Pairing
カップリング
Series
シリーズ物の有無
Rating
レイティング
Archive
収録
Q/O

クワイ=ガン/オビ=ワン

No. It's a different sort of PWP.

ありません。これは「やおいもの」としては、ちょっと風変わりな作品です

NC-17

17歳以下は禁止。かつての「X指定」と同等(No One 17 And Under Admitted)

Master and Apprentice (and The Nesting Place)

「マスター(師)と弟子」サイト(及び「巣ごもり場」サイト)に収録されています

Warnings
警告
Disclaimer
著作権に関する免責宣言
Summary
あらすじ
Gets a little rough, but not too bad

多少荒っぽい印象を受けますが、だからといって超不愉快というほどではありません

Lucas owns 'em. I use 'em. Lots.

登場人物('em=them)はルーカスの所有物です。私は使わせてもらったにすぎません。たくさん使ってるけど

Qui-Gon reflects on some things he's noticed about his apprentice.

クワイ=ガンは弟子に見受けられたある性質について考え込む

Author's Notes
著者覚え書き
After receiving a loving but forceful shove from some who've read this, I am posting this to the entire list. It's definitely different in tone than my previous stories, so regular readers beware... and saraid, this is as far as I can go... Feedback: Please! Good or bad, sock it to me.

この作品を読んだ人たちから愛情あふれる、それでいて力強い一押しを受けて、私はこれを全MLに投稿します。これははっきり言って今までの私の作品とは、まるっきりトーンが違っていますので、常連の読者の方はお気をつけになってくださいね……でもってサレイド(注:slash作家の一人。本サイトにも作品が収録されている)、このシリーズはこれ以上無いからね……お便りをください:どうか! それが良かろうと悪かろうと、私をこてんぱんにしてください(sock it to a person=圧倒する)。


Deviations
逸脱行為

by Destina Fortunato (destinaf@hotmail.com)
デスティナ・フォーチュネイト著

He leaps in the air, spinning like a dizzy butterfly, head over heels, learning to become the maestro of his own abilities. I can sense Obi-Wan's command of the Force, see the tiny beads of sweat which appear on his upper lip.
彼(注:本作品はクワイ=ガンの独白形式<Point Of View>なので、すべての「彼」はオビ=ワンを指す)は宙を舞う。目を回した蝶のようにくるくると旋回しながら、とりつかれたように(head over heels=深くはまりこんで)、訓練を積み、その技能の達人になろうとして。オビ=ワンからはフォースを操る力が感じられ、彼の上唇には玉のような小さな汗粒が浮かぶのが見える。

If I close my eyes I can taste them, salty and forbidden against my tongue. This is a training ritual he's repeated so often I have dreamed of it, so familiar I could give these instructions in my sleep.
目を閉じれば、私はそれを味わうことができる。塩辛く、私の舌で味わうことが許されないその味を。こういった訓練はもはや習慣となってしまった。幾たびもオビ=ワンが繰り返したために夢にまで現れ、寝ていても教えられるくらい慣れ親しんだ……。

"Be one with the Force, Padawan," I call, knowing he heeds my words, embracing them, wrenching them into the world of concentration he inhabits at this moment.
"Use it not as a weapon, but as a tool. Let it flow though you."
「フォースと一体になるのだ、パダワンよ」
私は呼びかける。彼が私の言葉を聞き漏らすまいと必死なのを知りながら。全身全霊で受け入れ、何者をも寄せつけぬよう精神を集中させている最中であっても聞き逃すまいとして。
「フォースを武器として使うのではなく、手段として用いるのだ。フォースをお前の中に(though=>through)巡らせるのだ」

His turns and spins become faster, his strikes more sure, and I am spellbound by his youthful power. The simple joy and athletic beauty of his actions spark proud desire in my heart.
ターンや回転のスピードが速くなり、彼が攻撃をより確実なものにするにつれて、その若々しい力に私は魔法をかけられてしまったかのように魅了される。体を動かすことを単純に喜ぶ様子や優れた運動神経がもたらす美しさが、心の奧にある誰に恥じるところのない正々堂々とした欲望に火をつける。

I have been watching him execute these dangerous stunts for many years. Something drives him to test the limits of what is acceptable. Perhaps this is why he delights in flaunting his feelings for all to observe.
彼がこのように危険な離れ業をこなす様を、もう何年もの間、私はじっと見続けてきた。何かが彼を駆り立て、許容できるギリギリまで試させるのだ。多分、見る者全てに自分の感情を見せびらかすことができるのが何より嬉しいのだろう。

When we became lovers, I knew this was to be expected. The sheer breathtaking honesty of our bond has put so much into perspective...
私たちが愛し合うようになったとき、こうなることは予想しえたことだった。まるで息が止まりそうなほど真剣で隠しだてのない愛は、2人に(物の見方を変えさせ)さまざまな事柄の意義や本質をより正しく見極められる力を与えた……。

As he finishes the exercise and deactivates his lightsaber, he turns to face me. I meet his eyes steadily, well aware of what I will see there - his blue-green gaze, so much like light summer rain, pattering across my skin as he looks at me.
演習を終え、ライトセーバー(注:ジェダイ・ナイトが持つ光を発するサーベルのこと)を停止させると、彼は振り返り、私と対峙する。私は彼の目をしっかりと捉える。私がそこに - 青緑色の、彼が私を見つめるたびに私の肌にパラパラと降り注ぐ、爽やかな夏の小雨ような眼差しに - 何かを見出すか、十分分かっていながら。

Infinite eyes, which can be so deceptively bland, so innocently blank during delicate negotiations on far-away worlds, but which suddenly blaze with a deep cobalt fire in the heat of battle.
たえず表情が移ろうその瞳は、遠く離れた星との微妙な外交交渉の最中には、一見、大人しそうで、無邪気なほど何も考えていないように見えるのだが、いざ白熱する闘いともなると、にわかに深々としたコバルト色の炎を上げて燃え上がる。

Their depths contain so many secret wishes, such glittering promises. My apprentice is dark and deep and filled with lustful aching; I can sense his emotions as vividly as though we were one person.
その瞳の奥は、有り余るほどの秘められた願望を、直ぐに果たされる輝かしい約束のように湛えている。私の弟子は神秘的で深い海のように、性的な欲望から来るうずきで溢れそうだ。私には彼の気持ちが手に取るように分かる。まるで私たち2人が同じ一人の人間であるかのように。

His eyes are his most deadly weapon. I cannot withstand their assault.
彼の瞳は最終兵器だ。襲われたら決して、あらがうことはできない。

"Well, Master?"
Simple words, spoken with such assurance. He knows I am proud of his skill, yet he expects to be taken to task for his exuberance. His words emerge tinged with smug amusement.
「どうです、マスター?」
そっけなく、さも自信ありげに彼は言い放つ。彼の力量を私が誇らしく思っていることを彼は熟知しているどころか、これみよがしに奔放な力を見せびらかすのを非難(take a person to task for/about=〜のことで人を叱る)されることすら期待しているのだ。彼が発する言葉には自己満足めいた快感が入り混じっている。

His voice is an instrument of his profession, used to manipulate or influence. Often, he uses those low tones to calm or distract an opponent, bending their will to his.
彼の声は(ジェダイ・ナイトとしての)職務を遂行するための道具だ。人を巧みに操り、かどわかすための。しばしば彼はその静かな口調(注:低い声はdeep tone)を駆使して、敵をなだめ、気を紛らせ、彼に従うよう相手を屈従させる。

I know what it is to have my pleasure directed by his words, to have my passion deepened by the suggestive sounds which rise from his throat, to hear my name spoken coarsely between gasps and cries, to hear the implosions of want in his shadowed tones as he comes with me, or for me.
私は知っている。彼の話す言葉に私がどんな風に喜ぶのかを、彼の喉から発せられる思わせぶりな声に私の情熱はどんな風にかきたてられるかを、喘ぎと叫び声のまにまにかすれ声で呼ばれる私の名前はどんな風に聞こえるのかを、彼が私と一緒に達するとき、もしくは私にイカされた時の憂いを帯びた、それでいて強烈な快感と欲望に満ち溢れてた、あの啼き声がどんな風に聞こえるのかを。

"Less aggression, Padawan," I chide him.
"You brandish the Force like a torch thrust out in front of you. Use it instead as a beacon. Let it guide you toward your goal."
「そうガツガツするな、パダワン」
私は彼をたしなめる。
「お前はまるでフォースを目の前へ突き出す松明のように振りかざしている。そうではなく、灯台のように用いるのだ。自分自身のゴールへとお前を導かせよ」

"Yes, Master," he responds, a tiny grin curling the corners of his mouth in a seductive way that causes me to smile in return. His lips are often a particular focus of my attention. Soft and full, and easily teased into a mischievous smile or a wanton openness.
「はい、マスター」
口角に小さな笑い皺貯めて、彼は答える。その魅惑的なしぐさに、つい微笑み返したくなる。しばしば彼の唇に私は強く心引かれる。柔らかく、ふっくらとして、茶目っ気たっぷりに笑わせるのも、(達した時の抑えきれない快感に)身も世もなく泣き叫ばせることも思いのままであるその唇に。

That mouth has blazed searing trails across my skin, in all directions, heedless of my pleas to stop. His lips become a grim, tense line in battle or practice, as his jaw is set with determination; this is when he is most tenacious and not easily distracted.
その口はあらゆる方向に焼け付くような跡を私の肌に刻み付ける(blaze a trail=目印をつける)。やめてほしいと必死で嘆願する私を顧みることもなく。彼の唇の輪郭は、戦いや訓練の間は、冷酷なまでに張りつめ、固い決意にその顎は思わず引き締まる。こんな時の彼は最も頑強であり、なおかつ、簡単にはぐらかすことなどできそうにない。

Yet how simple a thing it is for him to distract my attention when his kisses fall feather-light across my face, his lips sensuously moving in one direction only...
なのに彼にとっては、私の注意を反らすことなど、何とたやすいことなのだろう。私の顔中に羽のように軽くキスを降らせ、唇をほんの一方向に心地よく動かすだけでいいのだから。

"Begin again, and this time I want to see that you can execute the routine without your saber."
I direct him to return to the exercise, sensing his willingness and eagerness to please.
"Show me the technique of the open hand," I instruct, feeling a deep sense of peace flooding through my Padawan.
「もう一度始めからやってみろ。今度はセーバーなしでいつもの課題をこなせるかどうか見てみたい」
私は彼に演習に復帰するよう指示する。私を喜ばせたいという彼の意志と熱意を感じながら。
「徒手(空拳)の技を見せてみろ」
私は命じる。私のパダワンの中に深い無の境地が広がるのを感じながら。

He starts again at the beginning, moving with graceful speed through the various patterns he knows so well. The simple ones first, then the more difficult, always with a confidence born of repetition.
彼はもう一度頭から繰り返す。彼が熟知するさまざまなパターンを駆使し、鮮やかな速さで移動しながら。まずは単純なパターンを、そして次により高度なパターンを。熟練のたまものであるゆるぎない自信を絶えず漲らせて。

Obi-Wan obeys my subtle corrections immediately, his loyalty complete. He is fierce in his devotion, like a wild animal whose instincts drive him to protect the only home he knows.
私のささいな訂正にも彼はすぐさま従う。彼の忠誠心は完璧なのだ。彼は獰猛なまでにのめり込む。己の唯一の縄張りを守ろうと本能に駆り立てられた野生の獣のように。

He tempers this fidelity with the cooling influence of submission, giving himself over to me in many things. He has surrendered to me completely, body and spirit, and I have made of him what my love dictated.
彼はその獰猛なまでの献身欲を、さまざまなやり方で身を呈し、私に服従することによって気分を落ちつけ、何とかなだめようとする。彼は私に全面降伏する。身も心も……。そして私は彼を鋳型にはめようとする(make〜of〜=〜を〜にする)のだ。私の愛が命ずるままに。

A sweep of his fingers to the right, an outstretched palm, and objects move through his ability to focus the Force. First a towel which sits abandoned beside the mats, then a small cup.
彼が右の方へと指をかざし、手のひらを思いっきり広げると、フォースの力が集中し、物体が動き出す。初めは敷物の側に打ち捨てられていたタオルが、その次は小さなカップという風に。

Finally, with dizzying ability, my Padawan has picked up every object in the practice hall and suspended them in midair, hurling them about in dangerous, synchronous orbits, as he runs through the remaining steps of the exercise.
最後には、目もくらむような妙技によって、私のパダワンは演習用ホールにある全ての物体を持ち上げ、空中に浮遊させ、危険を承知でそれぞれを別の軌道上に周回させた。残りの演習の過程をこなしながら。

I watch as he moves his fingers quickly, with definitive gestures, controlling every inanimate object in the room, his hands mere extensions of the Force.
私は眺める。彼が指をすばやく動かし、確固たる動作でこの部屋の中にあるあらゆる無生物体を操るのを。フォースのひたすら延長と化したその手を動かして。

I once pressed the palm of my hand to his, and marveled at how fragile his seemed in comparison. So small, barely half the size. The tips of his fingers curled under slightly when his skin contacted mine, and that tiny, gentle stroking made my heart ache.
私は一度、彼の手のひらに自分のそれを押し付けてみたことがある。比べてみると、何と彼の手は華奢なのかと驚かされた。あまりに小さく、やっと半分に達するかどうかという小ささだった。彼の指が私の手のひらに触れた時、彼は指先をわずかに撫で下ろした。その小さく優しい愛撫に、私の胸は痛んだ。

When first he touched me, wrapping his shaking fingers around the need which had grown to urgent proportions in me, I knew he was not fragile at all. His strength nearly broke me with its restrained tenderness.
彼が初めて私に触れたとき、その震える指で、私の中で抜き差しならないほどに育った昂ぶり(注:need=性的に興奮した状態。ここでは体積を増したpenisを指す)を包み込まれて、私は思い知った。彼には脆いところなど微塵も無いのだと。その抑制の効いた優しさで私を危うく壊してしまうほど、彼は力強いのだ。

Obi-Wan's movements slow, his drill coming to an end, and he vaults over the mats to the final stance of the exercise, measuring each breath. He walks toward me, hips swaying in the leashed swagger I've come to appreciate, a seductive, voracious gait.
オビ=ワンはスピードをゆるめる。彼の演習は終わりつつあり、訓練の総仕上げとして、彼は(以前放り投げた)床に散らばるマットを飛び越す。呼吸を合わせながら。彼は私のほうへと歩み寄る。腰を揺すりながら、誘惑的で、獲物を狙うような歩き振りだと私が認めるようになった、多少控え目気味に粋がってみせる歩き方で。

I have difficulty looking away as an image rises unbidden, of those hips thrusting hard against me, penetrating deeply, exposing me.
私は目を背けることができない。望みもしないイメージが浮かび上がってくるというのに。その腰が激しく私に押し付けられ、私を深く貫き、犯されたいという私の邪悪な願望が暴かれ、足やアヌスを押し広げられるという(expose=自分の密かな願望を晒す+押し広げられるの意のダブル・ミーニング)イメージが……。

He never breaks his stride, never wavers in his focus, directed toward me, eyes on my eyes.
"Master," he says, acknowledging my role, compelling me toward obedience to the title. Then he is on me, practice tunic tossed aside, lips open and willing, hands delving into regions so thoroughly explored that they seem well-known and strange all at once.
彼は決してその大胆な歩幅を崩さず、標的を狙うことに少しの迷いもない。ひたすら私を目指し、その目をそらさずに……。
「マスター……」
彼は言う。己の役割を熟知しながら。その(マスターという)称号に従うよう私に強要して。やがて彼は私に覆い被さり、練習着を脇に放り投げ、唇を開き喜んで迎え入れ、その手で奥深くを探る。あまりに徹底的に探検し尽くしたために、十分知り尽くしていながら(all at once=同時に)未知の場所でもあるかのような領域を。

We fall to the ground, biting, clinging, pushing against familiarity. His hands glide over my shoulders, pulling down, as I roll into his touch, wanting it too much to speak. Reckless need comes over me, tinged with the brilliance of lust.
私たち2人は地面に倒れ、噛み合い、しがみつき、お互いの領分を犯し合う。私の肩の上をすべるように彼は手を動かし、私を彼の上にのしかからせる。言葉にできないほど欲していた彼の抱擁の中で私は身を捩る。鮮やかなほどの情欲を滲ませて、無謀なまでの衝動が私に襲いかかる。

An urgent connection is formed, enraged and desperate in its fervor, as I throw him on his stomach, and he pushes up to meet me, growling like an untamed, wild thing.
(私の興奮が彼に追いつき)互いの性的衝動は、にわかに均衡に達し、その熱さに荒れ狂い、自暴自棄になって、私は彼を腹這いに放り投げる。彼は私に尻を突き出す。飼い慣らされていない野生の獣のようにうなり声を上げながら。

I rip aside the intrusive cloth which separates us and I am inside him, abandoning all gentleness, satisfying this primitive thing which is burning in me, filling him until I am become a part of him, undivided.
私は2人を隔てるじゃまな服をはぎ取り、彼の中へと侵入した。いかなる優しさをも捨て去り、私の中で燃えたぎるこの原始的な欲求をひたすら満足させ、私が彼の一部となるまで分かち難いほどに彼を満たして。

My hunger ruptures the boundaries of what was known before, as blinding as a naked sun. I am lost inside him, feeling a burning build in me until I come apart, a thousand colored threads unraveling, the substance of my existence torn open.
私の飢えは今まで許されていた境界を超えてしまう。まるで剥き出しの太陽のように目がくらむばかりに。私は彼の中で自分を見失い、心の中に燃えるような思いが勢いを増し続け、私は燃え尽きる。何千もの色とりどりの糸束がバラバラにほどけ、私という存在を支える固い芯が粉々に粉砕される。

My arm is curled around his stomach, holding him in place; my teeth have fastened to his shoulder blade, his shuddering climax wracking us both. I lose all sense of myself when I hear his howl of fulfillment crackling through the silence of this sacred Jedi place.
私は彼の腹部に腕を巻き付ける。貫いたまま彼を抱きすくめながら。私は彼の肩胛骨(=shoulder blade)に歯を立てて押さえ込む、絶頂を迎えた彼は激しく身を震わせ、私たち2人を嵐のように揺さぶった(wrack=rack=揺れる)。私は全ての感覚を失っていく。成し遂げたことを示すかのように、この聖なるジェダイの地のしじまに響きわたる彼の遠吠えを聞きながら。

We fall side by side to the floor, tremors coursing though us. He breathes my name, thinks it; the word becomes a caress as it slides from his tongue.
私たちは並んで床に倒れる。互いの中に(though=>through)戦慄を巡らせながら。彼は私の名前をささやく。彼が私の名を心に思い浮かべるだけで。ならば、実際の言葉は愛撫に変わるだろう。彼の舌から言葉がこぼれ落ちた途端に。

  I press my lips to his neck, to the bloodied teeth marks on his shoulder, disturbed by the base desire which overtook me. Reading me easily, my Padawan turns to me, face pressed close to mine.
私は彼の首に、その肩についた血の滲む歯形に唇を押し当てる。突然私を襲った卑しい(base=下劣な)欲望の命ずるままに。私の心を見透かすことなど、さも簡単だと言わんばかりに、私のパダワンは私の方に向き直り、顔を近づける。

"Take me again, Master," he whispers, that infernal grin lighting his face.
「もう一度しよう(take=fuck, sex)、マスター」
そう彼はささやき、悪魔のように微笑み、顔を輝かす。

How easy it would be. And how dangerous.
それは何とたやすく、そして、何と危険なことであろうか。

6/14/99

Home.
ホームへ戻る

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、作品の選定及び英語表現を解説してくださったKamen様、並びに対訳のベーター・リーディングをしていただいたRyoko様に深く感謝いたします。


フロントページに戻る