Note
This story has a predecessor, located here.

この作品には前段にあたる作品があります。御覧になりたい方は、こちらをクリックしてください(訳者注:ちなみに「Freedom」と同一内容です)。


Eye On You
「君を見つめていたい」
(=to keep an eye on)

by saraid
サレイド著

"Hrmph."
「んー」

"Curt - Curt, Love, there's somebody at the door..."
Rolling to his back, Arthur blinked open bleary eyes and half-sat. Beside him his lover grunted and rolled away, pulling the blankets with him, leaving Arthur uncovered and still nude from the night before.
「カート、ねえ、カートったら、玄関のところに誰か来たみたいだ」
仰向けになるとアーサーは、寝ぼけ眼をしばたたかせながら、腰掛けるようにベッドにもたれ掛かった。その脇でぶつくさ文句を垂れている恋人は、ごろんと転がったときに毛布を巻き込んだので、前の夜から裸で寝ていたアーサーから掛け物を剥ぎ取ってしまった。

The night before! The memory thumped him soundly and Arthur smiled widely as he crawled out, reaching for his robe, thrown over the chest at the foot of the large bed.
そうだ、昨日の夜! 思い出すと、アーサーはいっぺんに目が覚めた。はいずりながら大口を開けて笑い、バカでかいベッドの足元にあるチェストに掛けたバスローブに手を伸ばした。

After two solid weeks of work every evening he finally had all of his things here, and everything put away neatly. He'd even managed to convice Curt to invest in a large carpet for the lving room, which had meant refinishing that floor first, which had taken a couple of nights.
2週間の間に実に頑張って働いたアーサーは、ついに自分の荷物をすべて運び込み、全部をきちんと片づけた。さらにアーサーはなんとかカートを説得し、納得(convice->convince)させてしまった。リビングルーム(lving->living)用に大きなカーペットを買うこと、それにはまず床を最初に改装する必要があるということを。ちなみにその作業には2晩かかった。

And then Curt's bartender, the unfreindly one, had quit three nights ago, when Arthur had come in after work to gather his lover up and Curt had leaned over the bar and kissed him enthusiastically, startling Arthur but making him happier than he'd been all day.
その後、仕事を終え、愛しい男を迎えにカートの店に立ち寄ったアーサーは、例の無愛想な(unfreindly->unfriendly)バーテンダーが3日前に店を辞めてしまっていたおかげで、カウンターにもたれていたカートから熱烈な口づけで歓迎され、えらく驚かされた。が、同時にそれはその日の内で一番アーサーを幸せな気分にさせてくれたのだった。

The bartender said something about not working for any fags but the few patrons hadn't seemed to care. Unfortunately, it meant Curt had been working the bar himself until he found a replacement he was comfortable with.
バーテンダーはおかま野郎(fag=ホモの男)のために働きたくないなどといった意味のことを言っていたが、それを気に留める常連客はほとんどいなかった。不幸にも、このことはカートが代わりに働かなくてはならないことを意味していた。一緒にいて気の合う、次の働き手がみつかるまで。

So last night he had arrived home very late and Arthur had already fallen asleep and Curt had woken him up in the most agreeable way possible, with a spectacular blowjob, and Arthur had asked Curt to fuck him and he had eagerly done so, quite thoroughly.
おかげで昨晩は、カートが家に着いたのはひどく遅い時間だったために、アーサーはすでに寝込んでしまっていた。そのためカートはアーサーが最も受け入れやすい方法で起こすことにした - 目を見張るほどの素晴らしいフェラチオという手管で。アーサーはやりたくなったとカートにねだり、熱烈なセックスをした。実に徹底的に……。

Standing in the foyer, with the chain on the door, Arthur blinked and them knuckled his eyes in disbelief, seeing who was standing there.
玄関広間に立ちつくし、ドアチェーンをしたまま、アーサーはまばたきした。(them->then)そしてそこに立っている者を見て、信じられないといった表情で目をこすった。

"Can I help you?"
His accent surged to the front, making the words thick.
「何かご用でしょうか?」
その男を目の前にして、アーサーは、思わず語気を強めてしまったために、かえって聞き取りにくくなってしまった。

"I'm here to see Curt Wild."
The white-haired man in the expensive suit said, with contempt.
"I'm Tommy Stone."
「カート・ワイルドに会いに、ここに来たんだが……」
白髪の男は高そうなスーツを着て、人を馬鹿にした態度でこう言った。
「私はトミー・ストーンだ」

"I know who you are."
With his mouth running faster than his brain, he couldn't prevent the next words from spilling out.
"I know who you used to be, too."
「知ってます」
考えるより早く、反射的に言葉が出た。さらにその続きの文句が口をついて出るのをアーサーは我慢しきれなかった。
「あなたがかつて誰であったかもね」

"And I know all about you, Arthur Stewart."
The words were sneered.
"Let me in, or I promise you won't like the consequences."
「だったら、私も君のことなら何でも知ってるよ。アーサー・スチュワート君」
あざ笑うように、ストーンは言った。
「中に入れてくれ。さもないと君の歓迎しない結果を招くことになるよ」

With a shrug Arthur did, leading the man into the living room, leaving his bodyguards standing on the front stoop. In the living room he paused, pointing at the sofa.
"Have a seat. We'll be out in a bit."
肩をすくめるとアーサーは言われた通りにした。男をリビングルームに招き入れ、ボディガードを玄関の上がり口のところに立たせた。リビングルームに来るとアーサーは立ち止まり、ソファーを指さした。
「座りなよ。僕らはしばらくしたらまた来るから」

"I'm not here to talk to *you*."
Ignoring that, Arthur went back into the bedroom, sliding up onto the bed to wrap himself around Curt and shake him gently, whispering in his ear.
「君と話しをしに来たんじゃないぜ」
無視するかのように、アーサーはベッドルームに戻り、ベッドに滑り込むと、カートを包み込み、やさしく揺さぶった。耳元でささやきながら。

"Curt. Curt, Love, y'need to wake up now. There's someone here ta see you."
「カート、ねえ、カート、もう起きないと。君に会いたいって人が来てるんだよ」

"Tell 'em to come back."
With a mumble Curt turned over and snuggled into Arthur's chest. It was very hard for the journalist to wake him now, he loved it when his lover displayed his need for Arthur so blatantly. Hugging him close, he continued to try.
「そいつにまた今度来なって言ってやれ」
もぐもぐ言いながら寝返りを打つと、カートはアーサーの胸にすがりついてきた。このジャーナリスト男にとって、カートを今、起こすことはとても辛いことだった。アーサーはカートを愛していた。うるさいぐらいに自分を必要としてくれるしぐさを見せられて。ギユッと抱きしめながら、アーサーは再びカートを起こそうと頑張ってみた。

"It's Brian - Tommy Stone. Here to see you."
The words got the greyish eyes open and a disbeiliving stare.
「そのぉ、ブライアンなんだ。会いに来たのって。トミー・ストーン、なんだよ……」
その途端、灰色(英greyish=grayish) の目が見開かれ、信じられない(disbeiliving->disbelieving) といった表情でアーサーをじっと見つめた。

  "Brian? *Here*?!"
Jerking away from him, Curt stumbled out of bed and would have fallen if Arthur hadn't lunged to grab him around the waist.
「ブライアンが? ここに!?」
アーサーを押しのけた勢いで、カートは思わずベッドから落っこちそうになった。慌ててアーサーは手を出し、カートの腰をつかんだ。

"What the fuck does he want?!"
The anger blasted through the air like a missile, narrowly missing Arthur, who was aware that his lover was trying hard to not direct it at him.
「あの野郎、今さら何の用で来やがった?」
ミサイルのように爆発したカートの怒りから、すんでのところでアーサーは免れたが、自分に直接怒りを向けないよう恋人が無理をしているのをアーサーは見逃さなかった。

Curt pulled further away and grabbed for a pair of jeans left on the floor. His hair was tangled and wild around his face.
カートはアーサーを振り解き、床に脱ぎ捨てられたジーンズをつかんだ。乱れた髪が顔に掛かっていた。

"What are you going to do?"
Also reaching for clothing, Arthur added a shirt over his jeans, buttoning it slowly.
「どうするつもり?」
アーサーも服に手を伸ばすと、シャツをジーンズの上に羽織り、ボタンをゆっくり止め始めた。

"I'm going to get him the fuck out of my fucking house."
The snarl was nasty and Arthur looked away. It made him see Curt as he had been, that night on stage, powerful and filled with rage and then, afterward, pain. Lying on the stage gasping for air as he sobbed, the crowd screaming for more.
「くそったれ野郎を俺のヤサから叩き出してやる」
口汚くののしるカートから、アーサーは目をそらした。その光景はアーサーに思い出させたからだ。かつてのカートの姿を。ステージの上で、力強く、激しく、そして、その後は、ただただ苦痛だけが待っていたあの晩のことを……。ステージの上で這いつくばり、あえぎ、すすり泣きながら。群衆がもっとやれと叫ぶ中で。

That wasn't how Arthur liked to remember him. To think of him.
"He won. Maybe he wants to make amends."
アーサーはこんな風にかつてのカートの姿を思い出したくなかった。また、今のカートが同じようだとも思いたくなかった。
「あの男(ブライアン・スレード=トミー・ストーン)は成功した。それで、償いでもしようっていうんじゃないの」

"You don't know him."
Curt hissed, heading for the door, not putting on a shirt, the top button of his fly undone. "You don't know how he thinks."
「あいつがそんなことするタマかよ」
カートはシーッと不満の歯音をたてると、シャツも着ないで、パンツの前合わせのボタンも留めずに、ドアに向かって行った。

Following more slowly, Arthur silently agreed with that and prepared to face the worst Tommy Stone - the man who had intimidated his editor into killing a story - had to offer.
ゆっくりと後をついて行きながら、黙ったままアーサーはカートの意見を受け入れ、直面しようと心の準備をした。トミー・ストーンが - そいつは記者を脅し、記事を没にした男だが - 仕掛けてくるかもしれない最悪の事態に対して。

Standing as they entered, Stone grimaced, the expression close to a sneer.
入るなり立っている2人を見て、ストーンはしかめっ面をした。嘲りに似た表情で。

"You look like hell."
He greeted Curt, who stopped in the doorway at the words, Arthur directly behind him.
「地獄から帰ってきたみたいなツラだな」
戸口のところに立ち止まって聞いていたカートにストーンは挨拶した。カートのすぐ後ろにアーサーは立っていた。

"Fuck you."
Curt retorted, continuing in and giving Arthur a knowing look.
「このくそたれ野郎が」
言い返すとカートは部屋に入りながら、アーサーにわけ知り顔を向けた。

With his hands on his hips, Brian Slade - or Tommy Stone, Arthur was starting to feel a bit schiziod on that issue - looked them both over, his face expressionless. Ignoring that, Curt sat in his big armchair, and Arthur moved to stand behind him, a hand on his shoulder.
腰に手を当てながら、ブライアン・スレード - もしくはトミー・ストーンと名乗る男は - アーサーはこの2人が同一人物であるという事実に、多少(schiziod->schizoid)精神分裂症の傾向があると思い始めていたが - 無表情のまま、2人をながめた。ストーンを無視するかのようにカートはでかいアームチェアに腰掛けた。アーサーはカートの後ろに立ち、肩に手を載せた。

"Still the lost puppy, Curt?"
Tommy asked, rather quietly.
"Found someone else to take care of you?"
「君はいまだに捨てられた子犬なんだなあ? カート」
トミーは尋ねた、妙に落ちついた口調で。
「面倒をみてくれる誰かさんを見つけたってわけだ」

"What's it to you, *Brian*?"
The punk rocker threw back.
「貴様に何の関係がある? ブライアン」
パンクロッカーは言い返した。

"Nothing. You haven't meant anything to me in ten years. I thought you knew that."
「何も。10年前、私が君に何の興味もなかったように。そんなこと、君だって分かっていると思ってたんだがね」

"I fucking know it. And I'm fucking glad of it."
Curt snarled. Arthur put his other hand on his other shoulder, silently offering support.
「ああ、とっくに知ってたさ。そいつは俺にとっても大歓迎さ」
うなるようにカートは言った。アーサーは片手をカートの肩に置き、無言の励ましを送った。

"Good that I've got you together."
Stone continued.
「君らに会えて、ちょうど良かった」
ストーンはしゃべり続けた。

"I needed to tell you this in person. That little stunt you pulled after the concert was in poor taste, Mr.Stewart. I wanted to be sure that you realized what a bad idea it would be to try something like that again."
「このことを直接君らに言っておかなくちゃならなかったんでね。コンサートの後で君がやったちょっとした趣向だが、あれは実に下卑た趣味だったよ。スチュワート君。ああ真似をを2度とやろうなんてしないことだ。あれが、どんなにロクでもない思いつきだったか、思い知ることになると思うよ。きっと。」

He reached inside his jacket pocket and pulled out a business-sixed envelope.
"These are just the proofs. The negatives are safely locked away, in case you get any ideas."
ストーンは上着のポケットに手を突っ込み、ビジネス用6号封筒を取り出した。
「これがその証拠だ。否定的な意見は穏便なうちに封じ込める。君がどんなことを企もうとしても」

Walking the few steps to him, Arthur accepted it and handed it to Curt, leaning over his shoulder to watch as he opened it.
ストーンに2、3歩近づくとアーサーは封筒を受け取り、カートに手渡し、カートが開けるのを見ようと肩に寄り掛かった。

There were pictures of the two of them. Walking, kissing, holding hands. Nothing graphic.
"Cool."
Curt smiled.
中には2人の写真が入っていた。歩きながら、キスし、手をつないでいる写真が。どれもごく普通の写真だった(graphic=ポルノ写真)。
「こりゃ、すごいぜ」
カートは笑った。

"I knew we looked good together, mate."
He grinned at Arthur, who smiled back widely, neither of them caring that they had an audience.
「この2人って惚れ惚れするほどカッコいいよなあ」
カートはニヤッと笑ってアーサーを見た。アーサーは大口を開けて笑い返した。2人とも聴衆がいることなど全く気にもしていないかのように。

"This is not a game."
Stone snapped, angry.
"So far your privacy has been respected, but if you don't cease your investigation into my life and background, the next ones will be far more invasive."
「こいつは遊びじゃないんだぜ」
とうとう切れたのか、ストーンは怒った。
「これまでは君らのプライバシーを守ってやったが、もし君が私の生き方や素性にかかわる調査をやめないようなら、次はもっと暴いてやってもいいんだよ」

"You can see through walls, can you?"
Arthur asked, crouched by Curt's chair. His lover touched his head gently.
「あんただったら壁の向こう側だって見えたりして?」
アーサーは尋ねた。カートの椅子に身を屈めるようにして。恋人はアーサーの頭を優しく撫でた。

"I can do anything I want to."
Standing, Stone went toward the door.
"Unless you want a lot of attention, unless you want *your* sordid past the subject of talk shows and new magazines, stay out of my life."
「私が望めばどんなことだってできるさ」
立ちあがると、ストーンはドアへと向かった。
「大勢に注目されることが嫌なら、君自身の汚い過去がトークショーや新雑誌のネタにされたくないなら、これ以上私の生活圏内に近づかないことだな」

Now Curt was angry. He stood, Arthur, too, and they faced the other man.
"Get out of my home."
Curt said, voice low and dangerous.
とうとうカートは怒って立ち上がった。アーサーも立つと、2人はストーンをにらみつけた。
「俺の家から出て行け」
カートの声は低音で危険な空気をはらんでいた。

"Gladly."
With that last word the man in white turned and left, letting himself out. Arthur stood quietly, unsure, then turned to the kitchen.
"I'll make us some tea."
「喜んで」
とだけ言うと白い服を着た男は背を向けて立ち去り、家から出て行った。黙って立っていたアーサーは、ぼーっとしたまま、キッチンへと向かった。
「お茶でも入れるよ」

When he returned with two mugs hot from the microwave, Curt was still just sitting in the chair. The pictures were on the floor beside him.
アーサーが電子レンジから熱いマグカップを2つ持って戻ってくると、カートはまだ椅子に座り続けていた。床の上に写真をぶちまけたまま。

"Here, love."
Handing one to him, Arthur continued to stand, sipping his own. Curt just held it, eyes half-closed, his face oddly blank.
"Are you alright?"
「はい、カート」
一つをカートに手渡すと、アーサーは立ったまま、自分の分をちびちび飲んだ。カートはというと、マグカップを手に持ち、目を半開きにして、妙にうつろな表情をしていた。
「大丈夫?」

"Should I be?"
The weariness in that tone frightened Arthur, but before he could move to offer comfort once again, Curt looked at him, his eyes soft and sad.
"Arthur, don't."
「俺が参ったとでも?」
弱々しい声にアーサーは驚いた、が、アーサーがもう一度慰めようと動き出す前に、カートが自分を見つめているのに気が付いた。その視線は穏やかだったが悲しげだった。
「アーサー、やめろ」

"Don't what?"
He asked, although he was fighting himself to resist the urge to drop to his knees, to gather the other man close and hold him tightly. Anything Curt wanted, he'd give it to him, and sometimes, when he was away from Curt, knowing that frightened him.
「やめるって、何を?」
アーサーは尋ねた。跪いて、もう一方の男(カート)に近づき、思いきり抱きしめたい衝動をどうにかして押し殺しながら。カートが望むどんなことも、アーサーは与えたかった。時々、一人になるとアーサーは脅えさえするのだった。カートのためならどんなことでもしてしまうにちがいない自分自身に。

"Don't look at me like that."
Curt sighed, and set the mug down.
"Don't offer me your soul. Your life. You can't let me take everything you have."
「そんな風に俺を見るな」
カートは溜息をつき、マグカップを置いた。
「魂まで俺に捧げないでくれ。お前の人生なんだぞ。お前からすべてを奪わうような真似を俺にさせるつもりか」

"I want you to have it."
Setting aside his own tea, Arthur did go to his knees, slowly, one hand on Curt's thigh, laying his head on the denim beside it.
"I would give you anything you asked for. You know that."
「僕がそうしたいんだ」
自分のお茶を脇に置くと、アーサーはカートの膝に近寄り、ゆっくりと、片手をカートの太股に置き、頭をその手の脇である、ジーンズに包まれた同じ太股の上に載せた。
「僕は君が望むものなら何でもあげる。分かってるよね」

"Yeah."
Husky, Curt's vocie shook, and his hand settled onto Arthur's head, stroking tenderly.
"I know. It scares the shit out of me, mate. I can't give it back. I don't want to spend my life taking from you. I'll suck you dry - I need too much."
「ああ」
かすれ気味に、カートは声(vocie->voice)を震わせ、アーサーの頭の上に手を置き、優しく撫でた。
「分かってる。だけども、それが俺をびびらせるんだよ。俺はそれに対して何の見返りもできない。お前から奪ってまで生きていたくない。このままじゃ、俺はお前を吸い尽くしてひからびさせちまう。余りに多くを求めすぎて」

Pressing his body closer, wrapping his arm around the leg that cushioned his cheek, Arthur didn't turn his head to look at Curt, only breathed deeply to calm the sudden fear that rose in him.
体をぴったりと押しつけ、頬を載せているカートの脚に腕を回したまま、アーサーは顔を上げようとしなかった。カートから目を背け、心に浮かんだ突然の恐怖を和らげようと深く息をするのがやっとだった。

"I don't mind."
"Maybe you should."
Leaning over, Curt tugged at him and pulled until Arthur came off the floor and into the chair, until he was sitting across Curt's lap.
「それでもいい」
「いいわけないだろう」
椅子にもたれたまま、カートは力一杯アーサーを引っ張りあげ、椅子に座わらせた。カートの腿の上にまたがるように。

A little awkward, feeling a trifle ungainly, but held close by muscular arms and with his head tucked firmly into the hollow of Curt's shoulder and held there by one strong, calloused hand while the other petted his short dark hair.
ややぎこちなく、多少の(a trifle=a little)カッコ悪さを感じながらもアーサーは、筋肉質の腕にしっかりと抱きしめられていた。カートの肩のくぼみに頭をぴったり押しつけたまま、強く、硬い手で抱きしめられていた。もう片方の手でその短くて黒い髪の毛を愛撫されながら。

The amount of comfort he took in the embrace was enlightening. Settling deeper into it, he sighed as he readjusted his preconceptions; apparently Curt needed to be the strong one occasionally too. That was good, it made them a more balanced pair, and he certainly felt the need to lay down that burden once in a while.
抱擁によって思いがけないほど慰められたアーサーは、おかげで自分も慰められていいのだということを教えられた気がした。より深くカートの抱擁の中に身を任せると、アーサーは溜息をついた。自分が抱いていた先入観を建て直そうと。はっきり言って、時にはカートだって強い男を演じてもいいのだ。それはいいことだった。そうすれば2人はもっとバランスのとれたカップルになるし、自分一人で負担していた重荷を時々は降ろすべきだと、アーサー自身も思い知らされたから。

  Curt petted him, and stroked him, his fingers rough on Arthur's face, and hummed a raspy tune under his breath, something Arthur vaguely recognized but didn't care enough to ask about.
アーサーにちょっと触れるとカートは、さらに丁寧にアーサーを愛撫し、ざらざらした指でアーサーの顔を撫でながら、しゃがれ声でささやくように(under his breath=in a whisper or a low voice)鼻歌を歌っていた。アーサーは内心、何かもやもやしたものを感じていたが、なぜそう感じるのかあえて尋ねる気にもなれなかった。

It had been a long night. He hadn't slept much. Now he drifted, drowsy, feeling the arm of the chair cutting into the backs of his thighs, and his legs going to sleep, but it wasn't worth moving over. Though eventually it became unpleasant and he shifted, waking himself.
昨日の夜は長く感じ、アーサーはあまり眠ってはいなかった。今もアーサーはまどろみ、眠たいまま、太股の後ろに椅子の腕の角が当たって、脚が痺れるのに気付きながらも、かといって、動く気にもなれなかった。しまいには、どうにも辛抱しきれず、姿勢を変えようと、身を起こさなくてはいけなくなるまで。

"What are we going to do about that?"
Arthur waved one hand at the pictures.
"Nothing. I wasn't planning on doing anything anyhow. All he's done with this is piss me off."
「どうしたらいい、これ?」
アーサーは手で写真の方を示した。
「どうもしないさ。何をどうしようなんて気はねえよ。あの野郎のやることなすことには、もううんざりだ」

"I had actually had some ideas..."
Shifting again to meet Curt's eyes, Arthur saw the sadness there again, the well of it immeasurabley deep, and he changed thought mid-sentence.
"But I decided they weren't worth pursuing."
「実は、僕には思うところがあって……」(例えば写真をカートの家族に送ってあげるとか)
カートと目を合わそうと元の姿勢に戻ると、アーサーは再びその瞳が悲しみに曇っているのに気が付いた。その瞳の水底(well=泉)は果てしなく(immeasurabley->immeasurably)深く、言い掛けたもののアーサーは途中で気が変わった。
「でも、これ以上関わらないほうがいいよね」

"I know you already."
Curt grinned, holding Arthur's face with both hands.
"You were going to say something else."
「お前のことなら俺はよく知ってるんだぜ」
カートは笑い、アーサーの顔を両手で抱えた。
「お前、何か他のことを言いかけてただろう」

Feeling revealed and not minding it so much, Arthur shrugged.
"For another time, Love."
見透かされたような感じがして、写真のことなど気にしていないかのように、アーサーは肩をすくめて見せた。
「それはまた別の機会に……ね」

"Yeah."
Bringing his face closer, Curt whispered against his lips.
"Give us a couple of months, then we can talk about it."
He kissed Arthur, deeply, his tongue probing his lover's mouth. Thier hands tangled as they began to pet and touch, nipples hardening, and their bodies squirmed together, trying to find the best position in the chair.
「そうだな」
顔を近づけ、カートはアーサーの唇のすぐ側でささやきかけた。
「1か月もすりゃ、話す気になるさ」
カートは濃厚なキスを仕掛けてきた。愛しい男の口の中のすみずみを舌で探るような。2人の(Thier->Their)手が絡み合い、愛撫し合い、触れ合った。乳首を硬くさせ、のたうち合った。椅子の上で一番具合のいい位置をさぐり合いながら。

  "Here, here, wait, wait."
Curt gasped breathlessly, standing, actually lifting Arthur for a moment, using the momentum of his lunge upward to turn and set the other man in the chair before straddling him, stripping Arthur's jeans down to his knees, then wriggling completely out of his own, leaivng him nude and Arthur half-dressed.
「おい、おい。待てよ、待てったら」
カートは息をきらせて喘ぐと、立ちあがった。そのため(またがっていた)アーサーを一瞬持ち上げる恰好になってしまったが、そのはずみにアーサーの向きを変えさせると、椅子に押し倒して、上からまたがった。アーサーのジーンズを膝まで脱がせると、体をくねらせて自分のパンツもすっかり脱ぎ捨て、真っ裸になった(leaivng->leaving)。が、アーサーは全部脱がさずにおいた。

"There!"
Curt gasped explosively, on his knees over Arthur, using one hand to steady the other man's cock while he began to lower himself onto it with a grunt.
「さあ!」
感情が爆発したかのようにカートは喘いだ。アーサーに覆い被さるように跪き、相手の男(アーサー)の股間のものをしっかりと片手で支えた。カートがそれを受け入れようと身を沈め始めると、沈痛な声が漏れた。

"Curt - condom -"
Grabbing his hips, Arthur tried to still the movement and Curt growled, frustrated.
「カート、コンドーム」
アーサーはカートの尻をつかんで阻止しようとした。カートは欲求不満の余り、うなり声を上げた。

"Not *now*, Arthur. We're both clean, I'm not going to screw around on you..."
No chances, not anymore, not ever... The thought bounced around Arthur's skull - but Curt's ass was tight around the head of his cock and Curt was barely holding himself back, panting harshly against Arthur's neck, making little pleading noises that begged for this, and the noises became soft words, heavy with need.
「今さら必要ないだろ、アーサー。お互い、クリーンじゃないか。俺はお前以外の誰とも浮気(screw around〜=〜不特定多数とセックスして遊ぶ)なんかしない」
危険は(chances=risks)は犯してはならない、これからも、今までも……アーサーは頭ではそう思っていた。だがカートの肛門はアーサーの鬼頭を締め付け、アーサーに制止されたカートは、アーサーの首にすがるように、荒々しく喘ぎながら言った。そうしてほしいと小声で嘆願するかのように。やがて荒々しい声は優しい口調に変わり、あまりの切実さにむしろもの悲しげに聞こえるほどだった。

"Please, mate, please, love, just once, just this once, I want to feel you, I love you..."
「お願いだ、なあ、お願いだからアーサー、一回だけ、これっきりだから、お前を感じさせてくれ、愛してるから」

And Arthur arched upwards, forcing his cock in another inch or two and Curt made that high-pitched keening sound that was such a glorious mixture of pain and pleasure and then Arthur was inside him, bare, and it felt like it had the first time, so incredible that he couldn't begin to grasp the concepts to describe it.
とうとうアーサーは腰を持ち上げ、もう1、2インチ奧にペニスをねじ込んだ。カートは短い間隔で泣き叫ぶような声を上げ続けた。苦痛と歓喜が燦然と混じり合ったかのような声で。アーサーはカートの中に入っていた。ナマのままで。まるで初めてセックスするかのような感覚に驚いたアーサーは、今のこの快感をどう表現したらいいか分からなくなっていった。 

He just held on while Curt rocked over him, Curt's hands gripping the back of the chair, Curt's dick leaving a sticky wet trail over Arthur's shirt, Curt himself moaning, head thrown back, hair dangling, eyes closed, arms rigid, sweat rolling.
アーサーはじっとしていた。カートがアーサーの上で体をリズミカルに動かしている間。カートの手は椅子の背もたれを握りしめ、べとべとに濡れたペニスはアーサーのシャツにシミを付けた。カートはうめき、頭を後ろに投げ出し、髪の毛をだらりとさせ、目を閉じ、腕に力を込め、玉のような汗を流した。

  He took Arthur deeper and deeper and Arthur could only twist and writhe, there wasn't enough room or leverage for him to get a rhythm going, Curt was in charge here and it felt so good...
カートはもっと奧へとアーサー自身をくわえ込んだ。アーサーは身をよじり、ただ身悶えするしかなかった。体をリズミカルに動かすための隙間もなく、反動も利用することもできないまま。ここではカートが主導権を握っていたが、それがかえって快感を増した。

"So fucking good, you feel so good inside me..."
Curt growled, echoing Arthur's thoughts and Arthur forced his eyes open to look up at him and Curt was smiling down at him, a blissful, goofy smile that made him look young, and Arthur wanted to smile back but all he could so was bite his lip and moan and thrash a bit, his hands tighter on Curt's hips, fingers biting into soft skin, bruising.
「すごいぜ、お前も俺の中で気持ちいいよな」
カートはうなるように言った。アーサーと同じ事をカートも感じながら。アーサーがカートを見上げようと目を見開くと、カートは自分を見下ろして微笑んでいた。この上なく幸福で、惚けたようなカートの笑い顔はまるで少年のようだった。アーサーは思わず微笑み返してやりたい気分にかられたが、今のアーサーには唇を]み、うめき声を上げ、かろうじてのたうち回ること以外のことはできそうになかった。アーサーは両手でカートの腰をしっかりと抱き締め、柔らかな肌に跡が残りそうなほど指を食い込ませた。

"C'mon, babe, do it for me."
The singer urged, panting, rocking harder, picking up the pace. With a happy groan Arthur did, pumping into Curt's body with abandon until he sagged, unable to move, boneless and sated.
「来いよ。行かせてくれ」
歌手はせき立てた。喘ぎながら、激しく腰を揺すりながら、動きを早めながら。喜びの叫び声を上げながら、アーサーは犯した。カートの体の中で抽送を繰り返しながら。思いのままに(with abandon=奔放に)。へとへとで動けなくなり、十分満足してぐったりするまで。

  Curt slipped free and went to his knees in front of the chair, stripping off the confining jeans and lifting Arthur's legs over his shoulders almost in a single movement, wetting his hole thoroughly with his tongue, fucking it gently while Arthur shivered and moaned, the aftershocks rattling through him.
カートは身をほどくと、今度は椅子の真正面からアーサーにひざまずき、窮屈なジーンズを脱がせ、アーサーの脚を一息で肩に担ぎ、アーサーの尻の奥まったところを舌で丹念に湿らせた。そこを舌で優しく穿つと、アーサーは身を震わせ、あえぎ、痺れるような快感がアーサーの体の中に走った。

There was a touch to his stomach, then an insistent pinch and he looked down to see Curt staring up at him from between his spread thighs and he nodded lazily, giving permission and Curt surged upwards and slowly entered him and Arthur lay back in the chair, wantonly spread, arms flung outwards, and accepted the pounding his lover needed to give him.
お腹のあたりに何かが触れると、アーサーは強烈につまみあげられた。見下ろすと押し広げられた太ももの間から自分を見上げているカートの目と出会った。アーサーはものうげに、許可を与えるようにうなずいた。急に立ち上がるとカートはゆっくりとアーサーの中に挿入した。アーサーは椅子に頭を投げ出すように寝そべり、思いきり体を開き、両腕を大きく広げ、そして激しく打ち込んでくる愛しい男が自分に与えたがっているものを受け入れた。

It seemed to go on forever, Curt with his eyes half-closed, his hands under Arthur's ass, holding it up, holding it open. The fluid lunge and withdraw of his rhythm drowned out everything else; the room, the time, the day. Nothing mattered but Curt and Curt's cock and the soft sounds he made, sounds of animal pleasure, low and deep and moving.
それは永遠に続くかのように思われた。目を半開きにしたまま、カートは両手をアーサーの尻の下にあてがい、つかみ上げ、押し開いた。繰り返される(fluid=continuous)リズミカルな抽送がすべてを消し去った、部屋の中の、その時の、そして、今日、一日の。すべてがどうでも良くなっていった。カートとカートのペニスが繰り返す動作の中で立てる甘い音色と獣のようなどっしりとした低音の喜びの啼き声以外は。

When his lover finally arched and shuddered, biting his lip, then collapsed onto him, spent, Arthur wrapped his arms around that smooth, muscled back and held on, feeling as if they had made love for the very first time. They had connected, more deeply than ever before.
恋人はついに体を弓なりにそらし、唇をかみながら身体を痙攣させた。そして崩れるようにアーサーに覆い被さり、だらりとした(spent=射精してくたくたになった)。アーサーはカートのなめらかで筋肉質の背中に腕を回し、抱きしめた。まるで2人は初めてセックスし合ったかのように。2人はつながり合った。より深く、今まで以上に。

A shower was necessary, but after it they crawled back into bed and this time Curt held Arthur, cradled him close and Arthur felt like the boy he had been, so excited but afraid, too, nervous and unsure. Now the memory of those feelings was comforting, and he sighed and snuggled closer and smiled when Curt kissed his cheek.
シャワーを浴びるべきなのだろうが、2人はその後、這うようにしてベッドまでたどり着いた。今度はカートがアーサーを抱き、あやすように揺すった。アーサーは自分が少年になったかのような錯覚を覚え、ひどく興奮していた。しかし、何か怖いような、臆病な、不安な感覚にも襲われていた。しかし、それらの感覚の記憶も、今では和らぎつつあった。アーサーは溜息をつき、ぴったりカートに寄り添うと、頬に口づけし、ニッコリと微笑んだ。

"Whot are we going to do today?"
The words broke his reverie and he just snuggled that little bit closer.
"Can't lay in bed all day like a lump."
「今日、これからどうする?」
カートの言葉がアーサーを空想の世界から引き戻した。アーサーはぎゅっと身を擦り寄せた。
「バカみたいに一日中ベッドの中で寝ているわけにいかないよな?」

Curt continued, and there was a new tension in his body.
"My mom used to say that. She'd drag me out of bed in the summer and set me to cleaning or mowing the lawn or something. Said that lying in bed made a person lazy."
カートはしゃべり続けた。再び活力が体に甦ったようだった。
「俺のおふくろがよく言ったよ。夏になると俺をベッドから引きずり出し、掃除とか芝生刈りとか、何かしらさせたもんさ。寝てばかりいると怠け者になるぞって」

Tentatively, afraid of breaking the mood, happy to hear Curt speak of his family, Arthur clung tighter and kissed the chest beneath his face before venturing a comment.
"I only know what the rumors said..."
アーサーは言うのをためらっていた。今のいい気分、カートが家族のことを話すなどという幸せな気分を、台無しにしてしまうのではないかと心配して。が、アーサーはべたべたカートにまとわりついて、胸にキスし、それから思い切って次の言葉を言った。カートの顔の下に顔をうずめて。
「噂の範囲でしか知らないんだけど……」

"Mostly they were true."
Using both hands Curt pulled Arthur up even with himself so he could meet his eyes. Curt's were sad, but calm, in a way Arthur hadn't seen before.
「ほとんど本当のことさ」
自分自身と同じ高さになるよう、カートは両手でアーサーを引っ張り上げた。アーサーの目がよく見られるように。カートの目は悲しげだったが、アーサーがかつて見たこともないほど穏やかだった。

"The part about my brother was true. He didn't force me, like. And the shock treatment. After I got out, ran away, Mom begged me to come back, promised to help me, but by then I was already hooked on smack and didn't much care. Later they refused to take my calls and sent back money and letters. I suppose I embarrassed them."
「兄貴に関する部分は本当さ。あいつは無理強いはしなかったけど、それに近いことはしたよ。だからショック療法されたんだ。治療の後、俺は家出した。おふくろは戻ってくれって頼んだよ、俺を助けたいってな。でもその頃にはとっくに(smack=ヘロイン)ヘロインにはまっちまって、俺は真剣に取り合わなかったんだ。後になるとあいつらは俺からの電話を拒むようになり、金や手紙を送り返してきた。俺はあいつらにとって厄介者だったんだろう」

He was silent for a few monutes and Arthur kissed him tenderly, his fingers running through the dark blond hair, untangling snarls left from the athletic lovemaking.
カートはしばらく(monutes->minutes)黙っていた。アーサーはカートに優しく口づけし、指でその暗いブロンドの髪の毛を梳いた。激しいセックスのせいでもつれてしまった髪の毛をほどくように。 

"When Brian dumped me I tried one more time and my Dad hung up on me. I sortof know where my sister is, even talk to her once a year, about, whenever I feel really lonely and desperate. But I haven't tried to talk to the others since then."
「ブライアンにお払い箱にされた時、もう一度電話してみたんだ。でもオヤジが切っちまったよ。姉貴の居場所なら知ってたんで、年に一度くらいは話しをしてるんだ。俺がホントに寂しくて参っているときにな。でもそれ以来、俺は他の奴等と話したいと思ったことはなかったよ」

"Have you wanted to?"
Lifting on an elbow, Arthur looked down into Curt's face and saw the tears ready to flow.
「本当は話したかったの?」
肘をつくと、アーサーはカートの顔を見下ろした。涙が今にもこぼれ落ちそうだった。

"I thought - if I got cleaned up, y'know, cleaned up my fucking act, and, maybe, tried to be normal - not straight, I could never be straight - but close to normal, maybe they'd talk to me again."
「考えたんだけど、もし俺がちゃんとしたら、っていうか、もうしょうもないことをしないようになったら、もしかして、頑張ってまっとうに暮らそうとして、だからといってノンケになるつもりはないぜ。俺は絶対にノンケにはなれないんだ。でも少しでもまともな生活を送るようになれば、あいつらだって、多分、俺とまた話がしたいと思ってくれるんじゃないかな」

"Do you want to try?"
Quietly, Arthur asked, touching Curt's face gently, stroking his cheek.
"I'll be there for anything you want to do."
「そうしてみたい?」
静かに、アーサーは尋ねた。カートの顔を優しく手を触れながら、頬を撫でながら。
「ずっと側にいるから。君がしたいならどんなことでも手伝うから」

"What about your folks?"
Changing the subject, Curt reached up and mirrored the touch and Arthur closed his eyes.
「お前の家族はどうしてるんだ?」
話題を変えると、カートは手を伸ばし、アーサーの顔に触れ、アーサーのしぐさを鏡のように真似てみせた。アーサーは目を閉じた。

"Me da passed away a while back. I talk to my mum a couple of times a year, but I haven't been back to see her. She has a nice life, and I know she loves me. But it's hard."
「僕の父さんはちょっと前に死んだよ。母さんとは年に2、3度くらいは電話するかな。でも長い間合ってない。母さんはいい人生を送っているし、僕を愛してくれているけど、会うのは難しいだろうな」

"Seems like everything is."
Curt sighed, pulled Arthur down on top of himself, spreading his legs to make room for him and holding him gently.
「(人生は苦悩に満ち)望むものを手に入れることは(困難に)見えようとも……」
カートは溜息を付いた。アーサーを自分の体の上に載せると、脚を広げてアーサーの体を横たえ、アーサーを優しく抱きしめた。

"Everything worth having."
Arthur replied, laying his head on the broad shoulder.
"So, are we going to waste the day in bed?"
"We could go to the home store and choose paint for the living room."
Arthur suggested, a smile breaking out, teasing his lover.
「価値あるものを手に入れるのは困難であろうとも、手に入れる努力をするだけの価値はある……ってね」
代わりに答えると、アーサーは頭をカートの広い肩の上に載せた。
「で、このままベッドで一日無駄に過ごすのか?」
「日用品店に行って、リビングルーム用のペンキを選ぶこともできるのに」
そうアーサーは提案すると、思わず吹き出した。恋人をからかうように。

"I was thinking wallpaper..."
Curt responded, giving him a rough hug.
"Cool. Okay. We can do that. It's a plan."
「俺は壁紙にしようと思ってたんだ……」
返事しながらカートはアーサーを荒々しく抱きしめた。
「いいじゃなか。よし。そうしよう。そういう計画だったんだ」

"You'll have to let go of me, Love."
"In a minute."
Closing his eyes, Curt nestled his head into Arthur's neck.
"In a minute or two, alright?"
「なら、行かないと、ねえカート」
「すぐにな」
目を閉じて、カートは顔をアーサーの首にうずめた。
「もう2、3分してからでいいか?」

"Whatever you want, Love."
Arthur sighed, feeling the warmth below and around him, Curt's warmth.
"Whatever you need."
「君が望むなら何だって」
アーサーは溜息を付くと、下半身や体全体を取り巻く暖かさを感じた。カートの暖かさを。
「君に必要ならどんなことだって」

There was no more mention of families for the rest of the day but that evening, when they had finished putting the paper - cream colored with a fine navy blue pinstripe alternated with strings of tiny blue roses, green vines and leaves - up on one wall, they sat down to a pizza and he saw Curt eying the phone and leaned over the coffee table, because they were sitting on the floor to eat, and kissed him once, just because and the phone stayed where it was, on the table beside the envelope with the pictures that they hadn't decided what to do with either.
その後、その日のうちに、互いの家族のことをこれ以上話すことはなかった。だが、その晩には2人で壁紙を貼り終わり - 壁紙はクリーム色で、きれいなネイビーブルーのピンストライプに小さな青いバラと緑のブドウとその葉っぱの蔓が互い違いになった柄だったが - 2人はピザを床に置いて座った。電話の方を見つめているカートの姿を眺めながら、アーサーはコーヒーテーブルに寄り掛かっていた。2人は床にじかに座って食べていたから。アーサーはカートに一度キスした、ただそうしたかったから。電話はそれがもともとあった場所であるテーブルの上にあったし、その脇には写真が入った封筒が置いてあった。2人はそれをどうするか決めかねていた。

And that night they simply slept together, needing the closeness and not wanting to disrupt the mood with sex. Arthur held Curt and watched him sleep and pondered that this had become one of his favorite pasttimes, odd as it might seem.
やがて夜が来て、2人は一緒にただ眠った。ただ身を寄せ合っていたかったから。セックスで今の気分を壊してしまいたくなかったから。アーサーはカートを抱え、眠っているのを眺めながら、つくづく思った。こうやって過ごすのが、自分には一番の楽しみなの(pasttimes->pastimes)だと。たとえそれが普通の人と違っているとしても。

he worried silently that there would be repercussions from the morning's confrontation, Curt had been entirely too calm about Ston'e visit and threats, but Arthur decided that he, himself, was cowardly enough to be grateful for this calm before the storm that he knew would come.
黙ったままアーサーは心配していた。朝の対決で何かしっぺ返しがあるんじゃないかと。ストーンが不意に現れようが(Ston'e->Stone's)脅そうが、カートはまるで動じなかった(平静さを保っていた)。なのに自分はといえば、来るべき嵐の前の今のこの静けさ(平静さ)にただただ感謝するだけの、てんで臆病なヤツだったじゃないかと。

After only a couple of months he knew Curt so well it would have frightened him, if he didn't want it so badly.
たった2、3か月の間に、カートのことについて、アーサーは随分多くのことを知ることになった。アーサーを戸惑わせるほどだったが、アーサーは後悔してはいなかった。

Eventually he slept as well and both men suffered no dreams that night.
最後にはアーサーも眠りに落ちた。そして2人とも、その夜の夢に苦しむことはなかった

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、原文を推薦していただきました鳩三礼様、英語表現を解説してくださったKamen様に深く感謝いたします。今回も原文の行間を補うために独自の解釈を僅かに加えています。


フロントページに戻る