Disclaimer: This was written between four and six this morning. 'Nuff said.
免責宣言(言い訳):これは午前4時から6時の間に書いた作品です、とだけ言っておきましょう('Nuff=enoughの省略型slang)。

New fandom! I finally finished watching the movie, and came up with a first attempt at some slash. *Very* slashy movie. Probably have to have seen it for this to make sense - unless you're just in it for the smut. Next will be - umm, errr, ah. . .
新しいジャンルです! やっと映画を見終わり、スラッシュ作品としての最初の試みを上梓することができました。*とっても*スラッシーな映画でした。多分、映画を見ておかないと、この作品は意味不明でしょうね - でないと、単なる猥談にすぎないかもしれません。次回作は - ううん、ええっと、あ〜。

Title
題名
Fandom
原作(カテゴリー)
Author
著者
Rating
レイティング
"Eliminate the Negative"

「忌まわしき記憶を消せ」

L.A. Confidential

L.A.コンフィデンシャル

MonaR. (aka Mona Ramsey, aka Mona)

モナR (別名 モナ・ラムゼイ、もしくはモナ)

NC-17

17歳以下禁止(かつての「X指定」と同等。No One 17 And Under Admitted)

Pairing
カップリング
Series
シーリズ物の有無
Bud White [Russell Crowe]/Edmund Exley [Guy Pearce]

バド・ホワイト[ラッセル・クロウ]/エドムンド・エクスリー[ガイ・ピアース]

No, I don't think so. Just fumblingaround with the characters for a moment.

いやあ、続きは書かないと思います。ちょっとキャラクターで遊んでみた(fumblingaround->fumbling around)だけですから。

Warning
警告
Webpage
収録サイト
Archive
収録について
Graphic, consentual rough sex.

生々しい、合意の上での荒っぽいセックス場面あり

Nope.

ありません

Yes to anyone who wants it.

希望されれば誰にでも

Notes
覚え書き
Spoilers
元になる原作(ネタバレ)
I don't use betas. :( Any mistakes are solely my fault and the fault of my *#^&@ spellcheck. ** is used for emphasis, // for thought, //// for voice-over. Any weird characters should be hunted down and killed.

私はベーターリーディングを受けていません。というわけで、どんな間違いも、ただただ私と私の◯◯××な(*#^&@=四文字語の伏せ字)スペルチェッカーのせいです。**は強調、//は独白、////は他者からの呼びかけを表します。他に変な文字があればどんなものであれ、くまなく指摘され、駆逐されるべきでしょう

Set about eight months after the end of the movie.

映画の終了時から約8か月後という設定です

Summary
あらすじ
It's Christmas in LA, and Edmund Exley finds himself with a surprise visit from the past.{It took me a week to finish re-watching this movie - I watched about ten minutes the first four days, but something kept interrupting me. I remembered a lot of slashy stuff surrounding White and Exley, but there was more in the movie that I didn't remember - even beyond the gay blackmail sub-plot, some lines are very suggestive. . . This isn't songfic, but I owe a debt to Holly Cole, anyway, for the ideal ambiance.}

クリスマスのロスで、エドムンド・エクスリーは旧知の人物からの驚くべき訪問を受ける。{この映画を見直し終わるのに1週間かかりました - 最初の4日間は約10分ずつ。けれどいつも、何だかんだとじゃまが入ったんです - ホワイトとエクスリーにまつわるスラッシュ的な作品をたくさん思いついたのですが、この映画では思い出せないものが多くて - ゲイだとバラす脅迫状にまつわるサブストーリーからでさえも思いついたほど、非常に創作意欲をそそるネタが結構あるんです……この話はソングフィック(注:歌をもとにしたたわいもない話)ではないのですが、(この作品に)ピッタリの雰囲気(の歌)を提供してくれたホリー・コール(注:映画『バクダット・カフェ』の主題歌「コーリング・ユー」などのヒットを持つジャズシンガー。最近、『サンタ・ベイビー〜ライヴ・イン・トロント』というクリスマス・アルバムをリリースしていたりするので、それらのクリスマス・ソング……一人で過ごすのが淋しいなどといった歌……のことかもしれない)のお陰です。


Eliminate the Negative
忌まわしき記憶を消せ

MonaR
モナR

The knock at the door was hollow, tentative, like the visitor was half - or more than half - hoping whoever was inside just wouldn't hear it. Edmund Exley waited until it came again to fumble with his glasses on the bedside table and get up.
ドアをノックする音が響く。ためらいがちに、まるで訪問者が半ば - と言うより、ほとんど - 中にいる者に聞こえなければいいと願っているかのように……。もう一度ドアを叩く音がしたのを確認したエドムンド・エクスリーは、ベッドサイドテーブルの上から眼鏡を探り当てると、起き出した。

He pulled on the pants that he had just taken off a few hours before, and slid into a shoulder holster. The days when he went anywhere without a piece - especially to answer a door when he wasn't a hundred percent sure who was behind it - were long gone.
エクスリーはつい数時間前に脱いだばかりのズボンを引き上げ、ショルダー・ホルスター(肩から掛ける革のピストル入れ)を肩に掛けた。どこへ行くにも銃(piece=銃)を持たずに出かけることができた日々は - 誰がその背後にいるのか、ほぼ100%確信が持てないまま、ドア越しに返事をするような場合は特にだが - とうに過ぎ去ってしまった。

The rap sounded one more time, then stopped. Exley paused, his hand on the knob. "Who is it?" he asked, not really expecting an answer.
再度コツコツと叩く音がしたが、やがて止んでしまった。立ち止まるとエクスリーは、ドアノブに手を掛けた。
「誰だ?」
返答などまるで期待せず、エクスリーは尋ねた。

A second passed, and then another.
"The ghost of Christmas past," was the answer.
1秒が経過し、さらに、もう1秒が過ぎた。
「クリスマスの<過去の>幽霊さ(注:チャールズ・ディケンス原作の『クリスマス・キャロル』に出てくる3種の亡霊の内の1つ。クリスマスにでさえ貧乏人から金を絞り取る強欲な金貸しのスクルージの元に、過去の記憶を見せる亡霊、現在の状況を見せる亡霊、未来の姿を見せる亡霊が訪れ、スクルージを改心させる物語)
という答えが返ってきた。

  The voice as gruff, dry - just like a ghost's should be. Exley knew who it was in an instant. He waited again, hand still gripping the doorknob so tight he didn't know if he'd ever be able to let go. Plastering a smile on his face to cover his shock, he finally opened the door up.
無愛想で掠れたその声は - 確かに幽霊そのものだった。それが誰だかエクスリーはすぐに分かった。再びエクスリーは思いとどまった。手は依然として思いきりドアノブを握っていて、果たして離すことができるのかどうか、エクスリーにも分からないほどだった。ショックを隠すため張りついたような微笑みを浮かべると、ついにエクスリーはドアを開けた。

Bud White stood there in the outside hall, the ghost of a smile on his face, as well - not as broad and shiny as Exley's, but just about as sincere. An ugly, fading scar on his left cheek was the sole reminder of the last time the two had been in such a close company; Exley was startled that he wasn't still swathed in bandages.
玄関の外には、バド・ホワイトが立っていた。(幽霊のように今にも消えそうな/よく見えない)微かな笑みを顔に - エクスリーほどは幅広くなく、光沢もないが、同じくらい正直な顔に浮かべて。左の頬に残る醜い消えかけた傷跡は、かつて2人が親密な同志であったことを示す最後の唯一の明かしであった。ホワイトがもう包帯を巻いていないのを見るとエクスリーはひどく動揺した。

"How did you find me?" he finally managed.
「どうやって僕の居場所が分かった?」
エクスリーはやっと口を開いた。

"I asked at the department," White said, shrugging.
「署で教えてもらったのさ」
ホワイトは肩をすくめて言った。

They stared at each other for a silent minute before Exley stepped back, and said, "Come in."
He smiled again.
2人は黙ったまま互いに見つめ合っていたが、エクスリーは後ずさりし、やがてこう言った。
「入れよ」
エクスリーは再び微笑んだ。

"I didn't think I'd ever see you again - not in Los Angeles, anyway. What happened - Lynn finally come to her senses and throw you out?"
「君にもう一度会えるなんて思っても見なかったよ - ロサンジェルスであろうが、どこでだろうが。 でも、一体、どうしたって言うんだ - ついに目を覚ましたリンに(come to one's sense=正気に戻る)叩き出されたとでも言うのかい?」

White grinned, this time wider and even more strained than at first, but he came into the apartment. Exley saw for the first time that he was carrying an overnight bag.
ホワイトはニヤリと笑った。今度のは、最初の時よりもっと派手で、もっとわざとらしかったが、ホワイトはアパートに入ってきた。ホワイトが一泊用の鞄を下げているのをエクスリーは初めて見た。

"Something like that."
He shook his head, and added, "No - I had some unfinished business I had to come back for."
「そんなところさ」
ホワイトは首を振り、言葉を補った。
「いや - 実は、やり残した仕事があって、こっちに戻ってくる必要があったんだ」

"Oh? Anything I can help with?"
「そうなのか。何か僕に手伝えることがあったら……」

"No. It's not with the department, just the hospital."
「いや。これは署の仕事とは無関係だ。単に病院に寄っただけさ」

Exley frowned.
"Nothing wrong?"
エクスリーは眉をひそめた。
「どこか悪いのか?」

"Not physically."
When Exley still looked puzzled, White added, "It's financial. Seems they're having trouble taking money from me."
「体のことじゃない」
エクスリーがまだ解せない顔をしているので、ホワイトは補足した。
「費用の件さ。俺の支払いに何か問題があったらしい」

"Maybe I can help - "
「それなら僕にも手伝えると思うんだけど……」

"No," White said, sharply.
"It's just a mix-up. I got it straightened out."
「いや、いい」
ホワイトは鋭く言い放った。
「ちょっとした手違いだったんだ。もう解決したよ」

Exley nodded.
"You want a drink?"
エクスリーはうなずいた。
「何か飲む?」

White looked relieved.
"Yeah."
ホワイトはくつろいだ表情を浮かべた。
「そうだな」

"Have a seat."
Exley went for the liquor cabinet.
"Scotch okay?"
「座れよ」
エクスリーは酒棚の方へ向かった。
「スコッチでいい?」

"Sure."
White sat down on the couch, and put the bag beside him on the floor.
"Did I get you up? I don't even know what time it is."
「ああ」
ホワイトはソファーに腰を降ろし、鞄を脇の床に降ろした。
「お前を起こしちまったかな? 今が何時なのかすら分からなかったから」

"Only about eleven," Exley smiled, and handed him the drink, then sat in the chair opposite the couch.
"It's a school night," he said.
「ほんの11時かそこらだよ……」
エクスリーは微笑み、ホワイトにグラスを手渡すと、ソファーの反対側にある椅子に腰を降ろした。
「(次の日仕事のある社会人や授業のある)学生にとってはもう寝る時間だけどね……」
とエクスリーは言った。

"You working tomorrow?"
「明日は出なのか?」

Exley shook his head.
"I'm off. It's a trade for working Friday."
エクスリーは首を振った。
「オフだよ。金曜に出るからその代休で」

White nodded his head.
"Still haven't found the right woman, then?"
ホワイトはしたり顔でうなずいた。
「ということは、まだいい相手がみつかってないんだな?」

Exley stiffened a little, then realized that it wasn't a dig; Friday was Christmas, and it was customary for the single officers to work, and the married - or strongly attached - ones to have the day off to spend with their families. He shrugged, and took a drink.
エクスリーの顔が微かにこわばったが、じきにホワイトの指摘がまんざら皮肉でもないことに気が付いた。金曜日はクリスマスだ。クリスマスは独身の巡査が働くのが習わしで、結婚しているやつや - そうでなくとも、熱烈に付き合っている相手がいるような - 連中にとっては、休みを取って家族と一緒に過ごす日なのだ。エクスリーは肩をすくめ、一杯あおった。

"Don't seem to have the time to look."
Another swallow, and the entire thing was gone. He got up to get another.
「いい相手を見つける時間がなくてね」
もう一口飲むと、グラスは空になった。エクスリーはお代わりを注ごうと立ち上がった。

White hadn't even touched his; he took a swallow when Exley stood up, and then placed his glass on the table in front of him.
"I should probably let you get back to bed," he said, standing up.
ホワイトはグラスに手も触れずにいたが、エクスリーが立ち上がると、一口飲み、正面のテーブルにグラスを置いた。
「そろそろお前をベッドに戻したほうが良さそうだな」
そう言い掛けて、ホワイトは立ち上がった。

Bringing the bottle back with him, Exley poured a little more into White's glass and shook his head.
ボトルを携えて戻ってきたエクスリーは、ホワイトのグラスに注ぎ足すと、首をふった。

"It's not a problem. I wasn't sleeping anyway."
He eyed the bag beside White.
"You got somewhere to stay tonight?"
「構わないよ。どうせまだ寝てなかったんだし」
エクスリーはホワイトの脇に置かれている鞄に目をやった。
「今夜はどこかに泊まることになっているのか?」 

"I was going to start driving back tonight," White said, "maybe find a motel somewhere outside of the city."
「車で帰るつもりだったんだ、今夜は」
ホワイトは言った。
「どこか町外れでモーテルでもさがすさ」

"The weather isn't the greatest."
「お世辞にも良い天気とは言えそうにないのに」

"Yeah," White said, looking out the window.
"I heard on the radio that they're calling for rain till the day after Christmas."
「そうだな……」
ホワイトは言い、窓の外を見た。
「ラジオではクリスマス明けまで降り続くと言ってたからな」

"It'd be better to go in the morning," Exley said, wondering why he was encouraging the other man to stay, when he obviously wanted to get out of here.
"You can stay here," he said.
/What are you doing? Shut up./
「朝になってから出発したほうが良くないか……」
エクスリーは言った。なぜ自分はここに留まるよう相手の男を促しているのか分からないまま。男は明らかにここから立ち去りたがっているというのに……。
「ここに泊まっていけばいい」
エクスリーは言った。
/お前は何をするつもりだ? 黙れ/

White looked at him.
"With you?"
ホワイトはエクスリーを見つめた。
「お前と一緒にか?」

"I've got a spare," Exley said.
"There's another room in the back. It doesn't get much use," he added.
"You can take my bed; I'll sleep back there."
「予備の部屋があるんだ……」
エクスリーは答えた。
「裏にもう一つ部屋がある。あまり使ってないが……」
エクスリーはさらに、こうつけ加えて言った。
「君は僕のベッドを使うといい。僕はあっちで寝るから」

"I don't want to put you out."
「お前を追い出すのは不本意だが」

"It's not a problem," he said.
/Shut up, shut up./
「気にするなよ……」
エクスリーは言った。
/黙れ、黙るんだ/

White nodded.
"That would be good," he said.
"It would be better to go in the morning, I guess."
ホワイトはうなずいた。
「お前がいいなら……」
ホワイトは言った。
「朝になってから発ったほうがいいみたいだな」

"Good, it's settled."
Exley finished off his second drink.
"You tired?"
"No."
「よし。これで決まりだ」 
エクスリーは2杯目を飲み干した。
「疲れてる?」 
「いや」

Exley nodded, a little flushed from the scotch. He sat down again.
"So, how's Lynn?"
スコッチのせいで顔が少し紅潮したエクスリーはうなずくと、再び腰を降ろした。
「で、リンはどうしてる?」

They talked and listened to the rain outside until the bottle - brand-new that evening - was half gone; a radio played soft, unobtrusive dance music in the background.
外の雨の音を聞きながら、2人は話し込み、終いにはボトルが - その晩に開封したばかりの新品だったが - 半分になっていた。ラジオからは、落ちついたダンス音楽が遠慮がちに流れていた。

Exley stopped pouring so fast when he felt like he was in danger of not being able to control his tongue; he stopped talking altogether shortly after that, listening to Bud's anecdotes about life in Arizona - with Lynn - and nodding at encouraging intervals.
余計なことを喋りそうな予感がしたエクスリーは早いピッチで注ぐのを止めにした。その後すぐにエクスリーは一言もしゃべらなくなり、ホワイトのアリゾナ暮らしでの - リンと一緒の - 逸話にひたすら耳を傾けた。話しが途切れるたびに間をもたせようと相槌を打ちながら。

He didn't even realize it when Bud stopped talking; the silence lapsed again for a few minutes as he stared out the window, and then swung his head around. Bud looked a little fuzzy to him; he took off his glasses and polished them on the tail of his shirt, hoping that would help.
エクスリーはホワイトが話すのを止めたことさえ気付かなかった。再び数分間の沈黙が訪れ、窓の外を見つめていたエクスリーは、やがて首をぐるりと回した。バドはもの想いに耽ったような顔をエクスリーに向けていた。眼鏡を外すとエクスリーは、シャツの裾で磨き出した。そうすればバドの顔が少しははっきり見えるのじゃないかと思って。

It did, a little. It took another full minute for him to realize that Bud was looking at him expectantly, however; he'd obviously asked a question, and was waiting for an answer.
"What?"
確かにそれは少しは役に立った。どういうわけかバドが期待を込めた顔でエクスリーを見つめているという事実に気付くのに、さらにまるまる1分もかかったのだから。そう。ホワイトは明らかに何かを質問した。そしてその答えを待っていたのだ。
「何だい?」

"I asked you why you'd done it," White said, again.
"You never did tell me."
「俺はなぜお前がそうしたのかと聞いてるんだ」
ホワイトはもう一度尋ねた。
「お前は一度も俺に言わなかったな」 

Exley frowned, trying to remember what they'd just been talking about. Nothing made sense.
"Why I did what?"
エクスリーは眉をひそめた。2人が今、何の話しをしていたのか思い出そうとして。が、何にも思い出せなかった。
「なぜ、僕が何をしたって?」

Both words were enunciated precisely.
"Fucked Lynn."
2つの単語が正確に発音された。
「リンを、犯っただろう」

The question sobered him far more quickly than a cold shower and a pot of coffee could have; it was instantaneous, like a punch in the face. Exley licked his lips, and then shook his head.
"I don't know."
冷たいシャワーやポット1杯のコーヒーなどが比べものにならないほど、その質問はたちどころにエクスリーの酔いを覚ました。顔面にくらったパンチのようにてきめんだった。エクスリーは唇を舐め、やがて首を振った。
「何のことかな?」

White leaned forward.
"I think you do."
ホワイトは身を乗り出した。
「お前は犯ったんだ」

"Why don't you tell me, then?"
Exley said, meeting his eyes evenly.
「なら、なぜあの時にそう言わない?」
エクスリーは受けて立つかのように視線を合わせて、こう言った。

White was the first to blink. He sat back a little on the couch.
"I didn't know, at first," White said.
最初に瞬きしたのはホワイトの方だった。ややひるむようにホワイトはソファーに座り直した。
「最初は俺も知らなかったんだ……」
ホワイトは言った。

"I thought you did it just to fuck me over - screw with my mind. And then I figured that it was Dudley's doing - to get rid of both of us by putting us at each other's throats."
「俺は、お前が俺への腹いせのために単にそうしたんだと思っていたんだ - 俺を怒らせるためにな。そしてその後、これがダッドレイ(注:Dudley Smith=James Cromwellが演じた2人の上司)の差し金だということが分かったのさ - 俺たちを闘わせて(be at each other's throats=互いに激しく争っている)、2人一緒に葬り去ろうという魂胆だったんだと」

Exley nodded, silently.
エクスリーは黙ってうなずいた。

"But that wasn't all of it, was it? Me fucking Lynn - " he couldn't continue, had to back-track " - me falling in love with her, that was the kicker. Nobody expected that, least of all me. You fucking her was more than just part of the plan - although you did play right into their hands."
「だが、それが全てじゃないだろう、ええ? 俺(me=my)がリンと出来てた - 」
下品すぎると思ったホワイトは、言い方を変えなくてはならなかった。
「 - 俺がリンに惚れたのは、計算外の事だんだ。誰もそんなこと思っても見なかっただろうよ。他ならぬこの俺自身でさえな。だから、お前がリンを犯るのは単なる計画の域を越えていたはずだ - だが(それが結果的には)あいつらの思う通り(play into 〜's hand=〜の思うつぼにはまる。バドとエクスリーを反目させて相打ちさせようとする魂胆)にコトが運んだんだ」

"Who needs a good frame job when you can make one on yourself?"
Exley asked.
「お前がわざわざ自分から墓穴を掘ったっていうのに、誰がこんな手の込んだ罠を仕掛けなきゃならなかったっていうんだ?」
エクスリーは尋ねた。

"I couldn't figure it out. It was too perfect; it didn't make any sense."
White looked at him.
"And then I talked to Lynn."
「そこが俺にも分からなかったんだ。あまりに完璧すぎて。なぜなら何の意味もなかった(そもそもが余計な行為なために)からだよ」
ホワイトはエクスリーを見つめた。
「で、俺はリンに話したんだ」

Exley raised his glass halfway to his lips before he realized that it was empty. He reached for the bottle.
口元にグラスを持ってくる途中でエクスリーは、それが空なのに気が付き、ボトルに手を伸ばした。

"She didn't want to talk about it for the longest time, until I was able to convince her that I didn't care anything about her past, and that I wasn't out to kill anyone for what happened - least of all you. I kept pushing her, and finally she told me."
「長い間、リンはそのことに触れようとしなかったよ。リンの過去について俺が全く気にしないだろうし、何が起ころうと俺が誰かさん - とりわけお前のことを - 殺しに行ったりしないとだろうという、自信が持てるまではな。俺にずっと迫られ続けたリンは、ついに話してくれたよ」

The scotch was starting to burn its way down Exley's throat, edging past his stomach, which was on its way up.
エクスリーの喉をスコッチが焼け付くように落ちていった。じりじりと胃に達し、まるで胃が喉から飛び出そうな気分(吐き気がした)だった。

"She told me every detail, everything. The way you smelled, the way you looked - the way you fumbled with the back of her dress."
「リンはどんな細かいことも、すべて、俺に話してくれたさ。お前の匂いがどんなだったか、お前がどんな表情をしたか - リンの服の後ろをどんな風に脱がせたかを」

The muscles in White's cheek started to twitch.
"And the way that she told you that fucking her wasn't the same thing as fucking me."
ホワイトの頬の筋肉がピクピクと痙攣し始めた。
「そして、自分を犯しても俺を犯す(注:ここでのfuckは前段とは異なり、「責め苛む」より「犯す」の意味合いが強い)ことにはならないと、リンがどんなにお前に訴えたかをな」

It was Vincennes' voice, not Lynn's, that echoed in Exley's mind, something that he hadn't even thought of at the time, but had crawled its way into his psyche, waiting for the right time to pop out, like a goblin at Halloween:
//Just remember, Bud White'll fuck you for this if it takes the rest of his life.//
エクスリーの心にこだましたのはリンではなく、ヴィンセンス(注:Kevin Spaceyが演じた同僚刑事Jack Vincennesのこと)の声だった。その時まで全く思い出しもしなかったのに、エクスリーの心の中に潜り込んでいて、まるでハロウィーンのゴブリン(注:醜い姿をした悪戯な小鬼)のようにずっと顔を出す機会を伺っていたのだ:
//そうだ、忘れるな。バド・ホワイトはこうやってお前を責め苛むつもりなのさ。たとえ、この先、一生かかったとしてもな//

It wasn't until White smiled at him that he realized that he'd said it out loud. "Me fucking you seems like a popular topic."
ホワイトに微笑みかけられてようやく、エクスリーは自分が大声でそれを口にしていることに気が付いた。
「俺がお前を責め苛むっていうのは、よっぽど流行ってる話題らしいな」

"Vincennes," Exley said, in answer to the unasked question.
「ヴィンセンスだ……」
エクスリーは答えた。問われてもいない問いに対して。

"And I thought he always figured out things one step too late."
「なのに俺はあいつのことを、いつも気付くのが一歩遅いやつだなんて、買いかぶっていたんだ」

Exley snorted.
"Only when it mattered."
He stood up.
エクスリーはフンと鼻を鳴らし、
「肝心な時に限って」
と言うと、立ち上がった。

"The bedroom's in there," he said, pointing down the hall.
"At the end of the hall. Bathroom's second door on the left."
「寝室はそこの……」
エクスリーは廊下を示しながら言った。
「廊下の隅だから。バスルームは左側の2番目のドアのところだ」

"Where are you sleeping?"
「お前はどこで寝るんだ?」

"I don't think I'll be sleeping, but the guest room is the one on the right; knock if you need anything."
「これからはもう寝ないと思うが、客間は右側だ。何か必要なものがあったら、ノックしてくれ」

He capped the bottle and put it away, set his empty glass on the bar, and, without looking back, said, "Good-night," and walked down the hall to the guest room. His hands were shaking when he closed the door, and he had to lean against it for five minutes before his pulse stopped pounding in his ears.
エクスリーはボトルに栓をし、片づけ、空のグラスをバーのところに置くと、振り返らずにこう言った。
「おやすみ……」と。
廊下を抜けて客間へと向かった。ドアを締めるエクスリーの手は震えていた。耳の中で激しく鳴り響く鼓動が収まるまでエクスリーは、5分もの間、ドアに寄り掛かっているしか無かった。

When the rapping started again, just for a moment Exley thought he'd dreamt the whole thing. But he was under the slightly dusty sheets on the narrow twin bed in the guest room, and he fumbled for a moment in the wrong direction, disoriented, to find his glasses. He didn't bother with either his trousers or the light, this time.
再びドンドンとドアを叩く音がした時、ほんの一瞬、エクスリーは、今までのことがすべて夢だったのではないかと思った。が、客間の窮屈なツインベッドの上で少しばかり埃っぽいシーツをかぶっていたのはエクスリー本人だった。そして、その瞬間、眼鏡を探そうと、とんでもない方向を手探りしたため、見失ってしまった。エクスリーはこの時、ズボンも明かりも付けていなかったからだ。

"What do you need?" he asked, when he had the door open.
「何か要るのか?」
ドアを開け、エクスリーは尋ねた。

Bud White stood there in the hallway, shirt open to reveal the white undershirt underneath; except for his shoes, he was fully dressed. He shook his head.
"That was my question," he said.
バド・ホワイトは廊下に立っていた。はだけたシャツの下から白いアンダーシャツを覗かせて。靴を除いて(つまり足は「なぜか素足で」)、まだほとんど服を脱いではいなかったのだ。ホワイトは首を振り、
「それは俺が聞きたいことなんだが……」
と言った。

Exley didn't say anything, his hand still on the doorknob. He toyed with the idea of shutting it, locking it, barricading it until Bud White was gone - out of his apartment, out of Los Angeles, out of his life - again. Instead, he leaned forward, rested one hand on Bud's shoulder, and kissed him.
エクスリーはドアノブに手を掛けたまま、黙りこくっていた。エクスリーは、ドアを閉め、鍵をかけ、バリケードを築いてしまったらどうだろうかと策略を巡らせた。バド・ホワイトが - 自分のアパートから、ロサンジェルスから、そして自分の人生から - 再び消え失せてしまうまで……。が、そうする代わりに、エクスリーは身を乗り出し、バドの肩に片手を掛けると、口づけをした。

He didn't realize how hard he was pushing until Bud's back hit the opposite wall, but he didn't break the kiss. He tore at the shirt and managed to get it off of him, pulling the undershirt up so his fingers could get at the nipples on Bud's chest.
バドの背中が反対側の壁に衝突して初めて、自分がどんなに激しく体当たりしていたのか思い知らされたエクスリーは、それでもバドにキスするのを止めなかった。どうにかして脱がせようとエクスリーは、バドのシャツを引きむしり(tear at〜=むしり取る)、バドの乳首に触れようとアンダーシャツを引っ張り上げた。

He bent his head and bit and licked at them, frenzied, as Bud pulled the undershirt all the way off. Then he was being propelled down the hallway, towards the bed; he could see light on the periphery of his vision that wasn't overtaken with the sight of skin, lightly dusted with hair.
エクスリーが身を屈め、乳首を噛み、舐め回し、夢中になっている間に、バドはすっかりアンダーシャツを脱ぎ去った。エクスリーは廊下を追われ、ベッドへとせき立てられた。うっすらと毛に覆われたバドの肌に視界を遮られながらも、エクスリーは明かりが灯されるのを視野の隅に捉えた。

He felt the bed when the backs of his legs hit the mattress and he went down, pulling Bud on top of him. His glasses bounced off the mattress and landed somewhere on the floor.
脚の後側にマットレスが触れた瞬間、それがベッドだと分かったエクスリーは、バドを自分の躯の上の載せるようにして倒れ込んだ。マットレスの上からエクスリーの眼鏡が跳ね出て、床のどこかへところがり落ちる。

The weight of the other man only served to further arouse him, and he felt as if the skin on his cock was going to split, he was so hard. He couldn't remember ever being so hard before in his life - not even with Lynn.
相手の男が与える体の重みは、かえってエクスリーを余計に興奮させるだけだった。エクスリーは自分の性器の皮が裂けてしまうのではないかと思った。それほど固く張りつめていたのだ。今まで生きてきた中でこんなにも固くなった試しはなかった - リンとした時でさえ、これほどではなかった……。

  Bud had one knee between his thighs, rubbing against Exley's groin, and the movement was ripping groans from Exley's throat.
エクスリーの両脚の間に片方の膝を割り込ませるとバドは、エクスリーの鼠蹊部を擦り上げた。バドの愛撫にエクスリーの喉から思わずうめき声が漏れる。

For a wild moment he thought that he was going to come like that - still inside his shorts, Bud still more than half dressed - but Bud seemed to realize the danger, as well, and stopped.
嵐のようなひとときに、このまま達してしまうのではないかという危惧がエクスリーの脳裏をかすめた - 自分はまだショーツをはいたままだし、バドだってまだ半分も脱いでいないというのに - だが、バドもエクスリーと同じく、その危険を察知したのか、突然、動きを止めた。

He stood up, and pulled the belt out of his trousers; Exley leaned back on his elbows and watched the strip show, mouth open, breathing hard.
バドは立ち上がり、ズボンのベルトを引き抜いた。肘を付いて寄り掛かるとエクスリーは、バドのストリップ・ショーを眺めた。口を開けたまま、息を荒げて。

Bud climbed back on top of him when his trousers and socks were gone; they were both in nothing but underwear. Even ground. They groped each other as they kissed with teeth and lips and tongue, biting and clawing at each other like animals.
ズボンと靴下を脱ぎ去ると、バドは再びエクスリーの上にのしかかった。2人とも下着の他には何もまとっていなかった。2人は対等だった(注:お互い身に付けているのはパンツのみだったため。男性同士のセックスの場合、力の弱い方が強い者よりも脱がされている場合が多いため)。まるで獣のように2人は噛み付き合い、爪を立て合いながら、歯も唇も舌も使ったキスを駆使して、互いの躯を探り合った。

Finally, Bud gripped both of Exley's wrists in one hand and pulled them up over his head. He held Exley like that as he stripped away the man's shorts with his free hand.
とうとうバドはエクスリーの両手首を片手でつかむと頭の上に引っ張り上げた。自由になるもう一方の手でショーツを引き剥がそうと、バドはエクスリーを押さえつけた。

It was the first overt show of dominance in the dance that they'd been doing all night, but it was more than enough; Bud flipped Exley easily over on his stomach, and pulled him up on his knees, thrusting a finger inside. Exley moaned, his head resting on his outstretched arms, and waited.
それは2人が今まで交していた駆け引きというダンスにおいて、どちらが主導権を取るか明確にするための最初の見せ場だった。が、それは十分すぎるほどであった。エクスリーはバドに、やすやすと腹這いにさせられ、膝を付いて腰を上げさせられると、中に指を差し込まれてしまったからだ。思いきり伸ばした両腕に顔を埋めたままエクスリーはうめき、それを待ちうけた。

The sensation, when it came, was not gentle; Exley had to bite down very hard on the soft flesh between the thumb and index finger of his right hand to stop himself from screaming.
バド自身が入ってくる感覚は決して楽なものではなかった。エクスリーは、悲鳴をあげたくなるのをこらえるために自分の右手の親指と人差し指の間の柔らかな部分を思いっきり噛みしめた。

Bud stopped, draped himself over Exley's back, and waited for the signal to continue. They both knew that neither one of them would say or do anything that would mean stop.
バドは動きを止め、エクスリーの背中に体を預けたまま、続行するための合図を待っていた。2人は互いに分かっていた。どちらも止めようとほのめかすような類のことを言い出したり、したりはしないだろうと。

  Although he didn't think himself capable, Exley relaxed, slowly, his flesh accommodating the large, hard cock inside it, and finally, after a long time, wriggled his assent.
自分にそれだけの順応性があるとは思ってもみなかったのに、エクスリーは緩み始めた。徐々にその肉の中に、バドの力強く張りつめたたくましいペニスを包み込み、とうとう長い時間の果てに、腰をひくつかせて(尻をくねらせて・うごめかせて)エクスリーは同意の合図を送った。

Bud pulled himself upright, grabbed Exley's hips for leverage, and started to fuck him, pounding into Exley's body harder and harder as the man underneath him opened more and more, drawing him inside.
バドは上体を起こしエクスリーの腰をつかむと梃子のように使って、エクスリーを苛み始めた。組み敷かれている男がバドを迎え入れようと体を開くにつれて、より激しくエクスリーの躯の中に打ち込みながら。

It was a rough, brutal fuck, hard and mean - the fuck of a man who has never before fucked another man, not because he was afraid he'd like it, but because he was afraid he'd never be able to stop liking it.
乱暴で残忍なセックスだった。猛烈で卑劣な - 同性とやった経験がない男のセックスだった。男と犯るのが好きだという性癖を恐れたためではなく、男と犯るのを好きにならずにはいられない意志の弱さを恐れるあまり、男を犯したことがない男の……。

Exley's own cock went untouched, so hard it slapped up against his own stomach and then flew back with every thrust Bud made, and left a sticky strand of come there.
エクスリー自身のペニスは(go+un…=そうであってはいけないのに〜のままである)触れられずに放置されていた。自分自身の腹をピシャリと打ちつけるほどに固く反り返り、バドが突き上げる度に飛び跳ね、精液のベトベトする糸状の跡を腹に残した。

He didn't need to touch himself, though; when Bud stopped, suddenly, and held himself inside Exley's ass, throbbing, the eruption of come from his cock triggered Exley's, as if the two were connected to each other in some way - like it was Bud's come shooting through Exley's body and out his cock.
かといってエクスリー自身には触れる必要もなかった。バドは突然、動くのを止めると、エクスリーの中に入れたまま、激しく身を震わせ、己の性器から勢いよく解き放された精でエクスリーの(射精の)引き金を引いたからだ。まるで2人がある種の絆で繋がり合っているかのようだった - バドの射精が弾丸のようにエクスリーの躯を撃ち抜き、それがエクスリーの男根を同時に弾けさせたかのように。

They collapsed together on the bed, and lay there, very still, for a very long time.
ベッドに崩れるように2人は同時に倒れ込み、身動き一つせず、そのまま長い間、そこに横たわっていた。

It was still raining when Exley woke again, for the third time that night. He was on his side, and as his eyes opened he stared right at the profile of Bud, who had his arms crossed underneath his head and was looking up at the ceiling.
エクスリーが再び目覚めた時、それは、その夜における3度目の目覚めではあったが、まだ雨は降り続けていた。目を開けたまま横向きになって寝そべるとエクスリーは、バドの横顔をまじまじと見つめた。頭の下で腕組みしながらバドは天井を見上げていた。

The light in the room was gray; although he couldn't see the clock from where he lay, Exley guessed it was about four-thirty, or five.
部屋の明かりはほの暗く、寝ている場所からだと時計がよく見えないものの、今4時半か5時くらいではないかとエクスリーは推測した。

"I've been wondering if I should tell her about this," Bud said, without turning his head.
"What do you think?"
「このことをリンに話すべきかな……」
エクスリーから目を背けたまま、そうバドはつぶやいた。
「どう思う?」

Exley shook his head.
"I don't know."
エクスリーは首を振った。
「僕には分からないよ」

"I don't, either," Bud said.
"I guess I'll tell her if she asks."
「俺もだ……」
バドは言った。
「リンに聞かれれば、打ち明けるだろうな」

"She won't," Exley said.
「リンは聞かないよ……」
エクスリーは答えた。

"Yeah. I know."
He turned his head, and looked beyond Exley and out the window.
"It's going to be a Merry Christmas in the City of Angels this year."
「ああ。そうだな」
バドは顔を傾け、エクスリー越しに、窓の外を眺めた。
「今年もロスの街にクリスマスがやってくるんだな」

Exley snorted.
"Isn't it always?"
エクスリーは鼻を鳴らした。
「いつものことじゃないか」

To his surprise - or maybe to the surprise of both of them - Bud rolled over on top of Exley, again, and kissed him. Unlike the earlier kisses, it was gentle, almost tender.
すると、エクスリーが驚いたことに - いや恐らくは、2人ともが驚いたことに - バドは寝返りを打つと再びエクスリーの上に乗り、キスをした。さっきのキスとは違い、穏やかで、ほとんど慈しむかのようなキスだった。

Exley shut his eyes and devoured Bud's mouth, lifting his head up off the bed as Bud pulled away, keeping their lips together till the last possible moment.
エクスリーは目を閉じ、バドの口づけを貪った。最後のギリギリの瞬間まで唇を合わせていたくて、離れようとするバドを追いかけるように、エクスリーは頭を上げ、ベッドから起きあがった。

"I should get going," Bud said, finally.
"It's a long drive."
「もう行かないと……」
とうとうバドは切り出した。
「帰りの運転が長いから」

Exley nodded. He lay there, watching as Bud got up and got dressed.
"You should come out and see us sometime," Bud said, as he did up his pants.
エクスリーはうなずくと、横たわったまま、バドが起き上り服を着る様を眺めていた。
「たまには俺たちのところに会いに来いよ」
ズボンを引き上げながら、バドは言った。

"The desert air'll do you some good. Look at me," he said, holding his arms open.
"I'm a new man."
「砂漠の空気は健康にいいんだぜ。俺を見てみな」
両手を広げてバドはそう言った。
「すっかり生まれ変わった気分さ」

Exley just smiled.
エクスリーはただ微笑んだ。

When he was dressed, Bud sat down on the side of the bed.
"I'm glad I came," he said, in the same deep, gruff tones.
服を着終わると、バドはベッドの脇に腰掛けた。
「来て良かった……」
あいかわらずの野太い、ぶっきらぼうな声でこうつぶやいた。

"So am I."
「僕もだ」

"It was good to see you, Exley."
「エクスリー、お前に会えて嬉しかったぜ」

"You, too, White," Exley said.
「僕だって、君に……ホワイト」
エクスリーは言った。

Bud stood up, took one last look out the window, and left the room. Exley could hear him walk down the hallway, and heard the apartment door as it shut.
バドは立ち上がり、最後にもう一度窓の外を眺めると、部屋を後にした。バドが廊下を抜けていく足音がしたかと思うと、アパートのドアが音を立てて閉まった。

He rolled over on his stomach and groped around where he thought his glasses had fallen, in the night; when he found them, he put them on, stood up, and wrapped the blanket around him.
エクスリーは寝返りを打つと、腹這いになり、あの夜、眼鏡が落っこちたと思われる場所を手探りした。見つけるとエクスリーは顔に掛け、立ち上がると、毛布に身を包んだ。

He went to the window and watched Bud White's car pull away from the front of the building, and kept watching until it disappeared in the early light of dawn.
窓に近づくと、バド・ホワイトの車が建物の正面から出ていくのが見える。そうしてエクスリーはそれが夜明けの光の中に消えてしまうまで、じっと眺め続けた。

THE END
終わり

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、「L.A.Confidential」を見てslashがあったらいいのにと叫びまくっていた私に「Monaという人が書いているそうです」というRare slash情報を提供してくださり、さらには対訳のベーター・リーディングをしていただいたRyoko様、英語表現・背景となった原作を解説してくださったKamen様に深く感謝いたします。


フロントページに戻る