Title
表題
Author/pseudonym
著者/ペンネーム
Email address
電子メールアドレス
A Most Willing Student, Part 1

やる気満々な学生、第一部

Cathy Roberts

キャシー・ロバーツ

huntersglenn@ yahoo.com
Rating
レイティング
Pairing
ペアリング
Date
日付
NC-17

17歳以下は禁止。かつての「X指定」と同等(No One 17 And Under Admitted)

John Carter/Peter Benton

ジョン・カーター/ピーター・ベントン

June 6, 2000

2000年6月6日(注:スラッシュ王国に収録された日付。最初に投稿された「5つの作品集」サイトへの収録日は1999年5月21日である)

Archive
収録
Series
シリーズものの有無
Category
ジャンル
Please ask first

まずはお尋ねください

2/4

4部作のうちの第2作目

"E.R."
Disclaimer
著作権に関する免責事項
"ER" and all its characters belong to Warner Bros. No infringement of their copyright is intended. This story was written for the enjoyment of "ER" fans everywhere, and may be downloaded for your own pleasure.

「ER」のすべての登場人物の著作権はワーナー・ブラザーズに属し、その権利を侵害する意図は一切ありません。これは至るところにいるERファンが楽しむ目的で書かれた作品であり、読者が楽しむ範囲でダウンロードする分には差し支えありません。

Summary
概略
A story set in Season 5. Contains no spoilers for Season 6.

シーズン5に基づいたお話です。シーズン6のネタバレになる心配はありません。

「5つの作品集」サイトに記された
著者自身による注釈
One of the response stor Benton/Carter slash story. Rated M18+ for male/male sex.

"E.R." and all its characters belong to Warner Brothers. No copyright infringement is intended. Honest. Please ask before archiving or distributing.
「ER」のすべての登場人物の著作権はワーナー・ブラザーズに属し、その権利を侵害する意図は一切ありません。信じて下さい(Honest!=誰かに自分を信じさせたいときの言い方)。転載・配布の際はお尋ねください。

This story is a continuation of two stories written for the "Going Fourth" challenge on alt.tv.er.creative. They are entitled "Going Fourth (Cathy.1) and Going Fourth (Cathy.3) and explore an elevator ride from the points of view of both men. This story begins later the same day. It is not necessary that you read the "Going Fourth" stories, but it might be fun to do so anyway. They are archived at "The Five Archives" under the Going Fourth Challenge. The site address is http://www.hiley.demon.co.uk/archives/index.htm
これは課題「『4階』へ行く途中で」のために書かれた2作品の続編にあたる作品です。2作品は「『4階』へ行く途中で」(キャシーその1)と「『4階』へ行く途中で」(キャシーその3)で、エレベーターで相乗りしてしまうという探検談を2人の視点からそれぞれ描いています。そしてこれはその後のとある日に起こったお話です。「『4階』へ行く途中で」を読む必要はありませんが、それでも読んでおいて損はありません。これらの作品は「5つの作品集」というサイトの「『4階』へ行く途中で」課題作品として収録されています。サイトのURLはhttp://www.hiley.demon.co.uk/archives/index.htmです。

There are a lot of thank you's to hand out. A big thank you to Michelle, who issued the "Going Fourth" challenge in the first place. A big thank you to Melissa, my editor, who makes sure that I don't misspell "tongue". And a big thank you to WPAdmirer, whose John Carter/Walter Skinner slash storyline inspired me to try my hand at writing slash. I also want to thank all of you who have encouraged me in my past efforts and hope that you find the following story entertaining.
皆様には大変お世話になりました(hand out=忠告などを盛んに与える)(注:youの後ろに'sがあるのは、a lot ofの後に来る"thank you"を複数形にしたかったため)。「『4階』へ行く途中で」という課題作を最初に提出してくれたマイケルに大いに感謝します。私の作品の編集者であり、私が「舌」の綴りを間違わないようチェックしてくれたメリッサにも大いに感謝します。また、ジョン・カーター/ウォルター・スキナー、クロスオーバー・スラッシュで私に発想のヒントを与え、スラッシュを書いてみよう(try one's hand at=腕試しに〜をやってみる)という気にさせてくれたWPアドマイヤーにも深く感謝いたします。最後に今日に至るまで頑張るよう励ましてくれたあなたたちみんなにも感謝したいと思います。そしてこれから読まれるこの作品を楽しまれるよう願っています。

Summary
訳者注
作者はジョン・カーターをジョン、ピーター・ベントンをピーターと地の文では呼んでいますが、日本人には違和感があるので、それぞれカーター、ベントンに置き換えました。会話文内では作者の呼び方を尊重しました。

"A Most Willing Student"
「やる気満々な学生」

By: Cathy Roberts [Glroberts@bigfoot.com]
キャシー・ロバーツ著

After his encounter with Peter Benton in the erratic elevator, John Carter's day had gotten progressively worse. He had been pushed into a wall, kicked in the ankle and cursed at.
予期せぬ動きをしたエレベータ内でピーター・ベントンと出喰わしてからというもの、ジョン・カーターの一日は、ますます悪化の一途を辿った。カーターは壁に叩きつけられ、足首を蹴られ、悪態をついた。

When his shift ended he had a headache and he escaped to the roof for some much needed fresh air. He had spent nearly an hour on the roof and was finally feeling human again.
シフトが明ける頃には頭はガンガン痛み、カーターは新鮮な空気を求めて屋上へと逃げ込んだ。屋上で1時間近く過ごし、ようやく人間らしい気分を取り戻すことができた。

The elevator doors opened and he stepped onto the elevator and pushed the button for the ground floor. As the doors closed, he noticed that he was on the defective elevator. Hopefully, he would get back to the E. R. and his locker in one piece.
エレベーターのドアが開き、乗り込むとカーターは地階のボタンを押した。ドアが締まろうとする瞬間、自分が例の欠陥エレベーターに乗り込んでしまったことにカーターは気が付いた。願わくば、もう一度ERの自分のロッカーのところへ無事に(in one piece=壊れないで)戻れますように……。

The ride was smooth and quick until it came to a stop on the surgical floor. John bit back a groan when he saw who was waiting.
が、こんどの昇降は順調かつ迅速だった。それが外科病棟階で停止するまでは。そしてそこで待ち受けているのが誰か判った途端、カーターはうめき声を噛み殺した(bite back=出かかったものを堪える)。

Peter entered the elevator and pushed the button for the ground floor. He seemed to be as determined to avoid talking to John as John was to avoid talking to him.
エレベーターに乗り込むとベントンは地階のボタンを押した。カーターがベントンを話をするのを避けようとしている(注:be to〜=「予定・運命・義務・可能・意志」のうちの意志か。通常は条件節内で用いられる)のと同様、ベントンもカーターと話すのを避けようとしているかのようだった。

John didn't think he could stand riding down that many floors with Peter, so he reached out and pushed the button for the fourth floor. He would check on that patient from this morning. When he had seen her earlier, she had not yet had her baby, but she wasn't out of the woods yet.
このまま同じエレベーターでベントンと一緒に降りるのに付き合うなんて、とても耐えられないと思ったカーターは、手を伸ばすと4階のボタンを押した。そこで今朝から入院している患者を看てやればいいのだ。さっき見に行った時にはまだ赤ん坊は生まれずにいたが(注:この前段の話に出てきた患者。早産なので早く生まれてしまわないほうが安全なため)、依然として彼女は危機を脱しては(out of the woods=危機を乗り越えて)いなかったからだ。

John kept his eyes locked on the numerical display above the doors. He breathed a sigh of relief as the elevator passed the fifth floor. A few seconds more and he would be out of there. He stepped up to the doors, eager to make his escape.
カーターはドア上部に点灯している階数表示から目を反らさないようにしていた。エレベーターが5階を通り過ぎると、ホッと安堵の息をつく。あと数秒も経てば、自分は外に出られるのだと。カーターはドアに一歩近付くと、早いとここの場を立ち去りたいと思った。

Once more, the elevator lived up to its reputation as it screeched to a stop, throwing him to the side and right into Peter's arms. Both men fell to the floor, their arms and legs tangled together. The elevator cables made a grinding sound and then fell silent.
再びエレベーターはその風評に違わず(live up to=恥じない行動をする)、キーッと音を立てながら停止し、カーターは側面にたたきつけられ、まさにベントンの腕の中へ投げ出される恰好になった。互いの手足をもつれるようにして2人の男は諸とも床に倒れた。エレベーター・ケーブルが音を立てて軋み、じきに沈黙が訪れた。 

"I don't think it's going to start up again."
John said as he reluctantly disengaged himself from Peter's arms.
「まただなんて思いたくないものですね」
そうカーターはつぶやくと、しぶしぶベントンの腕を解いた。 

"I think you might be right about that."
Peter got to his feet and reached down to help John to his feet. As John stood, a sharp pain shot through his right ankle; the same ankle that had been kicked earlier.
「お前の予想が当たっちまったようだな」
ベントンは立ち上がると、足元のカーターに救いの手を差し伸べた。立ち上がった瞬間、カーターの右足首に鋭い痛みが走った。前に蹴られたのと同じほうの足首だった。

"Damn!"
John immediately sat down on the floor and Peter knelt in front of him.
"Is it broken?"
「クソッ!」
カーターはたちまち床にしゃがみ込み、ベントンはカーターの前に跪いた。
「折れてるのか?」

Peter gently removed John's shoe and sock, then carefully examined the ankle.
"I don't think so. Does it hurt when I do this?"
ベントンはそっとカーターの靴と靴下を脱がすと、丹念に足首を調べた。
「折れてはいないようだな。こうすると痛むか?」

"No."
「いいえ」

"Good. Can you flex your foot?"
「よし。じゃあ、自分で足を曲げられるか?」

John's attempt resulted in pain. Peter wrapped his hand firmly around the injured ankle, holding it completely still. "I guess the answer to that is no."
試してみると痛みがカーターを襲った。ベントンは手で患部の足首をしっかり握ると、じっと固定したまま握り締めた。
「その分だと答えはノーだな」

John grimaced, "Seems that way."
カーターは顔をしかめて言った。
「お察しの通りですよ」 

"Well, maybe this will help."
Peter began to slowly massage the ankle in the hope that increased blood circulation would help.
「そうか。これで少しはマシになるといいんだが(help=自動詞の場合は「足しになる」)」
ベントンはゆっくりと足首をマッサージし始めた。血の巡りが良くなれば多少は改善されるのではないかと思ったのだ。

"Is it feeling any better?" Peter looked up at John, surprised to see that John's eyes were tightly closed and he had a pained expression on his face. He immediately stopped what he was doing. "I'm sorry. You should have told me I was hurting you."
「ちょっとは楽になったか?」
カーターを見上げたベントンは、堅く目を閉じ、顔に痛みの表情を浮かべているカーターの姿にたじろいだ。ベントンはすぐに手を止めた。
「す、すまん。痛いならなんでそう言わないんだ」

"It wouldn't matter, would it?" John snapped, very out of sorts. He had liked what Peter was doing. It had felt good and his mind found it way too easy to imagine Peter massaging a different part of his body.
「そういう問題じゃないでしょう?」
カーターはイライラして(out of sorts=機嫌が悪くて)食って掛かった。カーターはベントンの行為を大いに気に入っていたのだ。それはとても心地よく、自分の身体の他の部分をマッサージしてくれるベントンをカーターがつい想像してしまったのも無理からぬことだったのだ。

He had a raging hard-on that he knew Peter would notice, then Peter would get defensive and he would end up embarrassed. He would never be able to face Peter again, he just knew it.
カーターの股間は猛り狂ったように昂ぶり(hard-on=勃起したペニス)、カーターは覚悟した。多分、ベントンもこのことに気付くだろうし、そうすればベントンは予防線を張り、終いには途方に暮れてしまうだろうと。自分はもう二度とベントンに顔向け出来ないだろうと、カーターはもはや気付いてしまったのだ。

"Just what the hell is that supposed to mean?" Peter asked, feeling hurt and a little angry that John would snap at him. John was so mild mannered that Peter could count on one hand the number of times John had ever snapped back at him.
「一体、どうしたって言うんだ?」
ベントンは尋ねた。カーターに悪態をつかれて傷つき、少しばかりムッとしながら。人当たりが穏やかなカーターゆえ、今までにカーターが自分に喰って掛かった覚えなど、ベントンには片手で数えられるほどしかなかったというのに。

John looked up at him, "You have never cared whether or not you hurt me, so you can just quit pretending to be a concerned friend."
カーターはベントンを見上げた。
「あなたって人は、自分が相手を傷つけたかどうかなんて、気にしたこともないんでしょうね。それならそれで、もうこれ以上、お節介な友人の振りなんて止めたらどうです」

"You are so wrong about that, Carter. If you only knew...forget it. If you don't want my help, then just forget it."
Peter stood and went to the other side of the elevator.
「とんだ見当違いだな、カーター。もし単にそう思っているのなら……いや、もう忘れろ。俺の助けがいらないって言うのなら、もう忘れてくれ」
ベントンは立ち上がると、エレベーターの一方の端へと遠ざかった。

As he leaned against the wall, he could feel John's eyes upon him. Maybe he should just go on and tell John the truth. The whole entire, sordid truth. Get it out into the open. Lose John's respect forever. John Carter had been the best student he had ever had and he had treated John like he didn't exist.
壁にもたれながら、ベントンはカーターの視線が自分に向けられているのを感じていた。恐らく、自分はここで思いとどまったりせず、ただひたすら真実をカーターに打ち明けるべきなのだろう。すべてを包み隠さず、その浅ましい真実を。何もかもぶちまけるのだ。そうすれば二度と再びカーターから尊敬されることは無くなる。ジョン・カーターは今までベントンが受け持った中では最も優秀な生徒だった。なのにベントンはカーターをまるでそこにいないも同然の扱いをしてきたのだ。

Lucy Knight had told him just an hour ago that John felt Peter was one of the best surgeons and teachers in the hospital. After all that he had put John through, the horrible way he had treated him through the years, John still sang his praises.
ベントンのことをこの病院で最も優れた外科医であり、教師だとカーターが評価していたと、ほんの1時間前にルシー・ナイトの口から聞かされたばかりだった。自分は長年にわたってカーターを手ひどく扱ってきた。そんな仕打ちにもかかわらず、カーターは自分に賛辞を送り続けてくれていたのだ。

"You're correct when you say I pretend, Carter. Where you're wrong is what I pretend about. Ever since the day I met you I've had to pretend to not like you. I tried everything I knew to keep you at arm's distance from me."
「俺が”振り”をしていると言うのは当たってるよ、カーター。だが、俺が何の振りをしていたかという点に関しては、お前は勘違いをしているな。お前に出会ったときからずっと、俺はお前に関心が無い振りをしていたんだ。俺はどんなことでもしようと思ったんだ。お前を自分の手の届かないところに遠ざけるためならな」

"I don't understand. Are you saying that none of that was real? It certainly felt real enough to me when you told me I had no business being a surgeon. It felt real enough to me when you told me that you had never cared what I did or didn't do."
「仰っている意味が分かりませんね。そんな心にもないこと言われても。お前なんかが外科医になるなんておこがましいって言ってくれたほうがよっぽど真実味がありますよ。僕が何をしようとしなかろうと知ったこっちゃないって言ってくれたほうがよっぽど信じられるっていうんですよッ」

"It hurt me to tell you that."
「お前にそんなこと言うのは俺だって辛いんだ」

"Yeah, I noticed that right away."
「ええ、お辛いでしょうよ。一目で分かりましたから(注:辛そうに全く見えないという皮肉)」

Peter winced as the heavy sarcasm hit home. Well, in for a pound, in for a dollar, as his mother always used to say. God, what would his mother say if she was here to hear him now?
痛烈な皮肉に(hit home=的中する)痛いところをつかれてベントンはだじろいだ。ああ、そうだ。「やりかけたことは何がなんでもやり通せ」(注:"in for a penny, in for a pound"「ペニーを手に入れる仕事を始めた以上ポンドも手に入れよ」というイギリスの慣用句をアメリカ的に言い替えたジョーク。同様の慣用句に"One may / might as weel be hanged for a sheep as (for) a lamb"「毒食らわば皿まで」<=「子羊を盗んで絞首刑にされるよりは親羊を盗んで絞首刑にされるほうがましだ」というのがある)と、ベントンの母親がよく言っていたものだ。ああ、もし今ここに母親がいたなら自分に何と言うだろうか。

"Carter, do you think you could keep quiet long enough for me to explain things to you?" Peter watched as John used the rail to pull himself upright.
「カーター、俺が説明する間、少し黙っててくれないか?」
カーターが手すりにつかまり、身体を真っ直ぐに起こす様子をベントンはただ見つめていた。

"Fine. Explain things to me, Dr. Benton."
「いいですとも。説明してごらんなさい。ドクター・ベントン」

"I have wanted you from the very moment I saw you standing in front of the admit desk. You were so young and naive, standing there looking lost, dressed in a tailored lab coat. I wanted to walk up to you and rip that coat and the rest of your clothing right off your body and take you right there and then. I rushed you through the Emergency Room tour because I was afraid that if I slowed down in any of the rooms that I just might kiss you. That would have been one hell of a way to begin your surgical rotation, wouldn't it? And yes, I tried to push you out of surgery when I began to realize that I was falling in love with you. So, there you have it, Carter. I love you and I want you just as much today as I did the first day I saw you. Maybe even more. For three years I suffered while you were my student, wanting you and loving you and knowing I could never have you."
「俺はお前のことが好きだった。入学者机の前に最初にお前が立っているのを見たその瞬間からずっと……。お前はいかにも青二才のウブな小僧で、ポカンとした顔してそこに突っ立っていたんだ。テーラーメイドの高級白衣なんかを着やがって。お前に近付いて、その白衣や、着ているすべてをサッサと(right off=right away)お前の身体から剥ぎ取ってしまって、すぐその場で押し倒したかったよ。お前を連れて猛スピードでER巡りしたのは、怖かったからさ。ノロノロしてたらどっかの部屋に連れ込んでお前にキスしてしまいそうだったからだよ。そんな気持ちでお前の外科ローテーションを始めろだなんて酷な話(a/the hell of a way=大変な・ひどい)だよな。そして案の定、お前のことが好きだと意識し始めた俺はお前を外科から追い出そうとしたのさ。だから、そういうことなんだ(there you have it=there it is=there you are=そんな次第だ、そんな具合だ、要するに)、カーター。俺はお前を愛してる。お前のことが欲しいんだ。お前に最初に会った時にそう思って以来、ずっとその気持ちは変わっていない。いやむしろ募る一方かもしれない。お前が俺の生徒だった3年間ずっと俺は悩んできた。お前が欲しくて、お前が愛しくて。お前は決して手に入らないと自分に言い聞かせながら……」

There, he had done it. Confessed all of it to John. Peter looked at John, noting the shocked look on his face and the scared look in his eyes.
とうとうベントンはやり遂げた。すべてをカーターに打ち明けたのだ。ベントンはカーターを見て察知した。その顔に驚愕の表情が浮かび、その目に怯えた色が滲むのを。

"Christ," he thought, "he probably thinks I'm going to rape him now." He tensed as John limped over to his side of the elevator, thinking that John was going to hit him. Well, he deserved it.
「まいったな……」
ベントンは思った。
「大方こいつは、今にもレイプされそうだって思ってるんだろうなあ」
ベントンは思わず身構えた。ジョンが自分がいるエレベーターの一方の端の方へノロノロと近付いてきたからだ。カーターは自分のことをひっぱたくつもりなのだろう。確かに自分はそうされるだけのことを言ったのだ。

John came to a stop mere inches from Peter's body. His mind was still processing all that Peter had said, but seven words were etched firmly in John's brain: "I love you and I want you." How often had he fantasized about hearing Peter say that to him?
ベントンの身体まで後ほんの数インチというところでカーターは立ち止まった。カーターは心の中でいまだにベントンの言ったことを反芻していた。だが、ほんの7単語だが、その言葉はカーターの脳裏にしっかりと刻まれた。
「俺はお前を愛してる。お前のことが欲しいんだ」と。
ベントンがその言葉を自分に囁いてくれるのを、カーターは何度夢に見たことだろうか。

"Well?" Peter finally asked. If John was going to hit him, why didn't he just go on and do it, get it over with?
「どうした?」
ベントンはついに尋ねた。もしカーターが自分を殴るつもりなら、なぜカーターはさっさとそうして、ケリをつけてしまわないのだろうか(get〜over with=嫌な仕事を片づける)。

"I'm not your student any more."
「僕はもうあなたの生徒じゃありませんよ」

Peter blinked, "I know that."
ベントンは瞬きしながらこう言った。
「そ、そうだな」

"Then what's stopping you from having me?" John smiled and Peter felt his heart melt even as he disbelieved what his ears were hearing.
「じゃあ、今さらどんな理由で僕を手に入れるのをためらっているんですか?」
カーターがニッコリ微笑んだので、ベントンの心臓は今にも溶けてしまいそうだった。自分の耳が聞いたことすら信じられないほど。

"Are you saying that..."
「お前、それ、本気で言って……」

John took Peter's hand and placed it against his erection. With a moan, Peter realized exactly what John was saying. He let out another moan as the elevator slowly began to move. It was just as well.
カーターはベントンの手を取ると、自らの昂ぶった欲望に押し当てた。思わずうめいてしまったベントンはカーターが言っていることを正確に理解した。ベントンは再びうめき声を漏らした。エレベーターがゆっくりと動き出した途端。何事もなかったように順調に……。

If he even as much as kissed him right now, then there would be no stopping him from doing everything else he had wanted to do with him.
もし今この場でカーターにキスのような(as much as...=ほとんど)行為に及んでしまったら、ベントンはカーターとやりたいと思っているあらゆる行為を冒してしまいそうだった。

"If we get off on the fourth floor, we can take the stairs and won't have to worry about being stranded in here again."
John said.
「4階で降りたら、階段を使いましょう。何もここでまた立ち往生させられるんじゃないかって心配する必要もないでしょう」
そうカーターは言った。

"You had better be off work."
「お前ももう休んだほうがいいぞ」

"I am. What about you?"
「ええ、そうします。で、ベントン先生はどうされます?」

"I was heading home. I'm parked near the elevators on the second level of the garage. Get your things and meet me there. You're coming home with me."
「俺はまっすぐ帰るよ。俺は駐車場の2階のエレベータのところに車を停めてるんだ。支度してこい、そこで落ち合おう。俺の家に来い」

"Dr. Benton, I've..."
「ドクター・ベントン、ぼ、僕は……」

"Peter. My name is Peter."
「ピーターだ。俺の名はピーターだろ」

John blushed and continued, "Peter, I've never been with another man. Hell, I've never wanted another man until I got to know you. I don't want to disappoint you."
カーターは顔を紅潮させながらこう続けた。
「ピ、ピーター、僕は男の人と、そのぉ、そういう関係になった経験が……ないんです。まいったなぁ、あなたに会うまで、男性を好きになったことなんてなかったから。僕はあなたをガッカリさせたくないんですよ」

"John, there is no way that you will ever disappoint me. Trust me."
「ジョン、お前がこの俺をガッカリさせるはずないじゃないか(there is no way=決して〜ない)。俺を信じろ」

"I guess I'll have to."
「ガッカリすること請け合いですよ」

The doors opened and they got out on the fourth floor. Peter helped him down the stairs, then headed for his car while John went to get his things from the locker room in the E.R. Peter stowed his stuff in the backseat, then leaned against the side of the car to wait for John.
ドアが開き、2人は4階で降りた。カーターが階段を降りるのを手伝ってから、ベントンは車へと向かい、カーターの方はERのロッカールームに自分の荷物を取りに行った。自分の荷物をシートの後ろに放り込むと、車の側面にもたれてベントンはカーターを待っていた。

He couldn't quite believe the way things were turning out. One minute he was thinking that John Carter hated him and the next thing he knew he had felt how much John cared about him. He grinned as he imagined what John would look like without his clothing.
ベントンは事態がこのような展開を迎えたことをいまだ信じられずにいた。ジョン・カーターは自分のことをてっきり嫌っていると思っていたのに、今度はどんなに自分のことを気にかけていたのかを思い知らされるはめになるなんて(One minute ...the next thing one knows=〜したかと思ったら、いつのまにか)……。ベントンは裸になったカーターの姿を思い浮かべて、ついついほくそ笑んでしまった。

He thought of how he would pay meticulous attention to every inch of that body. His grin faded as he realized that once more he had been thrown into the role of being John's teacher. He himself had only been with a few men in his life; it wasn't a lifestyle he embraced, so his experience wasn't all that great.
どれほど細心の注意を払って、カーターの身体をくまなく観察するのだろうかとベントンは想像を巡らせた。が、そんなベントンの思い出し笑いは、自分がカーターの教師という役目を与えられた身であるということを今一度自覚した途端に引っ込んでしまった。ベントン自身は今までの生涯で男と経験したのはほんの2、3人程度だった。その手の生活はベントンが信奉するライフスタイルではなかったために、その経験は誇れるほどのものではなかったのだ(all that=形容詞の前に置き、否定・疑問文に用いる。「それほどまでには」)。

The last time he had been with another man had been when he was twenty years old. Quite a long time ago. And now he had the responsibility of finding out what would feel good to John and teaching John how to do the things that felt good to him. His grin returned as he thought about that. This would be a student-teacher relationship that he was eager to explore.
最後に男性と経験したのはベントンが20歳の時だった。かなり昔の話だ。今のベントンはカーターを気持ち良くさせる方法を探ると同時に、相手を気持ち良くさせるにはどうしたらいいかカーターに教えてやらねばならない責任があった。そんなことを考えるうちに再び苦笑いがこみ上げてきた。ある意味これも、自分がひたすら模索してきた「生徒と教師の関係」というやつなのだろうと。

"Is that smile for me?"
「おやおや、僕のことを考えて笑っていたんですか?」

Peter hadn't even noticed John approaching him. "Yeah, it's because of you. Get in and let's go."
カーターが近くまで来ていたのにベントンは気付いていなかった。
「あ、ああ。お前のことだ。さっさと乗れ。帰るぞ」

John opened the passenger door and threw his bag on the back seat, then got in and put his seatbelt on as Peter did the same. Peter had to try really hard to keep to the posted speed limit on the way home. He wanted to be there already.
カーターは助手席のドアを開けると、バッグを座席の後ろに放り込んだ。乗り込むと、ベントンに習って自分もシートベルトを締めた。帰り道、ベントンは、標識が示す速度制限を守るのにつくづく苦労させられた。すぐにでも飛んで帰りたい気分だったからだ。 

It was an exquisite agony to be sitting inches away from John and know that John wanted him just as much as he wanted John. Peter felt really proud of the fact that he was able to keep his hands off John for the entire drive in the car and for the elevator ride to his apartment, and for the walk down the hallway.
自分がカーターを求める気持ちにまさるとも劣らないほど、カーターもまた自分のことを求めてくれているのだと知りながら、わずかな距離を挟んでカーターの隣に座っているというのはまさに筆舌に尽くしがたいほどの苦痛であった。ベントンは車で一緒に帰る間も、アパートの自室に向かうエレベーターの中でも、廊下を歩いている最中も、カーターに手を出さずにいられた自分を心の底から誉めてやりたい気分だった。

He even let John get all the way into the apartment before he took the bag from him and flung it into the corner, then pulled John close and tenderly kissed him on the lips. He was a little shaken when John pushed against his chest, putting more space between them.
ようやく部屋の中へとカーターを招き入れたベントンは、カーターからバックを奪い取り、部屋の隅へと放り投げた。そしてカーターを引き寄せ、唇に優しくキスをした。が、ベントンは僅かにたじろいだ。カーターが自分の胸を押し返し、自分から距離を置こうとしたからだ。 

His face flushed, John stared at the floor, his hands still firmly planted on Peter's chest.
カーターは思わず顔を赤らめ、足元をじっと見詰めた。が、それでもその両手はベントンの胸の上にしっかりと載せられていた。

"You don't really want to do this, do you?" Peter softly asked.
「本当はお前、こんなこと、したくないんじゃないか?」
ベントンはそっと尋ねた。

John's head jerked up, "I do. I want to be with you. But, I've never kissed a man on the lips before. The way you just kissed me, well, it felt so right. So natural. I suddenly realized that I don't have the first clue about what to do."
カーターは急に顔を上げた。
「いいえ。僕はしたいんです(注:be with you=sexの婉曲表現)。だけど、今まで男の人と唇が触れ合うようなキスをしたことがなくて。今さっきのキスが、何て言うか、あんまりうまかったから。とても自然で……。すると突然気付いてしまったんです。これから何をしたらいいのか自分は何も分かっていないんじゃないかって(not have a clue=見当が付かない)……」

"I'm not the most experienced person with this, but I can tell you this much; just do what feels good to you. You've kissed women before, right?"
「俺はこの道のエキスパートっていうわけでもないが、これだけはお前に教えてやろう。つまり、お前が気持ちいいと思うことをすればいい、ってことだよ。お前だって女にキスしたことぐらいはあるだろ?」

John nodded.
カーターはうなずいた。

"And they've kissed you. You know how they reacted when you kissed them and you know how you felt when they kissed you. You know what you like. Shit, this is going to drive me crazy, but I think we should take this slow. Very slow. We'll start with kissing."
「で、女もお前にキスしたよな。キスすれば女がどう反応するかは分かっているし、女にキスされれば自分がどう感じるかを分かってるだろう。つまり自分がどうしたいかぐらい知ってるってことさ……。クソッ、イライラするな。が、お互い、焦ることはない。ゆっくりとやればいいさ。まずはキスから始めるとしよう」

Peter grabbed John's wrists and brought the younger man's hands up to his lips, then began to slowly and tenderly kiss each finger. As he turned John's hands over to give attention to the palms, he could hear the change in John's breathing.
ベントンはカーターの手首を握り、その若い男の手を自分の唇に近づけ、やがて指の1本1本にゆっくりと優しく口づけ始めた。カーターの手を裏返し、手のひらにキスを集中させたベントンは、カーターの息遣いの音が変化したのを聞き逃さなかった。

Peter lingered over the right palm, encircling the palm with his tongue before planting a kiss in the middle. Then Peter repeated the process with John's left hand. Afterward, he let go of John's hands and stood still, waiting.
ベントンは右の手のひらの上から離れず、中心にキスを落としては、その回りを円を描くようにを舌で舐め回した。その後、カーターの左手にも同じ行為を繰り返したベントンはやがてカーターの両手を離すと、待ち受けるようにその場にじっと佇んだ。

John swallowed nervously, knowing that Peter was expecting to be kissed now. How in the Hell was he supposed to remember how he kissed women when it was Peter standing there in front of him, his erection pressing against his pants, telling John that he wanted him a lot.
ベントンが今、キスを待ち受けているのだと気付いたカーターは緊張のあまりグッと息を飲んだ。ベントンを前にして、どんな風に女性とキスしたのか思い出すはめになるなんて、どうしてカーターに想像できただろうか。ズボンを押し上げるようにいきり勃ったそれは、自分がどれだけベントンを欲しているかを物語っていた。

"I showed you how to do it, John, now all you have to do is copy what I did. You've always been a quick learner." Peter smiled encouragingly.
「どうしたらいいか手本を見せてやるよ、ジョン。今は俺のする通りにやればいい。いつだってお前は飲み込みの早い生徒だったじゃないか」
励ますようにベントンはニッコリと笑った。

John stepped closer to Peter and his hands bracketed Peter's face, holding his head still while John's lips connected with Peter's. The kiss was soft and tender and he caught Peter's lower lip with his lips, gently sucking on it as he pulled away.
カーターはベントンに一歩近付くと、両手でベントンの顔を挟み、自分の唇をベントンの唇に押し当てたまま、じっとベントンの頭を抱えた。その口づけは軽く、優しいものだった。カーターはベントンの下唇を挟むように捉え、遠のきながらそっと吸い付くと身を離した。

Peter closed his eyes as his mind went over the various scenarios that kiss had promised. He could feel John's lips on his chin, his cheeks, his neck; small butterfly kisses that teased and tickled.
ベントンは目を閉じ、このキスがこの先もたらす様々な展開に思いを巡らせた。カーターの唇が、顎に、頬に、首に触れる。まるで小さな蝶が、じらしたり、くすぐったりしているかのように。

"Was that okay?" John asked, his voice sounding unsure.
「これでいいんでしょうか?」
カーターは尋ねた。自信なげな声で。

Peter nodded, then found his voice, "That was very nice. I'm feeling very jealous about the women who have been with you."
うなずくとベントンは思わずこう答えてしまった。
「とてもいいよ。お前と付き合ってた女共がメチャクチャ羨ましいぜ」

"Jealous because you wanted to be them or jealous because they had me?" John grinned.
「羨ましいのは僕にされたかったから? それとも僕にしたくて?」
カーターはニッコリと笑った。

Peter grinned back, "Both. I think we should take this into the bedroom." Peter saw John tense at the word and he reached out and tenderly stroked John's cheek, "Relax. I said that we'd go slowly, and we will. I just had the idea that I could get you used to having your body touched and kissed by another man."
ベントンは笑い返して言った。
「その両方だ。で、思うんだがこういうことは寝室でやるべきじゃないかな」
その言葉にカーターがこわばるのが見て取れたベントンは手を伸ばすと優しくカーターの顎を撫でて言った。
「そう緊張するなって。俺はゆっくりやろうって言ったろ。だからそうする。それに男から身体を触られたり、キスされるのにお前が馴れるための恰好のアイデアが浮かんだんだ」

"How would you do that?"
「どうしようっていうんです?」

"I was thinking along the lines of stripping you and then having my way with you until you scream."
「お前を脱がせるだろう、で、お前が音をあげるまで俺のやりたいようにやる(have one's way=思う通りにする)といった作戦(along the lines=in a particular way:ある方針で)を考えたのさ」

"And that's your definition of slow?"
「それがあなたのいう『ゆっくり』の意味なんですか?」

Peter grinned, "It is when all I'll be doing is touching and kissing you."
ベントンはニヤッと笑って言った。
「その間中、触るかキスかしかしないぜ」

"Until I scream?"
「僕が叫ぶまで?」

"Yeah. Who knows? This might take all night."
「ああ。一晩中続くかどうか、神のみぞ知るだ」

"I wouldn't be so sure of that."
「あまり自信はもてませんが」

With a totally wicked smile, John reached out and stroked Peter's erection through his pants, pressing his hand firmly against it and making Peter moan. "You just might be the one doing the screaming."
いたずらっぽい笑みを露にしたカーターは手を伸ばし、立ち上がっているベントン自身をズボン越しに愛撫した。グッと手を押し当てるとベントンからうめき声が漏れる。
「音を上げるのはそっちのほうだったりして」

"I guess we'll just have to see who screams first, won't we?" Peter stepped around John and headed for the bedroom, stopping in the doorway. "Lock the door and come here."
「どっちが先に音をあげるか見物だな」
カーターを追い越すとベントンは、先に寝室に向かい、ドア付近で立ち止まった。
「鍵を掛けたら、こっちに来い」

John made sure that all the locks were secure before he walked to where Peter waited. Peter turned his body sideways to allow John to precede him into the room, then he closed the door, thinking that John would appreciate the extra feeling of privacy that a closed door would provide.
すべての鍵が掛かっているのを確認したカーターは待ち受けているベントンの元へ歩み寄った。ベントンは身体を横向きにし、カーターを先に通してから、ドアを閉めた。ドアを閉めたほうがより気分が落ちついてカーターが安らげるだろうと思いながら。

John stood by the bed, watching Peter and waiting to see what Peter wanted him to do next. It was strangely exciting, taking orders from Peter Benton once again. Especially since these orders were resulting in his own pleasure.
カーターはベッドの脇に立ちすくみ、ベントンを見つめ、次にベントンが自分にどうしたいと思っているのか傍観していた。再びピーター・ベントンから指図を受けるのかと思うと、妙にドキドキした。特に今度の命令は自分に快楽をもたらすものだけに……。

Peter leaned back against the door, trying to decide what to do next. He knew what he wanted, and that was for John to be completely undressed. His indecisiveness lay in the mechanics of getting him that way.
ベントンはドアにもたれながら、この後どうすべきか思案していた。自分がしたいことが何なのかは分かっていたし、それはカーターを素っ裸にすることに他ならなかった。が、ベントンが迷っていたのは、カーターをいかに脱がすか、そのやり方(the mechanics of=〜の方法)についてであった。

He could slowly undress him, not allowing John to help at all. That had long been a fantasy of his. But another fantasy involved watching while John disrobed for him, removing the items of clothing that Peter told him to remove.
ベントンには時間をたっぷりかけてじっくりとカーターを脱がすという選択肢もあった。カーターには一切手を出させずに。それは長い間ベントンが抱いてきた夢だった。だが、カーターが自分のために脱いでくれる、自分が脱げと言うままに着ている服を順々に脱いでいくのを眺めるという夢にも捨て難いものがあった。

Peter stood there for such a long time that John began to feel uneasy. He cleared his throat, "Is something wrong?"
あまりにも長い間、ベントンが突っ立っていたおかげで、カーターは落ちつきを失ってきた。咳払いをするとカーターは言った。
「何か問題でも?」

"No. I just can't make up my mind on how I want you to undress."
「いや。自分はどんな風にお前を脱がしたいんだろうかって決めかねていただけさ」

John laughed, even though he could see that Peter was serious about the topic.
カーターは吹き出した。ベントンがその問題について真剣に悩んでいるのかカーターだって分からなくもないというのに。 

"It's not that funny, Carter."
「笑い事じゃないぞ、カーター」

Uh, oh. Peter had called him Carter. That meant he wasn't amused by the situation. "Can I ask you something?"
おっと。ベントンはいつもの名字でカーターを呼んでしまった。どうやらベントンはこの状況を面白がっていないらしい。
「質問してもよろしいでしょうか?」

"Go ahead."
「いいとも」

"Is this going to be one-night stand kind of thing, or do you plan on us doing this often?"
「今回のことは一晩限りの情事なんでしょうか、それともこれから先も続ける予定があるとでも?」

"I don't want it to be a one-night stand, John. I've waited five years for you and I plan to love you a lot. A whole lot."
「一晩限りにするつもりなんかないさ、ジョン。お前を5年も待ったんだ。たっぷりと愛したいと思ってる。いくらでも(A whole lot=大いに)」

"Then there will be other times when I'll be getting undressed in front of you, so what difference does it make which method you choose now?"
「なら、あなたの前で脱ぐ機会は他にいくらでもあるってことでしょう。なら、今さらどんな方法がいいかなんてどうでもいいじゃないですか?」

"You're right. It doesn't really matter. Okay, slip out of your shoes, then take your socks off."
「お前の言う通りだ。確かにどうでもいいことだよな。よし、靴を脱げ、それから靴下を脱ぐんだ」

Keeping his eyes on Peter, John kicked off his shoes, then quickly shed his socks. Straightening, he asked, "What next?"
ベントンを見つめたまま振り払うように靴を脱ぐとカーターはたちまち靴下を脱ぎ捨てた。単刀直入にカーターは尋ねた。
「お次ぎは?」

"Well, first, I want you to stay silent. Understand?"
「そうだな、まずは、これ以上喋らないでもらいたいんだが。いいか?」

John nodded.
カーターはうなずいた。

"Take off your shirt."
「シャツを脱げ」

John slowly loosened his tie, then pulled it from around his neck and tossed it to the floor by his shoes. Then he slid the straps from his suspenders off his shoulders, then he undid the buttons at each wrist.
カーターはゆっくりとネクタイを緩めると、首から引き抜き、靴が脱ぎ捨ててある床の側へと放り投げた。それからサスペンダーの紐を肩から外し、左右の袖のボタンを外した。

He then pulled his shirttail out from his pants and began to unbutton the shirt, beginning at the top. The entire time, Peter's gaze never left his body, but John did notice that Peter's eyes had darkened and his breathing had become quicker. Hell, his had too. His shirt joined his tie.
次ぎにズボンからシャツの裾を引き抜くと、上から順にシャツのボタンを外し始めた。その間中、ベントンはカーターの身体から視線を反らさなかった。だが、カーターはベントンの視線が欲情でメラメラと燃え上がり(注:英語では「欲望の熱い蒸気で曇っている(=steamy/cloudy/darkened)」と言った表現をよく使う)、息遣いが早まっているのを察知した。困ったことに、カーターもそれは同じだったからだ。やがてカーターのシャツも先ほどのネクタイと同じ運命を辿った。

"Now remove your pants and undershorts together," Peter's voice was husky with passion and he wasn't entirely sure that he was going to be able to play with John Carter at his ease; unless he did something to gain release first.
「さあ、下着ごとズボンを脱いでもらおうか……」
ベントンの声は興奮でかすれ、このままお気楽にジョン・カーターとじゃれ合っていられるかどうかまるで自信がなかった。とにもかくにも、この興奮を解き放すようなことをしない限りは。

But, part of his plan had been to remain fully dressed while he introduced John to the pleasure of being loved by another man. He briefly closed his eyes as John's pants and shorts dropped off his slim hips and John's fully erect penis sprang free, pointing directly at him.
ところが、ベントンの当初の計画では、カーターに男に愛される喜びというものを教えてやる間は、自分は服を着たままでいることになっていた。しばしの間、ベントンが目を閉じていると、カーターのズボンと下着はその細い腰から滑り落ち、すっかり立ち上がったカーターのペニスがひょっこり顔を出し、ベントンをまっすぐ指し示した。

John stepped out of his clothes and kicked them to the side. He wondered if Peter was as hard under his clothing as he was. He hoped so.
服を跨ぐとカーターはそれを脇へ蹴飛ばした。カーターは思案した。自分と同じように下着の下のベントン自身も硬く張り詰めているのだろうかと。そうあってほしいとカーターは願った。

"Turn around. Slowly. I want to see all of you."
「ぐるっと回ってみろ。ゆっくりとだ。お前のすべてが見てみたい」

John did as instructed and when he was once more facing Peter, he discovered that Peter had taken the opportunity to move closer to him. Placing one hand behind John's neck, Peter pulled his face closer and he kissed John, his tongue pushing at John's lips until John opened them and allowed him access to his mouth.
指図に従ったカーターが再びベントンの正面へと戻ってくると、ベントンはこの機に乗じて抜け目無くカーターの間際に迫っていた。片手をカーターの首の後ろに回し、顔を引き寄せ、口づけた。舌を押し込まれたカーターは唇を緩め、ベントンが口内へ侵入するに任せた。

Peter had to make himself slow down to slowly explore the inside of that mouth and he was totally unprepared when John captured his tongue and began to eagerly suck on it, giving him a hint of what might happen later.
口の中をじっくり味わうために自分を抑えなければならないはずのベントンはすっかり虚を突かれてしまった。カーターがベントンの舌を捉え、この後に待ち受けていることをほのめかすかのように、がむしゃらに吸い上げ始めたからだ。 

Peter pulled away, "Lay down on the bed on your back."
引き離すとベントンは言った。
「ベッドに仰向けになるんだ」

John sat down on the edge of the bed, then reclined back, not sure about what Peter intended, but trusting that Peter would not physically harm him or do anything to humiliate him. He felt a soft kiss on the skin just above the knee of his right leg. Other kisses followed as Peter made his way up that thigh.
カーターはベッドの縁に腰を降ろすと、背中から倒れた。ベントンが何をしたいのかよく分からなかったが、自分を肉体的に傷つけたり、侮辱するような行為などするはずがないだろうと信じていた。カーターは自分の右膝のすぐ上にそっと唇が触れるのを感じた。ベントンがカーターの太ももに沿って這い上がるにつれて次々とキスが落とされていった。

When Peter was level with John's groin, he slowly licked a circle upon John's hip, never touching his penis. Then he moved down and repeated the process on John's left thigh, again, ending at the hip.
やがてカーターの股ぐらに達したベントンはカーターのペニスに触れるのを避けるようにして、腰の回りを円を描くように舐め回した。やがて元の位置へと降りていくと、カーターの左脚にも同じ行為をほどこし、再び腰の位置で止まった。

Peter then straddled John's body and he bent over to kiss the right side of John's waist while he caressed the left side with his hand. His mouth and hands slowly moved upward, until he reached John's nipples.
やがてベントンはカーターの身体に跨り、屈み込むとカーターの腰の右脇にキスし、同時に左脇を手で愛撫した。その唇と手は次第に上へ伸び、カーターの乳首へと達した。

He attacked them both at the same time, rolling each one between thumb and forefinger, making them harden even more, although Peter wasn't really sure how that was possible. He looked up at John's face to see if he liked what was happening.
ベントンは両方を同時に攻め、親指と人差し指で挟むように転がすと、乳首はより硬さを増した。本当に硬くなるのかどういかベントン自身も実はよく知らなかったとはいえ。今起こっていることをカーターが気に入ったのかどうか確かめようとベントンはカーターの表情をのぞき込んだ。

John's eyes were closed, but the look on his face assured Peter that John was feeling pretty good right about now. Still, it wouldn't hurt to ask if this felt good.
カーターの目は閉じられていたが、その表情を見れば今カーターがとってもいい気分であることぐらい、ベントンには一目瞭然だった。こうされるのが気持ちがいいのかどうか、もう尋ねても問題はないだろう(not hurt=支障がない)。

"Do you like this, John?"
「これがいいのか? ジョン」

John only nodded.
カーターはただうなずいた。

"Don't be afraid to tell me when you like or don't like something I do."
「俺のする事が快いのか悪いのか、怖がらずにはっきり言ってみろ」

"You told me not to talk", John's voice was thick with passion.
「だって僕に喋るなって言ったじゃないですか……」
欲情のあまりカーターの声が掠れた。

Peter grinned, "I did, didn't I? But, I meant for you not to talk while you were undressing. You can talk now."
ベントンは苦笑した。
「そう言ったかな? だが、あれは服を脱ぐ間は静かにしろっていう意味だったんだ。今はもうしゃべってもいいぞ」

"Okay. Yes. I like this. You aren't stopping now, are you?"
「ああ、なるほど。それなら、ええ、確かに。今のこれは好きですよ。って、今さら止める気もないでしょう?」

Again, Peter grinned. John sounded very anxious about that possibility. "No, baby, I'm not stopping now. I've only just begun."
再度ベントンは苦笑した。カーターの声には万が一の場合をひどく危惧しているような響きがあった。
「あるわけないだろう、ジョン。今さら止めるもんか。まだ始めたばかりじゃないか」

With that, he lowered his head and took a nipple into his mouth, sucking hard; teasing it with his teeth. He felt John's body tense underneath him and heard the sharp intake of breath. Then he gave the other nipple equal attention before he began to kiss and caress his way back down John's body.
そう言うと、ベントンは頭を屈め、口で乳首をくわえ、きつく吸い上げ、歯で噛むように弄んだ。自分の身体に組み敷かれたカーターが、緊張のあまり身体を強張らせ、ひきつるように息を吸い込むのがベントンには分かった。次ぎに反対側の乳首にも同じ行為を加えると、ベントンはキスと愛撫を与えながらカーターの下半身へと降りていった。

As he reached John's groin, he smiled as he saw how hard his student had become. The tip of John's penis glistened and Peter slowly rubbed his thumb across the tip, taking in every detail of John's circumcised organ. So unlike his own, except for the fact that both were throbbing with desire.
カーターの股間に達したベントンは、自分の教え子が局部を思いきり固くしているのを見て思わずほくそ笑んだ。カーターのペニスの先端は濡れて光り、ベントンは親指でゆっくりと先端を擦り、割礼されたカーターの局部を細部に至るまでしげしげと観察した(take in=食い入るように見入る)。2人とも欲望のあまり股間をビクビク震わせているという点以外は、割礼していない自分のそれとは異なっていた。

The crotch of his pants was soaked from his own pre-cum as well as John's, but he didn't mind. It showed him just how excited they both were right now. He ran a finger up and down John's rigid shaft, delighted as John shivered and moaned.
カーター同様、ベントンもズボンの合わせに自らの先走りが染み出ていたが、ベントンは気にも留めなかった。それは今2人がどんなに興奮しているかを物語っていたからだ。ベントンはカーターの硬い幹の部分の上に指を滑らせ、カーターが身を震わせ、うめき声を上げるのを楽しんだ。

He began to massage John's balls while he grabbed the base of John's penis with his free hand, then dropped a kiss just below the head of his penis before placing his mouth a little lower and slowly sucking on the taut skin.
ベントンはカーターの双球を揉みしだく一方で、空いているもう一方の手でカーターのペニスの付け根をしっかりと握り、カーターの亀頭のすぐ下のところにキスを落とし、そのすぐ下に唇を寄せると、張り詰めた皮膚をゆっくりとしゃぶり始めた。

"Oh, sweet...Peter," John whispered. He had often been the recipient of oral sex, but it had never felt like this. What Peter was doing to him, had already done to him, was so much more intense than anything a woman had ever done.
「ああ、いいッ……ピーター……」
カーターは囁いた。今まで何度もオーラル・セックスを受けたことがあったが、こんな風に感じたのは初めてだった。ベントンに今されている、そして今まで受けた愛撫は、今まで施されたどんな女性の性技だろうと比べものにならないくらい強烈なものだった。

For John, that was a pretty important discovery, because the women he had been with since medical school had not been bad at all. They had been caring and inventive and most appreciative of what he did to them with his mouth, hands and penis. They often wanted to give him as much pleasure as he had given them.
カーターにとって、それはとても貴重な発見だった。というのも医学校の頃から付き合ってきた女性達はかなりのレベルに達していたからだ(not〜at all[in the least, by any means]=否定の強調)。彼女たちは世話好きで、独創的で、カーターが口や手やペニスで行うどんな性技も手放しで(theの無いmost=非常に)喜んでくれた。なのでしばしば彼女たちはカーターがしてくれたのと同じような快感を彼にも与えたがったのだ。

Just as he now wanted to please Peter so much. He knew that Peter was delaying his own gratification while teaching him how good it felt to have his body kissed and touched.
まさに今カーターがベントンを思いきり喜ばせたいと思うのと同じように。カーターには分かっていた。身体にキスをされたり触れられたりするのがどんなに気持ちが良いものなのかを自分に教える間、ベントンは己の欲望を満足させることなど後回しにしてしまうつもりなのだということを。

That knowledge made him feel slightly guilty, but he also felt very special and loved because Peter cared enough to want him to enjoy it all. Peter's mouth felt so good on him and when that mouth disappeared, John cried out, "No!"
そう思った途端、カーターはちょっぴり罪の意識に駆られた。だが一方でカーターは自分が特別扱いされ、愛されてるのだと実感した。自分に思いきり楽しんでもらいたいためにベントンがそれだけ気遣ってくれているのだから。ベントンの口唇がもたらす快感があまりに素晴らしいものだったために、急に離されたカーターは思わず叫んでしまった。
「やだッ!」

"I'm not done yet, baby. I need to get a condom."
「まだやるわけにはいかないだろう(be + 過去分詞=可能)、かわいいヤツめ。コンドームを取ってこないと」

John watched as Peter reached into the drawer of his nightstand and removed a condom from a box. A smile played around his lips as he realized just how much he liked hearing Peter call him "baby". It was a Hell of a lot better than Carter, that was for sure.
ナイト・スタンドの引き出しに手を伸ばし、箱からコンドームを取り出すベントンをじっとカーターは眺めていた。そして「かわいいヤツ」とベントンに呼ばれるのがどんなに嬉しいものなのかを自覚して思わず唇を綻ばせた(play=ゆらめく)。ともかく、カーターと呼ばれるよりは遥かにマシだということだけは確かだった(for sure=確かに)。

Peter quickly put the condom on John's penis, then he took it into his mouth again, this time he hungrily sucked and stroked, wanting to bring John to orgasm. Wanting to find out if John was a screamer or if he was silent at that moment. It didn't take long for him to get his answer.
ベントンはアッという間にカーターのペニスにコンドームを装着すると、再びそれを口に含んだ。が、今度はがむしゃらにしゃぶり、愛撫しまくり、カーターを絶頂へと導こうとした。カーターがその瞬間に叫び声を上げるタイプなのか、黙っているほうなのか見極めたいといわんばかりに。ベントンがその答えを得るのにそう長くはかからなかった。

With a soft gasp of pleasure, John's hips bucked and he came, ejaculating over and over again into the condom. Peter wished there wasn't a need for a condom, he wanted to taste John and he wanted to have John taste him.
密やかだが気持ち良さそうなあえぎ声とともにカーターの腰が跳ね上がり、カーターは絶頂を迎え、コンドームの中に繰り返し精を放った。コンドームなんて必要なければいいのにとベントンは思う。カーターを味わいたかったし、カーターにも自分を味わってもらいたかったからだ。

After he was sure that John was completely done, Peter carefully removed the condom and he walked out to the bathroom to throw it away.
カーターがすっかり果てたのを確認すると、ベントンは慎重にコンドームを外し、バスルームへと捨てに行った。

When he returned to his bedroom, John was laying exactly as he had left him. Peter lay down on the bed beside him and propped himself up on one elbow. With his free hand, he traced patterns on John's smooth chest.
バスルームから戻ってくるとカーターはさっき離れた時のままの恰好でそこに横たわっていた。ベントンはベッドに腰を下ろすと、カーターの傍らに肘をついて横になった。そして自由になるほうの手でカーターの滑らかな胸の形をなぞった。

"Tired?" Peter asked.
「疲れたか?」
ベントンは尋ねた。

"Why? Are you not done with me yet?"
「どうして? あなたのほうはまだ達ッてないでしょう?」

Peter grinned, "Well, I was thinking that it was time for you to show me what you learned tonight."
ベントンはニヤリと笑った。
「そうだな、俺が今夜教えた成果を今度はお前が見せてくれる番だと思ってたところさ」

A smile slowly appeared on John's face and he rolled over to his side to face Peter. "I think I'm recovered enough to do that."
顔にじわじわと微笑みを広げながらカーターはベントンに向かい合うように脇を下にして身を横たえた。
「それをするのに十分な体力は回復したと思いますが」

"Are you sure? I don't want any half-hearted attempts on your part."
「本当かよ? お前に嫌々やられる(half-hearted attempts=気乗りのしない試み)なんてまっぴらだからな」

"I can assure you that nothing I ever do in a bed is half-hearted, Peter. I always give it my best."
「今だかつて嫌々ベッドインしたことなんて皆無だって誓ってもいいですよ。ピーター。僕はいつだってベストを尽くします」

"I'll just bet that you do."
「なら、お前がそうするほうに賭けてみるとしよう」

Without warning, Peter found himself on his back, with John straddling his hips. John began to unbutton his shirt, placing a kiss on each inch of exposed skin until he had the shirt open and pushed to the sides.
前置きもなくベントンは仰向けにされると、カーターはその腰に馬乗りに跨った。ベントンのシャツのボタンを外しながらカーターは少しずつ肌が露出していく度にキスを落とし、全部開け終わるとシャツを思いきりはだけた。

He lowered his head and sucked tenderly on Peter's nipple, then nuzzled his face in the lush matting of hair that covered Peter's chest before paying attention to the other nipple.
首を下げるとカーターはベントンの乳首を優しくしゃぶり、鬱蒼と絨毯のようにベントンの胸を覆う体毛の中に顔を埋めて、もう一方の乳首にも同じ行為を施した。

With each breath he took, John could smell a scent that was uniquely Peter's. He had never paid much attention before to the way that other people smelled, especially other men, but he liked Peter's scent.
一息ごとにカーターはベントンの独特の体臭を嗅いでいた。カーターは以前は他人がどんな臭いがしようと大して関心が無かった。特に男の匂いには。だが、ベントンの体臭は好きだった。

"That feels good, John. Real good."
「いい気分だ、ジョン。実にいい」

"I'm not done yet, Peter."
「まだやるわけにはいきませんよ、ピーター」

John slid down to straddle Peter's legs and began to work at getting Peter's pants off of his body, wanting so much to see the penis that was so clearly outlined against those trousers. Within seconds, Peter's pants and underwear joined John's clothing on the floor.
ベントンの脚元へと滑り降り、脚に跨るとカーターは、ベントンのズボンを身体から引き抜き始めた。ズボンの上からでもくっきりと輪郭を露にしていた現物が見たくて見たくてたまらなくて。あっという間にベントンのズボンと下着は床に脱ぎ捨てられていたカーターの衣服の仲間入りをした。

Peter smiled as he watched John tentatively reach out to softly stroke his upright penis. Peter's entire body shuddered as John's lips kissed the spot where the penis and the balls met, then John carefully took his balls into his mouth and sucked them gently.
ためらいがちに手を伸ばし、隆々と天をつくベントンのペニスをそっと愛撫するカーターを見てベントンは微笑んだ。が、カーターの唇がペニスと双球の継ぎ目の辺りに触れるとベントンは全身をガクガクと震わせた。するとカーターはベントンの双球を慎重に口に含み、優しくしゃぶり始めた。

A new sensation thrilled him as a slight vibration emanated from John's mouth and went right through his balls. He could vaguely hear John humming and he realized this was what was causing that wonderful feeling.
カーターの口から微かな振動が発せられ、もろに双球に伝わるたびに新鮮な快感がベントンをゾクゾクさせた。カーターがハミングするくぐもった音を耳にしたベントンは、これがそのえも言われぬ快感をもたらした原因であることを悟った。

Peter said a brief thanks to whichever woman it had been who had done that to John - it felt really nice and he didn't want John to stop. The sexual tension of the past hour or so was beginning to take its toll on Peter and he knew that he was close to coming.
ベントンは手短に感謝の意を表した。過去、それをカーターに施した女性が誰であれ - 極上の快感に酔いしれたベントンはカーターにずっと続けてほしかった。が、かれこれ1時間近くの(or so=〜ばかり)性的な緊張状態に置かれていたベントンはヘトヘトになり(take its toll=長時間の作業が深刻な害をもたらす)、絶頂の時が迫っていることを悟った。

"John, put a condom on me."
「ジョン、俺にコンドームを付けてくれ」

John looked up at him, but didn't disengage his mouth from Peter's body.
カーターはベントンを見上げた。が、ベントンの身体をくわえる口を緩めようとはしなかった。

"Now, John. I'm not joking."
「おい、ジョン。ふざけている場合じゃないぞ」

With great reluctance, John sat upright, then reached for the box of condoms. He quickly got it onto Peter's penis, then took him into his mouth, using his mouth and tongue to the best of his abilities to please Peter.
しぶしぶながら身を起こすとカーターは、コンドームの箱へと手を伸ばした。すばやくベントンのペニスに装着し、口に含むとカーターは、ベントンを喜ばせようと全身全霊を傾けて口や舌を駆使した。

He had always heard that uncircumcised men were more sensitive, but he didn't know if it was true or not. Of course, right now wouldn't be a fair gauge of that anyway; he knew that Peter had been steadily hard for a long time.
常日頃カーターは割礼をしていないほうがより刺激に弱いと聞かされてきた。だが、それが真実かどうかカーターには知る由もなかった。もちろん、いずれにしても今回がそれを証明する絶好の機会というわけにはいかないだろう。ベントンがかなりの間、しっかり硬度を保っていたのをカーターは知っていたからだ。

He admired Peter for being able to keep erect this long and also for not giving in and using his hand to bring release to himself. He made good use of his pleasurable memories as he lavished attention on Peter's penis.
ベントンがこれほどまでに長い間勃起状態を保つことができることに、その上、欲望を解放しようと手を使ってしまいそうな誘惑に負け(give in=降参する)ずにいられたことに、カーターはほとほど感心した。カーターがベントンのペニスをいとおしげに(lavish=惜しまず与える)愛撫する間、カーターは(過去の女性との)楽しかった記憶を有効に活用した(make good use of=上手に利用する)。

He could feel Peter's hands stroking his shoulders and the back of his neck before they became entwined in his hair When Peter's hips began to thrust upward, he knew that Peter was nearing orgasm and John began to suck even harder.
ベントンの手が自分の肩や首の後ろを撫でるのをカーターは感じた。そしてベントンが腰を浮かすように持ち上げると、その手は自分の髪の毛に絡み付いた。カーターはベントンがオーガスムを迎えるのが近いことを悟り、前にも増して激しくしゃぶり始めた。

Suddenly, Peter's fingers clenched even tighter in John's hair as his hips thrust up one last time and Peter cried out his name. John could feel the hot liquid fill the condom and he held tight at the base of the condom to make sure that nothing leaked out.
突然、ベントンの指が前にも増してきつくカーターの髪の毛をつかむと、最後に一度腰を高く掲げるなり、ベントンはカーターの名前を叫んだ。コンドーム内に熱い液体がほとばしるのを感じたカーターは漏れ出ないようコンドームの付け根をしっかりと握った。

Following Peter's example, he kept sucking until Peter was limp, then he removed the condom and went to throw it away.
ベントンの先例に習ってカーターは、ベントンが萎えるまでしゃぶり続け、やがてコンドームを取り去ると、捨てに出て行った。

When John returned to Peter's bedroom, he found Peter in bed under the covers. Peter smiled at him and pulled the covers back so that he could get into bed with him. They immediately came together in the middle of the bed, arms and legs entwined as they kissed.
カーターがベントンの寝室に戻ってきたときには、ベントンの身体はベットカバーに包まれていた。ベントンはカーターに微笑み掛け、カーターに一緒にベッドに入るようにとカバーを引き剥がした。2人はたちまちベッドの真ん中で寄り添い合い、キスしながら互いの腕や脚を絡め合った。

"That was really nice, John. I hope that you enjoyed yourself."
「実に良かった、ジョン。お前も楽しめたのならいいんだが」

"Immensely. When can we do it again?" John grinned.
「それはもう。で、次はいつですか?」
カーターはニヤリと笑った。 

"Insatiable, aren't you?"
「懲りないヤツだな」

"Maybe. I can't help it if I know a good thing when I see it."
「かもしれませんね。一度いいものを見付けたと知ると我慢できない性質なので」

"Me, either. God, I wish I would have let you know a long time ago how I felt."
「俺もだ。クソッ、お前に教えたかったぜ。俺が今までどれだけお前のことを想っていたかを」

"Peter, it might not have turned out like this. Don't waste your time with what ifs. I think you should just concentrate on the here and now."
「ピーター、確かにこういう結果にならない可能性もあったかもしれません。でも、もしなんて話に時間を浪費しないでほしいんです。思うにあなたは今のこの瞬間に集中すべきなのでは?」

"I think I can do that." Peter's hand reached down between them and encircled John's penis. Much to Peter's delight, it began to harden. "I think I can definitely concentrate on the here and now. How about you?"
「そのくらいできると思うが」
ベントンは手を降ろし、2人の間に入れると、カーターのペニスを円を描くように愛撫した。ベントンにとって嬉しすぎるくらいに、それは堅さを増し始めた。
「俺のほうは今のところバッチリ集中できてると思うんだが、お前はどうかな?」

"When you do that, I find it very difficult to concentrate on anything."
「そんなことされたら、僕は何にも集中できなくなってしまいますよ」

"How about when I do this?" Peter scrunched down and began to suck on the first nipple he could find. The moans that were coming from John let him know that his lover was unable to talk, let alone concentrate.
「なら、これはどうだ?」
カーターに覆い被さるとベントンは、先に見付けた方の乳首をしゃぶりだした。カーターから発せられる喘ぎ声が、恋人がもはや何も話せない状態であり、ましてや精神を集中させることなど無理な話であることをベントンに悟らせた(let alone=<通常否定文で>〜は言うまでもなく)。

"John?"
「ジョン?」

"Hmm?"
「何です?」

"Tomorrow morning we get tested for every sexually transmitted disease under the sun."
「明日の朝はお天道様の下でセックスで感染するタイプのあらゆる病気のテストをしないとな(注:そうすればその後、コンドームを使わない行為ができるから)」

"Yes. Ooh, do that again. Yeah."
「そうですね。あぁッ。それ、もう一度やって。そう」

"Roll over."
「ゴロンと横になってみろよ」

John looked at him, his eyes showing a little fear. "Why?"
カーターはベントンの顔色をうかがった。目に僅かな不安の色を湛えて。
「ど、どうしてですか?」

"So I can use my hand on you without getting this part of the bed messy. What were you thinking?"
「手で可愛がってやるのにベッドのこの辺(注:多分ベット中央。端のほうが汚れる分には二人が寝るのに困らないため。ベットが大きいからこそ言えるセリフか)を汚さずに済むだろう。お前、何考えてたんだ?」

John's face began to redden, "I thought that maybe you wanted to um, be in me."
カーターの顔がみるみるうちに赤く染まった。
「僕は、そのぉ、多分、あなたが……ええっと、僕の中に入れたいのかと……」

Peter let go of John's penis and gently stroked his jaw line.
ベントンはカーターのペニスを離し(let go of=つかまえているものを離す)、カーターの顎の輪郭を優しく撫でた。

"Oh, I do want to be in you, John. But, it won't happen tonight. It probably won't happen tomorrow night either. My plan for tonight worked so well that I think I'll have to keep tutoring you. Tomorrow's lesson will be the pleasure that can be had from having someone play with your ass, to get you used to having something inside you before I even attempt to put my cock in you. When I enter you, I want you to enjoy it, not be afraid of it."
「ああ、俺は確かにお前の中に入れたいさ、ジョン。だが、今夜はそうしない。明日の晩でも恐らくないだろう。今夜は極めて順調に事が計画通りに運んだから、俺としてはこのままお前の個人指導を続けていかなきゃと思ってるのさ。明日のレッスンはお前が尻の穴を弄ばれることで得られる快感についてだ。俺のこいつをお前に突っ込む(evenはattempt to putの強調。〜すら、〜さえ)前に、中に物を入れられる感覚というものに慣れておく必要があるだろう。お前の中に入れるんなら、お前にも楽しんでもらいたいんだよ。怖がらせたくはないからな」

"I want that too."
「僕もそう願いますね」

  "Good. Now, roll over."
「よし、じゃあ、むこうを向いてみろ」

John rolled over and Peter molded his body behind him, reaching his hand around to grasp his penis again. Peter began to stroke John as he placed kisses on his neck and shoulders, sometimes using his tongue to trace tiny paths on John's skin.
カーターが寝返りを打つと、ベントンは後ろからカーターの身体にぴったりと身を寄せた(mold=ぴったりくっつく)。手を伸ばし、もう一度カーターのペニスを握るようにして。ベントンはカーターを愛撫し始めた。首や肩にキスを落としながら。時には舌を使ってカーターの肌の上に細い軌跡を描きながら。

After John came, Peter remained behind him, but he pulled John back over to the middle of the bed and after wrapping his arms around him, held him tightly as they both fell asleep.
カーターが達した後も、ベントンはカーターの背後にいたが、そのままカーターをベッドの中央に引き戻すと、包み込むように腕を回し、ギュッと抱き締めた。二人が共に眠りに落ちるまで……。 

End of Part 1
パート1終わり

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、続編をリクエストくださった カーター/ベントンファンのM様(世界でも数少ない同志としてお互い頑張りましょう)、前回同様、快く翻訳の許可を下さった作者様、英語表現を解説してくださったJeanne様に深く感謝いたします。


フロントページに戻る