One of the response stories for the "Going Fourth" FanFic Challenge, this is also one of two Prequels to a story entitled "A Most Willing Student". While it is not necessary to read this story and the other prequel "Going Fourth (Cathy.3)" in order to understand "A Most Willing Student", it certainly won't hurt, as the two stories do form the basis for the third story.
この作品はファン創作グループの課題「『4階』へ行く途中で」への解答として書かれた ものです。同時に「最もやる気のある学生」というタイトルのドラマの前段にあたる2作のうちの一つでもあります。この話やもう一つの前段話「『4階』へ行く途中で」(キャシーその3)を読まなくても、「最もやる気のある学生」は理解できますし、理解しにくくなるということもありませんが、3番目のお話は2つのお話を前提として書かれています。

Rated 15+ for sexual overtones and one-sided m/m slash (no actual sex).
対象は15歳以上。性的なニュアンスと片思いですが男性同志のやおいが描かれています(実際のセックス描写はありません)

"E.R." and all its characters belong to Warner Brothers. No copyright infringement is intended. Honest. Please ask before archiving. This was done without the assistance of an editor, so please be gentle. They are archived at "The Five Archives" under the Going Fourth Challenge. The site address is http://www.hiley.demon.co.uk/archives/index.htm
「ER」のすべての登場人物の著作権はワーナー・ブラザーズに属し、いかなる権利侵害も意図するつもりはありません。転載の際はお尋ねください。この作品は編集者の助けを借りていませんのでお手柔らかに。これらの作品は課題「『4階』へ行く途中で」の「5作品」として公開されています。そのサイトのアドレスはhttp://www.hiley.demon.co.uk/archives/index.htmです。

"Prequel A - A Most Willing Student"
「前段A − 最もやる気のある学生」


"Going Fourth (Cathy.1)"
「『4階』へ行く途中で(キャシーその1)」

By: Cathy Roberts [Glroberts@bigfoot.com]
キャシー・ロバーツ著

The doors to the elevator were beginning to close when Benton heard someone call out for him to hold the elevator. He stopped the doors with his arm and they opened back up just as Carter reached them.
ベントンを乗せたエレベータの扉が閉まりかけた時、エレベータを停めるよう誰かが叫ぶ声がした。閉まりかけた扉を腕で押さえると、カーターが乗り込んできた。

  "Thanks."
Carter was slightly out of breath as he entered the elevator.
「すみません」
カーターはそう言って乗り込むと、かすかに息を切らせた。

"No problem. What floor?"
「お構いなく。何階だ?」

"Four."
「4階を」

Benton pushed that button, then re-pushed the button for the surgical floor.
ベントンは4階のボタンを押し、さらに外科病棟階のボタンを押した。

"So, how have you been?"
Benton hoped he sounded disinterested in finding out the answer. He didn't want Carter to get the idea that he actually cared about how he was doing.
「で、お前、調子はどうなんだ?」
答えなんて関心がない。ベントンはそう装いたかった。カーターがどうしているかなんて、まるで気にも留めていないと思わせたかったのだ。

"Pretty good. How's Lucy working out?"
「極めて快調ですよ。で、ルーシーはよくやってますか?」

After she had completed her E.R. rotation, Lucy Knight had begun a surgical rotation with Benton.
Benton smiled, "Not too badly. I am getting a little tired of hearing 'Dr. Carter this' and 'Dr. Carter that'. She can do the basic procedures, so that's a big help."
ER課程を終えた後、ルーシー・ナイトはベントンの指導のもとで外科課程に進級していた。ベントンは笑い、
「悪くないぞ。もういい加減、『ドクター・カーター、これを』や『ドクター・カーター、あれを』にはウンザリだからな。彼女なら基本的な仕事はちゃんとこなせるし、現場は大助かりだ」

"I'm glad she's doing okay. She couldn't do a thing when she started her E.R. rotation."
「彼女が合格だと聞いて安心しました。彼女、ER課程を始めた当初は満足にこなせてなかったから」

"Students seem to have that problem. If I remember correctly, you couldn't do an I.V. when you started your surgical rotation."
「どんな学生も何かしら問題点があるように見えるものだ。もし俺が間違って覚えているのでなければ、お前は外科課程を始めたばかりの頃、静注点滴(I.V.=intravenous (hyperalimentation))すらできなかったんじゃなかったかな」

Before Carter could reply the elevator shuddered, then came to a lurching halt, throwing both men off balance and into the walls. Carter cursed softly as he rubbed his left shoulder.
カーターが答えようとした途端、エレベータが揺れ、ちゅうぶらりんのまま停止してしまった。2人はバランスを失い、壁に叩きつけられた。カーターは左肩をさすりながら軽い悪態をついた。

"Did you injure your shoulder again?"
Benton stepped up to him and gently touched the shoulder in question.
「また肩を痛めたのか?」
ベントンは彼に近づくとやっかいな彼の肩にそっと手を触れた。

"No. It's okay."
「いえ、大丈夫です」

"You're sure?"
Benton asked, probing Carter's shoulder.
"Once a joint has been dislocated, it has a tendency to dislocate easily."
「本当にいいのか?」
カーターの肩の爆弾を調べながら、ベントンは質問した。
「一度脱臼した関節はくせになるぞ」

"I'm fine. I wonder what happened with the elevator? It can't be a power failure because the lights are still on."
"I'm sure they'll have us moving again in no time."
「僕なら平気です。エレベータのやつどうしたのかな。明かりがついているから電源系の事故ではなさそうですが」
「すぐに動き出すだろう」

Benton took a step back, almost reluctant to break physical contact with Carter. But he knew that if he didn't step back that he would be testing the limits of his self-control.
と言って、ベントンは一歩後ろに下がった。カーターとの肉体的な接触を止めるのが、まるで不承不承だといわんばかりに。だが、彼には分かっていた。もしここで一歩退かなかったら、彼はどこまで自分の自制心が保てるかきっと試してしまうだろうと。

"I hope you weren't urgently needed in surgery," Carter said.
Benton shook his head, "What about you? Were you in a hurry to get to the maternity ward?"
「緊急外科手術が必要だった、ってことではなかったことを祈ります」
とカーターが言うと、ベントンは頭を振りながら答えた。
「お前はどうなんだ? 急いで妊婦病棟に行かなきゃならなかったんじゃないか?」

"No. I had a patient this morning that went into premature labor. We couldn't stop it in the E.R. so we sent her up to Labor and Delivery. I just wanted to see if she was okay and find out if she did have the baby."
「いえ、今朝の患者は早産の分娩でして。ERじゃ処理できないから分娩室に移しました。僕はただ彼女の具合と、赤ん坊が産まれたのかどうか確認しに行こうとしていただけでなんですよ」

Without warning the elevator jerked upward, then dropped a few feet. Benton was thrown forward against Carter, his body pinning the younger man to the wall.
警告もなくエレベーターは急に上昇し、また数フィート降下した。ベントンがよろけてカーターにぶつかったため、彼の体が年下の男を壁に押さえつける恰好になってしまった。

"Are you okay?"
Benton asked, afraid that he might have hurt Carter.
"I'm fine. What about you? Are you okay?"
Carter was concerned because Benton wasn't trying to move away from him.
「お前、大丈夫か?」
ベントンは尋ねた。カーターを傷つけやしまいかと心配だった。
「僕は大丈夫です。ベントン先生こそどうなんです? 大丈夫ですか?」
自分の体からベントンがどこうとしなかったため、カーターも心配になった。

"No. I mean, yeah, I'm fine."
Benton could feel the warmth of Carter's body against his own and he had to fight the urge to bend his head ever so slightly and kiss Carter. He closed his eyes and took a deep breath.
「いや、俺はつまり、大丈夫に決まってるじゃないか」
体にカーターの体温を感じたベントンは、頭をほんのちょっと垂れ、彼に口づけしたいという衝動と戦わなければならなかった。彼は目を閉じ、深呼吸をした。

"Are you sure?"
「大丈夫ですか?」

Benton opened his eyes again only to find that Carter was staring at him, his eyes looked worried. Carter reached up and grabbed Benton by his upper arms.
"Let me help you."
ベントンはもう一度目を見開くとカーターが自分をじろじろ見ているのに気が付いた。彼の目が心配そうに見つめている。カーターは手を伸ばして腕でベントンをひっつかむと、こう言った。
「手助けさせてください」

Benton pulled out of Carter's grasp.
"I said I was fine."
He walked to the other side of the elevator, determined not to look back at Carter. Knowing that he would see a hurt look on that face. He couldn't bear that.
ベントンはカーターの手をほどき、
「俺は大丈夫だと言っただろ」
とエレベーターのもう一方の側に遠ざかった。カーターと視線を会わすまいと。苦渋に満ちた表情を見られてしまうのが分かっているから。ベントンにはそんなこと、我慢ができなかった。

"Sorry," Carter softly said.
「ごめんなさい」
カーターはそっとつぶやいた。

"Forget it," Benton snapped, shoving his hands into the pockets of his lab coat.
He hoped the coat was covering him well enough to hide the fact that he was hard. Over the past years he had put a lot of effort into hiding the fact that he cared about Carter. That he wanted John Carter. John Carter was the reason his relationships never worked out. It didn't matter who the woman was: Jeannie, Carla, Elizabeth. After a while of being with either of them, he soon found himself fantasizing that it was Carter who he was kissing. That it was Carter in bed with him.
「忘れろ」
ベントンは白衣のポケットに手を突っ込んだままピシャリと言い放った。彼は願った。堅くなった自分を白衣が隠してくれるといいのだが、と。ベントンは何年もの間、彼がカーターに関心があることを隠すのに必死だった。彼はジョン・カーターを欲していた。ジョン・カーターの存在こそ、ベントンの女性関係がいつもうまくいかない理由だった。ジェニー、カーラ、エリザベス……どの女性のときも、しばらく彼女と過ごしたあとに、
「今、キスしてるのがカーターだったら……今、一緒に寝ているのがカーターだったら……」
と夢想してしまうのだった。カーターと一緒のベッドで……。

He clenched his fists tightly, relishing the pain as his fingernails dug into his flesh, looking for some distraction to keep him from going in that direction. A distraction that would keep him from doing something stupid. Like walking back over to Carter and kissing him.
'You better get that image out of yourmind right now,' he told himself.
'Carter will never love you. Carter will never be in your bed. Just forget about it right now.'
彼はギュッとこぶしを握りしめた。爪が肉に食い込む痛みを味わうことで、そっちの方へ考えが行かないよう、気を紛らわせようとして。馬鹿馬鹿しい衝動から関心を反らせようと。引き返してカーターにキスしようなんて……。
「そんな妄想はすぐに追い出せ」
彼は自分にそう言い聞かせた。
「カーターはお前のことなんか愛しちゃいない。カーターがお前のベッドにいるはずがない。そんなこと、すぐに忘れちまえ」と。

"Are you sure that you're okay?"
「本当に大丈夫ですか?」

Benton jumped as he realized that Carter was at his side. The elevator was suddenly way too small for his comfort.
ベントンはそばにカーターがいるのに驚いてさっと飛び退いた。エレベーターが突然、とても狭く、息苦しいものに思えた。

"I said I was fine. Now drop it, Carter," he snapped.
Carter shook his head, frowning, "I don't understand you at all, Dr. Benton. You refuse to allow anyone to be your friend. Aren't you afraid that one day you'll wake up and realize that you're all alone?"
「大丈夫って言ったろ。もう、よせ、カーター」
彼はカーターを黙らせようとした。カーターは首を振り、眉をしかめた。
「僕にはあなたという人がまったく分かりませんよ、ベントン先生。あなたは人が友人として接しようとするのを拒む。あなたはいつの日か、目覚めたらすっかり一人ぼっちだった……という状況を恐いとは思わないんですか?」

"My personal life is none of your concern, Carter. It never has been and it never will be."
「俺の個人的な生活など、お前の知ったことか、カーター。いままでもだが、これからもな」

The elevator cam to life again and this time it kept moving.
エレベータ装置が生き返り、今度は順調に動き出した。

  The two men silently looked at one another until the doors opened.
黙ったまま2人の男は互いの顔を見つめ合った。ドアがあくまでの間。

"I believe this is your floor, Carter," Benton said.
「お前の階だろ、カーター」
ベントンは言った。

"Yeah."
Carter exited the elevator, then turned around and put his hand on the door to prevent it's closing.
"If you ever decide that you want a friend, you know where to find me."
With that, Carter dropped his hand and the door slid closed.
「ええ」
エレベーターから出ると、カーターは振り返り、ドアが閉まらないよう手で押さえた。
「もしあなたに友人が必要な時がきたら、僕がいることを忘れないでくださいね」
カーターはそう言うとドアから手を離した。ドアが閉まった。

Benton slumped against the wall.
"Oh, Carter. If you only knew how much I wanted you to be not only my friend, but also my lover, you would run screaming in the other direction. I would prefer to die a lonely man than to have you hate me that way. I love you to much to be able to live with that."
ベントンは壁に倒れ込んだ。
「ああ……カーター。俺はお前に単なる友人でいてほしくない、恋人でいてほしいとどんなに思っていることか。そんなこと知られたら、お前は悲鳴をあげてどこかへ逃げていってしまうだろう。そんな風に嫌われるぐらいだったら孤独な男として死んでいったほうがましだ。お前を愛しているからこそ、俺は孤独とともに生きていくんだ」

The elevator continued its upward trip in silence.
沈黙の中、エレベータは上昇し続けた。

The End.
終わり。

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、疑問の箇所についての適切なアドバイスをくださった、ちよ様に深く感謝いたします。


フロントページに戻る