Newsgroups
所属ニュースグループ
Subject
題名
alt.startrek.creativeNEW: The Captain's Log 1/2, TOS, K/S [NC-17]

新作:船長の航海日誌1/2、初代スタートレック(The Original Series)、カーク/スポック【17歳以下禁止(かつての「X指定」と同等。No One 17 And Under Admitted)】

From
送信元
Date
日時
judygran@aol.com (Judygran)13 Mar 1998 16:17:29 GMT

1998年3月13日 16時17分29秒 グリニッジ標準時間(Greenwich Mean Time)

Disclaimer
著作権に関する注意事項
We praise thee, O Paramount; we acknowledge thee to be the Copyright Owner. All the fans doth worship thee, the Studio everlasting.
われらは汝(thee=古:you)、おお! パラマウントを讃える。汝を著作権所有者と認める。すべてのファンは永遠に、汝、スタジオをまさに(doth=古:does)敬い続けん。
******
We believe that thou shalt come to judge our infringement, We therefore pray thee, treat this as fair use.
我らは信じる。汝(thou=古:you)が著作権侵害の判定にきたるであろうと(shalt=古:shall)。ゆえに我らは汝に祈る。本作品を正当な使用として処遇されんことを。

The Captain's Log
「船長の航海日誌」

Copyright 1998 by Judith Gran
著作者 1998年 ジューディス・グレイン


Captain James T. Kirk cradled the brandy snifter in both hands, warming the glowing amber liquid, inhaling the fragrant bouquet with a contented sigh. He held up the snifter and studied the glinting liquid appreciatively.
船長ジェイムス・T・カークはブランデーグラス(snifter=ほんの一杯の酒)をくゆらせた。鮮やかな琥珀色の液体を両手で温め、かぐわしいブーケを吸い込み、満足げに溜息を付く。グラスを掲げるとカークは、きらきら光るその液体を感謝の念を込めて鑑賞した。

*One of Bones' better selections,* he reflected, filing the brand name and vintage away in his mind for future reference. He was already feeling a little tipsy from the heady liquor.
「ボーンズ(注:Bones=船医。ドクター・マッコイの愛称)おすすめの1本か……」
カークは物思いに耽った。今後の参考のためにと、その銘柄とヴィンテージを記憶に留めながら。脳味噌を溶ろかすような液体のおかげで、すでにカークは少しばかりほろ酔い気分になっていた。

Kirk leaned back in his chair, wishing his Chief Medical Officer were there to join him. But McCoy was in surgery, had been for the last several hours, and probably wouldn't finish this evening.
椅子に寄り掛かりながら、あの船医長がここに一緒にいてくれたら、どんなに良かったことだろうと、カークは思った。しかしドクター・マッコイはつい数時間前から外科手術を施している最中であり、多分それは、今晩中には終わりそうになかった。

Kirk prayed silently that the surgery his CMO was performing would be successful. McCoy's competence was without equal, but he'd never had to perform surgery that was so ... delicate ... before. Kirk was going to have an exceptionally unhappy crewmember on his hands if the surgery didn't work.
カークは心の中で祈った。我らが船医長が施している手術が、どうか成功するようにと。マッコイの手腕は比類無きものだった。だが、これほどまでに……難しい手術を執刀しなければならないのは初めてだった……いまに至るまで。もし手術が順調にいかなければ、希有稀な不幸に見舞われたこの乗組員をカークはこの先(気の毒な同僚として)抱えていかなくてはならないだろう。

*Thank God I have the best chief surgeon in the Fleet,* Kirk sighed fervently. He pictured himself forced into the role of the French officer in *The Sun Also Rises,* giving the young man a condolence speech, expressing his regret for the supreme sacrifice he'd made for Federation and Starfleet. The thought made him shudder.
「この艦隊に最高の軍医長をお与えになったことを神に感謝いたします」
カークは燃えるように熱い溜息をついた。『日はまた登る』に登場する、若い部下に弔詞を読み上げるフランス将校の役を演じさせられている自分の姿を思い浮かべて。自分の部下が連邦政府と宇宙艦隊に捧げた尊い犠牲に対して哀悼の意を表す姿を。縁起でもない想像にカークは思わず身を震わせた。

*God damn that pompous martinet of an Ambassador, dragging me and my crew into a bloodbath of genital mutilation*, Kirk swore silently. Involuntarily, he found himself looking down at the good-sized bulge in his own trousers, thankful that at least his own private parts had been spared.
「神は地獄に落とすであろう。私たち乗組員を生殖器切断の血の池に引きずり込んだ尊大で規律第一主義のあの大使を」
心の中でののしるとカークは、自らのズボンに収まっている、程良い大きさの膨らみに思わず視線を落とした。少なくとも彼自身のそれは命拾いしたことに感謝して。

All things considered, they were damned lucky that only a single crew member had lost the family jewels before Kirk had persuaded the religious militants to back off and let him negotiate.
すべての点を考慮すればカークと乗組員は、いまいましいほどラッキーだった。たった一人の乗組員が子種(注:the family jewels=「男性性器」を表すスラング。相続人である子孫を残し、家系を遺伝させるため、「家宝」になぞらえられる)を失うだけで済んだのだから。カークは熱くなっている喧嘩っ早い連中(注:後述の「僧侶たち」)に後ろに下がっているよう、交渉は自分に任せてくれと、説得した。

Still, Kirk was worried about the promising young officer who lay in Sickbay, his romantic and reproductive future dependent on McCoy's skill in microsurgery. Morosely, he drained his snifter and rose automatically to refill it from the bottle on his credenza.
それでもまだカークは、医療室に横たわる将来を嘱望された若い士官のことが気がかりだった。 この先、魅力的で繁殖力に満ちた未来が約束されるかどうかは、マッコイの顕微手術の腕前にかかっていた。神妙な顔でブランデーを飲み干すとカークは、サイドボード(注:credenza=脚のないサイドボード)に置かれたボトルからもう一杯注ごうと、無意識の内に腰を上げた。

He hated to drink alone, but Scotty, his other drinking companion, was pulling a double shift tonight in Engineering. And Spock -- Kirk sighed and shook his head hopelessly.
一人で酒を飲むなど、カークは好きではなかった。だが、カークのもう一人の飲み仲間であるスコッティ(日本語版ではチャーリー主任機関士のこと。オリジナル名はモンゴメリー・スコット)は、マシン作業のために、今夜は連続で第2シフト目を勤務している最中だった。そしてスポックは……カークは溜息をつき、がっかりして首を振った。

His body flushed with a wave of desire, heightened, he suspected, by the liquor. His errant mind conjured up a vision of Spock, lecturing him on the effect of liquor on dilation of the blood vessels.
押し寄せる欲望にカークの体はほてり、気分は高揚した。カークはそれが酒のせいではないかと推測した。カークの迷いがちな心はスポックの姿を呼び起こし、スポックは飲酒が血管膨張に及ぼす効果について、カークに講義をし始めた。

Better not to think about his First Officer and how much he wanted him. How much he wished he were here in this room, not just sitting in the chair across from him or locked in concentration over a chess board, but -- he shut the door of his subconscious abruptly, before the wisp of fantasy could escape.
あの副長(注:スポックの役職名)のことを、そして、自分がどれだけスポックのことを欲しているかなど、今は考えない方がいい。スポックにこの部屋にいてほしいとどれだけ思ったことか。それも、向かいの椅子にただ腰掛けるのではなく、もしくは、チェス盤にかじり付いてただ考え込んでいるのではなく……が、カークは妄想が顔をのぞかせることがないよう、自らの潜在意識の扉をきっぱりと閉じた。

Spock hadn't come to play chess tonight, so he was probably still at work, mopping up the details of this latest mission.
今夜はスポックはチェスをしに来なかった。大方まだ仕事でもしているのだろう。このところの任務にまつわる雑事を一掃しようとして(mop up=一掃する)。

Kirk wondered idly what was taking Spock so long. He'd finished his own log hours ago.
何もすることなく、ぼんやりとカークは思案していた。何だってスポックはこんなにも時間が掛かっているだろうかと。自分の分の航海日誌は何時間も前に付け終わってしまったというのに。

He had just refilled his glass and sat down again when his intercom whistled. He pressed the button and the screen lit up with McCoy's image, tousled but happy.
"Isaksen's fine, Jim," his CMO grinned in obvious relief.
グラスにおかわりをつぎ、もう一度腰掛けた、ちょうどその時、カークのインカムが鳴った。ボタンを押すと、画面が明るくなり、マッコイの姿が表れた。髪や服装は乱れているが、嬉しそうに見える。
「イサクセン(注:若い乗組員の名前)は元気だよ。ジム」
船医長はニッコリと笑った。見るからにホッとした様子で。

"He's in the recovery room now. Everything's working. I'm going to have a cup of coffee and start on Ambassador Stasko in a few minutes."
「今、イサクセンは回復室で休養中だ。全ては順調さ。コーヒーを一杯いただいてから、2、3分後に、スタスコ大使に取りかかることにするよ」

Kirk nodded his approval.
"Good work, Bones," he grinned and sank back in his chair, filled with relief of his own. Try as he might, he found it hard to be as concerned about the state of the Federation Ambassador's genitals as he had been about his own officer's.
カークはうなずいて同意を示した。
「ご苦労だった、ボーンズ」
ニヤッと笑うと、心からホッとして、カークは椅子に身を投げ出した。努力してみたものの、自分の部下の時のように親身になって、あの連邦大使の生殖器の容態を心配するなんてことは、カークにはとてもできそうになかった。

What kind of bloody fool would sneak away for a *menage a trois* with *both* Prime Ministers -- the highest male and the highest female elected representatives of their people -- and choose, as the place for their libidinous interlude, the rival religious faction's most sacred shrine?
どんな大バカ(bloody=ひどい、べらぼうな)が<両>首相と3P(注:menage a trois=<仏>夫婦と夫の愛人との三角関係を指すが、ここではスタスコ大使と首相夫妻が3人でセックスすることを指す)するためにこっそりと抜け出して -- 両首相とは、その民の代表として投票された、もっとも高位の男性と最も高貴な女性のことであるが -- しかも、その好色な幕間劇を行う場所として、敵対する宗派の派閥の総本山を選ぶのだろうか?

Perhaps the Ambassador was unaware that he'd placed his cock and balls at risk, but certainly he should have foreseen being captured and imprisoned.
多分大使は、自らのペニスと睾丸が危険に晒されていたとは、気づいていなかっただろう。が、確実に自分が捕虜にされ、牢獄に入れられることは、前もって予想が付いたはずである。

  As ever, Kirk and his crew had been called in to bail out the Ambassador and the two Prime Ministers. No one had told the Enterprise crew how strongly the militants felt about the violation of their shrine, and how prepared they were to fight for the privilege of castrating their victims.
いつものように、カークと部下たちは、大使及び両首相を救出すべく召集された。が、エンタープライズの乗組員は誰一人、事前に知らされてはいなかった。総本山が冒涜されたことに対して、好戦的な連中(僧侶たち)が、どれだけ憤っていたことか、また、餌食を去勢する特権を駆使しようと、どれだけ連中が手ぐすねひいて待っていたかを。

Kirk and the landing party had beamed down to find themselves surrounded by a forest of sharp, sharp knives.
(不運なことに)カーク及び上陸部隊は、極めて鋭利な剣の森の中に転送されてしまった。

Then, after Kirk had applied his most soothing diplomatic balm and they'd gotten the Prime Ministers out undamaged and the Ambassador and crew member back to the ship, Stasko had had the gall to insist that he be the first to undergo reattachment surgery.
そこで、カークは彼お得意の、敵をなだめる外交的なご機嫌取りを駆使し、両首相を無傷のうちに救出し、大使と乗組員を宇宙船に帰還させることに成功した。が、ずうずしくも(the gall to=〜する厚かましさ)スタスコはまっさきに自分が再取り付け手術を受けるべきであると主張したのだ。

Kirk had taken considerable pleasure informing His Excellency that on his ship, priority in medical treatment was dictated by medical factors, not rank or status.
自分の船内において、治療を受ける順番は純粋に医学的な要因で決まるのであって、階級や地位で決めたりはしないと、閣下殿に教えてやると、カークは胸のすく思いがした。

Kirk leaned back, put his feet up, took another sip of his brandy, and willed himself to relax. It wasn't hard--the tart, complex liquid he swirled in his mouth was quite soothing. He glanced down at the bulge in his pants again. Brandy was nice, but sex was a hell of a lot better. Christ, he could use a good lay.
背もたれに寄り掛かり、足を高く上げ、もう一口ブランデーを含むとカークは、なんとかリラックスしようと努めた。それは難しいことではなかった -- 口の中でくゆらせている刺すような複雑な味わいのその液体は、芯から心を和らげてくれるからだ。カークはもう一度パンツの膨らみを見下ろした。ブランデーは素晴らしい。だが、セックスは遥かに(a hell of a lot=very)いい。神よ、我れに良きセックスをさせんことを(lay=セックスの相手、セックス)!

As if obeying his silent thought, his cock stiffened inside his uniform trousers. Kirk looked at it appreciatively. The outline in his pants left no room for doubt that he was extremely well-endowed.
カークの無言の祈りに耳を傾けるかのように、彼の男根は制服のズボンの中で力を保ち始めた。カークは感謝の気持ちでそれを眺める。そのパンツの輪郭は、カークが極めて卓越した性的能力に恵まれていることに疑う余地がないことを示していた。

"Hung like a stallion," he could almost hear the voice of the sexy young woman he'd romped around the bed with during his last shore leave on Erogenus III.
「まるで種馬みたい(hung like a...=男が大きなペニスを持った、巨根の。hungだけでも巨根に恵まれた、という意味がある)」
突然、声が聞こえた気がした。カークが一番最近、上陸の許可をもらったエロジェナス第3惑星で、ベッドの上で跳ねるようにセックスした、あの官能的な若い女の声だ。

"Really packing."
What was her name--Joy? Yes, that was it. Joy of the million-credit mouth. He smiled as he remembered the look of surprise and pleasure on her face when he took his clothes off and stood in front of her, erect and throbbing.
"That's some serious wood," she'd whispered, awed.
「本当、はちきれそう」
彼女、名前は何と言ったっけ? -- ジョイか? ああ、そうだった。100万クレジット(注:お金の単位)の唇を持つと言われているジョイだったな。カークは思い出し笑いをした。服を脱ぎ、脈打つ彼自身をそそり立たせて、ジョイの前に立った時、彼女が見せた驚きと喜びの表情を思い出して。
「見事な(serious=極上の)大木だこと」
そうジョイはつぶやくと畏怖さえした。

Dreamily, Kirk drifted into fantasy. He conjured up the memories of other recent Shore Leave flings. Fondly, he remembered the daughter of the High Presbyter of Arcadia IV--Ciki, she had asked him to call her, knowing he couldn't pronounce the strange combination of consonants and vowels that made up her full name.
夢見るように、カークは空想の中を漂流した。最近、上陸許可を受けた時の「踊る大紐育」(fling=短時間のしたい放題)状態にまつわる別の記憶を呼び覚ます。慈しむように、カークはアルカディア第4惑星の長老の娘 -- チキを思い出した。チキは子音と母音の変わった組み合わせからなる彼女のフルネームをカークがうまく発音できないのを知りながら、わざとカークに自分の名前をそう呼ばせたのだった。

Being with Ciki had convinced him that everything they used to say back in Iowa about preacher's daughters was true--and then some. It was Ciki who had christened his cock with her special name for it, "the Captain's Log."
Kirk grinned, remembering some of the exciting things she had done with his prize member.
チキと共に過ごしてみて、カークは確信した。自分の故郷であるアイオワ州で(back in Iowa=故郷、アイオワで。カークの出身地)牧師の娘に関して言いふらされていたこと(注:田舎であるアイオワの人々は信心深く純朴で貞淑だと思われがちだが、実際は早熟で、牧師の娘でさえ例外ではないということ)は、すべて真実だったと -- 実際は噂以上のものがあったが(and then some=a lot more)。チキこそが、カークの男根(member=penis)にとびきりの洗礼名を授けてくれた女性であったから。
「キャプテンの丸太(ログ)(注:logが「日誌」と「丸太」の掛詞になっている)」と。
表彰ものの息子に施されたジョイの刺激的な行為を思い出し、カークはニヤニヤした。

Dreaming of Ciki led to fantasies of Ruth, whom he'd met on Hyman's Planet when they stopped there to repair the ship's mainframe computer. He seemed to have a thing about women named Ruth. And *this* Ruth had, quite simply, the most magnificent tits he had ever seen--or felt.
チキの夢に導かれるように、ルースの幻影が現れた。ルースとは、船内の大型コンピュータ修理のためにヒュウマン星に寄港した際に出会った。カークは、このルースという名の女性にとって、何かグッとくるものがあるようだった。そして<この>ルースという女性こそ、まさに疑いようもなく(simply=plainly、clearly)、カークが今まで見た -- または触れた中で、最も素晴らしいおっぱい(tits=乳房)の持ち主であった。

Lying on top of them was like lying on a pneumatic feather bed buoyed up by anti-gravs. He'd always liked women with good minds, too, and Ruth had an A-1 computer rating, just like Spock ....
その頂きに横たわるのは、まるで反重力式の空気入り羽毛ベッドに寝ているかのような気分だった。その上、素晴らしい知性をも兼ね備えたこの女性のことをカークはいつだって気に入っていた。そして、ルースは超A級コンピューター並みの頭脳を有する、まさにスポックにも匹敵する……。

  Suddenly Ruth's image was erased from his mind, to be replaced by a vision of Spock, working industriously at the ship's library computer.
*Shit. Can't I fantasize about a woman who doesn't remind me of Spock?*
突然ルースの姿が脳裏から消え、船内図書館のコンピューター仕事を勤勉にこなすスポックの幻影と入れ替わった。
<くそッ。俺はスポックを忘れさせてくれるような女性を夢見ることもできないのか?>

*Think about a blonde*, he ordered himself firmly. Blondes had never let him down. He closed his eyes and dreamed of Celestina, the blonde Amazon he'd met on Hubris V. She'd towered over him, of course, but he hadn't minded that a bit.
<そうだ、金髪の女性のことを考えよう>
カークは断固として自分に言い聞かせた。ブロンド女性は決してカークを失望させたことはなかった。カークは目を閉じ、セレスティナのことを夢想した。カークがフブリス第5惑星で出会ったブロンドの女傑(ギリシャ神話の勇猛な女戦士アマゾン)のことを。セレスティナは当然、カークより背が高かった。だが、そんなこと少しも気にならなかった。

Besides, height didn't much matter in the activities they'd engaged in. He sighed blissfully, remembering her great gobs of wavy blonde hair--how he'd loved gathering it up in his hands when she lay down on top of him.
*A bit of a dominatrix, he reflected, but great God, I loved it.*
それに背の高さなんて、2人が営む行為にとっては、大した問題ではない。カークはこの上もない幸福感に包まれて吐息を漏らした。セレスティナの見事なぐらいに豊かな波打つようなブロンドの髪を思い浮かべて。 -- セレスティナを体の上に載せ、その髪の毛を両手で抱き締めるのがカークはとりわけお気に入りだった。
<ちょっとした(サゾ・マゾ関係における)女王様だな、カークは熟考した。しかし、ああ、偉大なる神よ。私はそういう(SMの女王様)のがとっても好きなのです>

*I suppose I ought to look at that part of my sexuality more closely,* Kirk admitted to himself sheepishly.
*That must be why I have ... those dreams ... about Spock ....*
<おのれの性的嗜好の質をもっとじっくり研究すべきかもしれないな>
当惑して気弱になったカークはおのれを反省した。
<そのせいで私はそんな夢想を抱くのだ……スポックについての……>

"Shit!" he groaned aloud. Couldn't he find a sexual fantasy that didn't remind him of Spock?
「ええい!」
カークは大声でうなった。スポックのことを思い出させずに、みだらな空想に耽ることなどカークにはかなわぬことだというのだろうか? 

He reached down and touched his cock, trying to conjure up a new erotic image. But his mind refused to cooperate. His shore leave memories drifted, and he remembered the evening he'd spent on Starbase III with that lovely psychologist, Fern. The most empathic woman he'd ever met.
カークは手を伸ばし、彼自身に触れた。性欲を奮い立たせるような別のイメージを思い浮かべようとして。だがカークの心は協力するのを拒んだ。カークは今までの上陸許可の記憶の中をさまよい、魅力的な心理学者ファーンと共に第3宇宙基地で過ごした夕べにたどり着いた。これほど自分の気持ちを理解してくれる女性に会ったのはカークにとっては初めてだった。

Under the spell of her sincerity and interest, he'd broken down and confessed to her everything he felt for his First Officer and friend. She'd encouraged him to follow his heart. And he wanted to. She had him half-believing that Spock returned his interest, too.
誠実で興味津々なファーンの魔の手にかかったカークは陥落し、副長であり同時に友人でもある一人の男について自分が抱いていることすべてを打ち明けた。ファーンは、心のままに従うようにと、カークを励ました。そしてカークもまた、そうしたいと思った。ファーンはカークをその気にさせた。スポックのほうもカークの関心に報いるだろうと。

Well, it wouldn't hurt to dream a bit, Kirk sighed to himself. He took another sip of his brandy and surrendered to fantasy, not of a beautiful woman this time but of the austere Vulcan who tugged at his heart strings.
そうだな、少しばかり夢想したところで害はあるまい。カークは一人、溜息をついた。カークはブランデーをもう一口含むと、空想に身をまかせた。今度は美しい女性ではなく、カークの心の琴線を揺り動かす謹厳実直なあのバルカン人の幻想に。

He pictured their bodies together. Their two cocks--one pinkish-gold, the other greenish-dun. The Captain's Log, he thought with a lopsided sort of mental grin, and the First Officer's Log.
カートは寄り添い合うスポックと自分の姿を心に描いた。2人の陰茎は -- 一方はピンクがかった金色で、もう一方は緑がかった焦げ茶色だ。船長の丸太(ログ)と……よこしまな考えにカークは内心ほくそ笑む……副長の丸太(ログ)か。

Pictured the two hard rods of flesh connecting, rubbing against each other. Matching each other end to end.
2本の固い肉棒をつなげ合い、互いにこすりつけ合う様を想像した。先端から付け根までの互いの長さを比べ合いながら。

Giddy from the brandy, he played out the metaphor. *The Captain and the First Officer, comparing their logs. Putting them together, reconciling them .... whatever*. God, how he'd love to feel that huge, hot Vulcan cock tight against his own.
ブランデーに酔いしれながら、カークはその(日誌と丸太の)比喩をとことん追求した(play out〜=結果が得られるまで〜をする)。
<船長と副長は、互いの日誌(ログ)を比べあう。一緒に並べ、違いがないかチェックして……どんな細かい点も>
ああ、どれほどカークは感じたかったことだろう。その巨大で熱いバルカン人のペニスが自分のそれにぴったりとくっつくという感覚を。

He was hard now from the fantasy. Just then the sound of the buzzer broke into his fantasies, and he jumped. Quelling his rampant member, Kirk got up and answered, "Come."
その白昼夢のおかげで、今やカークの愚息はコチコチになっていた。ちょうどその時、幻想の中にブザー音が闖入し、飛び上がらんばかりにカークを驚かせた。やんちゃな息子をなだめながら、カークは身を起こし、こう答えた。
「入りたまえ」

The door slid open and his First Officer stood in front of him. Kirk smiled tentatively, embarrassed that he was still in the grip of his erotic fantasy, but overjoyed to see his First Officer. Spock, too, looked uneasy.
ドアがスッと開くと、眼の前に副長が立っていた。カークはあいまいな笑みを浮かべ、性欲をかき立てる幻想にいまだ捉えられている自分に困惑しながらも、それでいて、副長に会えたことに狂喜していた。スポックの方も、また気まずげな様子だった。

"Captain," the Vulcan said hesitantly, "I need to consult you about my log."
「船長……」
バルカンの男はためらいがちにこう言った。
「私の日誌(ログ)のことで、ご相談しなければならない件があるのですが」

End of part 1
パート1終わり

========

Newsgroups: alt.startrek.creative
所属ニュースグループ:alt.startrek.creative

Subject: NEW: The Captain's Log 2/2, TOS, K/S [NC-17]
題名:新作:船長の航海日誌2/2、初代スタートレック、カーク/スポック【17歳以下禁止】

From: judygran@aol.com (Judygran)
送信元:judygran@aol.com (ジュディグレイン)

Date: 13 Mar 1998 16:18:31 GMT
日時:1998年3月13日 16時18分31秒 グリニッジ標準時間

The Captain's Log, part 2/2
「船長の航海日誌」、パート2/2

Copyright 1998 by Judith Gran
著作者 1998年 ジューディス・グレイン

Disclaimer--see part 1
著作権に関する注意事項--パート1を参照してください。

*****************************************************

Kirk stared at his First Officer, struggling to keep his composure. The deep voice seemed to curl around the phrase "my log," driving all of Kirk's lascivious associations with the word deep into his mind--and groin.
どうにか平静を保とうと努めながらカークはその副長を見つめた。まるでスポックの低い声が「私の丸太(ログ)」というフレーズの回りを渦巻いているかのように思われた。その言葉が招いた好色な妄想をカークの心と -- 鼠蹊部に、深く刻みつけながら。

An image of his friend's cock, stiff and green, hovered before him, and it was all he could do to keep his eyes from sinking to look at that part of Spock's anatomy.
友人である男の堅く緑色をした陰茎のイメージが、目の前を漂う中、カークにできることといえば、スポックの躯の特定の一部分に視線を落とすのをこらえることぐらいだった。

"Ah, come, in Spock," he finally said lamely, ushering the Vulcan into the room with an awkward gesture.
"What's the problem?"
「ああ……は、入りたまえ……スポック」
やっとのことでカークはそう、しどろもどろに答えると、ぎこちない動作でバルカンの男を部屋に招き入れた。
「何か問題でもあったのか?」

Spock strode into Kirk's cabin and took a seat near Kirk's desk.
"I am rather uncertain how to address some of the facts about our most recent mission," he said slowly. He was frowning slightly and Kirk could see that he was troubled.
"Certain aspects of the situation were rather .... delicate."
カークの船室にズンズン入ってくるなりスポックはカークの机近くの椅子に腰を下ろした。
「どうも(rather=少々、かなり)よく分からないのです。ごく最近の任務に関する諸事実の詳細について、どう取り扱ったらよいものかと」
スポックはゆっくりと話した。わずかに眉をひそめたのを見て、カークはスポックが困惑気味であることに気付いた。
「事態のある種の局面はかなり……扱いが難しかったので」

Kirk returned to the chair he'd been sitting in nearer the credenza. Just listening to Spock's voice made his cock stiffen and he tried heroically to make it subside, without much effect. Clumsily, he realized he'd been inhospitable, and rose again to offer Spock a drink. Uncharacteristically, Spock accepted.
カークはそれまで座っていたサイドボード近くの椅子に戻った。スポックの声をただ聞いているだけで、カークのペニスは堅くなる。カークは勇気をふりしぼって自分自身を鎮めようとしたが、それはたいして効果が無かった。不作法なことにスポックに対して、ロクなもてなしもしていないことに気付いたカークは再び立ち上がると、一杯すすめた。柄にもなく(注:普段スポックは飲酒をしない。スコッティとマッコイがもっぱらカークの飲み仲間である)、スポックは受け取った。

"Ah -- I suppose you're concerned about how much we should say about Ambassador Stasko's ... indiscretions," Kirk murmured, handing Spock a glass of brandy.
「あ……私が思うに、君が心配している点というのは、どこまで我々がスタスコ大使の……つまり、軽率な行為、について、触れるべきなのか、ということではないかな」
ブランデーの入ったグラスを手渡しながら、カークは口ごもった。

"Precisely, Captain," Spock nodded tersely.
"I recognize that we have a duty to report the facts, but I am concerned that the Ambassador may not only dispute our account, but allege that it is defamatory, as well."
「まさにその通りです、船長」
スポックはあっさり同意した。
「我々の任務は事実を忠実に報告することであると私は認識しています。ですが、私が危惧しているのは、大使が我々の報告に異議を唱えるだけでなく、なおかつ、中傷にすぎないと抗弁するのではないかということなのです」

"Spock, you're right, as usual," Kirk frowned, picking up his own brandy snifter.
"Stasko has shown a remarkable ability to avoid taking responsibility for his own actions. But that's exactly why we have to report this incident as fully as possible."
「スポック、君は正しいよ、あいかわらず」
ブランデーグラスを掲げながら、カークは困った顔をした。
「自分がやったことの責任を回避することにかけては目覚ましい能力を発揮する男だからな。スタスコというやつは。が、だからこそ、我々はこの事件をできるだけ正確に報告しなければならないのだよ」

"The Ministry of State will do its own investigation," Spock pointed out, clasping his brandy snifter in both hands. Kirk thought about the heat radiating from those hands and found himself --irrationally--envying the glass Spock held.
「連邦省の方も独自の調査を開始するでしょうが……」
両手でブランデーグラスを握りしめながら、スポックはこう指摘した。スポックの手から放たれる放射熱のことを考えたカークは -- ばかげたことだが -- スポックが抱えているグラスにいつの間にか嫉妬している自分にハッとするのだった。

"It is possible that investigation will be influenced by an interest in protecting one of the Ministry's own officials," Spock added, pursing his lips together. Kirk thought of those lips tightening around his throbbing staff.
「連邦自身の職員を守るために、調査に手心が加えられる可能性もあります」
唇をすぼめながらスポックはこう、つけ加えた。カークはその唇が脈打っている自分の肉棒(staff=penis)を包み込むように締め付ける様を想像した。

*Control yourself,* Kirk ordered his cock sternly.
*This is a professional conversation with your First Officer.*
Aloud, he said, "We can reduce the likelihood of that by filing a report that's factually unassailable. That's why I asked you to have the Anthropology section of your department interview as many of the participants as possible."
<静まれ>
断固としてカークは自らの息子に命令した。
<お前の副長と今は仕事の話をしているんだからな>
声に出してカークは言った。
「事実に基づき疑う余地がないよう報告書に記入すれば、その可能性は少なくなるのではないかな。だからこそ、わざわざ君の部署の人類学部門(注:種族ごとの宗教、伝統、習慣に詳しいため、より客観的な聞き込み調査が可能である)のスタッフを動員して、できるだけ多くの関係者の意見を聞くよう依頼したんだが」

"Understood," Spock nodded, but he was still frowning slightly.
「了解しました」
スポックはうなずいたが、まだ少々納得がいかないといった表情だった。

"Captain ... " he said hesitantly, "I recognize that it is not our usual procedure, but -- I believe it is imperative in this particular situation to make certain that our accounts of the incident are completely consistent. I would like to suggest that we compare our logs."
「船長……」
スポックはためらいながらもこう言った。
「このことが我々の通常任務ではないということは承知しているのですが -- この特殊な状況下においては、この事件に関する我々の報告書が完全に一致しているかどうか、明確にしておくことが、急務ではないかと思われるのです。そこで提案したいのですが、お互いの日誌(ログ)を比較してはどうかと」

At this echo of his fantasy thought of a few minutes ago, Kirk's internal organs dissolved into a pool of desire. All he could think of was his own pink and gold cock and Spock's green one, resting stiffly end to end.
*Oh, yes,* he groaned to himself, *Let's compare.*
ついさっきまで自分が想像していたことが、こだまのように繰り返されたおかげでカークは、強い欲望に肝が溶け出すような感覚に襲われた(注:強烈な感覚に襲われると西洋人は内蔵が溶けるような気持ちがするらしい)。今のカークに考えられるのはただ、固く、先端と根元を揃えてぴったりと寄り添う、カーク自身のピンクがかった金色のペニスとスポックの緑色のペニスのことだけだった。
<ああ、いいとも>
カークは心の中でうめいた。
<さあ、比べよう> 

Keeping his face from betraying his erotic fantasies with all the control he could muster, Kirk looked at his First Officer quizzically.
"Spock, I hardly ever even look at your log," he reminded him. The double entendre made his groin throb.
エロチックな夢想がうっかり顔に出ないよう、あらん限りの抑制力を奮い起こしながら、カークは何か物問いたげに副長を見つめた。
「スポック。君の日誌(ログ)といえば、私は今の今まで見たことすらなかったよな」
カークはスポックにほのめかした。日誌という掛詞(注:double entendre=2つの意味を含む言葉。一つは性的な意味であることが多い)にカークの鼠蹊部は思わずズキズキした。

Spock took a sip of his brandy, paused briefly, and looked back at Kirk in obvious appreciation.
"Excellent brandy, Jim," he said. It was plain from his expression that the drink had the same relaxing effect on him as it had on Kirk.
スポックはブランデーを一口すすると、一瞬静止し、やがてカークを見返した。しみじみと感謝を込めて。
「素晴らしいブランデーですね、ジム」
スポックは言った。カークと同じようにスポックにも飲酒によるリラックス効果が現れてきたことが、そのセリフからはうかがえた。

"That is true," he continued, returning to the subject of discussion, "however, as you know, the Captain has automatic access to the logs of all crew members, including, of course, my own."
「それは事実です」
続けてスポックは言った。会話の本題に戻ろうとして。
「しかしながら、ご存じの通り、船長には乗務員全員の日誌(ログ)へ無条件にアクセスする権限があります、もちろん、それには私自身の日誌(ログ)も含まれていますが」

*Don't I just wish* Kirk said to himself. The throbbing in his cock intensified. Despite himself, he could not keep his eyes from Spock's groin. Why did he think the bulge he saw there was distinctly larger than usual?
<本当にそうできたらどんなにいいことか!>
カークは独り言を言った。ペニスの動悸はさらに激しくなった。そして、意志に反してカークの目はスポックの鼠蹊部から背けられなくなった。なぜカークはそう思ったのだろうか。カークが見つめている膨らみ部分がまぎれもなく通常時よりも大きくなっていると。

A sad commentary on his lustful imagination, he decided. He crossed his legs and tried to maintain his increasingly tenuous control.
自分の好色な想像にそっけないくらい悲しいコメントを浴びせられたカークは意を決した。脚を組むことでカークは弱くなる一方の抑制力を持続させようとした(注:脚の間に挟み込んで勃起を押さえ込もうと)のだ。

"I'm sure yours is longer than mine," Kirk said.
*Where had that come from?*
He listened to his voice, disembodied, as though it had come out of nowhere.
「絶対に君のが私のより長いだろうな」
カークは言った。
<今、どこから声がした?>(=俺は何だってこんなことを言ったんだ!)
カークには自分の声が聞こえた。肉体から抜け出た、ほかのどこからでもない、まぎれもなく自分から発せられたかのような心の声が。

Spock was looking back at him, levelly.
"I see no reason to assume that, Captain," he said in his usual solemn voice. "Perhaps our respective logs differ in detail, but apart from that ..."
スポックはしっかりと(levelly=steadily)カークを見返した。
「それを裏付ける根拠はありませんね、船長」
スポックはいつもの真面目くさった声で言った。
「我々めいめいの日誌(ログ)は細部においては相違点があるでしょうが、長さの違いの点以外にも……」

Kirk's imagination conjured up a vivid picture of Spock's "log" in splendid detail, including the famous double ridges he had read so much about. With a huge effort of will, he forced himself to get back to business and continued calmly,"I've already finished my log, Spock. Would you like to look at it before you finish yours?"
カークの想像力は、本などで十分すぎるほど読みかじっているあの有名な二重の筋が付いた、スポックの<丸太>(ログ)の生き生きとしたイメージを、見事なくらい詳細に映し出してみせた。多大な努力の果てに、カークはやっとのことで本来の任務に復帰し、冷静を装ってこう続けた。
「もう私の方は日誌(ログ)を付け終わったよ、スポック。君のを仕上げる前に見ておきたいかね?」

Spock considered the idea and nodded.
"I would appreciate the opportunity."
スポックはその提案について思案し、やがてうなずいた。
「良い機会を与えていただき、感謝いたします」

Thinking what he was thinking, Kirk just couldn't look at Spock any longer. He felt as though he were loudly broadcasting his desire for all to hear. He rose and turned to the credenza to freshen his drink, gesturing toward his computer.
"Help yourself. It's the most recent file logged on my terminal."
自分が何を想像したか考えると、カークはもはやスポックを見返すことができなくなった。大声で自分の欲望をみんなに聞こえるよう触れ回っているかのような錯覚をカークは覚えた。立ち上がるとカークは、サイドボードの方へ向かい、酒をお代わりし、コンピューターに向かって身ぶりで指示を与えた。
「自分で見たまえ。私の端末に最新の日誌(ログ)ファイルがあるから」

His hands shaking with lust, Kirk opened the decanter on the credenza. Behind him, he could hear Spock entering a command into his terminal.
激しい欲望に手を震わせながらカークは、サイドボードに置かれたデキャンターを開けた。背後でスポックがカークの端末にコマンドを入力している音がする。 

As he poured a finger of brandy into his glass, he heard the Vulcan say, "Captain, it is keyed under your new confidential code, which I have not yet memorized. It would be easier if you opened it and showed me your log yourself."
カークがブランデーをグラスに注いでいるとバルカンの男がこう言うのが聞こえた。
「船長、この端末は、私がまだ記憶していない新しい機密コード(confidential code=password)で鍵が掛けられてますね。船長自らがお開きになって、ご自身の日誌(ログ)を私に見せてくれたほうが簡単ではありませんか」

Suddenly Kirk knew, intuitively, what he had to do. He didn't care if the desire singing in his blood had driven all rational thought out of his brain. He knew, with the certain instinct honed by long practice, that the time was now or never with Spock.
突然、カークは直観的に悟った。自分が今、何をすべきなのかを。血潮の中で煮えたぎる欲望の歌声が、自分の脳から理性的な思考力を払拭してしまっても構わないと思った。長い経験によって研ぎ澄まされたある種の勘によって、カークは知っていたのだ。その時はまさに今しかない、さもなければスポックとはこの先、永遠にありえないと。

Kirk reached down, opened his fly and let his cock burst free. He turned around and faced Spock, erect and stiff, letting those twenty-two centimeters of engorged flesh say everything he was having so much difficulty putting into words.
手を降ろすとカークはズボンの前開きを開け、はち切れんばかりに張りつめた一物を開放した。堅くそそり立たせたまま、カークは振り返り、スポックと向かい合った。カークがとても言葉にできなかったすべてのことをその充血した22センチの肉茎に語らせようとして。

Wordless, Spock rose from the desk and took a step in Kirk's direction. He stared at Kirk's cock solemnly, almost reverently.
"You are showing me your ... log," his voice trailed off as though he'd suddenly recognized what had been on Kirk's mind throughout their conversation.
言葉を失ったままスポックは机から立ち上がり、カークのほうに一歩近づいた。スポックはカークのペニスを厳かに見つめた。ほとんどうやうやしげに。
「ログ(日誌)はログでもそれは、ご自分の……ログ(丸太)ではありませんか」
スポックの声はか細くなった。今までの会話の間中、カークが心の中で何を考えていたか、突然、気が付いたかのように。

Kirk nodded, light-headed with the adrenaline surge of risk. In a saner moment he would have said this was foolhardy, but he knew--he *knew*--that he had done the right thing.
カークはうなずいた。このリスクに伴う(注:部下に性的感情を抱くことはセクハラと見なされる危険があるので)アドレナリンの急激な上昇に頭をふらふらさせながら。正気の時ならこんなことは無謀なことだと自分は言うだろう、が、カークは分かっていた -- <分かっていてやったのだ> -- 自分はやるべきことをやったのだと。

"Then I believe I should show you mine so that we can ... compare them."
「で、私のを君に見せるべきだと思ったのだよ……お互いを比べられるように」

With a swift, graceful gesture Spock opened his fly, and a hard, olive-tinted organ leaped out of his pants. It was fully erect, as large as Kirk's and quite simply, the most splendid thing he had ever seen. The color and the flaring double ridges gave it a gorgeous, ornamental quality that made Kirk ache to touch it even more.
スポックが素早い、それでいて優雅な身のこなしでズボンの前あわせを開けると、堅くオリーブ色がかった性器(organ=性器<=器官)がズボンから飛び出した。十分に吃立していて、カークと同じ大きさの、まさに疑いようもないほど、いままで見たこともないくらい見事な一物だった。その色と裾広がりの二重の筋が、一層の豪華さと装飾性を与え、前にも増してそれに触りたいという衝動にカークの躯はうずいた。

"Come here, Spock," he commanded, and the Vulcan closed the distance between them in two paces. Kirk reached out, took his shoulders, and pulled him close. He reached down between their bodies to touch Spock's cock and his hand met Spock's. Plainly, his First Officer had had the same idea.
「ここに来たまえ、スポック」
カークは命じた。バルカンの男はカークまであと2歩くらいという距離にまで近づいた。カークは手を伸ばし、スポックの両肩に手をかけ、自分のほうに引き寄せた。カークは手を降ろし、スポックのペニスの方へと近づけ、そしてついにその手はスポックのそれに触れた。副長も同じことを考えていたのは明らかだった。

Spock was taller than he was, and when Kirk brought their cocks together, the tip of his organ nudged the exquisitely hot, velvety softness of Spock's plump balls. He let Spock tip him back on the credenza so that their cocks could meet base to base, length for length.
スポックはカークよりも背が高いため、互いのペニスを突き合わせてみると、この上もなく熱い、ビロードのように柔らかい、スポックのふくよかな睾丸を、カークの性器の先端がちょっとつつくような恰好になった。後ろのサイドボードにカークを寄り掛からせるよう、スポックが押すのをカークは止めなかった。2人のペニスが付け根同士の高さを揃えて、長さを比べられるようにと。

The feeling of Spock's hot, hard organ against his own was incredible. Kirk's cock ached with sexual tension. He looked down to view the sight, noting with absurd pleasure that their two members were approximately the same size.
"You're twenty-two centimeters too, Spock?" he chuckled breathlessly.
スポックの熱く、力強い性器がカークのそれ自身に触れた感覚は信じられないほど素晴らしいものだった。性的興奮にかられカークのペニスは痛いほど張りつめた。お互いのペニスがほぼ同じ大きさであることが分かったことにバカみたいに喜びながら、カークはその光景を見下ろした。
「君も22センチなんだな? スポック」
カークは苦しそうにクスクス笑った。

"Twenty-two point oh four, to be precise," Spock murmured, "As I estimate you are."
「正確には22.4センチですね」
スポックはつぶやいた。
「あなたのサイズは。私が見積もったところによれば」

Kirk brought his hand back to Spock's shoulder and urged him down on top of him. He couldn't wait for preliminaries; he needed to come. Spock obeyed, thrust against him hard, and their cocks exploded in a burst of pure sensation.
カークは手をスポックの肩に回し、自分の上にのしかかるよう急かせた。カークはもう前戯など待ってられなかった。イキたくてたまらなかったからだ。スポックは従い、カークのペニスを自らのペニスで激しく突いた。純粋で溢れるような感覚に襲われて、2人のペニスは炸裂した。

When Kirk came back to consciousness he had slid down off the credenza and was lying on the floor, his pants a mess, his tunic covered with semen. Spock, equally dishevelled, sat near him.
"Perhaps we would be more comfortable if we adjourned to your bed?"
Spock asked, his voice deep and thick with pleasure.
意識が戻った時、カークはサイドボードの脇に滑り落ち、床に伸びていた。ズボンはしわくちゃで、上着は精液にまみれていた。スポックもまた同じように、しどけない恰好で、カークの近くで脚を投げ出していた。
「恐らく、ベッドに場所を移せば、我々はより快適になると思われますが?」
スポックは尋ねた。声は低く、喜びに掠れていた。

"An excellent suggestion, Mr. Spock," Kirk grinned, thinking that voice could make him hard again in a minute.
「素晴らしい提案だ、ミスター・スポック」
カークはニヤっと笑った。スポックの声でたちまち自身が再び堅くなるのを知って。

By the time he'd pulled himself up, made for the sleeping area, and turned down the bed covers, Spock had procured some wet cloths from the bathroom. He laid Kirk down on the bed, pulled his boots and pants off, and cleaned him up expertly.
カークが身を起こし、睡眠室へと進み、ベッドカバーを折り返す頃には、スポックは濡れた衣服をかき集めバスルームへと運んでいた。スポックはカークをベッドに横たえると、カークの靴とズボンを脱がせ、看護術のような巧みさでカークを清拭きした。

Kirk returned the favor. They shouldered off their tunics and lay down in each other's arms. Kirk was incredibly turned on by the sight of Spock, naked. Feeling his hot body next to his own was surely the most erotic sensation he had ever felt.
スポックにされたことをカークもスポックにし返した。2人はチュニック(=短い上着)を脱ぎ、お互いの腕をからませながら横たわった。全裸のスポックを眺めるだけで、カークは信じられないほど感じてしまった(be turned on=性的に興奮する、ムラムラっとくる)。自分のすぐ隣にスポックの熱い躯がいるという感覚は、カークが今まで味わったどの感覚よりも官能的であるのは間違いなかった。

Kirk tried to put his feelings into words, but words failed him.
"Spock, I've wanted you for so long," was all he could say.
"I would have said something about it before, but I was afraid you wouldn't be -- interested."
カークは自分の感情を口にしようとしたが、言葉が出なかった。
「スポック、ずっと前から私は君が欲しかったよ……」
カークにはそう言うの精一杯だった。
「私こそもっと早くにそう言うべきでした。ですが、私は怖かったのです。あなたの方に -- その気がないのではないかと」 

Spock pulled Kirk's head against his shoulder and caressed his hair gently.
"I, too, found it extremely difficult to speak to you of my sexual feelings. I admire the risk you took tonight."
スポックはカークの頭を引き寄せると自分の肩に載せ、その髪を優しく愛撫した。
「私も、自分の性的な感情を打ち明けるのは、極めて困難なことだろうと思っていました。ですから、今夜のあなたが取った勇気ある行動(いちかばちかやってみる=take a risk)には、ただただ敬服するばかりです」

"Spock, nothing about it was particularly admirable--I was just so turned on by you tonight I couldn't wait any longer."
「とても誉められたもんじゃないんだよ、スポック -- 今夜の君があまりにも魅力的すぎて、もうこれ以上待っていられなかっただけなんだから」

They lay together quietly, touching each other, stroking each other's bodies. Kirk reached down and cupped Spock's genitals in the palm of his hand, noting with pleasure that Spock was beginning to get hard again. He moved down on the bed for a closer look.
2人は黙ったまま一緒に横になった。互いに触れ合い、互いの躯を愛撫し合いながら。手を下のほうに伸ばし、スポックの性器を手のひらですくったカークは、スポックのそれが再び固さを取り戻していくのを知って嬉しくなった。もっとよく見ようとカークはベッドの足の方へと移動した。

"Spock, has anyone ever told you what a gorgeous cock you have?" he asked, looking up at Spock happily.
「スポック、今まで誰かに言われたことがないかい? 何てゴージャスなペニスなんだろうって」 
カークは尋ねた。幸せな気持ちでスポックを見つめながら。

Spock leaned back into his pillow, his face impassive.
"Affirmative," he replied laconically.
枕にもたれながらスポックは平然とした顔をした。
「否定はしませんね……」
言葉少なにスポックは答えた。

Kirk started in surprise. He quelled the twinge of jealousy he felt by reminding himself that he couldn't possibly have been the only admirer of the gorgeous Vulcan organ. Still, he was curious.
"Who?" he asked.
カークはハッとしてたじろいだ(start=驚いてびくっとする)。この豪華なバルカンの性器を賞賛しているのは自分だけじゃないかもしれないとほのめかされ、こみ上げてくる嫉妬のうずきを必死でなだめた。が、それでもなお、カークは知りたかった。
「誰なんだ?」
カークは尋ねた。

Spock's featured focused in concentration, and Kirk realized he was probably going to get a complete and literal answer.
スポックは精神を集中させているような顔つき(featured=>featuresのミススペル)をした。この分だと、恐らく自分は完璧かつ文字通りの回答を宣告されるのだろう。カークは覚悟した。

"Listing the persons who have made such a statement in reverse chronological order ..."
Kirk stifled a groan. Did Spock have to be so truthful?
「そのようなことを言った人を年代の新しい順に列挙するなら……」
カークはののしりたくなる衝動をかみ殺した。スポックってやつは、何でそう馬鹿正直なんだ!と

"A young lady from Hyman's Planet whom I met when we repaired the computers ...."
「我々がコンピューター修理の際に出会ったヒュマン星の若い女性の……」

"Ruth?"
Kirk rolled over on his stomach and looked at Spock in shocked surprise.
「ルースのことか?」
カークはうつ伏せになり(roll over=寝返りを打つ)、ショックを受けたといわんばかりにスポックを見つめた。

Spock nodded without a trace of embarrassment.
"We worked closely on the computer repairs, Jim, and one thing led to another, as you are fond of saying."
少しも動じることなくスポックはうなずいた。
「ルースとは、コンピューター修理の仕事でずっと一緒に働いていましたから、ジム。で、魚心あれば水心となったわけです。あなたの得意な言い回しに習うと」

Kirk tried to keep the chagrin out of his voice.
"Anyone else?"
カークは悔しさが声ににじまないよう努力した。
「他にもいるのか?」

Spock nodded.
"Perhaps you remember the High Presbyter's daughter on the planet Arcadia?"
スポックはうなずいた。
「多分あたなも覚えてらっしゃいますでしょう? アルカディア星の高位の長老の娘のことを」

Kirk put his head in his hands.
"I do indeed, Mr. Spock. Next you're going to tell me you got it on with Joy, that woman we met on Erogenus III?"
カークは頭を抱えた。
「ああ、覚えているとも、ミスター・スポック。で、この次には、ジョイとやったと(get it on with=セックスする)言うんじゃないだろうな? エロジェナス第3惑星で会った女性の」

He looked up at Spock again and caught the look of appreciation that flickered briefly in Spock's eyes.
"A most perceptive guess, Captain," Spock replied.
  スポックを再び見上げるとカークは、スポックの瞳に一瞬、感謝の眼差しがきらめいたのを見逃さなかった。
「さすが鋭いですね。正解ですよ、船長」
スポックは答えた。

"I don't suppose she told you you were hung like a stallion, did she?"
「まさか彼女、『まるで種馬みたい』って言ったんじゃないだろうね?」

Spock shook his head calmly, and Kirk felt an irrational surge of relief that ended abruptly when his First Officer clarified, "The simile she used was that of an animal found on Vulcan rather than the Terran horse."
スポックは静かに首を横に振った。我を忘れるほどの安堵の念がこみ上げてきたのもつかの間、副長の告白でそれはたちまち元の黙阿弥になった。
「実は彼女の使った比喩は、地球の馬ではなく、バルカン星にいる動物で例えたんです」

Stoically, Kirk told himself that Spock was simply testifying to the good taste of the women they'd both made love to. But it was clear that Spock wasn't finished yet.
我慢強くカークは自分に言い聞かせた。スポックはただ単純に、セックスを共にした女性が良い趣味をしていたということを証言したいだけなのだと。だが、まだ続きがありそうなのは明らかだった。

"Before that, the young woman who instructed us in the native language on Canopus III."
「その前に、カノップス第3惑星で我々に現地語を教えてくれた若い女性がいましたね」

"The teacher? That quiet, intense woman with the heart-shaped face?"
Kirk asked, incredulous. Spock nodded. His face was opaque, but Kirk was sure he'd caught a look of remembered pleasure in his eyes.
"Spock, I couldn't get to first base with her," he confessed ruefully.
「教師のことか? あの無口でまじめな(intense=serious)、ハート型の顔をした女性がか?」
とても信じられないといった顔でカークは尋ねた。スポックはうなずいた。あいまいな表情だったが、カークはその瞳に思い出し笑いが浮かぶのを決して見逃さなかった。
「スポック、あの女性に関しては、私は一塁にも出れなかったよ……」
悔しそうにカークは告白した。

Spock raised an eyebrow quizzically.
"Really? That is most unfortunate. She has an extremely vivid imagination."
からかうようにスポックは眉を上げた。
「本当ですか? それはもったいないことをしましたね。彼女は極めて強烈な想像力の持ち主なんですよ」

Kirk rolled over on his side and pulled Spock close. At least, Spock hadn't mentioned Celestina. She'd remain his little secret for the time being. But he'd heard enough revelations about Spock's past erotic adventures for tonight. Right now, his cock was aching again.
カークは横向きになり、スポックを近くに引き寄せた。少なくともセレスティナについては何もスポックは言っていない。当面、セレスティナはカークのささやかな隠し玉であるようだ。が、今夜のカークは、スポックの過去の性的遍歴について、十分するほど聞かされてしまった。今や、カークのペニスは再びうずき始めた。

"Spock, I certainly don't blame those women for appreciating what you have to offer. And I won't ask you to give up other partners--at least not yet. But I want you to know that this--" he clasped Spock's rapidly hardening cock, "is all I'm ever going to need sexually from now on."
「スポック、君が提供したにちがいない<何か>を見たり楽しんだりしたからといって、その女性たちを咎めるつもりは決してないし、ましてや君に他のパートナーを諦めろと言うつもりもない -- 少なくとも、今はまだ、ということだけれど。それでも、私は君に知っていてほしいんだ、これが --」
カークはたちまち堅くなったスポックのペニスを握り締めた。
「この先、セックスするのに私に必要のは、これだけだということを」

Spock hugged him tight.
"I am honored that you have chosen me. I would say the same about you--" he gave Kirk's throbbing organ a loving squeeze, "except that I know I will want something else, as well." His hands fell to Kirk's ass.
スポックはカークをきつく抱き締めた。
「私を選んでくれて光栄です。私の思いも同じだと言わせてください --」
スポックは力強く息づくカーク自身をいとおしそうに握り返した。
「私もまた、まだ他にほしいものがあることに気付いているという点を除いて」
スポックの両手がカークの尻に降りてきた。

A hot bolt of lust and anticipation coursed through Kirk's body at the touch of Spock's hands on his ass.
スポックの手がカークの尻に触れた途端、肉欲と期待の熱い電流がカークの体内をすさまじい勢いで流れた。

"Would you like it now?" he rolled over on his stomach again and raised his ass slightly to give Spock a proper view. He sensed the Vulcan's gaze, boring into him, penetrating him as Kirk hoped he would soon penetrate his body.
「今したいのか?」
カークは再び腹這いになり、スポックにもっとよく見えるよう、僅かに尻を持ち上げた。カークはバルカン人の熱い視線を感じた。その視線はカークを穿ち、カークを貫いた。すぐにでもスポックに自分の躯を貫いてほしいと望むかのように。

Kirk heard Spock swallow and when the Vulcan spoke, his voice was harsh with barely-leashed desire.
"Do you have any lubricant?" was all he said.
カークにはスポックの固唾を飲む音が聞こえた。話そうとするのだが、バルカン人の声は抑えきれない欲望でかすれ、
「何か潤滑剤の類をお持ちですか?」
というのがやっとだった。

"In the drawer," Kirk gestured to the bedside table, and Spock reached over and pulled out the small tube. He opened it, squeezed out a large dollop of satiny gel and warmed it in his hand before reaching between Kirk's legs.
「引出しの中だ」
カークが身ぶりでベッドサイドボードを示すと、スポックは手を伸ばし、中から小さなチューブを取り出した。蓋を開け、なめらかなゲルをたっぷりと絞り出し、手の中で温めてからスポックは、カークの脚の間に塗り込めた。

The feeling of Spock's touching him there was so intense Kirk nearly came at once. He contained himself as Spock pressed the sleek fluid into him, stroking him with skillful fingers.
カークのそこ(秘所)にスポックが触れた感覚があまりに強烈だったために、カークはもう少しでイキそうになった。スポックの巧みな指で愛撫されながら、滑らかな液体が塗り込まれている間、カークはじっと耐えた。

He groaned with pleasure when Spock reached into him to touch the sensitive gland at the base of his cock.
"Oh please, Spock," he moaned tensely.
"Give it to me now."
スポックがカークの中の手を入れ、カークのペニスの付け根にある敏感な腺(sensitive gland=prostate gland=前立腺)に触れた途端、カークは歓喜のうめき声をあげた。
「ああ、お願いだ、スポック」
カークは必死にこらえながら、うめいた。
「もう入れてくれ、早く」

Spock mounted him, straddled him and then Kirk felt the exquisitely hot, blunt tip of Spock's cock pressing into his ass. He spread his legs further, wanting to be open to Spock, wanting him in as deep as possible.
スポックはカークにのしかかり、カークにまたがった。そしてカークは、この上もなく熱く、鈍器のようなスポックのペニスの先端が自分のアナルにあてがわれるのを感じた。カークは脚をさらに広げる。スポックに押し分けて来てほしくて、出来る限り深くスポックを迎え入れたくて。

"Deeper, deeper," he panted as Spock thrust into him. The hot hard organ filled him, stretched him to kingdom come, giving him more pleasure than he'd ever felt in his life. The heat of it radiated into him, turning his ass into jelly.
「もっと深く、もっと奧に……」
スポックがカークを貫くたびにカークは喘いだ。熱く力強い性器がカークを一杯に満たし、天国(注:kingdom come=天国。巨大なために死ぬほど気持ちがいいという例え)に届くかと思うほどこじ開け、今までの人生で経験したこともないような極上の快楽をカークにもたらした。スポックの性器から発せられる熱はカークの中に発散し、カークのアナルをゼリーのように溶けさせた。

Spock reached down and grasped Kirk's cock in a warmer-than-Human hand, and Kirk's pleasure was complete. He groaned with each thrust, pleasure building and building until they both came in the same instant.
スポックは下へと手を伸ばし、カークのペニスを、その<人よりも暖かい手>で握り締めた。カークの喜びは極まった。突き上げられるたびにカークはうめき、とめどもなく快感が高まり、とうとう2人は同時に頂点を迎えた。

Spock rolled off him, gasping, and they settled into each other's arms for the night. With his last remaining shred of conscious thought, Kirk remembered Ambassador Stasko and the problem that had brought Spock to his office in the first place.
喘ぎながらスポックは転がるようにカークの背中から降りた。その夜は2人とも、互いの腕の中に身を寄せ合った。かろうじてまだ残っている切れ切れの意識の中で、カークはスタスコ大使のことと、そもそも(in the first place=第一に、まず、初めから)スポックが自分のオフィスに来る原因を作った例の問題を思い出した。

"Spock, if you don't mind I'd like to wait till tomorrow to read your log of the incident," he murmured, giving Spock a squeeze.
"Your *other* log has kind of ... wiped me out for the night."
「スポック、もし君が構わなければ、例の事件に関する君の日誌(ログ)を読む件は明日まで待ってほしいんだ」
カークはつぶやいた。スポックをギュッと抱き締めながら。
「今夜は君の<別件の>丸太(ログ)のおかげで、何というか……すっかり忘れてしまったみたいなんだよ」

"Understood Captain."
Spock squeezed him back,"But I am pleased we compared our logs, nevertheless." And they both slept.
「了解しました。船長」
スポックもまた、カークを抱き返した。
「それでも(実際の日記が比べられなくても)、私は満足ですよ、我々の丸太(ログ)を比べることが出来たのですから……」
やがて2人は、ともに深い眠りに落ちた。

  The End
終わり

========

Newsgroups: alt.startrek.creative.erotica.moderated
所属ニューズグループ:alt.startrek.creative.erotica.moderated

Subject: NEW: The Captain's Log 0/2, TOS, K/S [NC-17]
題名:新作:船長の航海日誌0/2、初代スタートレック、カーク/スポック【17歳以下禁止】

From: Judygran
送信元:judygran@aol.com (ジュディグレイン)

Date: Sat, 14 Mar 1998 09:21:28 -0800
日時:1998年3月14日 9時21分28.08秒

Subject:NEW:The Captain's Log 0/2, TOS, K/S [NC-17]
題名:新作:船長の航海日誌0/2、初代スタートレック、カーク/スポック【17歳以下禁止】

Date:Fri, 13 Mar 1998 21:22:14 EST
日時:金曜日、1998年3月13日 21時22分14秒 東海岸標準時間  From:Judygran
送信元:judygran@aol.com (ジュディグレイン)

To:ascem@earthlink.net
送信先:ascem@earthlink.net

I forgot to mention when I posted this minor PWP yesterday that I welcome feedback of the "no holds barred" variety. I don't mind flames. I have developed a thick skin n my RL job (litigation), where we have to cope with opposing counsel who question our logic, motives, good faith, veracity, and grasp of reality, not to mention trashing our clients. I'll take a brutally honest Trekfan any day!
このささやかなやおい小説を投稿するときに言い忘れたのですが、多種多様のどんな(注:no holds barred=制限がない、あらゆる手段が許される<=古期英語:家畜を飼うの意)意見でも歓迎します。お怒りの意見でも構いません。私は現実生活(RL=Real Life)での仕事(訴訟関係)を通して相当面の皮が厚くなってます、そこでは私たちは自分たちの論理、動機、信条、真実味や現実の把握力について疑って掛かる、真っ向から意見の対立する弁護士と渡り合わなくてはならず、自分たちの弁護人をヘトヘトにさせるようなことを言ったりはしません。私は厳しいくらい正直なスタートレックファンの意見をいつでもお伺い(take=意見を聞く、求める)いたします! 

I enjoy seeing feedback to the group; to me, it is part of the community spirit and the collective experience of the newsgroup.
私はグループへの意見をとても楽しんで拝見させてもらっております;私にとって、それは共同体意識の一部であり、ニュースグループにとっては貴重な経験の積み重ねにもなるからです。

Also forgot to mention that explicit m/m sex is inovlved, but I hope that's obvious from the K/S NC-17 designation.
これも言い忘れましたが、男性同士のセックス描写がはっきりと書かれています。しかし それはカーク/スポック17歳以下禁止の指定を見れば自明のことだろうと思いますので。

Judith
ジューディス 

--

Posting to ASCEM is easy--just send your messages to ascem@earthlink.net
ASCEMへの投稿は簡単です -- あなたの意見をascem@earthlink.netへ送るだけです。

To subscribe or unsubscribe to the mirror list--and for all other list-related inquiries, write to asceml@aol.com
ミラーリストへの登録、抹消するには -- そしてリストに関するその他のお問い合わせはすべてasceml@aol.comへお便りください。

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、原文を推薦していただき、英語表現・背景となった原作を解説してくださったKamen様、並びに対訳のベーター・リーディングをしていただいたRyoko様に深く感謝いたします。それと原作のビデオや『SV TOWN MOOK増刊 スーパービジュアルマガジン スタートレック大研究1〜3』(徳間書店刊)を見せてくれた家族にも。


フロントページに戻る