作者のサイトのトップページである警告ページに書かれている注釈:

You have reached the web pages of Becca Abbott.
Everything on these pages should be considered NC-17. The stories are erotic fiction. They contain graphic depictions of sex, m/m, m/f, f/f, violence, bondage, rape, and other human sexual behavior that upsets some people.
By clicking on the 'I Agree' button below, you certify that you are over the age of majority in your place of residence and that you are not offended by male/male erotica.

ここはペッカ・アボットのホームページです。
このサイトに書かれたすべての内容は「17歳以下は禁止(No One 17 And Under Admittedの略。かつての「X指定」と同等)」に相当します。官能小説であり、セックス、男同士の恋愛、男女間の恋愛、女性同士の恋愛、暴力、ボンデージ、非合意のセックスや、その他、ある種の人を怒らせるような人間の性的行為についての生々しい描写が含まれています。
この下にある「同意します」のボタンをクリックすることによって、あなたが住んでいる地域が定める「成人(age of majority=成年)年齢」を超えていること、および、男同士の性愛を扱った作品で気分を害することはないことを承諾したことになります。


同意した場合に飛ぶページ、"The Erotic Fiction of Becca Abbott"「ベッカ・アボットの官能ページ」)に書かれている注釈:

If you skipped the warning page, please be advised that everything on these pages should be considered NC-17. The stories all contain graphic depictions of sex, m/m, m/f, f/f, violence, bondage, rape, and other human sexual behavior that upsets some people. If you are under the age of majority in your place of residence, please go somewhere else.
Please do not link to this page, or any pages other than the warning page. The urls for all other pages may change randomly.
Gene Roddenberry's Andromeda is the property of Tribune Entertainment. No copyright infringement intended.

もし警告ページを飛ばしてしまった場合は、ここのサイトに書かれたすべては「17歳以下は禁止(No One 17 And Under Admittedの略。かつての「X指定」と同等)」であることを忠告させてください。小説にはすべてセックス、男同士の恋愛、男女間の恋愛、女性同士の恋愛、暴力、ボンデージ、非合意のセックスや、その他にもある種の人を怒らせるような人間の性的行為についての生々しい描写が含まれています。もしお住まいの地域で定める成人年齢を下回る場合はどうか余所へ行ってください。
このページや警告ページ以外のどのページにもリンクしないようお願いします。他のページのURLは不規則に変更する可能性があります。
ジーン・ロッテンベリーのアンドロメダはトリビューン・エンターテイメントに帰属します。著作権侵害の意図はありません。


作品ページのトップの注

Thanks to Marion and Vicky for beta chores; thanks to Unovis for editing.
Any remaining mistakes are my own.

校正作業をしてくれたマリオンとベッキーに感謝します。編集をしてくれたウノヴィスもありがとう。
まだ間違いがあるとしたら、すべて私の責任です。


OMEGA
「オメガ」

(ギリシャ文字で「最後」を表す文字。「アルファ(Alpha Male)=ニーチアン一族の長。最も優れた遺伝子の担い手」の反対。ここでは「究極の服従者、忠実な下僕」の意味)」

By Becca Abbott
ベッカ・アボット著



Part I: Omega
パート1「オメガ」


"Tyr is becoming a problem."
「近頃のティアは問題だな」

Dylan Hunt stared moodily through the forward view screen at the great red ball that revolved slowly in its center. Rommie, the holographic representation of his ship, stood at his side, an expression of sympathy on her face.
ディラン・ハントは前方のスクリーン中央でゆっくりと回転している巨大な赤い球体を不機嫌な表情で見つめていた。ハントを乗せた戦艦システムの擬人化ホログラム画像であるロミーはその脇に立ち、同情の表情を浮かべていた。

"His insubordination has already begun to affect crew performance," he continued.
「ヤツの反抗的態度は最早、クルーの行動にまで影響を及ぼしつつある……」
ディランは続けた。

"Will you get rid of him?"
「ティアを排除するおつもりですか?」

Dylan lifted an eyebrow, wondering if that was actually hope he heard in her voice.
ディランは眉をクイッと上げ、ロミーが言ったことを自分が本当に望んでいるのかどうか思案した。

"I'd rather not. For one thing, he's good at what he does. For another..." Dylan hesitated, thinking of another Nietzschean, one who had been as dear to him as any brother. "You know I like to maintain diversity among the crew."
「排除はしたくない。ひとつにはヤツが人一倍有能なクルーだからだが……」
ディランは躊躇していた。実の兄弟よりも親密な間柄だったもう一人のニーチアン人のことを思い浮かべて……。
「君だって知っているはずだ。クルーにはいろんな人種がいてしかるべきだと私が思っていることくらい」

"Even when it turns out to be disastrous?"
「たとえそれが壊滅的損害をもたらす結果になっても?」

The Commonwealth officer's face darkened. "I made a mistake with Radhe," he said finally. "Ultimately, I wanted to see him as homo sapiens. It was blindness on my part."
連合士官の表情が曇った。
「ラーデ(注:ディランを裏切ったニーチアン人の副官。おかげで連合崩壊後の300年間、ディランはブラックホールの縁で取り残されるはめになった)に関しては確かに私のミスだった……」
ディランはようやく認めた。
「詰まるところ私はヤツのことを同じ人間と思いたかったのだ。私が浅はかだったというわけさ……」

"And how are you not making the same mistake with Tyr?"
「ではどうして艦長はティアに同じ過ちを犯さないと言い切れるのですか?」

Dylan smiled, but there was little humor in it. "I'm going to remind him that he's not Alpha in a way he can't mistake."
ディランは苦笑した。が、決して笑える気分ではなかった。
「ヤツがボスではないということを思い知らせてやろう。間違いようのない方法でな」

There was silence while Rommie rifled through her databases. "What way?" she asked finally. "It seems to me you've already demonstrated repeatedly that you're the Alpha."
ロミーがデータベースをサーチする間、しばしの沈黙が訪れた。
「どんなやり方でしょうか?」
調べ終わるとロミーは尋ねた。
「あなたがここのボスであることについては、事あるごとに示してきたように思えるのですが」

"No," he said, mouth twisting. "There are--rituals the Nietzscheans have always kept close. I only know about them because of Radhe. They should have been performed with him, but...I couldn't bring myself to do it. It just isn't my, well, style."
「いや……」
唇を捻ってディランは言った。
「ニーチアン人には……門外不出の儀式があるんだ(keep close<=play/keep it close to chest=トランプを胸に隠して行う=>秘密裏に行う)。ラーデのおかげで私も知識だけはあった。ヤツに施してやるべきだったのだが、とても実行に移す気にはなれなかったよ。それは……つまり……単に私の趣味ではなかったからだが」

"I don't understand."
「仰る意味が分かりかねますが」

"No loss," Dylan muttered slumping further in his seat. Around them, lights blinked, screens flickered as data scrolled endlessly past.
「君の落ち度じゃない……」
シートに深々と身を沈めながらディランはつぶやいた。周囲ではランプが点滅し、データが延々と流れるスクリーンがちらついていた。

"My database should be complete," she objected.
「私のデータベースは完璧なはずですが……」
アンドロメダは反論した。

He didn't respond. After a while, he asked: "Where is Tyr?"
ディランは答えなかった。しばらくするとディランは突然こう尋ねた。
「ティアはどこにいる?」

"In the gym, sir, working out--as usual."
「トレーニングルームにおります、艦長。ワークアウト中です……いつものように」

"How long?"
「いつからだ?」

"Sir?"
「艦長?」

"How long has he been at it?"
「いつからヤツはこもってるんだ?」

"About an hour, sir."
「1時間くらいかと」

The captain's long mouth quirked into another mirthless smile. "Good. I'm going to join him. As soon as I do, shut down access to the gym: no one gets in, no one gets visual or audio."
艦長はその酷薄そうな唇を曲げ、作り笑い(mirthless smile=幸福そうに見えない笑み)を浮かべた。
「よし。私も参加するとしよう。私が入室したら、直ちにトレーニングルームを封鎖してくれ。誰も中に入れるな。映像も音も漏らさぬように」

"Yes, sir." Rommie fell silent a moment, then: "Would this have anything to do with those sexually explicit entertainment disks you were watching last night?"
「了解です、艦長」
一瞬黙り込んだ後、ロミーはこう切り出した。
「今回のことは艦長が昨晩ご覧になっていたあの性表現があからさまな享楽的ディスクと何か関係があるのでしょうか?」

Rommie was an AI; there was no reason for his face to heat. Nevertheless, Dylan felt the flush of embarrassment burn from his neck through his cheeks.
ロミーは人工知能である。赤面する必要は無い。にもかかわらずディランは、首筋から頬にかけてスッと赤みがさすのを感じた。

"Just do it, Rommie."
「お前はただ命令に従っていればいいんだ、ロミー」

"Yes, sir." This time, there was no mistaking the smugness in that soft, light voice. "May I watch?"
「了解です、艦長」
今度の優しく明るい返事には紛れもない。してやったりといわんばかりな響きがあった。
「拝見していてもよろしいでしょうか?」

"ROMMIE!"
「ロミー!」

****

Tyr Anasazi delivered another savage blow to the punching bag, noting with satisfaction that the tough material cracked under it. Soon, he told himself. Soon it would be Hunt at the end of his fist and himself at the helm of this magnificent ship.
ティア・アナサジはサンドバッグに猛烈なパンチを食らわせた。頑丈な物体が一撃の下に裂けるのを、満足げに見詰めながら。もうじきだ。ティアは自分に言い聞かせた。もうじきだ。この拳の果てにいるのはディランであり、この素晴らしい戦艦の指揮を取っている(at the helm=舵を取っている)のはこの俺なのだ。

It wasn't that he had anything against the lightship commander. In fact, he rather liked the human. But Tyr was an Alpha and he was damned tired of taking orders from a Beta like Dylan Hunt.
(混迷する今の時代において貴重な灯火のような)この灯台船の指揮官に何か含むところがあるわけではなかった。実を言えばむしろ、その人間のことを好ましく思うほどだった。だがティアは最高の男であり、ディラン・ハントのような二の次の男の命令に従うことには、もういい加減(damned=強意語)ウンザリしていた。

Not that Hunt was completely useless. The man did have a talent for understanding the otherwise incomprehensible mental workings of inferior species. Perhaps he would keep Hunt alive, suitably restrained, of course, for use when situations arose that required the kind of fuzzy thinking all too prevalent in the galaxy.
ハントが全くの役立たずか? というとそうではない。あの男には、自分たちより劣った種族の、異質で理解不能な精神活動を理解する才がある。恐らくティアはハントを生かしておくだろう。上手に手綱を引き締めながら。もちろん、宇宙ではごく日常茶飯事の、ある種ファジーな思考力が要求されるような事態に備えて。

Another blow. The bag split. He stopped then, breathing hard, and wiped the sweat from his brow.
もう一発お見舞いすると、サンドバッグはバラバラになった。ティアは打つのを止め、激しく息をすると、眉の上から汗を拭った。

With a ship like the Andromeda Ascendent, he should have no trouble convincing the best and brightest of the prides to join him. For a moment, the image of Freya rose in his mind. His throat closed as he remembered what might have been.
アンドロメダ・アセンダント(Ascendent=>Ascendant)のような戦艦をもってすれば、自分と行動を共にするよう、選りすぐりの諸種族(pride=集団、群れ)を説得するのはいとも簡単なことだ。一瞬、フロイヤ(注:ニーチアンのオルカ一族の娘。ティアの子を身ごもるが、ハントのせいで彼女を裏切る羽目に)の姿が脳裏に浮かんだ。あの時こうしていれば……と思うと喉が締め付けられた。

Across the gym, the doors hissed open. He looked around. It was Hunt. The captain was wearing his exercise clothes, a duffel slung over his shoulder. He grinned genially at Tyr and went straight to the weights.
トレーニングルームの端にあるドアが開く音がした。ティアが振り向く。入ってきたのはハントだった。艦長はトレーニングウエアに身を包み、肩にダッフル地の服を引っ掛けていた。ティアを見て優しげな笑みを返すと、まっすぐバーベル器具のほうへ向かった。

The Nietzschean's lip curled. Just that morning, he'd arrogantly refused an order. He'd been expecting to be disciplined, but so far, Hunt seemed unwilling, or unable, to do so. Hardly Alpha behavior.
ニーチアンの男は口をへの字に曲げた。その日の朝、傲慢にもティアはハントの命令を拒否したばかりだった。当然、たしなめられるものと覚悟していたのだが、今のところ、ハントにはその気がなさそうだった。あるいはできなかったのかもしれない。およそリーダーとしてあるまじき振る舞いではあるのだが。

Hunt was lifting a mere two hundred pounds. In spite of his fatigue, Tyr went over and, after selecting the three-hundred-pound weight, lay down on the bench. For a several minutes, the two men lifted, the gym silent except for the occasional grunt or fart.
ハントはたかだか200ポンド(注:約90キロ)のウエイトを上げ下げしていた。疲れていたにもかかわらず、ティアもやって来て、300ポンドのウエイトを選び、ベンチに横たわった。しばらくの間、2人の男はリフティングを続けた。トレーニングルームは静まり返っていた。時折、うめき声やおならの音が聞えるくらいだった。

Hunt, of course, gave up first, gasping and red-faced, settling the weights onto their brace and sitting up. Tyr continued, aware that the captain was watching. His own muscles had begun to quiver with fatigue, but he kept on, knowing that displays of strength intimidated the weak.
ハントはもちろん、先に音を上げた。ハアハアと喘ぎ、顔は真っ赤だった。ウエイトを固定具の上に載せ、上半身を起こした。艦長の視線を感じながら、ティアは黙々と続けていた。ティア自身の筋肉は疲れて痙攣し始めていたが止めなかった。力を誇示することで己の弱さに打ち勝つことができると思っていたからだ。

The captain got to his feet and began to turn away. Tyr smiled smugly and gave the weights another hoist.
艦長は立ち上がり(get to one's feet=立ち上がる)、その場を離れかけた。ティアは尊大な笑みを浮かべ、ウエイトをもう一度上へ押し上げた(give 〜 a hoist=〜をを下から押し上げる)。

From the corner of his eye, he saw Hunt turn back and, before Tyr realized what was happening, the captain had a grip on his weights, jerking at them. Suddenly, there were three hundred pounds on his chest, pinning him to the bench, driving the breath from his lungs.
視界の端にティアは、ハントが引き返す姿を捕らえたが、何が起こったのか理解できた頃にはもう後の祭りだった。艦長はウエイトをつかむと、グイッと引っ張り上げた。突然、ティアの胸の上に300ポンドの重さがのし掛かり、ベンチに縫い止められ、肺からは空気が押し出された。

Tyr struggled to throw them off, but Hunt added his weight to theirs. The Nietzschean couldn't breathe. His mouth opened and closed. Lights went off behind his eyes and, moments later, he lost consciousness.
ティアはウエイトを払い除けようともがいた。が、ハントはさらに自分のウエイトまで上乗せした。ニーチアンの男は息ができず、口をパクパクさせた。視界から灯りが消え、じきにティアは意識を失った。

****

Dylan snapped the last metal cuff into place and stepped back. He smiled grimly. Exercise equipment did very well as restraint devices. His insubordinate crewman, naked now, wrists chained together, dangled from one of the gymnastic rings that hung from overhead. Dylan had found a resistance bar which, when fastened between Tyr's ankles, kept his legs wide apart very satisfactorily. The young man's magnificent body gleamed in the cold white lights. In spite of himself, Dylan felt a certain warmth building in his gut at the sight of the Nietzschean hanging there, vulnerable, helpless to defend himself against what was coming. His eyes were drawn repeatedly to Tyr's cock. Even limp, it was impressive. No wonder he'd been able to win over the Nietzschean woman so quickly.
最後の一つとなった金属製の手錠をパチンとはめるとディランは一歩退いた。そしてゾッとするような笑みを浮かべた。運動器具は拘束具としてはまさにうってつけだ。ディランの手を焼かせた乗組員は、今や一糸纏わぬ姿で、頭上に掛かっている体操用の吊り輪に、両の手首を一つに縛られ、吊り下げられていた。ディランは突っ張り棒になるものを見つけた。これをティアの足首の間に挟めば、ちょうど良い具合に両脚を広げたままにしておける。冷え冷えとした青白い照明の下、若い男の見事な肉体は鈍く輝いていた。思わず(in spite of oneself=involuntarily, unconsciously)ディランは、胸の中に何か熱いものがこみ上げるのを感じていた。吊し上げられ、無防備で、これから起こることに対して自らを守る術のないニーチアンの男を目の前にして……。ディランの視線は何度もティアの性器に引きつけられた。勃起前のだらりとした状態でさえ、大したものだった。どうりで、あのニーチアン女性をたちまちのうちに虜にさせた(win over=魅了する)わけだ。

Tyr groaned, shaking his head, the mass of braids dancing. He looked up, blinked confusedly at Dylan. Then, abruptly, he realized where he was.
ティアはうめいた。頭を揺さぶり、編み毛の束を振り乱しながら。顔を上げ、ディランと目が合うと、混乱し切った表情で目をしばたたかせた。やがて、唐突にティアは自らが置かれた状況を理解した。

Dylan, remembering the ritual, simply watched as Tyr cursed and tore at his bonds. He stood with arms folded over his chest, waiting while the man further exhausted himself with violent, futile struggles. Finally, that broad chest rising and falling swiftly, Tyr went still, balancing awkwardly on his toes, glaring ferociously.
ディランは、例の儀式のことを思い浮かべながら、ただ眺めていた。ティアが罵っては、鎖を引き千切ろうとする様を……。ディランは胸元で腕を組み、激しくも虚しい悪あがきによって、ティアが限界まで消耗するのをじっと待っていた。遂に、その幅広い胸を素早く上下させると、ティアは動けなくなり、つま先でよろよろと身体を支えると、ものすごい形相で睨み付けてきた。

"Are you finished, Omega?"
「もう観念したようだな? オメガ」

The dark gaze sharpened, brows drawing swiftly together.
黒い瞳が鋭さを増し、たちまち眉がしかめられた。

"What the hell are you doing?" Tyr demanded hoarsely.
「貴様、一体、何の真似だ?」
掠れた声でティアは食って掛かった。

Dylan stepped forward and hit Tyr, an open-handed blow across the face that split the Nietzschean's lip.
ディランは1歩踏み出すとティアを叩いた。平手(open-handed=手を広げた)で顔を張られたニーチアン人の唇が裂けた。

"You will be silent!"
「黙れ!」

"Hunt..."
「ハント……」

Another blow, knocking him off balance. Swearing through puffy, bleeding lips, Tyr struggled to regain his footing, such as it was. He opened his mouth to fire off an enraged demand, only to be smashed back again.
さらに一発を食らい、ティアはよろめいた。腫れ上がり血が滲んだ唇で悪態を付きながら、何とか体勢を立て直そう(regain one's footing =立ち直る)ともがいたが、結果は芳しくなかった(such as it is =大したものではないが)。ティアは黙っていられず、怒り狂った詰問を繰り返したが(fire off=言葉などを連発する)、再度殴り返されるのが落ちだった。

This time, he wisely remained silent, licking blood from his lips, staring at Dylan with wide, wild eyes.
こうなるとさすがのティアも沈黙を守ったほうが得策だった。唇の血を舐めながら、その野獣のような瞳を大きく見開き、ディランをギッと睨んだ。

"I have been remiss in a few things," Dylan said, voice conversational. "I've been treating you like a free man. Today, we correct that little error."
「多少の点において私は職務怠慢だったようだ……」
ディランは語り出した。世間話でもするような口調で。
「お前のことを今まで自由人と同等に扱ってきた。本日、その些細なミスを修正しようと思う」

"What are you talking about?"
「何の話だ?」

"I'm talking about the Omega Oath."
「私は『オメガの誓約』について話しているんだが」

Color drained from the dark face. "W-what?"
その浅黒い顔からサッと血の気が失せた。
「な、何だと?」

This time, Dylan punched him the stomach. When Tyr had regained his breath, there was real apprehension in the gaze he lifted to the Commonwealth captain.
今度はティアの土手っ腹に1発お見舞いした。どうにか息が付けるようになると、連合艦長を睨み上げるティアの瞳には、この先起こることに対する紛れもない不安の色が映っていた。

"Don't insult me by pretending you don't know what I mean. Submit!"
「あくまでしらを切る気か? 人を侮辱するのもいい加減にしろ。大人しく言うことを聞くんだな!」

"You have no right! By Darwin's Heart, I'll kill you!"
「お前にそんな権利は無いッ! ダーウィン(注:ニーチアン人にとっての仏陀、キリスト、モハメッドのような存在。というのも、ニーチアン人は、ニーチェや社会ダーウィン主義、ドーキンスの利己的遺伝子などを狂信し、地球を追放されたポール・ムセベニ博士の遺伝子操作によって作られたから。http://en.wikipedia.org/wiki/Nietzscheanを参照)の御心によって、貴様を殺してやる!」

Dylan sighed and turned his back on the raging man. His fist hurt, but it was clear that Tyr hadn't yet got the message. He unhooked the cable from one of the weight machines. Wrapping one end around his fist, he walked around the Nietzschean, snapping the loose end like a whip against the floor.
溜息を付くとディランは怒り狂う男に背を向けた。拳が痛んだ。だが、ティアがまだ真意を理解していないのは明らかだった。ディランはウェイトマシンからケーブルを外した。端を拳に巻きつけ、ニーチアン人の周りを歩き、自由になるもう一方の先端を振り下ろした。床に鞭を叩きつけるように。

Tyr went very still, eyes round as plates. "Hunt--Captain..."
ティアは身じろぎ一つしなくなった。目を皿のように丸くして。
「ハント……艦長……」

The Nietzschean's back was as impressive as his front. Muscles rippled as he worked in vain at his shackles. His ass, round and tight, looked like the perfect place to start. Dylan reached back and let his makeshift lash fly.
先ほどの前面からの眺めに劣らぬくらい、ニーチアン人の後ろ姿には目を見張るものがあった。手足を縛られた男が虚しい抵抗をする度に筋肉がブルブルと躍動する。美しい球形でかつ引き締まっている男の臀部は、先鞭を付けるのに申し分が無いように思われた。ディランは振りかぶる(reach back=手を後ろに回す)と、にわか仕立の鞭(makeshift=間に合わせの)を振り回した。

The crack of the plastic cable against shrinking flesh sounded abnormally loud. He heard a gasp from Tyr, whose body jerked at its touch. A wide red welt raised on the dusky flesh. Dylan waited a moment to let the reality of it sink in, then he struck again. There was a strangled sound from the Nietzschean--almost a cry, but not quite. Sweat sprang out on his broad shoulders. Long fingers wrapped, white-knuckled, around the ring to which he was bound.
すくみ上がった肉体にプラスチックのケーブルが振り下ろされると異様なくらい派手な音がした。ティアのあえぎ声がディランの耳に届く。その躯は鞭が触れた途端、跳ね上がった。浅黒い肌の上に、赤く太いみみず腫れが浮かび上がった。ディランの動きが一瞬止まった。これが現実の出来事なのだと自分に言い聞かせる(sink in=事態を飲み込む)ために。そして再び振り下ろした。ニーチアン人から押し殺したような声が上がった。ほとんど悲鳴に近いものだったが、まだ多少なりとも踏み止まっていた。その幅広の肩の上に、玉のような汗が噴き出した。長い指は、縛り付けられた輪を、関節が白くなるほどきつく握り締めていた。

Dylan lowered his whip and approached the trembling man. He let his hands move familiarly over Tyr's ass, the saltiness of his palm irritating the welts he'd left. Tyr groaned and tried to move away. Dylan squeezed the buttock in his hand and felt a shudder run through his insubordinate crewman.
ディランは鞭を下ろし、慄いている男に近づいた。ティアの尻の上をディランの両手が馴れ馴れしげに撫で回す。手のひらの塩気がディランの残した傷跡に染みる。ティアはうめき声を上げ、遠ざかろうとした。ティアの尻をつかみ、ギュッと握り締めると、その反抗的な乗組員の躯中を戦慄が駆け抜けた。

"Once upon a time," Dylan said, still speaking softly, "on Earth, mutinous sailors were tied to the mast of the ship and flogged. Often, Omega, they died."
「その昔……」
ディランは語り出した。今のところはまだ穏やかな語り口だったが……。
「地球では、反抗的な船員は、船のマストに縛られ、鞭打たれたものだ。そして多くの場合、命を落したのさ、オメガ」

Dylan couldn't see Tyr's expression, only the clean of line of jaw, tight with anger and shock.
ディランにはティアの表情はうかがい知れなかったが、顎が描く清らかな輪郭が、怒りと衝撃で強張っていることだけは分かった。

Never expected this, did you? thought Dylan with a certain amount of satisfaction. Wait until you see what your brother Nietzschean left me three hundred years ago.
こんなことになるなんて夢にも思わなかっただろうな? ディランは感慨に耽った。いくばくかの満足を覚えながら。お前の兄貴分であるあのニーチアン人が300年前、私にどんな仕打ちをしたか思い知るがいい(wait until=今に見てろ)

"What do you know of the Oath?" Tyr grated, finally.
「お前に『誓約』の何が分かるっていうんだ?」
ついにティアは声を荒げて抗議した(grate=hiss)。

"I know that on the most feared Nietzschean ships, the bridge crew were always Omega to their captain. They served him unquestioningly, bound to obey his most trivial whim until they were released, and while they served, they were forbidden to raise a hand against him for any reason whatsoever. A good idea, actually. In war, there's precious little time for dominance disputes. There should be only one enemy."
「分かるとも。世にも恐ろしいニーチアンの戦艦では、乗務員達は常に己の艦長に対してオメガであったそうじゃないか。連中は何ら疑うことなく艦長に仕え、どんなにくだらない思い付きであっても、艦長には否応なしに服従したそうだ。任を解かれるまではな。そして奉仕する間は、艦長に対して挙手することすら禁じられていた。いかなる理由があろうともだ。なるほど。実際、いいアイデアだよ。戦場では主導権争いに費やす時間などこれっぽっちもないからな。敵は一人いれば十分だろ」

"Did your First Officer tell you about it?"
「お前の副官から聞いたのか?」

"Oh, he did more than that." Dylan walked over to the bench and opened his duffel bag. Inside was another bag, this one smaller and with an intricate pattern burned into the leather. "He gave me this."
「ああ。そしてそれ以上のこともな」
ベンチの方へ近寄るとディランはダッフルバッグを開けた。中にはさらに別の最初のよりは小振りのバッグが入っていて、表皮には複雑な模様が刻印されていた。
「ヤツはこれをくれたよ」

The Nietzschean's dark eyes got wide and he recoiled.
漆黒の瞳を大きく見開くと、ニーチアン人は後退った。

"He was a traitor!" The captive's voice shook. "The Oath is among the most secret, most sacred..."
「あの野郎は売国奴だ!」
囚われの男の声は震えていた。
「『誓約』は秘中の秘、最も神聖なものだというのに……」

Ignoring him, Dylan turned his back and dumped the bag's contents onto the bench. He remembered Radhe leaning against him in the bar, voice slurred with fatigue and alcohol, explaining the function of each item. And he remembered his own reaction--shock, disbelief, and, finally, prurient curiosity.
ティアの訴えを無視するように背を向けると、ディランはベンチの上にバックの中身をぶちまけた。ディランは思い出した。酒場でラーデが自分にもたれかかりながら、疲労とアルコールでよれよれになった声で(slur=ろれつの回らない舌で言う)、道具別の機能を説明した時のことを。ディランはさらに思い出した。その時覚えた自らの反応のことを……衝撃を受け、にわかには信じられなかったが、終いには下世話な(prurient=病的に好色な)興味を覚えてしまったことを……。

They had never spoken about it after that night, he and Radhe. Dylan knew now that he should have acted on that tacit request, however distasteful. Instead, he'd given in to his Earth-bred prejudices, a bit of cultural blindness that had brought him here, three hundred years into his own future.
その晩以来、ディランとラーデがその話題に触れることはなかった。が、今やディランは思い知った。あの時、潜在的な要求に従って行動すべきだったと。それがどんなに不愉快なことであったとしてもだ。そうせずに、地球育ちゆえの先入観に屈し、異文化に対する僅かな無知が、今ここに、その後の300年の世界に、我が身をもたらすはめになったのだから……。

With a sigh, he bent and picked up the blindfold. It was a leather strap, embossed with an intricate design, splotched with dark stains of old sweat and blood. How old was the thing, Dylan wondered. How many men had worn it?
溜息をつくとディランは屈んで目隠しを取り出した。それは皮製の帯で、複雑な文様の浮き彫りが施され、かなり昔に付いた血と汗による黒い染みが付いていた。どのくらい前のものだろう? ディランは思案した。何人の男がそれを着用したのだろうか? と。

He found himself unexpectedly attracted by a mental image--the spare surrounds of a Nietzschean captain's bedroom, the bound figure of a young officer, eyes covered, blind, never knowing whether it was torment he faced, or delight.
自分が思いのほか魅了されていることにディランは気づいた。脳裏に浮かんだ……ニーチアン人艦長の寝室脇の控えの間。若い将校の縛られた姿。その目は塞がれ、何も見えず、己れが直面しているのが苦しみなのか歓びなのか、決して知ることがない……そんな情景に。

Dylan turned.
ディランは振り向いた。

"Captain," whispered Tyr, eyes fixing on the blindfold at once.
「艦長……」
そう囁いたティアの両目はその目隠しにたちまち釘付けになった。

Perhaps he had finally realized his predicament. There was real apprehension in that dark face.
ティアは恐らく、自分が窮地に立たされていることをようやく理解したのだろう。その浅黒い顔はマジにビビッていた。

Dylan walked right up to him, stood chest against chest. Tyr gave way, swaying backwards, nearly losing his balance. In the end, he was forced to stand, to accept Dylan's body against his.
ディランは一直線にティアへと近づき(walk right up to someone=まっすぐに近づいてくる)、胸を突き合わせんばかりに立ちはだかった。ひるんだティアは後ろにのけぞり、バランスを崩しそうになった。が、結局、ティアは無理やり立たされ、ディランを体ごと受け止める恰好となった。

The human could feel Tyr's heart pounding, feel the rigid cock pressing against his belly, and the heat of it through the fleece of his exercise pants.
人間の男はティアの心臓が脈打つのを感じていた。下腹に固く張り詰めた男根が当たるのを、そして、エクスサイズ用パンツの布越しに伝わってくるその熱さを感じていた。

"Don't move, Omega."
「じっとしてるんだ、オメガ」

Tyr licked bruised lips and, after the barest hesitation, bowed his head. Dylan tied the blindfold in place. A tremor ran through the powerful body when Dylan's hands came to rest on his shoulders.
血の滲む唇を舐めるとティアは、ほんの僅か躊躇しただけですぐに頭を垂れた。ディランは所定の位置に(in place=正しく通常の場所で)目隠しを結び付けた。ディランの両手が双肩に降りてきた瞬間、ゾクリとする感覚が頑強なはずのティアの肉体を駆け抜けた。

Taking a deep breath, Dylan tangled his fingers in the warrior's braids and kissed him.
深々と息を吸うとディランは、戦士の編み毛に指をからませ、唇を重ねた。

There was nothing gentle in this caress--simply a crushing of his mouth against Tyr's, forcing it open, taking possession. Even so, the human felt that uneasy stirring again, the gathering pressure in his groin. It seemed suddenly too hot in the gym.
ディランの口づけには優しさのかけらも無かった……がむしゃらに唇を押し付け、強引にこじ開けると、我が物にした(take possession of=手中に収める)。が、たとえ無理やりであっても、人間の男は再び、妙な胸騒ぎを覚え、股間には力が漲り始めた。トレーニングルームの空気が不意に暑苦しく感じられた。

Tyr gave in to the assault at last, surrendering to Dylan's tongue. He no longer tried to shrink away. Indeed, his hips pressed harder against Dylan's. He made a sound deep in his throat.
肉体への急襲にティアは終に敗れ、ディランの舌に屈した。が、もはや逃げようとはしなかった。それどころかむしろ自分からディランに迫り、下腹部を強く押し付けた。思わず喉の奥が鳴った(注:喉音、guttural=性的興奮の声)。

Immediately, Dylan drew back. Tyr licked his lips and swallowed hard. Again, Dylan kissed him, but this time, when those lips parted, the human bit down hard, feeling skin break, tasting copper.
間髪を入れず、ディランは後ろに退いた。ティアは唇を舐め、ゴクリと飲み込んだ。再びディランはキスをし掛けてきた。だが今度は、唇が離れる瞬間、人間の男は思い切り噛み付いた。皮膚が破ける感触と共に銅の味がした。

Tyr cried out, although the attack was surely anticipated. The ritual called for a visible mark, traditionally, the imprint of the lord's teeth. Dylan waited for the shaken Nietzschean to recover his composure. The magnificent body gleamed with sweat. A milky drop had formed on the tip of his cock.
この種の攻撃が当然予想されていたとはいえ、ティアは叫び声を上げた。儀式には、誰の目にもそれと分かる刻印が必要とされる(call for=必要とする)ものだが、伝統的には、支配者による歯形が用いられた。ショックで我を失っているニーチアン人が落ち着きを取り戻すまでディランは待機した。見事な肉体が汗でキラキラと輝き、その雄蕊の先端には乳白色の雫が湛えられていた。

Dylan needed no conscious effort to reach out, to let his hand moved over the heaving chest, down the flat belly to grasp that straining rod. All of this was available to him under Tyr's own laws--as soon as the young man agreed.
迷う余地などディランにはなかった(need no conscious effort=not even need to think about)。手を伸ばし、隆起する胸を這わせ、引き締まった下腹部へと下ろし、張り詰めた肉棒を握り締めるのに(moved->move)。これら全てはディランの思いのままだった。(「誓約」に忠実なニーチアン人である)ティア自身の法によって……その若い男が同意すればすぐにでも。

"Submit," he said once again.
「服従するんだッ」
ディランはもう一度命じた。

"No," whispered Tyr. "I am an Alpha. I will not submit."
「断るッ」
ティアは囁いた。
「俺は最高の男だ。絶対に従うものか」

Ritual words, too. Dylan felt a stirring of satisfaction. Tyr had accepted his right to demand the Oath. In reward, he pulled other man close again, ran his hand over the striped buttocks. He felt Tyr react to the pain, muscles contracting, but the Nietzschean made no sound. He submitted once more to Dylan's kiss, but this time, the captain was gentle, coaxing a shy response.
こういった言葉の応酬もまた儀式の一部だった。ディランの中にふと満足感がこみ上げてきた。ティアは既に受け入れていたのだ。誓約を求める権利を。その見返りとしてディランは、相手の男をもう一度引き寄せると、剥き出しの双丘に手を這わせた。筋肉の震えからティアが苦痛に耐えているのが分かったが、ニーチアン人の男は音を上げなかった。ティアは今一度ディランのキスに屈した。だが今度の艦長は優しかった。まるでティアから恥らいの反応を引き出そうとするかのように。

He drew away at last. Tyr was breathing hard. The man's head fell back, throat vulnerable. It was partial victory. Dylan helped himself to the soft dark skin, pulling Tyr close, tasting his sweat and the spicy, musky scent that lay subtle on the tongue. Tyr moaned and rubbed his hips against Dylan's. Suddenly, the human's loose trousers seemed too tight.
ディランはようやくティアから離れた。ティアは激しく息を接いだ。喉頸を無防備に晒し、その男は頭を仰け反らせた。勝利の一旦は握った。その柔らかで浅黒い肌を、ディランは思うまま貪った(help oneself=好きなだけ自由に奪う)。ティアを引き寄せ、その汗と舌に微かに残る刺激的なムスク臭を味わいながら。ティアは喘ぎ声を漏らし、自分の下腹部をディランの同じ場所に擦り付けた。人間の男が履いていたゆったりしたパンツは、にわかに窮屈なものとなった。

It was with great reluctance--and effort--that Dylan stepped back. They both knew the next step. It was one Dylan had dreaded last night in his room. Now, he was irresistibly drawn to it.
かなり気の進まないことであった……決して楽ではないし……ディランはひるんだ。2人は共に次がどんな段階なのかを熟知していた。昨日の夜、自室に籠もりながらディランはそれを忌み嫌っていた。だが今では、それに惹かれていく自分を抑えきれなかった。

"Captain, please. We don't have to go through with this. I'm sorry. My behavior earlier was--ill considered."
「艦長、頼む。何もわざわざこんな面倒なことをする必要もないだろう。俺が悪かったよ。今朝の俺の態度は……確かに思慮に欠けていた」

Dylan picked up the cable again and this time, he left his marks across Tyr's chest and belly. He struck lightly--he was, after all, not Nietzschean--but even so, the cable left broken skin and tore a cry from his Omega.
ディランは再びケーブルをつかみ上げると、今度はティアの胸から腹へまたがるような鞭痕を残した。それは軽い一撃だった……結局のところディランはニーチアン人ではないのだから……が、そうは言っても、ケーブルは皮膚を割き、オメガから叫び声を絞り出した(tear=pull unwillingly)。

"You had your chance and refused it. Now I will bind you by oath and submission."
「せっかくのチャンスをお前は自分からフイにしたな。なら、これからは私が誓約によってお前の自由を奪い、服従させてやる」

"Captain..."
「艦長……」

"You will be silent."
「喋る元気も、じきに失せるだろうな」

The blindfolded man lowered his head then and was still. Dylan went back to the bench and took out the small steel rings. He picked up the leather ball, too. It was a gag. Like the blindfold, it bore the stains of previous use. For a moment, he stood, looking down at the things. Then, deciding against the gag for the moment, he turned and went back to Tyr.
目隠しをされた男は頭をガクリと垂れ、やがて大人しくなった。ディランはベンチへ戻り、小さな鉄製のリングを取り出した。さらに皮製のボールも手に取った。猿ぐつわ(注:西洋のSMプレイではポピュラーなボールの付いた猿ぐつわ。映画『パルプ・フィクションで』ブルース・ウィルスが装着していたやつというのも陳腐過ぎる説明かと思ったが、先日見た『CSI・NY』でも全く同じ説明をしていた……)だった。目隠し同様、以前使用された時の染みが付いていた(bear=痕跡などを帯びる)。責め具を見下ろしたまま、ディランは一瞬、立ち尽くした。結局、猿ぐつわは当面使わないことに決め(decide against=〜をやめることにする)、きびすを返すと、再びティアへと近づいた。

****

"What are you talking about, Rommie?" Beka stood in front of the door to the gymnasium, hands on her hips, scowling at the holograph. "They've been in there for over an hour! What's going on?"
「どういうつもりなの、ロミー?」
トレーニングルームのドアの前にベガは立っていた。腰に両手を当て、ホログラムを睨みつけながら。
「あいつらったら、あそこにこもったまま、もう一時間以上よ! 一体、どうなってるの?」

"I'm not at liberty to say," replied the ship. "Only that they aren't to be disturbed."
「それについて口外することはできません(be at liberty to=自由に〜してよい)……」
戦艦は答えた。
「ただ、二人の邪魔をしないようにと」

"Whose orders?"
「誰の命令で?」

"Captain Hunt's."
「ハント艦長です」

Well, of course. His were the only orders the first officer could not countermand.
まあ、聞くまでもないことだ。第一士官(副官)が逆らえないのはディランの命令だけだったからだ。

"How long will they be in there?"
「あとどのくらい居座るつもりなのかしら?」

"I don't know," Rommie replied, just the tiniest hint of irritation in her voice.
「分かりかねますが……」
ロミーは答えた。ほんの僅かではあるが声に苛立ちの色を滲ませて。

So, thought Beka. Rommie doesn't like it either. Beka remembered all too well Tyr's arrogant response to Hunt's orders that morning. What if Dylan had been foolish enough to get into it with the Nietzschean? The bastards were goddamned supermen!
ふーん、そういうことなのね……ベガは察した。ロミーだってこの状況が好ましいとは決して思ってはいないのだ。今朝のハントの命令に対するティアの増長ぶりときたら、忘れろというほうが無理な話だろう。もしそのことでディランが愚かにも、ニーチアン人と厄介なことになっているとしたら、一体……(what if=〜したらどうなるであろう、get into=とんだことに足を踏み入れる)? あのろくでなし共ときたら、底なしの命知らず野郎なんだからッ!

Relax, she told herself, nodding curtly to the AI. Hunt was smart--had survived against incredible odds and continued to do so, but, in the end, he was still the son of a much more civilized age. Very uneasy, she turned on her heel and headed off in search of the others.
落ち着くのよ。ベガは自分に言い聞かせた。人工知能に向かっておざなりにうなずきながら。ハントは賢い男よ……驚くほど勝算がない状況でもなんとか切り抜け、今までやってきたじゃない。でも結局のところ、あいつは所詮、今よりうんと文明的な時代の申し子だわ(=ニーチアンのように非情になりきれない)。どうにも胸騒ぎがする。ベガはきびすを返し、他の連中たちを探しに向かった。

****

Tyr heard the captain approach. He tried desperately not to let his fear show, but even his aching gut couldn't distract from the misery of not seeing what Dylan was about to do. Tradition gave the captain wide latitude in the means by which he extracted absolute loyalty. Some Omegas died, messily, screaming. They were not mourned. Weakness was unwelcome on the bridge of a Prime Nietzschean fighter.
艦長が近づく足音が聞こえる。ティアは必死に己の怯えを隠そうとしたが、差し込むような胃の痛みも、ディランがやろうとしていることが読めない苦悩を紛らすことはできなかった。昔からの伝統によって艦長にはかなりの裁量が与えられていた。乗組員の絶対的忠誠心を集めるために必要とあらば。おかげでオメガたちの中には命を落とす者もいた。周囲をはばからず、泣き叫びながら。が、彼らの死が悼まれることは無かった。ニーチアンの一等戦士が守る艦橋(操縦室)では、「弱さ」は歓迎されざるものだったからだ。

The welts on his body burned mercilessly. Those left by Hunt's latest attack were twice as painful. One of the blows had caught a nipple. He nearly jumped out of his skin when something warm and wet closed over it. Both pain and erotic heat went out in shockwaves from the spot as Hunt licked away the blood. Then the mouth was gone, leaving the tender flesh to stiffen in the sudden cool. He ached for Hunt to touch it again. Somehow, he kept silent.
鞭打ちの傷が容赦なく痛みを訴えていたが、新たにハントが加えた攻撃はその痛みをさらに倍加させた。強烈な一撃がティアの乳首に命中した。濡れて暖かい何かが乳首に近づいた時には、ティアはほとんど飛び上がりそうになった(jump out of one's skin=喜び・驚きで飛び上がる)。ハントが血を舐め取った箇所からは、苦痛と性的な興奮が同時に、衝撃波のごとく押し寄せてきた。やげて唇は離れ、柔らかくなったその部分は突然襲ってきた冷気にキュッと窄まった。もう一度ハントに触れてほしい、猛烈な衝動にティアは駆られた。が、なぜか沈黙を守り続けた。

Dylan returned to the wounded nipple and began sucking and licking it. When his teeth sank gently into the sore flesh, Tyr whimpered. That was nothing to what came next however. Pain sharper than any bite tore through him. Pierced, he thought dimly, even as his body reacted to the assault. The sound of his scream echoed through the gym. He was shaking when the ring was inserted and managed this time, by extraordinary will, to keep silent.
傷付いた乳首へと舞い戻ったディランは、口に含むと尖らせては舐め回した。腫れ上がった皮膚に優しく歯を立てられ、ティアは思わずすすり泣いた。が、その後に待ちかまえていた出来事は全く予想もつかないことだった(be nothing to=〜とは無関係だ、〜とは比較にならない)。何に噛まれてもこれよりはましな激痛がティアを貫いた。ピアシングされたのだ……朦朧とする頭はかろうじて状況を判断したが、躯のほうはその攻撃にしっかり応えていた。トレーニングルーム中に叫び声が響き渡った。リングが挿入される段になると、ティアは体を振るわせ、類希なる意志の力でこの瞬間をやり過ごし、沈黙を守り通した。

Like all Nietzschean boys, he'd learned about the Omega Oath and its rituals at the age of twelve, sitting at the feet of the spacers for whom the Oath was everything. To be Omega was to be absolutely obedient, unquestioningly loyal, a weapon in the hand of one man. Even Betas did not give up so much of themselves. It was at once frightening and seductive. To release one's will, to relinquish all the heavy responsibilities the men of his race bore, was tempting in a secret and shameful way.
ニーチアン人の少年なら誰もがそうであるように、ティアも12歳になる頃には「オメガの誓約」やその儀式について一通り学んでいた。誓約こそが全てであると奉じる指導者(spacerはSFでは宇宙への移民を意味するが、ここではムセベニ博士を奉じ地球を脱出した建国の精神を奉じ、若者をdisciplineする年長者という意味か?)の足下にひざまづきながら。オメガになるということは、絶対的な服従と無条件の忠誠を誓い、ただ一人の男だけが操れる武器に徹することを意味する。アルファを支えるナンバー2の男たちですら、これほどまでに全身全霊を捧げたりはしない。オメガになるのは恐ろしいことであると同時に魅惑的なことでもあった。己の意志を放棄すること、己の部族が担ってきた重責を何もかも放棄してしまうことは、密やかな誘惑であると同時に、恥ずべき選択でもあった。

Dylan brought Tyr abruptly back to the present by sucking his other nipple, and the pressure built inexorably in his groin.
ディランはもう片方の乳首を吸い上げ、ティアをいきなり現実に引き戻した。おかげでティアの股間は否応なく力を蓄え始めた。

There was honor to be chosen as Omega, for only the best young Alphas were chosen to be oath-bound. And to those who survived their service and were released by their captain was the promise of high rank within the pride. But Hunt--Hunt wasn't Nietzschean. Surrendering to him would bring no such reward.
オメガに抜擢されることは名誉なことであった。アルファ格の最も優れた若者たちだけが誓約の義務を果たす者として選ばれるからだ。そして、己の務めを耐え抜き、己の艦長によって任を解かれた者たちには、部族の中での高い地位が約束されていた。だがハントは……ハントはニーチアン人ではない。やつに服従したところで何の得がある?

Tyr's thoughts broke apart as the other nipple was pierced. When he could think again, he was sagging in his bonds, all the weight of his body on his abused wrists, shaking with reaction.
そんなティアの思考力は粉々に砕け散った。もう片方の乳首も穿孔されたからだ。ようやく頭が働くようになった頃には、手枷に吊り下げられ、痛んだ手首に全体重が掛かっていたために、全身がガクガクと痙攣していた。

Those lips were on his again. Without sight to tell Tyr otherwise, they were not unlike Freya's or, indeed, any of the countless whores or barmaids he'd bedded in his life. But unlike those women, these lips did not seduce, did not entice--the captain demanded his response.
ハントの唇が再び自分の唇に落とされた。別物であることをティアに告げるその姿が目に入らなければ、その唇はフロイヤや、ましてやティアがその生涯で褥を共にした無数の娼婦や酒場の女給たちのどの唇に比べても、さしたる遜色はなかった(not unlike=similar)。だが女たちとは違い、この唇は自分をくどいたり、その気にさせようというわけではなかった……艦長はただ、ティアの反応を無理やり引き出そうとしているだけなのだ。

He gave it, heart pounding. The captain pulled his head up even as Tyr struggled to regain his footing. His swollen lips parted to admit the invading tongue. Electricity tore through him, adding to the misery of his chest and that of his gut, threatening to overwhelm the other hurts.
が、まんまとティアは反応してしまい、心臓が跳ね上がった。ティアは必死に姿勢を立て直そうともがいたが、艦長は構わずその顔を仰かせた。腫れ上がった唇は緩み、まんまと敵の舌が侵入するのを許してしまった。たちまち電撃のようなショックがティアの全身を貫いた。それはティアの胸中を苦しめ、さらに気力まで失わせ、今となっては体中のどの傷をも凌駕する勢いであった(threaten to do=〜しそうである)。

When Hunt released him this time, Tyr was dizzy from more than the pain. That he could tolerate. He was Nietzschean; pain was nothing. But this...oh, Darwin...
ハントから解放されると今度は、肉体的苦痛とは比べようもない激しい眩暈がティアを襲った。肉体的苦痛ならティアはいくらでも耐えられた。ティアはニーチアンの男である。痛みなど何でもない。だが、これは……ああ、主、ダーウィンよ……。

Hunt's tongue went where it would as he asserted his dominance even here. Each place he touched or stroked left tingling behind. This time, when Tyr was released, it was to hear the dreaded question:
ハントの舌は容赦なく突き進んだ。こんな状況ですら艦長が支配者であることを知らしめるかのように。ハントに触れられ、愛撫される度に、うずくような痛みが残った。ハントからようやく解放された時、ぞっとするような問いが囁かれた。

"Who are you?"
「お前は誰だ?」

"Tyr Anasazi," Tyr croaked, the defiance asserting itself even as his better sense urged stalling. "Of the Kodiak Pride."
「ティア・アナサジだ……」
しわがれ声でそう答えた。反抗的な態度を滲ませながら。ティアの良識は時間を稼ぐべきだと必死に訴えていたにも関わらず。
「コディアック族の」

"Wrong answer," came Hunt's voice, soft, no trace of rage in it.
「正しい答えとは言えないな……」
返されたハントの声は優しく、そこには怒りなど微塵も感じられなかった。

If he had been Nietzschean, Hunt would have rewarded that response swiftly, brutally. Tyr waited, stomach churning, telling himself that Hunt was an Earther, soft, inclined toward kindness...
ヤツがニーチアンだったなら、あんな答え方では、すかさず、残忍な報酬をお見舞いしたはずだ。胃がひっくり返りそうになりながらも、ティアは成り行きをうかがうことにした。ハントは地球人だ、軟弱で、情に流されやすいヤツだと、自分に言い聞かせながら……。

Hunt's hair brushed his shoulder, soft as silk. Then that relentless mouth found his nipple again, the torn one. The captain toyed with it. Tyr gasped at the seemingly random brushes of the human's tongue against the sore, rigid nub. He clamped his mouth shut on the moan that rose in his throat.
ハントの髪の毛がティアの肩を掠めた。そっと絹のように。そして再び、ハントの情け容赦のない唇がティアの、そのすり切れた乳首を捉えた。艦長は弄ぶかのように舐った。ティアは喘ぎ声を上げた。腫れ上がり硬く尖り切った先端を、人間の舌が、これ見よがしに不規則なリズムで掠める度に。ティアは唇を固く閉じ(clamp one's mouth shut=口をギュッと閉める)、喉の奥からこみ上げるうめき声を飲み込んだ。

Briefly, Hunt's attentions wandered, encompassing the other ring, the hollow of Tyr's throat, the soft flesh under his arms. Each touch elicited greater pleasure, distracting him from the pain, combining with it to produce a seductive intoxication.
つかの間、ハントの関心は余所へ逸れ、もう片方のリングやティアの喉の窪み、両腕の付け根の柔らかな肌へと浮気した。触れられる度により深い快感が引き出される。痛みが紛れたかと思うと、再び思い知らされ、抗い難い中毒状態が醸し出された。

This time, no power in the universe could have kept Tyr silent and the groan that forced itself past his clenched teeth seemed unnaturally loud in the gym. He almost cried out when those demonic lips suddenly withdrew and he was left shivering and alone in his bonds.
こうなってしまえばもう宇宙のいかなる力もティアを黙らせることはできなかった。噛み締めた歯の隙間から搾り出される喘ぎ声が、やけに騒々しくトレーニングルーム内に響き渡った。突然、その悪魔のような唇が遠退いてしまうと、ティアはもう少しで泣き叫びそうになった。拘束されたままティアは身を震わせ、一人放置された。

"Who are you?"
「お前の名は?」

Tell him. Say the words. Give it up. Be his.
言うんだ。その言葉を。降参しろ。艦長のものになってしまえ。

"Tyr Anasazi. Of--of the Kodiak Pride." There was despair in his voice. Even he heard it. Tyr shook then, fingers wrapping tightly around the ring to which he was bound.
「ティア・アナサジだ。コ、コディアック族の」
その声には絶望感が滲み出ていた。ティアの耳にさえ、そう聞えた。身を震わせるとティアは、縛り付けられている鉄の輪に、指をきつく絡ませた。

"I'm sorry to hear that."
「それを聞いてとても残念だよ」

That response was pure human. A part of his spinning mind latched onto that with feverish hope, thinking, No, he won't keep on. He hasn't the stomach...
いかにも人間ならではの反応だな。グルグル回る頭でティアは儚い希望に飛び付き(latch onto=しがみつく)、こう考えた。
「いいや、ヤツにやり通せるはずがない。ヤツにはそんな根性はないはずだ」と……。

"Open your mouth."
「口を開け」

Tyr's heart almost stopped. Then it slammed into his throat. He shook his head, but nothing came out.
危うくティアの心臓は止まりそうになった。いまにも喉から飛び出そうだった(slam into=〜へぶつかる)。ティアは頭を振った。だが何も出なかった。

"Fine."
「良かろう」

A Nietzschean captain would have cursed him, assaulted his ears as well as his body, but not Hunt. Tyr heard him step away, and with gut-liquefying dread, heard the unmistakable hiss of the cable whipping through the air.
ニーチアン人の艦長ならここは罵倒するところだ。肉体同様、耳からも攻撃したに違いない。だがハントはそうしなかった。ハントが一歩退く音がした。そして、肝が溶けてしまう程の恐怖と共に、ケーブルが空を切る時の、間違えようのない、あの「ヒュン」という音を耳にした。

This time, the whip found its way between his spread legs, leaving fire everywhere it struck. He was able to keep silent through the first few blows, then he lost count and control and screamed.
今度の鞭は割り拡げられたティアの脚の間に振り下ろされた。打たれた箇所はどこも焼けるように痛んだ。初めのうちは打たれても沈黙を守り通せたが、やがていくつ打たれたか分からなくなり(lose count=数えきれなくなる)、理性を失い、叫び声を漏らした。

***

Seamus Harper scratched the side of his nose and gave the circuit board a poisonous look. It was the interface for the optical system used to control the forward thrusters--a simple piece of equipment. Unless, of course, that piece of equipment was the Andromeda Ascendent, Commonwealth lightship and, in all probability, the most powerful weapon in the galaxy.
シーマス・ハーパーは鼻の脇を掻くと、回路基盤に向かってウンザリした表情を投げた。それは前方推進装置を制御するために使われる光学システム用インターフェイス……要は単なる一部品だ。もっとも、その一部品が、連合の灯台船であり、恐らくは、銀河系で最も強力な兵器と思われるアンドロメダ・アセンダント(Ascendent=>Ascendant)の物となると、むろん話は別なのだが……。

"Fuck," he muttered, edging a small monofilament from its bed. "Fried."
「クソォ……」
小型のモノフィラメント(注:1本のフィラメントからなるフィラメント糸=長繊維、糸の最初から最後まで1本の細い糸が途切れずに通っている)をソケットから引き抜くと(edge=じりじり動かす)ハーパーはぼやいた。
「おしゃかになってるじゃん」

"So are we. Where's Trance and Bem?"
「あたしたちもヤバイかもね。トランスとベムはどこ?」

"Our lovely Trance is in Hydroponics--surprise, surprise--and I think the Rev's off praying somewhere. SHIT!"
「我らが麗しきトランスは水耕栽培室におわします……そして何と驚くべきことに(surprise, surprise=驚くに値しないことをふざけて言う場合に使われる)……レヴはどこかで祈祷しながら休憩中なのではないかと。ええい、クソッ!」

The filament snapped off in his hands. He stared at in dismay. Now he was going to have to find his microstat to pick the damn thing out of its canal.
フィラメントは手の中でパキッと折れた。ハーパーは呆然としたまま(in dismay=失望して)それを見詰めていた。いまやハーパーはクソいまましい部品を導管から取り外すためのマイクロスタット(=微少調整器)を調達しなければならなくなった。

"Harper, listen--I think we're in trouble."
「ね、ハーパー……あたしたち今、エラいピンチなんじゃない?」

"I know we're in trouble," he replied and dove under the console behind him in search of his tools. "I don't think we have another filament."
「言われなくても分かってますよぅ。確かに切羽詰まってる……」
そう答えるとハーパーは道具を探そうと背面にある操作パネルの下に潜り込んだ。
「予備のフィラメントを切らしているんじゃないかな」

To the youth's surprise and annoyance, his former captain planted her booted foot right in front of him, nearly trampling his hand as he reached for the metal box. Harper yelped and jerked it back.
するとビックリ仰天かつ傍迷惑なことに、若者の真っ正面に、ブーツを履いた前任の船長(注:ディランと出会う前、ハーパーはベガが船長をしていたサルベージ船に乗っていた)の足が、いきなり立ちはだかったのだ(plant=足などを踏ん張る)。おかげで金属箱を取ろうとしたハーパーの手はもう少しで踏みつけられるところだった。ハーパーは金切り声を上げ、慌てて手を引っ込めた。

"Dylan and Tyr have been shut up in the gym for hours, dammit! Rommie refuses let me in."
「ディランとティアったら、何時間もトレーニングルームに閉じこもったきりなの。全く何て事よ! ロミーはロミーで中に入れてくれないし」

"So?"
「それが何?」

"So? Remember this morning?"
「それが何ですって? あんたまさか今朝のこと忘れた訳じゃないでしょうね?」

Harper's mouth twisted. He did, indeed. Damn Nietzschean bastard! Dylan should have spaced the fucker on the spot. Then her words sank in.
ハーパーは口をへの字に曲げた。もちろん、忘れるはずがない。あのクソったれニーチアン野郎め! ディランはあの場で(on the spot=即座に)ケリをつけておくべき(space=ある種の懲罰をあたえる、disciplineすることらしい)だった。で、ようやくベガが言わんとしていることが飲み込めた。

"Oh, no! You don't think the son of bitch challenged Hunt, do you?"
「ああ、もうッ! あの馬鹿(son of bitch=>son of a bitch)がハントに喧嘩売ってたでしょ?」

"Can you think of another explanation?"
「いまさら別の説明は思いつかないよね?」

A Nietzschean challenge for dominance? It was frighteningly possible. Appalled, he stared at Beka, then: "Rommie!"
あれはボスの座を争うニーチアン流の挑戦状だったのだろうか? 恐ろしいことだが、ありえない話ではなかった。ゾッとするとハーパーはベガに向かって目を大きく見開き、そして叫んだ。
「ロミーッ!」と。

"Forget it," Beka said sourly as the holograph flickered into substance.
「い、今の無しッ、別に用無いから」
そうベガが渋い顔で言うと、ホログラムが点滅しながら姿を現した。

While Beka gave Harper her best I-told-you-so smile, Rommie told Harper that she did not know what was occurring in the gym, would not let them in nor give them access visual or audio.
飛びきりの笑顔でベガがハーパーに「だから言ったでしょう」(I told you so=だから警告したじゃない)」と合図している一方で、ロミーはトレーニングルームで何が起こっているか把握していないし、ハーパーたちを中へは入れない、また、視覚、聴覚のいずれによるアクセスも許可しないとハーパーに伝えた。

"Do something!" Beka hissed to Harper. "You're the genius!"
「どうにかしなさいよッ!」
ベガはパーパーに食って掛かった。
「あんた天才なんでしょ!」

Harper rolled his eyes, but even so, was conscious of a small niggle. Tyr in charge of the Andromeda Ascendant? It was a horrible thought.
ハーパーは目を泳がせた。が、いかに天才といえども、自分が些細なことにくよくよする性質だという自覚はあった(niggling=詰まらぬことに悩む)。ティアがアンドロメダ・アセンダントに捕まってるだって? 考えるだけでゾッとする話しだ。

Seamus Harper was quickly becoming very comfortable on the Andromeda. It was more than just the luxurious accommodations and the heady knowledge that he was an integral part of this masterpiece's crew. What put the hook in Harper--and, he suspected, his shipmates--was being treated like someone of value. That would all end abruptly under the grim Nietzschean's control. It would be back to the scrounging, hand-to-mouth existence that he had once considered the good life.
アンドロメダに乗船して以来、シーマス・ハーパーの暮らしぶりは急速に快適なものになりつつあった。それは単に、豪華な宿泊設備や、自分がこの偉大なる戦艦の乗組員のかけがえのない要員であるという陶然する自負以上のものがある。とりわけハーパーの心を捉えたのは(hook=興味)……思うに他の船員たちもそうだろうが……価値ある人間として扱われるということだった。が、あの残忍なニーチアン人に支配されたら、すべてがあっという間に水泡に帰してしまう。漁りたかりの、その日暮らしな生活に逆戻りだ。それでも当時のハーパーはマシな暮らしだと信じてきたあの日々に……(注:ハーパーはベガとサルベージ船で海賊生活を送るようになる前、地球でニーチアン人から生命を脅かされる日々に怯えていた)。

"I'll get right on it," he said,
「こりゃあ、うかうかしちゃいらんないよぉ(get right on=直ちに〜を進める)……」
ハーパーはつぶやいた。

******

Dylan flinched at the anguished cry reverberating off the distant rafters. Even so, he forced himself to strike once more. Then he stepped back, breathless, heart pounding, a fire surging through his veins the likes of which he'd never before experienced. It was as if some primal man was forcing his way up through the millennia of civilization, a cruel, hungry, lustful creature. That creature wanted the man in chains before him, wanted his body and his soul, wanted the pleasure and the service of that strong back and long, heavy erection.
天井の柱木にまでこだまするティアの苦悩に満ちたの叫び声はディランを一瞬尻込みさせた。それでもディランは何とか力を振り絞り、もう一撃加えた。そして一歩退くと、息は切れ、心臓は暴れ、いまだかつて経験したことのないような(the like of=〜のような)熱い衝動が血管中を駆け巡った。それはまるで原始時代の男が無理やり、文明を何千年も遡って来たかのようだった。残忍で、貪欲で、好色なケダモノが……。そのケダモノは眼前で鎖に繋がれている男を欲していた。肉体と魂を求め、その力強い腰(strong back=粘り強い腰)と隆々とした昂ぶりによる快楽と奉仕を望んでいた。

Stepping back, Dylan wiped sweat from his eyes with the back of his shaking hand. Tyr hung bonelessly in the shackles. His breath came in sobs, his chest heaving.
後退しながらディランは震える手の甲で目元の汗をぬぐった。ティアは拘束具につながれダラリとぶる下がっていた。こみ上げる涙でうまく呼吸できず、ティアの胸は激しく上下していた……。

Dylan regarded Tyr through half-closed eyes. He thought again of Radhe, wondering dimly if he could have treated his beloved friend so.
目を眇めてディランはティアを眺めた。そして再び、ラーデのことを考えていた。あの最愛の友に対しても同じ仕打ちができただろうか? と。

Setting down the cable, he picked up that other of Radhe's ancient, terrible things. Seizing Tyr's chin, he forced the bowed head up, fingers tightening on the younger man's clenched jaw.
ケーブルを持つ手を下ろすと、ディランはラーデが残した、ゾッとする別の遺物を取り上げた。ティアの顎をつかみ上げ、うな垂れた顔を無理やり仰向かせると、若い男の食いしばった顎を指で思い切り締め上げた。

"Open," he snarled.
「開けるんだ……」
吠えるようにディランは命じた。

There was a shudder and Tyr obeyed. Dylan shoved the leather ball between those strong white teeth. He heard another sob, this one muffled.
ティアは身震いし、不本意にも屈してしまった。ディランは革で出来たボールをその頑丈な真っ白い歯の間に突っ込んだ。ティアはまたむせび泣いたが、今度の声はくぐもっていた。

Dylan waited for several long moments while Tyr struggled with the gag. The bottom of his blindfold was wet. His nipples, skin stretched taut over the heavy steel rings, were swollen to twice their normal size. And that cock...
ティアがボール付き猿ぐつわと格闘している間中、ディランはじっと待っていた。ティアの目隠しは裾のほうは湿っていた。乳首は……重い鉄製のリングのおかげで皮が思い切り引き延ばされ、通常の倍の大きさに腫れ上がっていた。一方、男性器のほうは……。

Unable to resist, Dylan ran his hands over it, clenched his fingers around the thick shaft, and heard a moan of a different tenor from his captive. Smiling faintly, he released Tyr, ignoring the second moan of protest.
耐え切れずディランは思わず手を伸ばした。極太な竿に指を絡め、ギュッと握り締めると囚われの男は、いつもとは違う妙に高音(注:bass, baritone, tenor, altoの順に高くなる。女性の最低音と同じくらいの高さ)なあえぎ声を漏らした。微かに微笑むとディランはティアを解放した。後に続く不服そうなあえぎ声をあえて無視して。

Wrenching his eyes from that increasingly seductive image, Dylan returned to the bench for more of Radhe's artifacts. He took the tangle of leather straps and steel and brushed it over Tyr's parted lips.
魅力を増す一方な情景から目を背けたディランはラーデの遺品をさらに活用しようとベンチへ戻った。ディランは革紐と鋼鉄が絡み合った何かをつかむとティアの割られた唇の上にそっと滑らせた。

"Submit."
「降参するんだ」

A small, frightened motion of negation.
微かで怯えた動作ではあるが返答はノーだった。

Dylan took the other man's erection and slid his fingers beneath to the heavy sac, caressing it, feeling the testicles shift and move. Tyr's narrow hips twitched and there was another strangled sound from behind the gag. Dylan remembered the bar, Radhe's eyes gleaming as he lifted the intricate weaving of leather strips, explaining its use in detail that had set Dylan to squirming in his seat.
ディランは相手の男のそそり立つ一物に手を伸ばすと、たわわに実った陰嚢へと指先を滑り下ろし、それを弄び、睾丸が形を変え、うごめく感触を確かめていた。ティアの引き締まった尻はピクピクと小刻みに震え、ボールギャグの後ろからは押し潰されたような音が再び発せられた。ディランは酒場でのことを思い出していた。ラーデは瞳をギラギラと輝かせながら、革紐を複雑に編み上げた一物を取り上げ、その使用法をこと細かに説明したので、座りながらディランは尻の当たりがムズムズして仕方がなかった。

Now he seized the Nietzschean's balls, wrapping his fingers around the scrotum, squeezing the sensitive flesh. Refusing to let his hands shake, Dylan wrapped the leather around those dangling organs, stretching the scrotum as far as it would go. Another loop of leather separated Tyr's balls, and the entire construct pulled them up and bound them fast against the base of the man's straining cock.
ついにディランはニーチアン人の双球をつかんだ。指で陰嚢を包み込み、感じやすい肉塊をギュッと握り締めた。手の震えを抑えながらディランはぶら下がっている器官の回りに革紐を巻き付け、陰嚢を限界まで引き延ばした。革紐のもう一方の輪はティアの双珠を割り拡げ、装置全体は緊縛された鼠蹊部を引っ張り上げ、男の張り詰めた陰茎の基部にしっかりと(fast=firmly)拘束する役割を果たした。

Anguished, Tyr shook his head.
あまりの苦しみにティアは頭を振り乱した。

"The object of this device," Radhe had told Dylan, "is to bring your Omega's entire external genitalia within easy reach. There, it may be caressed or abused, whichever pleases the captain."
「この装置の狙いは……」
ラーデはかつてディランにこう語った。
「君のオメガの外性器全体を剥き出しにして、容易に手が届くようにしてくれる。そうすれば、ほら、弄ぶにせよいたぶるにせよ艦長はお楽しみ、という寸法さ」

Even bound in this particularly humiliating way, Tyr pushed his hips forward, almost as if he desired it. Sweat dripped off him like rain. Dylan leaned forward and ran his tongue along an angry welt and Tyr's whole body jerked.
こんな、とりわけ屈辱的な方法でディランに拘束されたというのに、ティアは腰を前に突き出した。まるで自分からそれを望んでいるかのように。汗が雨のように滴り落ちる。ディランは屈み込み、その赤く腫れ上がった鞭跡に舌を這わせると、ティアは全身で跳ね上がった。

Dylan took up the cable again and snapped it. Tyr flinched wildly. Stepping right up to the prisoner, Dylan thrust the cable against his parted lips.
再びケーブルをつかむとディランは振り下ろした。ティアの動揺振りは半端ではなかった。囚われの男の間近に迫るとディランはその閉じることができない唇にケーブルを押し当てた。

"As long as it takes, Tyr," he promised hoarsely. "And know this, Omega. I'm rather enjoying myself."
「どんなに時間がかかろうと、ティア……」
息を切らしながらディランは決意のほどを告げた。
「そして覚悟するがいい、オメガ。驚いたことに私は、こんな状況をむしろ楽しんでいるのだよ」

Perhaps it was that new note in his voice, one even Dylan had never heard before. Perhaps it was simply that the promise of more pain was too much, but this time, when he growled "Submit," the braided head lifted slightly and there was an almost imperceptible nod.
その声にはディラン本人でさえ今まで聞いたこともないような新奇な響きがあったのかもしれない。また、単に今よりもっと激しい苦痛がもたらされる見込みが大だったのかもしれない。とはいえ、意外なことに今回、ディランが「服従しろ」と息巻くと、編み毛頭は微かに動き、ほとんど分からないくらい小さくうなずいた。

Digging his fingers into Tyr's mouth, Dylan pulled out the gag.
ティアの口に指を突っ込むとディランは猿ぐつわを引き剥がした。

"Do you submit?" he asked again.
「服従するか?」
ディランは再び問い質した。

"Yes, lord," came the barely audible croak. Tyr's tongue moved over his cracked lips.
「はい、ご主人様……」
ほとんど聞き取れないくらいの嗄れ声が絞り出された。ティアの舌が割れた唇の上を這う。

"Who are you?"
「貴様は誰だ?」

"Yours, my lord. Yours."
「あなたの所有物です。ご主人様。あなたの仰せのままに」

****

No sooner had the words left Tyr's lips than a wash of relief left him weak and trembling like a child. He felt Dylan's hands on his bleeding wrists, then the shackles were disconnected from the ring and his knees gave way. He fell into strong arms and was held there. Even the pain of his wounds against the rough fabric of Dylan's shirt was nothing to the sudden giddiness of surrender and the desire pulsing through his veins.
その言葉がティアの唇から漏れるやいなや、押し寄せた安堵感がティアを気弱にし、幼子のように震えさせた。血の滲む手首にディランの手が触れたかと思うと、つり下げていた鉄輪から手枷が解かれ、ティアの膝はガクリと崩れた。力強い腕の中に倒れ込んだティアはそのまま抱きかかえられた。ディランのごわごわしたシャツの繊維に擦れる傷の痛みなど、降伏によってもたらされた突然の陶酔や、全身の血管を駆けめぐる強烈な欲望に比べたら何でも無かった(be nothing to=〜とは比較にならない)。

Knowing the ritual, hurting everywhere, Tyr fell onto his elbows, chained hands open and flat against the floor. The bar between his ankles kept his legs apart. He lowered his forehead to his wrists, arching his back, pushing his buttocks into the air as far as he could. Lordosis--admission of subordination.
儀式を熟知していたティアは、身体中傷だらけになりながらも、肘と膝をついて四つん這いになった。鎖に繋がれた両手を開き、ペッタリと床に付けて。足首の間に挟まった棒のおかげで足は開いたままだった。頭を垂れ、額を手首の上に乗せ、背中を丸めると、尻を思い切り高く突き出した。いわゆるせむしのポーズである……服従の意を示すための。

I am yours, Captain.
「私はあなたの所有物です、艦長」

There was several moments of silence, then he felt Hunt kneel between the spread legs and braced himself for this part of the ritual. Behind the blindfold, tears scalded his eyes.
一瞬の沈黙が訪れた。やがてティアは割られた両脚の間にハントが跪いた気配を感じた。そして儀式のうちでも佳境な段階を迎えるべく身構えた(brace oneself for=困難・不快なことに備える)。目隠しの裏から焼けるように熱い涙が溢れた(scald=熱湯や蒸気で火傷させる)。

Hands on Tyr's burning ass, Hunt pulled the cheeks apart. The tip of the captain's cock, slick with some greasy substance, pushed against the clenched asshole. A part of Tyr's mind recognized this unlooked-for mercy and was grateful. Then he had only time to draw a quick breath.
燃えるように熱いティアの尻に両手を置くとハントはその双丘を割り拡げた。艦長の肉杭の先端が、ある種の油性物質を塗布して滑りやすくなったものが、ティアの堅く窄まった後孔に押し当てられた。心の隅でティアは、この思いがけない慈悲深さを認め、感謝した。もはやティアに残された猶予は僅かに息を付く瞬間だけだった。

It felt like a torpedo ramming into him. He screamed, head flinging back. Hunt took him roughly, swiftly, the age-old assertion of dominance. All the pleasure was his lord's, all the pain his. And it was right and necessary.
それはまるで魚雷を突っ込まれたかのような衝撃だった。ティアは叫び声を上げ、頭を思い切りのけぞらせた。ハントは男を乱暴に、かつ、性急に犯した。自分が上であることを主張する昔ながらの(age-old=長年の)流儀さながらに。あらゆる快楽は我が主が享受し、あらゆる苦痛は己が甘受する。この儀式において、それは正しく、かつ、避けては通れぬ道であった。

Grimly, he endured the assault. It was mercifully brief. Hunt came, filling him with a rush of warmth. Then the captain pulled out, still without gentleness.
厳しい表情でティアはその暴行に耐えた。幸いにもそれは短時間で終わった。ハントは達し、ティアをなま暖かい迸りで満たした。おもむろに艦長は己を抜き去った。依然として優しさの欠片も無いやり方で。

Tyr remained where he was, at his lord's convenience. Was Dylan pleased?
ティアはその場に待機していた。主の命にいつでも応じられるように。ディランは楽しんだのだろうか?

Hands lifted him upright, left him swaying on his knees. The blindfold was drawn away. He looked up into Hunt's face. The expression there was every bit as cold and triumphant as a Nietzschean captain's. Mutely, Tyr held out his wrists. They were unbound. Dylan nodded curtly and Tyr bent awkwardly to free his own ankles. Then he sank back to his knees.
二つの手がティアを立ち上がらせたが膝はまだガクガクしていた。目隠しが取り去られた。ティアはハントの顔を見上げた。その表情は、まさにニーチアン人艦長の如き(every bit as=まったく同じように)冷酷さと勝ち誇った尊大さに満ちていた。黙ったままティアは手首を差し出した。拘束が解かれた。ぞんざいにディランがうなずくと、ティアはおずおずと屈み込み、足首の枷を外した。そして膝からガックリとへたり込んだ。

No longer doubting that Dylan Hunt knew every step of the Omega Ritual, he said, "Allow me to serve you, my lord."
ディランはオメガの儀式に関するあらゆる手順を知り尽くしている。そのことはもはや疑いようもなかった。ティアは言った。
「あなたにお仕えすることをお許しください。ご主人様」

******

Dylan looked down at the kneeling man, the wet eyelashes, so thick, and black as ink. Tyr's bruised lips parted slightly. Between the Nietzschean's open knees his bound genitals were almost purple. Even so, the man made no complaint, uttered no pleas, only knelt with lowered head, hands on his thighs.
ディランはひざまずく男を見下ろした。その濡れた睫は黒々と生い茂り、まるでインクのようであった。ティアの裂けた唇は僅かに開かれていた。ニーチアン人の拡げた膝の間では、拘束された男性器がほとんど紫に変色していた。なのに、その若者は不平一つこぼさず、懇願することもなく、ひたすら頭を垂れてひざまずき、両手は腿の上に置かれていた。

"Proceed," Dylan said huskily.
「続けろ……」
ディランの声は掠れていた。

Without a word, Tyr raised his eyes to Dylan's. He whispered, "Permit me, lord?"
一言も発せず、ティアはディランの瞳を見上げた。ティアは囁いた。
「お許しいただけないでしょうか? ご主人様」

"Permission granted."
「許可を与える」

The heat of Dylan's lust, its sudden release, made him wish for nothing but the chance to sit and recover. But that was an Earther's reaction. A Nietzschean was insatiable. So Dylan stood, stone-faced, as Tyr rose briefly to pull off his damp shirt and then, kneeling once again, slowly slid down Dylan's exercise trousers. The shoes were last, set neatly aside.
性欲の急激な亢進といきなりの解放のせいでディランは今、ただひたすら座って一息つきたい気分だった。が、それはあまりに地球人的な反応というものだろう。ニーチアン人なら飽くことはない。そこでディランは表情を押し殺し、仁王立ちした。途端にティアはサッと立ち上がり、濡れたシャツを剥ぎ取るように脱ぎ、再びひざまずくと、ディランのトレーニングパンツをゆっくりと引き下ろした。最後に靴を脱がせ、きちんと横に揃えて置いた。

When Dylan stood over him, naked, Tyr folded forward and pressed his lips against Dylan's foot. Somehow, the Earther kept still as the Nietzschean began licking and kissing his feet. Soon that wandering mouth moved upward. Dylan shifted his position, standing with his legs braced apart. Tyr did not stop and soon the captain was shivering, feeling his cock harden again as Tyr's mouth moved up the tender flesh of inner thighs.
無防備な姿でディランが立ちはだかると、ティアは前へ屈み込み、ディランの足に唇を押しつけた。ニーチアン人の男が足を嘗め、キスし始めても、その地球人の男はどうにか平静を保っていた。間もなく、その彷徨える唇は上へと登っていった。ディランは姿勢を変え、両足を開いて踏ん張った。ティアは留まることなく、じきに艦長は震え出した。太腿の内側の感じやすい皮膚の上をティアの唇が這い登るうちに、再び砲身に力が漲るのを感じながら……。

Without thinking, Dylan thrust his hips forward and his Omega, acutely sensitive to his every desire, brought that eager tongue between Dylan's legs. Setting hands lightly on Dylan's thighs, Tyr began to lick and suck Dylan's genitals.
思わずディランは腰を前へ突き出した。ディランのいかなる欲望をも鋭く察知するディランのオメガは、そのがむしゃらな舌をディランの股間へと寄せた。ディランの太腿にそっと両手を付くと、ティアはディランの双球に舌を這わせしゃぶり始めた。

Groaning, the commander knotted fingers in Tyr's soft, thick hair. He trembled as the Nietzschean's attentions grew more focused, more insistent. When he could no longer bear it, he made use of that mouth. It was all too easy to be heedless of Tyr's comfort, to ignore the tears streaming down the other man's face as he fought to draw a breath. In moments, Dylan again climaxed and this time, it was Tyr who wrapped his arms around Dylan's legs and held him, keeping the captain from crumpling to the floor.
うめき声を上げながら、艦長はティアの柔らかく豊かな髪の毛に指を絡ませた。ニーチアンの男の奉仕(attentions=歓心を買おうとするための心づかい)が、最も感じやすい部分に的を絞り、さらに執拗なものになるにつれ、ディランは躯を震わせた。もはや耐えきれなくなったディランは、その口腔を駆使することにした。ティアが不快に感じようが気にせず、何とか息をしようともがくその顔に涙が伝うのを無視するのは、あまりにたやすいことだった。じきにディランは再び絶頂に達した。が、今度、ディランの両足にその力強い腕を巻き付けしっかりと支えたのはティアのほうだった。艦長が床に倒れないようにと。

Now came the end of the ritual's first part. Dylan glanced at the clock. It was late. They'd been at it for two hours. He looked down at his battered Nietzschean. His instinct was to send the man off to medical at once, but the Omega tradition forbade it.
これで儀式の最初の段階はほぼ完了した。ディランはチラッと時計を見た。あれからもうかなり経っている。二人は2時間もこれだけにかかずらってきたのだ(be at it=仕事に精を出している)。ディランは打ちのめされボロボロになったニーチアン人を見下ろした。ディランの本能は直ぐにこの男を医務室へ送るべきだと訴えていたが、ニーチアンの伝統はそれを許さなかった。

"Omega?"
「オメガ?」

"Lord?"
「ご主人様?」

Tyr straightened on his knees, the profusion of braids falling over his battered shoulders and back. There were white lines of pain at the corners of his mouth and his eyes still glistened with tears, and it cost Dylan to stare coldly down at him.
ティアは膝立ちのまま背筋を伸ばした。夥しい量の編み毛がその傷だらけの肩や背中の上に垂れ下がっていた。ティアの口角には(拡げ過ぎたために出来た)痛々しい皺が刻まれ、目には依然として涙を滲ませていた。そんなティアを冷酷な目で睨むために、ディランは心を鬼にしなければならなかった(cost+人+to=口語:人に費用が高くつく)。

"I am allowing you the maximum two days' reflection before I ask you to swear to me and complete the binding of the Oath. I trust I have your gratitude?"
「お前が反省するのに2日間だけ待ってやる。その後で、私に誓いを立て、宣誓書の拘束義務を全うするかどうか、お前に尋ねよう。どうだ、有り難い計らいだろう?」

"Yes, sir." It was a breath.
「はい、謹んで」
ティアは即答した(breath=息をつく間)。

"Then rise."
「なら、立つんだ」

Awkwardly, Tyr obeyed. Barely seeming to breathe, he watched Dylan reached for his caged genitals. The merest brush of Dylan's fingers against his throbbing erection forced a whimper from him. Carefully, while shudder after shudder ran through that powerful body, Dylan began to remove the hellish device.
おずおずとティアは従った。そして自らの縛られた生殖器に伸びてきたディランの手を見て、ほとんど息が止まりそうになった。ドクドクと脈打つ昂ぶりを、ほんの微かに掠めたディランの指は、そのニーチアンの男を苛み、むせび泣かせた。極めて慎重に、次々と沸き上がる戦慄きが逞しい躯を駆けめぐる中、その悪魔のような装置をディランはゆっくりと外し始めた。

First, he released Tyr's testicles, peeling away the slender leather strips, leaving deep, angry marks in the delicate skin. The Nietzschean gasped at the sudden relief and fresh tears flooded his eyes. He lifted them mutely to Dylan, who nodded.
まず最初にディランはティアの双球を解き放した。細い革紐を剥ぎ取ると、その敏感な肌の上には、赤く腫れ上がった(angry=傷が炎症を起こしている)絞め跡が深々と残されていた。いきなりの解放にニーチアンの男はあえぎ声を上げ、双眸は新たな涙に溢れた。黙ったまま見上げると、ディランはうなずいた。

Tyr moistened his bruised lips and he himself, with shaking hands, reached down and untied the leather cage wound tightly around his cock. He handed it to Dylan, who nodded again.
裂けた唇を湿らせるとティアは、自ら震える両手を伸ばして、陰茎の回りにギュッと食い込んだ皮製の拘束具を解いた。ディランにそれを手渡すとディランは再びうなずいた。

Closing his eyes, legs wide apart, Tyr seized his freed sex and, with long, strong fingers clenched around it, began to pump.
目を閉じ、足を大きく開くと、ティアは自由になった自らの性器をつかんだ。そして長く力強い指をきつく絡ませ、扱き始めた。

Dylan found himself fascinated by the emotions that chased across that handsome face.
ティアの端正な相貌をよぎる表情にいつの間にかディランは魅了されていた。

"An Omega has no secrets from his lord, not even feelings," Radhe had explained. "It is the one state among Nietzschean males where a man may become a child again without loss of status."
「自分の主人に対していかなる秘密を持つこともオメガには許されない。感情さえも……」
かつてラーデはそう説明した。
「ニーチアンの男たちだけに許された境地さ。その時、人はもう一度童心に帰ることができる。社会的地位を失うことなく……」

Tyr's head fell back. With his other hand, he reached under his cock to fondle the dangling balls. As Dylan watched, those balls began to tighten, pulling close to the body. Tyr's lips parted, his breath became quick and shallow. His hand moved rapidly.
ティアは頭を後ろに反らした。片手をペニスの下へ伸ばし、垂れ下がっている陰嚢を揉みしだく。ディランの視線にさらされた双球は、次第に堅くなり、躯のほうへ引き寄せられた。開かれた唇から漏れるティアの呼吸は、せわしく浅くなっていく。猛烈なピッチで手が上下する……。

Abruptly, he cried out. At the last second, his hands cupped the head of his cock. Panting, covered with sweat, tremulous, Tyr caught his seed and, under Dylan's watchful eye, finished the first half of the ritual. On unsteady legs, the man crossed the room to the sink and washed that most precious of Nietzschean substances down the drain.
いきなりティアは絶叫した。達する最後の瞬間、両手でペニスの先端を覆った。あえぎ、全身汗だくになり、ガクガクと躯を震わせる。自らの精を受け止めたティアはディランの注視の下、儀式の前半を終えた。覚束ない足取りで、男は部屋を横切り、流し台のところまで行くと、ニーチアン人にとって最も掛け替えのない財産を排水管に流した。

****

"Someone's coming out!" Beka lifted her gun. Beside her was a frightened Harper. He'd appropriated Dylan's lance. Trance made small, incoherent noises of distress at their backs. Rev Bem, on the other hand, had refused to join them.
「誰か出てくるわ!」
ベガは銃を構えた。ベガの傍らには恐怖におののいているハーパーがいた。ハーパーはディランのフォースランス(注:劇中で使われる槍状の武器)を持ち出していた。2人の背後ではトランスが苦悶のあまり、蚊の鳴くような声で支離滅裂なことを囁いていた。一方、レヴ・ベムはと言うと、自分だけは仲間に加わるまいとしていた。

"I am certain that the Captain has matters under control," the Magog said serenely. "Trust in the Light."
「ワシは確信しておる。艦長が必ずやこの事態を収拾するとな……」
マゴーグ人は落ち着き払って言った。
「光明を信じるのだ」

"I do," had been Harper's response. "Lasers are light, aren't they?"
「ボクは信じるよ……」
ハーパーは答えた。
「レイザー光線だって光だろぅ?」

The door hissed open. Beka's fingers tightened on the trigger, ready to end any Nietzschean dreams of dominance on the Andromeda. It was only at the last second that she held her fire.
作動音と共にドアが開いた。引き金に掛かるベガの指に力がこもり、ニーチアン人のアンドロメダ征服という夢を打ち砕くばかりだった。が、すんでの所でベガは発砲を思い止まった。

Dylan stood in the doorway, not a hair of his handsome head out of place. At his back was Tyr and, from the looks of it, much the worse for wear. Her jaw sagged as she lowered the weapon. Dylan's brows lifted at the sight of his crew, armed and ready in front of him.
ディランは戸口に立っていた。そのイカした頭の髪の毛は1本たりとも乱れていなかった。背後にはティアがいたが、その様子からすると、かなりボロボロな様子だった(be the worse for wear=衣類などがくたびれている=>疲れ果てている)。唖然としたベガは顎を落とすと同時に武器も下ろした。クルーの様子を見たディランは眉を上げると、武器を取り出し正面に構えた。

"Is there something wrong?" he asked.
「何か問題でもあったのかな?」
ディランは尋ねた。

Beka looked from him to Tyr, who glared stonily back at her, daring her to say a word about the array of cuts and bruises on his powerful body. But it was the unmistakable imprint of teeth on Tyr's swollen mouth that made her blink.
ベガはティアに視線を移した。石のように強張った表情でティアは睨み返した。ティアのたくましい躯に走る無数の切り傷や痣について、言いたいことがあるなら言ってみろといわんばかりに(dare=人に…するようけしかける)。だがティアの腫れ上がった唇に残された、紛れもない歯形を見て、ベガは目をしばたたかせた。

"Beka?"
「どうした? ベガ」

"Um. Nothing. Nothing. Glad to see you, sir. We were--concerned."
「うッ。な、何でもないのよ。あ、会えて嬉しいわ、艦長。わわわ、私たち……心配してたんだから」

Dylan looked over his shoulder at Tyr, whose eyes immediately dropped. Harper whistled under his breath. Beka, stunned, stepped aside. The captain paused.
ディランが肩越しに視線を遣ると、ティアはたちまち目を伏せた。ハーパーはこっそり(under one's breath=声をひそめて)口笛を鳴らし、ベガは呆気にとられて脇へと退いた。艦長は一瞬押し黙った。

"I want the power cells moved," he told Tyr. It was the same order the Nietzschean had refused earlier that day.
「電力装置を移動してほしいんだがな(want+目+過分=…されることを望む。want+目+不定詞よりも迅速な動作を望む気持ちを暗示する)……」
ディランはティアに言った。それはまさに、今日こんなことが起こる前、ニーチアン人が拒否したのと同じ命令だった。

Now, Tyr only said, "Yes, sir."
が、今度のティアはただこう答えた。
「かしこまりました、艦長殿」

With another glare at the assembled crew, he pushed past them and vanished down the corridor. Dylan gave them all a bland smile.
集まったクルーたちをもう一度睨み付けると、ティアは連中を押し退け、廊下へと姿を消した。ディランは全員に作り笑いを投げた。

"Is everyone on break?" he inquired politely.
「全員揃って休憩中なのかね?」
ディランは慇懃に尋ねた。

Beka closed her mouth with a snap. "No, sir!"
ポカンとしていたベガが口をピシャッと閉じた。
「違いますッ、艦長!」

He smiled and held out his hand. Harper placed the lance in it, muttered something about monofilaments, and bolted. Speechless, Beka met those amused blue eyes.
ディランは微笑み、片手を差し出した。ハーパーはフォース・ランスをその手に預け、モノフィラメントについて何かブツブツつぶやくと、逃げるように去っていった。二の句が継げないベカは、艦長の愉悦に満ちた青い双眸を捉えた。

"Everything's fine, Beka," he told her. "Come on. Let's see if the Asmodians returned our message."
「すべて順調だ、ベカ……」
ディランは言った。
「さあ、アスモド星人が我々のメッセージに答えてくれたかどうか確認するとしよう」

****

To be continued
Part II: The Swearing
パート2「誓約」に続く

お世話になった方々へ
これらの対訳ページを作成するにあたって、快く翻訳の許可を下さった作者様、本作品を含む候補作を選んでいただいたKamen様、英語表現を解説してくださったRobyn様に深く感謝いたします。


フロントページに戻る