Two doors led off the room, one was open, he could see a glimpse of hallway through it.
家に入っても、アーサーは黙ったまま、ただ周りを見回していた。部屋は広く、良く言えば風通しが良い、アーサーにして見れば、自分のアパート同様、カラッポなだけだった。すり切れた皮の家具一式と大きなテレビ、そして洗っていない皿と鍋やフライパンが山積みされたキッチン。部屋に続くドアが2つ、1つは開けっ放しになっていて、そこから玄関広間がちらっと見えた。

The walls here were freshly painted, but the floor was unfinished, bare wood that needed sanding, dark spots showing old stains.
"Dont get a lot of people over, do you?"
He asked while Curt shut the door, locked it.
この辺の壁は新しく塗られたばかりだったが、床のほうはまだ済んでいなくてヤスリかけの必要な裸の木には古いシミを示す汚い跡が付いていた。
「これじゃ大勢は呼べないね?」
カートがドアを閉め、施錠している間、アーサーは尋ねた。

"Want a beer?"
"Yeah."
Taking a seat on the couch, he waited for it, still staring around.
"Where are all of your posters and things?"
「ビールいる?」
「うん」
カウチに腰掛けながらアーサーは待っていた。まだあちこちをながめながら。
「ポスターとかもろもろの物は、みんな、どこにあるの?」

"In a room back there someplace."
He handed over the beer and waved a hand toward the hallway.
"I don't know why I bought this place, it's too fucking big. Guess I thought it meant I wasn't a washed-up loser." "You're not."
「部屋の後ろに置くところがあるんだ」
カートはビールを手渡すと、玄関広間に向かって手を振り回した。
「なんでこの物件を買ったのか自分でもよく分かんないんだけど、ちょっとでかすぎたな。ま、俺が用無しの負け犬じゃないって言いたかっただけなんだけど」 
「君は絶対、負け犬なんかじゃないよ」

Setting the bottle on the floor -there was no coffee table - Arthur reached for him, grasping his chin gently, feeling several days' worth of stubble.
床にビンを置くと - この部屋にはコーヒーテーブルなんてものはなかったから - アーサーの手がカートに触れ、そっと顎をつかんだ。この2、3日、カートは不精ひけを生やすほど忙しかったのだなと考えながら。

He turned Curt's head to face him as Curt had once turned his own.
"You have a gift. It doesn't just go away."
"People stop wanting it."
He shrugged.
顔が見られるように、アーサーはカートの頭を振り向かせた。かつて、カートが自分にしたように。
「君は才能があるんだ。君自体が才能だから、決してなくなったりなんかしないよ」
「俺のはロックスターに求められる才能じゃないと思うぜ」 
カートは肩をすくめた。

"Put too much of myself into it, and they wanted something less personal. Art, not pain."
"Something like your old friend would've done."
Arthur nodded, caressing the bristly cheek with his thumb.
"I like things personal."
「俺は音楽にどっぷりつかって生きてきたけど、大衆ってヤツは、身につまされるような個人的体験ってヤツはお嫌いなのさ。おゲージュツ、痛みを伴わない娯楽ってヤツが好きなのさ」
「君の旧友(ブライアン)がやってるような(大衆に迎合する)音楽だろう」
アーサーはうなずき、親指でカートの毛深い頬を撫でた。
「僕は個人的な音楽の方が好きだよ」

There was a moment of doubt, shining in dark eyes, and then Curt closed those eyes and pressed his cheek into the hand that touched him.
"Come closer."
Arthur whispered, his throat closing, aching. His chest was tight ans he wondered why he hadn't felt this way in ten years, it was a struggle to get the words out. Words that were etched into his memory with theacid sting of loss.
まさかといった表情で暗い瞳を輝かせたカートは、目を閉じ、自分を触わっているアーサーの手に頬を押しつけた。
「もっと近くに来て」
アーサーはささやいた。喉が詰まり、ズキズキ痛んだ。胸がしめつけられ、(ans->and)この10年来、こんな風に感じたことがなぜなかったのだろうと考えた。それを言葉にするのは大変なことだった。大切な人を失ったという刺すような(theacid->the acid)痛みとともに、記憶の中に刻まれた言葉だったから。

"Don't be frightened."
"What's your name?"
Curt responded, eyes still closed, turning his head to press his lips to Arthur's palm.
"Your favorite color."
The word caught in his throat and Arthur has to close his own eyes, a grin threatening to split his face even as tears threatened. Why hadn't he seen this? Why hadn't he understood? Had he lost so much that night? Or when had the loss occurred? The night of the shooting?
「『怖がらないで』(っだよね)」
「名前は?」
(10年前と同じように)カートは質問を再現した、目はまだ閉じたまま、顔を傾け、アーサーの手のひらに唇を押しつけた。
「好きな色は……?」
言葉が喉に引っかかり、アーサーは思わず目を閉じた。(10年前のことを覚えていてくれた嬉しさでに感動して)微笑もうとしても顔がひきつり、涙があふれそうになった。なぜ自分はこれを見なかったのだろう? なぜ自分には分からなかったのだろう? 自分はその夜、あまりに多くを失ってしまったのではないか。それとも、いつ失われたのだろう? 撃たれた夜だったのだろうか?

"Song."
Curt said, opening his eys and staring into Arthur's, hair hiding the shadows in them.
"Movie."
"Don't be nervous."
He breathed the words over chapped lips that sucked the air from him, waiting for him.
「好きな歌は?」
カートは言った。目を開け(eys->eyes)、アーサーを見つめた。髪の毛の影に隠れたその瞳を。
「好きな映画は?」
「緊張するなよ……」
アーサーは寒さでひび割れたカートの唇に喘ぐように語りかけた。今にも自分にキスしてきそうなカートを間近にして、息が詰まりそうになった。 

Staring at him, one hand wafting through the air in an inherently graceful motion, Curt asked the last question.
アーサーを見つめながら、生まれながらの優雅な手振りで、カートは(10年前にもした質問の)最後の質問を(再現)した。

"Are you high?"
"Not this time."
Sighing with that relization; that he was aware, and an adult, and that he wanted this so desperately he'd been searching for it for ten years, he opened his mouth over Curt's and offered him his tongue and his soul, all in one kiss.
「ハイな気分かい?」
「いや。今回は違うよ」
(relization->realization)アーサーは溜息を付いた。これが現実になって、(ドラッグをやっているわけではないので)今、何をしようとしているかはっきりとした自覚があり、十分分別のある大人である自分たちが、こうしたいとどんなに激しく求めて、10年ものあいだ探し続けて来たかということに。アーサーは唇を開き、カートの唇を包み込むと、舌と魂の全てを差し出した。その1度のキスに全てを捧げた。

"Wow."
Curt grinned when they broke for air.
"I've been wanting to do that for ten years."
Athur grinned back.
"For a while I thought I imagined it. Then I admitted it happened, but I still didn't get my head around the idea that it was important to me."
"So why'd you find me?"
Leaning back slightly, Curt pushed his shaggy hair back with both hands, letting it fall into his face again.
「フフ」
2人が息を継ごうとしたとき、カートはニコッと笑った。
「こうしたくて10年待ったんだ」
アーサー(Athur->Arthur)も笑い返した。
「あれ以来、僕もこの日のことを想像していたんだ。そうしてそれは確かに現実になったんだ。でも僕には、このことが自分にとってどんな意味があるのか、まだよく分からないんだよ」
「なら、なぜ俺を探した?」
かすかに後ろに身を引くと、カートはもじゃもじゃの髪の毛を両手で後ろになでつけた。カートの髪は顔を覆うようにまた落ちてきた。

"My editor gave me this story....and I found a different one."
With a shrig Arthur reached forhim, and Curt grinned again, grabbing him around the waist and tumbling them both to the floor, landing on top and straddling Arthur.
"The other night, after the concert, I was thinking about what you said to me."
「編集長がこの話を持ってきたんだ。でも、僕は別のテーマを見つけてしまったけど」
(shrig->shrug)肩をすくめ、アーサーはカートに手を伸ばした。カートはもう一度ニッコリとすると、アーサーの腰に手を回して、床に押し倒し、上に乗り、またがった。
「あのコンサートの後、僕は君が言ったことを一晩、考えたんだ」

Arthur spoke up while Curt's hands petted lightly over him.
"About art?"
"No."
He answered, a giggle startling him as Curt dug his fingers into his ribs teasingly. It made his accent seem louder.
"About freedom. How we could aloow it to ourselves."
Sitting back on the prostrate man's thighs, Curt studied him, hands still.
カートの手に優しく愛撫されながら、アーサーはしゃべり続けた。
「考えたっておゲージュツのこと?」
「ちっがうよ」
アーサーは答えた。アーサーの肋骨をカートがからかうように指で突き刺したために、ビックリしてくすくす笑いながら。そのせいか、アーサーの声が大きくなった。
「自由、についてだよ。どうやったら、自分たちが生きたいように生きる自由を受け入れられるか(aloow->allow)ということをさ」
すっかり組み敷かれた男の腿の上に座りながら、カートはアーサーを真剣に観察した。手を止めて……。

"That's why I left when I did. Came to America, got a job, a life."
"Because of what I said?" The grin started small and then spread until it was goofy.
"Yes."
Arthur wiggled his legs and reached for the other man.
"Do you have a bed in here somewhere?"
「そのせいさ。あの後、僕がアメリカに行ったのは。そこで仕事と生き方を探したんだ」
「俺が自由に生きろなんて言ったせいなのか?」
小さな笑い声が呆れるほど長く続いた。
「そうだよ」
アーサーが足を揺すると、もう一人の男に触れた。
「ここらにベッドってあるの?」

"That way." He nodded toward the hall and then, after a minute, got up, extending a hand to Arthur. After a minute, he took it. And kept it, which made Curt grin again, looking at their clasped hands.
「向こうにあるぜ」
カートは玄関の広間の方を示し、ちょっとの間をおいて、起きあがると、手をアーサーのほうに差し出した。ちょっとの間をおいて、アーサーはその手を取った。そして、そのままじっと握っていた。そんな仕草がカートを再びニッコリとさせた、握り締め合った手を見つめながら。

"I've never actually held hands."
He said, and it sounded like he thought that was funny, but Arthur thought it was sad.
"You should try it sometime."
"C'mon. Bedroom's this way."
Tugging at him, still grining, Curt led him down the long, wide hallway. There were five doors lining it, all of them closed, and the floor here had been refinished, the dark wood varnished and silky beneath his boots.
「俺はこんな風に手を握り合ったことなんてなかったな」
とカートは言った。よっぽど楽しかったのだろう。カートの言葉にアーサーは悲しくなった。
「時にはそうすべきなんだよ、君って人は」
笑いながらカートは、アーサーをぐいぐい引っ張って行くと、奥行きのある、広い玄関広間へと連れていった。そこには裏打ちされた5つのドアがあり、すべて閉まっていた。この部屋の床だけは修復が終わっていて、アーサーのブーツが載った濃い色の木の床はピカピカに磨き上げられていた。

"Nice.'
Arthur commented when the last door on the right was opened. Stepping inside, ahead of Curt, he paused a moment to enjoy the ambiance of the room. With walls sponge-painted in gold washed with some color of red that he couldn't identify, and heavy drapes on the street-side wall, and a large bed with carved head and foot boards, it looked like something out of a designers' magazine and not the bedroom of a one-time punk rock star bar-owner.
「へえ、きれいじゃない」
一番右のドアを開けるなり、アーサーはこう言った。カートに従い部屋の中に一歩踏み込むと、アーサーは部屋の雰囲気(ambiance->ambience)を味わおうと、立ち止まった。壁は識別できないような赤みがかった金色にスポンジ塗料され、通りに面した壁には重たいカーテンが掛けられ、頭と足元側の板に彫刻が施された巨大なベッドがあった。まるでデザイナー雑誌から抜け出たかのように見えるこの部屋は、かつてのパンクロックスターで、今はバーのオーナーである男のベッドルームには、到底見えなかった。

"It'a my gay side showing."
Curt laughed softly.
"The incipient interior decorator."
「俺のゲイ的趣味が出てるだろう」
カートは優しく笑った。
「ゲイはみんな室内装飾家の素質があるんだよ」

"It's great."
Arthur said, going to the bed, stroking the heavy silk comforter, quilted maroon. The bed was rumpled, as if it had been left recently.
「すごいよ!」
とアーサーは言うと、ベッドに行き、キルティングで縁取りされた栗色の分厚い絹の毛布を撫でた。ベッドはついさっきまで寝ていたみたいにしわくちゃになっていた。

"So try it out."
Curt's voice whispered behind him and Arthur sat, slowly, on the egde, legs hanging off, and the other man stepped up between them.
"Arthur Stewart."
He said, just as softly.
「さ、脱いじゃえよ」
アーサーの後ろからささやく声がした。アーサーはゆっくりとベッドのはじ(egde->edge)に座った。両足をブラブラさせて。もう一人の男はその間に割って入った。
「アーサー・スチュワート」
カートは言った。つぶやくように。

"You're Curt Wild."
Arthur replied, feeling a dumb grin spread across his face, wrapping is arms around the man's waist and pulled him closer. The bed was just the right height, their groins pressed together intimately. Closing his eyes, he nuzzled at Curt's neck and sighed before something occured tohim.
"I always wondered - is that your real name?"
"They picked it out before I was born."
He sounded sad and his hands tightened on Arthur's back.
「君はカート・ワイルドだね」
答えながら、アーサーは(カートが名前を覚えていてくれたので嬉しくて)自分の顔がほころんでいる(is arms->his arms)のが分かった。カートの腰に腕を巻き付け、カートを近くに引き寄せた。ベッドはちょうどいい高さで、互いの股間を親密に押しつけ合った。アーサーは目を閉じ、カートの首に鼻をすり付け、吐息を漏らした。(tohim->to him)ある考え(本当の名前なのかという疑惑)が浮かんで。
「僕はいつも不思議だったんだ。それが君の本当の名前なんだろうかって(世間的には名前通りの不道徳なやつになってしまったから)」
「(名字じゃ)生まれつき、決まっていたからな」
カートは悲しそうに言うと、アーサーの背中に両手をきつく絡ませた。

"I'm sorry..."
Tilting his head back, Arthur ran his hands up Curt's back and tangled them in his shaggy hair.
"I like this color."
"Shut up and kiss me."
Curt rumbled, looking as if he was torn between laughing and crying.
「ごめんよ」
頭を後ろに曲げると、アーサーはカートを背中を抱いている両手を上にずらして、カートのもじゃもじゃの髪の毛にからみつけた。
「この色、好きだな」
「黙ってキスしろよ」
カートはうなった。笑っているとも泣いているともつかない声で。

"Make a wish."
Arthur whispered and he obeyed.
They hadn't kissed that night. He hadwondered why, in the odd moments he allowed himself to remember it, but it hadn't seemed important. It had been a one-night stand - a fantastic, spectacular introduction to sex with a man he had only dreamed about, a man who carried his pain in the open, where everyone could feel it, right next to his strength, and Arthur had loved every minute of that night, but now he was finding that he *had* missed something, as Curt kissed him, moving only his mouth and tongue, using that physical connection, feeding his heart to Arthur, who accepted it gratefully.
「願い事をしよう」
アーサーはささやき、カートは従った。2人はあの夜、口づけをしなかった。なぜなのだろうかとアーサーは不思議に思った(hadwondered->had wondered)。ずっと思い出さないようにしてきたのに、今になって自分がそのことを思い出してしまうというこの奇妙な瞬間に。だが、そんなことはあまり重要なこととも思われなかった。それは1晩限りのステージだったんだ。幻想的で豪華なイントロ、アーサーが唯一夢にまで見た男とのセックスに導いてくれた。自分の苦痛をさらけ出し、誰もがそれを感じることができるようにした男、力強いからこそ、傷つくのも恐れずに。あの夜、アーサーは一晩中、愛し合った。だが、今のアーサーはかつて失った何かを探し出そうとした。カートにキスされながら。口や舌だけを動かし、体をつなげることで、カートは心を与えた。カートの心を喜んで受け取ろうとするアーサーに。

Lips, tongues, teeth - the kiss went on and on, hands tightening and stroking backs, nostrils flaring to suck in oxygen, until at last they parted, and Curt kissed Arthur's eyes and cheeks and lips again.
"Loo?"
Arthur panted, suddenly feeling a need to clean up, and catch his breath in private.
唇、舌、歯へ。キスが降り、カートの両手が背中をギュッと抱きしめ、撫でる。やっと2人が離れると鼻の穴が酸素を吸い込もうと膨らんだ。カートはアーサーの目や頬や唇にもう一度キスした。
「バスルームある?(Loo=bathroom)」
動揺した(一人っきりで考え事をしたくなった)アーサーは、突然、体を洗いたい気分になり、密かに息を飲んだ。

"Over there."
Nodding at the only other door, Curt stepped away and watched as he got up and padded over, the wooden floor slick beneath his boots. At the door Arthur turned, and his breath caught as he met Curt's eyes.
「そこだよ」
反対側のドアを示すと、カートは一歩離れ、アーサーが起きあがり、ふらふら歩いていくのを見つめていた。磨かれた木の床がブーツを映し出していた。ドアのところまで来るとアーサーは振り向いた。カートの目を見たときアーサーは息を止めた。

"You'll wait for me?'
"I'll be here."
The other man smiled, somethingless ferocious than his usual grin, and Arthur felt something inside of him ease. It had taken ten years but he had rememebred where he was supposed to be. With this man.
「待っててくれるよね?」
「どこにも行かないよ」
もう一人の男は微笑んだ。いつもの笑いよりどこか弱々しく。アーサーにはカートが心なしか安らいでいるように見えた。ここまでくるのに10年かかったが、アーサーは自分がいるべき場所を思い出したのだ。この男と一緒にいようと。

Whether Curt saw it that way would be something else again. For all Arthur knew he was still carrying a torch for the man who had never existed, Brian Slade. Going into the bathroom Arthur carried the unhappy thought with him.
カートもそう思っているのだろうか。アーサーと一緒にいたいと。カートがいまだに、存在しない男のことを愛しているのをアーサーは知っていた。ブライアン・スレイドという男のことを。ベッドルームに向かう途中、不幸な思いにアーサーはさいなまれていた。

Stripping, he stacked his clothes on the brass baker's rack, and ran a soapy washrag over himself, trying to wash that thought from his mind as easily as he did the sweat from his body.
服を脱ぎながら、アーサーは服を真鍮の天火の棚に積み上げ、石鹸用の洗面タオルを巻き付けた。自分の心からそんな雑念を洗い流してしまおうと。体から汗を洗い流すように。

After only a little while together he felt it - the urge to cleanse the sadness from Curt's eyes, to comfort the hurt little boy he hid inside him. It loomed in importance and he had to tsk at himself, knowing he couldn't push too hard, too fast. If he could just be there - of Curt would let him be a part of his life, then that would be enough. That woud give him that chance.
ほんのわずかの間一緒にいただけなのに、自分の瞳の中から悲しみを洗い流したい、心の中に隠してきた傷つきやすい少年のような自分を慰めたい、という衝動にアーサーはかられた。ぼんやりとした衝動は次第にはっきりしたものに変化していした。アーサーは自分を叱った(tsk=叱る声)。カートを強引にせかしたり、早急に迫ったりしちゃいけないと。カートがそこにただいてくれるなら、カートが自分の人生の一部になってくれるなら、それで十分だ。カートは(woud->would)アーサーに(ブライアンを忘れて、自分を好きになってくれる)チャンスを与えてくれるだろう。

Walking back into the bedroom, he paused, and smiled, at the sight that waited for him. Curt was in the bed, covers pulled to his waist, not looking seductive, but sexy in a sleepy way. The bright overhead light had been turned out and the two sconces at the head of the bed lit, giving a warm light.
ベッドルームに戻っていくと、アーサーは立ち止まり、微笑んだ。自分を待ち受けていた光景を見て。ベッドの中にはカートが横たわっていた。腰までカバーをかけ、魅力的とは言えなくても、独特なセクシーな寝方で。眩しすぎる天井の明かりは消され、その代わり、ベッドの頭部棚にある2つの突き出し燭台が暖かい光を醸し出していた。

Naked, expectant, Arthur went over and slid in next to him. They lay quietly, not touching, for a few minutes. Then Curt rolled to his side, reaching for Arthur, and said the words again, theones that had started this.
"Come closer."
服を脱ぎ捨て、期待に胸をときめかせながら、ベッドに近づいたアーサーは、カートの隣に滑り込んだ。2人は静かに横たわっていた。しばらくの間、互いの体に触れないまま。
やがて、カートがアーサーの方に寝返りをうつと、アーサーに聞こえるよう、あの言葉(10年前に言ったのと全く同じ言葉)をもう一度言った。(theones->the ones)それはこんな風に始まる言葉だった。
「そばに来いよ」

And Arthur went into his arms gladly. They were of a size, Curt slightly stockier, with broader shoulders andheavier thighs, Arthur thin the way he'd always been, slender but strong the way guys are.
アーサーは喜んでカートの腕の中へ飛び込んでいった。2人は体格的にもお似合いだった。カートは少々小柄でがっしりしていて、広い肩と肉付きのいい腿(andheavier->and heavier)をしていたし、アーサーは痩せていて、それは若い頃から変わらないが、ほっそりしているものの、男らしい力強さがあった。

Holding each other, moving against each other, friction building to intolerably pleasant levels, they kissed and panted, hands clutching.
2人は抱き合い、動き合った。摩擦が我慢できないほどに快楽を増し、2人は口づけし、あえいだ。手を握り合ったまま。

"Turn over."
Curt urged gruffly, his hands stroking and pulling at Arthur, "Tunr over for me."
And he did, casually rolling to his side, lifting his top leg and sliding it forward. Every nerve ending was on fire, he felt like he could drown in the heat that came off the other man.
「向こうを向けよ」
カートはぶっきらぼうに命令し、手を伸ばし、アーサーをぐいっと引っ張った。
「向こうを向けって、頼むから」
カートの脇に転がったために、アーサーは偶然、横向きなってしまった。カートはアーサーの上の側の片足を持ち上げ、前に引き寄せた。全ての神経の先端が燃え上がったかのように、アーサーはカートの発する熱に溺れてしまいそうになった。

There was some shuffling, as, he assumed, Curt dug under the pillows for the lubricant, and then the sound of foil tearing, which made Arthur sigh with appreciation - no chances taken, not anymore, not ever - and he was having trouble being still while Curt's fingers filled him, slicked him up, opened him.
まくらが動く音でアーサーは察知した。カートは潤滑剤を探そうと枕の下に手を入れたのだろうと。(コンドームのパッケージの)アルミ箔が破れる音に、アーサーはホッと息をついた(10年前は「安全なセックス」など誰も考えもしなかったが)。こんなチャンスは来ない、もう二度と、今までだって。アーサーは我慢するのに苦労した。カートの指が自分を満たし、すべりがよくなるようなめらかにされ、開こうとしている間中。

"Been a while?"
The rough voice in his ear made him shiver and he nodded, not wanitng to add words to this moment.
"Hold still."
「ご無沙汰だったのか?」
荒々しい声にアーサーは震え、思わずうなづいた。この瞬間に何も言葉にしたくないといわんばかりに(wanitng->wanting)。
「(痛くても)我慢しろ」

It was an effort, but worthwhile, using every once of willpower to hold himself still and let Curt work on a slow, careful entry, filling him past discomfort, but he he held still, breath whistling between his teeth as he fought the need to moan, to push back or pull away, to do *something*. Then Curt was pressed to is back, his hands coming around and petting Arthur's chest and stomach, moving to ruffle his mussed hair, one hand dropping lower to gently tease his wilting erection.
それには努力がいった。が、骨折りがいのある任務だった。全力で(once->ounce)アーサーはそれに耐え、カートを長い間やらせてやった。カートは慎重に挿入した。過去のいやな思い出がアーサーの中にこみ上げた。だが、アーサーはじっとしていた。歯から息が漏れる音をさせながら。うめきたい、腰を動かしたい、その他いろいろなことをしたいという衝動と戦いながら。カートは(is->his)アーサーの背中に覆い被さると、手をアーサーの胸と腹に回し、愛撫した。こんがらがった毛をかき乱し、さらにその下にあるアーサーのしぼみかけた突起物に手を伸ばすと、優しく揉みほぐした。

"Okay?"
The word was breathed into his ear and Arthur shivered, feeling himself begin to respond as he adjusted to the bulk that filled him.
「いい?」
耳に吹きかけられるかのように言われて、アーサーは震えた。アーサーを満たしているものを受け入れるよう、体が順応し始めたのが分かった。

"It's great."
Turning his head he asked for a kiss and was given one, crooked but warm and sweet.
"I'm ready."
「すごいよ」
振り向きながら、アーサーはキスをねだり、キスされた。ねじるようなそれでいて、暖かくて、甘いキス。
「来て」

"Not yet."
Curt said, both hands playing at Arthur's groin now, rolling his balls gently, stroking the sensitized perinium, kissing and nuzzling the back of his neck, until he felt Arthur actually relax and respond to him.
"That's better."
「まだだ」
カートは言い、両手でアーサーの中心をもてあそび、優しくころがし、その裏の最も感じやすい(perinium->perineum)部分を刺激した。アーサーの首の後ろにキスし、鼻をすり付けた。アーサーが本当に解き放され、カートに体を開いたと納得が行くまで。
「ほら、ずっとよくなった」

"Yeah."
Smiling, Arthur closed his eyes and rocked back against Curt.
"Make a wish."
"I did."
Curt said softly as they began to move together, the rythm there waiting for them.
It was like the first time, time stretched and warped, and it was just the two of them, the only people in the world, moving together, visions in their minds. Behind him Arthur heard Curt gasping for breath as he stroked and thrust, his hands still busy with Arthur's cock.
「うん」
アーサーは微笑み、目を閉じ、後ろからカートにしっかりと抱きかかえられた。
「願い事をしよう」
「もうしたよ」
カートはそっと言った。一緒に動きながら。2人の呼吸がぴったり合った。まるで初めての時のように、時間がゆがみ、ワープした。この世界にたった2人しかいないかのように、一緒に動きながら、心に幻想を抱き合いながら。アーサーは背後にカートのあえぎぐ声を聞いていた。カートが打ち込むたびに。その手はずっとアーサーの股間を素早くこすっていた。

"Go on."
He urged, knowing he was ready, that it would take just that little bit to tip him over the edge.
"Go on, come on, give it to me..."
「来て」
アーサーはせかした。もう少しで絶頂に達してしまいそうだった。
「来て、早く、ほしいんだ」

"Yes...Yes!"
With several short, hard thrusts Curt tightened behind him, arms clenching around him, and Arthur let himself go with it, shuddering and moaning helplessly, held tightly in Curt's arms.
「ああ、俺も」
何度かの短い、激しい挿入とともに、カートはアーサーの後ろからしっかりと抱きしめ、腕を巻き付けた。アーサーは己れを解き放した。ほとばしる震えと喘ぎに身を任せて。カートの腕をきつく抱きながら。

"Want to clean up?"
Opening his eyes, Arthur saw Curt leaning over him, a grin on his face, his eyes dark and shuttered.
「洗うか?」
目を開けると、カートと目が合った。その胸にもたれながら。カートの顔には笑みがこぼれ、暗いその目は閉じられた。

"I don't want to move."
Arthur offered with a wide, goofy grin.
"I'll do it."
Before he could protest Curt was out of the bed and going to the bathroom, the muscle in his back rippling with the movement, looking more defined than they had ten years ago and not a bit less attractive. Then he was back, with a warm, wet cloth, casually wiping Arthur's belly, rolling him to clean his ass, which was sticky with lubricant, and he tossed the washrag to the floor before climbing back into the bed.
「動きたくないよ」
アーサーはバカになったように大笑いした。
「俺がやってやるから」
反論するヒマも与えず、カートは素早くベッドから出て、バスルームに向かった。カートが動くにつれて波打って見える背中の筋肉は、10年前(の若々しい肌)よりもくっきりと目立っていた。とはいえ、だからといって魅力がなくなっている風にはまるで見えなかったが。しばらくするとカートは暖かい、濡れタオルを持って戻ってきた。突然、アーサーの腹を拭き、尻の穴をキレイにしようとアーサーをひっくり返した。そこは潤滑剤でベトベトしていた。ベッドに戻るのに、カートは洗面タオルを床に投げ捨てた。

They lay, arms and thighs touching, both thinking their own thoughts.
"Do you want to stay?"
Curt asked at last. Relieved, Arthur rolled over and felt the other man spoon up behind him again.
2人はお互いの腕や腿を触れ合わせて横たわった。それぞれのことを考えながら。
「ここに居たい?」
カートはついに尋ねた。安心したのか、アーサーは寝返りをうち、もう一方の男に、さじを重ねるように背後から再び抱きかかえられた。

"Yeah, I'd like that."
The lights switched off and he relized Curt must have done it, but he didn't care. It was nice, to lie in the dark and be held by this man. Sleep stole up on kitten-feet and he was almost gone when he heard the whisper that tickled his neck.
「うん、そうしたいな」
明かりが消され、アーサーはカートが(relized->realized)しなくてはならないことに気が付いた。が、カートは気にしていなかった。暗闇の中で横たわり、この男に抱きしめられるのはいい気分だった。猫の足音のように静かに眠気が近づいた。アーサーは首をくすぐるカートの寝息を聞きながら、意識が遠ざかっていくの感じていた。

"Hey. Thanks."
Shifting slightly, he settled more completely into the embrace and fell into sleep, knowing Curt would understand the silent response and feeling very thankful himself. He had to be at work in the morning, but they would have time to talk and he could begin what he had now decided was his mission in life; to make Curt Wild hapy Which, incidentally, would make him happy as well.
「ねえ、ありがとう……」
わずかに体をずらすと、アーサーは後ろからしっかりと抱きしめられた。アーサーは眠りに落ちた。カートが無言で返事をしたのも(ただアーサーを抱き返してきたから)、アーサーに感謝しているせいだと分かって。アーサーは朝になれば仕事に戻らなければならない。が、2人にはこの先いくらでも話合う時間があった。それにアーサーは始めることができるのだから。人生の使命としてアーサーが今の瞬間、決めたことを。カート・ワイルドを幸せにする。(hapy->happy)同時に自分自身も幸せにするという使命を。

The freedom to live the way we want to. Curt had lost it, Arthur had forgotten it...there was time to get it back. Behind him, pressed close, Curt snuffled in his lseep and Arthur, not awake, moved closer, and the other man settled again, arm tightening momentarily around him.
自分たちが望む生き方をする自由を。その自由を、カートは失ってしまい、アーサーは忘れてしまっていた。今こそ取り返す時なのだ。アーサーの背中に、ぴったりと身を寄せ、カートは鼻を鳴らして眠っていた(lseep->sleep)。眠ったままアーサーが寄り添うと、一方の男はすぐに反射的に腕をきつく絡ませた。

It was his chance, he was going to take it this time.
これはアーサーのチャンスだった。アーサーは今度こそ、それをものにするだろう。

*****
finis
*****
終わり。

feedback is always greatly appreciated, especially when playing in an new fandom - so, please, loc! - saraid
?loc
感想はいつでも大歓迎です。特に新しいファン小説を楽しむ時は。だからお願い、多くのご意見(loc=lots of comments)、お待ちしています! サレイド。

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、原文を推薦され、固有名詞の解説もしていただきました鳩三礼様、英語表現・背景となった原作を解説してくださったKamen様に深く感謝いたします。原文の行間を補うために独自の解釈をかなり加えたものになっています


フロントページに戻る