DESTINY'S EMBRACE
運命の抱擁

by Ghostwriter (ghostie@postmark.net)
ゴーストライター著

Archive
収録
Category
分類
Rating
レイティング
Master & Apprentice. All others please ask first.

「マスター(師)と弟子」サイトに収録されています。その他についてはすべて、まずはお尋ねください。

Angst, POV, First Time

葛藤、オビ=ワンの視点から見たお話(POV=Point Of View)、初体験もの

NC-17

17歳以下は禁止。かつての「X指定」と同等(No One 17 And Under Admitted)

Warnings
警告
Spoilers
元ネタ
This story contains scenes of sexual expression between two consenting adults who happen to be of the same gender. If you are under 18 or are offended by such material, please read no further.

この作品には、たまたま性別が同じである2人の成人による同意の上でのセックス場面が描かれています。もしあなたが18歳未満、またはそういった類の作品を不快に感じるようでしたら、どうかこれ以上はお読みにならないでください。

This story takes place directly following TPM. Major spoilers ahead.

本作品はザ・ファントム・メナスの直後に相当するお話です。主にネタはそこから来ています。

Summary
あらすじ
Obi-Wan struggles to cope with his loss by remembering a precious moment he and his Master shared.

オビ=ワンはマスターと共に過ごしたかけがえのない瞬間を思い出し、マスターを失った悲しみに耐えようと葛藤する。

Feedback
お便り
Disclaimer
著作権に関する留意点
Greatly appreciated at ghostie@postmark.net

心からお待ちしています。ghostie@postmark.netへ送ってください。

Lucas owns all things Star Wars - I'm just borrowing for a bit. No copyright infringement is intended.

著作権に関する留意点:スター・ウォーズに関するすべての権利はルーカスに属します。 - 私はちょっと拝借しただけなんです。権利を侵害するつもりは全くありません。

A big thank you to my beta reader, Mary W, who was with me every step of the way on this one!
この作品を書くにあたって、その間、私と一緒に一歩ずつ下読みに協力してくれたメアリーには深い感謝を捧げます。


DESTINY'S EMBRACE
運命の抱擁

June 1999
1999年6月

A part of me died today. Despite all my control, I still find myself staggering from the loss. It doesn't matter how well we condition ourselves, or how many times we are witness to such circumstances; it doesn't even matter how strongly the Force flows within our bodies. Nothing ever truly prepares us to face death.
今日、私の魂を占めていたものが死んだ。すべての力を振り絞って自分を律しようとしたにもかかわらず、私はまだ、失った悲しみに呆然としていた。このようなことにいくら慣れようが、このような状況を何度体験しようが、そんなことはものの役には立たなかった。フォースの力をもってしても、体の中にそれがどんなに力強くみなぎったとしても、それすら助けにはならなかった。真に死と直面する準備を私たちは今に至るまで何らしていなかったのだ。

Not like this...
目の前にあるような現実に対して……。

Jedi Knights must not allow fear to guide their way, for that is the easiest path to the dark side. Fear must be purged; released in favor of the patient, logical mindset of a Jedi.
ジェダイの騎士は恐れてはならない。ジェダイの道を行くことを。恐れは、すなわち、暗黒の側へ陥る最短経路だからだ。恐怖心を捨て去り、自らを解放しなければならない。ジェダイの忍耐力と理性によって。

Yet, a part of me still knows what fear is; part of me has lived with it for a very long time, hidden in the deepest recesses of my heart.
それでも、まだ私は心のどこかで恐れていた。私の魂はあまりに長きにわたって胸の中の最も奥深いところに隠していた恐れと共に生きてきた。

One of us...Master or Apprentice...dying in the other's arms...
私たちのいずれかが……マスターもしくはその弟子が……互いの腕の中で事切れつつあった。 

'It is the way of all things, Padawan,' you had told me when I was but a child.
'An inescapable destiny that each of us must face when the time is right.'
「パダワン(弟子)よ、これが物事のあるべき道なのだ……」
と、あなたは私に言った。私がほんの子どもだった頃に。
「避けられない運命だ。その時がくれば我々のいずれかは運命に直面しなければならないのだ」

Destiny can be very cruel. As a Jedi, I must accept this. I must let go of the pain and anger, and refocus myself in the present. Yet, my effort to do so has left me weary and confused.
時に運命はひどく残酷になりえる。ジェダイとして、私は運命を受け入れなければならない。苦痛と怒りに固執してはならない。今の自分に目を向けなければならないのだ。それでもなお、そうしようと努力するたびに、私はくじけ、困惑してしまう。

Our bond was strong - far stronger than most. The Council had cautioned us, but we chose to follow our hearts instead. The consequences are now mine alone to bear...will I be strong enough?
私たちの結束は堅かった - これ以上ゆるぎない団結などあり得ないほど。ジェダイ評議会は私たちに警告した。しかし、私たちは自らの心に従うほうを選んだ。今、私は一人残された。自らが選んだ結果に耐えるようにと……だが、私はそれに耐えられるほど強くなれるのだろうか?

Your funeral pyre still smolders as I approach, dark wisps of smoke twisting slowly skyward. I reach my hand out, eager to connect in some way - any way - with what remains of you, my beloved. The heat that emanates is still strong, wrapping around my skin as I hold my fingers suspended above the ashes.
近づいて行くと、あなたの葬儀の積み薪が、いまだくすぶるのが見える。空に向かって一筋の黒い煙がゆっくりと立ち登っていく。手を伸ばし、どうにかそれに触れようとする。虚しいと分かっていても、最愛の人であるあなたの名残りに触れたくて。炎は今なお勢いよく吹き上げ、私の肌を包みこむ。灰の上に指をかざす間も。

A wave of remorse begins to wash over me once more, but this time I fight it, allowing precious memories to surface in defense. Moments of joy and happiness surround my spirit as I close my eyes to the devastating sight before me. I feel myself smiling gently as I remember...
今一度、自責の念に押し流されそうになる。だが、こんどこそ私は戦うだろう。かけがえのない思い出に守られて。歓喜と幸福の瞬間が私の魂を癒していく。荒廃した光景を前にして私は目を伏せた。思い出に浸りながら、いつの間にか密やかに微笑んで。

Slowly...
ゆっくりと……。

Obi-Wan sensed his Master's presence the moment Qui-Gon entered the adjoining room. The young Apprentice scrambled to erect a mental privacy shield, his effort to do so deliberately careless.
マスターの気配をオビ=ワンは感じた。クワイ=ガンが隣の部屋に入ってきただけで。若い弟子は観念波遮断シールドを緊急作動させた。わざとうっかり作動させてしまったような振りをして。

Obi-Wan smiled as he felt a sudden wash of embarrassed amusement from the elder Jedi before he felt his shields being discreetly augmented from the other end. Everything was working brilliantly.
オビ=ワンはほくそ笑んだ。年上のジェダイから戸惑い混じりの嬉しさの波動を不意に送られ、自分の遮蔽シールドが片端から注意深く何者か(注:実はクワイ=ガン)によって強化されていくのに気付いて。すべてオビ=ワンの思惑通りに事が運んだ。

Fingers gently teased heated flesh, stroking lightly here...then there. The young man's body was alive with sensations as he purposely fought to keep himself unfocused.
指が火照った肉体を優しくじらした。ここかしこを、そっと愛撫しながら。若い男の身体は快感で満たされていった。わざとそこから気をそらせようともがきながらも。

He could have easily kept his emotions from broadcasting to the rest of the Jedi population - he was a very well trained Apprentice, after all. But, the art of seduction - as written by Obi-Wan Kenobi - included very carefully timed lapses of control...
他のジェダイたちに打ち明けてしまいたいという衝動を我慢することなど、オビ=ワンにとっては、いともたやすいことだった。結局は、オビ=ワンもまた、非常に訓練された弟子だったのだ。だが、これもまた誘惑の技巧の一つだったのだ - オビ=ワン・ケノービが編み出したのだが - 極めて慎重に時を選んだ上で、こんなふうに理性を失ってみせるというのも。

The young man smiled once again as he continued to stimulate himself, gentle surges of pleasure rippling through his body. A steady rhythm guided his path as the fingers of his other hand sought out more flesh to fondle lovingly.
若い男はもう一度微笑んだ。自分自身を刺激し続けながら。穏やかな歓喜の波が身体中にさざめく。規則正しいリズムに導びかれながらも、もう一方の手の指は新たな肉体を探し求め、いつくしむように愛撫した。

Students at the Temple were taught not to be ashamed of their bodies from a very young age. The close proximity in which a Master and Apprentice worked and lived would leave little room for modesty as the students grew older.
寺院の学徒たちはごく若いうちから「自らの肉体を恥じるべきではない」と、教えられる。また、マスターと弟子は極めて密接に労働や生活を共にするため、学徒たちが長ずるにつれて、次第に慎み深さを失っていくのも仕方のないことだった。

A young person's budding sexuality was addressed with patience and honesty by the older Jedi. The time of sexual awakening was also a time of great awareness in the young students.
若者の性への目覚めは、辛抱強く誠実に、年上のジェダイによって正しい方向に導かれた。性的に目覚める時期は同時に、若い学徒たちにとって精神が目覚める重要な時期でもあるからだ。

The more in tune they were with their bodies, the deeper their connection to the Force. For this reason, the exploration of all the body's pleasures was highly encouraged by the elders. It was their first true taste of bliss in a universe filled with infinite possibilities.
自らの肉体との調和を深めるほど、フォースとの結びつきもより深かまる。そういった理由から、肉体のあらゆる快楽を探求するようにと、年長者から大いに奨励されるのだ。学徒らにとってそれは、初めて味わう心からの至福の感覚だった。無限の可能性に満ちたこの宇宙の中で。

Breathing ragged...his pulse quickened to match the speed of his hand. Bold images of carnality danced behind eyes closed in rapture...
オビ=ワンの呼吸は乱れ……手の動きに合わせるように脈は早まっていく。狂ったような歓喜の嵐に思わず目を閉じると、あられもない姿で踊る肉体の姿が脳裏に浮かんだ。

  Must...remember...
思い出すのだ……

The Force spiraled around the young Apprentice, wrapping him in its embrace as his body tensed, every muscle straining with the effort.
若い弟子を取り巻くように、フォースは螺旋を描き、オビ=ワンを抱くように包みこむ。全ての筋肉が思いきりひっぱられるかのように身体が緊張した。

Remember...to...open...
思い出し……そして心を開くのだ(注:クワイ=ガンに読みとってもらうために)

A half-sob escaped Obi-Wan's throat as his body finally ascended toward climax. He hovered on the edge for an eternity, trembling from the experience until he could no longer hold back. His body jolted as the sudden surge of intense pleasure overtook him, his life force spilling in quick, hot spurts over his hands.
肉体がついに絶頂に向かって一気に高まるその瞬間、オビ=ワンの喉から半ばすすり泣きにも似た声が漏れた。オビ=ワンは永遠にも感じられる自我と忘我の境でさまよい、甘美な感覚(experience=sensation)におののき、もはやこらえきれなくなった。突然、溢れるような強烈な快感に襲われ、オビ=ワンは身をガクガクと震わせた。たちまちオビ=ワンの生命のほとばしり(life force=sperm:女性がそれによって生命を宿すところから「精液」を表す)が溢れ、手の上に熱いものを放出させた。

Using all of the skills he possessed, the young Jedi allowed his shields to falter slightly, sending a powerful wave of pure sensation cascading through the link he shared with his Master the moment he reached orgasm.
絶頂に達した瞬間、若いジェダイは持てる技のすべてを使って遮蔽シールドをわずかに弱め、溢れ出んばかりの純粋な感覚の波動を力一杯送った。マスターと自分を結ぶ堅い<精神結束>(テレパシーを送り合う精神的な絆)を通して。

Somewhere in the distance his senses registered a strange sound, sudden and loud, but by then he was far too engrossed in the pleasure of the moment to think coherently.
オビ=ワンの五感は、どこか遠いところで奇妙な音がしたのをキャッチした。突然の、しかも大きな音を。しかし、その時のオビ=ワンはつかの間の快楽に耽るのに夢中なあまり、筋道の立てて推理することができなかった。

Gradually his hands slowed, ecstasy ebbing away in a gentle wave of relaxation. His entire body felt exhilarated; strengthened and whole. For an instant he'd been one with the universe...one with the Force.
徐々にオビ=ワンは手の速度をゆるめ、エクスタシーは穏やかな波のように広がる弛緩のしじまに消えていった。オビ=ワンは身体中が闊達になり、力が漲り、充足するような感覚を覚えた。宇宙とひとつになった瞬間、フォースとも一体化したのだ。 

With one last, shuddering breath, the young Apprentice came back to reality. His body still trembled from the experience as he leaned back against the wall behind him, a soundless sigh of contentment slipping past his lips.
最後に一度、息を震わせると、若い弟子は現実の世界に舞い戻った。激しい感覚に身体はいまだ震えていた。後ろの壁にもたれたまま、満足げな溜息が音もなく唇から漏れる。

A few moments of blessed peace passed before Obi-Wan heard the distinct sounds of movement in the next room, strange and muffled. He strained to listen more closely. It almost sounded as though his Master were rearranging the furniture in some fashion. Curious...
楽しく平和なひとときが過ぎ去り、隣の部屋から何かが動くはっきりした音が聞こえてきた。奇妙なくぐもった音を。オビ=ワンは接近して懸命に聞き取ろうとした。マスターが家具を一定の方式で並び替えているような音が聞こえる。一体何のために……

It only took a few minutes for the young man to wash himself and dress before venturing in to the main room of their guest accommodations. The first thing he saw was his mentor on hands and knees mopping water up from the floor.
若い男はまたたく間に身体を洗い、服を着ると、意を決して客用宿泊施設の主賓室へと向かった。オビ=ワンの目に最初に飛び込んできたのは、四つん這いになって床から水を拭き取っている指導者の姿だった。

"Master?"
Obi-Wan asked softly.
"Is everything all right?"
The elder Jedi turned to look at his Apprentice, more than one emotion swirling in his brilliant blue eyes.
「マスター?」
そっとオビ=ワンは尋ねた。
「大丈夫ですか?」
年上のジェダイは弟子の方を振り向いた。その輝く青い瞳にはさまざまな感情が渦を巻いていた。

"Yes, Padawan."
The last word held a definite mixture of amusement and frustration.
「ああ、パダワン」
最後の一言には明らかに喜びと同時に失望の念が込められていた。

"What happened?"
Qui-Gon's robes had been discarded off to the side, and the front of his sand colored tunic was darkened with wet spots. The Master's dark leggings were wet, as well, presumably from kneeling in the water that was now resting in puddles on the floor. Obi-Wan moved to help his mentor, fetching a handful of dry towels from a nearby basket.
「何かあったのですか?」
クワイ=ガンはローブ(外衣)を脇に脱ぎ捨て、砂色のチュニック(短い胴着)の前を水滴でシミだらけにしていた。濃い色のレギンス(スパッツのようなぴったりしたズボン)まで濡れてしまっていたが、それは多分、水たまりが残っている床の上にひざまずいたからだろう。指導者を手伝わなければと、オビ=ワンは駆け寄ると、直ぐ近くのバスケットからひとつかみの乾いたタオルを手渡した。

"The pitcher slipped from my hands as I tried to ready the wash basin."
The older man's eyes didn't leave the form of his Apprentice as he continued to speak.
"I hope the D'elani won't take offense at my clumsiness."
「洗い桶を用意しようとしたんだが、手から水差しが滑ってしまってね」
話しながら年上の男は弟子から目をそらせた。
「デ・ラニの者たちが、私の不始末に腹を立てないでくれるといいんだが」

Obi-Wan forced himself not to smile - or even think about smiling for that matter. He sensed his Master's scrutiny, both physically and mentally, and knew, without a doubt, that he'd been the cause of Qui-Gon's momentary lapse. It was all part of the chase; a game Obi-Wan had been playing for the better part of a year now.
オビ=ワンは笑いを必死にこらえた - というより、こんなことを笑っていいのか悩んでいた。オビ=ワンはマスターが念入りに自分のことを観察しているのに気がついた。肉体面と精神面の両方で。そして、今回のようなめったにない過失をクワイ=ガンが犯したのは間違いなく自分のせいなのだということをオビ=ワン自身も知っていた。それは追いかけっこのようなものだ。オビ=ワンがこの一年の間中、興じているゲームの一種だった。

"They seem a very amicable race, Master. I doubt one broken pitcher and a bit of spilled water will phase them much," the young man responded as he knelt beside Qui-Gon, passing several towels to the Jedi.
「デ・ラニたちはとても友好的な種族のようですよ、マスター。水差しが壊れようが、水が少々こぼれようが、あの人たちの感情をそれほど害する問題とは思えません……」
若いほうの男はクワイ=ガンのかたわらにひざまずいてこう答えた。なおもジェダイにタオルを手渡しながら。

Qui-Gon accepted the towels, a small smile tugging at his lips.
"Amicable, indeed. Did I neglect to mention their code of punishment includes being publicly bound and flogged for any minor misdemeanor?"
タオルを受け取ると、クワイ=ガンは唇の淵に微かな笑みを浮かべた。
  「友好的だ、いかにも。が、言わなかったかな? デ・ラニの刑罰法規では、どんなにささいな軽犯罪であっても、公衆の面前で縛られ、鞭打たれるということを」

"An outdated practice inspired by a precept that even the current First Minister admits needed revising several centuries ago."
「時代遅れの風習ですね。現在の第一首相でさえ数世紀前に改訂する必要があったと認めているほどの戒律に基づく」

The Jedi Master observed Obi-Wan calmly, his small smile gradually widening.
"You've done your homework well, my young Padawan."
ジェダイ・マスターは静かにオビ=ワンを見つめた。次第に微笑みが顔全体に広がった。
「ちゃんと宿題をやっているようだな。我が若きパダワンよ」

"As boring as I find this diplomatic research to be, I understand its importance, Master. To step into any negotiations unprepared would be unwise."
The young Apprentice gazed back at his mentor, allowing a small sparkle of mischief to brighten his eyes.
「外交問題に関する調査は退屈でしたが、少なくともその重要性は理解しましたよ、マスター。どんな交渉事であっても、準備不足のまま足を突っ込むのは、決して賢明な行為ではないのだということを」
振り向くと、若い弟子は視線を指導者に向けた。いたずらっぽい小さな火花をその目にきらめかせながら。

"Yes," Qui-Gon responded, turning back to the task at hand.
"You're learning the skills of diplomacy very well. I think perhaps you could benefit from a few additional exercises in matters of control, however..."
「そうだとも……」
そう答えるとクワイ=ガンは先ほどまでしていた仕事に戻った。
「外向上の戦術も実によく修得しているではないか。さらに自分を抑えるための補足的な訓練を多少積めば、なお良いのではないかな」

Obi-Wan bit back another smile as he looked away quickly, feigning embarrassment.
"Yes, Master."
His words were soft and acquiescent. It was an adequate performance, but one the young Jedi knew wouldn't fool his mentor.
笑いたいのを悟られないように(bit back=suppressing)オビ=ワンはすぐに目をそらせ、当惑している振りをした。
「はい、マスター」
穏やかな口調は黙って従いますといわんばかりであった。それはまったく適切な行為であり、指導者を裏切らないですむ、若いジェダイが知る唯一の方法だった。

The relationship between Master and Padawan learner was a very deep and symbiotic one. Years spent in each other's presence lent itself to a very cherished emotional bond between the two that was nothing less than sacred. Very little could be kept hidden.
マスターとパダワン学徒とは極めて緊密な関係にあり、むしろ共存関係にあると言ったほうがふさわしいほどだった。共にすごした年月は、2人の間に情緒的な絆を大事に育んでいった。隠し通せることがほとんど無い、神聖である以外に何物でもない絆を。

There was no doubt in Obi-Wan's mind that his Master knew exactly what he'd been up to for the last year. Yet, Qui-Gon had never spoken to him regarding this issue. The elder Jedi had calmly accepted Obi-Wan's carefully disguised advances without acknowledging them in any way.
オビ=ワンは密かに確信していた。昨年、自分が何をし続けてきたのかをマスターは正確に把握しているはずだと。だが、クワイ=ガンは決してそのことに触れようとはしなかった。とにかく年上のジェダイは何も言わずに、オビ=ワンが極めて婉曲的な誘惑をしかけてくるままにさせていたのだ。素知らぬ振りをして。

Unfortunately, the Jedi Code remained silent on matters of the heart. Apprentices often formed romantic attachments to their Masters at some point in their training. It was a natural reaction to the closeness of their bond coupled with the awakening of their young bodies into adulthood.
不幸にも、ジェダイの戒律は人の心の中の事象については黙して語らなかった。弟子たちはしばしば訓練中にマスターに対して憧れにも似たある種の愛情を抱く。マスターと弟子とは極めて密接な関係にある上に、成人期特有の若い肉体の目覚めが起こる時期が重なるのだから、そういった反応が返るのはしごく当然のことだったのだ。

In turn, Jedi Masters were carefully instructed in ways to handle such delicate circumstances; to gently encourage their Padawans to reach outward with their hearts rather than inward. There were no written rules that stated a Master could not become involved with his or her Padawan learner, but such a choice was adamantly frowned upon by the Council.
それに対してジェダイ・マスターたちはというと、注意深くこのような微妙な状況を制御するようにと指導されていた。自らのパダワンを優しく励まし、弟子たちの心を、内面より外の世界へと向かわせるようにと。マスターが自らのパダワンにあまりかかわるべきではないと明文化されたルールは存在しないのだが、そのような選択(注:弟子とマスターが深い関係になること)に対してジェダイ評議会はけっしていい顔をしなかった。

Obi-Wan considered the variables as they finished cleaning up the floor. Qui-Gon's silence on the issue could mean any number of things. It could be his way of dissuading his Padawan by simply not acknowledging what was happening...or it could be a sign of consent.
床をきれいにし終えると、オビ=ワンは考えられうる可能性を上げてみた。この件についてクワイ=ガンがなぜ黙っているのか、複数の理由が考えられたからだ。起こっていることを単に認めようとしないというのは、パダワンを思いとどまらせたい時のマスターの手なのかもしれない……いや、ひょっとして、これは同意の合図なのかもしれない。

By not putting a stop to his Apprentice's actions, the older man could also be implying, 'I feel the same, Padawan, but now is not the time.'
本気で弟子の行動を制止したいなら、年上の男はまた、こうほのめかすこともできたのではないか。
「私の気持ちも同じだよ、パダワン。だが、今はその時ではないのだ」と。

In any case, Obi-Wan Kenobi had no intention of stopping his pursuit of Qui-Gon Jinn...not until there was absolutely no hope of being able to express the affection he held so dearly for the Jedi Master.
いずれにしてもオビ=ワン・ケノービはクワイ=ガン・ジンへの思いを断ち切るつもりなどなかった。こんなにも深く抱いてしまったジェダイ・マスターへの愛を示す機会があるかもしれないという微かな希望がある限り。

"That should do it," Qui-Gon stated, leaning back on his heels to inspect their mopping job.
"Now I must change clothes if we are to be at the reception on time."
「さ、これでいいだろう?……」
クワイ=ガンはそう言って、しゃがむと、モップ作業の出来具合を点検した。
「さあ、服を着替えないと、もうレセプションの時間だぞ」

"I will take care of the rest, Master."
「後はやっておきます、マスター」

"Thank you, Padawan."
「ありがとう、パダワン」

The Jedi Master squeezed his Apprentice's shoulder affectionately as he stood. Obi-Wan watched him leave, a dull ache beginning somewhere deep inside his heart. How much longer would he have to wait before a definitive answer would reveal itself?
ジェダイ・マスターは立ち上がると、愛情を込めて弟子の肩をギュッとつかんだ。オビ=ワンはマスターを見送った。心の奧に鈍い痛みを感じながら。何と長い間、オビ=ワンは待ち続けなければならないのだろう。明確な答えが出されるまで。

Patience... he reminded himself. It was the greatest virtue of a Jedi. But, even a Jedi's patience has limits...
忍耐か……オビ=ワンは自分に言い聞かせる。それはジェダイの最高の徳だ。だが、いくらジェダイといえど、忍耐にも限度がある……。

The D'elani reception was colorful, aromatic, and rather lively compared to most the Jedi duo had attended. The food and drink were exceptional, as was the entertainment.
デ・ラニのレセプションは華やかで、魅惑的で、両ジェダイが出席したどのレセプションに比べても盛大な方だった。食べ物や飲み物は比類がなく、もてなしについてもまた同じことが言えた。

Last minute negotiations took place toward the end of the celebration, solidifying a treaty that would insure peace between the three races that inhabited the planet.
祝賀も終わるという頃、最後にささやかな交渉が行われたが、それはこの星に住む3つの種族間の平和を保証する条約の締結であった。

It was a major accomplishment for all involved; one that left both Jedi in very good spirits as they finally took their leave of the D'elani delegation.
それは今までやってきたことの装仕上げと言えた。非常に気分を良くした2人のジェダイは、ついにデ・ラニの代表団にいとまを告げた。

The twin moons shone brightly, guiding their path as they strolled peacefully through the palace gardens toward their accommodations. The Force was at peace here, filling both of them with a wonderful sense of purpose and contentment.
2つの月が明るく輝き、2人の行く手を導く。静まり返った宮殿の庭を通って、マスターと弟子は宿泊施設までの散歩を楽しんだ。ここではフォースは平穏で、2人をやる気と充足感に満ちた素晴らしい気分にさせてくれた。

It was a moment Obi-Wan wished would last forever. Stolen glances in his Master's direction revealed a level of serenity written on the elder Jedi's face that his Apprentice had rarely seen. It moved the younger man's heart to see his beloved so at peace.
オビ=ワンはこの時が永遠に続くようにと祈っていた。マスターの方を盗み見ると、年上ののジェダイは、弟子がめったに見たことがないような、心からくつろいだ表情を見せていた。最愛の人が顔をなごませているのを見て、若い男はとても嬉しく感じた(move one's heart=make one feel a vey strong emotion)。

"It has been a good day, Master," Obi-Wan finally ventured, breaking the silence between them with his soft words.
「いい一日でしたね、マスター……」
ついに意を決してオビ=ワンは2人の間の沈黙を破った。穏やかな口調で。

"Indeed it has, my young Padawan. Our efforts here have been a success. Many will benefit from this treaty."
「確かにいい一日だった……、我が若きパダワンよ。ここでの我々の努力は実を結んだ。この条約から多くの恩恵が得られることだろう」

"What happens now?"
「これからどうなされます?」

Qui-Gon took a deep, meaningful breath, relishing in the sweet scent of the surrounding flora.
"Now we go back to Coruscant to receive our next assignment."
クワイ=ガンは意味ありげに深呼吸し、周囲を取り巻く植物の甘い香りを満喫した。
「さてと、我々はコルサントに戻り、次の指示を待つとしよう」

As if on cue, a D'elani representative approached them from the direction of the palace.
"Ambassadors," he greeted respectfully.
"Your transport has arrived safely and is stationed in Bay Twelve. You may depart at your convenience."
示し合わせたように、宮殿の方向からデ・ラニ側の代表が近づいてきた。
「使節団の方々よ……」
代表はうやうやしく挨拶した。
「あなたがたの乗船される輸送機は無事到着し、第12湾に停泊しております。ご都合のよろしい時にご出発なされよ」

"Thank you, Chancellor."
Qui-Gon bowed slightly and spread his hands in the traditional D'elani gesture of thanks.
「ありがとうございます。総長殿」
クワイ=ガンは軽く会釈をし、感謝を表すデ・ラニの伝統的な身ぶりで両手を伸ばした。

"May the blessings of Mi'ira keep you safe on your journey," the Chancellor replied, offering the same gesture to both Jedi.
「ミ・イラの祝福があなたがたの旅の安全を保障しますように……」
そう答えると総長は両ジェダイに同じ身ぶりをしてみせた。

It is, indeed, a blessed evening, Obi-Wan thought to himself as he watched the D'elani retreat back to the festivities. Perhaps it's a sign that the time is finally right...
確かに、祝福に満ちた夕べだった。オビ=ワンはそのデ・ラニ人が祭典の席へ戻るのを見送りながら、ずっと考え続けていた。多分、それは「合図」なのだ。ついに今こそ(思いを打ち明けるのに)最善の時が訪れたという合図なのだと……

"Right for what, Padawan?"
Qui-Gon's words snapped the young Apprentice back to reality. Obi-Wan turned to stare at his Master, a rush of adrenaline signaling his embarrassment.
「何に最善だと言うのだ? パダワン」
クワイ=ガンの一言は若い弟子の幻想を打ち砕き、現実の世界に引き戻した。オビ=ワンは振り返り、マスターを見つめた。吹き出すように分泌されたアドレナリンからその当惑ぶりがうかがわせて。

He'd been broadcasting his thoughts once again, only this time it hadn't been intentional. The look on the elder Jedi's face was one of genuine, innocent curiosity, but hidden in the depths of his blue eyes was a tiny ripple of emotion that didn't escape Obi-Wan's attention.
オビ=ワンはもう一度思念を送ろうとしてみたが(only=but)、今度ばかりは故意にやったわけではなかった。年上のジェダイの顔は純粋で無垢な好奇心に溢れていたが、その青い瞳の奧には感情のひそやかなざわめき(注:単に無垢な好奇心から質問したのではないという兆候)が隠されているのをオビ=ワンは見逃さなかった。

He's baiting me... the young man thought with amazement. Qui-Gon's eyebrow quirked slightly, indicating that he'd heard that particular thought, as well.
マスターが私を誘惑しようとしている……若い男は驚きながら考えた。クワイ=ガンは眉毛をピクリと吊り上げた。クワイ=ガンも心の内でオビ=ワンの思いを聞いていたのだ。

Taking a deep breath, Obi-Wan decided that perhaps a bit of truth was in order before any further thoughts were inadvertently revealed. With any luck, his honesty would bring an end to the questions that had plagued his heart for so long...
深呼吸し、オビ=ワンは決意した。多分、真実は伝えたほうがいいのだ、これ以上自分の思いが露になってしまう前に。運が良ければ、自分に正直であり続けていれば、自分の心をあまりに長い間、悩ませ続けていた問いにやがて終止符が打たれるだろうと。

"I have been trying to determine the best time and method for seducing you, Master."
「いつ、どうやって、あなたを誘惑すべきかと、私はずっと模索してきました、マスター」

The words slipped from his lips so effortlessly that, for a minute, he wondered whether he'd even spoken them at all. He expected to see a swirl of emotions on his Master's face; surprise, anger, confusion, possibly even pity.
言葉はあまりにもたやすく弟子の唇からこぼれ出た。しばらくの間、弟子は全てを話してしまうべきかどうか、迷っていた。オビ=ワンはどこかで期待していた。マスターの顔に様々な感情が渦まいてくれればいいと。驚きや怒りや困惑に加え、あり得るなら、哀れみさえも。

He expected the movements of a nervous individual attempting to rationalize the thought process of a confused Padawan...he even expected the standard lecture on the proper relationship of a Master and Apprentice. Many things could have happened in that moment...but none of them did.
オビ=ワンは期待した。混乱したパダワンの思考過程を合理的に説明するために、内気な人がよくやるような的外れな反応をマスターが返してくるだろうと……オビ=ワンは期待すらした。マスターと弟子との望ましい関係についてマスターが一般的なレクチャーを授けてくれることを。その瞬間、多くのことが起こるはずだった……が、何も起こらなかった。

Instead, Obi-Wan continued to look deep into the eyes of his Master, who, for all intents and purposes, didn't look phased by his Padawan's confession at all. Not a single muscle moved on his regal face, nor did his eyes betray any inward emotion. He was, after all, a Jedi Master.
その代わり、オビ=ワンはマスターの瞳の奧を見つめ続けた。が、マスターは全くといっていいほど(for all intents and purposes=in almost every way)パダワンの告白に動じる素振りを見せなかった。王者のように堂々としたマスターの顔の筋肉はピクリともせず、その目は心の感情をさらけださなかった。結局のところ、彼もまたジェダイ・マスターの一人なのだ。

It seemed like an eternity before Qui-Gon moved to speak, though only a few moments had likely passed.
"Seduction is a very delicate process," the older man replied thoughtfully, his voice wrapping gently around the young Apprentice.
クワイ=ガンが黙っている間、時がまるで永遠であるかのように感じられた。ほんの数秒しか経っていないというのに。
「誘惑というのは極めて繊細な手続きなのだ……」
思いやりを込めて年上の男はそう答えた。若い弟子の回りを優しく包み込むような声で。

"I'm pleased to know you think yourself ready for such an endeavor. You will undoubtedly find a wealth of experience awaiting you down this particular path. Be mindful of what you feel and cherish all experiences, young Obi-Wan, for each moment only happens once."
「私は嬉しくてたまらないよ。誘惑しようと努力する時期がお前にも来たのかと思うと。お前ならきっと有意義な何かを見つけてくれるだろう。この修行の道(注:誘惑のこと)で待ち受けている様々な経験から。全ての体験から感じ取り、いとおしんだものを忘れないよう心に留めておくのだ、若きオビ=ワンよ。一期一会の体験から……」

It was probably the kindest, most tactful rejection anyone had ever received. Obi-Wan should have felt some kind of disappointment. There should have been pain and anger surfacing from his wounded heart.
それは多分、誰もが受け入れられるような、最も親切で最も呈のいい拒絶だった。オビ=ワンはまちがいなく失望しただろう。その傷ついた心からは痛みと怒りがにじみ出ているにちがいなかった。

After all, his love for the older man ran deep, and he'd waited so very long for this moment. Instead, he simply felt numb, the shock of realization deadening all his nerve endings.
結局、年上の男への弟子の愛情はより深かまるばかりだった。そうやって弟子はあまりに長い間その瞬間を待ち続けてきたのだ。だが今回は、この仕打ちにただただ打ちひしがれ、現実を思い知らされた衝撃に弟子の神経細胞は感覚を全く失ってしまった。

The touch of his Master's hand upon his shoulder brought him back to the moment. The elder Jedi squeezed gently in a silent gesture of appreciation, the learned face finally reflecting the regret that lay in his own heart.
"We should be on our way, Padawan. The Council will be expecting us."
マスターの手が肩に触れると、弟子は急に現実に引き戻された。分かっていると伝えようと年上のジェダイは無言の身ぶりで手にそっと力を込めた。博学そうなその顔には内心の後悔の念が滲み出ていた。
「我々は自らの道を行くしかないのだ、パダワン。ジェダイ評議会はそう望んでいるのだよ」

Obi-Wan responded instantly, his voice matching the soft tones of his mentor's.
"Yes, Master."
即座にオビ=ワンは答えた。指導者の優しい口調に応じるような声で。
「はい、マスター」

The rest of their walk was spent in silent contemplation, the peaceful sounds of the night fading quietly into the background.
残り行程の間、2人は静かに黙想しながら歩いた。夜独特の様々な音が静かに大気へとかき消えていった。

Once on board their transport, Obi-Wan retreated to a remote section of the ship to meditate. At least that was his plan. As it happened, his thoughts were too jumbled to allow any kind of inner peace. He sat staring at the table in front of him, wishing that he'd never revealed his true feelings to Qui-Gon.
輸送船に乗船した途端、オビ=ワンは船内にある隔離部屋へ引きこもって瞑想した。とにかくそうしようと思っていたのだ。が、あんなことになったせいで、オビ=ワンの頭の中は混乱し、心の平穏を保つゆとりをすっかり失ってしまった。オビ=ワンは座ったまま正面のテーブルをじっと見据えた。二度と本当の気持ちをワイ=ガンに打ち明けまいと心に誓いながら。

He could have lived with the possibilities; with the dream that one day his Master might return his affection. Yet, the young Jedi knew it was best that the situation had finally been brought into the open.
オビ=ワンは微かな可能性にすがりながら生きていくのだろう。いつかはマスターが自分の愛に答えてくれると夢見ながら。まだ若いジェダイは今の自分の思いを最終的にはハッキリ伝えるのが一番良いことなのだと思っていた

One cannot live a lifetime wrapped in fantasy. That was as dangerous as it was non-productive. Time would heal the wounds that had been so gently opened by his Master.
誰しも幻想に包まれたまま一生生きていくことなどできはしない。そんなことは非生産的なばかりでなく、危険ですらあった。時が経てば傷は癒える。たとえそれがマスターによって優しくこじ開けられた傷だとしても。

Obi-Wan took a moment to think about the elder Jedi. Qui-Gon was the kindest, gentlest person he'd ever met. He'd felt so honored when the older man had accepted him as his Padawan learner...the chance to learn from Qui-Gon Jinn was the best reward any Jedi hopeful could ask for.
しばらくの間、オビ=ワンは年上のジェダイのことを考えていた。クワイ=ガンは今まで自分が出会ったうちで最も親切で、最も紳士的な人物だった。この年上の男が自分をパダワン修行者として選んでくれた時、なんと名誉なことだろうと思ったことか……クワイ=ガン・ジンから学べるなどという機会は有望なジェダイなら誰もが望みたがる最も貴重な報酬だったから。

The Jedi Master had let his Apprentice down in the kindest way possible, and for that Obi-Wan was grateful. But, the look in Qui-Gon's eyes as he'd touched his Padawan's shoulder... He may have been projecting regret to the younger man, but his eyes had told a far different story...one of unspoken love; one of a destiny that must be accepted despite the song of their hearts.
ジェダイ・マスターは己の弟子を可能な限りの最も親切な方法で失望させた。オビ=ワンはその気遣に感謝した。だが、弟子の肩に手を触れた時、クワイ=ガンは若い男を後悔の眼差しで見つめたのは確かだが、同時に全く別の物語をも訴えていたのだ……語られることの無い愛、すなわち、2人の心が望んでいるにも関わらず、受け入れなければならない宿命を。

Obi-Wan took a deep breath as his thoughts clarified, the turmoil clearing long enough for him to see the truth his Master had been trying to convey. Qui-Gon's feelings mirrored those of his Padawan, but as a Jedi, he expected the younger man to accept what fate had dealt them.
雑念を払い、マスターが懸命に示唆しようとした真実を得るために心の乱れを収めようと、オビ=ワンは深く息を吸い込んだ。クワイ=ガンの心にはパダワンの思いが映っていたにちがいない。だが、一人のジェダイとして、クワイ=ガンはこの若い男に期待を寄せていた。運命が与えるままに、ただ受けいれるようにと。

Patience, understanding, and acceptance were the ways of a Jedi - Qui-Gon had spent much time teaching these things to Obi-Wan. But, there was something else the older man had unconsciously taught his pupil, as well; an attribute that set Qui-Gon Jinn apart from all the other Jedi...something the young Apprentice never knew burned just as deeply within him...until now.
忍耐と理解と受容。これこそがジェダイへの道なのだ - 長い間それをクワイ=ガンはオビ=ワンに教えてきた。だが、無意識のうちに年上の男は別のことを教え子に植え付けてしまっていた。それも、クワイ=ガン・ジンを他のジェダイと差別するような特質(注:つまり反抗心)を……若い弟子が決して知らない、弟子の心の奥深くにしまった何かを……今この瞬間。

Defiance.
反抗(注:前段はpatience:「忍耐」であったことの対比になっている)

The door to Qui-Gon's quarters slid open for Obi-Wan as he approached. The young Jedi's shields were firmly in place, not a hint of his intentions visible on the outside. He found his Master sitting calmly, reading information off the desktop terminal. The older man looked up, meeting expectant eyes once more.
オビ=ワンが近づくとクワイ=ガンの宿舎のドアはスッと開いた。若いジェダイの遮蔽シールドは強固に装備されていたため、外側から弟子の意図を伺い知ることはできなかった。和やかに腰掛け、デスクトップ端末から情報を読みとっているマスターをオビ=ワンは見つけた。すると、年上の男は顔を上げ、再び(注:デ・ラニの夜以来)自分を待ち望んでいるような目に出くわした。

"Are you all settled in, Padawan?"
he asked.
"It will be a few days before we reach Coruscant."
「すっかり慣れたかね、パダワン?」
クワイ=ガンは尋ねた。
「コルサントに到着するまであと2、3日はかかりそうだな」

Obi-Wan didn't answer. Instead, he slowly stepped forward until he was beside the elder Jedi, one of his hands reaching out to touch the bearded face of his Master. Qui-Gon allowed the contact, even while sending a gentle warning through their shared link. Padawan...
オビ=ワンは答えなかった。代わりに、ゆっくりとオビ=ワンは年上のジェダイの傍らに近づき、片手を伸ばし、髭に覆われたマスターの顔に手を触れた。クワイ=ガンは触られるのを拒否しなかった。精神結束を通して、さりげない警告を送りながらも。パダワン……

"Yes, Master..."
Obi-Wan responded out loud, his touch turning into a caress.
「はい、マスター……」
オビ=ワンは大きな声で答えた。接触を愛撫に変えながら。

Carefully, the Jedi Master pulled away and stood up, his imposing form overshadowing that of his Apprentice.
"Your actions are unwise, Obi-Wan."
慎重にジェダイ・マスターは身を引くと、立ち上がった。堂々とした体格の影を弟子の上に落としながら。
「賢明な行為とは言えんな、オビ=ワン」

"Perhaps," the younger man agreed, allowing his shields to finally dissolve. Qui-Gon's eyes widened as the full depth of his Padawan's feelings swept over him like a gentle tide. Obi-Wan caught the action and responded immediately, his hand reaching out once more toward the man he loved. But, the Jedi Master stepped back, gently evading the younger man's touch.
「恐らくは……」
若い男がうなずいた途端、ついにその遮蔽シールドは消失した。クワイ=ガンは目を大きく見開いた。優しい潮流のようなあまりに深いパダワンの感情に押し流されそうになって。マスターの反応を捉えるとオビ=ワンは直ちに行動を起こした。愛する男にもう一度触れようと手を伸ばして。だが、ジェダイ・マスターは後ずさりし、若い男の接触をそっとかわした。

Determination rose from the depths of the Apprentice's heart, forcing his legs to move forward. They moved slowly like that for several heartbeats, one forward, one back, until the feel of the bulkhead behind Qui-Gon's back stopped them both.
弟子は密かに意を決し、歩を前に進めた。それぞれの心臓の鼓動のように共に2人はゆっくり移動した。一歩前進し、一歩後退し、クワイ=ガンの背中が遮断シールドに行く手を阻まれるまで。

Obi-Wan reached out once more, his fingers making contact with his Master's cheek before the older man calmly turned his face to the side, averting his eyes, as well. The young Jedi's hand then found its way downward until it rested tenderly above Qui-Gon's heart, the strong pulse he felt only feeding his desire further.
もう一度触れようとオビ=ワンは手を伸ばした。指で師の頬と交流しようとしたが、年上の男は平然と顔を背けた。視線すら反らして。若いジェダイは手を降ろし、クワイ=ガンの胸の上にそっと置いた。マスターの力強い脈が弟子の欲望の火に油を注いだ。

"Tell me to go away, Master, and I will," Obi-Wan stated softly, trying to catch his mentor's eye.
"Tell me you honestly don't feel the same as I do; that your heart doesn't plead with you even as I speak. Tell me this and I will leave and not mention it ever again."
「失せろと、いっそ、そう言ってください、マスター。あなたが命ずるままに私は従います……」
オビ=ワンはささやくように言った。指導者の瞳から目を反らさないように。
「私と同じようには思っていないのだと正直に仰ってください。私が言ったからといって、あなたの心は自分を偽ったりしないと。そう言ってくれれば、私は立ち去り、このようなことをもう二度とあなたに言ったりはしないでしょう」

"The Council would not approve, Obi-Wan."
The older man's voice was tight.
「評議会が賛成しないだろうよ、オビ=ワン」
年上の男の口調は厳しかった

"No, they would not approve. But, I also know they would never try to interfere. They are creatures of flesh and blood just as we are. Love is not above the realm of the Jedi - we are all capable of stumbling into its embrace. For some, like us, it's an inescapable destiny we must face and rejoice in...or turn away from and suffer. Can you not feel the life bond between us, Master?"
「確かに許さないでしょう。けれど私は、評議会が決してそのようなことに介入しようとしないこともまた知っています。彼らとて私たち同様、血と肉からなる神の創造物です。恋愛沙汰はジェダイの領域外の事柄なのです - 私たちは誰しも、愛する(愛の抱擁によろめく)ことを許されているのです。中には、私たちのように、それに対面し、享受することから逃れられない運命の者もいるのですよ - 運命に逆らえば、傷つくだけだ。マスター、あなたは私との間に魂の絆を感じないのですか?」

Qui-Gon finally turned to look into his Padawan's eyes. The young Jedi saw a flicker of hope and renewed respect in their depths.
"Inescapable destiny..."
the older man repeated, amusement slipping into his voice.
ついにクワイ=ガンは振り返り、パダワンの瞳を見つめた。若いジェダイはその瞳の奧に希望のきらめきを見出し、マスターへの尊敬の念を新たにした。
「逃れられない運命か……」
そう年上の男は復唱した。その声はこの状況をむしろ喜んでいるようだった。

"Yes...words you, yourself, used to describe death to me when I was younger," Obi-Wan continued, his thumb gently rubbing against the fabric of Qui-Gon's tunic.
「ええ……その言葉(注:逃れられない運命)は私がもっと幼かった頃、死を表現するときにあなたが使われた言葉でした……」
オビ=ワンは続けた。親指でクワイ=ガンの上着の布を優しく撫でながら。

"Death and life...life and death. You said it was all intertwined, and that the most precious moments were those found somewhere in between. You told me to live each day with no regrets, allowing the Force to guide my way. I am doing so now, Master. Regardless of what happens, I will rest knowing I followed my heart."
「死と生……生と死。2者は分かちがたく織り合わされたようなものだとあなたは仰いましたね。そして貴重な瞬間というものは大抵、2者の間に見出されるものだと教えてくれました。悔いの無いようその日その日を懸命に生きろと。自らの行く手を導くフォースのおもむくままにと。今、私がしようとしているのはそれなのです、マスター。たとえどんな結果になろうとも、私は安らかな気持ちになれるでしょう。自分の心に従ったのだと納得できたなら」

Obi-Wan watched expectantly as his Master's face transformed from a mask of unreadable control to one that reflected the love he'd witnessed earlier in those beautiful blue eyes.
"How did you become so wise, my young Padawan?"
胸を高鳴らせオビ=ワンは見つめた。マスターの表情が変わるのを。心の中を読みとられないよう身構えていた顔から、オビ=ワンが告げた愛をその美しい青い瞳に映す顔へと。
「どうしてそんなに聡くなったのだ、我が若きパダワンよ」

"I had a very good teacher, Master."
The young Jedi's reply brought a smile to both their faces.
「良き教師に恵まれていますから、マスター」
若いジェダイがそう答えると、2人の顔に笑みが広がった。

"Tell me, Obi-Wan," Qui-Gon continued, his smile disappearing suddenly.
"Have I done all I possibly could to dissuade you from this course of action?"
「教えてくれ、オビ=ワン……」
クワイ=ガンは言い続けた。その顔から微笑みが突然が消えた。
「私はすべてを尽くしたのだろうか? お前にこの一連の行為を思いとどまらせるためのあらゆる努力を」

The young man took a moment to think on the matter before responding, "Yes, I believe so."
若い男はしばらく考え、やがて答えた。
「……ええ、私はそう信じています」

"Good...then the Council can't say I didn't at least try."
The words were spoken with such affection that it nearly took Obi-Wan's breath away. Before he could even blink, the Jedi Master's mouth had lowered, lips brushing tenderly against his own. Obi-Wan leaned into the kiss, wrapping his arms around the man who had given his life such purpose.
「そうか……ならば評議会も私の怠慢ぶりをそしることはできまい」
その言葉に込められた愛情に、オビ=ワンは息が止まりそうになった。まばたきすらできないうちに、ジェダイ・マスターの唇が降りてきて、オビ=ワンの唇を優しくかすめた。口づけしながらオビ=ワンは身体を預けた。自分に生きる目的を与えた男に腕を回しながら。

Long moments were spend in gentle exploration...hands, lips, and tongues all moved together until they finally parted for air. More stolen kisses followed as they blindly made their way toward the bed chamber, articles of clothing dropping to the floor along the way. By the time they'd reached the softness of Qui-Gon's bed, there was nothing separating the flesh of their bodies.
長い間、互いの身体を探検し続けた。お互いの手や、唇や、そして舌のすべてを使って。息付く間も与えず、ついには2人が身を離さざるを得なくなるくらいに。さらに争うように奪い合うキスが続き、2人は手探りで寝室へと向かった。衣服を点々と床に脱ぎ散らして行きながら。クワイ=ガンの柔らかなベッドにたどり着いた瞬間、2人の肉体を隔てるものはもう何もなかった。

Seconds turned to minutes, and minutes stretched into hours as the two lovers rediscovered each other in ways neither would have believed possible. Obi-Wan straddled his Master's hips, needing to memorize every inch of the older man's body. Qui-Gon relished the scrutiny, allowing his Padawan to touch him everywhere, searching out those places which caused the greatest amount of pleasure.
数秒のはずが数分になり、数分のはずが数時間の間、2人の恋人たちは互いを発見し合った。今まではけっしてこのような機会が訪れるとは思ってもみなかったために、今共にあるすべての瞬間を慈しもうとして。オビ=ワンはマスターの腰にまたがった。この年上の男の身体をすみずみまで脳裏に刻みつけたいと切望して。クワイ=ガンは弟子の懸命な精査ぶりを慈しんだ。マスターのどこが最も感じやすいのか探ろうと、パダワンがあらゆる部分を触ってくるのに身を任せながら。

The younger man smiled as his Master squirmed underneath him.
"I didn't realize Jedi Masters were allowed to be ticklish?"
若いほうの男は思わず笑ってしまった。マスターが自分の下で身もだえするのを見て。
「ジェダイ・マスターでもくすぐったがるのですね」

"We're all flesh and blood, as you say, Padawan. Some things are unavoidable."
Before Obi-Wan could respond, he found himself lifted and then gently pinned underneath the elder Jedi. Qui-Gon kissed his Apprentice deeply, grinding his hips against the younger man's. Flesh against flesh...
「お前の言うように我々は皆、肉と血からなるのだ、パダワン。何人もそれを逃れ得ない」
答えぬうちに、オビ=ワンは抱えあげられ、年上のジェダイの下に優しく組み伏せられた。弟子に深々とキスすると、クワイ=ガンは若い男に向かって腰をすり付けた。肉体に肉体を……。

A shudder ran through Obi-Wan's body as he felt his Master's hardness against his own, the friction causing incredible sensations to race through his groin. Master...
マスター自身が堅くなっていることを自分の性器が感じ取った瞬間、オビ=ワンの身体に戦慄が走った。こすりつけられたことによって生じた信じられないような感覚が弟子の鼠蹊部を駆け抜けた。マスター……。

I'm here, my love... Their thoughts intertwined as seductively as their bodies.
"Show me what gives you pleasure, Obi-Wan," the older man whispered, continuing to rub himself against his lover's body. The young Apprentice groaned loudly.
私はここにいます、愛しい人……。2人は思考をしっかりと結合し合った。まるで互いの身体を誘うように。
「どうしたら気持ちいい? オビ=ワン……」
そうささやくと、年上の男は恋人に自分の身体をこすりつけた。若い弟子は大声でうめいた。

"Anything, Master...."
「どんなことでも、マスター……」

Anything? Amusement flooded through their link, bringing a grin to both their faces. Obi-Wan traced the Jedi's back with infinite gentleness, fingers once more teasing sensitive flesh. Qui-Gon reacted by tightening his hold on the younger man, a mischievous sparkle igniting in his eye.
どんなことでも、だって? 精神結束を通して急におかしさがこみ上げてきた2人は思わず顔をほころばせた。その感じやすい肉体を指でもう一度じらすようにしながら、オビ=ワンはジェダイの背中を限りない優しさを込めてなぞった。それに対して、クワイ=ガンは若い男を強く抱いて応酬した。悪戯っぽく目を光らせて。

  Reaching up, Obi-Wan quickly touched his lips to his Master's once more, effectively diffusing any further thought of retaliation. Both of them relaxed into the kiss, their bodies melding even closer together. Instinctively, the young Padawan raised his legs, wrapping them around the Jedi Master's waist in a simple gesture of implicit trust.
今度は背を伸ばしたオビ=ワンがもう一度マスターにキスしてきた。これ以上の行為の応酬を効果的に終わらせようと。キスをするうちに2人は共に自らを解放していった。身体を一層ぴったりと溶け合わせながら。若いパダワンは本能的に足を持ち上げ、暗黙の信頼を示す無垢な動作でジェダイ・マスターの腰に絡ませた。

Passion mounted as Qui-Gon took the younger man's lead, maneuvering his hips upward and bringing his penis to rest against the entrance to his lover's body. Both men stopped breathing, then, the older Jedi waiting patiently for permission to continue. Their kiss had silently ended, two sets of blue eyes locked onto each other.
性欲が高まるのを受けて、クワイ=ガンは若い男をリードした。巧みに弟子の腰を持ち上げ、自身のペニスを恋人の身体の入り口にあてがった。2人は息を飲んだ。そして、年上のジェダイは、このまま続けることへの許可を得ようと辛抱強く待っていた。静かにキスを終えた2人は互いの青い瞳を見据えた。

Please...
「どうか……」

The unspoken plea was all Qui-Gon needed. Together, they concentrated on the Force that surrounded them, allowing it to guide their movements. With slow, gentle pressure, the two bodies came together as one, the Force providing the necessary lubrication.
言葉にできない願い、これこそが、クワイ=ガンの望むものだった。力を合わせ2人は自分たちを取り巻くフォースに精神を集中させた。フォースが導くままに身を任せて。ゆっくりと、そっと力を込めて、二つの肉体は一つになった。潤滑に必要な潤いはフォースが与えてくれた。

Obi-Wan shook with the intensity of the experience, his breathing already ragged. A sharp burst of pleasure shook him as Qui-Gon pressed against his prostate deep inside. The older man smiled as his Apprentice moaned and shuddered beneath him.
強烈な感覚にオビ=ワンは身を震わせ、呼吸はすでにとぎれとぎれになっていた。身体の奧深くにある前立腺をクワイ=ガンに圧迫され、オビ=ワンは鋭い快感の炸裂に翻弄された。年上の男は微笑んだ。自分の下でうめき、震える弟子を見て。

"This is what life is all about, Padawan," he whispered seductively into Obi-Wan's ear.Always remember to enjoy each precious moment... With that thought, Qui-Gon began to thrust his hips gently.
「これこそが生きているということなのだよ、パダワン……」
誘惑するかのようにクワイ=ガンはオビ=ワンの耳元にささやいた。いかなる時も、貴重なその瞬間瞬間を忘れずに甘受するのだと……その思想をもって、クワイ=ガンは弟子の尻を優しく貫き始めた。

The younger man cried out softly, reaching out to his Master as the build-up began in earnest. Loving fingers traced his lover's shoulders and chest, feeling the strength of powerful muscles rippling beneath the surface.
クワイ=ガンの激しさが増すにつれ(build-up=何かが増加していくこと)、若い方の男は微かな泣き声を上げ、マスターに触れようと手を伸ばした。指で愛しい人の肩や胸をいとしむようになぞると、その皮膚の下で波打つ力強い筋肉の張りを感じた。

Qui-Gon watched the younger man's expression as he moved within him, the pleasure he saw there bringing tears to his eyes. Again and again their bodies met, rocking slowly with their rhythm. There was no rush. Heated flesh rubbed against more heated flesh, sighs and whimpers of pleasure echoing through the bed chamber.
クワイ=ガンは自分に貫かれ、さいなまれている若い男の表情を観察した。オビ=ワンの喜びに満ちた表情はクワイ=ガンの目を涙で溢れさせた。何度も何度も、2人は身体をつないだ。リズムにあわせ、ゆっくりと腰を動かして。急がずに。火照った肉体がさらに燃えるような肉体とこすれ合い、快感による溜息とすすり無きが寝室中にこだました。

Qui-Gon leaned down, capturing his Padawan's lips once again, his right hand gently caressing the young man's body until it reached Obi-Wan's aching erection. The Apprentice moaned into their kiss as his Master began to stroke his penis in a rhythm that matched the one they shared farther below. The sensations drove Obi-Wan to the brink of unconsciousness, his body not quite believing what was happening. Master!!
上体を屈め、パダワンの唇をもう一度捕らえると、クワイ=ガンは右手でそっと若い男の身体を愛撫し、ついには痛々しいほど吃立したオビ=ワン自身に触れた。キスされながら弟子はうめき声を上げた。身体の下の方で2人が共有しているものの動きに合わせるように、マスターの手の中でリズミカルに性器をしごかれて。激しい感覚がオビ=ワンを無意識の淵に押しやった。弟子の身体は今何が起こっているのか全く分からなくなっていた。マスター!!

Patience, Padawan, came the reply, the thought a mental caress. Enjoy what you feel...
耐えるのだ、パダワン。答えが返った。その思想は精神的な愛撫のようだった。お前の感じたことを楽しむがいい……。

Their kiss grew more passionate as the moments passed, the steady tempo of their bodies feeding their feverish desire. Obi-Wan grabbed desperately at the bed sheets, the pleasure he felt nearly unbearable.
時が経つにつれ、2人のキスはより情熱さを増し、身体を揺らす着実なリズムは2人の熱病のような欲望をあおった。オビ=ワンは死にものぐるいでベッドのシーツを握りしめた。耐えきれないほどの快楽に襲われて。

Quiet murmurs of love and excitement eventually added to the charged atmosphere as they finally parted for air. Their voices became indistinguishable in the darkness, one quietly begging for release; the other promising nothing but more torturous pleasure as the moment stretched into an eternity.
愛と興奮に満ちた無言のささやきが、大気に緊張感を充満させ、息苦しくなった2人はとうとう唇を離した。暗闇の中、2つの声は見分けることができそうになかった。密やかに解放を請う声と、拷問のような快感が永遠に続くようにと主張する声とが。

"Master!"
「マスター!」

I'll catch you, my love...
受けとめてあげよう(一緒にいるから、心配しなくていい)いとしいヤツめ……

Master...I can't...
マスター……もう我慢できません……

Don't try... A brilliant flash of mutual affection projected through their link, causing them both to gasp out loud. Thoughts melded together until it was impossible to tell where one of them began and the other ended.
しなくていい……愛し合うまばゆい光が2人を結ぶ精神結束を通して放射され、2人は共に大声で喘いだ。2人の精神は溶けて混ざり合った。どこで始まりでどこで終わるのか、言い当てることができないほどに。

Their rhythm became frenzied as their bodies finally took control, racing toward the the first threads of ecstasy. Obi-Wan's erection slid deliciously inside Qui-Gon's experienced grasp, the sensation pushing him right to the edge even as the older man continued to plunge deep inside of him.
性欲がついに2人の肉体を支配し、クライマックスに向かって2人の身体のリズムは熱狂的になっていった。まさに身体の奥深くを年上の男に貫かれながら、クワイ=ガンの経験豊かな手の中で吃立したそれを甘く滑るようにしごかれるという感覚は、オビ=ワンを絶頂の高みに押し上げた。

They clung to each other tightly, gasping and panting, until their frantic movements finally triggered the release they both desperately sought. Obi-Wan came with a howl, bucking reflexively against his Master. Qui-Gon felt the warmth of his Padawan's release against his chest just as his own orgasm exploded deep inside his lover's body.
  2人はお互いにぴったりとすがりつき、喘ぎ、もだえた。気でも狂ったかのようなものすごい動きがついに、2人が死にものぐるいで探し求めてきた<解放>への引き金を引いた。オビ=ワンは遠吠えとともに達した。反射的にマスターに向かって跳ね上がりながら。クワイ=ガンは胸の上にパダワンの暖かいものが放たれるのを感じ、同時に自分自身も愛しい男の身体の中で絶頂を迎え解き放された。

The two shuddered together for long moments, their muscles relaxing gently until the pleasure was but an echo of the incredible experience they'd just shared.
長い間2人はともに身を震わせ合っていた。2人が共に分かち合った信じがたいほどの感覚の余韻を楽しむ頃には、2人の筋肉は穏やかにほぐれていた。

Their breathing gradually returned to normal as they continued to hold each other, settling slowly. Hands and lips once again sought flesh to caress, the comforting touches bringing a new level of peace to their intimacy.
お互いを抱きしめている間に、2人の呼吸は徐々に収まっていった。手や唇がもう一度、愛撫すべき肉体を探し、心地よい接触が2人の親密さに新たな平安の境地をもたらした。

I love you, Qui-Gon Jinn... The young Jedi's thought forced a lump to his Master's throat, leaving him unable to speak out loud.
愛してます、クワイ=ガン・ジン……若いジェダイの思いのたけに、マスターは胸が一杯になり、声をつまらせた。

I love you, too, Obi-Wan. Nothing will ever change that...nothing...
愛しているよ。私も。オビ=ワン。何が起ころうとも(何も私たちの愛を変えられない)……何も……

The memory forces tears to gather behind my closed eyes, remembered joy fading quickly. The smell of burned wood and ashes assaults my senses, a painful reminder of what I have lost. You used to tell me that for each door that closed, a new one would open. I trusted you my entire life without question, so I must believe in the wisdom of your words even now in the midst of my grief.
瞬く間に色あせていく喜びの瞬間を思い出すと、閉じた瞼の内側に涙が溢れる。木と灰の焼ける臭いが私の嗅覚を襲い、失ってしまったものを痛々しく思い出させる。あなたは私に語ったものだ。たとえ扉が閉ざされてしまっても、その代わりに新しい扉が開かれるだろうと。全く疑問を抱くことなく、私は全生涯をかけてあなたを信じた。だから、私はあなたが言ったことわざの英知を信じるだろう。今のこの深い悲しみのさなかにあっても。

"Master Obi-Wan, sir?"  
A voice calls quietly behind me. I turn to find young Anakin Skywalker watching me carefully from the steps which lead to the funeral chamber.
「マスター・オビ=ワン様?」
背後から私を呼ぶ小さな声が聞こえる。振り返ると、葬儀室へとつづく階段から若きアナキン・スカイウォーカーが注意深く私を見つめているのに気づいた。

His face is filled with confusion and sadness, yet I see hope resting just beneath his youthful exterior. Is he the open door you were speaking of, Master? Will he truly bring balance to the Force, this Chosen One?
その顔は戸惑いと悲しみに満ちていた。それでも私はその若い外貌に希望を見出した。マスターよ、あなたが語っておられた「開かれるドア」とはあの者のことなのでしょうか? アナキンは真にフォースに調和をもたらすのでしょうか? この者こそが選ばれし者なのですか?

He looks at me now, his eyes bright and alive...they remind me so much of yours.
"Will we begin my training soon, Master?"
アナキンは今、私を見ている。その目は光り輝き生き生きとしている……それが私にかつての日々をまざまざと思い出させる。
「すぐにトレーニングを始めますか? マスター」

My heart swells as I remember my duties. I am no longer an Apprentice. I am now a Jedi Knight, and Anakin is my own Padawan learner. The responsibility is daunting. I sense the same shadow of danger hanging over the boy that Master Yoda did, but perhaps the future will be less complicated than we foresee.
課せられた任務を思い出し、私の胸は高鳴る。私はもはや弟子ではない。今や私はジェダイの騎士なのだ。そしてアナキンは私にとってのパダワン修行者なのだ。重い責任が私をひるませる。マスター・ヨーダが感じたように、私もこの少年に危険な影が見える気がする。が、多分、私たちが予見するよりも未来は単純なのかもしれない。

Taking a deep breath, I speak quietly to my Apprentice.
"I think perhaps today is a good day for new beginnings, my Padawan."
Anakin smiles at my encouragement - he can barely contain his excitement.
深呼吸し、私は弟子にそっと語りかける。
「多分、今日が新しい門出にふさわしい良き日ではないかと思うのだ。我がパダワンよ」
私の励ましにアナキンは微笑む - 興奮が抑えきれないといった様子で。

His Padawan haircut catches my eye, the tiny, short braid hanging loosely behind his right ear. It reminds me of the one thing I have yet to do before the door behind me closes forever.
アナキンのパダワン独特の髪型に私は目を奪われる。短く編んだ小さな毛束を右耳から無造作にぶる下げて。その姿は私の背後で扉が永遠に閉ざされる前に、私にはまだすべきあることを私に思い出させる。

Reaching inside my robe, I retrieve my own braid which I have recently removed from the rest of my hair. It represents a great deal of my life; all the knowledge and experience that I gained under your careful guidance.
外衣の中に手を入れ、私は私の髪から切り取ったばかりの編み毛を取り出す。これには私の人生すべてが込められている。苦心の果てに私を導いてくださったあなたから私が得た全ての知識と経験が……。

I allow my fingers to brush across the strands once more before I lay it amid the smoldering ashes, watching in wonder as a tiny spark ignites the braid before my eyes. For a few precious seconds, the flame of your funeral pyre is renewed. That part of me will always belong to you, my Master.
私はもう一度その毛房を指で梳く。くすぶる灰のただ中にくべてしまう前に。目の前で小さな火花が編み毛を燃やすのを不思議な気分で眺めた。かけがえのないほんの数秒の間、あなたの積み蒔の炎は再び勢いを増した。私の一部はいかなるときも汝と共にあらん、我がマスターよ。

A moment of silence follows before I finally turn to Anakin once more. He is waiting expectantly...patiently. I smile as I close the distance between us, my hand tousling his hair affectionately.
沈黙が続いた後、ついに私は今一度振り向いてアナキンを見た。弟子は期待に胸を弾ませて待っている……辛抱強く。私は微笑む。近づくと私の手はアナキンの髪の毛をいとおしげにかき乱していた。

I look forward to this challenge; to be able to pass on what you taught to me. I will honor your request with all my heart, Master. He is my destiny now...
このチャレンジを私は楽しみにしている。あなたが私に教えてくれたことが試すことができるのだから。私はあなたが与えた使命を心から誇りに思う。マスターよ。今、この者は私の運命なのです。

~ finis ~ 終わり

Home. ホームへ戻る

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、「Master&Apprentice」サイトを推薦してくださったスターウォーズファンのももっち様、並びに、作品の選定及び英語表現を解説してくださったKamen様、並びに対訳のベーター・リーディングをしていただいたRyoko様に深く感謝いたします。


フロントページに戻る