訳者注
この作品は「Freedom」シリーズの続きです。シリーズの原文はこちらを、対訳の最初のシリーズはこちらををクリックしてください。

Curt's Main Man
「カートの唯一の、そして、最後の男(Main man=ボーイフレンド、人生で最も大切な男)」

By Saraid
サレイド著




"Hey, slug-a-bed."
「おい、起きろよ、このぐうたら野郎(slug=ナメクジ、怠け者)」

"Mrphm." Turning over and clutching a pillow to his chest, Arthur tried to ignore his lover's voice, but Curt bounced on the bed beside him, making it jostle. Arthur pulled the pillow over his head, holding it there with both arms.
「うんんーっ」
胸にしっかりと枕を抱えたまま寝返りを打つと、アーサーは恋人の声が聞こえなかった振りをした。が、カートはベッドの上で飛び跳ね、傍らのアーサーを枕ごと押しつぶそうとした。アーサーは枕を頭の上から被り、両手でギュッと抱え込んだ。

  "C'mon, lover, it's a beautiful day, let's be outside. It's early, there won't be anyone else around..." The husky voice dropped and the second half of the sentence was whispered into his ear as Curt burrowed under the pillow with him, lying alongside him, an arm around his waist.
「なあ、アーサー。ゴキゲンな天気だ。出掛けようぜ。まだ朝早いから周りにゃ誰もいないしよぉ……」
ハスキーな声が零れると、その後の言葉はアーサーの耳元に直接注ぎ込まれた。カートは枕の下に潜り込み、傍らに寄り添った。片腕でアーサーの腰を抱きかかえるようにして。

"Why don't we just stay in, then?" Arthur turned his head to ask, and found himself only inches from Curt's smiling mouth.
「2人っきりがいいなら、何でこのまま家にいちゃいけないのさ?」
クルリと頭をひねってアーサーが尋ねると、あとほんの数センチのというところまでカートの微笑む唇が迫ってきていた。

"Because it wouldn't be the same." The other man said, flinging the pillow aside and gathering Arthur up for a deep, hungry kiss. "I have a plan for today."
「(注:まだ朝早いのでどちらも2人っきりになれるが、家に居るのと出かけるのとでは)気分が違うだろう」
そう言うと男は、枕を脇に放り投げ、強烈な貪るようなキスを仕掛けて、アーサーを奮い起こした(gather+目+up=勇気などを奮い起こす)。
「今日はちょっとした計画があるんだ」

"A plan?" Grinning rather goofily, Arthur gazed up at him as he was rolled to his back and Curt covered his Arthur's body with his own, fingertips just grazing the dark-haired man's chin.
「計画だって?」
鳩が豆鉄砲を喰らったような顔で笑うと、アーサーは仰向けに倒れたままカートを見詰めた。カートはアーサーの上に覆い被さり、指先で黒髪の男の顎に軽く触れた。

"Yeah. We're gonna go for a walk and when we get back I'm going to use the phone."
「ああ。ちょっとそこいらを散歩して、戻ってきたら電話しようと思ってさ」

"The phone?" still bleary after their rambunctious activities of the night before, it took Arthur a moment to understand the importance of the words. Then he remembered what had happened over a week ago and half-sat, reaching for his lover, to hold Curt as tightly as Curt was holding him. "Are you sure?"
「電話だって?」
夕べのご乱行のせいで未だに目の前がボンヤリしていたアーサーはその言葉の意味がすぐに飲み込めなかった。が、ようやく1週間前に起こったことを思い出すと、アーサーは座り直し、恋人へと手を差し出し、カートを力一杯抱き締めた。カートがアーサーを抱き締めるのと同じくらい……。
「本気なのかい?」

  "What's the worst they can do? I think the shock treatment was pretty much the limit there." Giving him a quick, brutally hard kiss that belied his apparent calm, the blond man freed himself and rolled off the bed. "You've gotta be at work this morning, hurry your ass up."
「今さら何が怖いってんだ(can do their worst=何があっても平気だ)? あそこで受けさせられたショック療法よりひでえ(the limit=口語:我慢できぬほど腹立たしいもの)もんは無えだろうよ」
間髪置かずに、穏やかな外見を裏切るような粗野で激しいキスをアーサーに与えると、その金髪の男は抱擁を振り解き、転がるようにベットから降りた。
「今朝は仕事に行かなきゃいけないんだろう? サッサとケツを上げな」

"Do you want me here when you do it?"
「電話する間、ここにいてほしいかい?」

Pausing in the doorway, his eyes wide with well-concealed fear, Curt shook his head.
ドアに行きかけていた足を止め、不安を巧みに隠したまま目を大きく見開くと、カートは首を振った。

"Walk with me. Hold my hand." He flashed a trademark grin that faded quickly. "Then go to work and I'll do it by myself."
「一緒に歩いてくれ。で、手を繋いでくれよ」
カートはいまやトレードマークとなっている独特の笑みを浮かべた。が、それはたちまち掻き消えてしまった。
「そしたら仕事に行け。俺は自分一人でケリをつけたい」

  Climbing out of the bed more slowly, Arthur nodded, unsure what to say. He didn't want to push Curt into doing something that would hurt him. Especially so soon after the humiliating visit from Tommy Stone. Actually, he was still waiting for an explosion over that one. Everything he'd learned about Curt over the past few months had taught him that his lover was volatile, which he had known, and that he tended to respond to fear and pain by lashing out, which was understandable, given his history. But waiting for it was wearing on Arthur's nerves.
依然としてノロノロとした動作でベットから降りた(climb out of=…からよいしょと出る・降りる)アーサーはどう答えたらいいか分かず、ただうなずいた。アーサーはどんなことであれカートを傷つけるようなことを無理強いしたくはなかった。とりわけあのトミー・ストーンの卑劣極まる訪問を受けた直後とあっては……。実際、アーサーは気が気ではなかった。例の件に対して、いつカートの怒りが爆発するのかと(注:このexplosionの主体はカート)。アーサーがこの数ヶ月の間、カートに関して学んだ経験から悟ったことだったが、自分の恋人は激しやすい男であり、それはアーサーも前から知ってはいたのだが、恐怖や苦痛に晒されるとつい過激な(lash out=怒りを放つ・乱暴に襲い掛かる)反応をしがちな男であった。それはカートの過去を鑑みれば(given=…を仮定すれば)容易に理解できる行動だった。だが嵐をただ待っている(の予感に怯える)だけの日々はアーサーの神経を苛立たせていた(wear on=人の神経をいらだたせる)。

Maybe this time it wouldn't happen. Curt seemed to have come to grips with Brian's betrayals, all of them, and had made an effort to laugh off the threats his ex-lover had brought into their home. It wasn't like any of the pictures were revealing or anything. Or even that they were planning to do anything to prompt Stone to publicize them. It didn't really feel like blackmail when you weren't going to do it anyhow.
多分今回は同じ愚を繰り返さないだろう。ブライアンの裏切りや何もかもに対してカートは真っ向から対決する(come to grips with=問題などに真剣に取り組む)覚悟だったし、2人の愛の巣の中に昔の男がどんな脅しを持ち込んで来ようとも一笑に付するよう努めていたからだ。写真なんかじゃ(2人の仲が)バレたりするわけがない(It is not like that=というわけではない)。それに自分たちだってストーンを焚きつけてわざわざ(2人の仲を)世間に公表させるなんて愚かなことをするわけがない(It wasn't likeの省略)。どのみちこっちが何かするつもりが無い時には実際、脅迫されているとは感じないものだ。

A quick shower and shave, then he was dressed and Curt was waiting outside on the stoop. A couple of doors down one of their upwardly mobile neighbors, a friendly fellow named John, waved at them, then kissed his small daughter goodbye and headed off for Wall Street or wherever it was he made his yuppie money.
慌しくシャワーと髭剃りを済ますと、アーサーは身支度を整えた。カートは戸口の階段のところに佇んでいた。2部屋向こうに住む、上昇志向の強い(upwardly mobile=成功への野心がある)隣人たちの一人で、気さくな男であるジョンがアーサたちに手を振った。そして小さな愛娘にお別れのキスをすると、ウォール・ストリートかもしくはヤッピーが金を儲けられるどこかへと向かった。

"Good article, Arthur!" He shouted as he climbed into his car, and Arthur waved back, bemused. He hadn't been here long before he started learning the names of the neighbors, greeting them, trying to be friendly. Curt had lived here for nearly five years and hadn't known any of them. Another symptom of the reclusive shyness he hid so well, Arthur knew.
「いい記事だったよ、アーサー!」
車に乗り込みながらジョンは叫んだ。キョトンとしたままアーサーは手を振り返す。ここに移り住んでからまだ日が浅く、隣人の名前を覚えたてのアーサーは、皆に挨拶し、努めて友好的であろうとする。が、カートは5年近くここに住んでいるというのに誰一人覚えようとはしない。カートは巧みに隠しているつもりだろうが、アーサーには分かっていた。こんなところにも隠遁者めいたカートの人見知りぶりが表れているのだと。

"Bakery." Curt said firmly, grabbing Arthur's hand in his own and holding it tightly as they started to walk. In this upper-class suburb, in the process of gentrification, they could do this without anyone commenting. It was beginning to feel like home and Arthur was starting to be happy here.
「パン屋に行こうぜ」
キッパリとした口調で言うとカートは、アーサーの手を直につかみ、ギュッと握り締めると、連れ立って歩き出した。郊外の高級住宅地であるこの土地は、高級化が進行し、こんなことをしても近所の噂になることは無かった。我が家のように感じつつあったし、この土地でアーサーは幸せを掴みかけていた。

A half-dozen chocolate sour cream cake donuts later and they were almost back at the house. Arthur sipped milk from a carton while Curt chugged cola with his sugar, making Arthur wince. The blond was going to be hyper-buzzed.
半ダースのチョコレート・サワークリーム・ケーキドーナツ(注:ケーキドーナツ=ドーナツにトッピングしたもの)を買った2人は、ほとんど家に引き返してしまったも同然だった。アーサーはカートンから直に牛乳をガブ飲みするし、カートは砂糖と一緒に一気飲みしてアーサーの顔をしかめさせた。(注:大量のカフェインと砂糖のおかげで)金髪の男はハイ状態(buzzed=酔った)寸前だった。

At the door Curt stopped, turning to him.
戸口のところで立ち止まるとカートは振り向いてアーサーに言った。

"Go to work."
「サッサと仕事に行けよ」

Hesitating, Arthur stepped up a step, which still left Curt one above him, and taller than he. Tilting his face, he invited a kiss.
ためらいがちにアーサーは階段を上った。が、もう後1段残っていたので、カートのほうが背が高くなっていた。顔を仰のかせるとアーサーは、キスを促した。

  "This is what ye want?" He asked, seeing the worry in his lover's eyes.
「こうしたかったんだね?」(注:ye=youの文語または一部地域での方言。前者はロマンチックな表現を意図する時使うので、ここでは後者の例だと思われる。4回登場する)
アーサーは尋ねた。恋人の瞳の中に映る不安の色を見詰めながら。

"Yeah." Curt rasped, reaching for him with one hand, the other holding the remainder of their breakfast. He pulled Arthur in closer and nuzzled his cheek. "I can be a grown up about this. If they don't want to talk to me I'll be disappointed, but I'll handle it." he smiled widely and dropped another hard kiss to Arthur's closed lips. "I'll still have you, right?"
「ああ、そうさッ」
噛み付かんばかりに言うとカートはアーサーのほうに手を伸ばした。もう片方の手にはさっき食べ残した朝食を握り締めて。カートはアーサーを引き寄せると、頬に鼻を擦りつけた。
「今回は大人らしく振舞えると思ってるんだ。あいつらが俺と話もしたくないっていうなら、そりゃあガックリするだろうな。だが何とかするさ」
思いっきり笑うとカートは閉じられたアーサーの唇にもう一度強烈なキスを食らわせた。
「だって俺にはまだお前がいるんだからな。だろ?」

"You'll still have me, yes." Arthur sighed, wishing they could step inside so that he could reassure Curt more completely. But the other man seemed determined to do this on his own. "Lou will have a heart attack if I get there this early."
「そうだよ、いつだって君には僕がついてるんだよ」
ため息まじりにアーサは言った。一緒に階段を上り、家の中でカートをもっと存分に安心させてやりたかった。だが目の前の男には自分一人の力で事を成し遂げようという固い決意が漲っていた。
「ルー(編集長)は心臓麻痺を起こすだろうな。僕がこんな朝早くに出社したら」

"Stop for coffee." Curt advised, moving away from him, key going into the door.
「コーヒーでも飲んで行けばいいさ」
アドバイスするとカートはアーサーから遠ざかり、キーをドアに差し込んだ。

"You'll call me - after?" With his hands in the pockets of his leather jacket, Arthur waited for an answer. It was a few minutes coming.
「終わったら……そのぉ、電話してくれる?」
革ジャンのポケットに手を突っ込んだままアーサーは答えを待っていた。返事が返ってくるまでしばらく間があった。

"Yeah." Unwillingly, Curt promised. "I'll call you."
「……そうだな」
不承不承、カートは約束した。
「電話してやるぜ」

"Ta, love." Grinning again, Arthur reached over and patted Curt's ass gently before turning away and jogging down the stairs, his lover watching him go and smiling.
「ありがとう(ta=英俗:thank you)、カート」
再び笑顔を取り戻すとアーサーは手を伸ばし、軽くカートの尻を叩くと背を向け、階段を駆け下りた。恋人はアーサーが立ち去る様子を見詰めながら、微笑んでいた。

***

Sitting at his desk, Arthur was deeply engrossed in the columns of figures he was studying, typing rapidly with one had while he held the documents with the other, eyes flicking between the screen and papers quickly enough to make someone dizzy if they weren't used to it.
自分のデスクに着くなり、アーサーはこのところ取り掛かっている「数字の羅列」にすっかり没頭した。片手に(had=handのミススペル)書類を携えながら、もう一方の手で素早くタイプを打ち込んだ。慣れない者なら絶対に目を回す程のものすごいスピードで、画面と書類の間を目が往復していた。

  His last two series of reviews had been well-received and he had been rewarded with the chance to do a little investigative reporting, trying to write up a comparison between the required sewer tax and the amount the city claimed to have spent repairing old sewer facilities and building new ones. So far they didn't match too well.
最近書いた評論記事の2回分がなかなかの評判を取ったご褒美に、アーサーはちょっとした調査レポートを執筆するチャンスを得た。課せられた下水道税と、古い下水道施設を改修し、新しい施設を敷設するのに支払ったと市が主張する金額との比較について調べ上げたのだが、これまでのところ両者にはかなりの隔たりがあった。

  "Arthur."
「アーサー」

He turned, startled. Lou was standing in his doorway, and the older man looked concerned. Worried, even. He held a newspaper, folded, to his side.
ビクッとしてアーサーは振り向いた。戸口のところにルーが立っていたのだ。年嵩の男の表情は冴えないどころか悩み事を抱えているかのように見える。ルーは折り畳んだ新聞を小脇に抱えていた。

"Yes?" Quickly reviewing his memory, he couldn't think of anything that would upset his editor and friend. "Is everything alright?"
「何か?(Yes?=ご用向きは?)」
慌てて過去の記憶を照らし合わせてみたが、アーサーには担当編集者であり友人でもある男を怒らせるような覚えは何一つ無かった。
「万事順調ですよね?」

"No, I don't think so." Saying those words, Lou stepped in and shut the office door. Because it was such a small room and he didn't like being blocked away from the sounds of the office, Arthur almost never shut it. This made him nervous. He stood, facing Lou over his desk.
「いや、生憎とそうでも無さそうなんだ」
そう言うとルーは中に入るなり事務所のドアを閉めた。狭い部屋だし、外のオフィスの様子が聞き取れなくなるのが嫌だったので、アーサーはめったにドアを閉めなかった。それだけにルーの今回の行為はアーサーを不安にさせた。机を挟んでアーサーはルーと向かい合うように立ちすくんだ。

"What's wrong?" It took an effort to keep his voice even. What was it? His job? Had Stone made more threats? Carried out on them? Maybe it was Lou's wife or *his* job....
「何かマズイことでも?」
アーサーはどうにか声を平静に保とうと努めた。何があった? 自分の仕事のことなのか? ストーンがさらに脅しを掛けてきたのか? 脅しを実行に移したとか? 恐らくルーの奥さんかルーの仕事のことだろう……。

"George brought this to me. Stephanie picked it up at the grocery store this morning." Unfolding the paper, which Arthur saw was a tabloid and not an actual paper, he laid it flat on Arthur's desk. "Is it true?"
「ジョージが私にこんなものを寄越したんだ。今朝ステファニー(注:ジョージの婚約者。「make a wish」に登場)が食料品店で見つけたんだと」
新聞を広げるなり、アーサーにはそれがタブロイド紙であり、通常の新聞ではないことが分かったが、ルーはアーサーの机の上に開いて載せた。
「こいつは本当のことかね?」

The Englishman picked it up with shaking hands.
イギリス人の青年は震える手でそれをつかみ上げた。

"I've got to call Curt.."
「カートに電話しなくちゃ……」

There, on the front page, in grainy black-and-white, was a large picture of the two of them, kissing, on the sidewalk. The night of the company dinner, he realized. the pictures Stone had taken....The central picture was surrounded by others, the two of them holding hands, walking, embracing on the front steps of the brownstone.
新聞の一面には、粒子の粗い白黒写真だったが、キスしながら歩道を歩く2人の写真がデカデカと掲載されていた。会社が主催した例のディナー・パーティの夜のだ……。アーサーは納得した。ストーンのヤツ、写真を撮っていたなんて……。中心の写真を取り巻くように他の写真も掲載されていた。2人は手を握り合い、歩き、褐色砂岩仕立の(brownstone=高級住宅に使われる赤褐色の砂岩)玄関口のところで抱き合っていた。

The headline was two inches high and very pleased with itself.
その2インチ上ではこんな見出しが踊っていた。いかにも誇らしげに。

"GAY PUNK STAR FINDS BRITISH BOYFRIEND IRRESISTIBLE!"
「ゲイ・パンク・スターはイギリス人ボーイ・フレンドにゾッコン!」

The copy under it was loud and rude as well.
その下には同じくらい騒々しく無礼な文章が続く。

"Seventies punk star, glam rocker Curt Wild, who faded from the spotlight after a five-year party of sex, drinking, and drugs, has surfaced recently in New York City, where he owns a pub and has recently been spotted with his new boyfriend, investigative reporter Arthur Stewart of the Herald. Wild was best know for his onstage antics, which included stripping, masturbating and screaming incoherently."
「70年代のパンク・スター、グラム・ロック歌手のカート・ワイルドは、5年間に渡るセックスと酒とドラッグ漬けの狂乱の日々を過ごした後、世間の注目から久しく遠ざかっていたのだが、最近になってニューヨーク・シティに姿を現した。現地で飲み屋を経営、近頃では新しい彼氏、ヘラルド紙の記者であるアーサー・スチュアートと共にあちこちに出没している。ワイルドはストリップやマスターベーション、聞くに堪えない絶叫パフォーマンスを含む”ステージ上の奇行”で最も良く知られている(know=knownのミススペル)」

The story said it was continued inside, but Arthur couldn't bring himself to look.
裏面に続くと書かれていたものの、それ以上アーサーは読む気にはなれなかった。

"Oh Christ." Sitting back in his chair, he reached for the phone, his hand fumbling, but Lou stopped him, touching his shoulder.
「ああ、何てことだ」
イスにへたり込むとアーサーは電話に手を伸ばし、受話器をつかもうとした。だが、ルーが肩に手を置き、アーサーを思い留まらせた。

"Is it true? is that who he is? We all thought he was someone we should recognize..."
「これは事実なのか? そこに書いてあるのは本当に例の彼なのかい? てっきり僕らは皆、彼のことを前に紹介された通りの人物だとばかり思っていたんだが(注:前作の「願い事」で、アーサーたちの会社の年次晩餐会に来ていた偽名の男カート・ニコラス)……」

"*Yes*." Arthur growled. "He's going to be livid. I need to call him - no," He stood, reaching for his jacket, "I need to go home!"
「ええ、そ・う・で・す・よッ」
アーサーは怒鳴った。
「カートがこれを見たら大変なことになる。電話しなくちゃ……全くどうしたら……」
アーサーは立ち上がると、上着に手を伸ばした。
「すぐ帰らないと!」

"This could be embarrassing for the paper." Lou said. "I'll try some damage control, you go home and make sure he's okay. I could tell he was special to you, but he seemed withdrawn at the party. It's hard to imagine him doing the things they say he did."
「こいつは悪くすればヘラルド紙にとっても厄介なことになりかねんな」
とルーは言った。
「何とか事態の収拾に努めてみよう。お前は家に戻って本人の様子を確かめてこい。あいつがお前にとって特別な存在なのは分かるが、パーティじゃ随分と引っ込み思案に見えたんでね。あの彼が、世間で言われているような行状をしでかした男だとはとても想像できないんだよ」

"Oh, he did them." Arthur said, distracted, shutting down the computer. "I was there, I saw them."
「でも、カートがやったのは事実です」
アーサーは言った。心ここにあらずといった表情でコンピュータの電源を切りながら。
「僕はその場にいて、この目でそれを見たんだから」

"You were there?" Lou looked surprised. "At one of his concerts?"
「お前はそこに居合わせたのか?」
ルーは驚いた顔をした。
「ヤツのコンサートを見たことがあるのか?」

Facing him, Arthur grimaced.
ルーを見詰めるアーサーの表情は歪んでいた。

"When I was seventeen I left home, to get away from my dad. I spent the next three years living in London. I worked with a glitter rock band called the Flaming Creatures. I met Curt. I was there the night Brian staged the shooting. I didn't just remember, Lou. I was there." His words were apologetic and yet defiant.
「17の時、僕は家を出た。父親から逃げたい一心で……。それから3年間、僕はロンドンで暮らしたんだ。フレイミング・クリーチャーズっていうギンギンなロックバンドのところで働きながら。そうして僕はカートに出会ったんだ。ブライアンが射殺狂言を演じた晩にそこに居たんだよ。もうほとんど思い出せないんだけど、ルー。確かに僕はそこに居たんだ」
アーサーは申し訳無さそうに語ったが、その口調にはまだ頑なところがあった。

"You were there..."
「お前がそこに居たなんてな……」

"I'll be in tomorrow to finish this." Arthur said, moving past him.
「この件にけりをつけたら明日は出社するから」
そう言い残すとアーサーはルーを残したまま飛び出して行った。

"Arthur! Why didn't you tell me?!" Lou's angry voice called after him, and Arthur regretted having been less than honest with him.
「アーサー! なぜ俺に話さなかった?!」
ルーの怒声が背後から聞える。ルーに対して決して正直とは言えない態度を取ったことをアーサーは悔やんだ(less than…=決して…でない)。

Because I was trying to forget, he answered silently in his mind, running for the subway station, uncaring of the spectacle he was presenting. I was trying to forget that I had loved someone.
自分でも忘れようとしていたからなんだ。アーサーは心密かにそう答えた。地下鉄の駅へと走りながら。自分が演じた大立ち回り(注:ルーに満足に説明せず飛び出し、慌てふためいて駅に向かっていること)のことなど構いもせずに。僕は忘れようとしてたんだ。自分がかつて誰か(注:10年前のコンサートの日に出会ったカート)を愛したことなんて。

***

"Curt? Curt!"
「カート? カートったら!」

Slamming in through the foyer, Arthur stopped, startled, when he saw his lover.
玄関ホールを突っ走ってきたアーサーはハッとして立ち尽くした。恋人の姿を確認して……。

Lying on the sofa, drinking a beer, CNN playing on the telly.
ソファーに横になりながらビールを飲んでいる。テレビではCNNが流れていた。

He looked peaceful and less than sober.
カートは穏やかな表情を浮かべ、したたかに酔っていた。

"Arthur?" Sitting up, Curt looked at him, confused. "What are you doing home? I said I would call you."
「アーサーなのか?」
起き上がって座り直すとカートは、困惑した表情でアーサーを見詰めた。
「お前何だって家にいるんだ? 電話するって言っただろ」

"Did -" Swallowing, Arthur went closer, feeling the weight of the tabloid he had grabbed from his desk inside his jacket pocket. "Did you call them, then?"
「言ったけど……」
固唾を飲むとアーサーはカートへと近寄った。机の上から奪うように上着のポケットに突っ込んできたタブロイド紙がやけに重たく感じられた。
「それで電話はしたのかい?」

Curt looked away, drank another swallow of his beer.
視線を遠くさまよわせるとカートはまたひと口ビールを飲み込んだ。

"Yeah."
「ああ」

"What did they say?" Sitting on the sofa beside him, Curt scooting over to make room, Arthur put his hand on his lover's chest, over his heart.
「ご両親は何て?」
カートに寄り添うようにアーサーがソファーに腰を下ろす。と、カートはすかさず(scoot=素早く場所を移る)場所を空けた。恋人の胸にアーサーは手を置いた。心臓のちょうど真上に。

"It was interestin'. My mom answered. Still the same phone number, I kinda thought they might have changed it. Or moved or something." He seemed thoughtful.
「面白いことに、お袋が出たんだ。電話番号もまだ変わってなかったしな。俺はてっきり変わっちまったんじゃないかと思っていたんだが。さもなきゃ、とうに引っ越してるとか、何とか……」

"What did she say, love?"
「で、お母さんは何だって? カート」

"She said she was glad to hear from me. That she had been thinking about me. That she wondered where I was. If I was okay."
「俺の声が聞けて嬉しいとさ。いつも俺のことを心配してたとか、俺が今どこにいるのかとか、俺に変わりがないかどうかって……」

"That's lovely." An honest smile broke across Arthur's face. 'What did you say?"
「良かったじゃないか」
アーサーの顔に真摯な笑みが浮かんだ。
「君は何て答えたんだい?」

"I told her I was fine. That I have a nice house, and a business. That I don't do most of that stuff anymore."
「俺のほうは順調さって。いい家を手に入れたし、商売だってやってる。ヤク(the stuff=俗:麻薬)にはもうほとんど手を出しちゃいねえとかな」

"And?" Sliding up the sofa, Arthur shifted to pull Curt into his arms and the other man came willingly, laying his head on Arthur's chest.
「それから?」
ソファーを滑るようににじり寄るとアーサーはカートを腕の中に抱きこむように引き寄せた。男は喜んで飛び込むとアーサーの胸に頭をもたせかけた。

"She asked if I was seeing anyone."
「お袋のヤツ、俺にいい相手が見つかったのかって」

Stroking the shaggy hair, Arthur waited for him to tell the rest in his own time. It took a few minutes, Curt's heart was beating wildly, his composure only surface-deep.
クシャクシャの髪の毛を梳きながらアーサーは辛抱強く待ち続けた。続きをカートが自分なりのペースで(in one's own time=マイペースで)言葉にするのを。数分が経過した。カートの心臓は高鳴り、落ち着き払った態度は上辺だけのものに過ぎないことを伝えていた。

"I said I was still gay, if that's what she meant."
「だから言ってやったよ。俺がゲイなのは変わらないぜって。それが聞きたかったのならば……」

Kissing the top of his head, Arthur held him more tightly, and got a kiss to his chest in return.
カートの頭のてっぺんに口付けるとアーサーはより一層の力を込めてカートを抱き締めた。アーサーの胸にカートはキスで答えた。

"She said she knew that. That she'd been thinking about it for a long time, and she knew i wasn't going to change."
「それは分かってるって。お袋も、ずっとそのことを考えていたんだと。おまけに近頃の俺は変わったって言うんだよ」

"What did ye say to that?"
「で君は何て?」

" I said I was in love with a really nice guy."
「俺か? 俺は今マジにイカした男に惚れてるんだって言ってやったさ」

More silence. Closing his eyes, Arthur wished a thousand horrible things to happen to Tommy Stone.
さらに長い沈黙が続いた。目を閉じるとアーサーはいっそ山のような災難にトミー・ストーンが見舞われるよう心から祈った。

"Just a nice guy?" He tried to joke, but his voice broke.
「ただイカした男ってだけかい?」
おどけてみせたもののアーサーの声は裏返っていた。

"I think she wanted to say she was sorry." Curt ignored it, but his hands stroked Arthur's sides warmly. "I think she understands, maybe."
「(カートがゲイだと告げた時に何のサポートもしてやれなかったことを)お袋は謝りたかったんだろうよ」
カートはわざと気付かないふりをしたが、その両手はアーサーの脇を優しく愛撫した。
「(自分がゲイであること、そしてそれは変わらないことを)お袋は分かってくれたんじゃないか。多分……」

"Ah, love." Wrapping himself more tightly around him, Arthur couldn't find anything to say. Curt lifted his head and kissed him gently, then with more eagerness.
「ああ、カート……」
一分の隙も無いくらいカートをきつく抱き締めたアーサーは返す言葉が見つからなかった。首を傾げるとカートはアーサーに優しくキスをした。次に一層の情熱を込めて……。

"Arthur? What're you doing home?" He asked, shifting to lay on top of him.
「そういや、アーサー? そもそもお前は何で家にいるんだ?」
アーサーの上にのしかかるように身体を移動させながらカートは尋ねた。

"Tell you later, love." He said, reaching to pull him up so they could kiss hungrily. "I'm glad your mum was nice to you."
「後で教えるよ、カート」
そう答えるとアーサーは手を伸ばしてカートを引き寄せ、互いに貪るようなキスを交わした。
「いいお母さんじゃないか。良かったね……」

"Not as nice as you're gonna be." Allowing himself to be distracted, Curt grinned wickedly and started unbuttoning Arthur's shirt. The jacket was in the way and he tugged at it, and Arthur pulled away a bit, sliding it off and dropping it to the floor, the tabloid landing face-down beside the sofa. Curt, still grinning, kissed him again and started working on his jeans. He got them both stripped in short order and Arthur lay back and held him and kissed him and whispered quiet words of love as Curt dug in the sofa for the lube and then prepared him.
「お前には負けるけどな」
(マジになり過ぎるムードを)はぐらかそうとカートはニヤリと意地悪く笑うとアーサーのシャツのボタンを外し始めた。邪魔(in the way=障害になって)な上着をカートは強引に引っ張ろうとした。なのでアーサーは少しカートを押しのけると、振りほどくように脱ぎ捨て、床に落っことした。ソファーの脇にタブロイド紙が裏返しに落下した。ずっとカートはニヤニヤ笑っていたが、アーサーに再びキスすると、今度はジーンズに取り掛かった。あっという間に(in short order=米:即座に)両足とも剥かれてしまい、仰向けに倒されたアーサーは、カートを抱き締めると、キスをし、愛の言葉を密かに囁いた。すかさずカートはソファーに手を突っ込み、潤滑剤を探ると、アーサーの秘所をほぐした。

"I love you." Curt groaned as he pushed in, Arthur's legs spread wide, one on the back of the sofa, the other stretched to the floor. "God, I *love* you!"
「愛してるんだ」
うなるようにカートは突き入れた。アーサーの両足は思い切り開かれ、片方はソファーの背もたれの上に、もう一方は床に伸ばされた。
「ああッ、どうしようもないくらいお前が好きなんだ!」

"Yes." Arthur panted, filled, stretched, completely accepting him.
「うん、分かってる」
アーサーは喘いだ。カートで一杯に満たされて、内部を押し広げられ、すっかりカートを受け入れて。

Alcohol never seemed to affect Curt's performance, and he made this one last, leaning over Arthur, kissing him, sucking on his neck, mumbling into his ear about how wonderful Arthur was, how good he felt, how happy he made the other man. Driven to distraction, Arthur gave up on having Curt take care of him and reached between them to stroke himself, arching into the slow, deep thrusts, moaning when Curt's lips left his, willing - happy - to lie back and be taken with love and tenderness and enthusiasm.
酒がカートの勢いを殺ぐなどという懸念は全く無く、今回も衰えることはなかった。アーサーの上にのしかかりながら、キスを浴びせ、首筋を吸い上げ、アーサーがどんなに素晴らしいか、アーサーがもたらす快感がどれほど心地良いか、相手の男をどれほど幸福な気分にさせてくれるかを、その耳の中に囁きかけていた。何も考えられなくなったアーサーは前をカートに弄ってもらうのが、もう待ちきれず(give up on=を断念する、have+目+原型=軽い使役、take care of him=masturbate Arthur's penis)、2人の間に手を伸ばすとアーサー自身を愛撫した。緩慢で深い抽送を求めて身を仰け反らし、カートの唇がアーサーから離れるや、うめき声を漏らし、自ら進んで −幸せそうに− 仰向けに寝そべると、愛情と優しさと情熱(注:カートを形容している)を自分の中に受け入れた。

"Gonna come...." Curt moaned, lifting himself off of Arthur, settling back onto his knees, hips thrusting forward more forcefully. "Oh God Arthur, I'm gonna come - you feel so fucking good -"
「もう達きそうだ……」
うめき声をあげるとカートは身体を起こしてアーサーから一旦離れ、今度はアーサーを膝裏から抱え上げると、さらに強烈に攻め上げた。
「たまんねえぜ、アーサー。達っちまう……お前ってヤツはどうしてこんなに悦いんだよ、ったく……」

"Yes, come..." Arthur panted, sliding his free hand down to press against his own perineum, feeling the bulk of Curt's large cock as it slid in and out of him. "Come in me, love, come on..."
「出していいよ……」
アーサーは喘いだ。空いているほうの手をずり下ろすと、2人が体を繋いでいる部分に触れた(perineum=会陰部)。自分の内部を出入りする、カートの雄雄しく漲った雄蕊の大きさを実感したくて。
「中に出して、カート。早く……」

He was so close, just wanted to hang on until Curt came, wanted to feel Curt hot inside him, feel his seed oozing out on his own ass after they were dressed and eating lunch....
アーサーは今にも達してしまいそうだったが、カートが絶頂を迎えるまでは、堪えていたかった。カートの熱い迸りを身体の奥で受け止めたかった。服を着た後、昼飯を食べている最中に、後ろからカートの精が滲み出るあの感覚を味わいたかった。

"Christ!" Curt moaned, hands gripping Arthur's ass, lifting it, no doubt leaving bruises. "Go, go!" He urged, and then he was shuddering, cock jumping in Arthur's ass and his lover could feel it, the heat of him, pumping liquid love into his ass, filling him. It was more than enough and Arthur rocked and shuddered silently through his own orgasm, to finally collapse from the arch his body had achieved, pulling Curt down on top of himself, feeling the big cock slip free and wrapping his arms around the other man, holding him tight.
「畜生!」
カートは唸ると、アーサーの双丘を持ち上げ、わしづかみにした。後で痣になるのは確実だった。
「ああ、もうダメ。達きたい、達かせてッ!」
アーサーはカートにせがんだ。やがてカートは体を震わせ、アーサーの中に限界寸前に達した楔を思い切りブチ込んだ。アーサーの愛しい男は感じていた。焼けるように熱いカートの自身(注:the heat of him=性器の婉曲表現)を、アーサーの中に愛の雫が注ぎ込まれるのを、それがアーサーの身体の内部を満たすのを……。それは十分すぎる程の衝撃をもたらし、アーサーは静かに絶頂感の中をたゆたい、ピクピクと身を震わせていた。弓なりに撓った体がとうとう崩れてしまうまで。カートを身体の上に抱き寄せたアーサーはカートの豊満な男根がスルリと解き放たれるのを感じながらカートの背中に腕を回すと思い切り抱き締めた。

"Aye, love, beautiful..." He sighed, drowsy and drifting.
「ああ、カート。君は何て美しいんだ」
アーサーは眠たげな吐息を漏らし、まどろみの中にその身を漂わせた。

 

Part Two
第2部

They lay, held close, for a good half hour, until Curt shifted and muttered.
2人は身を横たえていた。しっかり抱き合ったまま、たっぷり30分(米:a half hour=half an hour)はそうしていた。が、とうとうカートは身動きするとこうつぶやいた。

"Fucking chest hair is gonna glue us together." He sat up, grinning despite the complaint.
「クソ忌々しいッ。胸毛が挟まれてバリバリにくっ付いちまうとこだったぜ」
グチを垂れながらもカートはニヤニヤ笑いながら身を起こした。

"We need a shower." Arthur said, grinning back, the tabloid headline forgotten. As Curt was climbing off the couch the phone rang and Arthur reached for it, his head turned away from his lover when Curt stepped over the leather jacket, trying to avoid it, and then slipped, unbalanced, and went down ungracefully on his naked ass, the jacket shooting out from beneath a foot that caught it.
「お互いシャワーを浴びないとね」
アーサーはそう言って微笑み返した。タブロイド紙の見出しのことなどすっかり忘れて……。カートがソファーから立ち上がろうとした途端、電話が鳴り、アーサーは受話器に手を伸ばした。アーサーが恋人に顔を背けてしまった瞬間、カートはレザージャケットを避けようとして跨ぎ越す際に、滑ってバランスを崩してしまい、不様にも生尻を剥き出しにしたまますっ転び、引っ掛けた足の下から上着がピュンと飛び出した。

""'Allo?" Arthur grunted, still not completely recovered from the mind-blowing sex.
「もしもし?」
アーサーは不機嫌そうにつぶやいた。めくるめくような激しいセックスからいまだ完全に回復し切れていなかったからだ。

  "Arthur Stewart? This is Doug Randolph from the New York Times, can we get a conformation on a story, please? Call it a professional court-"
「アーサ・スチュワートさんですか? 私はニューヨーク・タイムズ紙のダグ・ランドルフという者です。例の件で2,3確認(conformation=confirmationのミススペル)したいことがあるんですが、お願いできますでしょうか? 同業のよしみ(professional courtesy=同業者同士の計らい・便宜)」

The voice was cut off abruptly when Curt slapped his hand down on the cradle, disconnecting it.
が、いきなり電話の声が途切れた。カートが受信機のフックに手を振り下ろしたために電話が切れてしまったのだ。

"Is this why you came home early?" He held the front page of the tabloid, slightly torn from it's battle with the jacket, and dangled it in front of Arthur's eyes.
「お前が早く帰ってきたのはこのせいなのか?」
カートはタブロイド紙の表紙を手に取り、上着と格闘したおかげで多少破けていたそれをアーサーの目の前に突き付けた。

Eyes that closed in pain.
痛ましげにアーサーは目を閉じた。

"Yes." Unable to lie to his lover, Arthur was equally incapable of looking at him.
「ああ」
自分の恋人に嘘を付くことはできなかったが、カートの視線を受け止めることもまた、アーサーにはできなかった。

"Ah." The lack of emotion in the husky voice could not be a good sign. When Arthur opened his eyes, the phone slipping from his grasp, he saw that Curt was staring at the wall over his head.
「は……そういうことか」
感情がこもっていない嗄れ声はとても良い兆候とは言えなかった。アーサーが目を開けると、受話器がポトリと手から滑り落ち、頭を上げて天上を睨みつけているカートの姿が目に入った。

"Curt, love..."
「カート、僕のカート……」

"Don't call me that." With an abrupt, violent movement the other man lunged from the floor and glared down at him. "I knew getting involved with you was a bad idea! I knew this was going to end up with me getting hurt! I *always* get hurt!" he bellowed the words and Arthur actually flinched, expecting a blow. "Get out! Get out of my house, get out of my life!" Curt roared, arms in the air, and Arthur moved away, quickly, not quite scrambling.
「俺をそんな風に呼ぶんじゃねえッ」
いきなり乱暴な勢いで床から跳ね上がった相手の男は、睨みむようにアーサーを見下ろした。
「思った通り、お前を巻き込んだのはやっぱり失敗だった。俺が傷つく羽目になるのが落ちだってな! 痛い目に合うのはいつだってこの俺なんだよ!」
怒鳴りつけんばかりのカート(he=>He)のセリフにアーサーは本気で身じろいだ。当然、一発お見舞いされるだろうと覚悟したからだ。
「出て行け! 俺の家から出てけよ、俺の人生からとっとと消え失せろッ!」
カートは吠えた。腕を振り回すので、アーサーは避けた。素早く。だが、血相変えて逃げるほど恐れてはいなかった。

"I won't!" He yelled back, defiant. "This is my home too! You invited me ta live here, I won't let ye kick me out!"
「出て行くもんか!」
アーサーは叫び声で応酬した。まるで挑むように。
「ここは僕の家でもあるんだ! ありがたいことに(ta=thank you)君は、ここに住めって僕を招いてくれたんだから。叩き出そうたってそうはいかないよ!」

"It's *my* house!"
「ここはオ・レ・の・家なんだ!」

"I love you!!!" Managing to stand without stumbling, Arthur stepped forward, into Curt's anger, though it frightened him.
「愛しているんだ、カート!!!」
カートを怒らすまい(stumble into=過って…を犯す)とどうにか踏み留まっていたが、アーサーはついに怒り狂ったカートに向かって一歩踏み出した。震えんばかりに恐ろしかったとはいえ……。

  "I don't *need* you." Curt growled, watching him with narrowed eyes. His arms dropped to his sides. "I don't need *this*." He stomped on the newspaper and spat upon it.
「お前なんか居てほしか無えよ」
カートはうなった。眇めた目でアーサーを睨みながら。腕をダラリと脇に下げたまま(注:アーサーとはもはややり合う気も無いことを表している)……。
「こんなものクソ喰らえだッ」
カートは新聞紙を踏み付けにすると唾を吐きかけた。

"Curt...it's not that big a deal, we can get through it..." Pleading, Arthur took a step forward.
「カート……そんなこと大した事じゃないよ(that big a deal=that big of a deal)。2人ならきっとうまく収められるよ……」
必死に訴えながらアーサーはさらに一歩踏み出した。

"I need a fix." Curt snarled. "You wanna be here when I get back, *fine*. Keep the fuck outta my fucking bedroom."
「ああ、ヤクでも無えとやってられねえぜ(a fix=俗:麻薬の注射)」
カートはうなるように言った。
「俺が戻って来ても、まだお前がここにいるって言い張るなら、いいだろう。が、俺の寝室には一歩も近づくんじゃねえッ(outta=out of)」

With no more than that he turned and left, and Arthur, too shocked to register what had just happened, what Curt had just said, stared after him for long moments.
それだけ言うとカートは背を向け、出て行ってしまった。あまりのショックに、今何が起こったのか、カートが何と言ったのか、アーサーは思い出すこともできず、長いことカートが出て行った方向を呆然と見詰めていた。

Then he sat back down, picked up the phone, and started making some calls. There were favors he could call in, he had friends who could write the real story, maybe they would want the chance at an interview....
ようやく座り直したアーサーは電話を取るとあちこちに連絡を入れた。電話で頼みたい用件があったからだ。アーサーには真実を書いてくれる友人がいたし、多分インタビューさせてやるといえば、喜んで飛びついてくるに違いない……。

***

It was well into the next morning when he woke, finding himself sleeping sprawled on the couch, stiff and sore.
目覚めた時にはもう、すっかり夜が明けていた。いつのまにかソファーで寝そべってしまったらしく、身体がコチコチに強張り、あちこちが痛かった。

"Curt?" He called, but he knew inside that his lover was not home. The phone rang, beside his head, he'd moved the coffee table over to make answering it easier, and now he picked it up gingerly, as if it might bite. Many of the calls they had received last night had been horrid, vicious and nasty, hatred oozing from them as Curt's come oozed from his body, the way he had wanted it to. "Eklp?" He mumbled, then cleared his throat and tried again. "Ello?"
「カート?」
呼びかけてはみたもののアーサーは、恋人が本当は家にいないことを知っていた。その瞬間、頭のすぐ横で電話が鳴った。コーヒーテーブルの反対側へとアーサーは移動した。そのほうが少しは話しやすいかったからだ。そして今まさにアーサーは受話器を取った。恐る恐る慎重に、まるで噛み付かれでもするかのように。昨夜取った電話は皆不愉快極まりなく、激しい悪意に満ち、不快で、思わず憎しみが滲み出してくるかのようだった。自分の身体から漏れ出すカートの精液のように。かつてアーサー自身がそう望んだ事とはいえ……。
「もし(注:Helloと言おうとして喉が詰まった音)」
アーサーはつぶやいた。やがて咳払いすると、もう一度呼びかけた。
「もしもし?」

"Arthur." It was Lou, and he breathed a sigh of relief. "You sound terrible. Are you okay?"
「アーサー」
電話はルーからだった。アーサーはホッと息をついた。
「何て声をしてるんだ。大丈夫か?」

"No." He said, and realized then that he felt like crying. He hadn't cried in so long. "Curt's gone."
「大丈夫なわけない」
そう言うとアーサーは今にも泣き出してしまいそうだった。泣いたことなど久しく無かったのに。
「カートが出て行ってしまったんだ」

"He left you?" There was sympathy in that voice, and worry too.
「お前、あいつに捨てられたのか?」
声からルーが同情すると同時に案じている様子が伝わってきた。

"I don't know."
「分からないよ」

"I talked to the bosses. They're not pleased, but it's publicity, at least. They want the two of you to do an interview for the people and places column."
「上の連中に話してみたんだ。もちろんいい顔はしていないが、少なくとも宣伝にはなると思ってるようだったよ。話題の人物とスポットを取り上げる欄にお前ら2人のインタビューを載せたがってる」

"I don't know if there is a two of us anymore." It was getting harder to hold back the tears, his throat felt like it was swollen.
「2人が続いているかどうかも怪しいのに」
アーサーはだんだん涙が堪え切れなくなってきた。喉も腫れ上がってしまったようだった。

"Do you need something? Should I come over?"
「何か要るものはないか? そっちに行ってやろうか(come over=立ち寄る)?」

"No." Arthur choked out. "No, he'll - he'll come back. He wouldn't like to find anyone else here."
「いらないよッ」
アーサーは搾り出すように叫んだ。
「いいんだ、カートは……カートは戻ってくるから。僕以外の誰かがここにいたらカートが気を悪くするだろう」

"Look, Arthur." Lou sounded fatherly. "I'll schedule you for a few days of down time, and call you again tomorrow, okay? You should get some rest. He - he loves you, we could all see that."
「なあ、アーサー」
ルーは父親のような優しい口調でこう言った。
「2、3日仕事を休め。俺のほうから明日もう一度電話をする。それでいいな? お前もは少しは休んだほうがいい。ヤツは……カートはお前のことを愛しているさ。そんなことお互い百も承知だろう」

It was clear that the words were hard for the man to say and Arthur appreciated the effort, knowing as much as he did about Lou's middle-class Midwestern baptist upbringing.
こんな時に言葉を掛けるのが容易でないことは当然だった。ルーの心配りにアーサーは感謝した。中流階級の中西部(注:保守的な地域)のバプティストの家庭に育ったルーにしてみればこれが背一杯なことくらいよく分かっていたから……。

"Okay." He sniffed and hung up the phone, then lay down on the sofa and let himself cry, just as he had that day his father came upstairs and broke down his door and shouted at him for wanking. It wasn't a manly thing to do, but he needed it, his heart needed it.
「うん、そうだよね」
鼻をグズグズいわせ電話を切るとアーサーは、ソファーに身を投げ出し、思い切り泣いた。父親がかつて、2階にあるアーサーの部屋へと迫り、ドアを蹴破り、(男の写真の前で)自慰に耽るアーサーに向かって罵倒したあの日のように……。こんな風に泣くなんて、決して男らしい行為とは言えなかったが、アーサーはそうするよりなかった。心がそうしないではいられなかったからだ。

***

"Arthur? Aw, babe, 'm sorry..."
「アーサー? ああッ、ったくひでえ顔して。すまなかったな……」

Something warm and wet touched Arthur's face and he sniffed, his nose feeling stuffy. His eyes itched and he didn't want to open them, awakening slowly as someone - Curt? - gently bathed his face.
何か温かく湿ったものがアーサーの顔に触れた。アーサーは詰まってる鼻をすすり上げたが、痛む目のほうは開けたいという気にはなれなかった。が、誰かが……まさかカートが?……顔を濡らす涙をそっとなぞる(bathe=湿ったもので覆う)気配に、次第に目が醒め始めた。……。

He was curled tightly into the end of the sofa and his back ached, protesting the position, but he didn't move to ease it, actually tried to pull further into himself, feeling completely unready and unwilling to deal with his lover's fragile emotional state right now.
アーサーは思い切り身体を丸めてソファーの端にうずくまっていた。背中は痛み、その姿勢に抗議し続けていたが、かといって動いて何とかしようという気にもなれず、それどころか一層頑なに身を竦める始末だった。心の準備がまるでできず、(激しい怒りのために)一発触発な興奮状態にある恋人の相手をする気分にも今は到底なれそうになかった。

"I came back." Curt leaned close to whisper in his ear, and the blast of alcohol fumes made Arthur wince. "I had a couple of beers and I thought about things and I came back. I'm not drunk and I'm not stoned. Arthur?"
「戻ってきたぜ」
身を寄せるとカートはアーサーの耳元にこう囁いた。酒気を帯びた息にアーサーは思わずひるんだ。
「ビールを2,3杯引っ掛けただけさ。少し頭を冷やしたんで、戻ってきたというわけさ。俺は酔っ払っちゃいねえし、頭は冴えてるんだぜ。なあ、アーサー?」

The soft cloth rubbed tenderly at his eyelids, crusted with the salt of tears. Trying to speak, Arthur found that his throat was sore. Words croaked out thick.
塩辛い涙で覆われたアーサーの目蓋を柔らかい布が優しく拭った。言葉を発しようとしたアーサーは自分の喉が腫れ上がっていることに気付いた。やっとのことで掠れ声(thick=だみ声の)を搾り出す。

"So what, mate. You throw your tantrum and storm out and I'm supposed ta be happy you came back?"
「それがどうしたって言うんだ、カート。君は癇癪を起こして、怒って飛び出したんだよ。戻ってさえくればシッポを振って僕が嬉しがるとでも?(ta=toの方言)」

The hand withdrew and Arthur opened his eyes, finding himself inches from Curt's face.
拭う手が遠ざかったのを感じてアーサーは目を開けた。カートの顔がすぐ間近に迫っていた。

His lover's blue-grey eyes were reddened, and swollen, he had clearly been crying himself.
アーサーの愛しい男の青味掛かったグレーの瞳は真っ赤に充血して腫れ上がっていた。どう見てもカートのほうも泣いていたのは明らかだった。

"I'm sorry." Curt whispered, softer, pleading. "I'm *sorry*, lover. But I came back. That counts for something, right?"
「本当に悪かった」
カートは囁いた。やさしく、許しを請うように。
「ゴメンな、アーサー。けれども俺は戻ってきた。それでいいじゃないか(count for+量を表す不定代名詞=…重要である)。だろ?」

"Yeah." Sighing, Arthur uncurled with a wince and reached for the other man, pulling Curt down to lie with him. He liked this big sofa, there was room for both of them here. Wrapping his arms around Curt, he snuffled his nose into the reddish blond hair and pressed a kiss to Curt's neck before sighing again as Curt returned the embrace, hugging him back tightly.
「そうだよね……」
安堵の息を漏らしたアーサーは顔をしかめながら身体を伸ばすと、カートに向かって手を伸ばした。腰を下ろし自分の脇に寄り添うようにと。この特大のソファーをアーサーはとても気に入っていた。2人一緒でも楽々座ることができたからだ。カートを包み込むように腕を回すとアーサーは、カートの赤みがかったブロンドヘアに鼻を埋め、カートの首筋に唇を押し当て、再び吐息を漏らした。同時にカートも抱擁で答えた。アーサーをきつく抱き締め返すように。

"It just - it makes me crazy." Curt muttered, one hand stroking restlessly up and down Arthur's back. "I mean, I called my mother today. And it was good, a good call. And I felt like maybe I could get some of it back. Some life. Then I saw that picture and I could see her seein' it..."
「ああ、もう……たまんねえなあ」
カートは音を上げた。片方の手でずっとアーサーの背中をさすりながら。
「というのも俺は今日、おふくろに電話をしたろう。それが思ったより上手く話せたんだ。で、俺は何だか取り戻したような気分になってさ。人生の一部みたいなもんを。その直後にあんな写真を見せられたから、俺はお袋があれを目にしている光景が浮かんじまって……」

He trailed off, arms tightening, and Arthur kissed his neck again.
カートの声が途切れ(trail off=音などが次第に薄れる)、腕が強張り始めたので、アーサーはカートのうなじに再び唇を寄せた。

"But you, man. You never do nuthin' but be nice to me." Pulling back a bit, Curt got his face real close to Arthur's, looking determined. "I won't treat you the way that shithead treated me. I *won't*. Don't you let me."
「だけどな、アーサー。俺のためにならないことを、お前がするはず無いんだよな」
カートはほんの少し押し返すと、アーサーの顔のすぐ間近に自分も顔を寄せた。貌に決意を漲らせて。
「あのクソったれ野郎が俺に喰らわせた仕打ちをお前にさせたくは無え。絶対にさせるもんか。頼むからお前も俺にそんな真似させないでくれ」

"Alright." Arthur half-laughed, the determined sincerity almost amusing, but not quite, because he knew well how much Curt meant it. "I won't."
「わかってるよ……」
苦笑気味にアーサーは返事した。カートらしくないマジな誠実ぶりにもう少しで吹き出しそうだったが、素直に笑うことはできなかった。どういうつもりでカートがそう言ったのか、アーサーには痛いくらい良く分かっていたからだ。
「決してさせやしないから」

"C'mon." Standing, unwrapping himself from the embrace, Curt tugged at Arthur's hand and watched while he stood, knees protesting, a little shaky. "I'm gonna run you a bath."
「来いよ」
アーサーの腕をほどくように立ち上がるとカートは、アーサーの手を引き、アーサーが立ち上がれるようになるまで辛抱強く待っていた。アーサーの膝は痛みを訴え、僅かに震えていた。
「風呂を入れてやるよ(run+目+a bath=…にふろの用意をする)」

"That would be nice." Gaining his feet, Arthur used both hands to clasp Curt's head, fingers burrowing in the thick hair, and pulled him in for a beer-flavored kiss. "I *love* you, ye stupid bugger. You should be nice to me."
「そりゃいいや」
ようやく立てるようになった(gain one's feet=立ち上がる 歩けるようになる)アーサーは両手でカートの頭を抱えると、その豊かな髪の中に指を埋めるようにして引き寄せた。ビールの香りのする口付けが欲しくて。
「本当に愛してるよ。とんでもないろくでなし野郎なのにね(ye=呼び掛け)。だから僕のこと、せいぜい大事にしてくれなきゃ」

"Yeah, man." Curt grinned, and his tense stance relaxed a little as Arthur waggled his head. "I'll remember next time."
「お前の言う通りだ。アーサー」
カートはニヤッと笑った。アーサーに頭をあやすように揺すられて、カートのほうもさっきまでのピリピリした態度を多少緩めていた。
「今度は覚えておく」

"Okay." Turning, Arthurt headed for the bathroom, but Curt stopped him.
「なら、許すよ」
振り向くとアーサーはバスルームへ行こうとした。が、カートが引き止めた。

"Go get undressed, I'll call you when I'm ready?" He presented it as a question, his uncertainty revealing and Arthur stifled a sigh, realizing that his lover would need lots of reassurance for a few days. But he only nodded, and turned off into Curt's their - bedroom. His own had, as he'd predicted, become an office.
「(寝室で)脱いでろよ。準備できたら呼んでやるから、な?」
尋ねるようなその口ぶりがいかにもカートの不安ぶりを物語っていて、アーサーは思わず出かかったため息を飲み込んだ。ここ数日というもの、自分が愛する男がどんなに励ましを必要としていたことかと思い返して。だが、アーサーはただうなづき、きびすを返すとカートの、いや、今や2人の……寝室へと向かった。アーサーの寝室は、当初アーサーみずからが予想した通り、今ではすっかり事務所に成り果てていた。

Sitting on the bed, he stripped, and then glanced at the phone. It might be nice to call Lou and tell him everything was okay. In case he was worried or something.
ベッドに腰掛け、服を脱ぐとアーサーは次に電話へと目を向けた。すべて解決したことをルーに報告しておいたほうがいいかもしれない。心配していたりしたらいけないからだ。

It was surprisingly hard to pick up the phone and dial Lou's home number, which he'd had to use from work a few times, and that made him think. Five months ago he'd been living this narrow life; work, home, work, home. He seldom went out, didn't have any friends, and the people he worked with were just that. Then he'd been given that assignment...and remembered life.
アーサーは受話器を取り、ルーの自宅の番号を掛けようとした。だがそうすることは思ったより容易なことではなかった。何度か仕事で自宅に電話したことがあったはずなのに……(注:今はカート中心の毎日なのでなかなか番号が思い出せない)。アーサーは思案した。5ヶ月前、アーサーはこの限られた狭い生活範囲の中で暮らしていた。仕事、自宅、仕事、自宅の往復だ。アーサーは滅多にはみ出さなかった。友人もいなければ、一緒に働く同僚もまたそれだけの付き合いだった。そんな時、アーサーはあの取材(注:カートの店を取材すること)を命じられた……そして生きるとはどういうことか思い出したのだ。

Found a life that he'd lost. That was a better way of putting it.
いや、自分は失っていた人生を見つけ出した……。そう表現したほうがむしろ相応しいだろう(put it=…を…に表現する)。

"Hel-lo." Lou answered his phone.
「もしもし」
ルーの声が答えた。

"Lou? It's Arthur. Look, um, Curt came home. Everything is okay."
「ルー? 僕だ、アーサーだよ。それが、そのぉ、カートは戻ってきてくれたんだ。すべてが丸く収まったんだよ」

"Oh, that's good. So you don't need the time off?"
「おぉ、そりゃあ良かったじゃないか。なら休暇はいらないよな?」

"No. I might be a bit late in the morning, we still have some things to talk out." And they would talk, he'd make sure.
「うん、そうだね。でも朝は少し遅くなるかもしれない。これからまだ2人でじっくり話し合わなきゃならないこともあるし」
そう。2人できっと話し合うだろう。アーサーは絶対そうするつもりだった。

"That's good." Lou repeated. "I'll see you then. We can grab lunch."
「そいつぁ良かった」
ルーは同じセリフを言わされた。
「じゃあ、後でまた。一緒に昼メシでもどうだ?(grab lunch=さっと昼食を取る)」

"That would be...good." Arthur rubbed his forehead roughly. They'd never had lunch before. Was something going on? Or was Lou just trying to be nice, a good friend? Briefly he wished he'd paid more attention to the man these past few years, so he'd be able to read him better. "Yeah."
「そりゃあ……いいね」
思わずアーサーは額をゴシゴシと擦った(注:頭をすっきりさせてじっくり考えたいという動作)。今まで一緒に昼食したことなど一度もなかったからだ。どういった風の吹き回しだろう? それともルーは単に好意でそう言ってくれてるんだろうか? 親友として? その瞬間、アーサーはこの何年の間、この男にもっと良く注意を払っておくべきだったと反省した。そうすればずっと上手にルーの意図を読み取ることができただろうにと。
「OKだよ」

"Gotta go - dinner just showed up." Lou said, sounding pleased? and then he hung up, leaving Arthur to do the same, staring at the phone with trepidation.
「じゃ、もう行かないと − (遅くなって)ディナー(になったん)じゃ目立ちすぎるだろ(show up=目立つ)」
ルーの口調はどこか楽しげだった。ルーが電話を切ったので、アーサーもそれに習った。が、慄いたように電話を見詰めたままだった。

"Arthur?" Curt stuck his head in and smiled at him, a bit tentatively. "You ready, man?"
「アーサー?」
ドアから顔をのぞかせたカートがアーサーに笑顔を見せた。が、まだ多少ビクビクした様子だった。
「準備はいいか、アーサー?」

  "Yes." Standing, nude, not really excited, he followed his lover to the bathroom. Just the act of following was enough to get him turned on, as Curt was nude as well and his beautiful, perfect ass was right in front of Arthur, who freely enjoyed the sight.
「いいよ」
そう言うとアーサーは立ち上がった。服は脱いでいたが、まだ局所はうなだれたままだった。愛しい男の後を追いながらアーサーはバスルームへと向かった。が、後を追うという行為だけでも、アーサーの身体に火をつける(turn on=その気にさせる)のには十分だった。カートもまた一糸纏わぬ姿だったし、その美しい、完璧無比な尻が目の前にちらついているとあっては、アーサーも思う存分その眺めを堪能できたからだ。

The second bath on this main floor had a large sunken tub, and not much else. There wasn't even a working toilet in the room, and the floor was still plain plywood, stained in places from splashed water. There was a counter without a sink, and a frame without a mirror over it.
家の中心をなすこの階にある二つの風呂のうちの片方には、大型で埋め込み式のバスタブがあり、他には何もなかった。トイレでさえまだ使い物にならず、床は未だに白木の合板で、飛び散った水滴がところどころに(in places=所々に)染みを作っていた。シンクの無いカウンターがあり、その上には鏡が入っていない枠組みが取り付けてあった。

But the large tub was filled with steaming hot water, and it shone with a slight coating of oil. The scent of jasmine hung in the air and Arthur sniffed appreciatively as he slid in, hissing at the heat.
だが広々としたバスタブはもうもうと湯気の上がる熱い湯で満たされ、薄く覆われたオイルで光り輝いていた。ジャスミンの香りが部屋一杯に立ち込め、アーサーは嬉しそうにその香りを嗅ぐと、中へと滑り込んだ。熱さに思わず声を上げながら。

"Too hot?" Curt reached for the taps.
「熱すぎたか?」
カートは蛇口に手を伸ばした。

"Just right." Arthur sighed, sinking back and holding out a hand. "Are you joining me? You're dressed for it." He smiled as gently as he could, trying to let Curt see that everything was okay, that they were fine.
「いや、ちょうどいいよ」
アーサーは深々と息を吐いた。背中を湯に沈めながら、片手を伸ばして。
「一緒に入らないかい? 君もそのつもりで脱いだんだろう(dress for=に適した服装をする)」
アーサーは精一杯優しく微笑んだ。もう何も問題が無いことを、2人は大丈夫だということを、カートに分からせようとして。

  "In a minute." Crossing to the unfinished counter, Curt pressed the play button on a tape player sitting there. The quiet sounds of acoustic guitar filled the room and Arthur sighed, closing his eyes and willing himself to relax. After a moment it was easy, the mellow sounds lilting through the space, the water cradling him, his sore throat easing as he breathed deeply through a slightly opened mouth, the thick, steamy air soothing.
「ちょっとその前に」
まだ未完成のままのカウンターを横切ると、カートはそこにあったテープレコーダーの再生ボタンを押した。アコースティックギターの静かな音が部屋を満たし、アーサーは吐息を漏らした。目を閉じ、自ら進んで疲れを癒そうと努めた。しばらくすると、軽快で、柔らかい調べが響き渡った。湯がアーサーの体を優しく揺らし、僅かに唇を開いたまま深呼吸するにつれて、痛んだ喉も楽になっていった。部屋中に充満した強烈な湯気に癒されて。

Then the water shifted and lapped at his chin and he felt Curt pressed to his side as his lover slid over and wrapped an arm around his waist, snuggling close as if they were in bed together.
やがて嵩を増した湯がアーサーの顎に掛かった。脇にカートの重みを感じたかと思うと、その愛しい男はアーサーににじり寄り、腰に腕を回し、ピッタリと身を引き寄せた。まるでベッドにいる時のように。

Slipping his own arm around Curt, Arthur held him, and they floated for a bit, the water cooling enough to be perfectly comfortable, and then Curt slid his free hand to Arthur's cock, which was only half-hard, and Arthur opened his eyes to shake his head.
アーサーも腕を回すとカートを抱き締めた。そうしてしばらくの間2人が湯に浸かっていると、湯加減はいい按配に温み、すっかり快適になった。やがてカートは開いているほうの手をまだ半勃ち状態のアーサー自身へと伸ばしてきた。アーサーは目をあけると首を横に振った。

"Not now, love." Curt's brown wrinkled. "This is -nice. I'd like to just lie here and hold ye for a bit, alright?" Trying to explain, Arthur was relieved to see the frown ease.
「ああ、今はダメだよ、カート」
カートは眉(browのミススペル)をしかめた。
「ここは……なんて言うかとっても気持ちがいいんだ。だから僕はちょっとの間、ここにただ寝そべって君を抱いていたいんだけど、ダメかな?」
何とか説明するうちに、カートのしかめっ面は解け、アーサーは安堵した。

"Okay, man." Propping his chin on Arthur's shoulder, Curt slid his hand down lower and gently cupped Arthur's balls, which were hanging loose and low in the heat of the water. "Whatever you want."
「分かったぜ、アーサー」
アーサーの肩の上に顎を載せると、カートは手を下にずらし、アーサーの陰嚢を優しく包み込んだ。それは温かい湯の中でダランとぶる下がっていた。
「お望み通りに」

"I want to know what we're going to do about that picture." The words were out before Arthur thought them through, but Curt didn't react badly. Which was fortunate, considering what he was holding onto.
「じゃあ、あの写真の事だけど、この先どうするつもりなのか知りたいな」
ろくに考えもしないうちに、ついこんなセリフを吐いてしまった。が、カートは悪びれたりはしなかった。カートが握っている一物にとっては、実に幸運なことに……。

"I'm going to call the cops. In the morning. Tell them that Stone threatened us, that he tried to blackmail us. Then I'm going to call my lawyer and cover my ass - and yours."
「俺はポリ公に電話するよ。朝になったら。やつらにストーンが俺たちを脅したこと、恐喝しようとしたことを言ってやる。そして俺の弁護士にも電話して俺と……お前を守る手立てを講じさせるさ(cover one's ass=ここでは「自衛の手段を講じる」という意味)」

Startled by the plan, Arthur roused a bit and turned his head to look at Curt, who grinned at him.
計画に意標をつかれたアーサーは僅かに眠気から醒め、振り向くとカートの顔をまじまじと見詰めた。カートはニヤリと笑ってみせた。

"Whot?" He asked, teasing.
「何か問題か?(Whot=Whatの方言)」
からかうようにカートは問い返した。

  "You want to go public with everything?"
「すべてを世間に公表することになってもいいのかい?」

"I didn't do anything wrong." Curt said gruffly. "Why should I let him get away with this shit?"
「何も悪いことはしちゃいないぜ」
ぶっきらぼうにカートは答えた。
「こんな汚い真似するヤツを誰が見逃してやるかよ?」

"I love you." Arthur said, happily, feeling his won face spread into a wide grin. "I'm proud of you."
「愛してる」
アーサーは幸せそうに言った。つい自分の顔がほころぶのを感じて(won=ownのミススペル)。
「君が誇らしいよ」

"I love you so fucking much, man." Suddenly Curt was climbing on top of Arthur, grabbing him in a tight, emotional hug. "I told that bastard once, I told him that he could be my main man... that he could be everything to me, replace drugs and booze. But I was wrong." he held tighter and Arthur, feeling the bruises the grip was going to leave, clung back just as tightly. "You're my main man."
「俺だってお前のことが好きで頭がおかしくなりそうだぜ、アーサー」
突然、カートはアーサーの上にのしかかると、強く熱烈な抱擁でアーサーを捕らえた。
「俺はあの野郎に言ったことがある。あいつは俺が本気で惚れた男だと……ヤツは俺のすべてで、ヤツがいれば薬も酒もいらないと、俺はヤツに言ったんだ。だが俺は間違ってたよ」
カートは抱き締める腕にさらに力をこめた。痣が残るくらいに。にもかかわらずアーサーのほうも思い切り抱き返した。
「お前こそが俺の唯一の、そして、最後の男なんだ」

Curt whispered into Arthur's ear, managing to get a leg around Arthur's, wrapping himself around his lover like a blond leech. "You're all I need."
カートはアーサーの耳元で囁いた。自分の足をアーサーに絡みつけようとやっきになりながら。まるで金髪のヒルのように、愛しい男を自分の体で包み込んだ。
「お前がいれば俺はもう何もいらない」

"Yes, love." Arthur held him, and kissed him, and waited for the silent storm to pass over them. He didn't like, too much, that Curt was comparing him to Brian, but they were the only two people Curt had ever really loved, he knew that, so comparisons were inevitable. "I've got you."
「そうだね、カート」
アーサーはカートを抱き締め、口付けし、黙ったまま心に巻き起こった嵐が通り過ぎるのをただじっと待った。アーサーにはあまり愉快なことではなかった。カートが自分とブライアンとを比較するのは。だが、今までカートが真実、好きになった男が、自分とブライアンの2人だけだったのだ。アーサーには分かっていた。だからカートが比較してしまうのは仕方の無いことだったのだと……。
「分かってるよ」

  They held each other until the water cooled, and then climbed out together, Curt commenting that maybe it was time they got to work on this bathroom and Arthur, grinning, agreeing. He grabbed the tape deck and carried it to the bedroom with them, and then, when they were tucked up, it was dark outside, the tape still playing beside the bed, he listened a bit more and what he heard made him half-sit, disturbing his lover.
お湯がぬるくなってしまうまで2人は抱き合ったままだった。やがて2人がバスタブから出る時になるとカートは思い出したように言った。そろそろこのバスルームの仕上げに取り掛からなきゃいけない時期だなと。ニッコリ笑うとアーサーはその意見に同意した。アーサーはテープデッキを掴むと、携えたまま、ベッドルームへと移動した。2人がベッドに収まった頃には(be tucked up=ベッドで寝る)、外はすっかり暗くなっていた。ベッドの脇ではいまだにテープが鳴り続け、アーサはまだしばらくそれを聴いていた。が、聞えてきた曲にアーサーは思わず飛び起きそうになり、愛しい男の安らぎを妨げてしまった。

  "Is that you playing?"
「こ、これは君の演奏なのかい?」

Rolling over, Curt answered without opening his eyes.
寝返りを打つとカートは目を閉じたままこう答えた。

"Yeah. Arthur, lie back down."
「ああ、そうだ。アーサー、んなことはどうでもいいから、さっさと寝ろよ」

"New music?" Arthur asked, still trying to make sense of it. He hadn't realized Curt was still writing music, or playing anything.
「新曲なの?」
アーサーは食い下がった。どうしてもハッキリさせておきたくて。アーサーには思いもよらなかったのだ。未だにカートが作曲や演奏を続けていたなんて……。

"Just a little bit." Now Curt opened his eyes and glared at him. "Arthur, lie back down. How am I supposed to rest if you won't be still?"
「ほんの手慰み程度だけどな」
今やカートは目を見開き、アーサーを睨み付けた。
「アーサ、頼むからもう寝てくれ。お前がいつまでも騒いでたら、俺が休めねえだろう?」

"I'm sorry, love." Lying back, Arthur drew Curt to his side and they cuddled again. "I'm really happy that you started playing again."
「ああ、ゴメンよ、カート」
仰向けに寝そべると、アーサーはカートを脇に引き寄せ、再びピッタリと寄り添うように眠った。
「君が音楽活動を再開してくれるなんて。僕は本当に嬉しいよ」

"Never stopped." Curt was almost asleep again. "Just play something different now."
「俺は止めたことなんて無えよ」
カートは再び眠りの淵に落ちていた。
「ただ何を演奏するかが変わっただけさ」

Arthur managed to stay awake almost to the end of the tape.
テープが終わるまで何とか目を開けていようとアーサは頑張ったのだが……。



Contact Saraid at saraid@wf.net.
サレイドへのお便りはsaraid@wf.netへ。

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、原文を推薦していただきました鳩三礼様、英語表現を解説してくださったKamen様に深く感謝いたします。今回も原文の行間を補うために独自の解釈を僅かに加えています。


フロントページに戻る